FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブーリン家の姉妹

【ナタリーがアン】 ブーリン家の姉妹 【スカーレッがメアリー】
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1223551347/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中 :2008/10/09(木) 20:22:27 ID:4jLWpGji
ブーリン家の姉妹 The Other Boleyn Girl
http://www.boleyn.jp/
2008年10月25日公開

最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアン

ナタリー・ポートマン:ン・ブーリン
スカーレット・ヨハンソン:メアリー・ブーリン
エリック・バナ:ヘンリー8世
監督: ジャスティン・チャドウィック
脚本: ピーター・モーガン


5 :名無シネマ@上映中 :2008/10/09(木) 22:23:59 ID:ysNAX0BE
ナタリーもスカーレットも小さいのに相手がエリック・バナって、凄い身長差だな。

8 :名無シネマ@上映中 :2008/10/09(木) 22:52:17 ID:0soTmDIf
エリック・バナって大男だよな
飾ってあった衣装デカッって思った

2ちゃんねる映画ブログ

29 :名無シネマ@上映中 :2008/10/12(日) 20:13:29 ID:k/Wzd1rY
エリック・バナ、アンと出会った頃のヘンリー8世やるには見た目が少し若いような…。

7 :名無シネマ@上映中 :2008/10/09(木) 22:36:53 ID:X5F950yI
国民のほとんどが農作業していた時代に貴族どもは結構なご身分だったぜ

6 :名無シネマ@上映中 :2008/10/09(木) 22:26:42 ID:lYyrO9ZP
どんな映画か知らずに試写会行って観たけど
SEXしてる場面は何度もあるのにおっぱいひとつでなかったよ

111 :名無シネマ@上映中 :2008/10/25(土) 23:52:25 ID:bCFH22oW
>>6 のコメント一つで観る気をなくしました。

9 :名無シネマ@上映中 :2008/10/10(金) 00:33:59 ID:dZdvnRWx
スカヨハとはふつーで、ナタリーはバックからってのが王様の心境をよく表してる

27 :名無シネマ@上映中:2008/10/12(日) 15:57:03 ID:c1kUGRcS
ブーリン気なんて聞いた事もなかった
実在してたのか

44 :名無シネマ@上映中:2008/10/14(火) 23:55:31 ID:66peB8qj
アンは切れ者とかいわれてたけど
あんまりそんな風には見えなかった。
メアリーがぼーっとし過ぎたから、賢そうに見えたのかな。

47 :名無シネマ@上映中 :2008/10/15(水) 18:25:23 ID:JEuvWEvG
原作読んだら、姉妹の兄であるジョージが美少年好きのウホなのだが
これは史実なんだろうか?
そして映画ではこのへんのところは描かれているのか?

48 :名無シネマ@上映中 :2008/10/15(水) 19:53:07 ID:CdfM6bvi
アニキの見せ場は最後の近親相姦場面くらいだよ

49 :名無シネマ@上映中 :2008/10/15(水) 23:49:26 ID:3dG8Q3zQ
弟じゃなかった?

50 :名無シネマ@上映中 :2008/10/16(木) 01:41:16 ID:5J8ERkHQ
小説ではメアリーが主役、ジョージは兄
映画ではアンが主役、ジョージは弟

原題の「ブーリン家のもう一人の娘」てのは、メアリーに対してアンが言った言葉。
あんたは最早「国王の寵姫レディ・メアリー」から
名もない「ブーリン姉妹のもう一人のほう」に成り下がったのだ、
今までは私があんたの影だったが、これからは逆だ、
そして私は確実にあんたよりうまいことやってみせる、みたいな。

51 :名無シネマ@上映中 :2008/10/16(木) 05:05:51 ID:xLB5NJyZ
1.アン
2.ジョージ
3.メアリー

こういうことだよね?

52 :名無シネマ@上映中 :2008/10/16(木) 06:31:22 ID:5J8ERkHQ
いや、アンとメアリーは年子って設定だから(少なくとも小説では)

小説  1.ジョージ 2.アン 3.メアリー
映画  1.アン 2.メアリー 3.ジョージ

なんだと思う。
ごめん>>50 の書き方が悪かったね。

58 :名無シネマ@上映中 :2008/10/17(金) 17:07:43 ID:XAhP9eDr
なんか衣装が浮いてる気がする

59 :名無シネマ@上映中 :2008/10/17(金) 17:36:43 ID:9d5C26Ri
コスプレ感は否めないよね

61 :名無シネマ@上映中 :2008/10/17(金) 20:26:05 ID:YDUb7hRI
ナタリーの演技、全然冴えないね。
アンが単なるイヤミな奴にしか見えなかった。
自業自得ザマーミロって感じ。

62 :名無シネマ@上映中 :2008/10/17(金) 20:38:31 ID:UJYt5rkd
ナタリー、作品ごとによって演技の出来不出来に波がある感じ。

63 :名無シネマ@上映中:2008/10/18(土) 08:31:04 ID:iph94IPQ
原作もイヤな奴だからある意味正しい

81 :名無シネマ@上映中 :2008/10/23(木) 16:01:01 ID:ihMNZzAx
なんつーかウツになる映画だな。
「エリザベス」も陰謀やら人殺しはたくさん散りばめられていたが、
一応最後は女王様になれるから、まだ救いようがあるものの。
アンは殺され損の一生だったな。

85 :名無シネマ@上映中 :2008/10/24(金) 01:13:20 ID:sgOiA/yq
アンのグリーンの衣装とか美しいけど
衣装が綺麗なわりになんかお城?の内部の見せ方がしょぼかった
位が上がって良いところに越してきたって感じが希薄で
あとアンが変わったって言葉で言ってるだけで
何が変わったのかよくわかんなかった
王様ただの浮気性なだけじゃね

92 :名無シネマ@上映中 :2008/10/25(土) 03:20:43 ID:dpyaGgef
姉が失敗して妹のほうが気に入られるまでの展開がはえー
姉がフランスから帰ってきてから
姉のほうにヘンリーが心奪われるまでの展開がはえーー

101 :名無シネマ@上映中 :2008/10/25(土) 19:21:24 ID:XgIdq7se
見てきたよ。
メイン3人の演技が全然冴えないかわりに、
不憫すぎる近親相姦シーン、可哀相すぎる断頭台シーンをジョージ熱演。
この映画で引き込まれたのそこだけ。
あとは「エリザベス」冒頭シーンに繋がるかのようなラスト。
あれが自分は一番感動したわ。

112 :名無シネマ@上映中 :2008/10/25(土) 23:54:35 ID:3DVGSbA+
ここでボロカスに言われてんので、全然期待せずに行ったら、予想外に楽しめたw
レイト1200円なら十分だ。西洋版大奥と思えばよろし。
ヘンリー八世が女にいいように操られるアフォ男にしか見えないのは、どうかと思うがw

124 :名無シネマ@上映中:2008/10/26(日) 00:57:31 ID:gJEiGAHj
結構面白かった
キャサリン女王のクイーンオブイングランド!って宣言する大見得は心が震えたわ
こういうちょっと地味目の史劇を撮れるところのはうらやましいなぁ

このあとの世代にとっては
”ブラッディー”メアリーがカトリック復権をはかり、
その後エリザベス女王が新教派として巻き返す背景にはこの映画がいい題材になるんじゃないかな
メアリーにとって英国教会は母を貶めるための憎むべき制度であり、
逆にエリザベスにとっては英国教会の正当性を主張しなければ
自分の王位継承権がブレてしまったわけですね

136 :名無シネマ@上映中 :2008/10/26(日) 10:19:38 ID:kVTmj9ag
期待が大き過ぎた。

映画の劇場公開版の例に漏れず相当カットされてるんだろうけど、
あそこまで改変されたら原作者怒るんでねーの?って
原作も微妙なんだけど。

主要キャストが多国籍な現代顔揃いでセリフもセリフ回しも現代ドラマ、
これはどこの星のチューダー朝なのかと。
口の中でもごもごセリフ言うやつは時代劇に出なくていいぞ。

メアリーの最初の夫がいつの間にかいなくなってるとか
アンの焦らし作戦期間と在位期間たった数ヵ月か!?とか
端折るにも程がある。

137 :名無シネマ@上映中:2008/10/26(日) 11:03:07 ID:rP9kQiQ0
ほんと、季節の変わり目とか挿入するとかいわゆるモンタージュ場面があれ
ばいいけど、あれじゃ1000日どころか30日のアン。第一子出産した直後に
いきなり妊娠、流産。最初の方でフランスから戻って来た直後も同じ緑色
のドレスって何?ファッションだって洗練されてなくちゃ可笑しい。
よっぽど予算が足りなかったのか。

現在のイギリスではこの位の年齢の海外マーケットに人気ある女優いないのが
難点。ケイト・ウィンスレットももう若くないし。エマ・ワトソンは一寸
ノーブルさが足りんし。シェイクスピア俳優が多いせいか、演技派はおばさ
んばっかりだし。きちっとしたクィーンズ・イングリッシュ聞きたかったね。
わざわざ言語指導なんてつけなくても。

149 :名無シネマ@上映中:2008/10/26(日) 20:03:39 ID:Ejx6xT+a
ナタリーよりスカーレットが可愛かった。

2ちゃんねる映画ブログ

150 :名無シネマ@上映中:2008/10/26(日) 20:22:08 ID:+o15+ay4
うん スカーレットのあほヅラが生きてた  役にあってた

152 :名無シネマ@上映中:2008/10/26(日) 23:07:25 ID:Ejx6xT+a
アホ面って失礼だなw
あれはあれでかわいくていいじゃない。ナタリーは非の打ち所ない美人だけど
スカーレットは色っぽくて魅力的な感じだったよ。

154 :名無シネマ@上映中 :2008/10/26(日) 23:30:32 ID:wmXqAHIY
スカヨハは、ぽかんと口を半開きにしているだけで演技になってしまう
とこがすごいな。そりゃナタリーも嫉妬するわ
「俺がこんなにがんばっているのに、こいつときたら…」

156 :名無シネマ@上映中 :2008/10/26(日) 23:53:38 ID:hNQzQKPZ
>>154
スカヨハは演技プランがどうたらというより感覚的に演技するらしいから
お勉強タイプのナタリー(ロケ地巡ったり色々やったらしい)は
こいつ楽でいいなあと思うだろうね。

171 :名無シネマ@上映中 :2008/10/27(月) 06:14:06 ID:cEeyvZeT
>>156
そんなこと思わないでしょw

161 :名無シネマ@上映中 :2008/10/27(月) 00:57:29 ID:uvL6ZwP4
結論を言うと、ナタリーにこの手のコスチューム・プレイは似合わない。
顔がまず違うんだわ。スカヨハはその点ナタリーよりちょっと得している感じ。

239 :名無シネマ@上映中 :2008/10/29(水) 21:44:51 ID:wN/w1v9B
スカヨハのお口(゚д゚)はラストシーンできいた。お花畑すぎる。

164 :名無シネマ@上映中 :2008/10/27(月) 01:25:00 ID:tIK7C0gj
Hシーン多かったって書き込みあったから期待してたのに…(´・ω・`)
ほんと大奥みたいだった。公方様は無個性でもいいのか。ただの記号だな。
ロケ地はブーリン邸と宮殿と海辺だけ?

165 :名無シネマ@上映中 :2008/10/27(月) 01:35:17 ID:uvL6ZwP4
>>164
ココらへん。
http://us.imdb.com/title/tt0467200/locations

166 :名無シネマ@上映中 :2008/10/27(月) 01:38:50 ID:L/1RPbDt
アンはヘンリーに愛人が出来て邪魔になって罪を着せられたんでしょ
アンが処刑されて10日後にさっさと別の愛人と結婚してんだから
ヘンリーってかなりの性格の人間
女性遍歴見ても、アンが悪女とか言われても霞むわw

167 :名無シネマ@上映中 :2008/10/27(月) 01:55:11 ID:TEIb+ehU
ネットでサラッと調べるとキャサリンとヘンリーが結婚無効ではなく
離婚の形をとったのは、キャサリンとヘンリーの兄が結婚してたらでいいのかな
だとするとアンの秘密の結婚と対比させてるのね(事実かどうか知らないが)

168 :名無シネマ@上映中:2008/10/27(月) 02:13:51 ID:JGRsRb5q
ヘンリー8世は、今から見たらとんでもなく、青髭公に喩えられたりもするけれど、
偉大な人だったし、
魅力も十分あったと思う。

アンが数人と不倫関係にあったのは、確かみたい。
でも、現代的な意味での不倫じゃなくて、
男の子を産むために、チーム・アンで協力して頑張ったんじゃないの。
だけど、陰謀は、関わる人数が増えると仲間割れしたり秘密も漏れ易くなるし、
色んな勢力が蠢いて、誰も信用できない魑魅魍魎たる世界だったのだから、
勝って生き抜くのは至難の技だわ。

174 :名無シネマ@上映中:2008/10/27(月) 10:05:11 ID:LvQMHWY1
ナタポもスカジョもバナも好きだけど、
原作は昔、原書で読んだけど(あまり好きではないけど)、
この映画はつまらんかった。

原作のダイジェストが下手。
換骨奪胎というレベルではない。
かなり縮めてある印象だけど、編集も下手。

絶対君主制で王様なら何でもありの現代とはかけ離れた、
それでもそこで生きている人間の感情は同じ世界を
淡々と史実(とされている事柄)に沿って
映像化してくれたほうがよほど面白いわ。

ところで、スカジョとクリスティン・スコット・トーマスは
Horse Whisperer 以来の再び母子役なのね。
「あの時の子がこんなにあちこち育っちゃって」とか
「おばさん老けたな」とか
お互いに感慨あったのかしらん?w

175 :名無シネマ@上映中:2008/10/27(月) 10:07:09 ID:sVWxTMdU
ちらと雅子妃の事が脳裏をかすめました。お世継ぎを生むってどこの王室
でも大変なんだね。ま、皇室はある意味恵まれて来たと思うが。

177 :名無シネマ@上映中 :2008/10/27(月) 11:10:28 ID:ZB8sclBY
>>175
キャリアと人格を否定されファビョる女
いつもニヤニヤしてるだけの多産の女

ある意味、非常に普遍性のある組み合わせということかw

180 :名無シネマ@上映中:2008/10/27(月) 13:07:09 ID:sVWxTMdU
>>177 そして愛子さまが後の天皇に、の流れかな。

197 :名無シネマ@上映中 :2008/10/27(月) 23:52:26 ID:bLJTd35C
王さまがナタリーと一発やったら飽きて首切った映画。

198 :名無シネマ@上映中 :2008/10/28(火) 00:02:55 ID:36Z+8Blr
しかし一発やってできた娘のおかげで、大英帝国は安泰

204 :名無シネマ@上映中 :2008/10/28(火) 01:12:42 ID:CYrzKuCI
あんなに男児にこだわってたのに
結局、女が世継ぎになってんのが皮肉だわ

205 :名無シネマ@上映中 :2008/10/28(火) 01:22:04 ID:wBz3SaJ3
>>204
順番としては、

エドワード6世(ジェーン・シーモアとの間の子。15歳で脂肪)

メアリー1世(最初の嫁キャサリン・オブ・アラゴンとの間の娘。いわゆるブラディ・メアリー)

エリザベス1世


というわけで、一応世継ぎは男だった(すぐ脂肪したが)

206 :名無シネマ@上映中 :2008/10/28(火) 01:37:41 ID:NuhInEBu
>>205 に補足すると、メアリ1世の頃にノーサンバランド公がジェーン・グレイを即位させている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%A4

結局女ばっかりが目立った時代なんだよな。
ヘンリー8世もあの世(?)で驚いたことでしょうw

238 :名無シネマ@上映中 :2008/10/29(水) 21:37:55 ID:73GrhWnZ
恥ずかしながら史実に関する知識ゼロで観てきた。
結構面白かったと思うんだがここじゃ不評なのな。

個人的にナタリー好きでスカヨハ苦手ということもあって
努力型秀才のアンばかり不運に見舞われ天性型美人のメアリーが贔屓される
前半の展開にはイラッときたが、終盤の獄中での姉妹の抱擁シーンを見て
「あー、メアリーをスカヨハにしたのは正解だったな」とオモタ。
メアリーを理知的な感じの女優にやらせてたら
妹の「私の姉さんだから」というたった一言のおかげでアンが精神的に救われたことが
実感しにくかっただろう。

それにしてもオヤジと叔父さんが人間的にダメすぎなのにはワロタ

240 :名無シネマ@上映中:2008/10/29(水) 22:12:59 ID:BpFaqeMV
オヤジ役の人、マジであの時代にいそうな顔しててある意味感動した

2ちゃんねる映画ブログ

241 :名無シネマ@上映中 :2008/10/29(水) 22:21:59 ID:5NCn1YcS
父親と叔父、母とキャサリン王妃が良かった。
歴史物は脇が上手くないと観てられないけど、これは監督が力不足だよな。
衣装が勿体ない。

246 :名無シネマ@上映中 :2008/10/30(木) 03:14:10 ID:YOUtfNe1
ナタリーのコスは、クィーン・アミダラに見えて、個人的には、全然OKでした。
スカヨハは、確かに真珠の耳飾の少女風で、不思議に絵になるんだよね。

ふたりとも頑張っているけれど、この題材と演出だと、後味悪い。
もう少しヘンリー8世を普通の人(才気ある君主)として描いてほしい。
これでは、単なる好色なおじさんにしか見えない。

247 :名無シネマ@上映中 :2008/10/30(木) 03:23:54 ID:WQiSZ4OY
いや、好色なおっさんだもの。
好色だけど非常に有能な人だったのだが、この映画では好色馬鹿一代男に見えるな。
あと、普通の人ではないだろw 良くも悪くも。

251 :名無シネマ@上映中 :2008/10/30(木) 08:56:42 ID:YOUtfNe1
しかし、この映画をきっかけにWikipediaで、他の登場人物のことも読んでるけど、
最初の王妃キャサリン・オブ・アラゴンも、その娘メアリー1世も、すごい人生歩んでるだな…。
映画同様、何でそうなってしまうのかと、ただ読んでても疲れてしまう。

253 :名無シネマ@上映中 :2008/10/30(木) 13:28:01 ID:0p5iPAkl
原作では、世論がアンをどう見ていたかについては一応触れてるが
王妃即位前後の全盛期が支持率最低で、
アン一派が立ち寄った先の屋敷に、怒り心頭の民衆が大挙してきて
命からがら逃げ出すなんてエピソードもある。
裁判の頃はむしろ同情的な感じ。
民衆もそうバカではないので、魔女だ反逆罪だなんてのは方便で
要は浮気な王が次の結婚のためにアンが邪魔になったのだというのは、分かっている。
しかしアンが反対勢力の貴族や枢機卿を次々と暗殺したり、
妊娠のために薬を使ったり、近親相姦をしたのは事実である。つう書き方。

小説ではアンがメアリーに代わってヘンリーの愛人になってから王妃の座を勝ち取るまで、
7年かかってるんだよね。で、たった3年でその座を転げ落ちた。

256 :名無シネマ@上映中 :2008/10/30(木) 18:19:51 ID:0jjfnx42
主演二人がブスだったら飽きてただろうが二人とも美人だったから飽きはなかった。

258 :名無シネマ@上映中 :2008/10/30(木) 21:21:50 ID:vF+xAXJ8
>>256
俺もナタリーの顔なら何時間見てても飽きないよ。

2ちゃんねる映画ブログ

260 :名無シネマ@上映中 :2008/10/30(木) 22:32:35 ID:CCoGk9he
ナタリーが後ろからヤラれるシーンは笑ってしもた
この人もうちょっとツヤっぽさとか身につけたほうが良いんでないの
なんか子役上がりが頑張ってるなーとずっと思って見てた

261 :名無シネマ@上映中 :2008/10/30(木) 22:34:28 ID:5cq+7+UL
>>260
あの表情は下手すぎだったな。

264 :名無シネマ@上映中 :2008/10/30(木) 23:56:48 ID:gnV6+ZrQ
>>260
そこも笑ったけど
近親相姦未遂のシーンはもっと笑ったw

272 :名無シネマ@上映中 :2008/10/31(金) 01:20:54 ID:VF2LRYnj
フランス時代が端折られたのは予算のこともあるし仕方ないとして、
フランス帰りのアンが相変わらず大して洗練されてないのが痛かったw
イニシャルを象ったペンダントトップがフランスの流行というのも、
パンフレットの解説見なきゃわかんないし。

それと、クリスティン・スコット・トーマスさすがに老けたなあ。
イングリッシュ・ペイシェントから12年も経つから当然っちゃ当然だけど。

293 :名無シネマ@上映中 :2008/10/31(金) 21:34:26 ID:iPvGg4c5
宮廷って、もっと広いのかと思ってた。
狭い場所に押し込められたような映画だと思った。

294 :名無シネマ@上映中 :2008/10/31(金) 23:31:37 ID:HJBWaUv6
衣装頑張ってる割に部屋狭いよね

297 :名無シネマ@上映中 :2008/11/01(土) 02:15:19 ID:Z7dklWeT
>>293
それは絶好調時のフランス宮廷とかを想像してるからでしょ。
あれは実際に昔の保存された城をつかってるから本当だよ。
小国時代のイギリスとかしょぼいよ。
信長時代の清州城なんてほんとは二階建ての山小屋みたいな感じだし。

303 :名無シネマ@上映中 :2008/11/01(土) 14:26:32 ID:xeirG1gH
とにかく暗かった。
アン・ハサウェイとエイミー・アダムスが姉妹を演じたら、
もう少し明るく、華のある映画になっただろう。

304 :名無シネマ@上映中 :2008/11/01(土) 17:05:15 ID:FXjJR1Ku
>>303
その二人じゃディズニー的なハッピーエンドになりそうw

318 :名無シネマ@上映中 :2008/11/01(土) 23:56:22 ID:hu3+AeIX
アンは野心家なだけで、そんなに頭が切れるように見えなかったな。
それと、王に英国教会の長になるようにけしかけたのが、アンだとするには
アン自身の信仰心とか、教会に対する考え方を描いたエピソードも、伏線として欲しかった。

同じナタリー出演のゴヤは、人間の業や狂気の部分、悲惨ではあってもユーモラスに描いてたけど、
こっちは笑えなくて、ただ悲惨なだけだった。

319 :名無シネマ@上映中 :2008/11/02(日) 00:06:48 ID:cwlMF/gu
>>318
同じ時期に公開の歴史物、そして、どちらもナタリーが出演ということで比較してしまうけど、
ゴヤのほうは余韻が残る映画だったな。
ブーリンよりも暗い映画かもしれないけど、色々な場面で、色々な種類の笑いを感じさせるというか。

344 :名無シネマ@上映中 :2008/11/02(日) 22:06:40 ID:9MUo/3oY
エリック・バナがかっこいいんだが、かっこいいだけで
薄っぺらい男だったなー

345 :名無シネマ@上映中 :2008/11/02(日) 22:10:41 ID:ghq+CANp
アメリカの映画評は「あんな魅力的なヘンリー8世をよくここまでつまらなく描けるな~」みたいな感じだった

362 :名無シネマ@上映中 :2008/11/03(月) 16:50:36 ID:AtIkpDUl
こういう映画って誰が観るものなの?
家族連れじゃ気まずすぎるしカップルで行くのも微妙だよね?
映画オタク&歴史オタク?

368 :名無シネマ@上映中 :2008/11/03(月) 21:01:36 ID:ikJ+uLtP
>>362
自分が行ったときは、9割女性だった。
この手の歴史物が好きな人ってある程度いるんじゃないの?
ポスターや宣伝文句でなんとなく興味持った人とか。

378 :名無シネマ@上映中:2008/11/04(火) 00:23:48 ID:1WKJS1+w
これほどまでに、異性を落とすための女性側の策略を
詳細に描いた作品はないのではないか?

現代にも通じる処世術である。

男性側から見ても、こういう戦略を取るのだと、
いろいろな経験が頭をよぎった。 

379 :名無シネマ@上映中:2008/11/04(火) 00:25:37 ID:1WKJS1+w
映画を観ながら、俺もヘンリーのような男になりたい、
いやなるのだぞ、と強い野心を養った。

383 :名無シネマ@上映中 :2008/11/04(火) 14:04:53 ID:tSKHZiYr
ブーリン姉妹のおじさんって後に反逆罪で処刑されたらしいけど、何したんだ?
どっちにしても処刑されてザマーミロと思うくらい嫌なキャラだったけど。

393 :名無シネマ@上映中:2008/11/06(木) 00:57:59 ID:jPo1Mfjc
>>383
おじさん、トーマス・ハワードは処刑されていない。
ロンドン塔に収監されたことはあるが、釈放されている。字幕ではその子孫が3代続けて処刑されたとあった。

399 :名無シネマ@上映中:2008/11/06(木) 11:25:15 ID:vYwpQ+5Z
兎に角新人でもいいからイギリス人女優を使って丁寧に作って欲しかったな。
人気女優を使って客を動員しようという狙いで墓穴を掘ってる様な。
ギャラだって安くないだろうから制作費削られるし。
イギリスならシェイクスピアの舞台で研鑽積んでる実力派の若手女優が
一杯いそう。

400 :名無シネマ@上映中:2008/11/06(木) 11:28:19 ID:7/gXvuCG
史実では、メアリーが絶世の美女でアンはかなる劣る感じだったんでしょ。

これ、欧米の人が見たらナタリーよりスカーレットの方が美人って感じなんでしょうか。

402 :名無シネマ@上映中 :2008/11/06(木) 12:55:55 ID:SnFLii1v
あの時代の衣装が似合わない=ブス って遠回しな意味なのかもw
ナタリーはイギリス人を演じるには、いかんせん顔立ちがエキゾチックすぎた。

434 :名無シネマ@上映中 :2008/11/09(日) 00:02:25 ID:UOCdPmf/
スカーレットの斜視が酷くなってきてるね・・・
彼女、現代劇のほうがよい。タロットカードのムッチリ感とか好き。

ナタリーは良い雰囲気だった。


でも両人が姉妹に見えなかったのが残念。

435 :名無シネマ@上映中:2008/11/09(日) 00:12:09 ID:Y4pwx9Pw
少しでも似た系統の顔の人をキャスティングしたほうがいいんだろうか?

ナタリーとキーラ
スカーレットとシエナ

とか。スカーレットとシエナだとなんかエロエロだけど。

436 :名無シネマ@上映中 :2008/11/09(日) 00:14:12 ID:wHUfTjIZ
>>435
アンとメアリーは全く似ていない姉妹というのがそもそもの史実のようです。
ナタリーとキーラはいかにも他人の空似っぽくて、却って姉妹には見えない気がする。

411 :名無シネマ@上映中 :2008/11/06(木) 23:57:37 ID:Ib0BGPtv
wiki掲載の肖像画(?)

メアリー

2ちゃんねる映画ブログ

アン

2ちゃんねる映画ブログ

アンが一青ように見えます。


アンブーリンの映像化はいくつかあるけど、
自分が思いつく限りメアリーに関しては
どれもほとんどスルーだったような気がする。
話題にちょっと上るのがせいぜいで。

321 :名無シネマ@上映中 :2008/11/02(日) 00:34:18 ID:Tnnkg7PH
バイトで窓口やってんだけど10人に一人は
「ブーリン家の一族」って言ってくんのはなんだw


関連記事

  1. 2009/03/09(月) 21:38:13|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:10
  4. | コメント:0
<<アフタースクール | ホーム | 超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ 天空大決戦であります!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/601-c981ea9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブーリン家の姉妹

 『愛は、分けられない。 最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアンだった。 世界を変えた華麗で激しい愛の物語。』  コチラの「ブーリン家の姉妹」は、ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの共演で、同名ベストセラー小説を映画化した10/...
  1. 2009/03/09(月) 22:49:19 |
  2. ☆彡映画鑑賞日記☆彡

映画 【ブーリン家の姉妹】

映画館にて「ブーリン家の姉妹」 16世紀のイギリスの宮廷を舞台に繰り広げられる愛憎劇。 おはなし:16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。野心家のブーリン卿(マーク・ライアンス)は聡明な長女のアン(ナタリー・ポート
  1. 2009/03/09(月) 23:37:08 |
  2. ミチの雑記帳

★「ブーリン家の姉妹」

今週の平日休みはたっぷり・ゆったり映画が見れる「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 この映画のために、計画した 「大スカちゃん祭り」のメイン・イベントの作品だよー。
  1. 2009/03/09(月) 23:57:17 |
  2. ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

ブーリン家の姉妹

大英帝国の礎を築いたエリザベス1世の母、アン・ブーリンと、歴史上は無名だったその妹、メアリーを主人公とするフィリッパ・グレゴリーの同名小説を映画化した作品です。 16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリンは、一族の繁栄のため、才気溢れる美しい娘、
  1. 2009/03/10(火) 06:51:10 |
  2. 日っ歩?美味しいもの、映画、子育て...の日々?

ブーリン家の姉妹

愛は、分けられない。 最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアン。 世界を変えた華麗で激しい愛の物語。 原題 THE OTHER BOLEYN GIRL 製作年度 2008年 上映時間 115分 監督 ジャスティン・チャドウィック 出演 ナタリー・ポートマン/スカーレット・ヨハンソ
  1. 2009/03/10(火) 10:35:29 |
  2. to Heart

ブーリン家の姉妹

【THE OTHER BOLEYN GIRL】2008/10/25公開(10/25鑑賞)製作国:イギリス/アメリカ監督:ジャスティン・チャドウィック出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、デヴィッド・モリッシー、クリスティン・スコット・トーマス、マーク・ライラ.
  1. 2009/03/10(火) 12:55:06 |
  2. 映画鑑賞★日記・・・

ブーリン家の姉妹

ブーリン家の姉妹’08:米・英 ◆原題:THE OTHER BOLEYN GIRL◆監督: ジャスティン・チャドウィック◆出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、ジム・スタージェス、エディ・レッドメイン、アナ・トレント◆STORY◆16世紀のイングランド。.
  1. 2009/03/10(火) 20:29:14 |
  2. ☆C&#39;est joli?ここちいい毎日を?☆

「ブーリン家の姉妹」(THE OTHER BOLEYN GIRL)

16世紀の英国宮廷を舞台に国王ヘンリー8世と、新興貴族ブーリン家の美しき姉妹との愛憎をつづった歴史ヒューマンドラマ「ブーリン家の姉妹」(2008年、英米、ジャスティン・チャドウィック監督、115分、コロンビア映画配給)。本作はフィリッパ・グレゴリーの小説
  1. 2009/05/17(日) 14:21:03 |
  2. シネマ・ワンダーランド

【映画】ブーリン家の姉妹…ちょっと昔「とんでブーリン」ってアニメありましたよね?

いやはや、お仕事も我が家もなんだか最近は忙しいです{/face_hekomu/} 17日(月曜日)は、週の頭から6時間とかの残業{/face_hekomu/}{/down/} …(チョイ愚痴ですが{/face_ase2/})私の計画通りだとこんな残業は発生しないんですけどねぇ{/face_ikari/}…人の後始末みたいな
  1. 2009/09/04(金) 16:06:51 |
  2. ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

ブーリン家の姉妹

愛は、分けられない。 【関連記事】「エリザベス」、「エリザベス:ゴールデン・エイジ」
  1. 2009/10/20(火) 23:35:08 |
  2. Addict allcinema おすすめ映画レビュー

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR