FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トウキョウソナタ

【ボクんち】トウキョウソナタ【不協和音】
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1221622907/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :age :2008/09/17(水) 12:41:47 ID:S9P2f0R3
2008年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞!!!
の黒沢清監督最新作「トウキョウソナタ」のスレです。
9/27(土)より、恵比寿ガーデンシネマ 他にで全国公開です。

語りましょう!

■「トウキョウソナタ」公式サイト■
http://tokyosonata.com/

出演:香川照之、小泉今日子、小柳友、井之脇海、井川遥
   津田寛治、役所広司
監督:黒沢清
脚本:Max Mannix、黒沢清、田中幸子
撮影:芦澤明子
日本=オランダ合作
プロデューサー:木藤幸江、Wouter Barendrecht
製作:Entertainment Farm、Fortissomo Films、
   博報堂DYメディアパートナーズ、ピックス


17 :名無シネマ@上映中:2008/09/17(水) 23:43:42 ID:S9P2f0R3
>>1
キャストに
児嶋一哉(アンジャッジュ)
が抜けてました。スマソ。

18 :名無シネマ@上映中:2008/09/18(木) 00:00:19 ID:qHaRcBxU
エロ林だね

76 :名無シネマ@上映中 :2008/09/27(土) 22:31:09 ID:gXUObqFo
凄く面白かったっす。
他のお客さんの反応も良かったなあ。
「面白かったね」なんていう感想を周りの客から聞けるとは思ってなかったw
ピアノ試験の受付?の女性がエロイ。タイツ。

父と長男の衝突のシーンで何故だか泣きそうになってしまった。

78 :ダンボール:2008/09/28(日) 01:41:04 ID:Kk9BIdB5
見てきた
黒沢作品はほとんど見てるが
なんだかなぁ…という感じ
アカルイミライまでは本当に素晴らしい監督だったのに…
ただのホームドラマで終わるはずがないとわかって見てたが
役所が出てきて動き出す「ドラマ」がいかにも「黒沢的ベタさ」にあまりにも安直に繋がっていくもんでゆる~く辟易した
わざとらしく抽象的な意味に象徴化させたような台詞なんて興ざめの極み
(コメディーなんだろうけどね)
一転、最後の落ち着き方なんてまぁさもありなん、という感じだし
あれだったらドッペルゲンガーのラストの方が100倍感動的だよ

でも、ま、どうなのかな
黒沢清作品だと意識せずに見られる人には
新鮮かつ最終的には結局ホームドラマに収斂していくから案外良い?のかもね

79 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 04:26:24 ID:c62Wt9kB
トウキョウソナタ観ました。
シリアスな反面、笑えるところも沢山あってスゴイ映画でした。
カンヌの受賞も思わず納得しちゃいます。
最後のピアノ演奏シーンが何と言っても素敵でした。

2ちゃんねる映画ブログ

あれは吹き替え演奏らしいけど、誰の演奏???
天国で聴いてるような幸福感のある演奏です。
(黒沢監督の奥深いところではラストシーンって、もしかしたら
みんな天国に行ってるのかもっ!なんて思っちゃいました!)
これぞ黒沢ホラー。。。

81 :名無シネマ@上映中 :2008/09/28(日) 09:24:17 ID:ktbc+YsJ
健二の最後のピアノ演奏はマジで弾いてるのかと思った。
役者の井之脇海君、特技・ピアノって書いてあるし。

83 :名無シネマ@上映中 :2008/09/28(日) 11:56:11 ID:QwvtCJI0
ピアノはこの子

2ちゃんねる映画ブログ
http://www.piano.or.jp/enc/pianist/0083.html
15才だから次男役と同年代だね

84 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 15:52:23 ID:c62Wt9kB
>>83
アリガトウゴザイマス!
バッハもモーツァルトもいい演奏で感動しちゃいました。
見ると、11歳の時の演奏でしょ?
お名前も「奏之介」なんて素敵です!!!
いろんな意味でトウキョウソナタ、キャストが揃ってますね!

86 :名無シネマ@上映中 :2008/09/28(日) 16:57:07 ID:trJrWVTL
香川の勤務先が実在する会社(タニタ)だというところがちょっと驚いた。
台詞にも社名が登場するし。
映画での描かれ方だと、「非情な企業」って感じでイメージ悪くなりそう
なんだけど、ロケ協力でクレジットもされてたね。

96 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 23:00:04 ID:8j4QyfWP
>>86
快く許可してくれたみたい。
それと監督と香川さん、ヘルスメーターもらったって。

89 :名無シネマ@上映中 :2008/09/28(日) 19:21:30 ID:QwvtCJI0
サイト見てきたけど普通に真面目そうな企業だね>タニタ
うーん、上層部に監督の大ファンがいるとか・・・ 謎だ

変なところでリアルなのに、
スーツ姿で炊き出しに並ぶとか、清掃員の着替え場所とか、
目立つところに"こりゃないだろー"って描写がけっこうあるのが不思議

90 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 20:09:10 ID:I1XW5wTF
とっても面白かった!
それより小泉今日子がクルマのショールームに行ったり、
泥○さんとドライブを楽しんだりと、
堂々と○ジョーのタイアップシーンがあるのに笑った。
でも、クルマの最後はあれでいいのかwww?

92 :名無シネマ@上映中 :2008/09/28(日) 21:50:10 ID:wXoYPdwm
髪をほどいて、オープンカーにして走り出すシーンは最高に格好良かった。
アンジャッシュも嫌いだけど、良かった。

97 :名無シネマ@上映中 :2008/09/29(月) 01:59:43 ID:M4MnTM0J
黒沢清の映画をこれまで一本も見たことのない人間には楽しめると思う。
今まで黒沢清の映画を何本も見たことのある人間にとってこの作品は、どう映るのかなあ。

「ニンゲン合格」「ドッペルゲンガー」「アカルイミライ」を見たことがあると、
あ、またこのネタかよ。と思うところなきにしもあらず。
「風の中の雌鶏」は、まあ笑うとして。

小泉と役所のドライブは、永作と役所のドライブを思い起こさせるしなー。
あれはかなり既視感でした。

98 :名無シネマ@上映中 :2008/09/29(月) 07:38:54 ID:AhMN3Ci3
米軍に入ってすぐに戦場ってありえない(と映画を見ていて感じられた)
あの短期間ではろくな訓練も詰めないだろう
それなのに何人も殺してしまったとのセリフ
あまりにもありえなくて最初、フルメタルジャケットな訓練に嫌気がさして
軍隊仲間を皆殺しにして逃亡してきたのかと思ったわ
戦争をテーマの一つにおいてあるのにこのリアリティーの無さはない

99 :名無シネマ@上映中 :2008/09/29(月) 07:44:58 ID:M4MnTM0J
>>98
「何人も殺してしまった」というセリフは、
小泉今日子の夢に出てきたわけで、夢にリアリティを求めるのはどうか?

100 :名無シネマ@上映中 :2008/09/29(月) 07:53:37 ID:AhMN3Ci3
あれは夢だったのか
てっきり、一時休暇でも取れたのかと思っていた
それは失礼

でも第一期生を中東の戦場に送るとテレビニュースもあったよね
どの道、訓練期間が短すぎる
軍隊のことはよくわからないが、
国籍も異なるズブの素人なんだから最低でも1年は訓練を積むものじゃないのか
日本人だから訓練はいらないのか
あのニュースも夢ならもうこの映画と相性が悪かったとあきらめるわ

101 :名無シネマ@上映中 :2008/09/29(月) 07:55:15 ID:mYlkLwdV
>>98
同じ事思った。確か渡米して一ヶ月で戦地へ派遣・・・ だっけか
もうちょっと訓練してやれよw
小泉今日子の夢は、息子を心配してるがゆえだからあれでよいかと。

103 :名無シネマ@上映中:2008/09/29(月) 09:55:05 ID:WIfF72mg
息子を心配する親の観た夢に合理性を求めるとはw

104 :名無シネマ@上映中 :2008/09/29(月) 10:19:46 ID:mYlkLwdV
無賃乗車の件はどう?
ワケありそうな小学生相手にあれはないだろうwと思ったんだが

105 :名無シネマ@上映中:2008/09/29(月) 12:07:25 ID:JxuNgqIJ
>>104
黒沢にしてはぬるい。
留置所にいた全員に回されるとかしろよ!

106 :名無シネマ@上映中 :2008/09/29(月) 13:30:35 ID:M4MnTM0J
監督自身が「映画を撮る際、取材や調べ物はしない」と言い切ってるわけで。

107 :名無シネマ@上映中:2008/09/29(月) 18:50:37 ID:san9ThG3
ファーストシーンで香川が「体脂肪計」って言うの聞いてカテキン茶のCMでも始まるのかと思った。
米軍に志願するのは嘘っぽすぎたなあ。嫌われ松子の柴咲コウの海外青年協力隊の方がよっぽど良かった。
ハローワークはビデオドロームみたいだったし。炊き出しも嘘っぽ。部屋の国境線とか革命とかもう古すぎ。
階段から落ちるのは「風の中の牝鶏」ですか。津田寛治の携帯見て「限りなき前進」をちょっと思い出した。
津田寛治の一家だけ黒沢清っぽかった。飯食って仲直りするのって「逆噴射家族」であったし、
全体的にもうちょっと新しい映画かと思ったけど、既視感だらけで古臭すぎてついていけない。

108 :名無シネマ@上映中:2008/09/29(月) 20:55:32 ID:czivSEr/
>>107
そんな安い映画の見方しか出来ない輩に
ついて来て欲しいと思ってないと思うぞ、この映画は。

110 :名無シネマ@上映中:2008/09/29(月) 23:17:53 ID:M4MnTM0J
黒沢清を1本も見たことない友人が
「トウキョウソナタおもしろーい!」って言ってた。

114 :名無シネマ@上映中 :2008/09/30(火) 11:32:09 ID:5WqAUFHg
役所さんが出てきてから急にオーバーというか舞台チックになって
ちょっとおいてきぼり食らったけれど(多分あの辺がリアリティーうんぬんの境目?)
何だかんだで長い時間を感じずに最後まで観られた。
大好きって感じではないがちょっと心には残る作品だとは思う。

しかし冒頭の「タニタ」は聞き間違いだと思ったけど本当に言ってたんだね。ちょっと驚いた。

119 :名無シネマ@上映中 :2008/10/01(水) 00:30:40 ID:FFvsChIJ
エロ林は何か昭和チックで違和感あったな。
都内の小学校に今どき児童や親に対してあんなに威張ってる教師ってまだいるんか?

2ちゃんねる映画ブログ

120 :名無シネマ@上映中 :2008/10/01(水) 00:36:55 ID:ufe9ZrWm
てか、そもそもあんなに黒沢清っぽいセリフをしゃべる先生はいない。
あくまでも黒沢清の映画の登場人物だからああいうセリフになるんだと思う。

121 :名無シネマ@上映中 :2008/10/01(水) 10:43:43 ID:XEw3Z+KQ
>>120
あの教師、黒沢清映画の常連だもんね。

122 :名無シネマ@上映中 :2008/10/01(水) 13:48:25 ID:Ve38U2Ah
夢から覚めるときの小泉今日子のポーズが凄い黒沢清っぽさ丸出しで良かったww
子供たちは国境を越えて玄関から出てゆくのに情けない大人の男は窓から入ってくるというのもイイ。

129 :名無シネマ@上映中 :2008/10/01(水) 21:32:25 ID:ufe9ZrWm
小泉今日子が見てた水平線上の光って、
あれは一体なんだったのかな?

希望の光ですかね。

130 :名無シネマ@上映中 :2008/10/01(水) 22:08:52 ID:YlJKaa2i
>>129
希望の光と思いきや、単なる月明かりの反射だと分かり、
脱力→落涙ってことなんじゃないか ?

132 :名無シネマ@上映中 :2008/10/01(水) 22:54:43 ID:mSb1N7Fz
映画を観て思ったんだが

川を汚すなよ

134 :名無シネマ@上映中 :2008/10/02(木) 00:05:31 ID:rZDbAW9v
「トウキョウソナタ」はティッシュ。
「アカルイミライ」はクラゲ。

クラゲは水に溶けるけど、ティッシュは・・・。

141 :名無シネマ@上映中 :2008/10/02(木) 01:15:25 ID:IJo9K9nU
そんなの、カットが掛かったあと、
スタッフが網か何かで掬って、回収処理したに決まってんだろ w

136 :名無シネマ@上映中:2008/10/02(木) 00:43:57 ID:Ksi1zzTa
今日有楽町で見てきました
セカンド自分探しがテーマであることは分かった
年取ってから自分探しする羽目になると悲惨であることも分かった
一度自分を捨て、再度同じ人生を選択することが救いであると、
いう結論だったように思えたがどうだろうか?
長男は宇宙戦争の長男を連想させたが、
スピルバーグ映画のキャラのような燃えるような執着心というよりも
単に日本を見限って出て行ったように見えた
それと役所とキョンキョンの絡みは必要だったろうか?
あれはかなり冷めました
とはいえキョンキョンのまなざしはすごい
全てはキョンキョンの妄想が現在化したかのように思える瞬間が多々あった

144 :名無シネマ@上映中 :2008/10/02(木) 03:01:52 ID:0ik/NuUg
まあこの脚本に難クセつけたらキリがない。

しかしカメラもライティングもびみょ~
カット数の多さ(というか総尺)には気合いを感じたが。

だがやはり清ファンでない俺は充分楽しめた。
今回はシネフィル以外にやさしい作りだと思う。意味深なおしつけがましい演出が少なかった。初老の多い劇場も笑いが絶えず起こっていたよ。
清ファンには不評か。

145 :名無シネマ@上映中 :2008/10/02(木) 03:30:47 ID:oOuBKXY3
・父ちゃんが跳ねられてぶっ倒れてた場所(埼玉っぽい感じ?)
・母ちゃんが夜を明かした海岸(千葉あたり?)
・息子が留置されていた警察署(背景に横浜みなとみらい?)
この3人が朝のほぼ同時刻に大田区(パンフのスチルでは東雪谷)に帰ってくる。
それぞれのいた場所って一体…?
そこそこ面白かったけど観ている最中にそんなどうでもいい事をふと思ってしまった…

146 :名無シネマ@上映中 :2008/10/02(木) 03:58:19 ID:rZDbAW9v
>>145
家の近所は大田区で、家の外観は駒場東大前と神泉の間。
しかもピアノ教室は西葛西。

タニタはときわ台で、ホームレス向き炊き出し場は、東京モノレール沿線。

どんだけ四次元空間なんだよwww。

147 :名無シネマ@上映中 :2008/10/02(木) 09:53:14 ID:csxFamKR
あのなぁお前ら、フィクションの世界なんだから、
整合性を求めること自体が、そもそも無意味だろが。

159 :名無シネマ@上映中 :2008/10/03(金) 14:14:26 ID:oloQj2HK
あのラストは創作に携わる人なら誰もが何か感じずにはいられないでしょ
確かにああいう力があるんだよ。

161 :名無シネマ@上映中:2008/10/03(金) 21:20:02 ID:NMSnY9y/
ラストはリトルダンサー思い出したけどな
それよか黒須はウケたな

168 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 01:09:58 ID:TXoU8IRW
>>161
>リトルダンサー
自分も同じこと思った。
でもあれは息子の才能だけに対する感動(涙)ではないと思った。
色々あった中で感極まったんだって思った。
ピアノはこれからの希望の象徴

165 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 00:01:47 ID:2zUw3lIs
黒須と泥棒。
笑いをとってくれたのに、自殺したのには泣いた。

道化者(ピエロ)に背負わせた感じはフランスで受けるような希ガス

169 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 01:11:02 ID:HbtKPYop
黒須夫婦のアレは夫じゃなくて
あのノイローゼ指数280の妻が栓をひねったんじゃね?

黒須なら娘も巻き添え心中したんじゃないかとふと思った

171 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 01:18:02 ID:oAumFbk1
黒須の娘が階段の影で顔を半分出しながら

「佐々木さんも大変なんですね」

でオラは大爆笑だった。ホラーだなアレは。

172 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 01:24:30 ID:+8IcGZ+3
笑いと恐怖は紙一重だからな

175 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 01:50:02 ID:HbtKPYop
笑いどころまとめ

「1時間に5回鳴るようにセットしてある」
「黒須、お前本当にすごいな」
「エロ林」
「佐々木さんも大変なんですね」
「それは何にでも使える洗剤」
「おわっぐほっ!顔見られた!」
「今ウィンカー出してなかっただろ、、それはワイパー!」

176 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 01:54:27 ID:oAumFbk1
>>175
「トウキョウソナタ」1回観ただけでその記憶力なら、尊敬する。

「そんな権威、捨てちゃえ」

と突然、厚木のヤンキーに戻る小泉今日子も凄かったが・・・。

185 :名無シネマ@上映中:2008/10/04(土) 10:36:59 ID:Xnm1T7xG
>>175
香川の声で言いたい、
175お前本当にすごいな!

183 :バルダミュ ◆NOMAD//m7M :2008/10/04(土) 10:15:46 ID:fvH+Cnl5
見たお。
黒沢っぽさ抑え目で“普通の映画”を撮ろうとした感じかな(といっても随所に“らしさ”が露呈
するのだけど)。
なかなかよかったよ。
今後毎回これだと困るけど(変な映画を量産して欲っしい)、五本おきにこういうのもいいんじゃ
ないかと思った。
父親の職業があのまんまで終わるのがいいね。
カウリスマキの「浮き雲」みたいに最後に一発逆転じゃ興醒めだよ。

184 :バルダミュ ◆NOMAD//m7M :2008/10/04(土) 10:21:26 ID:fvH+Cnl5
黒須の娘が可愛かった。
次男もそうだけど、意外と子供を撮るのが上手いことが判明した。
ジュヴナイル作品なんかも作って欲しいな。

188 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 12:13:35 ID:tpt6vnh7
お坊ちゃま学校って、親の職業がまともじゃないと入れないんじゃないか?
学費を払えるだけの収入があるとも思えないし。
兄貴の仕送りがあるから大丈夫なのか。

189 :バルダミュ ◆NOMAD//m7M :2008/10/04(土) 12:36:04 ID:fvH+Cnl5
>>188
ただのお坊ちゃま学校はそうだろうけど、芸術系の学校は奨学金制度とか特待生制度とかあるでしょ。
少なくとも、親の職業は問われないんじゃないかな。

198 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 18:55:51 ID:wfduZRbE
米軍の募集はホントにあるのかな?
志願しようかな。

199 :名無シネマ@上映中:2008/10/04(土) 18:57:48 ID:oAumFbk1
>>198
まずはお前の母親に相談だ!

200 :バルダミュ ◆NOMAD//m7M :2008/10/04(土) 19:16:11 ID:fvH+Cnl5
>>198
ありえないです。
あれは映画的仮構です。
清宇宙で起ったパラレルな出来事です。

212 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 21:35:32 ID:J5kLVgvG
役所の部分は いらなかったんじゃないかなぁ。
あそこからは ありえんぞー と 思った。

2ちゃんねる映画ブログ

213 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 21:45:23 ID:5qW835WW
俺も泥棒とキョンキョンのくだりはちょっと引いたな
アイズワイズシャットくらいめちゃくちゃならよかったけど
逆に無いよなと思った

240 :名無シネマ@上映中:2008/10/05(日) 03:15:05 ID:MNkLeyMf
黒須は死んでるのに生きてるかのように振る舞うゾンビみたいだった。そういう奴オレの回りにも多い
スカイクロラのキルドレもそんな感じだったけど、
今の日本は規格外の奴は必要とされないもんな
アカルイミライや人間合格じゃスクラップ売りやリサイクルショップみたいなちょっとアウトサイダーな人間が出てきたけど、今回は勝ち組負け組が明確に線引きされててもはや日本全体が廃墟であるかのような描き方だったな
あの音楽が流れると全て廃墟に見えたけどそれを意図したんだろうな

244 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 10:20:01 ID:gpja/MXP
ラストシーンは狡いなと思いつつもやっぱりいい。

佐々木一家だけが特別というわけでもなく、あの場にいた他の人・家族にも色々あって
その色々をたとえ一瞬でも忘れさせてくれる力が音楽にはあるんだなと。
もちろん音楽に限らずだけどね。

246 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 11:12:27 ID:+uHClDX3
最後のピアノシーンで感動できるのが理解できない
一年にも満たないピアノ歴でという無茶な設定だし
12歳からピアノ始めて天才といわれて大成したピアニストがいたら教えて欲しい
あまりにもリアリティーに欠ける
リアリティーにかけるのは許されても、俳優本人がやっているならともかく吹き替えだし
拙い指使いをごまかすためにロングショットだしそれにやたら長い
あれほどの長い演奏をする理由はいったいなんだ
きれいなピアノ演奏を最後に流せば馬鹿な観客は満足してくれるだろうという監督の思いを感じたわ
これで満足できる馬鹿な観客が羨ましい

247 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 11:14:46 ID:yTU++e3B
観てきたけど、序盤中盤はけっこう重かった・・・
今ちょうど就活中なので、社会が敷いたレールにうまく乗れなかった人の
みじめで重苦しい気持ちを想像できるので、観ていて陰惨だったよ。
津田寛治役の人の滑稽さに劇場からは笑い漏れてたけど、彼もあんな最期をとげたわけで
とても笑える気にはならなかったな(まぁ笑ったけど)

ところで、あの少年がピアノの天才だという設定は必要だったのかね?
中盤まで、生まれ持った才能を持たない人(香川)が社会から落ちぶれていく様を
描いてたわけだけど、何やっても成功する天才などには、こういう悲惨な人たちの
気持ち分からんだろう。

清が最終的に示した「一筋の希望」ってのは天才のことだとひねくれて受け止めたよ。
もし少年がピアノの天才じゃなかったと仮定したら、あの家族にやり直しは無理だったのかもしれないし。
その辺微妙だった。まぁ、もともとシナリオは清自身のものじゃないから仕方ないのか。

249 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 12:14:41 ID:EkrI+Pqw
先生はピアノの才を伸ばすために学校へ行けと言ったに過ぎず
その後次男がピアノで名をなす事を保証するものではないだろう。
ピアノの音というのはきっかけ
家族が同じ方向を向いたように見せるためならスポーツでも勉強でも良かった。
映画的チョイスだとは思うけどずるいとは思わなかった。
だってそれがなかったら後はもうホラーにするしかない題材。

現実を考えればあの家族はあの瞬間しか救われてないだろ。
清掃員の父親はまた暴れだし、母親は本当に逃亡、
長男は戦死、次男はホームレス中学生、
そんな未来もありっちゃありだと思う。
そんな映画見たくないけど。(ホラーなら見たい)

251 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 12:44:22 ID:M3kof4cH
結局、幻想を信じてる振りしてやってくしかないってことなのかな

253 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 13:17:57 ID:xFPyQESs
サラリーマンが皆同じ方向を向いて出勤しているところは小津っぽい
視線の等方向性ってやつだね

264 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 21:00:29 ID:ulpaJWDl
話は基本的に家族のそれぞれが事件に会い混沌と死から再生して新しい地平にたどり着く。
問題はどこからどこへどうやってたどりついたか。

父はふと金を拾いこれで何処かへ行けると思うが車に轢かれて文字通り死にかけどこへもいけないことを悟る。
なんじゃこりゃ。

母はもう少しまし。強盗(役所)に会い、強盗とドライブ、セックス。一度家庭を捨て、強盗の自殺後この道も
先がないということで家に返ってくる。

次男も家出してバスで何処かへ行こうとするが、つかまって留置場。やはりどこにも行けず家に返ってくる。

全員家に返ってくるけど今ひとつその必然性を感じない。
長男が言っていた、離婚すれば?、というのがいちばん説得力があった。長男は帰ってこない。

「不思議」が」あるのは次男のピアノ。でもピアノがあるから親たちが家に帰ってきたわけではない。

265 :バルダミュ ◆NOMAD//m7M :2008/10/05(日) 21:25:11 ID:3jOTQTkW
泥棒自殺したの?

268 :バルダミュ ◆NOMAD//m7M :2008/10/05(日) 21:31:12 ID:3jOTQTkW
や、入水自殺?

気が付かなかった~~~(;^∧^)

276 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 23:33:50 ID:T9B6PkAe
香川さんが車にひかれたとき、血がべったり壁についてたと思うんだけど、見間違い?
車にひかれたのは現実?

279 :名無シネマ@上映中 :2008/10/06(月) 00:58:01 ID:05PKLdhN
>>277
そうそう、明るくなったら怪我も軽いし血痕もないし、あれ?ってなった
後半は本当に現実と虚実の境目が曖昧で、なんかふわふわした気分にさせられたw

280 :名無シネマ@上映中 :2008/10/06(月) 01:02:19 ID:JIWBFqX/
>>276
直接的に血がべっとりな絵は無かったよ
ただ、路面と壁面が濡れている描写はあった

暗いシーンで、液体が何色かわからないのと
道路脇の溝のような所だったので
血とも雨水(排水?)とも取れるような感じだった

281 :名無シネマ@上映中:2008/10/06(月) 07:43:05 ID:J91vxbS+
橋の下のぬるい水だなありゃ

287 :名無シネマ@上映中 :2008/10/06(月) 15:03:33 ID:M7ggKVM5
キョンキョンが縛られてるシーン観られただけで満足した。あれが荒縄だったらもっとよかったのだが・・・。後、黒須役の津田寛うまかった。

2ちゃんねる映画ブログ

290 :名無シネマ@上映中 :2008/10/06(月) 20:34:58 ID:LO/qm4SD
黒須の、お願いして夕飯食べにきてもらって「ツメがあまいんだよ」のダメ出しにはうわーってなった。
こういう人だからリストラされたんかもな‥て。

291 :名無シネマ@上映中 :2008/10/06(月) 20:56:54 ID:hU02QXND
>>290  ダメリーマン黒須w
「樹海」って別の映画でも津田寛がサラリーマン役で凄ぇいい味出してるよ。オヌヌメ

295 :名無シネマ@上映中 :2008/10/07(火) 00:08:50 ID:zf79nlOp
今名刺交換して相手が黒須だったら俺は必ず吹く自信がある

303 :名無シネマ@上映中 :2008/10/07(火) 02:33:11 ID:WeUBDe8R
>>295 に座布団(ry
黒須人気に嫉妬

310 :名無シネマ@上映中:2008/10/07(火) 13:01:48 ID:4wLIUWel
黒須ってあるあるネタだよな

296 :名無シネマ@上映中 :2008/10/07(火) 00:26:24 ID:1ByYb8FF
次男の家出した友達を三人がかりで追って来る大人たち(父親とその部下?)、なんであんなに必死なの?
あれじゃまるで重大な何かを持ち逃げしたみたいじゃん。
しかも喘息持ちの子供を走って追っかけて来るって・・・

無理やりサスペンスを作ってる感じがして最初は萎えたが、じつはあの友達も
「黒沢トウキョウ」の住人ならではのドラマを秘めていたのかも、なんて妄想してしまう。

298 :名無シネマ@上映中 :2008/10/07(火) 00:35:08 ID:eW/l/BeR
リストラ話してるのに別室のドア開けっぱとか
次の瞬間にはもう会社やめてるとか
いつのまにかピアノの天才とかもう唖然としか。

299 :名無シネマ@上映中 :2008/10/07(火) 01:08:43 ID:+Vl3q3Ta
シナリオが豪州人だから微妙に無理な感じがするんだよね
ピアノの天才とかリストラ仲間の自殺とかさ
まぁその辺の違和感も狙いかも知れないけれども

300 :名無シネマ@上映中:2008/10/07(火) 01:12:46 ID:hEb0NvHI
この映画って、ある種のファンタジーでしょ。

「アカルイミライ」もファンタジー色強かったけど、
その先がまだあったか、という感じで俺はかなり楽しめた。

301 :名無シネマ@上映中 :2008/10/07(火) 01:15:05 ID:YmDUTMV0
ファンタジーだと言い切るには、中途半端に現実寄りだし、
かといってリアリティには欠けるし、何か中途半端。

313 :名無シネマ@上映中 :2008/10/07(火) 19:04:38 ID:WmHGqC2+
お母さん:泥棒はお母さんの現実逃避願望が生み出した虚像で最初から存在しなかった。
     新車を買って暴走したお母さんは海の向こうに光の幻覚を見て、そのまま車ごと入水し死亡。
お父さん:拾った札束は実は偽札だった。そして車にはねられゴミのように死亡。
ボ  ク:バスの駐車場で逃げ回っているところにバスが突っ込んできて死亡。
朝のテーブルに再び家族が集まるシーンは家族全員が思っていた共通の夢。

数年後に長男が帰国。しかし廃虚と化した家、出し続けた手紙が溜まったポストに長男ぼう然。
そこに話しかけてくる見知らぬ隣人の男。

「お知り合いですか? お隣さんは数年前にガス中毒でね…」

隣人の表札には「黒須」の名字が……というオチを期待したが少し違った。

314 :バルダミュ ◆NOMAD//m7M :2008/10/07(火) 19:10:24 ID:G3EK+91e
それで黒須の娘が窓から片目だけ覗かせて長男を見てたら恐いな。

329 :名無シネマ@上映中:2008/10/08(水) 21:13:31 ID:RmCg1Kyn
黒須が初登場の時落とした物が何だか分からなかった。
あれを見て失業中と気付いたようにも見えたけど、関係ないのかな。

330 :名無シネマ@上映中:2008/10/08(水) 21:41:16 ID:FzRBe4a6
あれ油性マジックかなんかのように見えたが?
建築関係の人はああいうマジック持ってるよ

345 :名無シネマ@上映中 :2008/10/09(木) 20:36:30 ID:nfXr1xb6
ショッピングモールでかかっている音楽がかならずチャイコフスキー。
バレエ音楽や弦楽セレナード。ちょっとメルヘンで浮世離れしているが、
映画の雰囲気や最後のドビュッシーと適合してる。
たまたまかかっていたのではなく、選んでそうしたんだよね?

346 :名無シネマ@上映中 :2008/10/09(木) 20:54:12 ID:DNEha6nV
>>345
そうでなかったらエンドクレジットで、演出:イオン富津店 ってなってるはず

354 :名無シネマ@上映中 :2008/10/10(金) 01:37:29 ID:xKifFZdt
イオンモール富津ってのは外観だけで
内部は昭島のモリタウンだよ。
結構都心から離れてるのにロケをやった縁で
わざわざMOVIX昭島まで舞台挨拶に来てくれた。
ロケ先が各地にばらけてるって出演者にとっては大変だろうけど、
知ってる場所が映画で使われてるのってちょっと嬉しい。

350 :名無シネマ@上映中 :2008/10/09(木) 22:36:23 ID:5GdgfcuN
家族揃っての食事のシーンでケチャップ(多分)を
みんなでやたらかけまくってたのが面白かった。
もしかして皆お母さん料理が下手?w

440 :名無シネマ@上映中 :2008/10/15(水) 01:41:33 ID:laolOd9u
小柳友ってブラザー・トムの息子だったのか
知らなかった

2ちゃんねる映画ブログ

638 :名無シネマ@上映中:2008/10/30(木) 17:57:17 ID:hMpxFPJy
トニー・レオンが「トウキョウソナタ」を絶賛!
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/interview/2008/10/4948/

639 :ペイン ◆LwNXiD3GRg :2008/10/30(木) 18:42:40 ID:GayCaGt1
おっ、凄いじゃん。
トニーが出てる清映画見てえ。


関連記事

  1. 2009/02/13(金) 11:06:36|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:9
  4. | コメント:0
<<ホーム・アローン2 | ホーム | 呪怨 パンデミック>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/567-3ed66610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「トウキョウソナタ」を試写室にて鑑賞

 「トウキョウソナタ」@映画美学校第一試写室トウキョウソナタ 映画の話 仕事に没頭する毎日を送っている平凡なサラリーマンの佐々木竜平(香川照之)は、ある日突然、長年勤め上げた会社からリストラを宣告されてしまう。一方、世の中に対して懐疑的な心を持っている...
  1. 2009/02/13(金) 22:26:24 |
  2. masalaの辛口映画館

映画 【トウキョウソナタ】

映画館にて「トウキョウソナタ」 2008年度カンヌ映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した黒沢清監督最新作。 おはなし:平凡なサラリーマンの佐々木竜平(香川照之)は、ある日突然、長年勤め上げた会社からリストラを宣告されてしまう。一方、長男も次男もそれぞれが秘
  1. 2009/02/13(金) 22:28:28 |
  2. ミチの雑記帳

[映画『トウキョウソナタ(舞台挨拶付き)』を観た]

☆この映画のロケ地として、MOVIX昭島を含む複合ショッピング施設<モリタウン>が舞台として選ばれていたので、ここで舞台挨拶が行なわれるようになったそうである。 あらかじめ予約していたので、超満員だが、中腹の席で、監督や主演陣の姿を見ることが出来た。 や
  1. 2009/02/13(金) 22:34:34 |
  2. 『甘噛み^^ 天才バカ板!』

トウキョウソナタ

ボクんち、不協和音。 上映時間 119分 脚本 マックス・マニックス/黒沢清/田中幸子 監督 黒沢清 音楽 橋本和昌 出演 香川照之 小泉今日子/小柳友/井之脇海/井川遥/津田寛治/児嶋一哉/役所広司 東京に暮らす、ごく普通の家族がたどる崩壊から再生までの道のりを、家族のき
  1. 2009/02/13(金) 22:44:47 |
  2. to Heart

『トウキョウソナタ』

  □作品オフィシャルサイト 「トウキョウソナタ」□監督・脚本 黒沢清 □脚本 Max Mannix、三浦幸子 □キャスト 香川照之、小泉今日子、小柳友、井之脇海、井川遥、津田寛治、役所広司■鑑賞日 9月28日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(
  1. 2009/02/13(金) 22:48:32 |
  2. 京の昼寝?♪

トウキョウソナタ

健康機器メーカーで総務課長として、長年、働いていたきた佐々木竜平は、リストラを宣告されます。突然のことで、呆然とする竜平ですが、家族にそのことを言い出すことがでできず、翌日以降も、毎日、会社にいくフリをして、ハローワークに通います。小学校6年生の次男、健二
  1. 2009/02/15(日) 09:14:49 |
  2. 日っ歩?美味しいもの、映画、子育て...の日々?

『トウキョウソナタ』

映画「トウキョウソナタ」公式サイト 監督・脚本:黒沢清 出演:香川照之 、小泉今日子 、小柳友 、井之脇海 、井川遥    津田寛治 、役所広司 2008年/日本・オランダ・香港/119分 おはなし Yahoo!映画 仕事に没頭する毎日を送っている平凡なサラ....
  1. 2009/02/15(日) 23:58:57 |
  2. Rabiovsky計画

「トウキョウソナタ」

 黒沢清監督の新境地が開示された映画かもしれない。彼の作品のテーマは“世界の終わり”である。ホラーを撮ってもファンタジーを手掛けても、それぞれの破滅的なラストはみんなこのモチーフに収斂されている。しかし本作は“世界の終わり”とは具体的なこの世のカタストロ
  1. 2009/02/20(金) 06:34:52 |
  2. 元・副会長のCinema Days

mini review 08357「トウキョウソナタ」★★★★★★★☆☆☆

東京に暮らす、ごく普通の家族がたどる崩壊から再生までの道のりを、家族のきずなをテーマに見つめ直した人間ドラマ。『回路』などで知られる黒沢清監督が、累積したうそや疑心暗鬼などにより、ありふれた家庭を壊していくさまを現代社会を映す鏡として描く。リストラを家族
  1. 2009/03/15(日) 02:58:49 |
  2. サーカスな日々

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR