FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイナルファンタジー

http://cocoa.2ch.net/movie/kako/1000/10003/1000323945.html
2ちゃんねる映画ブログ

16 名前: 前スレの1 投稿日: 01/09/13 21:44 ID:6E0nt.jU
さて、いよいよ15日公開。 まあ、この目で観ないことにはね。
こっちでは映画本体についてマターリと語りましょう。


124 名前: 名無しさん@引く手あまた 投稿日: 01/09/15 16:06 ID:BF2pEjPM
見てきたよ。
感想は、何かスカスカって感じでした。
会話がほとんどないんだよね。
ストーリーの展開も急ぎすぎてて。あべしっ!

93 名前: 投稿日: 01/09/15 14:48 ID:mibdQTTU
なんかゲーム向けのシナリオを強引に映画にしたって感じでした。
バッテリーを探すシーンなんかがその例。これはゲームとして出した方が良かったかも。

125 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/15 16:11 ID:ppWT5BE6
ストーリーがつまらんほんとにゲーム好きの厨房が書きそうな
人に見せることを考えてない映画。
絵もさぁ、あぁー、映画みたい、しかもハリウッド映画みたいというレベルで
終わっていて、CGが映画を目指したら映画みたいなものが出来ましたという
レベル、どっかでみたことあるような絵ばかり、オリジナリティーとか
このカットいままで見たことないイメージというのが全然ない。

122 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/15 16:03 ID:ixGqfkfs
150億かけてフルCGで作ったシベ超って事でいいんですね?
そのうちヒゲそっくりのCG俳優が出てくるかも・・・

128 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/15 16:12 ID:2Btd8ifM
 >>122
まだ、シベ超には、映画に対する痛い程の“愛”があった。
苦笑するほどの。
でも、それは決して不快じゃないんだよな。
面食らうけど。

ヒゲさんはねぇ。
映画を撮っている自分が好きなんだよ。

130 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/15 16:14 ID:zvRchRfk
>>128
 水野晴夫さんは、自分の制服姿をこよなく愛しておいででした。
 坂口さんは、自分のデムパなヒロインを、こよなく愛しておいでです。
 両者に共通するのは、「屈折した愛」。

138 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/15 16:28 ID:ixGqfkfs
FF超特急!

142 名前:  投稿日: 01/09/15 16:50 ID:oVqqKXZo
アキの見る夢が何かを暗示してるって設定なんだけど、
最後まで何を暗示していたのか意味不明なまま放置プレイ(w
とにかく、万事がこういう調子。坂口の脳内では、ちゃんと
繋がってるんだろうけど、観客はサブイ空間に取り残される。
史上まれに見る、オナニークソ映画。
アメリカの評価を「アメリカ人は複雑なストーリーは理解出来ない」って
言ってる奴がいたけど、とんでもなく失礼な話し。だれだって、あんな
トンデモなストーリーや設定を理解出来ネェよ(w

146 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/15 17:07 ID:zljUp38I
「シュレック」が公開されれば、みんな忘れるよ・・

151 名前: 名無しシネマさん 投稿日: 01/09/15 17:46 ID:CYVhGyFM
信じられない程つまらない映画……かえって興味が湧くなあ。

153 名前: さしずめ 投稿日: 01/09/15 17:49 ID:eJeFG6.w
2ちゃんねらー は ようすをうかがっている・・・

166 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/15 19:47 ID:D17VsJJw
なんか日常会話も英語で話したくなってくるべ。おいらしか英語わからんが
ハイン将軍のしゃべり方まねしたくなる

2ちゃんねる映画ブログ

167 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/15 19:48 ID:s/QR7fK6
>>166
ジェームズ・ウッズだからね。
どうせなら顔も彼に似せてほしかった。

192 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/15 23:53 ID:UDr1TvGE
上映始まって……、開始10分くらいで、はっきり言って失望。
CGは確かに凄いと思うけど、あまりに力を入れ過ぎて本物に見えてしまい、
CGならではの理想的な美しさが印象に残らない。
それより何より、ストーリーが悲惨!アポロ13の脚本家とは思えない。
多分坂口氏の原作がすでにイタイんだろうね。
場面の繋ぎが唐突だったり、話がベタだったり。
残念だけど、B級SFという言葉がぴったり。

ゲームのFFを7,8,9,10とプレイして非常に楽しめたけど、映画は。。。
坂口氏はゲーム作りに専念したほうが良い気がしました。

あ、ラルクの曲は映画のエンディングにはあまり合わなかったけど、
曲自体は結構面白い出来じゃないかと思う。(でも洋楽に元ネタあるかな?)

194 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/15 23:56 ID:S.AWOKV.
>多分坂口氏の原作がすでにイタイんだろうね。

>>192がいいことを言った!

でも、坂口氏の原案を、そのまま映像化したバージョンも見てみたいぞ。
デムパ全開だぜ!

195 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 00:01 ID:uDNmTxmQ
観てきた。とりあえず一言で言うと
日本のガンダム&模型系デザイナーとアクション系アニメーター
を中心に海外スタッフと莫大な予算をかけて作り上げたFFゲー
ム版中盤以降のダイジェスト映画。
まあ嫌いじゃないけど一般向けじゃないな。

225 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 03:05 ID:U3qEmorI
俺は見てないけどFFの魔法とかは出たの?召還獣とか?
モンスターならゴブリンとかは??

もしかして、別にFFと言わないでも別に違和感が無い?
FFとつながりがあったりは・・?

デスが忠実に再現されてたら、かっけぇな。

231 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 03:40 ID:H9sAK4wg
>>225
それを期待するなら見に行かない方が賢明です

229 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 03:13 ID:bLY0HBXk
>>225
ゲームのFFを想起させるのは「シド」という名前のみ・・

230 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 03:27 ID:T/z.dG02
そうか?
あの映画はFFそのものだと思ったが。
正の部分も負の部分も。

日本側スタッフにはアニメで良く見る名前が沢山ありましたな。
金田伊功他のアニメーターは言うに及ばず、村瀬修功、佐山善則、
韮沢靖、赤根和樹、横山宏、他…
次はメタルギアソリッドやってくれ。

232 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 03:53 ID:bLY0HBXk
>>230
直接的な繋がりって意味でね。
「クリスタル」やら「剣とマホー」やら・・
こういうのがないと(ないけど)ゲームのFFが好きな層は取りこめないでしょうし。

「映画はFFそのもの」には同意っす。
8つ精神体を集めろとか「ガイア」云々の設定に気恥ずかしさを覚えた・・

258 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 09:33 ID:ixrFVXoc
ヒゲはこの映画で監督らしい仕事したの?

260 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 09:40 ID:zlhsivac
>>258
むしろヒゲがいなければいい映画になっていた可能性はあった。

266 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 09:46 ID:Uw5pNh6o
ヒゲの道楽に付き合わされたハリウッドのスタッフもいい迷惑だ!

274 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 09:59 ID:qDuSSSfE
>>266
ちゃいます。
日本でゲーム売って稼いだ金を、外国スタッフの実験に使われました。
彼等は映画がヒットしようがどうでも良い連中で、自分のスキルアップが出来て満足です。
だって、普通こんなに自由にやらせてくれないよ。
ニポンから来たヒゲは、何でも言うことを聞くサイフ扱い。

275 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 10:04 ID:Uw5pNh6o
>>274
激しく納得!

283 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 11:01 ID:5wL3XdHA
つか今ごろガイア理論とかってサムくねえ?
へんなセミナーみたいだよ。最後に健康食品を売って資金集めか?

269 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 09:48 ID:zlhsivac
一番不可解なのはなんで8つの精神体が鹿だったり雑草だったりするのか?
わかる人います?

270 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 09:51 ID:K6gauvSU
>>269
 いいえ、全然分かりません。(w
 だいたい、アキや病弱な少女も精神体というところからして、理解不能。
 なんで人間が2ヶもあるんだよ。
 空を飛んでた鳥さんには無いのに。
 髭に聞くしかないのか。

292 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 12:22 ID:Ec6yiahg
だいたい精神体(だかなんだか知らんが)の数が「8」なんだ?
ものすごくゲームっぽいんですけど・・・

294 名前: ああ 投稿日: 01/09/16 12:27 ID:HVRKXR7U
>>292
そーなんだよなー
土台から、根本から、基礎工事から、なっちゃいない。
しかもアメリカ人に受ける映画を目指したとか発言しといて
精神体? 今ごろガイア理論?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ふぅ~(恕
              株主なんだよな一応

272 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 09:56 ID:zlhsivac
設定がいい加減なのは所詮ゲーム屋が作った映画ってことか・・・
どう考えても深い意味なんてなさそうだ>精神体

276 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 10:07 ID:1ZSLIs9Y
主人公に魅力が無いのも致命的

2ちゃんねる映画ブログ

277 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 10:09 ID:zlhsivac
もっと魅力がないのは主人公の恋人。

2ちゃんねる映画ブログ

271 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 09:53 ID:p4fBJlVg
ヒゲは髭を剃れ!

289 名前: 坂口博信 投稿日: 01/09/16 11:49 ID:1ZSLIs9Y
ヒゲって言うな!

299 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 13:09 ID:VvM8LnN.
ずっと不思議に思ってるんだが、ゲームヲタは「ヒゲ」って言うだけで
一般人が「坂口」のことだとわかると思ってるのかな? 本気で疑問だ。

2ちゃんねる映画ブログ

300 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 13:13 ID:MCNzBtFo
映画の内容に触れながらヒゲといったらシド博士のことになると思うが

2ちゃんねる映画ブログ

333 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 17:46 ID:mN4I1yUg
ゲームのFFと一緒でシナリオが薄っぺらい。
「死」や「愛」は、そこに至るまでの過程がしっかり描かれていないと
チープになる。
FFは映画もゲームも、始めに死ぬためのキャラ、恋するためのキャラ
を配置して、そこから話を繋いでいった印象。

335 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 17:58 ID:PKVPplkg
>>333
 主人公と隊長の関係も、唐突でサパーリでした。

 ラブロマンスとして見た場合のFFMって、女性にはどう映るのか、知りたい。
 俺は、泣いている女は見かけなかったけど。

336 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 18:09 ID:mN4I1yUg
>>335
>主人公と隊長
ホント唐突って言葉がピッタリ。

この映画、ラブロマンスとしては(も)駄目だと思う。
俺が観に行ったとこでも泣いてる女性は見なかった。

342 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 19:59 ID:yish.2zQ
そういえば、この映画でチョコボを見かけた人はいませんか?(w
俺は見なかった。

2ちゃんねる映画ブログ

346 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 20:19 ID:5eGhPYoc
>>342
夢の中の戦争している異星人がチョコボに見えなくもなかった(w

348 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 20:21 ID:7ERilREs
>>346
 かなり苦しいですね(w

425 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/17 12:05 ID:kYwuM.d2
初日の舞台挨拶で言っていたけど、チョコボと坂口本人が
映画の中に出ているらしい。
ハァ、ソウデスカ…って感じですが。

353 名前:  投稿日: 01/09/16 22:48 ID:GW.XkNOc
今ちまたのイケてる女子コーセーの間では
FFMでチョコボを見つけたら幸せになれると
言われているらしい

422 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/17 10:40 ID:SWv6Ho1g
チョコボは映画に本当に出てるらしいですよ!
議会に向かう前のアキのTシャツと、逃げまどう市民の持っているカバンに
チョコボの絵が描かれてあるそうです。
詳しくは海外で売ってるメイキング本に書いてあるとか。

466 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/17 20:23 ID:/.eCy8O6
 しかし、Tシャツにチョコボって…。
まあ、あの絵柄でチョコボを出されても、子供が泣くだけか。

350 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 21:09 ID:XvYA0CRA
CGがきれいでヨカッタ。CGに感動した。

ストーリーはちゃんとFFしてたからそんなにクソとはおもわんかったな。
世界を救うアイテム集めて、序盤で黒ずくめの悪党がでて
敵に攻められて町壊滅で宇宙行ってキスして(笑)レーザーどかんで最後青空。
これぞFF。伝統です。ムービーしか見ない人は置き去りだけどネ。

FFがムービーに偏るごとに言われていた「だったら映画作れよ坂口」を
そのまま実行してしまったのは正直凄い。
簡単に口にできても実際形にできる人間はヒゲ御大ぐらいでしょう。

今後ヒゲ御大はフルCGアニメのテンプレート制作に従事してホスィ。
そうすればそのうち映画マニアも満足できるフルCG映画が一ジャンルを築くやも。

351 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 22:08 ID:6RAijCO6
>>350
 本気かネタか、判断に困るよー。(w
 ストーリーは、>>350そのものだったな。

 FFMって、「低予算映画の企画に、どこまでカネをかけられるか」という、
 壮大な実験だったと思いたい。

382 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/17 00:01 ID:GWK3AyYo
なんか初っ端、主人公アキがもの凄く傲慢で鼻持ちならないキャラに
描かれていたのは何の意図があったんだろう?

まぁ、それはイイとして、ラストでグレイが犠牲になったことで
ファントムが消滅したんだけど、なんで?
8つのスピリットもってたのはアキじゃないの?
オレ、ヒゲ生やしてないからよく解らなかったよ。

あとCGに関して言うと、アキの目線がなんか定まってないって言うか、
不自然で違和感を覚えた。

繰り返し出てくる夢のシーンは映像の使い回しによる
時間稼ぎだったね。

383 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/17 00:10 ID:PFpJYrC.
>>382
>なんか初っ端、主人公アキがもの凄く傲慢で鼻持ちならないキャラに
>描かれていたのは何の意図があったんだろう?
俺は、ファントムを殲滅することしか考えない軍人を嫌悪してるのかと思った。
でも、その後の展開を見ると全然そうじゃないんだよなあ。
そもそも映画見終わってもアキの性格自体よくわからんかったもんね。
俺はベタなキャラだけどお調子者のニールと女兵士の方が好感もてた。

>時間稼ぎだったね。
激しく同意。
上映時間が100分以上あったワリに中身スカスカだったね。
夢のシーンなんぞより、アキとグレイが別れた原因について
口論するシーンでも入れた方が良かったんじゃないのかねえ?

473 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/17 21:06 ID:af1wD47g
なんか、どうでも良い設定だけは異様に細かい映画だね、どうも。
肝心なことは、観客にはサパーリ分からないんだから。

8つの精神体を集めるのが使命、と冒頭で説明された数分後には、4つ
集まっているし。
悪役と主人公は、結局全然対決しないし。
なんだか、「ドラゴンボール」のおいしいコマより前までしか読んでない気分。

486 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/17 22:10 ID:pKnjmVg.
最終的に45分程短くなったそうだ。間に合わなかったか。

487 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/17 22:15 ID:/cYXBexc
>>486
うわー、45分も短くなったんだ・・・
そりゃ、ストーリー的に成立できないわ。
ディレクターズカットとかでそう。
それはそれで鬱。

488 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/17 22:15 ID:5qykooLo
>>486
 アメリカの場合、映画の上映時間が決まっているらしいから、そのせいで
 かなり削ったのでしょうか。
 だから唐突なのか。

499 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/17 23:40 ID:8C4W4S52
>>486
このストーリーでは、あと45分あっても、説得力のあるシナリオにはならないと
思う。せいぜい、悪役将軍の突飛な行動を、もう少し詳しく説明するぐらいか。
最初の4つの生命体を集めるエピソードがあっても、何の意味もないし。
そもそも、制作期間4年あって、シナリオから絵コンテ描いて作業に入る
CGアニメ制作で、尺が足りないなんて作り方が信じられないけど。

523 名前: ネタバレバレ 投稿日: 01/09/18 11:12 ID:xdbm0wvc
思い切りネタバレするので、ネタを楽しみにしてる人は読まないでね。
一応、めいっぱい合理的?に解釈してみた。
ま、俺のデンパ読みとり能力にも限界があるので、不正確だとは思うが。


この映画で言う<ガイア>とは、すべての生物の霊魂の固まりのこと。
生命のある惑星には1個ずつ?あるものらしい。
かつて、戦争中の知的生物の住む惑星が、最終兵器によって木っ端みじんになった。
その惑星のガイアの部分が、たまたま地球に落ちてきた。

そこは、地球のガイアのある場所の上だったもんで、干渉を起こし、
他惑星のガイアの中にあった霊魂が実体化してしまった。
戦争中に惑星が滅んで死んだ生物の霊魂だから、悪霊となっていて、人間を襲うのだ。
この実体化した他惑星生物の悪霊がファントムである。

一方、生き物それぞれの霊魂には、特有の波動がある。シド博士は、その波動の中から
特殊なものを8つ探しだし、サンプリングして合成すると、悪霊を浄化できると考えた。
(なぜ8つなのか、なぜその特殊な波動を特定できるのか、サンプリングできるのに
なぜ合成でつくれないのか、などなどは不明)

最終的に、8つの波動が集まり、完成した合成波動を持って、ヒーローが他惑星の
ガイアに特攻すると、ガイアごと浄化され、ファントムは消えたのだった。

525 名前: ネタバレ 投稿日: 01/09/18 16:28 ID:vgsC01J6
ネタバレ2
 私もネタばれです。


取り合えず謎を整理してみよう。

(1)ファントムが精神体ならば、なぜ物理攻撃が効くのか。また、なぜ帯電可能なのか。
(2)ガイアが惑星に一つなら衛星にはないのか。木星のようなガス星にはないのか。
(3)特有の波動が未知ならば、なぜそれを持っているものを特定できるのか。
(4)特有の波動を持っているものに共有点はないのか。
(5)なぜ主人公には世界が救えず、一般人に見えたその恋人のみに可能だったのか。

<人物行動>
(6)軍人さんはちょっとしか入って来ないと予想してシールドを開けたようなのに、
なぜその予想が外れたのか。

<テーマ>
(7)ガイア理論という手段で伝えたいテーマは何だったのか。
素朴に考えると死んでも一つになるから大丈夫という設定は
例えば、限りある命の大切さを訴えるのにはあまり向いてないようだが。

529 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/18 17:33 ID:iBIEoZuc
>>525
523です。俺も箇条書きにした方がわかりやすかったかも。

(1)バリアや銃弾は、シド博士が開発した、生物の波動を応用したものとか
 という設定だったような。(マンハッタン島を覆うバリアがあるなら、
 クレーターの周りを覆えよ、と忠告してあげたい)
(2)俺が惑星に1つと書いたのは、単に1つしか出てこなかったからで、たくさんある
 のかもしれません。あと、生命のある星にしかないと考えた方がいいかと。
 どこからが生命なのか、とかは聞かないで。
(5)これは、他星のガイアに直接触れないと、ヒロインが持つ波動を伝えられない
 のに、直接さわると死んでしまうので、彼がその波動を伝える媒体になって、
 (手を握ってれば、波動は伝わるのか?とかつっこまず)ヒロインを救って、
 身代わりで死んだ、ということでいいのでは?
(7)推測するに、精神みたいなものをCGでリアルに描きたい、みたいな意図が
 最初からあったんじゃないかな。アニメの「幻魔大戦」みたいな感じで。
 壮大な精神体が存在して、すべての生命はそれと一体だというようなストーリーに
 したかったんじゃないの。

残りの謎には答えようがないですな。
俺はパンフとか買ってないので、本編1回見ただけの、自分なりの解釈なんで。

532 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/18 18:26 ID:X9HiVU9Y
なんかこのスレッドで内容やストーリーを解説している人がいるようだが・・・
なんでストーリーを解説しないと分からん映画を作るかなー

Deep Impactみたいな映画はそもそもうそっぱちの上に作られた真実だから惑星が分裂したときの運動量の保存則はどこに逝った、みたいな議論は笑ってできるけど、FFは真面目に真実を語ろうとしているからな・・・ 余計に始末が悪いと思う


関連記事

  1. 2010/02/01(月) 00:27:19|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チェ 28歳の革命 | ホーム | 幸せはシャンソニア劇場から>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/592-8503ab5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR