FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフェシー

次は誰だ?『プロフェシー』予言ーR・ギア
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1034665201/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:02/10/15 16:00 ID:ThWwCpRZ
妻が交通事故死。
死の間際に謎の言葉「あれを見た?」
次々と起こる不可思議な事件。
住民の前に突如現れる謎の予告。
人知を超えた「何者」かによる予言の意味するものは?
映像に仕掛けられたパズルの謎が解けるか?


45 :名無シネマ@上映中:02/10/31 00:28 ID:Bohx2t9l
原作はジョン・キールの『モスマンの黙示』だね。前は国書刊行会から出てたが、
最近どっかの文庫で再刊されたんだっけ?

50 :パピヨンマン:02/11/02 14:34 ID:+P0Yfa+j
今日みてきた。
ネタがどうのというか、予言を扱った内容で、系統てきには
この前、民法でみたファイナルディスティネーションぽかったけど、
ぜんぜんこっちの方がよかった。(比べる自体あれだが。)
2時間ちょっと飽きずにみれて、なかなかおもしろかったです。

複線がきれいに消化されてゆき、丁寧なつくりの良いサスペンス?
映画ですた。主人公が見る白昼夢みたいなカットもありきたりとはいえ
雰囲気十分だし。

51 :名無シネマ@上映中:02/11/02 18:18 ID:e5GUJGkk
>>50
ファイナルも結構、面白かったけどね。

52 :名無シネマ@上映中:02/11/02 19:49 ID:pP3DKX11
アメリカに新しいヒーローが誕生、その名も「蛾マン」

すべてを見透かすその力は必ずや君たちの命を救うことだろう
しかし、ちょっと度を過ぎた恥かしがりやなので、彼からメッセージが
きても、理解するのは少し難しいかもしれないね。
そんなときは、録音機を使って何度も聞きなおして、彼のメッセージを
理解すれば・・・・・・OK?。

53 :名無シネマ@上映中 :02/11/02 20:37 ID:3c6Awalw
私も今日見てきたよ。2時間楽しめました。
リチャード・ギアのホラーって初めて見たんだけど良かったです。
精神的に疲弊していく演技とか上手いなぁと思いました。

2ちゃんねる映画ブログ

54 :名無シネマ@上映中:02/11/02 23:17 ID:Xq2SF2Fl
おなごに誘われて、予備知識無しに観に行ったのれすが、
タイトルロールにどかーんと
『The Mothman Prophecies』と出てきていきなりネタが割れてしまいました。

コレってアメリカでは人口に膾炙した都市伝説のはずだけど、
日本人には馴染みが無いので何だか良く分からない人も多いんじゃないのかね。

個人的にはモスマンっていうと『大神秘博物館』の可愛いアレを想像しちゃうんだけど…。

70 :アニー:02/11/04 00:40 ID:2eqzFS7n
「ザ・リング」を意識した映画のように思えました。やたら、「電話(リング)」がかかってきて、映像と音で観客を怖がらせるところなんかが。大の大人が非論理的な脚本を大真面目で演じているところに変に感心しました。

72 :昨日見てきました:02/11/04 02:01 ID:F9TXfs7v
もし12時の電話に出たのならどうなっていたのでしょうか?

146 :名無シネマ@上映中:02/11/06 20:43 ID:HSID7Rh8
あの電話は橋の事故を回避させるために奥さんがかけたのか
もしくは婦警と旦那がくっつかないようにしたのかどっちかだと思った。

・・・謎は謎のままって感じの映画だったな。

85 :名無シネマ@上映中:02/11/04 17:00 ID:N0yauU31
モスマンは日本で言うと何にあたるんだろう?座敷わらしでもないし…

86 :名無シネマ@上映中:02/11/04 17:57 ID:PZYONvgA
しかし何故ギアの奥さんのメアリーの目の前の現れたのだろうか?
その後特に奥さんに予言を伝えていなし。
やはり、モスマンも間違いを犯すのかな?

87 :名無シネマ@上映中:02/11/04 18:17 ID:q6WSCvgH
奥さんの事故によって、ギアは「不思議な出来事」に気が付く。
大惨事を犠牲者を最小にするために。だとすると、、、

「サイン」と同じだな。(こっちが脚本先なのに)

90 :名無シネマ@上映中:02/11/04 20:42 ID:MBkxfYnx
なんの影響力のない、普通の会社員に飛行機事故を伝えてもなぁ~。
蛾マンももうちょい、社会的に影響力のある人間に伝えればよいのにね。
(映画にならなそうだが・・・)
おかげで予言の重さに耐え切れずアボーンしちゃったし。

89 :名無シネマ@上映中:02/11/04 18:59 ID:JP6cvYeU
「起きろ、37番目」
ていうのは、助かることを見越した予言だったのかな?
とおいらは思ったんだけど、ちがふのかのぉ~

92 :名無シネマ@上映中:02/11/04 21:39 ID:TrqN3hS+
>89
オレもそう思った。別にギアが川に飛び込まなくても助かったんちゃうかと。

93 :名無シネマ@上映中:02/11/04 22:02 ID:spRJgASI
なぜ最初に事故にあったかわからん。
モスマンがとんできたから?対向車のため?
それと、奥さんが死んだことと、どういう関係が?

94 :名無シネマ@上映中:02/11/04 22:16 ID:y3l1Wudb
>>93
そうそう。気になるよね。
そして、あの目の傷とかも何だったんだろう…
あぁ、消化不良じゃー!

107 :名無シネマ@上映中:02/11/05 02:06 ID:EaLRBRZF
>>93
メアリーにとっちゃ、モスマン見て事故って頭強打したからCTスキャン
撮って脳腫瘍を発見できたんだよね。ほっといても2年で死んじゃったわけだし。
死ぬ前にモスマン見てたからイラストが描けて、その後ギアはいろんなところ
でメアリーが描いたイメージに似てるものと遭遇して怪現象に足をつっこんでく。
結局、死んだ妻が見たものを探すってのがギアの原動力なんだろうな。

98 :名無シネマ@上映中:02/11/04 22:54 ID:EnjhI8Z5
とりあえず気になった点
・ギアが1時間ちょいで600Kを移動した謎
・2晩現れたギア似のストーカー
・電話した時間と死亡時刻
・黒人医師と工場の崩れた壁の奇妙な一致
おそらく実話の方でも解明不可な部分があったろうから、
謎は謎のままでいいんだけど。

104 :腐乱犬:02/11/05 01:15 ID:RhfGF6uO
今日、行って観てきました。
全体的にちょっと長めに感じたのと、悪魔系のオカルトではない分、
見る側としてもちょっと視点が定まらない感じがありました。

個人的には、もうちょっと不条理感を積み重ねて行ってほしかった
と思います。
また謎の影の正体が明らかになってくるくだりも、もうちょっと
おどろおどろしくやってほしかったと思いますね。

でも、悪い映画ではないです。どうも文化背景が違うためか、
いまいち乗り切れないところがある部分が多いのかもしれません。

それにしても、『隣人は静かに笑う』と被りはじめるところが
笑えました。

2ちゃんねる映画ブログ

あと、トゥルーマンの奥さん、きれいだけど、警官として美人過ぎだな。。。と。
ウィル・パットンは無精ひげといい禿げづらと
いい役柄とは言え、きたなかったです。

113 :名無シネマ@上映中:02/11/05 03:09 ID:/WwltSpF
いやあ、ヨカッタなぁ。
「サイン」と少しストーリーは似ているけど全然こっちの方が面白い。
怪物はほぼ出て来ないけど、ソレを描いた絵が猛烈に怖い。
全体的に暗喩が散りばめられていて、非常にウェルメイドな「ブレア・ウィッチ」
って感じだったな(異論はあるかも・・・)
12時の電話、「ヴァーチャル・ウォーズ」のラストの恐怖を彷彿させない?

117 :名無シネマ@上映中:02/11/05 10:54 ID:WDXLciZP
後から考えるとB級な脚本だけど、それでものめりこめる。
サインの完成度を高くしたらこうなるんだろう。

119 :名無シネマ@上映中:02/11/05 11:30 ID:BLGyNrvN
「奇跡体験アンビリバボー・2時間スペシャル」
って感じだったな。そこそこ楽しめたけど。

138 :名無シネマ@上映中:02/11/06 15:36 ID:hEh0632g
本日、観てきましたわ
客入りは6割 えらい繁盛してましたわ

で、感想・・銭返せ(w
わし、この手の映画には向いてないみたいですわ
アンビリーバブルみたいな感じで観てたんですがね
実話に基づいてるつーのが救いかのお

142 :名無シネマ@上映中:02/11/06 17:39 ID:39YpA+F7
実際にモスマンから予言を貰ったらどうするよ?

まぁ公にしゃべって変人扱いされて、逆に犯人として
疑われるちゃうかな。

ギアも化学工場でそれやったけど、まったく相手に
されなかったし。

いまなら、インタネットで無差別に予告かね

144 :名無シネマ@上映中:02/11/06 19:30 ID:JiVTH5WJ
実際に言ったのか?言ったらこうなるだろうとの考えが出てたんじゃないのか?
(元教授の話「予言を人々に知らせると基地外扱いされる」を聞いたから)

143 :名無シネマ@上映中:02/11/06 19:29 ID:G0HY+raf
今日見てきた。1000円でちょうどよかったよ。
最後にパトカーが落ちる時電光表示みたいのが37になったのは、
あれはなに?

150 :名無シネマ@上映中:02/11/06 22:16 ID:7Jtkr0Qc
>>143
カーラジオの周波数かパトカーの号車番号が37のどっちかかと。
その37と37人目の犠牲者を暗示していたんでしょうね。
あの37の数字でコニーの夢の話がつながったり。
 
153 :名無シネマ@上映中:02/11/06 22:22 ID:G0HY+raf
150>

サンクス。
33号とか言ってたから号車間違えてるのかとオモタ

149 :名無シネマ@上映中:02/11/06 21:27 ID:ltznzjs7
市川のVCでは、チケット買ったら解説のチラシをくれるの。
よけいなお世話だ。

151 :名無シネマ@上映中:02/11/06 22:18 ID:OibkuINj
今日観てきたけど赤い紙くれなかった。
どなたかupおながいします。

154 :赤い紙(1/2):02/11/06 23:01 ID:ctmr560l
■作品の中に抽象的に出てくる 予言(プロフェシー)
0 タイトルが出る直前 / 1 冒頭シーンでリチャード・ギアが書きなぐる文字 /
2 ゴードンの耳から血が出て 町の引きの画になるときの路の形
3 橋の事故の後の川の引きの画に沈没車の明かりでできる形 / 
4 クリスマスツリー型の電飾の形 / 5 鉄塔の形
◆作品中で語られてるモスマンの定義◆
・「死の王国に永遠に囚われた魂」
・予言は決して理解できない。しようとすると誤解して自滅する。
・当たり前の存在。物理的に説明不可能
・モスマン(予言)に気づくのはトラウマがきっかけ

■ストーリーの謎、奇妙な出来事
・600キロを1h30で移動してしまった
・妻の事故2年後テレビ出演しているリチャード・ギアの横のテレビに”妻の目”らしきものが映ってる
・モスマンはすでにクラインに会っている    【不安そうだったな】 =事故現場で?それとも病院で?
・ゴードンが3度もジョンを見てるのはなぜか?
(1,2回目はインドリッド・コールド的予言?妻はノック音しか聞いていないことから)
・老父(ラストに出るレスキュー隊)が、ジョンから電話が来たと言う。【化学工場で事故はおきてない】【留守電にいれたろ】

■映像の謎。
・ジョンが感情をぶつけたたんすの横に映る不気味な顔
・ゴードン家白い外壁の黒い模様。 黒い2対の物体→崩壊した橋のシルエット!   後半、塗りつぶされてる。
・死んだ妻が街を歩いている
・妻が入院していた病院の医師の立ち姿}
・牌工場の壁の形              }が同じ
・モスマンの影の形             }
・ゴードンが車で遭遇するときのモスマンの遠景からの頭の小さな宇宙人のような人型とリークの著書の表紙の人型が同じ

6;12→ヨハネの黙示録6章第12節の引用ではないか。
海外の文学や映画は聖書の隠喩を使用することが多々ある。神は自然現象を通して人類に警告をなされる・・・と言う内容。

155 :赤い紙(2/2):02/11/06 23:08 ID:ctmr560l
■6:12の共通(正確にこの時刻ではないが概ね6時ごろ)
1.冒頭でジョンが会社を出た時刻 (モスマンらしき存在は電気を通ってあとを追う)
2.ジョンがベッドの上で妻の幻を見た時刻
3.ゴードンが死ぬ朝の「お目覚めコール」のなった時刻
4.端が落ちる時間 (コニーが車の中で確認した時刻)

■モスマン(予言)の存在に気づいた人々のそれぞれの結末
●予言に囚われ死んだ人
・メアリー=「幸せでいてね」 「何もかも壊してしまった」 「彼女は知っていた」
ノートに走り書きの文字→「RUIN」 :破滅  ※ジョンが妻の死を信じないと強く思った気持ちで囚われた?
※「she is my Gal」と書かれたレトロ看板→メアリーはモスマンに見入られた
・ゴードン=「幸せだったときの事を覚えているか」 「これは現実だ」 「認識が正しい」
●予言に囚われなかった人
・コニー=「予言にふりまわされるのはまっぴら」 「いつまでも幸せは続かない。人は必ず死ぬ。」
・リーク=「どちらが大事か?証明か命か」 「全てを忘れ、振り返らなかった」
・ジョン=冷静でありながら妻の死を信じないところで、危うく予言に囚われていくが最後12時の電話を取らない。

158 :名無シネマ@上映中:02/11/07 00:18 ID:MJ3COIO8
赤い紙アップ乙>154,155

確かにモーテルの鏡の上隅にうつってた写真がやけにでかくかんじてました。
写真の瞳はしつこいくらいアップになってたし。
パンフレットに書いてある内容とまた微妙にちがうんですね。
ぱんふだと、メアリのCT画像の腫瘍の形や、ギアとメアリが購入した家の前に
たつと、Y字の道になっていたりとか、同じ内容かとおもってたら、結構
違うのですね。

しかし、デンバー便とかの飛行機の予言は大概、事故が浮かぶけどなぁ。

161 :名無シネマ@上映中:02/11/07 09:15 ID:YE01OT+I
怖いよ、これ。
本来、見えないもの気づかないものを知ってしまう怖さ。
みんな気のせいってスルーできる人は、とんだ電波だな
で終わりそうだが。
「Y」には何か象徴的な意味があるのか?
後引いて怖い...

194 :名無シネマ@上映中:02/11/12 02:00 ID:aPb0uAKH
 数学的記号解釈だとyは「未知数」。パンフに書いてあった。

全体的に不気味な雰囲気で恐かった。音響がこわかった。あと、夜とか暗い場所での
シーンがやたらと多くて、帰るときちょっとビビッタ。
ただ最後のトラジリーが前の二つにくらべると(飛行機墜落、赤道かでの大地震)なんか
ショボめの事故だったので、まあ実話をもとにしてるから仕方ないとはいえ、盛りあがりに
かけたな。ほんとブレアウィッチぽかったよな。

163 :名無シネマ@上映中:02/11/07 09:38 ID:FtU3T1sU
これ米ではヒットしたの?

165 :名無シネマ@上映中:02/11/07 11:27 ID:hJxF6MQX
>>163
結構流行ってたよ
米でみたけど、5ドル分の値打ちはあったような。
日本では見る気がしないくらいの値打ち

186 :名無シネマ@上映中:02/11/10 00:20 ID:UzbEKPmi

2ちゃんねる映画ブログ

モスマンて1950年代にはやった都市伝説ですよね
そこら辺の感覚がつかめないと(つまりアメリカンでないと)
つらいと思う。宗教と混ざり合っている感じだもの
(おまけにご当地ではMEN IN BLACKとも混ざり合っているみたい)
やっぱり、口裂け女の文化圏とは根本的に違うなと、、、。

映画的には予想外によかったと思いますよ。
でも橋の崩壊見たいなダイナミズムとはなじまないような、、、、。
気味の悪いまま終わってほしかった

187 :名無シネマ@上映中:02/11/10 00:54 ID:AKPMKNld
「モスマンの黙示」は15年ぐらい前に読んだけど最高に面白いUFO本だった。
「プロフェシー」がこの本の映画化と知って一も二もなく見に行った。
先週の土曜、初日だったがガラ空きだった。本編は…あんまし面白くなかった!
でも今になって何となくもう一度見たくなっている自分…

188 :名無シネマ@上映中:02/11/10 03:19 ID:DJ4r5fiN
最後に大惨事があったから、それまでのがクローズアップされるんで、何も起こらなかったら、忘れられたのではないか。

189 :名無シネマ@上映中:02/11/10 11:54 ID:pIEINhtw
>>188
実際には住民多数によるモスマン目撃自体の騒動もかなりのものだったのだが、
映画では主人公にべったり張り付きすぎてそこら辺の描き方が半端なもんで、
そう感じてしまう罠。

211 :名無シネマ@上映中:02/11/15 23:12 ID:j2NuoB7a
田舎暮らしにコンプレックスを持っている婦人警官が、怪現象をダシにして、ワシ
ントン・ポストのスター記者をGETする話ですか?

212 :名無シネマ@上映中:02/11/15 23:48 ID:djLD+AAV
あんまりLoveな話はいらないと思う。
婦人警官だって原作では夫人だし。
イイ役者だけどね。
ポイントプレザントの街並みは田舎らしくて
でも、ちょっとイイ感じ。

222 :名無シネマ@上映中:02/11/17 01:45 ID:16E5GOQz
映画みて3日後、朝、目が覚めた瞬間に気付いたんだけど、
ようするに、モスマンを見た人は死ぬってことなのね。
で、主人公も婦人警官も見てないんだな。(鈍すぎる>俺)

でも、幽霊や、怪電話の予言とかは一体なんなんだ、、、。

223 :名無シネマ@上映中:02/11/17 01:55 ID:16E5GOQz
>ようするに、モスマンを見た人は死ぬってことなのね。

っつーことは、観客はみんな近々死んじゃうことになるな。
リングかよ!

226 :モリマン:02/11/18 01:12 ID:ZyLIlNOl
>>223
いや、観客はモスマンは見てないってことで。

っつーか、一応観客はサブリミナルな感じでモスマンのイメージを
ちょこっと見せられますが、基本的にはギア目線でしょう。

225 : :02/11/17 23:52 ID:16E5GOQz
ところで、インドリッド・コールドって結局何者だったの?

まあ、脚本が合理的にできてるとは思わないんで、どうでもいいっちゃいいんだけど、
俺としてはこう考えて説明つけることにする。

モスマン:見たものは必ずほどなくして死ぬという、正体不明の存在。死ぬ運命にある人だけに見える。
予言、超常現象、幽霊:モスマンの周辺で頻発する現象。

で、モスマンは予言しているとか殺してるとか、そういう主体的な行動を
とっているわけではない。予言や超常現象などで直接働きかけているのは、
たぶん死者の霊だとか、時空を超えた人間の精神作用なんかかと思われ。
ってことは、コールドもたぶん、幽霊?

250 :yama:02/11/22 21:03 ID:v8lkQSwK
テーマはいいと思うが、流れに抑揚が無いのがマイナス。
「高層ビルの窓拭きをしている人は...」というセリフに妙に納得してしまった。
人間より優れた生命体がいても不思議ではない。
ところで劇中で予言されたことは天変地異は無く、いずれも人災ばかり。
もしかして「予言」なのではなく、モスマンが全ての事故の犯人なのでは?
(つまり事前犯行声明ということ)

251 :名無シネマ@上映中:02/11/22 21:37 ID:i5GfQ4Eg
モスマンが実際に何をしているのか、
そもそもモスマンはいるのか、
妄想なのか予言なのか、
等々非常に曖昧なままなのがこの映画の良い所では。

260 :ルシフェル:02/11/25 13:22 ID:C7YirwaJ
現世に想いを残した霊が残った人達に何かを伝えようとしている
行為(モスマンという姿、電話による声等)を総称してプロフェシー
というのではないだろうか。
まず、ギアの奥さんは、死後ギアに幸せになってほしいが為に、
ギアの車を通常では考えられない距離へ運んだ。
しかし、ヒロインは、橋で起こる大惨事で37人出る犠牲者の1人にカウント
されている。よって、そこで、一度は引き合わせた2人を遠ざけようとする。
つまり、ギアを家へ戻す為の手紙や、最後、ギアが家を飛び出していかない
ようベストなタイミングで鳴った電話だ。。
話が前後するが、ヒロインは水の底に沈んでいくだけの運命であったかもしれ
ない。しかし、ギアの呼びかけに耳を傾け生へ引き戻すよう暗示をかけられた
ところも奥さんの声なのではないか(“目覚めよ、37番”のくだり)
プロフェシーは善意、悪意どちらの場合もあるということらしいが、少なく
ともギアの奥さんが送ったプロフェシーは全て善意であると思いたい。
どうも、奥さんが全部悪いと思ってる人が多いので。。

261 :名無シネマ@上映中:02/11/26 22:32 ID:7sN4Q975
>260さんの解釈は非常に興味深いですし、じっくり読ませて頂きましたが
私は、この映画… 人間の【霊】については一切語っていないように思っています。

アラン・ベイツがゴキブリを例に出していましたよね
ゴキブリに人間の意図が理解できるはずも無いように
人間には到底その意図が理解できない極度に高度な存在についての映画だと思いました。

う~ん… 巧く言えない
私はこの映画をかなり面白く、興味深く見ましたが、映画として上出来かと問われたら
ちょっと返答に困ります。(でもビデオ化されたら再見します)
それでも、私も原作の文庫、絶対に買って読みたくなりました。

262 :名無シネマ@上映中:02/11/27 07:36 ID:R+zYcbGh
高度な存在とは言って無い。
ただの人間でも位置が違うだけで普通の人には見えないものが見えたりするだけ。
ゴキブリはわざと自分達を矮小化した表現なだけだと思う。

モスマンやら霊にしても何ら理性的な行動やプランが無いようにみえる。
単なるエネルギー体だろう。
もとは人間の意志であったかもだが、そのエネルギー体に司令塔が存在しないと
ただの大騒ぎが生じるだけ。
麻薬をやって混乱した頭は感覚が非常に鋭くなるが、理性的な行動はとれない
のと同じ。
その集合体に一定のリズムが生じ秩序だったものが神やら悪魔という存在に・・なワケ無い。

351 :名無シネマ@上映中:03/04/19 19:26 ID:EwwS/9UX
映画と原作ってコレ違い過ぎたよ。
どっちも面白いけどね。

ところでキールがある場所を通過すると悪寒を感じて
何度行ったり来たりしても不気味な悪寒をはっきりと感じる・・・てヤツは
単なる電磁波だよね?
キールって本があれほど面白くなかったら自意識過剰のおっさんですまされると思う。
でもあの本って終わりらへんが尻すぼみでは?

354 :名無シネマ@上映中:03/04/20 17:03 ID:2Zf+9muU
>351
そうそう、悪寒地点についても言及してたな。
そこから可視光線にふれて「普段見えてないものでも存在してる」
というようなことを書いてたような・・。
原作は従来の異常現象解釈をはるかに超えてたから、
映画では従来的に引き戻した感はある。

384 :名無シネマ@上映中:03/05/01 15:09 ID:IbCtLNOc
蛾男がモスマンなら
モスバーガーってなんだ

2ちゃんねる映画ブログ

385 :名無シネマ@上映中:03/05/01 20:35 ID:yF+tNa3Q
>>384
決して安くはないし少々お時間もかかりますが、世界一おいしいハンバーガーだと
自負しております。

386 :名無シネマ@上映中:03/05/02 09:55 ID:WjTqnhKX
蛾微塵肉。

388 :名無シネマ@上映中:03/05/05 09:42 ID:wIUxyZmn
モスバーガーの店員はモスマン。

422 :名無シネマ@上映中:03/05/23 21:53 ID:i+sZ0cv7
モスマンください。


関連記事

  1. 2009/01/30(金) 00:26:25|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<図鑑に載ってない虫 | ホーム | X-ファイル:真実を求めて>>

コメント

1 ■さっき・・

この映画見たばかりなんですけど、
後半でのシーンで鏡に映った主人公の動きがおかしかったような気がするんです。
すごい気になったんですけど誰か共感してくれる人いませんか?
  1. URL |
  2. 2010/04/29(木) 20:08:01 |
  3. 匿名 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/533-0ae80885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR