FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

パイレーツ・オブ・カリビアン 35骨目
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1179248066/


1 :名無シネマ@上映中:2008/01/11(金) 11:41:01 ID:jIbyF2+C
パイレーツ・オブ・カリビアンについてマタ-リ語るスレです。

「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」 
    公式:http://www.disney.co.jp/pirates/


608 :名無シネマ@上映中 :2007/05/24(木) 00:07:57 ID:/RwHGxz0
あちらの批評で目立つのは
「とにかく話がややこしすぎ、ついていけない。めんどくさい」っていうのと
「スパロウがつまらん(見せ場がない)」みたいな感じなんだけど
そのへんはどうなんすか?

609 :名無シネマ@上映中 :2007/05/24(木) 00:10:10 ID:1X96hUlw
その批評どおりでした・・・

613 :名無シネマ@上映中 :2007/05/24(木) 00:17:32 ID:/RwHGxz0
>>609
げ~それはまずいっすね。
長いややこしいはともかく、また3でも船長パっとしないのか~。
特撮もセットも恋愛もいいけど、まず船長ありきだと思うんだが、この映画は。
それはフラストレーションたまりそうだな。長いし。

648 :名無シネマ@上映中:2007/05/24(木) 02:04:21 ID:/e0sqkCs
いま帰って来た!

一部二部はストーリーがあっさりし過ぎな感じがして、
自分の中ではそれ程でも無かったんだけど、
三部でバケたかんじ。

面白かった。終盤の決戦が熱すぐる。

666 :名無シネマ@上映中 :2007/05/24(木) 02:50:00 ID:bDrfbaLO
話がえらいややこしくて理解できんかったよ。登場人物ただでさえ多いのにそれぞれ建前と本音があって
言うことコロコロ変わるしやたら裏切る人ばっかだし。あらすじにすると凄い単純なんだろうけどさ。
主要メンバーが敵になったり味方になってまた敵になるくらい立場変わっていくし

667 :名無シネマ@上映中:2007/05/24(木) 03:09:45 ID:fj0t32H8
それぞれの登場人物に思惑や役割があって、複雑に絡み合って楽しかったですよ。エンドロール後のオマケ映像もよかったし。

669 :名無シネマ@上映中 :2007/05/24(木) 04:05:51 ID:dt7vruMO
今試写してきた
裏切りにつぐ裏切りでもうわけわからん
あと長すぎ
2時間50分てwww
ただ、おもしろかった

671 :名無シネマ@上映中 :2007/05/24(木) 06:02:25 ID:5PL81DUM
見所は、キースの登場シーンと、タコ船長の涙と、お猿のジャックが凍えてプルプルしてるシーン

700 :名無シネマ@上映中:2007/05/24(木) 09:33:22 ID:a98WSB6h
1・2・3を不等号<>で表すと?

701 :名無シネマ@上映中 :2007/05/24(木) 09:57:31 ID:jYHLLZYv
1>2>3かな
見れば分かると思うが、
複雑化したというか、
説明不足な点があるように思われた。
俺だけかな

703 :名無シネマ@上映中 :2007/05/24(木) 10:08:52 ID:KyJgIKte
>>700
3>1>2だな~。自分はね。
ジョニー含め、あまり特定の俳優に肩入れして観るとがっかりする人もいるかもしれないが。

2ちゃんねる映画ブログ

でも、バルボッサファンは大満足じゃないかな?

849 :名無シネマ@上映中 :2007/05/24(木) 23:27:59 ID:khEe+6x8
いくつか唐突というか説明不足なとこがあったんだが、
脚本のせいなのかナッチの超訳のせいなのかわからん。
長いし中盤グダったが、迫力は満点だな。
個人的にはジャック(猿)が一番おいしかった。
最後飛ぶしwww

852 :名無シネマ@上映中:2007/05/24(木) 23:30:46 ID:fIlueqUM
2より更にグダグダだった。次つくらなくていいよもう。

854 :名無シネマ@上映中 :2007/05/24(木) 23:33:50 ID:kDjL1aeY
・2時間以内にまとめて十分。
・いつの間にあの二人の関係はあんなに重くなった?あの逢瀬はこれからも重い。
・伏線回収どころの話しではない。
・映像は迫力満点、役者は十分いい演技をしている、ぐだぐだな脚本が悪い。
・で、結局なにがしたかったの?としか思えない。あらすじは破綻。

861 :名無シネマ@上映中 :2007/05/24(木) 23:40:02 ID:khEe+6x8
>>854
ほぼ同意だ。
なんか1とウィル・エリザベスのキャラが変わりすぎて同名別人みたいだったわ。
ダルマのキャラも伏線なく腹に一物キャラになってるし。
脚本作らずに撮影入った弊害がもろにでてたな。
ただ小ネタは多いし迫力もあるし、1の海中骸骨行進みたいな絵画的なカットも多くて画がきれいでよかった。

863 :名無シネマ@上映中 :2007/05/24(木) 23:42:38 ID:w1NDwGBw
迫力は凄いんだけどそれだけなんだよなぁ・・
大迫力アクション!ストーリーは二の次、5分後には忘れている。そういう系統の映画だった。

873 :&&rrlo;!!!き好大ケリタモ:2007/05/24(木) 23:52:00 ID:t3jEUyiw
ていうかほんとに完結したの??

4はないの?

ドラクエみたいに一回キャラの人間関係リセットして新しいコンセプトでやらないの?

877 :名無シネマ@上映中 :2007/05/24(木) 23:55:29 ID:pExODrnp
>>873
ウィル&エリザベス編完結と考える事も可能

879 :名無シネマ@上映中 :2007/05/24(木) 23:58:48 ID:kDjL1aeY
オーランドとキーラは4以降出演したくないので、ああいうことになった。
ジャック船長だけ残して一新して続編作れるようにああいうことにしたと思う。

858 :名無シネマ@上映中 :2007/05/24(木) 23:37:58 ID:dfxILmkd
実際はワンピがこれのパクりなんだろうが
日本人であるが故に逆に見えて仕方なかった

886 :名無シネマ@上映中:2007/05/25(金) 00:04:59 ID:pt67+3B9
>>858

これがワンピースのパクリというのは
アトランティスが不思議の海のパクリと言うのと同じ あれは海底二万マイルが原作だ

887 :名無シネマ@上映中:2007/05/25(金) 00:06:51 ID:pt67+3B9
吹替で見ると

ジャックスパローが ワンピースのサンジ

893 :名無シネマ@上映中 :2007/05/25(金) 00:10:15 ID:jP2iw0sn
ジャックはちゃんと役目を務めてたよ。
お笑い担当。

2ちゃんねる映画ブログ

894 :名無シネマ@上映中 :2007/05/25(金) 00:13:28 ID:51nA6mxm
今回は、開場前にエンドロール後にオマケありますよ~って
何回も放送したのに出口近くが明るくなったら
途中で出てくのが何人もいたw

897 :名無シネマ@上映中:2007/05/25(金) 00:16:20 ID:+Qg3ANed
>>894
出ていく人の気持ちわかるよ。

無駄に長いし、つまんないし。
俺もエンドロールは我慢比べだったよ

913 :名無シネマ@上映中 :2007/05/25(金) 00:40:28 ID:A6RPIgYY
こういうドタバタアクション系はわかりやすさが一番だと思うのに、
その「わかりやすさ」がまったくなくなってストーリーは破綻。
キャラの性格も変わり、どこを基準に観ればいいのかみてるほうが迷う。

多分・・・たくさんの映像をたっぷり撮ったから、
使わないともったいないからあれもこれもそれも出しましたって感じがする。
ダルマの中の人の話しこそ、2の間にちゃんと伏線を張るべきでは?

918 :名無シネマ@上映中 :2007/05/25(金) 00:45:52 ID:IS/5HpWJ
見てきた。長かった。
ケツが痛くてラスト一時間地獄w

おまけに『ちょwwwwww』となったのは自分だけなのか?w

940 :名無シネマ@上映中 :2007/05/25(金) 00:59:06 ID:A6RPIgYY
2のラストが「巨大イカに食われてジャックどうなる?」・・・で終わったんだから、
せめてその伏線ぐらい観客も納得いくように回収すればいいのに、
巨大イカは陸に打ち上げられて終了・・・はあまりにも酷くないか?
DJがイカを退治するシーンぐらい入れるべき。
もしくはそのまま生かしておいてもよかったはず。

ダルマ巨大かはほんとに意味わからん。あれは笑うところ?
どうせなら中の形にならないものがうわっと出てきて大きくなって・・・でよかった。

それから一番悲惨なのはウィルとベス。
もう続編には出たくないってのもわかるからあれしかないのかもしれないけど、
あんな重い運命にしてしまってよかったの?
姫に恋する鍛冶屋・・・から、海賊王と伝説の海賊に変更って。
ターナー家はこれから死者送りなのか・・・なんか最後観て結構鬱だよ。

943 :名無シネマ@上映中:2007/05/25(金) 01:01:24 ID:Vp+nes98
結局カリプソはなんだったんだ?嵐を起こしただけか?

裏切ったジョーンズに復讐したのか、封じ込めた海賊たちに復讐したのか?
ただ嵐と渦だけ?

952 :名無シネマ@上映中 :2007/05/25(金) 01:10:44 ID:357GfriL
>>943
シリーズを纏めるラスボスだと思ったのに
バルボッサを復活させたけど操る訳でも無く、逆に縛り上げられるし。渦潮起こしてそれで終わり
って何だそりゃ、てっきりラストイカ男と合体してバケモノになるとか、最後にバルボッサの魔法?が解けて死体に戻って
感動のラストシーンとかそういう事くらいは絶対あると思ってたのに凄い肩すかしだった。

955 :名無シネマ@上映中 :2007/05/25(金) 01:12:24 ID:9xTv+AsB
最近1と2をもう1回見たおかげかも知れないけど、
伏線や謎もだいたい回収できてたし、
3時間近い内容だったが見所満載で長さも気にならなかった俺は少数派なのか?

残った謎はカリプソ関係くらいかな。



パイレーツ・オブ・カリビアン 36骨目
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1180024217/


16 :名無シネマ@上映中 :2007/05/25(金) 01:36:40 ID:QSrsktuV
ジャックが「墓場」と呼ばれるようなところからあっさり生還したのと、
ダルマが怨念の塊なのに萎えた。
特にダルマは、ジャックを心底愛してると思っていたのに…
ノリントンも父も、ストーリー上無駄死にとしか思えない。

でも、バルボッサは素敵すぎだった。

32 :名無シネマ@上映中 :2007/05/25(金) 01:45:30 ID:357GfriL
話が複雑というかどいつもこいつもそれぞれ思惑があってよくわかんなかったんが

ジャック 墓場はもう2度とゴメンなので死にたくない、DJに取って代わって不死身になるのも悪くない
      DJへの借りをかえすのもゴメンだ。自分が助かればいいや

ウィル  オヤジとエリザベスが助かれば他の連中はどうなってもいいや

エリザベス ジャック復活がとりあえず目的。その後はなりゆきで、父を殺した東インド会社と戦いたい

バルボッサ 東インド会社を倒したい。そのため海賊達に招集かけてカリプソ復活させたい

東インド会社の人  純粋に企業の利益のために海賊排除、利用できるのはバケモノでも利用

こんな感じであってんのかな?カリプソが何考えてるのか結局最後まで明らかにはならんかったけど

62 :名無シネマ@上映中 :2007/05/25(金) 02:08:10 ID:Vom5pde/
それにしても1発で出来たのか
ウィルすげーな!

2ちゃんねる映画ブログ

64 :名無シネマ@上映中 :2007/05/25(金) 02:10:05 ID:GQJppjOk
ウィルの子かどうかは分らんだろう

71 :名無シネマ@上映中 :2007/05/25(金) 02:20:26 ID:Ss0GONEL
一番笑えたシーンはどこ?
私的にはバルボッサとジャックが望遠鏡を取り出したシーンだったw
あそこは吹き出したw

73 :名無シネマ@上映中 :2007/05/25(金) 02:22:27 ID:2Kdo6Djp
ティア・ダルマが巨大化したところで、円谷プロを思い出した

86 :名無シネマ@上映中:2007/05/25(金) 02:37:39 ID:/hI01qil
>>71 そこは自分も吹いたwあとピンテルが船長に立候補したとこ。笑いは3が一番多かったな。

100 :名無シネマ@上映中 :2007/05/25(金) 03:38:00 ID:4pnQQpLX
>>71
結構、細かい笑いが多かったけど、みんな殆ど反応してなかったな。

チョウユンファのところに忍び込む助っ人軍団が、
みんな椰子の実被ってカモフラージュしてるのに、一人だけ禿げ頭のまんまとか。

103 :名無シネマ@上映中:2007/05/25(金) 04:33:12 ID:r9xzUZxO
チョウユンファが武藤敬司に見えるよ!

ジャックとの過去の因縁てどんなだった?あの頭のキズ。

2ちゃんねる映画ブログ

98 :名無シネマ@上映中 :2007/05/25(金) 03:34:21 ID:xEAiCxt/
期待しすぎない

これが鑑賞前の奴へのアドバイスだ

5 :名無シネマ@上映中:2008/01/11(金) 11:45:55 ID:jIbyF2+C
映画ファンが最も聞きたい9つの質問(ワールドエンドDVDに入ってた小冊子に書いてあること)

1ウィルとエリザベスの将来に待ち受けているものとは?
 フライング・ダッチマン号の船長となったウィルを、エリザベスは待つのですか?
 ・真実の愛は永遠です。でも彼等の物語はまだ明らかにされていません。
2フライング・ダッチマン号に運命を捧げたウィルですが、10年後陸に上がることが
 できたら、父親と船員たちを解放し、自分も陸で永遠に暮らすのでしょうか?
 ・ウィルが陸に上がることが出来るのは、10年に一度、それも1日だけです。
  彼の運命は永遠にフライング・ダッチマンと共にあるのです。
3なぜカリプソは大量の蟹になってしまったのですか?
 ・異教徒の女神である彼女は様々な姿になる事が出来ます。
  海賊たちが蟹を彼女のシンボルとしていたため、その姿を選んだのでしょう。
4ウィルの父親が死を逃れ、息子と供に航海を続けられるのならば、なぜ
 エリザベスはフライング・ダッチマン号でウィルに会えないのですか?
 ・ウィルの父親を含むフライング・ダッチマン号の船員たちは、生死の間をさまよって
  いるので、生きているというわけではありません。エリザベスは船に定められた運命の
  旅を生き抜くことはできず、よって船員と共に航海することも出来ないのです。
5ウィルはいつどのようにして死から蘇ったのですか?
 ・フライング・ダッチマン号には船長が必要です。デイヴィ・ジョーンズの心臓を刺した
  ウィルは。彼の後を継いで船長となりました。フライング・ダッチマン号の船員が、
  ウィルの心臓を切り取り、デイヴィ・ジョーンズが大渦巻きに飲み込まれたので、
  ウィルは甦りました。

6 :名無シネマ@上映中:2008/01/11(金) 11:46:48 ID:jIbyF2+C
6バルボッサはキャプテン・ジャックの最初の相棒でしたが、どうやって海賊の長になったのですか?
 ・その昔、カスピ海の海賊長が、持っていた8枚の銀貨の1枚をバルボッサに譲ったのです。
  この話についてはまだ語られていません。
7ティア・ダルマがバルボッサを死から甦らせたのは、彼が海賊長だからですか?
 ・その通りです。ティア・ダルマ/カリプソは自分を人間の体から解き放つために、
  海賊長を全員揃えて評議会を招集する必要があったのです。そのためにカリプソは
  バルボッサを甦らせ、デイヴィ・ジョーンズ・ロッカー(海の墓場)に捕らわれている
  ジャック・スパロウを奪還し、評議会の招集を試みるのです。
8人間の体から解き放たれた時に、カリプソは何と叫んでいるのですか?
 ・彼女の母国語で、海賊に対する侮辱的な言葉を叫んでいます。
9牢屋の番犬はどうやってペレゴストス島から脱出したのですか?
 ・ウミガメのの背中に毛むくじゃらの体を乗せて海を渡りました。

7 :名無シネマ@上映中:2008/01/11(金) 11:48:16 ID:jIbyF2+C
FAQ(ワールド・エンド)
(注意:公式の設定だけではなく、スレ内での解釈も入っています。あくまで一例として読んでください。)

・冒頭の少年って、エンドロール後の少年と同じ子なのでは?
違います。冒頭~エンディングまで、時系列で並んでいます。 それぞれ違う役者が演じています。
単純にベケットがデイヴィ・ジョーンズという力を得て 女子供でも容赦なく殺すぞという
恐怖政治の始まりを表してるだけかと。

・銀貨とはなんだ?
9人の海賊長だけが持つ銀貨(ピースオブエイト)ということでしたが、実際は銀貨ではありませんでした。
ベケットと観客には銀貨がキーポイントだと思わせたミスリードでした。普通に流通しているコインで
その為冒頭の絞首刑台の少年も持っていました。
海賊長たちの取り決めでは当初は本当にあの銀貨だったのですが皆集まってみたら貧乏で
誰も銀貨を持っていませんでした。その為本人の持ち物を銀貨の代わりにしました。
「ポケットの中のガラクタ」では体裁が悪いのでそのまま「銀貨」(ピースオブエイト)と呼んでいるようです。

・冒頭のシーンで歌われている「召集の歌」について
歌が歌われるということは評議会が集まるサインで、海賊あるいは一部民間の間ではボピュラーな事項であり
ベケットもその点は調査済だったようです。

・ラゲッティって、ティア・ダルマを開放する正しい呪文を何で知っていたの?
バルボッサの言い方は恋人にやさしく囁くようにとは言いがたいものでした。
その為ラゲッティが言い直しをしただけです。
バルボッサのファーストネームが「ヘクター」(いじめっ子、怒鳴り散らす人)だという背景もあるかと。

・ラゲッティって昔は船長だったの?
ラゲッティは以前、英国海軍に強制徴募されましたが労働条件の厳しさなどから1年で逃げ出し
海賊になりました。その後の経緯はわかっていませんが反乱時のブラックパールには乗り込んでいました。
ピンテルも同じような経歴を持ちブラックパールで偶然出会いました。
ラゲッティの義眼はバルボッサの「銀貨」である為サイズも合わないのにずっと持ち続けていました。

8 :名無シネマ@上映中:2008/01/11(金) 11:50:36 ID:jIbyF2+C
・船をひっくり返す意味がわからない
DJの墓場から現世に戻ることが出来る唯一の方法です。サオ・フェンから借りた海図を見て
「上が下」の謎をジャックが解明しました。

・エンドロール後にはなにがあったの?
10年後の話。DJ墓場の番人となりフライング・ダッチマン号に乗ったウィルが
「10年に1度だけ陸に上がれる日」にエリザベス(とその子)に会いに来たシーン。
「さまよえるオランダ人」という、DJの元ネタ?となった、外国ではポピュラーなストーリーにより、
呪いがとけ、死者送りの仕事からも解放され家族で自由に暮らせるようになるウィル復活説が
脚本家サイドから出ていましたが公式発表参照のこと

・次回作4ってあるの?
またキャストが集結するには、最低でも5年後になるとの公式発表。 制作自体はまだ未定。その後、
ある筋から4はゴア監督続投でジャックとバルボッサのスピンオフ作品になるとの情報有り。

・クラーケンは何で死んだの?
東インド貿易会社が、デイヴィー一味の制圧の一環として、デイヴィーに殺すよう命じました。
(デイヴィー・ジョーンズは、心臓が相手の手中にあるため、全て言いなりに動いています)

9 :名無シネマ@上映中:2008/01/11(金) 11:51:27 ID:jIbyF2+C
【キャラクターの行動目的】
ウィル  →   エリザベスと自分の死刑判決の取り消し、ウィル父の ダッチマン号からの解放
ベケット卿→   海賊と海底の悪霊、クラーケンなどの超自然界の生き物を一掃し
          東インド貿易会社で世界の海の制圧を狙う
ジャック →   タコ船長との血の契約の解消 現世では一生誰にも縛られない自由、さらに不死への憧れ
          そのためにはダッチマン号の船長になることもいとわない
バルボッサ→  カリプソの呪いを解かないと、またあの世に送り返されるので必死(ティアダルマとの契約)
          ついでにカリプソに恩を売って、自分たちを守ってもらおうと期待
ティアダルマ→ カリプソに戻りたい
DJ    →   心臓を取り戻し、また海の支配者になりたい
          後半はカリプソとの愛も取り戻したい(ように見えた)
エリザベス → ジャックを殺したことへの後悔
          ウィルや自分を死刑判決にし、結婚を邪魔され、父を殺し、海賊に関わったというだけで
          一般人、子供まで容赦なく殺して恐怖による支配を狙う、ベケットへの憎悪と復讐心
サオ   →   「今や海賊が生き残るには、他の海賊を裏切るしかない」
          「 どうせかなわないのなら、勝ち組のほうについた方がまし」(実際のセリフ)
          この考えでベケット側についていたが、途中からボッサについて
          評議会に向かう(ホレたエリザベスをカリプソと勘違いしバルボッサもそう仕向けた)


関連記事

  1. 2008/05/21(水) 05:10:29|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ターミネーター2 | ホーム | ファンタスティック・フォー:銀河の危機>>

コメント

1 ■パイレーツ・オブ・カリビアン

いつもペタありがとうございます(^-^)…パイレーツオブカリビアンは大好きなので2chの方達の様々な意見をいつも以上に「私は…私なら…」って思ったりしながら興味深く読ませていただきました!面白かったです♪
  1. URL |
  2. 2008/05/22(木) 17:22:33 |
  3. てくてくあるく #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■こんばんは

こちらこそいつもありがとうございます。大ヒットした作品ですけど、2ちゃんねるでの評価は思いのほか厳しいものだったので驚きました。(@_@)
実は自分もこの作品はかなり長く感じてしまったんですよねぇ…ヽ(;´ω`)ノ
  1. URL |
  2. 2008/05/22(木) 22:14:50 |
  3. 江戸川長治 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/56-33b2a61a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR