FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転校生 さよなら あなた

【大林宣彦】転校生 さよならあなた【今度は長野】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1175137863/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中 :2007/03/29(木) 12:11:03 ID:d3Gup2lH

おれがあいつで、あいつがおれで!?
“異性”という全く違う世界で繰り広げられる、
“逆転”青春ファンタジー

監督:大林宣彦
脚本:剣持亘、内藤忠司、石森史郎、南柱根、大林宣彦
主演:蓮佛美沙子、森田直行

2007年6月下旬公開

公式サイト
http://www.tenkousei.net/


5 :名無シネマ@上映中:2007/03/30(金) 08:45:57 ID:pYAJQ1yX
ちょっとエロいと聞いた

6 :名無シネマ@上映中 :2007/03/30(金) 09:00:56 ID:Sj/axGSy
この人の映画は何の意味なしでエロを入れてくれるから
そこだけは評価します。
後はダメダメ。すべてが古臭い。

251 :名無シネマ@上映中 :2007/06/07(木) 23:54:01 ID:qcZUI+de
見て来た。いやあ、面白かった♪
意外と旧作準拠な展開だなあと思っていたら中盤から・・・・・・。
旧尾道3部作当時思春期だったオッサンの俺には呆気にとられたと言うか
こう来るか?!と言う驚きが。ラストシーンには涙がボロボロ流れたのは
俺が年を食ったオッサンの所為? 

試写会の客層は俺と同世代くらいの、かつて旧作を見て来たような中高年の
方々が多かったように思う。女子中高生の娘らもいたけど、彼女たちの感想も
聞いてみたかった。

258 :名無シネマ@上映中 :2007/06/08(金) 20:21:25 ID:sDeM4W5m
映画としてのまとまりとか完成度は前作の方が高いと思うが
今回の方がインパクトや破壊力は強いな。

271 :名無シネマ@上映中:2007/06/09(土) 14:31:35 ID:pVVpWiFT
主役2人の演技はどうだった?
特に蓮佛ちゃんの方。
歌も歌ってるんだよね?

272 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 14:55:44 ID:K5DZ9bC3
主役二人の演技・・・まあそんなに上手くもないけど
前作がOKな人ならOKかと。

2ちゃんねる映画ブログ

連佛嬢は歌の場面はキレイな絵になってたと思う。
それより脱いでる場面が多くてスゴイ。
大事な部分はそりゃ見せないんだが、この若さでここまで脱がされるのも
ちょっとかわいそうな気になった。

273 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 15:09:29 ID:xwsa7lEE
蓮佛、カズオを演ってる時は元気一杯魅力爆発って感じだっったよ
歌は、最後の歌がちょっと(演出的に)凄くて鳥肌もの、こうくるか?!って感じ

274 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 15:35:53 ID:kz5+gICF
すぐ入れ替わっちゃうからってのもあるけど
森田の一美と、蓮佛の一美が同じ一美に見えない気がした。

男を演じる事、女を演じる事は出来てるんだけどね。

275 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 16:30:31 ID:x6W1EhRW
際どいシーンが多くて、15歳でここまで脱ぐとは
女優魂おそるべしって感じだった


長野の風景がうまく活かされてよかったと思う

特に最期のシーンが綺麗だった

288 :名無シネマ@上映中:2007/06/10(日) 08:00:17 ID:Mcdz1QpB
ピアノのシーンが印象に残ったお。

289 :名無シネマ@上映中:2007/06/10(日) 08:35:39 ID:F8cHW+20
で、乳首は見えるの?

291 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 10:12:37 ID:IIfZ6iIz
森田が胸を触るけど、その触る手が邪魔で胸は見えない。

294 :名無シネマ@上映中 :2007/06/11(月) 21:36:51 ID:glYwcJjv
旧転校生からふたりぐらいまで、ずっと主人公たちのお母さん役だった
入江若葉さんが新作だと一美のお祖母さん役なのか・・・・・・
それだけの歳月が経過したんだなあとしみじみ・・・。

299 :名無シネマ@上映中 :2007/06/13(水) 00:55:32 ID:DafqRcEl
この作品に出てくる女の子の裸っていうのが、どこか犯罪的というか・・・
前半のほうはまだいいけど最後の方の触ったりとかっていうのは
ちょっとな・・・少なくとも小学生・中学生が見せるには抵抗がある。

300 :名無シネマ@上映中:2007/06/13(水) 01:17:36 ID:Uh01O9y+
あれ見て犯罪的とか思う人もいるんだなあ

301 :名無シネマ@上映中 :2007/06/13(水) 02:15:16 ID:DafqRcEl
犯罪的っていうとどうも言葉が悪いな。
今までドタバタコメディファンタジーっぽく描いてきてたのに、
急に生々しい描写になって違和感というか。
正直最後の方は脱がさなくて良かったと思う。

302 :名無シネマ@上映中 :2007/06/13(水) 02:56:09 ID:fftJcPSq
犯罪的とまでは思わないけど、少し大胆だった

森田くんが羨ましい

304 :名無シネマ@上映中:2007/06/13(水) 04:07:11 ID:J7+bz7FS
>>301
ちゅうか、それはその場面だけをクローズアップして捉え過ぎであって
ドタバタコメディーの中でそこだけがドシリアスだったら不自然だけれど
後半急展開していくドラマの過程の中であの場面があるのだから、俺は
違和感とか感じなかったな。

348 :名無シネマ@上映中 :2007/06/21(木) 05:37:33 ID:hNZxbl/p
マジバレ




・前作で一美の親友だったアケミは今回尾道在住で、夕暮れの音楽室で
いつもピアノを弾いているうどん屋の娘に。一夫はフイルムの入ってない
一眼レフで、尾道にいた頃は毎日彼女の横顔を眺めていた。

・前作で一美の初恋の相手だったヒロシは今回キャルケゴールの『死に至る
病』が愛読書の哲学少年に。ヘッセの『車輪の下』を懐に石田ひかりに襲い
かかったり。ちなみにフルネーム何故か「山本弘」。

・一美たちの担任の先生の石田ひかりはピアノを弾くのが好きだったのだが
ある事がきっかけで止めてしまった過去がある。一番彼女の好きだった曲は
シューマンの『ノベレッテン』。

・林優枝は顔が白塗りで芝居の格好をしたなんだかへんて子に。神出鬼没だが
水に弱い。正体は16歳の頃の母親の写真。

・高橋かおりと勝野雅奈恵はピアノを運んでくる謎の二人組。そのピアノで
永島敏行が一音欠けた悲しい『エリーゼのために』を演奏する。

・エンディングは信州・長野の山々の風景を前に唄う蓮佛の姿。ディゾルヴ
繋ぎでセピア・トーン。曲は『トロイメライ』をポップス調にアレンジして
歌詞を乗っけたモノ。♪さ・よ・な・ら、 あ・な・た・に♪♪

361 :名無シネマ@上映中:2007/06/23(土) 08:25:02 ID:dKJ65Uad
>>348
いろんな意味で、セルフオマージュですね…。
でも、この監督のことだから、決して過去と決別はしないでしょうね。

369 :名無シネマ@上映中:2007/06/23(土) 19:05:52 ID:46eZnYt+
股間蹴りのシーンはどんな感じでしたか?詳しく

370 :名無シネマ@上映中 :2007/06/23(土) 20:09:32 ID:1mOcC0Sj
出血して、医者が激怒するほど蹴りまくってた。

377 :名無シネマ@上映中:2007/06/24(日) 01:04:01 ID:b7XJuYHl
期待していったのにすげえ期待はずれ
カメラへんじゃね?
最初すごい見にくいし酔いそうになった
内容も下品だし
最初の女のキャラより入れ替わった後の男の中でのほうが女らしいってのはどうなのよ
へんに男、女キャラ意識しすぎ
昔のもこんなに糞だったのかな

381 :名無シネマ@上映中 :2007/06/24(日) 09:50:59 ID:ZC0Fpglw
>>377
確かに一美のキャラが変わってましたな。

384 :名無シネマ@上映中 :2007/06/24(日) 14:15:25 ID:y/c2LoXY
某シネコンのレイトで見たが、客少なっ。
しかも25年前の作品を観た世代(漏れもその一人)ばかりw

見てて気になったのは、蓮佛美沙子の面差しがどことなく原田知世に近いこと。
原田知世では出来ない(あぐらパンツ丸見え、下着、手ブラetc.)ことを
蓮佛美沙子にやらせたとしか思えなかった(前作の時、原田はまだデビューしてないけどね)。
小林聡美にいろんなことやらせたけど、ルックス的に満足してなかったんだろうな監督は…

385 :名無シネマ@上映中 :2007/06/24(日) 15:16:44 ID:wzsaKbM4
見た、どう考えてもこうはならんだろうって
トンデモな展開が襲ってくるのだが、それでも涙腺を刺激して
泣かせるのがなんかスゴい。

386 :名無シネマ@上映中:2007/06/24(日) 16:00:22 ID:7JtOgxQz
パーカーや森田の手など、ただの裸よりも数段上のテクニックを駆使している。
それはともかく、客のほとんどが旧作を見たと思われる年齢層。
一組高校生らしきカップルがいて心配だったが、終わったら女は泣いていた。
映画を見てる間に入れ替わってしまったんだろうか。

389 :名無シネマ@上映中:2007/06/24(日) 19:27:47 ID:4qWZb4ep
時代じゃないの一言だろうな。今の学生はこんなの観ないよ。

410 :名無シネマ@上映中 :2007/06/25(月) 18:52:23 ID:igICe9PZ
旧作と同じセリフの使い回し大杉。
ちと、それに萎えて感情移入できんかった。

414 :名無シネマ@上映中 :2007/06/25(月) 19:51:00 ID:Bx3vOE+k
>>410 も言っているけれど、旧作と同じ台詞や、ほぼ同じような状況が続いてきて、
途中からグニャ~と捻じれると言うか、歪んでくると言うか・・・。旧作を何度も
何度も見返している人ほど、この奇妙な感覚が味わえる、かな。この感じを含めて、
これはこれで俺は面白いと思うよ。

415 :名無シネマ@上映中 :2007/06/25(月) 20:21:19 ID:igICe9PZ
「旧作と違う」を前半でも見せつけて欲しかった。
今回のラストは、自分には「有り」。
それだけに、残念。

416 :名無シネマ@上映中 :2007/06/25(月) 21:00:07 ID:NttP/ynx
>>415
多分に、俺ら観客も旧作に魂を引かれてる所為かも分からんね。
市川崑の犬神家リメイクのように脚本からカット割りまで全て同じ、
ってワケではなくて、実際には前半も、転校して来る人物が入れ替わ
っていたり、各々の境遇・家庭環境等が全く違っていたりするし。
まあ、それ故に違うハズなのに同じ台詞が出てきて余計に気になる
と言うのも分かるんだけどさ。

2度3度見ると先入観も消えて評価も変わってくると思うんだけどなあ。
どうにもモゾモゾ気になるし、俺は仕事場からの帰宅途中にあるシネコンで
見れるので、近いうちにもう一度見てくるわ。

419 :名無シネマ@上映中 :2007/06/25(月) 22:00:34 ID:qwrBjHUt
某誌の大林のインタビュー読んだが、
台詞・展開の古さは意識してやってるって話だが
例の体を見るシーンに関しては性の意識は今の人には
これぐらいやらないと伝わらないとか言いやがる。

古いなら古い、新しいなら新しい、どっちかにしてくれ。
エロいシーンの説明にそんな矛盾した説明なんかしたら、
若い女優脱がすための方便と取られなくても仕方ないぞ。

420 :名無シネマ@上映中 :2007/06/25(月) 22:11:25 ID:lKdL1YHm
>>419
映画秘宝だな。
その疑問、矛盾じゃなくて、描写や表現は現代に合わせて、
台詞の言葉遣い、人物像は古典的に、非リアリズムでって事じゃないの?
俺は読んでおかしいとは思わなかったなあ。あと、それを言うなら
> 若い女優脱がすための方便と『取られても』仕方ないぞ
だろう。

423 :名無シネマ@上映中:2007/06/26(火) 11:41:13 ID:lvAiagk+
下着も現代風にリメイクしろ。
携帯のある現代では、あんな下着、田舎でも着用しないだろ。

2ちゃんねる映画ブログ

427 :名無シネマ@上映中 :2007/06/26(火) 14:17:29 ID:KiJj5vfR
なんでみんなパンツがデカパンなんだ…orz

431 :名無シネマ@上映中 :2007/06/26(火) 22:33:19 ID:9vPVXV5m
ファンタジー・コメディなのに何か微妙に生々しいエロさがあったな
とりあえず、パーカー+パンツ+チャリはエロいよ!!ヽ(´ー`)ノ

432 :名無シネマ@上映中 :2007/06/26(火) 22:40:11 ID:TVd6o3Rc
今日見てきた
映画板自体めったに来ないんだけどこれは文句言いたくて仕方なかったから来た
正直蓮佛目当てではあったけど映画自体に言いたいこと山のようにになってしまった

誰なんだよこんな糞脚本でGOサイン出したバカは
全部が古臭すぎというかとても2007年の映画とは思えんかった
ある程度前作と同じ雰囲気なりセリフは残すべき気かもしれないけど
なんか痛々しかったって印象でしかないから映画途中で画面直視できなくなってしまった
現代であそこまで病気の細かい話すっとばしたらだれも納得しないでしょ
携帯使ってどうのって会話も普通にありえんでしょ?外では連絡に携帯があたりまえの時代で
普段着が着物だとか中学?なのに絡んでくる同級生が小説家みたいな環境だったりと変過ぎるだろいくらなんでも
だいいち最初に水に落ちたあとにおもいっきり落ちてるにもかかわらず
挨拶というか話し合いしないで家に帰るってなんだよ

つーかいろいろ話はしょりすぎだろあまりにも
そういう無意味でのリアリティがとてもじゃないが現代の時代には全然受け入れられないと思う
おれは大林作品には素人かもしれないけどこの人はもう映画限界なんじゃね?

2ちゃんで長文スマヌ

434 :名無シネマ@上映中 :2007/06/26(火) 23:07:48 ID:1rBlPQ18
>>432
監督は現在の日本映画への挑戦だと言ってた。
ありえない世界がひと時紡がれるのがA MOVIEクオリティ。

437 :名無シネマ@上映中 :2007/06/26(火) 23:42:15 ID:qLSTivwf
>>432
いやまったくその通り。もう作品が時代錯誤そのもの。
「時をかける少女」の方はアニメとはいえ、現代という時代性を取り入れ
換骨奪胎を成し遂げたというのにな…。

442 :名無シネマ@上映中:2007/06/27(水) 00:08:36 ID:5YyIUDE1
だってこの映画の役者の演技のつけ方、明らかにおかしいでしょ?
脇の連中とかさ。ありえん性格設定だ。で、途中でわけ分からん小ネタを
入れてくるし。大体あの医者の息子はなんだよ。あーいうキャラクター設定て
一番ムカつくんだよな。もうちょっと真面目に性格付けしろよって感じだ。

452 :名無シネマ@上映中 :2007/06/27(水) 04:54:47 ID:VfIAU6au
少女の下着姿及びエロシーンが見所で、他はオマケ。
だから話が古臭くて、設定や世界観がおかしくても問題無い。
メインは少女のエロスだから
ここでエロ以外の話題にしようとするのは白々しい

489 :名無シネマ@上映中:2007/06/28(木) 13:34:43 ID:0/tkPNBV
中3の時にバッテリー見て蓮ちゃんを知って、高1現在蓮ちゃん目当てで転校生を見たが、かなりオイシイ映画だったw
森田裏山しす(´・ω・`)

491 :名無シネマ@上映中 :2007/06/28(木) 16:11:20 ID:Vy6lrTSq
>>489
連佛ファンとしては大林の毒牙にかかったような
脱がされ方をするのはOKだったのか

492 :名無シネマ@上映中:2007/06/28(木) 16:34:45 ID:0/tkPNBV
>>491
矛盾してると思うケド正直脱いでほしくなかっなぁ…森田が触ったのもショックだし


触ったのはCGって友達が言ってたが果たしてどうなのか…

500 :名無シネマ@上映中:2007/06/28(木) 23:09:39 ID:oZbmdS27
蓮佛美沙子の男っぷりは良かった
しかし、下着姿の上から上半身パーカーだけ着て長野の街を歩いたり、その姿で商店街を自転車で
走ったりするなんて、そんなのは男だって恥ずかしくて普通できるはずないだろ。
あの光景はメチャクチャ恥ずかすい!恥ずかしすぎる!!
あの年頃の子にあんな場所であんな格好させるなんて、乳首見せなんかよりも数段いやらしかったぞ!!!

2ちゃんねる映画ブログ

501 :名無シネマ@上映中 :2007/06/28(木) 23:15:07 ID:p0pP+d4X
観て来た。
途中ウルウルと来たけど、「涙が止まらない」までは行かなかったな。
映画の出来云々では無く、オレの泣きのツボと外れてたからだけど。
アケミと弘を交えた4人で逃避行を続けていたら、クライマックスで大泣きしてたと思う。

527 :名無シネマ@上映中:2007/06/30(土) 01:16:32 ID:6fe0CaNu
前作の小林のヌードもすごいし、「あした」の高橋かおりのカラミもすごい、
石田ひかりの親子ドンブリもすごいし、当時小学生の宮崎あおいのセミヌードも
すごい。

高校生だろうが小学生でも脱がしたがる、
大林監督っていい意味でつんく♂と並ぶ日本二大ロリコンの一人だと思ふ。

531 :名無シネマ@上映中 :2007/06/30(土) 02:46:16 ID:2Eqzhub8
大林の、大林による、大林のための映画

2ちゃんねる映画ブログ

540 :名無シネマ@上映中 :2007/06/30(土) 17:10:58 ID:nEDbf0Mh
今、舞台挨拶付で見てきたけどこの映画、厚木拓郎がすごすぎ。
この人過去というか未来というか異世界から来た人なんじゃないかと思うほどの怪演。
大林以外にこの人の怪演を生かせる監督っていないだろうなwww

まぁいつもの大林っぷりで面白かったです。蓮佛も綺麗でした。

544 :名無シネマ@上映中 :2007/06/30(土) 17:53:01 ID:nEDbf0Mh
いやぁヤベえ一度の書き込み位じゃ満足いかねえよ、
今回の厚木拓郎は俺にとってウルトラセブンのメトロン星人と同等の映像的衝撃だよ。

547 :名無シネマ@上映中 :2007/07/01(日) 00:25:51 ID:XLxFMZno
試写会に次いで2度目を見て来た。
だいたい何を目論んでいるのか、おぼろげながら分かってきたよ~な気がする。

>>540>>544
俺も今回の厚木拓郎はかなりのツボだよw
ねらわれた学園の、手塚真を超えて峰岸徹の領域に達してる!
初見で気づかなかった前半のストーカーまがいの小芝居もヘンでいい!
中盤の森田との愛の邂逅と拒絶もサイコーだ!!
思わず次の「22才の別れ」にも出てないのかな?と名前を探してしまった
くらいだ!(少なくともメインでは出てないようだ、残念)

548 :名無シネマ@上映中 :2007/07/01(日) 01:20:57 ID:yc2jdevQ
>>547
何を目論んでたんだ

553 :名無シネマ@上映中 :2007/07/01(日) 14:59:47 ID:1Nkg53zZ
>>548
蓮佛美沙子を脱がせる事に決まってるじゃん。
失敗に終わったけど。

551 :名無シネマ@上映中:2007/07/01(日) 09:11:19 ID:ToRMU7nX
少女が唄う、主人公のモノローグなど「時をかける少女」「さびしんぼう」の尾道3部作の要素も入っているね

552 :名無シネマ@上映中 :2007/07/01(日) 14:40:40 ID:ibQQBFqy
>551
遺影が「あの夏の日、とんでろじいちゃん」の小林桂樹だったり、
「野ゆき山ゆき海べゆき」っぽい演出が出てきたり、色々小ネタで
遊んでいたよね。

559 :名無シネマ@上映中 :2007/07/01(日) 19:53:52 ID:BwcYGLnX
編集のリズムが心地よかった。
ベテランらしくキッチリ撮ってると思った。
音楽も最高でした。
特に蓮佛の歌に入るまでの盛り上げ方が好きです。

でも、サントラ版は出てないのな…

561 :名無シネマ@上映中 :2007/07/01(日) 20:51:23 ID:52GjAB22
でも胸を森田に触らせるシーンは彼女のファンとしては胸が痛んだ。
背中ヌードを脇から森田が見るとこは森田の役得だなと思ったけど。
触らせるシーンだと15歳の胸をスタッフ側に晒してるわけだし。

565 :名無シネマ@上映中 :2007/07/01(日) 21:53:34 ID:vHK/cMMs
まあニップレス位しただろ
気にし杉

567 :名無シネマ@上映中:2007/07/01(日) 22:21:31 ID:8CfY+Naf
大林がニップレスさせるわけないだろ。

2ちゃんねる映画ブログ

569 :名無シネマ@上映中:2007/07/01(日) 23:44:04 ID:JEKqdpvm
新しいことをしようとしてそれが全部滑ってる・・・。
主人公の二人にそれぞれ彼氏、彼女がいてボーイミーツガールストーリーじゃないし
携帯の存在が会いたい時にあえないもどかしさにつながっていない。
エロスは大林映画なのだからあって当然だがそれが露骨にSEXがどうのこうのという
話になるとジョブナイル的な素朴な味が消えてしまう。
難病モノを取り入れたのは最近の流行におもねったのかな。
これでは前作を好きだった人にはついていけないし、これを単独で見たら奇妙な言葉遣い
など違和感がとれないよ。
結局不特定多数の観客を意識していて誰に見せようという気持ちがないからこんな中途半端
なリメイクが出来てしまうんだろうね。

570 :名無シネマ@上映中:2007/07/01(日) 23:52:51 ID:tiz+ucA/
前半のカットなんでみんなナナメに傾いてるの?

571 :名無シネマ@上映中 :2007/07/01(日) 23:53:38 ID:Fenfq9sE
>>570
大林監督のマイブームらしい
特に意味はない

572 :名無シネマ@上映中 :2007/07/02(月) 00:00:31 ID:TA5g3AnU
>>570
ほぼ全編傾いてたのでは?

574 :名無シネマ@上映中:2007/07/02(月) 01:29:41 ID:yFQPjQQf
>>570

正面に座れなかった人への配慮とかw

575 :名無シネマ@上映中 :2007/07/02(月) 02:21:37 ID:TkOrzlp0
>>570

顔が傾いて眠りかけている観客への配慮だろ。

580 :名無シネマ@上映中:2007/07/02(月) 18:19:56 ID:yw0g2iNX
てか、すごく歌が
うまかたよ。

582 :名無シネマ@上映中 :2007/07/02(月) 19:39:27 ID:iA3uOWIr
>>580
つか、パンフのメイキングを読んで混乱してるのだが、
蓮佛は口パクと演奏の演技をしてるだけで、実際に流れて聴こえる
ヴォーカルとピアノ演奏は、寺尾紗穂さんって人じゃないのかな?

583 :名無シネマ@上映中:2007/07/02(月) 20:26:18 ID:BTeRGIGS
>>582
いや、蓮佛が実際に弾いて歌ってるよ
ただ別撮りなだけみたい
はじめにピアノと歌を録っておいて
それに合わせて映像をとる~みたいな。
TSUTAYAの無料レンタルDVD見れば謎はとける

584 :名無シネマ@上映中 :2007/07/02(月) 20:31:36 ID:ss/zTZeT
つか劇中とエンドロールは声が全然違うだろ

585 :名無シネマ@上映中 :2007/07/02(月) 20:41:50 ID:KL3GEx0N
>>583
エンディングクレジットを見ると
> 主題歌 <さよならの歌>
> 寺尾紗穂 詞・曲・唄・ピアノ演奏
> 劇中<さよならの歌>ピアノ演奏 高橋多佳子
ってなってるから、エンディングはヴォーカルもピアノも寺尾紗穂で
中盤の旅館での弾き語りが、ヴォーカル連佛、ピアノ高橋多佳子 なんじゃないの。

615 :名無シネマ@上映中 :2007/07/05(木) 01:43:12 ID:EvPuCfln
<モロネタばれ>



身体が入れ替わった相手。相手は自分の肉体を持っている。
そして、自分はその人が好きだ。その人の肉体(つまり自分の肉体)が、
死に至る病にかかった。どうすべきか?

映画では決着が付いたけど、そこに至るまで、割とハラハラさせられた。
考えると奥が深くて髪の毛をかきむしりたくなる

616 :名無シネマ@上映中 :2007/07/05(木) 02:58:25 ID:jeqEOkVN
>>615
いやそのテーマ全然掘り下げなかったやん・・・。
すぐ二人とももその状況受け入れて、たまたま元に戻っただけじゃん。

631 :名無シネマ@上映中 :2007/07/05(木) 22:25:50 ID:NjT2oukx
> いやそのテーマ全然掘り下げなかったやん・・・。
「病気と死」はテーマでは無く、嫌な言い方になるが小道具あるいは仕掛けだったな。
前作の二人は、人生のほんの一瞬交差して、以後別々の道を歩む訳だけど、
今作は一美の死で以降二人は永遠に一緒に歩む事になる。
そのための仕掛け。

634 :名無シネマ@上映中 :2007/07/05(木) 23:55:56 ID:Q0n0vvyW
>631
新旧尾道三部作と同じく別れを通じて次のステップへ踏み出す事
がテーマかと思っていたのだがそういう見方もあるのか。

なんか未だにもや~としたものが残っているのでもう一度観に行くかも。

667 :名無シネマ@上映中 :2007/07/07(土) 03:32:37 ID:JUDyMLKQ
物語にとってリアリティは諸刃の刃だと岩井俊二が言ってた。
この映画は変なふうにリアリティがあるから失敗した。
荒唐無稽のストーリーにはもっともっとギャグが必要。
映像にも遊びが必要。
大林は自分が作り上げた「叙情」とやらに溺れすぎ。
まわりの人間とのやりとりを含めてもっと面白おかしく展開してこそ
非現実の物語は成立すると思う。

668 :名無シネマ@上映中 :2007/07/07(土) 04:00:07 ID:VaUO7XLd
>>667
うむするどい。つーかそれ前作の頃から感じてた・・・・。
俺は前作リアルタイムに見てなかったから、どうしてあれが受けたか
っていう時代の空気は分からないけど。

688 :名無シネマ@上映中 :2007/07/07(土) 22:06:03 ID:f4A6RTaI
>>667
観客も一緒に溺れれば無問題。

710 :sage :2007/07/09(月) 15:05:12 ID:IZ0o7UZE
見てきた。
連佛美沙子がすごく可愛いかった。
可愛い声でぶっきらぼうな口調な対比とか、一夫おっかけて階段駆け上るシーンの身体の躍動感とか、少年少女役が実にキュート。
それにピアノ弾くシーンは本当に綺麗だった。永遠の少女像だね
大林宣彦は本当に少女が好きなんだねー。

2ちゃんねる映画ブログ

とりあえず上手くまとまってるけど、なんつーか(人として)
酷い話だと思ったけど。
連佛美沙子見ただけでお腹いっぱい映画代の価値合ったわ。

一夫君は少年役の時は可愛いし、良い味出てると思ったけど、
いかんせん少女役が受けつけなかった・・・。少女少年は実写
だとキツイね。
まあ所詮添え物か。

711 :名無シネマ@上映中 :2007/07/09(月) 16:35:47 ID:Qcd/ca0D
蓮佛美沙子の魅力さえ伝われば角川としては万々歳でしょ。
そのための映画なんだし。


関連記事

  1. 2009/03/24(火) 19:49:51|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<ベンジャミン・バトン 数奇な人生 | ホーム | スパイダーマン2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/582-7774de4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

転校生-さよなら あなた-

意外にも純愛映画! 幼馴染の男女の体が入れ替わる。 そんないかにも馬鹿らしい設定
  1. 2009/03/30(月) 19:01:33 |
  2. おすすめ作品 映画 小説 洋楽

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR