FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミラクル7号

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1212589976/
2ちゃんねる映画ブログ

16 :名無シネマ@上映中:2008/06/19(木) 00:47:31 ID:aaScP9lY
数時間前、有楽町で試写会を見てきたよ

面白かったよ

水準はクリアしている

男の子役の少女はどこかシャルロット・ゲンズブールの
少女時代を彷彿とさせるほど可愛かったし、

その男の子を心配する女教師はとても美しかった。
しかも、太眉に大きな瞳、胸や尻も豊満。

2ちゃんねる映画ブログ


17 :名無シネマ@上映中:2008/06/19(木) 01:14:33 ID:Q4JFuQSd
あの先生はたしかにエロい

35 :名無シネマ@上映中:2008/06/23(月) 22:43:18 ID:fCzcl7CJ
中国の教師ってみんなあんなエロい格好してんのか?

19 :名無シネマ@上映中:2008/06/19(木) 21:41:21 ID:TGKOrU07
しかしこの人本当は宇宙人なんかどうでもいいんじゃないか?
とにかくリアルな貧乏の描写と親子の情のドラマがストレートにぐっと来た
子役の演技と、ボロな家のシーンの細かい演出が素晴らしすぎて、あの緑の人形はどうでもいい感じ
一度、CGもギャグも無しでお得意のペーソス全開の純粋な人間ドラマ作って欲しい。
映画史に残る名作になる気がする

43 :名無シネマ@上映中:2008/06/25(水) 07:22:53 ID:RZ8qIPpi
>>19
俺も試写見たけど、7号はオマケにしか見えなかった。

44 :名無シネマ@上映中:2008/06/25(水) 10:41:23 ID:+zm+eS5V
>>43
7号の活躍するのは最後の方の一箇所だけだな。

というか中華圏の人と笑いのツボが違うのかな?
無数のゴキブリを潰して遊んだり、7号の天然行動ぶりを見てガキがボコボコにして
ゴミ箱にすてたり。そんなところで笑わなきゃいけないんだろうけど
試写会場内はドン引きだったんだよな。

日本人と感覚が違うのかね。

38 :名無シネマ@上映中:2008/06/24(火) 13:38:58 ID:6anCBW5U
ガキが夢でみたことのとおりに7号が活躍しなかったからという勝手な理由で
7号がフルボッコにされてかわいそうだった。

39 :名無シネマ@上映中:2008/06/24(火) 14:06:19 ID:+YDIIiPq
シンチー作品はたまに「え?!それ酷くない?!」って思うシーンがあるのは確か

46 :名無シネマ@上映中:2008/06/25(水) 12:38:59 ID:htmB3KFA
教師役の女優は、柴崎コウの「少林少女」にも出ていた子だよ
 
2ちゃんねる映画ブログ
キティ・チャン(張雨綺)
 
2ちゃんねる映画ブログ
 
2ちゃんねる映画ブログ

473 :名無シネマ@上映中:2009/01/05(月) 22:59:36 ID:Mt/cvgS/
キティ・チャンかわゆす

474 :名無シネマ@上映中:2009/01/06(火) 00:57:52 ID:crgmatIn
先生そんなふざけた名前だったのかよ

72 :名無シネマ@上映中:2008/06/28(土) 16:33:13 ID:yqzQrlI5
初日だっつーのに全く客いなくて寂しかったぜ
女教師美しすぎだ・・・。

75 :名無シネマ@上映中:2008/06/28(土) 20:39:31 ID:+8TRZhLJ
麗しの美人教師にクギ付けだぜ。
あと、不覚にも泣いた。

77 :RRD ◆3MranranlY :2008/06/28(土) 22:05:11 ID:T879FJ1I
つーことで見て来たが、客少ねー。
俺も予告編で見たときは「なに、このちゃっちい人形は?!」って呆れた。
そのちゃっちい人形の表情に泣かされるとは思わなかった。
ばかじゃねえの?こんな映画で泣くなんて!?って自問自答しながら泣いたね。
表情つーか、でっかい目がえとも言われぬ説得力を持ってる。
とにかくミラクル7号、かわいい、萌える。ふわふわの顔と手足の短い
寸足らずの体のギャップ、可愛さを計測すると約600メガポンデライオンくらい。

あと単純だけど男親と男の子の関係が絶妙にどの世代の男性にも
受け入れられるように出来てるんだよなー。ちょうど今の俺が
親父の期待を意識する局面を迎えてるから、ものの見事に
この映画にハメられちゃったよ。それが滂沱の伏線だ。

80 :名無シネマ@上映中:2008/06/28(土) 23:10:25 ID:OOQsOsug
今日見た。
客少ない。でも、見てよかった。
笑うつもりでいたのに泣いた。
親子愛に泣いたよ。ベタで、展開もわかってるんだけど泣かされた。
笑い3・泣き7くらい。
家族連れが多かったけど、親は泣いてた。
チャウ・シンチー、かっこよくなった気がする。
7号のぬいぐるみが欲しいのに、売ってなかった。

102 :名無シネマ@上映中:2008/06/29(日) 21:17:55 ID:1mg4R5wm
7号の扱いが酷すぎる気がした
劇場に2・3人いた子供が「かわいそう・・・」って言ってドン引きしてたぞ

104 :名無シネマ@上映中:2008/06/29(日) 21:51:49 ID:0O1CLQj+
子供と見に行ったけど…
子供が深刻な顔してた
そして一切笑ってなかった…
どうしよう…
やはり文化の違いかな?
でも少林サッカーはめちゃ笑ってたけどね

105 :名無シネマ@上映中:2008/06/29(日) 22:02:06 ID:wKfpH8R2
>>102
>>104
俺も嫁と子供2人と観に行った。

上映後はその子供たちと同じように暗い顔してたよ。
ナナチャン悪いことしてないのに酷いとかいって上の子が半ベソかいてた。

「いや、それがチャウシンチーというこの映画作った人の特徴なんだよ。わかろうよね。」
みたいなことを俺が言うと嫁に
「そんなこと子供がわかるわけないでしょ!シンチーをわかれとか馬鹿じゃないの!!」
と怒られた・・・。

数時間たった今も嫁とはその流れでちょっとだけピリピリしてるよ・・・・orz

106 :名無シネマ@上映中:2008/06/29(日) 22:06:53 ID:nAE66r+7
酷い事をして、その後に間違いに気付いたのが大事なんじゃ?

107 :名無シネマ@上映中:2008/06/29(日) 22:14:01 ID:wKfpH8R2
>>106
無理だろ・・・
ゴミ箱に捨てて、数歩歩いて忘れ物でもしたかのようの
「やっぱり僕にはナナちゃんが必要だ!(だったっけか?)」
とか脈絡なさすぎじゃん・・・間違いに気付くまでの過程が。

108 :名無シネマ@上映中:2008/06/29(日) 22:14:20 ID:rEe4fRFm
まぁ、便所に顔つっこませるとこは俺もちょい引いたけどなw

110 :名無シネマ@上映中:2008/06/29(日) 22:50:37 ID:+UinSYF/
ジブリみたいなのとは違うからなあ
完全な子供向けじゃないし
そういうのを期待するような映画ではないと思う

112 :名無シネマ@上映中:2008/06/29(日) 23:27:57 ID:kKjUTwyS
私も、ナナちゃんをトイレに顔つっこませたとこや、殴られるシーンは辛くなった。
機械で虐めるとこは凄く胸が苦しかった。
でも、こうゆうシーンはこの映画を感動させる為のスパイスだと思うし、
必要だと思った。
子供向けであって子供向けでは無い。。。。
う~ん。。。

130 :名無シネマ@上映中:2008/06/30(月) 14:13:32 ID:LxuTgaIV
あの息子役、女の子が演じたらしいな。

2ちゃんねる映画ブログ

132 :名無シネマ@上映中:2008/06/30(月) 15:03:01 ID:28nKpbtq
映画雑誌で、子供の主要メンバー4人全員本当の性別と逆だって書いてたな

141 :名無シネマ@上映中:2008/06/30(月) 23:54:43 ID:oXd26sis
>>132
あの朝青龍みたいな女の子は
本当は男なのか?

2ちゃんねる映画ブログ

142 :名無シネマ@上映中:2008/07/01(火) 01:20:43 ID:b8H4uUdP
>>141
パンフによると男性レスラーなんだと

143 :名無シネマ@上映中:2008/07/01(火) 02:57:11 ID:0aS8Rfu1
オールバックのいじめっこはおにゃのこだったのか

328 :名無シネマ@上映中:2008/07/11(金) 17:08:39 ID:qS/0LeFk
主役の少年が女の子なのは鑑賞前からしってはいたが、
映画を見終わってからパンフをゆっくり読んでいたら
金持ちのガキやその用心棒のでっかいガキまで女性だと知って仰天した
全然気付かなかった…あちらの子役はマジ演技うまいわ
さすがにでっかい幼女は男だと即気付いたがw

145 :名無シネマ@上映中:2008/07/01(火) 13:54:41 ID:3Cza1dmL
親子愛の感動作を作るつもりなら、ナンセンスギャグは排除してほしかった。

子供のけんかで人がすっ飛んだり、突き飛ばされても死なないのに、
シンチがたがかビルの工事現場から落ちたぐらいで死ぬなんて馬鹿馬鹿しい。
このあたりのシーンは泣かせるシーンだったんだろうが、
一貫性がなくて興ざめ。

197 :名無シネマ@上映中:2008/07/02(水) 21:39:05 ID:gddVP0rz
殴られたらマンガみたいに吹っ飛ぶみたいなギャグで
コメディだと安心させといたところで
シンチーが落ちて「えっ……死んだの?うそでしょ?」と
一転して深刻な展開にもっていくのは
明らかに作り手側の計算だと思った。

198 :名無シネマ@上映中:2008/07/02(水) 22:11:33 ID:uqaFEhm1
シンチーが職場のボスと漫画っぽい喧嘩してればイチャモンつけるのわかるんだけど
そうじゃないでしょ。吹っ飛ぶのはデブガキ絡みばかりだし
普通に落ちたら死ぬって思うだろ。あのシーンは
子供と喧嘩して「不慮の事故で死にます」ムード全開だったし

199 :名無シネマ@上映中:2008/07/02(水) 22:19:12 ID:cKPpG/8S
まあシンチーは相変わらずだったと
見る人を選ぶよこの人のは

151 :名無シネマ@上映中:2008/07/01(火) 17:56:28 ID:2TInvzOI
いい映画だった。
でも、ちょっと地味かな。この手の映画だったら、ミラクル7号が
もっと活躍するんだろうけど、あえて活躍させてないっていうか、
そんな都合のいいものあるわけないだろ、というような感じ。
そんなものに頼るより、コツコツ自分が頑張ることが大事、ってこと
を言いたいんだろうな。テストのシーンとか見てたら、そう思った。
そこがいいんだけど、やっぱ地味。ミラクル7号の影が薄いような気がする。

152 :名無シネマ@上映中:2008/07/01(火) 18:12:33 ID:kzdKR0Al
つーか、せっかくナナという宇宙人が不思議な力を持っているのに
それ以上に日常が普通な感じじゃないからナナの不思議なパワーがj引き立たなかった
どうせならシンチー特有の殴られたら遠くまで飛ばされるとか大げさな演出をなくせばもっと
もっとナナのいいところが目立ったし感動てきな感じになったんだと思う

180 :名無シネマ@上映中:2008/07/02(水) 02:27:06 ID:9vhpTa4N
そういやラスト、7ちゃんがアレになった後
ディッキーが急にさっぱりした顔で勉強始めた時、
これから僕は猛勉強して将来立派な科学者になって
7ちゃんの電池を開発するぞ!とかいう、
つまりはドラえもんのパクリ的展開か!?
などと思ったもんだが、

杞憂でした。

そういやいきなり道具出すシーンもアレだったなw

181 :名無シネマ@上映中:2008/07/02(水) 04:12:27 ID:s2TPt6vf
先生役の男の人って
少林サッカーで「パンツ被れよ」って言ってた
敵チームの主将(?)役の人と同一人物?
名前が分からないけど、確かそうだよね?
因みにラム・ジーチョン(だっけ?現場監督役の)は相変わらず存在感あるね

185 :名無シネマ@上映中:2008/07/02(水) 11:05:57 ID:9vhpTa4N
>>181
体育の先生ならそう。相変わらずパンツ上げすぎ。
カンフーハッスルにも出てたね。

それにしても汚いオッサンとか汚い犬とか
どこから見つけてくるのかいつも感心する。

204 :名無シネマ@上映中:2008/07/03(木) 00:25:42 ID:n7nOKaN7
チャウシンチーの映画って何で貧乏臭いの

206 :名無シネマ@上映中:2008/07/03(木) 02:39:08 ID:pSkqv77x
>>204
シンチーのルーツだからじゃね?

234 :名無シネマ@上映中:2008/07/04(金) 18:59:14 ID:R0lnhIcD
ドラえもんに代表される古き良き日本の少年マンガのパターンだから?
むしろ逆になつかしかったよ。チャウ・シンチーと年齢が近いからかも
しれない。

238 :名無シネマ@上映中:2008/07/04(金) 23:12:30 ID:uSV/6fgJ
前半の貧乏描写が長過ぎ&ナナちゃん登場が遅過ぎ感が否めないが、
電池切れのナナちゃんを、あれこれ蘇生させようとする辺りは良かった

239 :名無シネマ@上映中:2008/07/04(金) 23:27:37 ID:VOWvW+dB
>>238
あの点滴のくだりは切ないながらも噴いたw
一体何を入れようとしたんだろう

241 :名無シネマ@上映中:2008/07/05(土) 00:55:17 ID:HW5gRjVY
>>239
同じく噴いた。
ああいうところが大好きだ。

240 :名無シネマさん:2008/07/05(土) 00:47:00 ID:c1TKgPfH
ヒステリックな教師とか、巨漢の小学生とか、
口の悪い現場監督とか、根性悪の金持ちのボンボンとか、
単なる「嫌な脇役」で終わりそうなキャラ一人一人にまで、
しっかりと見せ場を用意する、この監督(と脚本)の姿勢が非常に好ましい。
 
ちょい役でしかない体育教師まで、「胸まで上げて履くジャージのズボン」で
ばっちりキャラが立ってるんだもんなぁ。

268 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 20:03:09 ID:K69mWOmv
この映画で号泣したの俺だけ?

269 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 20:05:10 ID:Pz0uULa6
今日見てきた。親父が死んで、子供が「パパはボクを放って置かない!寝て起きたらいるんだ」
辺りから嗚咽が結構あったよ。俺も号泣ではないが泣いたw
まさかシンチー映画で泣く事ににるとはね。いい映画だった

270 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 20:20:02 ID:VZWdDN57
>>269「先生、僕今日は疲れてるから、もう寝るから帰って」
とか字幕になかったっけ、そこでグッと来た(´;ω;`)

271 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 20:20:56 ID:zBoPEsDC
冒頭の親子仲良しシーンで「これは後で泣かせるための伏線だなフフン」
と、たかをくくって見てたのだが

まんまと泣かされた。
ベタでストレートなだけに、号泣の衝動も相当なもんだ。
気を付けて見るべし。

272 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 20:49:32 ID:hBEETTkE
嗚咽を漏らすのを我慢するのに必死だった。

あそこで「寝る」を選択するのはリアルだよなあ。

273 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 20:58:11 ID:UbrtJrdU
>>272
子供のときっておふくろにきつく叱られて泣きじゃくっても、
朝になったらおふくろがケロッとして起こしに来て、
家族みんな何事もなかったように忙しくしてたのを思い出した…。

自分も、辛くてたまらない時はとりあえず布団被って寝るな…。
大人になるとそんな現実逃避しても、何にも解決しないんだけどさ…(;_;)

402 :名無シネマ@上映中:2008/07/26(土) 05:52:34 ID:a5BOzc8r
ぼくはねむいんだ。かえってください。ひとりでねかせてください。おねがいです。

うわぁぁぁーーーん

先生「……うわぁぁぁん」

283 :名無シネマ@上映中:2008/07/07(月) 00:14:43 ID:XmAMTNHo
おもちゃ屋のくだりが泣けた

うちも貧乏だったから
一回だけわがまま言って
結局買ってもらえなかったから
もう二度とねだるのをやめた事を思い出した

親になった今となっては
できるだけ子供の期待に応えてやりたい
どうせ社会に出てからは
もっと我慢しないといけないことが
山ほどあるんだから

先週生まれた新生児♀に思いを馳せた
シンチー、ありがとね

284 :名無シネマ@上映中:2008/07/07(月) 01:13:58 ID:P0SSpO4t
>>283
おめでとう!
心の扉を全開にして、素直に観れれば良いのだが
なかなか難しくてね。

304 :名無シネマ@上映中:2008/07/08(火) 19:26:58 ID:wGnPbvtE
ナナちゃんって結局人工のペットなのか?
コテンパンにやられたシーンでバネが飛び出してるとか分かりやすい表現あったけど

2ちゃんねる映画ブログ

305 :名無シネマ@上映中:2008/07/08(火) 19:57:29 ID:0d/Ix/qE
>>304
ターミネーターでも人の心を学べるのだから
ナナちゃんがペットの心を持ってても不思議ではない。

307 :名無シネマ@上映中:2008/07/09(水) 01:14:25 ID:QgFZzi8+
結局7ちゃんってなんだったんだろう、
イマイチ存在にインパクトが無くて、いなくてもストーリー的には成り立ちそう
とか言ってしまったらさすがに言い過ぎか。

341 :名無シネマ@上映中:2008/07/12(土) 02:44:29 ID:AigNoNK2
今回のベースはドラえもんだよね?
もうちょっと長江7号がキャラ立ちしてれば面白くなったと思うんだけど、可愛いだけで
存在理由がイマイチ希薄というか、7号自体もバックストーリーとか掘り下げて欲しかった。

345 :名無シネマ@上映中:2008/07/12(土) 16:01:55 ID:TKjHDc2G
先生のハナクソシーンに大爆笑したんだが
周りの反応はイマイチだった。
ま、笑いのツボは人それぞれか。

357 :名無シネマ@上映中:2008/07/13(日) 02:06:43 ID:aIkgf67H
>>345
最後くっちゃうやつなw
爆笑したw

215 :名無シネマ@上映中:2008/07/03(木) 20:32:04 ID:NWZ6QH2p
今回の映画はいつものシンチー映画より毒を薄めた感じだね、ファミリー向けかなあ。
シンチーが真面目な男で、子供に向かって「嘘をつくな。人のモノを盗むな。喧嘩をするな」って
道徳めいたことを言うのにはどうも違和感を感じる。
シンチーが普段演じるキャラはその逆でしょ。ズルして儲けようとするセコい男とかさ。
そういうのがいかにも香港の庶民感覚でいいんだけど。
普段のシンチー映画だったら、ミラクル7号の超能力を使って金儲けしようとか、
そういう方向にいくんだろうけど、今回に限って清貧なんだよな。

359 :名無シネマ@上映中:2008/07/13(日) 06:47:02 ID:HuFq09d5
>>215

あのお父さんは若い頃から貧乏で苦労してきた人というよりは
ミラクルマスクマンのシンやキング・オブ・カンフーの蘇乞兒みたいな
わがままで嘘つきな金持ちのボンボン育ちで勉強もせずに遊び呆けていて
何かつまらない犯罪に手を染めて身を持ち崩して今の生活になったように見える
だから自分と同じ失敗をしないように子供に説教するんだよ

361 :名無シネマ@上映中:2008/07/13(日) 23:47:10 ID:V9nK8rkx
 >>359
お父さんは農村出身で、都会に出てきた農民工みたいな立場の人なんだと思ったよ。
息子が嘘の100点取った時に、現場のボスが「同郷のよしみだ」って
事務所でこっそりご祝儀渡してたし。

364 :名無シネマ@上映中:2008/07/14(月) 00:39:14 ID:Td57Vfjj
>>361
割とああいうポジションにはイヤな奴がなってそうなんだけど、
この話では友達でイイ奴なとこがいいよな。
若干、同郷の友達設定にしては2人の年齢差があるなとは思ったがw

467 :名無シネマ@上映中:2008/12/17(水) 22:51:05 ID:d1TlJS1Z
最後にいっぱい出てくるけど、真ん中のがナナちゃん?
だとしたら小さい縫いぐるみみたいなのはダミーだったの?

468 :名無シネマ@上映中:2008/12/18(木) 03:35:47 ID:/F4pa/rG
ナナちゃんが帰ってきた!と思わせて、実は同じようなやつがたくさんいましたっていうオチだろ。

真ん中のはナナちゃんじゃない、小さい縫いぐるみみたいになったやつだけがナナちゃん。


関連記事

  1. 2009/03/18(水) 15:28:28|
  2. ま行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プロヴァンスの贈りもの | ホーム | 隠し砦の三悪人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/593-1f5dd5bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR