FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

座頭市

http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1062002964/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:03/09/06 17:31 ID:E6jdhEEA
北野武監督、ビートたけし主演の『座頭市』


2 :名無シネマ@上映中:03/09/06 17:34 ID:E6jdhEEA
公式サイト
http://office-kitano.co.jp/zatoichi/

598 :名無シネマ@上映中:03/09/03 00:11 ID:zhUjda6A
試写会いってまいりました。
アクションに関しては期待以上でHEROの消化不良が解消された。
脚本はイマイチかな。
回想シーン削って話の展開にもっと趣向を凝らしてほしかったよ。

610 :名無シネマ@上映中:03/09/03 01:30 ID:J+Lzz3nF
私も試写で見てきました。
全然期待してなかったせいか結構よかったなぁ。
シンプルな話で面白かった。
ストーリーも、ちょっと入ってるお笑い(?)シーンもわかりやすくて
御老人にも分かりやすいお話って感じでした。
たぶん外国でも公開される事を考えてか、外国人にもやさしいお笑い、お話でした。
それと上でも書いてる人いたけど殺陣がカッコよく見えるようにかなり
計算してるんだろうけどカッコよかったッス。
少なくとも前作のDollsよりは良かった。
鈴木慶一の音楽も良かったな~、うん、これが一番いいかも。

615 :名無シネマ@上映中:03/09/03 02:16 ID:wHCmwJ0m
試写観ました。もっと浅野に時間使った方が深みが出たと思う。
タップの最中に殺陣の場面をもっと交互にカッコ良く編集して入れた
方が盛り上がったんじゃないかな。とってつけた感がある。

でも面白かった。たけし格好よかったし
あーゆー役だから喋り演技も安心して見れる。
あと今回はオチのつけ方が好き。それと鈴木さんの音楽がイイ!
サントラ欲しい!

778 名前:名無シネマ@上映中 [03/09/03 16:24 ID:JFTLkWXV]
座頭市はBROTHER.DOLLSでちょっとずれちまったのを直すリハビリって感じの
映画のように思えますた。観た後の感想としてもキッズリターンに近い。
普通にそこそこ面白いと思う。あくまでそこそこだが。

北野が「次は訳のわからないお客の入らない映画を撮る」といった旨のことを
言っていたが、もしかして期待していいのか?

783 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/09/03 16:34 ID:fHZ5Jt1+]
>>778
今回そこそこ面白かったのは原作つきだったせいかな
たけしは縛りのあった方が安定してる
その男と座頭市で2戦2勝
もうソナチネや3-4xのホームラン撮るのは想像できない
ヒット狙いでいいよ
ブラザードールズ見てきてるから消極的になる

917 名前:名無シネマ@上映中 [03/09/03 22:15 ID:ybbnRfWP]
ベネチアでの評価断トツらしいね。
順当にいけば金獅子だけど、審査員にひねくれ者がいるかも…

954 名前:名無シネマ@上映中 [03/09/03 22:55 ID:36tzhluC]
なんでこんなに外人受けがいいんだ?
やっぱり、外人が日本に求めるチャンバラを思いっきりやって見せてるからか?
しかし、勝新哀れ。
座頭市の真骨頂は勝新にあるに決まってるのに。
たけしは勝新の10分の一も座頭市を演じることができてないはずだよ。
殺陣もだが、殺陣は最低の必要条件としても
「めくらでヤクザで居合い抜き」という市のコンセプトは
蔑まれた存在のメクラ按摩を勝新の過剰な演技で体現するしか
十全に魅力を発揮することがない。
勝新座頭市に比べれば、ペラペラに薄っぺらい市だと思うけどね。
タケシに賞やるんだったら、勝新座頭市に
特別名誉賞でもやってくれよ。凄みが全然違うんだから。
あんな演技は到底できないので、金髪赤仕込み杖のタケシ市であったとは本人も認めてるけどね。
まあ、少なくとも
今回のタケシ座頭市で、海外でも勝新座頭市に興味を持つ者が増えたらいいなとは思う。

941 名前:名無シネマ@上映中 mailto: [03/09/03 22:41 ID:QeP/Poj+]
 金髪に北野の意図はあるのか?
単なる思いつきなのか?

949 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/09/03 22:50 ID:UviLC1W9]
 ・金髪なのは勝新の市とは違うと言う主張であり、それ以外に意味は無い。
・仕込みが赤いのも同じ。勝新のとは違うと言う意思表示。
・いきなり画面いっぱいにタイトルを出すのは
 「誰がなんと言おうとこれは座頭市なんだ」と言いたかったから。

と、言ってます。



http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1062837080/
2ちゃんねる映画ブログ

14 :名無シネマ@上映中:03/09/06 22:11 ID:SLzih5bN
女装した男の子がおっさんに買われるシーンがあったけど
奴は男だと分かってて買ったの?

15 :名無シネマ@上映中:03/09/06 22:25 ID:E6jdhEEA
男の子だとは分かってないよ。
けど、男の子でも売れたんだよ、昔は。

織田信長だってホモだったし。
そういうの、
今よりめちゃくちゃだった。

16 :名無シネマ@上映中:03/09/06 22:32 ID:iwT3dwcG
>>15
今のホモといっしょくたにするなよ。
日本史の文献とかでも衆道に関しての考察なんかいくらでも
あるから少しは勉強しる

18 :名無シネマ@上映中:03/09/06 23:33 ID:R9ms1Fye
今も昔もホモはホモだろうが!

21 :名無シネマ@上映中:03/09/06 23:43 ID:IpEk+sS5
>>18
いやいや、昔は女とやるのは「女犯」といって
卑しい行為とみなされたのでつ。
男とやるのは尊い高尚な行為なのでつ。

19 :名無シネマ@上映中:03/09/06 23:37 ID:E6jdhEEA
ビートたけし。
序盤はすごい下手だった。
けど、物語が進むにつれて、
武が座頭市にぴたったとはまりだした。

演技のテクは確かにない。
けど、役者ってテクがあっても存在感がなければダメ。
だから、ビートたけしは俳優としてはダメかもしれないが、
役者としてはすごい。

12 :名無シネマ@上映中:03/09/06 20:47 ID:yKH3Gg57
結局、座頭市の目は見えて無かったということでいいんですか?

2ちゃんねる映画ブログ

25 :名無シネマ@上映中:03/09/06 23:52 ID:+hwYHIEE
>結局、座頭市の目は見えて無かったということでいいんですか?

微妙だけど、見えてたと思う。
ラストで足下の小石につまづいたのは、あの「目が開いてたら
かえって見えないモノがある」という趣旨のセリフに引っかけた
んじゃないかな。

目を閉じて杖で足下を探ってれば(=め●らとしての在り方だったら)
つまずかなかったのに、という一種の諧謔ではないかと。

だとしたらあそこでは見えていたとした方がいいような。
・・・この解釈、安直すぎっすかね・・・?

29 :名無シネマ@上映中:03/09/06 23:55 ID:SLzih5bN
どうとでも取れるように
意味深なセリフを選んだだけな気がする

43 :名無シネマ@上映中:03/09/07 00:46 ID:R4SkRiGh
どっちでもいいんじゃないかなぁ。
監督自身の意図はあるだろうけど、少なくとも映画そのものの
情報量からでは解釈次第だと思う。

207 :名無シネマ@上映中:03/09/07 18:30 ID:eWKZOGjV
 眼は見えてるが青い眼がばれるのでめくらの振りしてたって解釈もあるらしい

222 :名無シネマ@上映中:03/09/07 19:15 ID:ODJpzQ59
最後に「目を開いていても見えないものは見えない」って言っていたんで
やっぱアレは目を開いただけで市が見えると勘違いしたお頭を笑うところではないかと解釈しました

258 :名無シネマ@上映中:03/09/07 20:10 ID:lDFoNhZy
全盲じゃないと最後の台詞が生きて来ないよ。

277 :名無シネマ@上映中:03/09/07 20:55 ID:BYbOaA+d
「いくら目をひんむいても見えねーもんは見えねーんだよな・・。」

このセリフを
「目を開いても盲人の私にはやはり見えない。」ととるか
「目を開いても相変わらず見えないものはある。」ととるかだな。

私は何の疑いもなく後者の意味だと思っていたが。
最後、闇夜でつまづいた石は、盲人であれば当然見えないし
目が見えたとしても相変わらず見えない物だから(闇夜だから)。

要は、このラストのセリフは、盲人でいることのメリット(人の気持ちがわかる)
を強調する意味でつかわれたんじゃないかと。「盲人モードでいれば
健常者モードの時にはわからない人の気持ちがわかる。逆に、健常者モード
でいても見えないものはやはり見えない。」

まとめると、「本当に大切なものは目には見えない。」的な北野監督の
メッセージなのだろうと解釈していたよ。

278 :名無シネマ@上映中:03/09/07 20:56 ID:fkIzLMK8
>>277
私はそのダブルミーニングと認識したけどね。
どちらなのか? じゃなくてさ。
とりあえずああいう言い回しにした以上、後者の意味が入っていないわけがないね。

290 :名無シネマ@上映中:03/09/07 21:28 ID:j4K9gIZA
女の2人組みが           実は一人が男
飲み屋の亭主、ジジイの関係     実は逆
目が見えないが           実は見える

映画の台詞で「この方が都合がいいんだよ」←タカの「男に戻れば」に対して

などから考えると、最後の台詞は目が見えているからこそ言えるような気がする。

291 :名無シネマ@上映中:03/09/07 21:30 ID:uf8H2+X2
1人の時にメクラの振りする意味無いじゃん。

296 :名無シネマ@上映中:03/09/07 21:37 ID:YSEaK2ho
>>291
常にそういう修行もしないといけない。精神を研ぎ澄ます為にもね。
いつでも目が見えるからという発想では目くらの意味がない

311 :名無シネマ@上映中:03/09/07 22:02 ID:DPIa//3e
個人的には「見えている」と定めるに決定的な説得力がなかった。

解釈は個々に自由だし、
選択の幅を与えたビートはやっぱタダモンじゃないなと。

44 :名無シネマ@上映中:03/09/07 01:15 ID:AHnoEQ1E
普段は初日に映画なんてめったに行かないけど
すげー観たかったから行ってきたよ。

笑えないギャグって言う人多いけど
けっこう笑ってる人いたよ。
武の映画にしては、それほど寒いギャグではなかったかな。

感想としては、とにかく斬りまくるねぇw
血も飛び散るし痛そうでしたわ
シリアスな場面のすぐ後にギャグも入ってるし、
リズム感いい音楽が流れるし、
ほんとバランスとれてると思うよ。
すっきりした気分になったし、楽しかったっす。
まぁ観てた観客も満足したようだったしね~

今回は大衆受けする映画だったから、
次回作はもっと静かな映画を希望!

46 :名無シネマ@上映中:03/09/07 01:24 ID:R4SkRiGh
一番笑えたのは、(剣術ごっこよりも)賭場で自信満々に賭けて
外れたところであっさり「はい」といって立ち去るタカさん。

間がTVバラエティノリだったな、ありゃ。

47 :名無シネマ@上映中:03/09/07 01:26 ID:WH5BSCGy
たけし軍団って「カージナルスとダンカンとツーレロ」とその他の扱いの差がやたら大きいよな

48 :BAN:03/09/07 01:37 ID:SLkRp25d
それほど面白くなかったなぁ。
勝新が最後に撮った「座頭市」にはやっぱ敵わないね。

ホモ描くのって歴史うんうんよりも
たけしが女描きたくない(描けない)だけだと思うんだよね。
正直、たけしが深くまで考えてああいう設定にしたとは思えない。

全体的に盛り上がりに欠けるって言うか
カタルシスがない。
敵のキャラ設定も弱いし、あんまり印象に残らなかたった。
盛り上がったのは
最後のタップダンスだけ。

既存のたけし映画も既存の座頭市映画も
ぶっ壊してくれるかなって思ってたんだけど
大したことなかったな。

49 :名無シネマ@上映中:03/09/07 01:42 ID:7YpPa4wD
え”-・・・
勝新最後の座頭市は、最悪だったよ。
勝の素人役者出てたり、
内田裕也が出てたりして。

91 :名無シネマ@上映中:03/09/07 10:08 ID:R4SkRiGh
ごめん、頭の悪い名無しに教えてください。

予告編にもあった映像のことなんだけど、座頭市がどしゃ降りの雨の中で
次々と敵を斬っていくシーンが唐突な回想で出てきて意味が分からなかった。
あれはどこにつながってるの?

2ちゃんねる映画ブログ

94 :名無シネマ@上映中:03/09/07 10:22 ID:F34O86pw
>>91
あれは特別どこかには繋がっていなくて、
座頭市がどしゃぶり雨つながりで、雨の死闘を思い出したということ。

他の人の回想はその後の行動の動機として繋がっているけど、
座頭市の回想は何処にも繋がっていない。。。
というかそれは座頭市のターミネーターな行動パターンを表しているのかなあ。

95 :名無シネマ@上映中:03/09/07 10:31 ID:aOHbN1k6
雨の回想は、単に暴れたくなってきたって事だと思った
だから、あの姉弟に肩入れしたと

96 :名無シネマ@上映中:03/09/07 10:49 ID:ShatY/Mw
浅野との対決の幻みたいなのは何? 

97 :名無シネマ@上映中:03/09/07 10:51 ID:KpIYcHbU
>>96
浅野のイメージトレーニングだろ

99 :名無シネマ@上映中:03/09/07 10:54 ID:KpIYcHbU
浅野との対決シーンと言えば浅野が海岸で火を焚いていたのは単にかがり火か?
それとも既に女房が死んでいて荼毘にしていただけなのか?

あと用心棒稼業の服部が肝心な時に銀蔵と一緒にいない事や賭場にいない事も
気になったんだが。

101 :名無シネマ@上映中:03/09/07 11:05 ID:3YpVZe2e
>>99
彼は妻の自害を知らない。
妻は、病気の自分がいなくなれば彼が用心棒などという
危険な仕事をする必要がなくなるので自害した。

2ちゃんねる映画ブログ

103 :名無シネマ@上映中:03/09/07 11:13 ID:uT65OV3Q
服部が海岸で火を焚き市を待ったのは
暗闇での勝負は分が悪いと踏んだからだろう。
新吉が市に用心棒に勝てるか?と問うた後、
闇での勝負ならどちらが勝つと思うと新吉に問質した。
その流れに置いて火を焚いた元での決戦という演出だろ。

109 :名無シネマ@上映中:03/09/07 12:39 ID:/qGEzpR4
岸部一徳が扇屋の丁稚におどけた姿をしてたけど
心の底から悪い奴じゃないって描写なのかな
石倉三郎もその子にお小遣いを上げようとしてたけど
最後は怒鳴ってたし
あの子の位置付けって何?

110 :名無シネマ@上映中:03/09/07 12:43 ID:R4SkRiGh
稚児さん候補・・・とか?

111 :名無シネマ@上映中:03/09/07 12:47 ID:KpIYcHbU
>>109
石倉の扇屋の方は「世をしのぶ仮の姿」だから丁稚の小僧に小遣い渡していい人ぶるのはわかる。
銀蔵が来た時に「早く掃除しろ!」とキレる場面との対比になっているから
あの子の位置付けは石倉の表と裏を見せる道具かと。

123 :名無シネマ@上映中:03/09/07 14:25 ID:dqTc8c1o
タップはよかった
灯篭切りと回転しながら襲ってくる忍者?はやりすぎだと思った

124 :名無シネマ@上映中:03/09/07 14:29 ID:7YpPa4wD
>>123
タップはすごく良かったね。
最後にみんなで踊るのより、
あの狐か何かのお面をかぶった4人組のは、
本当にあの時代に存在したんじゃないかってくらい、
しっくりしてた。

灯篭切りはまぁ定番だよね。
回転忍者も最近では良くあるパターン。
めちゃくちゃおおげさなアクションしておいて、
一瞬でやられちゃうっていうの。
確か、インディジョーンズでも、
めちゃくちゃおおげさに刀振り回して、
一瞬でジョーンズに撃たれて死んじゃう奴出てたよ。

135 :名無シネマ@上映中:03/09/07 15:57 ID:F6pbEPsD
なんか室内とか夜のシーンの照明とか明るすぎない?
「暴れん坊将軍」みたいだった。

137 :名無シネマ@上映中:03/09/07 16:07 ID:a2oQ96XT
>>135
漏れもそう思った。大楠道代の家電気がついているように明るかった。

162 :名無シネマ@上映中:03/09/07 17:11 ID:M1SHlfaP
ギャンブルでいかさまされたぐらいで皆殺しにしなくてもいいのに

163 :名無シネマ@上映中:03/09/07 17:12 ID:O9MIacjS
 映画自体は娯楽映画としてかなり楽しめたけど。
 あとはDVDを買って何回か見たいと思う。

 しかし、田んぼを耕す鍬の音や足踏みの音がバックに流れる
音楽と同調しているシーンや、最後のタップなんかは他の
映画の影響を少なからず受けていると思ったな。
 (ダンサーインザダークの何気ない工場の機械の音が、音楽の
音と同調したり、線路沿いでピーターストーメアがビョークに
『目が見えないのか?』って言ったときに鉄道員が踊りだす場面とか
シチュエーションは微妙に異なるけど、オレてきには重なるんだなあ。。。
だから、これについては目新しくは感じなかった。)

166 :名無シネマ@上映中:03/09/07 17:17 ID:VhBCPMBm
>>163
他の映画の影響受けてるのかー。ダンサーは鬱映画だから見てないんだよね。

俺はタップも、鍬も足踏みもかなりいいと思った。
音楽的な要素を強く入れてる所が時代劇としては斬新なんじゃないのかな。
映画としては確かに目新しいものではないかもしれないけど、
それを時代劇に取り入れたことに意味があるような気がする。

個人的には中盤だらだらしたところがないでもない、と思ったけど。
ってか長くたけしが目を瞑っていたせいか、カラコン入れていたせいか
目を開けた時にすげー目が綺麗だと感じた。

170 :名無シネマ@上映中:03/09/07 17:24 ID:ykagntY2
映画を見るときに、あまり「新しさ」にこだわる必要はないんじゃ?
ダンサー・・は見てるし、確かに映像と音楽がラップしてるシーンはあるけど
実験映画はもちろん古典といわれる映画で、たいていの手法は出尽くしてる。
「新しい」ことだけにこだわるとストーリーとして破綻しかねないし、
作品として面白ければいいんじゃないかなー。

183 :名無シネマ@上映中:03/09/07 17:46 ID:oMx3WXEc
見てきた!感想は「イイトコもあればワルイトコもある。」
◇イイトコ
 ・リアルな殺陣。時代劇に対して思ってた「鋭利な刃物での
  斬り合いはあんなもんじゃないでしょ?」という不満を
  吹き飛ばしてくれました。黒澤の「用心棒」みたい。
  服部との対決は居合の勝負は最初の一太刀で決まること
  をしっかり踏まえていてこれまたリアル。
 ・音楽と踊り。和様折衷の妙といいますか、違和感があった
  という方もいるようですがうまく融合してました。
◇ワルイトコ
 ・ストーリー。もう少し個々の人間の人物描写をしてもらいたかった
  なぁ。ラストに向かっての盛り上がりが今ひとつ。水戸黄門や
  仕事人の方が爽快感有り。最後の言葉は余計だと思う。忍者は
  外人ウケ狙い?そしてギモン。何故、市は服部との対決の場に行く
  ことができたのか?対決の場で何でかがり火がたいてあるの?

185 :名無シネマ@上映中:03/09/07 17:53 ID:VhBCPMBm
>>183
市が対決の場にいたのは銀次をおいかけていったから。
かがり火が焚いてあるのは暗闇で目が見えないのを解消しようとする服部の意向。
だと思う。

187 :名無シネマ@上映中:03/09/07 17:54 ID:UXlppPBc
大楠道代の家が燃やされるシーンで、
タカと道代は「なるとや」姉弟をかくまってたから
殺されると予測したのだが、殺されなかったのナンデダロウ?

189 :名無シネマ@上映中:03/09/07 18:01 ID:v5aPifB1
>>187
よく見逃せてもらえたな、と自分も思いましたが、ただ単に眼中になかった
のではないでしょうか?

自分は、あの二人が人質に取られて市が助けに行くのかな?と考えましたが
見事に妄想に終わってしまいましたw・・・我ながら発想が貧しいですねw

190 :名無シネマ@上映中:03/09/07 18:02 ID:ec15NV8j
めくらになったお頭を目の開いた座頭市が見下ろすシーンがいいね。
完全に立場が反転するという。あそこらへんからはもう概念的な世界で
最後の非現実的なタップシーンの昂揚感は圧巻。
つーかどこらへんから幻想なのかよくわからん。

223 :名無シネマ@上映中:03/09/07 19:16 ID:lYf1+txV
殺戮シーンは感性冴え冴えで好きだなあ。
座頭市2撮るとしたら、殺人者のハードボイル的
なものに重心を置いて欲しい。


関連記事

  1. 2009/04/05(日) 21:18:09|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<DRAGONBALL EVOLUTION | ホーム | トリプルX>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/616-98d1bf80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR