FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

椿山課長の七日間

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1150046210/
2ちゃんねる映画ブログ

281 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/01(水) 17:50:53 ID:/7Fo5n93
原作好きでまた読み出したんだけど、映画だと年齢設定
ずいぶん変えてあるんだね。新聞連載時と映画では見る人の年齢が
異なるからしょうがないかもしれないけど…

試写会見た限りではちょっと違和感があったなぁ。。


282 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/01(水) 22:26:01 ID:fMeo+4YH
原作未読
試写会行ってきました
主催が日本経済新聞のせいか?
観客の8割は高齢者だって

西田敏行で笑い取ってる感じ
心配してた伊東美咲の演技は
所々気になった個所はあったけど
前半は面白かったんで我慢できた
後半のシリアスな場面では
泣く人がチラホラ
ここで大根演技炸裂
長台詞が無い分
下手さはそけほど目立たなかったが
周りが上手かっただけに勿体無い

成宮寛貴が上手かった
ヤクザの親分が変身って事で
凄むシーンや、啖呵切る所
ナヨナヨしたイメージだったけど
こう言う役も出来るんだと発見

他の役者陣も素晴らしかった
ストーリーも簡潔だし
笑いと涙で、高齢者にも受ける
観て損は無いと思いました

340 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/11(土) 02:06:31 ID:feOI+B3x
観て来ました。面白かったよ!笑って泣けた。出演者はみんなよかった。
特に小金治さんと成宮くんがよかった。成宮くんは役得か。
スガケンは伊東美咲に抱き締められてさぞ至福の時であったろう。
伊東美咲はまあこんなもんでしょ。
中身がオヤジだと感じさせない演技してましたwww

2ちゃんねる映画ブログ

341 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/11(土) 02:45:10 ID:+lpsGKat
中身がオヤジだと感じさせる演技でないとマズいんだけどなwww

389 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/15(水) 01:42:04 ID:5fpht/Cj
「中の人は西田」ってお約束のもと、、
伊東美咲を徹底的にお人形として扱う演出が成功してたね
「実はこの中身は西田」と置き換えながら見るのに忙しくて
大根演技を気にする暇がない

しかし西田って実質20分も出てないんじゃね?
これで主演ってのもおいしい話だよな

342 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/11(土) 03:06:32 ID:DdSIATWx
yahooで観た。
全く期待してなかったのだが、コメディタッチで飽きさせず、
ラストは泣けた。
話題の志田も切ない役どころをこなしていて、
よかったのではないかな。
ヲタも満足するんじゃないの。

372 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/13(月) 19:52:40 ID:zTJT0UgU
ヤクザの親分が天国に行くのはおかしくないか?
いくら子分想いのいい親分でも一般の人に散々迷惑かけてたんだから
原作どおりに地獄行きのほうが良かったと思う。

395 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/15(水) 09:24:01 ID:LhxQooaK
和久井映見のマヤが良かった

397 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/15(水) 09:55:18 ID:f2Ax2FZq
>>395
ほとんどベンザのCMだったけどなw
でも和久井のおかげで一気にあの世界に引き込まれた。
あそこは西田だけじゃ厳しかったかも。

432 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/18(土) 10:15:48 ID:g9Cl0Rhp
嫁の浮気相手が仲が良かった部下
子供は浮気相手の子

こういうところで笑いを取ろうってのはどうなんだか。
情を感じさせるつくりになってないので深みがなく
釣り馬鹿と大差ないコメディで終わってしまってる。

436 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/18(土) 15:06:30 ID:Lxgpvult
個人的には
蓮子抱きしめられるシーン>椿山の同僚の女の人と飲むシーン>ヤクザの消えるところ
かな。泣けたのは。

460 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/19(日) 17:15:33 ID:Giy2fa9B

2ちゃんねる映画ブログ

市毛と志田のシーンで目から汗が出ましたよ。 笑って泣けて良い映画でした。
カップルで見ても問題ないと思いますが、場合によってはコワーイ事になりますよ

464 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/19(日) 18:11:30 ID:HXUo090F
市毛と志田のシーン
最高によかった
手紙で泣けなかったのに
このシーンでは涙が出た

470 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/19(日) 20:11:16 ID:9bbQ+wQU
>>464
あのシーンはまったく説明ないけど、よかった。その点、男親はダメだね~。

462 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/19(日) 17:59:44 ID:IKNM7YH1
あまり期待せずに観に行ったが、結構、良かった
全体的にはコミカルな作りだが、後半は泣けた・・・
映画見て泣いたのは久しぶりだ
宣伝もあまり無く何となく地味目だが、脚本、キャスティング共、良かった!
意外だったのは(失礼)伊東美咲が好演している事
TVドラマではイマイチだがこの映画では感情移入できた
特に美咲の微妙な表情は他には無い味わいがある。この人は映画向きかも・・・
あとエルメスの清楚なイメージが強い美咲だが、この映画では、がに股で歩いたり
男言葉で話したりある意味、予想外でエルメスとのギャップは面白かった
伊東美咲の意外な一面を見た気がする。
他は主人公の西田敏行、ヤクザの息子役の成宮、天使役の和久井映見、
子役の志田未来、ヤクザの親分役の国村も役にハマっていて作品としては無駄が
無く、非常にソツの無い仕上がりだと思う。あと西田の父親役の桂小金冶も
いい味出していた。最近の邦画の中では良く出来た映画だと思う。
大阪梅田のピカデリーで見たが、結構、客も入っていた。

468 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/19(日) 19:17:54 ID:fMdHXCJI
今日観てきた。所々、眠くなる場面もあったが全体的にはいい映画だと思った。しかし渡辺典子もおばさんになったなぁ…

469 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/19(日) 20:07:43 ID:PCT0OPNg
渡辺典子って角川映画の看板娘だった渡辺典子だよね?

薬師丸さんとおなじく、もうお母さん女優なんだね。

483 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/20(月) 01:34:56 ID:WKF/bgre
今日、見て来たが、予想外に客が多くてビクーリした
この映画、キャスティングが非常にシブイ!其々良い味出してるし全く違和感無かった。
特に老人役の桂小金冶、ヤクザ役の国村隼、喫茶店のマスター役の藤村俊二はイブシ銀で渋杉!
ヤクザの生まれ変わり役の成宮寛貴も中々カッコ良かった
西田敏行の生まれ変わり役の伊東美咲も役を演じきってたし、少し見直した
あと伊東美咲って意外と演技に幅があると思った
エルメス、アネキ、タイガー、逮捕、海猫、お水とキャラが被らない
案外器用な人なのかもしれない
志田未来も子役としては良かったが、サプリの子役とキャラが同じだった
他には西田の同僚の知子役の余貴美子も演技派で中々良かった。
和久井映見も良かったが上でも概出だが本当に、薬のCMっぽかったw
あとあまり語られていないが、バーゲン客役に山田花子がチョロっと出ている
ヤクザの嫁役の市毛良枝、西田の嫁役の渡辺典子も良かった
この映画はキャスティングと脚本が本当に良く出来ている。良い映画だ。

484 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/20(月) 05:27:20 ID:AGMfIR18
大根が代名詞の伊東が演技で褒められてるなんて奇跡をみているようだ。
東京国際の試写でおすぎに伊東が直接酷評されたときいていたから(おすぎ本人談)
どんだけ酷いんだろと思っていたが・・・今度観にいこう。

485 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/20(月) 05:57:00 ID:5g9LZ6OL
おすぎの言うことを真に受ける奴がいたとは……

487 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/20(月) 09:00:31 ID:1rIo/0ZV
確かに伊東美咲は海猫とかひどかったからね。
伊藤ははっきりとリアクションがわかる演技のほうがうまく見えるかもね。
微妙な感情の表現とかはまだ下手だし。
このドラマの伊東はリアクションが大きかったせいか、演技的にはそんなに
気にならなかった。

519 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/21(火) 18:47:12 ID:TvfZ4YlI
夫の部下とやりまくりの不倫妻がラストで幸せになるのもなぁ・・・
結局椿山は家族に愛されてなかったってことだな。
笑えるけどけどイヤな映画だね。

見て楽しいけど自分は友達には薦めたくないな。

523 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/21(火) 22:01:14 ID:yTfNAv/p
ラストのシーンで和久井と西田が握手してたけどあれ、西田のアドリブなのかなあ?

524 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/21(火) 22:38:54 ID:yv9cgbNB
ここの評判はいいみたいだな
原作でボロ泣きして、期待して見に行った俺はかなりがっかりしたんだが・・・
親父が全然活躍しなかったことが残念
あの世の連中にかけあい、それを部屋の外で聞く椿山のシーンとかもなかったし
期待し過ぎたかな

562 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/23(木) 14:27:42 ID:1XSJA/l0
原作既読者は映画を見に行かないことをお勧めする。
多分期待は裏切られる。
そして、映画を見に行く奴は、原作を読む前に行くことをお勧めする。
その方が素直に映画を楽しめる。

繰り返す。
原作→映画の順だと(´・ω・`)だから気を付けろ!!

576 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/23(木) 21:34:42 ID:JDNlaorw
>>562

原作→映画組です

まあ、確かに原作の方がより考えさせられたな。

特に椿山の父と陽介のくだりは、映画だとほとんどはしょられているが、
こここそ重大だったのにな

533 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/22(水) 13:46:08 ID:haePEWDU
和久井映見 35にはみえないなCG使ったのかな?

589 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/24(金) 01:14:41 ID:kTOvakUE
ベンザの「いい質問です」という表情を
仕事のプレゼンで見習おうと思った

2ちゃんねる映画ブログ

591 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/24(金) 08:40:11 ID:9t9iIb3E
>>589
ちょっとw。

612 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/24(金) 23:21:06 ID:FZ2JNeuj
ベンザの由来教えて!
髪型が便座みたいだからwww??

613 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/24(金) 23:37:20 ID:3Hiv3yW8
ベンザエース?のCMの話じゃね?

614 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/25(土) 00:14:05 ID:8EXNn7p0
なんで和久井がベンザと呼ばれてるかというと、
喋り方がかつてCMやってたベンザエースの喋りと似てるからなんだよ。

でもたしかにあの髪型自体も便座に似ている。

574 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/23(木) 20:55:04 ID:tfq3bvxU
椿山は最後に妻と島田を許したんだよね?

できた人間だなぁ・・・

575 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/23(木) 20:57:52 ID:dZJ+YG7p
蓮子の本当の親との再会を見たってのも大きいと思うよ
蓮子の親が蓮子に気づくシーンも原作より自然だし、個人的には映画の方がいいと思う

594 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/24(金) 13:52:54 ID:iSgcPUwU
東劇初回@客入り3割ほど

椿山一家の結末は後味悪いな、陽介が島田をあっさりお父さんと呼んだのが不気味。
蓮子と雄一は顔そっくりだね。そりゃ実母も感づくわ。

ところで、中陰に来るのは死後4日目のはずなのに、
最後に死んだばかりの椿山父と合流するのおかしくない?

595 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/24(金) 15:19:13 ID:+dL+ESuI
>>594
椿になって消えてまた4日かかるのかと思った。
椿山(椿)が消えたのと椿山父が亡くなったのは同じ日。

626 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/25(土) 08:55:37 ID:x4/MTLRY
昨日見てきた
まーひでぇ話だ
俺が椿山なら妻と不倫相手刺し殺しちゃうかもしれない
子供も不憫なので一緒に殺してあげるかもしれない
こんな流れの「もうひとつの椿山課長サスペンスバージョン」も見てみたい

640 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/25(土) 16:13:06 ID:TCa+OXud
消滅ボタンを先に押させておいて、
天国での生活の様子(家を持てるとか…)を後出し
するのは如何なモノかと…。

642 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/25(土) 18:50:08 ID:0/VUq+ro
>>640
いい質問です。
人の話は最後まで聞かなきゃいけないって事ですよー

646 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/25(土) 21:24:27 ID:YSJvoY44
小ギツネヘレンの監督で、地下鉄に乗っての作家の作品。

映画は両方糞だったから心配してたけど、これはいい映画だったな。

663 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/26(日) 09:21:19 ID:aIhBQ96o

2ちゃんねる映画ブログ

須賀健太&志田未来コンビは3年位前の映画「雨鱒の川」で
主役2人の子供時代(といっても話半分くらい出てる)を演じてる。
この頃はまだ志田の方が頭ひとつ分くらい大きかったんだけどね。
健太ももう成長期突入か

668 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/26(日) 20:12:08 ID:eMQM4WcU
>>663
あれ、須賀君だったの?志田は知っていたけど、
そうなんだ。あの映画があまりにも糞過ぎて内容とかもほとんど
覚えてないんだけど。
でも、あの映画に出てた玉木、綾瀬、志田、須賀四人とも
今人気がかなり上がってるね。

723 名前:名無シネマ@上映中 :2006/11/29(水) 22:22:33 ID:kaoFZTPW
エンディングのコブクロの曲は映画のイメージにピッタリだね。

746 名前:名無シネマ@上映中 :2006/12/02(土) 23:58:23 ID:jVtt2+dl
面白かったけどさ、感動的なシーン予告で5回以上見ちゃってるからさ・・・
予告編に美味しいシーン全部詰め込むて酷いよなぁ、
例えば市毛良枝が子供手放す理由とか、成宮が成仏するシーンとかさ。
まぁ、予告につられて見に行って、通りの作品なんで文句も言えないけどさw

いや、全体的には好感触の映画だけど、深く考えるとなんだかスッキリしない気も・・・
西田が息子の自分への感謝の言葉を聞いて感激するのはいいよ、
でもさ渡辺&沢村2人を赦し、それでめでたしってのもね・・・、
まぁ、これ以上のオチは求めるのは無理だろけどね・・・・


でもさぁ・・・嫁は報復結婚で自分の妻となって、その相手が手塩にかけた部下・・・
おまけに息子はそいつの子。
女房・部下と深い付き合いしていたと思い込んでたのは自分だけ・・・

深く考えると空しくなってくる・・・うん~、なっんかなぁ、
良し!もうこれ以上は考えないようにしようw


予告に和久井映見のシーンはあんまりなかったけど、
演技自体がベンザのCMとまんま変わんないんで予告以上に既視感アリw

747 名前:名無シネマ@上映中 :2006/12/03(日) 00:07:45 ID:0/R6IKrz
和久井はもうあの役名自体ベンザにすればよかったのに

751 名前:名無シネマ@上映中 :2006/12/03(日) 04:43:03 ID:FYt5sVZ9
笑えたり泣けたりで良かったんだけど、
椿山の妻と部下の関係、ついさっき椿山の事を思って泣いてた息子が
舌の根も乾かぬ内に部下を「お父さん」と呼んだ事にもやもやが残る。
この3人の大団円いらねぇ。

752 名前:名無シネマ@上映中 :2006/12/03(日) 06:33:50 ID:EL+B7luB
>>751
この辺りの展開は意見の分かれる所だな
椿山も最初は怒り心頭だったのに現実を知って諦めたのかな?
でも椿山も同僚の知子が好きだったからお互い様?なのかも?

763 名前:名無シネマ@上映中 :2006/12/03(日) 22:54:17 ID:U2FkN+/f
椿山が部下と妻の不倫を最終的に許したのは、自分が知らず知らずのうちに二人を引き裂いてしまってたのかもしれないと気づいたからだろ?
死んだ子の育ての親に対するフォローが全く無かったのはかわいそうだったな
「○○君はあなたたちのこといつも自慢してましたよ」みたいな台詞があるかと思った

764 名前:名無シネマ@上映中 :2006/12/04(月) 00:22:38 ID:gzRl7q2i
椿山は別に知ろうが知るまいが、引き裂いてはいないだろ。自虐的杉。
沢村は逆玉狙いで渡辺裏切り、
渡辺はあえて沢村の上司、と(「椿山さん信用できる人」とは言ってるけど)あてつけ結婚。

それを知った椿山はそりゃヘコむだろ。そりゃ伊東美咲も沢村ぶん殴るさw
沢村や渡辺がバカな行動起こさなければ、
普通に余貴美子と椿がゴールインしていた可能性も捨てきれないしな。

766 名前:名無シネマ@上映中 :2006/12/04(月) 09:08:38 ID:9d9rqt2z
伊東美咲のぶん殴りは良かったなぁ
あのシーン自分が見た会場では大爆笑だったよ

767 名前:名無シネマ@上映中 :2006/12/04(月) 09:19:40 ID:FB+2O/Xv
>>766
あの腹への一発は見事だった。
あれは相当慣れているなw

783 名前:名無シネマ@上映中 :2006/12/05(火) 09:37:44 ID:Kln9b5ai
最後、椿が意を決して、友子に会いに行こうと決心したときに流れる
音楽好きだな。そしてこの映画は伊東美咲の代表作になるかもしれないね。
少し見直した。伊藤美咲。

802 名前:名無シネマ@上映中 :2006/12/07(木) 00:49:53 ID:NVLowR5W
椿山課長って年いくつ?

808 名前:名無シネマ@上映中 :2006/12/07(木) 06:23:17 ID:UqKG4B13
>>802
原作は知らないけど、映画じゃ「30年勤めたデパート…」みたいな台詞があったから
大卒として、享年52歳と推測する。

で、島田が「16年一緒に働いて…」って言ってたから、島田は推測38歳で
島田と同期だった椿山妻も38歳くらい?

一回り以上年下の女と結婚して子供生まれたのが40過ぎってのが
いまいちピンとこないんだけど、もしかして原作は40前後の設定?

809 名前:名無シネマ@上映中 :2006/12/07(木) 08:19:16 ID:MGlyRIqi
>>808
じゃあ、友子さんも52歳?大卒として。

811 名前:名無シネマ@上映中 :2006/12/07(木) 09:27:51 ID:K3/7b0MB
原作では椿山は高卒でデパートに就職
だから40代後半

813 名前:名無シネマ@上映中 :2006/12/07(木) 09:42:46 ID:kZvqmZFp
>>809
余貴美子が今50歳だから、48~52歳かもね。

812 名前:名無シネマ@上映中 :2006/12/07(木) 09:40:58 ID:zcHoOPMs
友子とは椿山が結婚するまで月イチでベッドを共にしてた仲だよ<原作

814 名前:名無シネマ@上映中 :2006/12/07(木) 11:02:01 ID:PFWihooM
>>812
へーそうなんだ。でも何でそこまでの関係なのに結婚しなかった設定になったんだろうか?
その理由としては映画で言っていることと同じなのかな?

815 名前:名無シネマ@上映中 :2006/12/07(木) 14:08:39 ID:XK1WY8aZ
椿山の年齢は西田敏行と合わせて手直ししたんだろうけど
やっぱり息子が小学生ってのが違和感ある。
西田って、下手したらそのくらいの孫がいてもおかしくないでしょ。
来年還暦だよこの人。


関連記事

  1. 2009/03/02(月) 17:00:06|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミラーズ | ホーム | マイティ・ハート 愛と絆>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/552-e9eef3ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR