FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

サウスバウンド

【国民やめた!】 サウスバウンド 【やめちゃおー(゚∀゚)】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1185327904/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2007/07/25(水) 10:45:04 ID:VGJSeOIi
2007年10月全国拡大ロードショー

監督・脚本:森田芳光
原作:奥田英朗 『サウスバウンド』(角川書店刊)

出演:豊川悦司
    天海祐希
    北川景子
    田辺修斗
    松本梨菜

公式HP:http://southbound-movie.com/


114 :名無シネマ@上映中:2007/09/18(火) 22:31:54 ID:m1onNEzZ
 今日、試写会行ってきました。
原作読んでないのですが、率直な感想は、なかなか面白かったー。
笑えるシーンもいくつかあって、会場は結構笑っていました。

(ネタばれって程じゃないけど、以下注意)

トヨエツは曲者ぶりを好演していたと思う。
天海祐希も北川景子も、子供たちも上原一家は全員良かったね。
松ケンは、沖縄からだったけど、思ったより出番があり、味があって
地元の警官を好演してた。
一番笑ったのは、町会議員のおじさんの演技。
あれは、ねらってたのか? 「沖縄県民の皆さん」の一人なのか?
個人的な好きなシーンは、予告にもちらっとあった、さくらの
「我が家は西表島に引っ越すことにしました」ってとこ。
笑えたし、一郎、さくらの関係がよく出てて良かったなあ。

最後は、「えっ」って思ったんだけど、原作もそうなのかな?

157 :名無シネマ@上映中:2007/09/23(日) 02:36:22 ID:LZm5Kf3N
森田は相変わらず棒読みの使い方がうまいわw
まだ見てない人は期待だけしといても損はないよ

131 :名無シネマ@上映中:2007/09/20(木) 08:53:52 ID:/VAHUUbe

2ちゃんねる映画ブログ

子役が2人ともすごく可愛い。
特に息子。
初めての映画出演らしいけど魅力的な子だ。
転校先の同級生がこの子らよりずっと都会的な雰囲気の垢抜けた女の子だったのも
意外で面白かった。
土地の人達の出演などメインの人達以外のキャストにも注目です!!
良いよ~。

212 :名無シネマ@上映中:2007/10/03(水) 20:27:23 ID:1SBqoakr
試写で観たけどなんか不完全燃焼だった。何一つ問題が解決せず投げっ放しやん

215 :名無シネマ@上映中:2007/10/03(水) 22:46:34 ID:5DIm/jqE
俺も今日試写観てきたけど
全て投げっぱなしなラストもそうだけど、なんか全て途中やりで不完全燃焼。
30分程度時間追加して東京編の父親のDQNぶりのエピを増やして欲しいな。
あと闘争時代の仲間や監視役の公安とかも出したり、
あと松山と北川の関係とか、とにかく北川が空気と化してたのが残念。
でも原作が子供視点での話なんだからこれでいいのか?
金出して見てたら、もしかしたら金返せレベルかも。。。でもこれはこれで面白かったことは確かだよ。
単に不完全燃焼気味なのがちょっと。。。ねぇ

216 :名無シネマ@上映中:2007/10/03(水) 22:55:09 ID:iuNBZAVD
というか、これは燃焼しないっていう物語でしょう。
だからこそのパイパティローマの存在であったり、ラストの方向性だったりするわけで。

217 :名無シネマ@上映中:2007/10/04(木) 11:42:29 ID:EtixtaWj
試写会では笑っている人もいましたが私にはダメでした。

なんだかワケありそうな人物が次から次へと登場するにもかかわらず
そのあとはほとんどストーリーに絡んでこない。出ては消えの繰り返し。
天海は3人育てた母親には見えないし、豊川のやたら芝居がかったしゃべり方
も不自然通り越して不愉快。
俳優や監督のファンなら受け入れられるのかも知れませんが・・・

221 :名無シネマ@上映中:2007/10/04(木) 14:45:56 ID:axq2w62b
>なんだかワケありそうな人物が次から次へと登場するにもかかわらず
>そのあとはほとんどストーリーに絡んでこない。出ては消えの繰り返し。
>>217さんの意見に激しく同意。
原作はまだ未読なんで映画の脚本段階で投げやりな話に変更されたのかどうかわかんないけど、
映画としてこれはちょっと不味いんじゃないのか?と私も思った。
結局主人公は息子であって父親もイチ脇役でしかないので、
他の登場人物同様あーいうラストが成立するってことなのかな?

ただ>>216さんの言うとおりその点が売りの映画だからこれはこれでいいのだってことでOKかしら?

247 :RRD ◆3MranranlY :2007/10/06(土) 23:33:41 ID:AxjqV2JU
つーことで初日最終回観てきた。
全然客入ってないぞ。5人。この前の回は2人だった。
作品としては、全体になんかとってつけた風な感じで、それを味として受け入れられるかどうか。
ただ、そのとってつけた風を前面に出した宣伝活動がまったく効かなかったのは事実。
東京:沖縄が1:2くらいの割合だった。いや、東京はもっと少なかったか?
沖縄のまったり生活を描いた癒し映画とも受け取れる作りになっている。
一郎はもうちょっと武闘派のようなイメージを持って原作を読んだけど、こういう
インテリ崩れ色の強い一郎もありかな、とも思う。「ナンセンス」の言い方もこんな感じなら
明日からでも使えそうだ。変な盛り上げもなく淡々とした雰囲気で日常を描くからこそ
戦いは日常生活にあることを痛感させられる。
とはいえ、やはり原作の筆力あってこその名言の数々なんだなー、という思いは残った。
映画全体はとってつけた風だけど、名言に関してはとってつけたものそのもの。
それでも、今、なにかで闘っている者には効くよ、この映画は。
闘わない奴には分からないだろ。

251 :名無シネマ@上映中:2007/10/07(日) 00:31:57 ID:cgU5+/GA
長男と友達と金をせびっていた中坊グループの
見分けがつかないのは俺がおっさんだからか。

254 :名無シネマ@上映中:2007/10/07(日) 00:59:42 ID:2NWYIfCB
観賞at福岡。大半は埋まっていたように見えた。

湿りがちな題材も森田芳光作品らしく全体的に軽快な印象で、
2時間の上映時間も飽きることなくみれた。
原作の密度をどう再現するか楽しみにしてたんだけど、
その独特なキャラクター造形によってうまくキャラ立ちしてて
足りないエピソードや関係性をうまく補っていると感じた。
沖縄編の棒読み原住人との対比には何度も噴き出しそうになったよ。
原作を壊されたという人もいるかもしれないけど、
ナンセンスなフィルターを通したまた別の味わいのある
サウスバウンドになってたと思う。

265 :名無シネマ@上映中:2007/10/07(日) 14:56:24 ID:zU5ufRtf
天海は日焼けを気にしてガチガチに日差しからガードしてたな。

266 :名無シネマ@上映中:2007/10/07(日) 16:29:55 ID:7l7nismA
映画始まってすぐに席立った人いた。
用事があったのかも知れないが、
トヨエツが元過激派振りを過激に発揮しているシーンだったから
テレビふうの等身大のリアルさ映画に期待する向きには合わないように思った。

「純粋さとか品格」持ち続けて今の世間に迎合しない生き方を貫いたら
逆に今の日本のマチガイ振りが際立つという狙いだろうか?
でも、その果てに(都会のアンチテーゼとしての)沖縄にもいられないから
(もちろん市営住宅にちんまりと住めるわけもない)
海の果てへ行きますでは、安易じゃまいか?
その男を通じて今の日本を浮かび上がらせた
というところまでで息切れということか?

271 :名無シネマ@上映中:2007/10/07(日) 20:50:13 ID:zrbdGqSs
凡作以下だったけど、ショタ的には田辺君良かった。
まさか原作の「毛のない○○○触らせると5千円くれるオヤジ」の台詞があるとは。
「僕はもう少し生え・・」なんて答えるのも狙い過ぎ。

274 :名無シネマ@上映中:2007/10/07(日) 23:57:36 ID:gmAeiOl+
1点(5点満点)。
映像化しただけ、舞台挨拶の回でなければチケット捨てておk。
原作の魅力が微妙な言い回しと二郎視点での的確なツッコミだったゆえに見事に轟沈したな。(;´Д`)
一番笑えたのがド素人丸出しの座間議員の台詞だった・・・。
(ド素人の台詞はせめてアフレコにすべきだけど)

映画化のタグ見て原作本買ったので、
読んでてアキラおじさんが映画脚本から真っ先に消されるなとは思ったが、
アキラおじさん一連の珍騒動まで消されるとは思わなかった orz
「同志、退散!」「小学生がカンモクゥ!?」とかかなり好きだったんだけどな。
あと公安と一郎のやり取りが皆無なのもサビシス。

あと娘の不倫&ポイ捨ては明示しても良かったんじゃね? 30秒余計なトコをとっかえればいい。
「男は逃げるのよ→でもウチのお父さんはもらってくれた」のプロットは長女の父親理解に大事っしょ。

つまるトコ時代遅れのガイキチパパをガキが皮肉り、そして見直していく物語なのに
あんまり親父(の過去)にスポットあたってなかったな。
パクリと言われても構わないように
チビマル子のスタッフに依頼して、コラボ化したアニメ作品にすべきだったかも。

以上ナンセンスチラ裏ですた・・・

284 :名無シネマ@上映中:2007/10/08(月) 01:59:15 ID:nM6HJcVL
やっぱ原作の面白さを引き出すのは無理だったか・・・

285 :名無シネマ@上映中:2007/10/08(月) 02:01:36 ID:FqAVphj4
天海がノーメイクで出演したということだけがこの映画の売りか…

2ちゃんねる映画ブログ

287 :名無シネマ@上映中:2007/10/08(月) 02:15:12 ID:tvuFveA3
毎度この監督のオチの付けられなさはすごいと思う

起承転、、、フェードアウトもしくは無理やりなオチ

289 :名無シネマ@上映中:2007/10/08(月) 02:43:58 ID:hrVDtL3R
批判的意見は原作との比較論・脆弱なストーリー性しかないのか、苦しいぞ!
もとより森田映画の批判になっていない。

と、サウスバウンド未見の俺が煽ってみるw

314 :名無シネマ@上映中:2007/10/08(月) 16:43:00 ID:EzxP/bco
さっき見てきた。

前半が退屈でしんどかった。
ほとんど音楽を付けてないので シーン とする場面が多い。
スイカ売りの外人が言った「ジゴクノモクシロク~!」ぐらいしか笑った記憶がない。
ラストは、「こんなんがラストでいいのか?」と首をひねった。荒唐無稽。
桃子ちゃんを見てたら、水野あおい元気かなぁと思った。ロリコンにおすすめ。

330 :名無シネマ@上映中:2007/10/08(月) 23:06:46 ID:0czYbXY6
松山ケンイチの新垣巡査が一番原作のイメージ通りだった。

2ちゃんねる映画ブログ

375 :名無シネマ@上映中:2007/10/10(水) 12:24:41 ID:VQsy4277
主題歌は気持ちよかった。内容は退屈だったけど

407 :名無シネマ@上映中:2007/10/10(水) 21:18:05 ID:JO5VUL++
最後のシーン納得できん
夫婦で日本逃げ出すってか?
子供に送られて、警察のいない地へ行くってか?
安易すぎないか?

408 :名無シネマ@上映中:2007/10/10(水) 21:26:08 ID:CSJvbg7+
俺も「中島美嘉の歌が終わったあとに、もうひとつオチがあんだろ?そうだよな?」
と思ってずっと待っていたが、何もないまま明るくなっちゃって
「え?」て感じで拍子抜けした。

411 :名無シネマ@上映中:2007/10/11(木) 00:33:17 ID:V/HSzRKU
>>407
あれは人間解放の象徴だと、どっかに書いてあった

412 :名無シネマ@上映中:2007/10/11(木) 00:43:17 ID:eAuzIkpD
最後に、息子がマイクで物語読んでたじゃん。
それから考えると、結局二人はタイパティローマで死ぬ、てことになるのかいな。

413 :名無シネマ@上映中:2007/10/11(木) 00:46:55 ID:MvDbr6/0
ラスト、原作読んだときもどうだろ?と思ったけど
映像にしてみるとさらに不思議だね。
でも父親が子ども達にかける言葉や表情がいい。

421 :名無シネマ@上映中:2007/10/11(木) 11:30:58 ID:L3JSPPsO
>411
人間解放って・・

ファンタジーあふれる沖縄の自然はよかった。解き放たれる感じはよくわかった。
ネイティブアメリカンのような沖縄の古老たちも。
都会暮らしで描かれた現代日本のひずみの数々との対比が際立った。
そういう対比を通して
(過激派に名を借りた)ネイティブがどこまでやれるか、余韻を残す結末くらいできないか?
安易にハイパティローマやらの怪しげなワールドに逃げないでくれよ

423 :名無シネマ@上映中:2007/10/11(木) 11:49:35 ID:6AU3qZlo
いや>>411で合ってんじゃないの。
観念的なシーンとして考えるのが一番説明つくかなと思う。
そのためのパイパティローマ伝説であり沖縄のファンタジーなんだろう。
東京編で環境音以外を排除してリアリズムに徹し、その対比としたこともよくわかる。

もちろん見たまんま両親だけで逃げちゃいました、でもいいんだけどね。

426 :名無シネマ@上映中:2007/10/11(木) 12:51:17 ID:MvDbr6/0
沖縄の小学校の校長先生がなかなかいい味だったなー。

430 :名無シネマ@上映中:2007/10/11(木) 14:41:14 ID:UVXdlxPu
>>426
沖縄が誇る伝説のジャズシンガー
与世山澄子さんです

431 :名無シネマ@上映中:2007/10/11(木) 14:47:59 ID:MvDbr6/0
校長先生は有名な人だったのか・・・。
あの表情や喋りがなんともおかしみや温かみがあってよかった。

432 :名無シネマ@上映中:2007/10/11(木) 16:08:40 ID:SkIZo8Bk
東京編の子役たちがエラく棒読みで萎えた。
二郎も棒だったけど、新人考慮すれば、まあ頑張ったと思う
桃子は子役の中で最も演技上手かった、というか他がアレなんだけど。

436 :名無シネマ@上映中:2007/10/11(木) 19:32:27 ID:Xj+LVOCW
試写会で観たが、ここ数年観た中でいちばんつまらない映画だった。
家族も脇役も演技が厳しいし
(誰ひとりとして役と一体化できていないのは監督のせい?)
トヨエツも天海も嫌いではないがとても3人の子の親には見えない。
全共闘を意味もなく美化している部分に萎えるし、ラストの無責任っぷりには唖然。
ひとつひとつのエピソードが投げっぱなしで死んでいるし、
沖縄の島の良さがきちんと映されていない。

455 :名無シネマ@上映中:2007/10/12(金) 01:19:59 ID:mAtNXzu7
>沖縄の島の良さがきちんと映されていない。
ここだけ同意!!
それを楽しみで行ったのに、一寸残念だった・・・。

442 :名無シネマ@上映中:2007/10/11(木) 19:55:00 ID:Xj+LVOCW
プロ市民のお父さんがただの働かない口だけ男に見えた。原作はどうか知らないが。
この男が魅力的に見えないとなると、この映画自体が失敗になる。
資産家や公務員に反発しているが、おいおいお前に比べればみんな一生懸命
働いているだろうよ、お前はモラトリアムのガキか。
としか思えなくて残念だった。
挙げ句の果てに家族をほっぽりだして逃亡。自己主張だけいっちょまえで責任感皆無。

まあ、全体的にどのキャラクター・どのエピソードも描写不足で
結果何も伝わらない映画になってしまっていた。
しかし、台詞のわざとらしさ・気恥ずかしさには観ているこっちが
辛くなってしまったな。

443 :名無シネマ@上映中:2007/10/11(木) 21:02:30 ID:sSqV1oBA
>>442
あの親父のどこがプロ市民なんだよw

466 :名無シネマ@上映中:2007/10/12(金) 12:35:54 ID:bkPgkfvY
トヨエツも天海も嫌いじゃないが、この映画ではひどい大根に見えてしまった。
役と一体化できていないし、台詞まわしがわざとらしい。
全シーン、「とりあえず台詞読んでまーす!役柄?そんなん知らね」っていう感じ。
演出や演技指導のまずさもあったんだと思う。

監督ファン以外は観る価値なしだと思う。
私は監督に何の思い入れもないので驚くほど駄作、としか思えなかった。

474 :名無シネマ@上映中:2007/10/12(金) 17:40:51 ID:0sv44KBs
観客やめた、やめちゃおー

468 :名無シネマ@上映中:2007/10/12(金) 13:01:48 ID:wbXo1ZnS
原作読んでたけど、予想以上にうまく映像化されててびっくりした。
ひとつのホームコメディとしてみたらかなりの秀作だと思う。
主観的な視点にこだわらず、終始適度な距離感を保つことで
メッセージ性の強い台詞にもおしつけがましさを感じさせなかったのが
特に良かったのかな。
でもさすがにトヨエツにいらっしゃーいはないだろw笑えたけど。

469 :名無シネマ@上映中:2007/10/12(金) 13:38:02 ID:bkPgkfvY
笑えた?
どこも苦笑しかできなかった。滑りまくりで観ていて恥ずかしかった。

475 :名無シネマ@上映中:2007/10/12(金) 18:24:44 ID:h463bzeL
>>468
>メッセージ性の強い台詞にもおしつけがましさを感じさせなかった

これ同感。
下手にリアルすぎたり重たい演出だったら、うっとおしい内容になってたかも。
軽快さがよかった。

479 :名無シネマ@上映中:2007/10/12(金) 23:33:41 ID:lVesm514
見に行って何日かして、色んなシーンがよみがえってきてじわっときてます。
最後に取り押さえられるところ、悲しかったな。

480 :名無シネマ@上映中:2007/10/12(金) 23:52:31 ID:ZCp7RH0t
同じく
取り押さえられるところ
何でか知らんが泣けた

500 :名無シネマ@上映中:2007/10/13(土) 22:33:46 ID:sjGMUDsk
原作読んでないから、これから読む。

全共闘よりちょい下世代なもんで、つい観てしまった。
一郎はとよえつでよい。
しかし、さくらは違う。
過激派の女性はああいう女性ではない。
リアルで過激派女性を見てきたからね、あまみは全く違うな。
目が素直すぎるんだよ。

522 :名無シネマ@上映中:2007/10/14(日) 11:12:32 ID:PbU97I5A
突然チケットいただいて、5分後に何の知識もなく観にいった。
トヨエツがたのしそうに演じていて、「弁護士のくず」に続き、魅力的な人物造型だったなあ。
子どもの棒読みは気になったけど、大人のプロの役者はそれぞれ(チョイ役でも)
さすがの存在感だった。天海さんは本当に美しい…。
沖縄で与世山澄子さんが出てきてうれしい驚きでした!

確かにエピソードの連続性が悪いのは気になったけど
(特に、東京の祖母のエピソードはいまひとつわかったようなわからないような)
一種のお伽話としてとらえたので、リアリティの欠如もそんなに気にならなかった。
客は結構笑っていた。声を上げて笑う人もいたけど、くすくすっと笑う場所が多かったかも。
全般的に自分は気に入りましたが、音楽だけはしょーもないかなあ。なんだあの主題歌。

585 :名無シネマ@上映中:2007/10/17(水) 02:31:58 ID:HfUx/Ckd
公式見てたらパイカジ小学校校歌が3番まであって
作詞・作曲(!)森田芳光というのに爆笑した。
他にも撮影スケジュール表なんていうのがあって、公式楽しい。

586 :名無シネマ@上映中:2007/10/17(水) 06:24:02 ID:N1bp1xve
東京の子供や沖縄の人の演技はかなりアドリブ多かったらしい。
それが楽しかったと森田がラジオで語ってた。

591 :名無シネマ@上映中:2007/10/17(水) 14:05:08 ID:729gavcd
子ども達や沖縄の人達にアドリブが多いなんて意外だな。
演技する経験がなくてもアドリブで話せるんだ・・・。
教室のシーンでごちゃごちゃおしゃべりしてるシーンもそうなのかな。

592 :名無シネマ@上映中:2007/10/17(水) 21:04:11 ID:83xLC+Js
アドリブってもセリフに限ったことじゃないと思うが。

それにしても、“天才子役”に依存しきったドラマや映画がヒットしまくってる今、あそこまで棒読みさせたのには森田の相変わらずの天の邪鬼ぶりを感じたよ。
オーディションすりゃ演技力アピールのガキだらけだったろうに。

656 :名無シネマ@上映中:2007/10/21(日) 12:29:31 ID:GYyMIIHX
>>586
アドリブっていっても、台本にない即興演出が多かったという意味では?
ドランクドラゴンのラジオではそう言ってたけども。

2ちゃんねる映画ブログ

あと松ケンの巡査役も、当初はドラドラ鈴木の予定だったとも。

659 :名無シネマ@上映中:2007/10/21(日) 17:18:28 ID:QmjFVqC1
鈴木って誰だか知らないけど松ケンの巡査良かったよ。
椿で監督の気に入られてだと思ってたけど、その前にそんな聞いたことも
ない人が浮上してたとは驚いた。

664 :名無シネマ@上映中:2007/10/21(日) 23:45:13 ID:GYyMIIHX
>>659
うん、これは別に正式にオファーだしたとかいうシリアスな話じゃないし、
ギャグっぽくネタにしてただけだから。
椿で気が合って起用したのは本当じゃない?
ちなみに松ケンにこの役は鈴木くんの二番手だったと話したら、本望ですと答えたらしい。
なかなかお茶目。

639 :名無シネマ@上映中:2007/10/20(土) 18:05:15 ID:mbqGcTui
よくぞここまで平板に撮れたもんだと逆に感心

メイン・テーマの時も曇ってたし
沖縄とはホントに縁がないんだな森田

641 :名無シネマ@上映中:2007/10/20(土) 22:28:06 ID:0lQnSJop
今日見てきた!
評判どおり豊悦のぶっとんだ父さんぶりが笑えるしカッコいい
天海さんはちょっと固すぎるような…原作がそうなのかもしれないけど
子役の二人は最高にいいね!女の子は可愛らしくて微笑ましいし
特に男の子が可愛くてカッコいい。この子将来ジャニーズとかからデビューしてものすごいスターになりそうだわ
しかし、せっかく沖縄が舞台であの画面の暗さはどうだろう
曇ってたのか季節が悪かったのか知らないけど、沖縄の美しさを楽しみに来た人はかなりガッカリ
それだけが惜しいなぁ・・・

645 :名無シネマ@上映中:2007/10/21(日) 00:17:14 ID:rh8zwxov
>>641
風景を楽しむ映画じゃないからな。勘違いされそうだが・・・・

646 :名無シネマ@上映中:2007/10/21(日) 00:45:43 ID:jXzQF0fO
沖縄が舞台→美しさを描写すべきって発想は、この映画で言えば土地を買収した企業と同じ立ち位置だな。

648 :名無シネマ@上映中:2007/10/21(日) 01:06:29 ID:9iyGlBbI
>>646
全く意味不明な理論w

689 :名無シネマ@上映中:2007/10/23(火) 22:25:44 ID:gG3dvEfl
子供をおいて逃げるなんてありえない!
そうでないかい?

パイパティローマって日本に住めないガキが逃げていくユートピアか?
今の日本を批判するなら、腰の据わった反論してほしかったよ
颯爽と海の彼方へ みたいにはカッコよくないけど
ちまちまと県営住宅に住んで、平凡な強かな市民で終わるとか。

690 :名無シネマ@上映中:2007/10/23(火) 22:32:47 ID:vYtqUg3e
>>689
親はなくとも子は育つって風土が石垣島のあそこらへんにはあるんだろね。
長女もしっかりしてるし外人さんも物々交換だけで生きてるから大丈夫だよ。

ママが大人になった子供と大人になる子供の違いみたいな詩を朗読してたけどまさにアレ。

694 :名無シネマ@上映中:2007/10/24(水) 20:08:37 ID:aI7ig9Xl
チャーハンを箸で食うかよw

695 :名無シネマ@上映中:2007/10/24(水) 21:09:30 ID:whtVpxsZ
うちもチャーハン箸で食うよ。

696 :名無シネマ@上映中:2007/10/24(水) 21:26:22 ID:aI7ig9Xl
過激派やな


関連記事

  1. 2009/04/07(火) 15:41:58|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アメリカン・ギャングスター | ホーム | DRAGONBALL EVOLUTION>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/602-e0caa0ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR