FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

殺人の追憶

昨年度韓国No.1ヒット『殺人の追憶』やっと公開
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1077859784/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:04/02/27 14:29 ID:qtDAVSun
昨年の東京映画祭一番の話題作!
『殺人の追憶』
スレないみたいなので立てまつ


12 :名無シネマ@上映中:04/02/28 14:17 ID:cCbP8L2N
不気味で、なおかつ笑える。
そして、とてもシリアス。
演出が上手いんだね。
監督賞ものだよ。

45 :名無シネマ@上映中:04/03/05 03:12 ID:88ginc1C
とりあえず、悪い映画じゃないと思う。オープニングの画作りとか
グッときた。これは、ほんとに傑作なんじゃないかって。
でも、ソン・ガンボ演じる刑事は、ほんとにアホだし、その相棒の刑事も
アホ過ぎ。そのせいで、途中ダレる。事件解決に動き回るのは、ソウル
からきた刑事だけだし。

50 :名無シネマ@上映中:04/03/07 18:41 ID:pWLaXrT9
田舎もんでロクに捜査方法も知識もない「おまわりさん」とソウルからやってきた「敏腕刑事」との差を見せるためなんだからしょうがないわな。
ソン・ガンホがアホに見えても。というかそこも監督が見せたかったストーリーの一部だしな。

67 :名無シネマ@上映中:04/03/12 00:27 ID:rD44YEzh
今日試写で観て来たが、まいった。凄え面白いじゃねえか。

こういう実話ベースの映画ってのは、事件の顛末があらかじめ
分かってるだけに、観客の興味を引き付ける捻り技の手腕に
成否がかかってると思うんだが、その点でこの映画はお見事。
ラスト30分は本当に鳥肌が立ったよ、感動と戦慄で。
俺は特別、嫌韓でも無ければマンセーでも無いんだが、少なくとも
脚本の完成度って点で言えば、同じ実話ベースの「シービスケット」なんぞより
遥かに出来が良いと思ったよ。
まあ、映画にアクションと血しぶきしか期待してない様なアホには勧めないが、
全編に散りばめられた伏線が次々と機能していく展開に
楽しみを見出せる類の人なら、この映画は本当に悶絶する位楽しめると思う。

事実、俺は悶絶したよ、観終わった後。

93 :名無シネマ@上映中:04/03/16 08:03 ID:C1cJxm6r
どこからどう見てもイモニーチャンであるソン・ガンホが、なぜ何本も主役を張れる
映画スターなのか、この映画を見て分かったような気が・・・

2ちゃんねる映画ブログ

あの役、下手したら観客の嫌悪感と不快感をひたすら募り、
終始イライラさせられるハメになりかねないところが、
ソン・ガンホのパーソナリティーと演技のおかげで、
頭が悪いなりに この人物も職務に対してこいつなりに一生懸命なのだ、という一点において
許せてしまう。

それゆえに、あのラストシーンの見事さも際立っていると思う

94 :名無シネマ@上映中:04/03/17 00:51 ID:NZn4wEx2
アニキ系の、いい役者だよね>ガンちゃん

103 :名無シネマ@上映中:04/03/17 22:32 ID:MOK+QsGf
シナリオの中には実際にこの事件であった多くのエピソードが盛り込まれている。
側溝遺棄、桃、迷信に捉われる警察、無毛、かみそりなど。

しかし、DNA鑑定の依頼先がアメリカだったのはなぜ?
実際には日本で鑑定されたのに。

104 :名無シネマ@上映中:04/03/17 23:01 ID:6VvRIrHt
>>103
>DNA鑑定の依頼先がアメリカだったのはなぜ?
>実際には日本で鑑定されたのに

自国の犯罪の解決においても、アメリカの恩恵を受けなくてはいけなかった
現在でも軍事においては同様のままの韓国の実情の比喩、
などとどこかの評論家が書いてた気がする。
個人的には単にサスペンスを盛り上げる為の戦略的な変更だと思うが。
距離と時間が長い方が、話のじれったさとラストの盛り上がりが
より持続するからね。

105 :名無シネマ@上映中:04/03/17 23:06 ID:5OOE9qMw
自国で出来ないDNA鑑定を日本に依頼したなんて
恥ずかしい事実を映画にだしたくないからでしょー。

155 :名無シネマ@上映中:04/03/27 15:04 ID:3+EhZ1XP
本日、観てきました。 
低予算でCG使わなくても結構、面白い映画撮れるんだなって感じ。
ところでDNA鑑定してシロだったんだけど犯人は誰? 

156 :名無シネマ@上映中:04/03/27 15:54 ID:BRFw6Hd1
いやだから未解決事件の映画化なんだって!

166 :名無シネマ@上映中:04/03/28 00:51 ID:nyQtRW77
観てきました。
たいしたことないです。
連続強姦殺人犯(強姦シーン他〈例えばガンちゃんの騎乗位セックルシーン〉では乳首露出無し。)を検挙できない刑事の悪戦苦闘を描いているだけの映画。
つまらない映画です。
ただ誰かも言ってたけど、約20年前の韓国を知るにはよい教材だと思います。
空襲警報の演習
ガンちゃんが一本指で打つタイプライター(20年前の日本はワープロ全盛)
ゲームセンター?にあったあの懐かしいテレビゲーム「ハイパーオリムピック」
韓国を嘲笑するにはいい作品かと

281 :名無シネマ@上映中:04/04/01 18:36 ID:GO56IAVx
>>166
ハイパーオリンピックの鉄定規は、良かったですな
同じ事してたし。
でも、ゲーセンの筐体が新しすぎ、あの次代は、平台か縦置きだよ・・・

167 :名無シネマ@上映中:04/03/28 01:25 ID:MtO6j55l
未解決事件を扱った映画だけあって、結果が無い分スッキリしない感じ

169 :名無シネマ@上映中:04/03/28 02:50 ID:Q1jvXJfN
地味で暗くて硬派。ギャグを小さじ一杯。
一部で騒がれているほどではないにせよ、かなりよかった。
物語的な面白さは皆無なので、ツボにはまらない人には何が面白いんだか
さっぱりわからないんじゃないだろうか。
とりあえず火病キック、名古屋撃ち、それナイスじゃないか、にはワラタ。
ギャグの割合をもっと増やせば、もう少し口当たりのいい映画になったのに。
こんな一般受けしなさそうな映画が観客動員数一位ってホントなのか?

170 :名無シネマ@上映中:04/03/28 04:23 ID:M/5rXYRk
奥さん巨乳でした

176 :板橋上等兵:04/03/28 13:23 ID:rz98D3QQ
今渋谷で見ました。上質のサスペンスです。
雨の使い方と、韓国の田舎の描写がうまいです。
ソン・ガンホが好きなので知識を要れずに見たのですが、作品を全体に緊張感のあるし
笑いもアリで見て損の無いできです。
それにしても、韓国人は喧嘩の時にドロップキックを連発するのが習慣なのかな?

2ちゃんねる映画ブログ

183 :名無シネマ@上映中:04/03/28 16:03 ID:FZRmxNAf
この映画は世界一の強姦大国韓国を紹介する映画だな。

下着フェチのシコシコシーンにはまいった。

224 :名無シネマ@上映中:04/03/30 21:01 ID:I9JVSNyI
オナニストを拷問する警察は許せんな。

227 :名無シネマ@上映中:04/03/30 21:57 ID:UbUzcBnk
何か、場面の繋ぎ方がエグかった。
腐乱死体の後いきなり焼肉とか。
これってワザとやってるんだよね?

228 :名無シネマ@上映中:04/03/30 22:31 ID:0FmexHCH
 >>227
あれは刑事達の無神経さ、もしくはある意味のタフさの象徴ではないかと。
しかしあちらの映画は死体を容赦なく出すなあ。JSAでもリアルでびびった。

219 :名無シネマ@上映中:04/03/30 06:43 ID:yhzYWK2R
「ほえる犬はかまない」でも思ったが走って追いかけるシーンのカメラワークが
素晴らすい!なんかこだわりを感じる。
そしてこの監督は地下室みたいなとこが好きなのか?
それとも韓国にはああいうつくりの建物が多いの?
若い暴力刑事が最後にああいう目に遭うのはそれまでの拷問への報いってことなのか?
それと頭の弱い容疑者の台詞「あの人が俺をかまどの中に」の意味が気になる。
犯人とあの容疑者は幼馴染で昔いじめられたとかそういうことか?

230 :名無シネマ@上映中:04/03/30 22:55 ID:kAJ87L/M
>>219
禿同!!切断したのが靴カバーしてた右足だもんな。

232 :名無シネマ@上映中:04/03/30 23:17 ID:7ENzDgdR
>>219
>若い暴力刑事が最後にああいう目に遭うのは

うん、そうなんでしょう。デカ三者三様、それぞれつぶされていく、と。
若い刑事の暴走からやけ酒で乱闘、そしてあの列車のシーンと、
つながりがまたうまいよね。
ところで途中から指揮をとった課長?って日本の俳優の誰かに似てね?

>>227
焼肉、わざとだね。さすがに肉はもういいですなんて言ったりしてて、
それがまた客の心を代弁しているようで笑えた。

234 :名無シネマ@上映中:04/03/30 23:19 ID:nYZDxJVO
>ところで途中から指揮をとった課長?って日本の俳優の誰かに似てね?

鶴田浩二と松方弘樹の中間だと思った。

236 :名無シネマ@上映中:04/03/30 23:41 ID:36nP1V8T
>>232
橋本龍太郎に似ているとずっと思っていたがw

238 :名無シネマ@上映中:04/03/31 00:07 ID:+TXiUpGo
ソ刑事あやしくね?

2ちゃんねる映画ブログ

247 :名無シネマ@上映中:04/03/31 06:35 ID:WsHAC436
>>238
正直、一瞬写る犯人の顔がソ刑事に見えた。
僕も「ん?「エンジェル・ハートか?」と思ったけど、
その後の展開で、どうもそうではないみたいと
思ったけど、韓国版DVDをお持ちの方、真犯人の
顔を確認して下さい。

248 :名無シネマ@上映中 :04/03/31 08:15 ID:zAwSLtYG
韓国版DVDもってますが、真犯人の顔はわからないです。
犯人を特定するような、そういうつくりになってないから。  

285 :名無シネマ@上映中:04/04/01 21:46 ID:VXl8lg5R
予想と違って、脚本にあまり緻密さは感じなかったな。
容疑者へ至る道があっさりと言おうか直結しすぎてると言うか。
大して労力使ってないじゃんって感じ。
だから、刑事の無念さがイマイチ伝わってこなかった。
あの最後の容疑者もあたかも苦労してやっとたどり着いたのみたいな
演出してるけど、リクエストのはがき以外の関連性が全然出て来ないし
調べてる感じもなかったしなあ。

反対にカメラワークや絵作り、音楽やその使い方はかなり良かった。
エピローグや最後ソ・ガンホのアップでの終わり方もいいね。

306 :名無シネマ@上映中:04/04/02 03:27 ID:ab0dCQY7
チラッとでいいからヨングのその後も描いて欲しかったなって気はする。
碌な未来は送れてないと思うけど。

310 :名無シネマ@上映中:04/04/02 12:20 ID:eD+nAkJA
この映画で起こる事件って物凄く単純だから、なんでこんな
事件解決できないのかと不思議に思って事件の経緯について書かれている本を
読んだんだけど、案の定、この事件ってもっと複雑なんだよね。
10件のレイプ殺人の内、いくつかは模倣犯の仕業だって。

331 :名無シネマ@上映中:04/04/03 04:00 ID:vOaHvE88
魅力的な映画でした。
ただ、あそこまでネタ振りをしておいて結局犯人ではありませんでしたと
いわれても納得がいかないのですが・・・。
ラジオのリクエスト、柔らかい手、目撃者が写真を見たときの反応、
尾行を逃れた直後の事件発生、それらがDNA鑑定で一気に覆されたのは
消化不良でした。未解決事件なのでオチは予想していたのですが。
専門ではないのですが、DNA鑑定でシロだったら絶対シロなのですか?
「シロの可能性が高い」程度の扱いとかじゃないんでしょうか?

339 :名無シネマ@上映中:04/04/03 12:35 ID:avUI4nJP
>331
それは誰もがそう思うわけで……逆に言うと
あの容疑者はDNA以外は
カンペキにシロだと晴れたわけではない
(というか、そういう具合には描かれていない)
だからこの映画、ものすごく引きずる……

332 :名無シネマ@上映中:04/04/03 07:13 ID:6b50i1JI
正直ツマランかった。
刑事が無茶苦茶でアフォすぎ。
カルみたいな猟奇的なものを想像してたけど、全然そんな感じじゃなかった。
これはやっぱり軍事政権下の韓国社会を皮肉るのが主眼じゃないの?
て言ってもそんなの興味ないし。
よかったのはラストくらいだな。

関係ないけどあのトンネルのシーンは「バニシング」を思い出した。

333 :名無シネマ@上映中:04/04/03 09:16 ID:Q5zsdRJ2
韓国で大ヒットしたというから娯楽的なサスペンスかと思ったら、奇妙な映画だった。面白かったけど。
サスペンスを基本にしつつも社会批評の要素が強かったり、ブラックな笑いがあるところなんかコーエン兄弟の「ファーゴ」に近い感触だと思った。

336 :名無シネマ@上映中:04/04/03 11:30 ID:W3ZTEyXF
最後の現在のシーンでふとっちょ刑事が子供から犯人の人相を聞いて
そうだったのか見たいな顔をするんだけどどういうことなの?

337 :名無シネマ@上映中:04/04/03 11:41 ID:/gOI4JFP
>>336
フツーの顔した男がフツーにこの世界に溶け込んで、今もフツーに生活している
って事に、耐えがたい思いがこみ上げてきたんだと思う。
「そうだったのか」みたいな何かに合点がいった顔ではなかったよ。

338 :名無シネマ@上映中:04/04/03 12:20 ID:W3ZTEyXF
>>337
ありがと、そうゆう事でしたか。
私はてっきり刑事を辞めて得た平凡で幸せな家庭を捨てて
ハンサム刑事の無念を晴らすため復職して犯人をまた追おおか
苦悩してるのかと思った。

346 :名無シネマ@上映中:04/04/03 19:12 ID:6C9kVw8I
>>336
> 最後の現在のシーンでふとっちょ刑事が子供から犯人の人相を聞いて
> そうだったのか見たいな顔をするんだけどどういうことなの?

俺の解釈は、一番クサかったあいつはやっぱ無実だったか…。
と思ったのだと。

どんな顔だった?と二度聞いて、二度とも「ふつうのかお」って言ってたけど
あいつの顔を「普通の顔」とは表現しないだろう。
「きれいなかお」とか「女の人みたいなかお」って言いそうだ。

みんなの解釈もきいてみたい。

347 :名無シネマ@上映中:04/04/03 19:22 ID:I4ll+jub
>>346
いや、もう彼も中年になってるでしょ?たぶん。

348 :名無シネマ@上映中:04/04/03 19:33 ID:yYSVQlrk
>>346
最後の刑事のアップの意味は
「凶悪な犯罪を犯した奴が今も普通の顔をして
普通に生活しているのだ」と言う恐怖を表した表情だと思う。

343 :名無シネマ@上映中:04/04/03 15:04 ID:8Q+B3eAF
ラジオのリクエスト葉書の部分は
創作なんだってね。

344 :名無シネマ@上映中:04/04/03 15:21 ID:rxazKSLk
ファーストとラストの
真っ青な空の下、黄金色の稲穂の海で出会う無垢な子供たちの世界と
無惨な死体、それに少女が語る真犯人の面影との対比は
「甘い生活」のラストシーン(無垢な少女と、得体のしれない魚の死体の出現に戸惑うマルチェロ)
あたりからインスパイアされたのかな?
でも、「甘い生活」のような安易なシンボリズムで客を煙に巻くことをしてない分
より不気味にして懐かしい、という複雑な味わいを残すことに成功してると思うな。

351 :名無シネマ@上映中:04/04/03 23:49 ID:4FPMAWPw
単独犯だと決め付けてる時点でアホ

352 :名無シネマ@上映中:04/04/04 00:06 ID:mP+xKtKP
そう言えば、模倣犯がいるんじゃないかっていう疑いをもつシーンは
まるでなかったね

355 :名無シネマ@上映中:04/04/04 03:45 ID:/k6AOk47
警察の無能さと同じくらい村人の危機感の無さにもあきれた。

>>352
模倣犯もそうだが、女を抱えて400メートル(だっけ)も移動したりしてるんだから、
複数犯である可能性も考慮すべきだと思うが。

356 :名無シネマ@上映中:04/04/04 04:12 ID:tNBo8Btl
この映画、ミステリーとしてもどうかと思うよ。
序盤に起きた事件は雨の日に赤い服を着た女が襲われるという法則が
あるけど、後の方で起きた事件は赤い服も着てないし、最後に襲われた
女学生の時は、雨降ってなかったよね?
法則が変わってるのに全然そこらへん言及してないし。
あと、レイプ事件なのに犯人の陰毛が残ってないってどういうこと?
これって、かなり特殊なことだよ。
ソン・ガンホが無毛症って言って、銭湯で観察してるところも俺はギャグ
とは受け取れなくて、そういう捜査も全然ありだと思った。
だから、最後の容疑者が捕まったときも手を調べるよりも何で陰毛を調べないのか
と不思議に思ったし。
見終わった後も、事件に関する情報量が少なくて、伏線や手がかりが放置
されてて消化不良の感じがした。

359 :名無シネマ@上映中:04/04/04 10:55 ID:31g4GsYk
>>356
>序盤に起きた事件は雨の日に赤い服を着た女が襲われるという法則が
あるけど、後の方で起きた事件は赤い服も着てないし、最後に襲われた
女学生の時は、雨降ってなかったよね?

たしかに私もそこが変だと思ったのだが、警察が赤い服を着て捜査しているのを
見て犯人が方針を変えたのではないか?
ミステリー小説なら法則通りに展開するわけだけど、現実には犯人が途中で
考えを変えて赤い服にこだわらなくなるということもあり得るということを
描いているのではないだろうか。

362 :名無シネマ@上映中:04/04/04 11:23 ID:cNjY5IYX
>>356
どこまで脚色してるか知らないけど原則的にノンフィクション。

最後の事件はデブ刑事の愛人が狙われていた(確か赤い物を身につけていた)んだけど
道で女学生とすれ違うことで運命が変わった。
ホントはデブ刑事が愛人を殺されて失望感を味わうことになるはずだったけど
それが運命の悪戯で反目してた刑事の方に災いがふりかかる。
お互いはそのことは知らないけどコレをきっかけにふたりの刑事の絆が深まる
って演出だろ。

360 :名無シネマ@上映中:04/04/04 11:00 ID:31g4GsYk
>>356
>レイプ事件なのに犯人の陰毛が残ってない

あとこの点は、犯人が女性のような手ということをあわせて考えると、
もしかしたら犯人は男ではなく女かもしれないということも考えられるのでは
ないかと思うんだけど。
そうした疑いは全然、なかったのだろうか。

361 :名無シネマ@上映中:04/04/04 11:15 ID:nxpa4926
>>360
元担当刑事の本読んだけど、そういう発想は全くない。文化かもしれない。

訳者があとがきで指摘してた。女じゃないかって。

365 :名無シネマ@上映中:04/04/04 14:26 ID:1fmNaXC8
女が犯人だったら、
被害者を何百メートルも引きずる事は、出来ないんじゃないのかな?
雨で、足場もかなり悪いし。
スニーカーの足跡も大きかったと思う。

デブ刑事が言ってた、
下の毛を剃った坊主の犯行って、結構イイ線だと思ったんだけど。
韓国の坊主事情が、良くわからない。
やはり簡単には事情聴取なんて出来ないんだろうな。

379 :にたり犬:04/04/05 02:48 ID:o4RlzHEz
この前観たがたいへん面白かった。

DNA鑑定の件、真相はどうなのか?というところが気になるが、まあ、
未解決事件という話の都合上の流れということもあるのだろう。

ラストのソン・ガンホ(?)の表情がいいと思うね。
自分の解釈はこう解釈したけど。

刑事を辞めて、サラリーマンになり、ふと思い立って、事件現場に
戻ってみる。未解決事件に対する心残りが懐かしさとともに思い出される
が、そこへ、少女があらわれ、まだ犯人が生きていること、そして、今でも
犯行現場で犯人は「追憶」にふけり、「普通」の人間として、社会のなかで
のうのうと暮らしていることを思い知らされる。まだ事件は終わっていないと
いう気づきとともに、犯人を取り逃がした悔しさを、再び感じる。

390 :名無シネマ@上映中:04/04/05 16:30 ID:LQn5qEhB
この映画ってサイコサスペンスじゃなくて80年代の警察の無能さを冷笑した社会風刺映画だと思った。
ラストのソンガンホのアップだけど、それまで精神薄弱者や変態などを容疑者と見ていた。
しかし、犯人は普通の人。今までいかに偏見や差別意識で捜査していたかを認識し呆然としたんじゃないかな。
トップシーンの『この映画は実話を元に・・・』のテロップは、こんな事件がありました。とこんな警察でしたと言う皮肉と取るのは考え過ぎ?

381 :名無シネマ@上映中:04/04/05 10:53 ID:1kjJA86B
しかし誤認逮捕したうえ、拷問まがいの尋問をした奴
の家へ平然と飯を食いにいく刑事の神経はおかしくないか?
店主のオヤジも「肉の追加はいかがですか?」なんてペコペコ
応対してるが..

382 :名無シネマ@上映中:04/04/05 11:36 ID:43zNdlPa
>>381 あの焼肉店は単に行きつけだったんじゃないかな?
    申し訳程度の謝罪(新しい靴)もする必要あったし。
    都市部ではともかく、あの村では何されても警察に逆らうって
    のはまだタブーに近いモノだったんだと思うよ。

385 :381:04/04/05 13:02 ID:1kjJA86B
>>382
確かに設定上はそんな感じだったんだろうな。
しかし、いくら何でも実際はああはいかんと思う。

520 :名無シネマ@上映中:04/04/13 00:32 ID:8D8vS4EA
犯人はパクでそ?
ただ証拠不十分なために逮捕できなかったんではなくて?
小説読んだけど、いかにも「犯人はパクです」って流れだったけど。

2ちゃんねる映画ブログ

524 :名無シネマ@上映中:04/04/13 22:54 ID:QVWbRM5v
>>520
パク・ヘイルは撮影中、あまりに辛くなって
「僕は犯人なのか、違うのか教えてくれ」と監督に詰め寄ったらしい。
ポン氏いわく
「演じる上でのアドバイスはしたが、答えは自分にも無い」。

でも、あの容疑者、「自分はやっていない」じゃなくて
「自分は(拷問されようと)絶対負けない」なんて、
めっちゃ挑発的だったね。

525 :名無シネマ@上映中:04/04/13 23:00 ID:P9QvuPBM
警察辞めて浄水器販売に転職?して豊かな生活
なんか萎えた


関連記事

  1. 2009/02/19(木) 07:25:50|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<母べえ | ホーム | 地球が静止する日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/554-e2257578
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR