FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

隠し剣 鬼の爪

『隠し剣 鬼の爪』~HIDDEN BLADE~
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1097885337/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:04/10/16 09:08:57 ID:7wvVKJtn
山田洋次監督時代劇第2弾を語ろう。

2 :名無シネマ@上映中:04/10/16 09:30:10 ID:7wvVKJtn
10月30日公開。


85 :名無シネマ@上映中:04/10/22 06:29:57 ID:nkyWw2xz
きのうの朝日の夕刊の評はかなり高評価。朝日の映画評はかなり影響力あるんだって。

87 :名無シネマ@上映中:04/10/22 10:34:20 ID:7BQMbvEE
週刊実話で坂本ちゃんも高評価。実話の影響力はしらんけど

90 :名無シネマ@上映中:04/10/22 21:43:06 ID:M77ORFYT
(1)近代兵法受容 (2)封建制下の純愛 (3)殺陣
概ねこの三点が見どころなんだけど、それぞれ単独では良いにしても、あま
り絡み合ってはおらず、全体がやや散漫な感じを受けた。

(2)の要素は、現代の感覚で見ても、非難されても仕方ない形の恋愛で、
素直に感情を移入することは出来ない。
また殺陣も、前作が良かっただけにそれを越える迫力を期待したのが、
前作以上とはいかなかった。
一応面白くは見られるし、悪い出来ではないんだけど、どうも惜しい。

92 :名無シネマ@上映中:04/10/23 01:17:43 ID:emWYJzVR
試写会見てきた。公開前だからネタバレに抵触するような事は言うべきではないんでしょうね。
永瀬は自分の今までの印象より格段に良かった。認識改めようと思った次第。
前のレスで「スクリーンの中で生きてるよう」とあったフレーズを思い出した。
自分、親の出身が東北なんだが(東北ったって地域色はそれぞれだけど)
親戚の男衆の喋りと佇まいを彷彿とさせた。これは他出演の俳優陣には感じなかった事だ。
あと、顔だね。顔立ちが髷を結うと特に東北系によく見る顔立ちなんだな。
なので思わずプロフィールチェックしたけど、宮崎なんだよね。

松はやっぱり時代物の彼女、好きだ。骨太な柔らかさ。
彼女に会いにくる妹のシーンは、妹が健気でいじらしくて唯一涙したシーン。
高島の女の情念を具現化したような妻女役は印象に残る。この人、だんだん貫禄でてきた。
どうして田中邦衛?というような破壊力だった。光本幸子、凄い。

同じ藤沢作品が原作で兄弟みたいに似てる話だから、
一般に「清兵衛」の二番煎じって印象になるのは避けられないだろうと思う。
立ち回りシーンは永瀬頑張ってるし、個人的には充分。
ただ、これも前作「清兵衛」の真田が個人の元々の技量を見せつけるようにして、
ごまかしのきかない場面(素振りとか居合い)をバンバン入れてあったのと比べられてしまうと、
そりゃ清兵衛だよ、しょーがねーよ、って感じw
比べる事じゃないと思うけど、比べてちょーだいって感じで提供されてるしなあ。

>>90が指摘している通り、個々のエピソードがあまり上手く絡められていないので
散漫な感じがするが、自分は好きな作品系統だし、メインの役者の技量で楽しめた。

166 :名無シネマ@上映中:04/10/28 22:05:00 ID:Y7PUvmBp
試写会行ってきた

「たそがれ清兵衛」のほうが格段にいい。
リアリティも情感も殺陣もギャグも何もかもが中途半端。
松たか子だけが光る。やっぱ二番煎じはキツいかね。

181 :名無シネマ@上映中:04/10/29 21:37:24 ID:cTi9n5Ku
試写見てきました
正直、微妙。キャストはまぁまぁ
面白くしようと、ミニ笑いを随所にいれて頑張ってたけど、なんかやはり微妙
隠し剣も(;´д`)…………かよ!と
そしてなんの感動もなく終了
山の天気は変わりやすいとはいえ、あんな霧は無理があるような
あとやたら鳥がピーチクパーチク鳴き杉

182 :名無シネマ@上映中:04/10/29 21:52:46 ID:e3jHaWS9
> 鳥がピーチクパーチク鳴き杉

ワロタ。やっぱ鳥はピヨピヨ鳴くに限るよな。

183 :名無シネマ@上映中:04/10/29 23:18:57 ID:4BFTs/9X
殺陣の最中にうぐいすが鳴きまくります
まあ、飯田市大平宿ですから我慢してくんなまし

193 :名無シネマ@上映中:04/10/30 17:59:48 ID:T1zOgTjm
隠し剣の正体はウォーズマンのベアークローみたいなヤツだな。

2ちゃんねる映画ブログ

そうだと言ってくれ。

195 :名無シネマ@上映中:04/10/30 18:19:27 ID:qqUPE4Cr
ネタバレになるので詳しく書かないけど、
クライマックスで、永瀬がダークサイドを見せるとき、
一種デーモニッシュな色気を感じた。まさに鬼の爪。
唯一、永瀬が真田を超えたシーンだね。

198 :名無シネマ@上映中:04/10/30 20:18:58 ID:m3sLaclK
鬼の爪かっこよかった!!暗殺に最適ですな
ラストシーンは二人で歩きながら終わってほしかった

207 :名無シネマ@上映中:04/10/30 23:52:07 ID:Hd2RuVid

なぜか切腹を命じられることなく、籠で自分の藩に送り込まれて座敷牢に
入れられるというのが極刑なんですかぁ? それでなければ、後の話が作れない
わざとらしさを感じました。そんな切腹が許されなかった相手に、主人公は
必死で切腹すればと説得しているというのは、なんだか理屈が合わない。

剣術の先生は、武士をやめて農民になっているのは、もしかすると彼も
秘剣をつかって先代のXXあたりを殺ったんだろうか? 主人公も、近所で
は農民になれなかったんでしょうか?

231 :名無シネマ@上映中:04/10/31 17:51:23 ID:Dg++HgeX
観てきた。
永瀬の役と自分の置かれている状況がダブった。
藩命(社命)を遂行してもそこに達成感は無く、虚しさが残るのみ。
変化に対応できない武士(サラリーマン)は禄(年収)減らされて耐え忍んで飼われていくか、
山に引き篭もって世捨て人として生きる(ヒッキー)か、町人として再起に賭けるか(転職)。
松たか子のような都合のよい女がいないのは最大の違いだったが
コラテラルのように勇気が出ればな・・・・

240 :名無シネマ@上映中:04/10/31 20:38:13 ID:pU6/y2fU
原作等読んでないのでわからんが
狭間に同情できるような設定が全くなく、
片桐の葛藤に全然共感できなかった。
もし、斬るように命じられた相手が島田だったならば、
もっと燃えたんだけどなー

でも、それじゃ臭すぎるか・・・・

243 :名無シネマ@上映中:04/10/31 20:53:41 ID:0zY/xuTB
田中邦衛と吉岡、倍賞と吉岡、のからみにニヤケてしまった自分。

244 :名無シネマ@上映中:04/10/31 20:57:59 ID:+T52bZ8b
正直、田中邦衛は蛇足とおもた

2ちゃんねる映画ブログ

247 :名無シネマ@上映中:04/10/31 21:52:25 ID:CegagX3x
田中邦衛は何を演じても黒板五郎

253 :名無シネマ@上映中:04/11/01 00:32:03 ID:4t58e1Zl
>>247
間違いない!!
『ホォタ~ル~』が忘れない(*≧ε≦*)

260 :名無シネマ@上映中:04/11/01 02:04:18 ID:G6MBIhT8
新宿で昨夜観ました。
前作「たそがれ」の声高なメッセージに過剰な押し付けがましさを感じた人は、今回は楽しめるかも。
ただ「たそがれ」は、その押し付けが一方では殺陣などのシーンでは凄みやパワーになってたが、今度は
それがなくなってる分、物足りなさを感じる人もいるだろうなぁ。なんかサラサラっと物語が進んでいくし。
だから田中邦衛が浮いてたな。
前作では不評だったナレーションもほとんどなくして字幕で処理したり、幕切れもスパッと締めて音楽も歌を
流すのを止めたり・・・山田監督って結構、観客の声を気にするタイプだったんだなぁ、と思ったよ。
もっと“わが道を行く”というイメージだったんだが。

263 :名無シネマ@上映中:04/11/01 06:36:01 ID:UI1F1Wad
高島礼子が永瀬に「私の体で・・・」というところや
緒方が料亭で「あの女も喜んでおったぞ」と言うあたりは
山田監督にしては結構生々しいと思ったんだけど
セリフは原作通りなんだね。
他の監督ならサービスシーンで濡れ場を入れるような気がする。
永瀬と松の濡れ場も結構良いシーンになったと思うけどな。

264 :名無シネマ@上映中:04/11/01 09:52:09 ID:oJ+maoXh
稔侍がいつエロ親父になるか、高島がお江予さまになるのか
そればかり気になってた。

すいません…テレビの見過ぎです。

270 :名無シネマ@上映中:04/11/01 15:09:40 ID:1UBneUoi
最後にクレジットで「光本幸子」と出ていたので
「ハア?」と思い返してみたら!!!!!!!!

271 :名無シネマ@上映中:04/11/01 16:32:10 ID:NcrdozWS
その通り、「男はつらいよ」の初代マドンナ!

277 :名無シネマ@上映中:04/11/01 19:33:00 ID:ChgXmmeH
光本幸子、ちゃんと初日舞台挨拶に来ていたよ。
でも、あまりオーラ無かったけどね。
田中と吉岡が出て、最後に主役ふたりは蝦夷へ・・・・って、
なんなんだおい!

316 :名無シネマ@上映中:04/11/02 22:24:20 ID:cjxtJ/M4
松が「それはご命令ですか?」って聞いて一応ハッピーエンドやん?あそこが引っかかった。
生きる時代が違うから、仕方ないのかもしれないけど、むしろ山田のセンスっぽくて引っかかった。
原作にもあった台詞なんかな?

2ちゃんねる映画ブログ

318 :名無シネマ@上映中:04/11/02 22:34:25 ID:UFarLfRM
>>316
「一緒に居られればそれだけでいい」という女の心を砕いておいて、
あれはちょっとなぁ。
「ああ、やはり武士で無くなった旦那様には幻滅してしまうのか」
「しかし、あっさりと受け入れてしまったら、なんだかなぁ」と思いつつ結構スリルを感じて観ていて、
そのまんま後者だったので盛り下がった。
なんつーか、三番目の選択肢を投げて欲しかったな。

俺は伊勢屋の若旦那に同情してしまったな。
武家の女中から商家の女将さんになって適応障害で苦しんでいた女房を
心配しつつ見守っていたのに、元の主人に強奪されるというのは悲劇だ。

320 :名無シネマ@上映中:04/11/02 22:48:23 ID:lUwFDKyJ
原作ネタバレ


原作ではきえとは決闘の前の晩にSEXしている。
それで決闘後,一緒になろうとプロポーズするが
実は,きえには親の決めた相手がいた。
「まあ,なんとかなるだろう。いざとなればもう夫婦の契りを結んでしまいましたと言うさ」
というと,きえは「それでは親にしかられます」というのがラスト。

だいぶテイストが違うね

322 :名無シネマ@上映中:04/11/02 22:54:40 ID:cjxtJ/M4
>>320ありがとう。じゃ、やっぱり脚色部分なんだ。
 
324 :名無シネマ@上映中:04/11/02 23:18:06 ID:88rkKa4A
>>320
松たか子の吐息も聞いてみたかったな~
残念

551 :名無シネマ@上映中:04/11/08 23:50:45 ID:7nG2B9vs
原作読むとますますこの脚本がナニ考えてるのかわかんなくなるよ

345 :名無シネマ@上映中:04/11/03 08:45:31 ID:XhF6Ogil
永瀬、面構えに華が無いね。
監督に、出きるだけ抑えた演技でといわれてたのかもしれんが、
ただの無表情にしか見えなかった。その点、真田とは実力的に雲泥の差
その勢か、脚本の勢か、何かずうっと、ピンぼけ写真を見ているようで焦点が定かでなかった。
唯一、ラストのきえに愛を申し出るときだけフィットした。
娯楽といっても、生ぬるい小手先人情では今の人は心を動かされないし、楽しめない。
監督って、娯楽をはき違えていると思う。笑いの質も古臭い。

351 :名無シネマ@上映中:04/11/03 16:32:30 ID:Bk2Mcpkj
>>345
永瀬にたそがれ清兵衛やらせてれば、二作目は無かったかもな・・・
いや、永瀬を批難してるのじゃないよ、隠し剣ではよく頑張ってたとおもう。

山田のイメージする時代劇を演じる俳優は難しい。
地味でいて言葉だけではなく、目とか所作で表現しなきゃならんし
おまけに、派手な殺陣じゃなくリアル追求なら下地が必要だからね。

352 :名無シネマ@上映中:04/11/03 16:40:15 ID:oJ3g5tai
観てきます田 以下ネタばれあり

映画の完成度は前作より高く考証は深い。特に果し合いの相手に自害を
薦めるところ。 逃げろと言った前作とは違う。時代の思考法というべ
きを押さえていると思う。

 不評だったナレーションを止めた為か主人公いちいちその心境を口
にするのはいかがな物か。そのことに代表されるように人物造形が総
じて浅い。(前作に比して)

 題材を自家薬籠中のものとした安定感はあるがいかんせん新鮮味に欠ける

 「たそがれ~」に純文学を感じたとすればこれは練達の中間小説か
その意味で「藤沢」の世界に近づいたか

354 :名無シネマ@上映中:04/11/03 17:09:44 ID:g3we4kOn
下男役の俳優が微妙にいい味出してたな。
「分かってのかな?コイツ」って感じで。
始まってすぐののおばばが持ってくる汁と飯が旨そうだった。

375 :名無シネマ@上映中:04/11/03 23:25:59 ID:HUUB+h86
緒方拳に悪役似合わないな
たそがれに出てた偉いさんぐらいの悪顔じゃないと鬼の爪使って殺しても爽快感がない

376 :名無シネマ@上映中:04/11/03 23:27:18 ID:XcSmGAiL
松たか子は綺麗というか、何かエロかった。
主人である永瀬に求められたらあっさり許してしまいそうな雰囲気。

2ちゃんねる映画ブログ

377 :名無シネマ@上映中:04/11/03 23:56:26 ID:pegfHEhR
松たか子綺麗だと思ったのは俺だけか・・

384 :名無シネマ@上映中:04/11/04 10:27:11 ID:4lR24Ji6
>>377
拙者も思ったでがんす。

378 :名無シネマ@上映中:04/11/04 00:06:29 ID:qg5a7F5r
「きえ、しゃぶれ!」
「旦那はんのご命令だば仕方ありましね♪」

388 :名無シネマ@上映中:04/11/04 11:38:11 ID:gbo9IjtA
ドリフのコントのような西洋の軍事訓練シーンは寒いので省いて宗蔵ときえが惹かれ合っていく
様子の描写を増やして欲しかった。本当に恋愛感情だったのかと唐突な気がする。
藤沢作品が山田にシリーズとして今後も撮られると思うと少し悲しい。
鉱脈を見つけたなどと恐ろしいこと言ってるし既に神戸浩が蛾次郎扱いだし。  

390 :名無シネマ@上映中:04/11/04 12:17:40 ID:z/La6G1/
>>388
試写会でしたがびっくりするほど笑い声があって、正直え~って思った

391 :名無シネマ@上映中:04/11/04 12:53:30 ID:BfGB/sdf
中高年にうければいいんでない?
今は若くても、歳取ればこういうのが面白く思えるようになるんだし

393 :名無シネマ@上映中:04/11/04 14:41:00 ID:nv1sKPry
オレは笑った。笑うべきところでワラタ。中年だからいいんだー(´・ω・`)
言われてるサムさも判る。でも条件反射で笑っちゃうし、それが心地よくなってきてるんだよねー。
正直、トシくったとは思うけどよー。だって山田を劇場に観にいくなんて10年前はありえなかったもんw
神戸はもういらないと思う。言いたかったのはそこだ。

416 :名無シネマ@上映中:04/11/05 10:18:22 ID:6VFGFdnG
高島礼子が最高に素敵でした。
短い出演でしたが、キラリと光ってました。
宗蔵から事実を聞いた時の、あの微笑が・・。
悲しすぎると笑っちゃうっていう心理ですなぁ。

2ちゃんねる映画ブログ

永瀬と松は普通。
たそがれの真田、宮沢に比べると数段落ちると感じました。

419 :名無シネマ@上映中:04/11/05 10:30:08 ID:xzlPOGt9
高島が全然哀れに見えなかったね。
そのせいで仕掛のシーンも、なんか蛇足だなあって思った。

472 :名無シネマ@上映中:04/11/06 20:10:52 ID:ACr/unEL
腕を撃ち抜いた鉄砲隊の人は凄腕の持ち主
賞は彼にあげよう

473 :名無シネマ@上映中:04/11/06 20:15:07 ID:pmF4+xOx
あの当時の鉄砲(ゲーベル銃か)で、腕がもげるなんてあるのか

474 :名無シネマ@上映中:04/11/06 20:16:17 ID:meHI9Otz
カルシウム不足でスカスカだったんだよ

475 :名無シネマ@上映中:04/11/06 21:09:49 ID:GHvBLWDE
>>473
確か使用していた銃は前装銃ではなく元込め銃だったよ。ライフル
切ってあるから当たるとダメージは大きいんじゃないかな。

477 :名無シネマ@上映中:04/11/06 22:05:59 ID:Hi2KMHSu
>>473,475
シャープスカービン銃です。
先込式に比べると三倍以上の破壊力があったそうです。
手首くらいなら飛ぶでしょう。

496 :名無シネマ@上映中:04/11/07 16:32:11 ID:lIPnC34e
海外に出した時のことを意識してほしかった。
同門の友と闘うまでの葛藤をテロップやナレーションでなく
映像として見せるべきだ。でないと欧米人には解らない。

御前試合で負ける→隠し剣を伝授してもらえない→謀反失敗
と映像で見せないで理解できるのは時代劇慣れしている日本人だけ。

497 :名無シネマ@上映中:04/11/07 17:19:37 ID:kLXvnG5t
>>496
それをやると日本人にとってはくどい。難しいとこだね。

514 :名無シネマ@上映中:04/11/07 23:55:28 ID:Oi7qkdTw
海外じゃ無理だろ。
切腹より監禁が重い刑だって思わんもの。
剣で死ねなくて銃で死んで無念がどうこうとかも
はあ?って感じ

524 :名無シネマ@上映中:04/11/08 09:37:37 ID:MQJdk9eL
>>514
ヨーロッパでは
禁錮数百年>終身禁錮>死刑
の順だが?
禁錮数百年というのは罪が死後も刑期が終わるまで許さない
終身禁錮は、死ぬ迄罪を許さない
死刑は死んでわびろ

ヨーロッパで死刑はほぼ廃止されたのはそれよりも重い刑罰があるため
日本では終身禁錮刑が明治維新以降存在しない。

505 :名無シネマ@上映中:04/11/07 18:38:32 ID:kLXvnG5t
狭間は「竜尾返し」を「卑怯」と言ったが、考えてみればあれは捨て身の技だよな。
背中を向けた途端にバッサリとやられる危険もあるわけだから。

510 :名無シネマ@上映中:04/11/07 20:17:51 ID:FGqv2OGE
やっぱり主題歌は必要だったね。
たそがれ~は井上陽水閣下の曲のおかげで
スタッフロールにはなんともいえない余韻があった。

513 :名無シネマ@上映中:04/11/07 23:42:32 ID:F/UkZc1R
>>510
「たそがれ」の主題歌は最悪だったじゃないか。
曲自体は悪くなかったが、映画の内容と全く合っていなかった。
山田もさすがに失敗したと思って、今回はやめたんだろうよ。

522 :名無シネマ@上映中:04/11/08 07:37:52 ID:zjN869MA
蝦夷に行って大変な開拓生活するんだなぁ。
お侍より苦労するね。

525 :名無シネマ@上映中:04/11/08 10:17:58 ID:FeBy8ZjD
>>522
この時期に蝦夷へ行っても結局旧幕府軍と新政府軍の争いに巻き込まれて酷い目に遭うでしょうねw
ということでこの話は深読みしてアンハッピーエンドということでよろしいか?

555 :名無シネマ@上映中:04/11/09 01:08:12 ID:pAHz3f2J
面白かった。
いろんな役者が出てるしね。
ただ、光本幸子がどこに出ていたかが謎なんだが・・。
気がついた人いる?
後で考えに考えて思い出して見た結果、あの大砲訓練で
若様の隣にいたお女中がそうだったのかなあ?と。
一応綺麗な衣装を着る役だろうし。
見終わってから出演に気づいて、この人だけはっきりしないんだな・・。

556 :名無シネマ@上映中:04/11/09 01:20:37 ID:MOfMdbn2
きえの姑<光本さん
違う?

2ちゃんねる映画ブログ

557 :名無シネマ@上映中:04/11/09 07:27:54 ID:MbVVJ5mj
そう。意地悪婆さんの役。

561 :名無シネマ@上映中:04/11/09 13:13:39 ID:IugPqAFz
>>556,557
やっぱりそうか・・。
意地悪姑は上手い役者さんだとは思ったが、
彼女と認識せずに観ていたので、後でいくら考えても
顔が記憶と一致しなかった。
確かにベテラン女優だもの、せりふが無いはずはないよね。
サンクス!

607 :名無シネマ@上映中:04/11/11 00:37:15 ID:Z+y91T8k
隠し剣シリーズは、原作は、どの作品も、それなりに
剣技に対するこだわりがある。
映画は、その辺が非常に希薄。
原作では、剣の腕は互角なのに、隠し剣を伝授されな
かった屈辱感が、すべての原因になっている。

671 :名無シネマ@上映中:04/11/12 12:31:44 ID:zxp65nsf
藤沢文学が、時代考証より、人間性に重点を置いた物語なら、もっと人物造形してほしかった。
主人公ときえはもとより、脇の造形が甘すぎて、説得力に欠ける。
だから、どうしても、細部の考証を、無意味と知りつつ観客はしてしまう。
優れた作品って、よく考えれば事実でないかもしれんが、疑いようもなく劇的真実があり、そこに打たれる。
それでいいのだと思う。
しかし、隠し剣は何もかも中途半端で、観るものは焦点が定まらなかったり、妙にある点に拘ったりしてしまう。
全体として印象の薄いものになった。

673 :名無シネマ@上映中:04/11/12 13:07:54 ID:/PSI2A7+
おまんら頭でっかちで困るな
ラストシーンでの宗蔵ときえを見て
「宗蔵ガンガレ~きえちゃん幸せになれよ~」と
応援する気持ちになればそれでバンバンザイの映画だに。

161 :名無シネマ@上映中:04/10/28 07:52:29 ID:P1zvg+kz
隠し味 鷹の爪

162 :名無シネマ@上映中:04/10/28 08:27:28 ID:2hzmHzXq
漬け物に入れると良いよね、鷹の爪

163 :名無シネマ@上映中:04/10/28 09:35:13 ID:EpwyWgac
平井堅 磯野舟

164 :名無シネマ@上映中:04/10/28 10:16:59 ID:M+usdgOE
タクシー券 おじの夢

421 :名無シネマ@上映中:04/11/05 10:33:17 ID:Xm34Bf3T
>>164 ワロタ


関連記事

  1. 2009/02/07(土) 03:17:29|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ドラえもん のび太と緑の巨人伝 | ホーム | REC レック>>

コメント

1 ■無題

俺はかなり面白かったけどな
  1. URL |
  2. 2009/02/07(土) 03:57:52 |
  3.     #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■無題

原作読んでたから期待してたけど、
話自体はやっぱ映画用に色々変わってるんだなぁと思った。
それでも映像の撮り方はすごいと思ったな
  1. URL |
  2. 2009/02/07(土) 09:01:48 |
  3.   #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/547-938eae9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR