FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガチ☆ボーイ

【佐藤隆太 】ガチ☆ボーイ【サエコ】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1202219835/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中 :2008/02/05(火) 22:57:15 ID:EUHUKD0v
2008年3月1日公開予定

公式サイト
http://www.go-go-igarashi.jp/
優秀な大学生・五十嵐は3年になったある日、突然プロレス研究会に入部した。
熱心に練習もし、メモもとるが、学生プロレスで一番大事な段取りだけは全く覚えられない。
そして、学園祭当日、事件は起こった。

スタッフ
監督:小泉徳宏
脚本:西田征史
製作:亀山千広・阿部秀司・島谷能成
プロデューサー:織田雅彦・安藤親広・明石直弓
プロレス協力:みちのくエンタテインメント、一橋大学世界プロレスリング同盟
製作:フジテレビジョン・ROBOT・東宝

キャスト
五十嵐良一/マリリン仮面:佐藤隆太
朝岡麻子:サエコ
キャプテン:向井理
五十嵐茜:仲里依紗
五十嵐恒雄:泉谷しげる
君島:宮川大輔


10 :名無シネマ@上映中:2008/02/07(木) 03:06:47 ID:sQbdqBRz
六本木ヒルズであった完成披露試写会に行ってきました
行くはずだった友人(彼女は『タイヨウのうた』のファンで小泉監督の
次回作だからすごく楽しみにしていた)が仕事で行けなくてその代わり
だったのですが…

すっごくイイ!!!
ここ数年観た中でもダントツのNo.1です
一生忘れられない映画になりました

いい意味であの楽しげなポスターにすっかりだまされました
学生プロレスが舞台と聞いていたのでたいして興味もなくて、
正直あまり期待もしてなかったのですが、まぁ青春コメディだから
つまんなくても笑って許せるかぐらいに思っていたら…

すっかりやられてしまった
情けないくらい号泣して泣きじゃくってしまった
あまり涙もろいほうではないのですが…
終わったあとの舞台挨拶に佐藤隆太が出てきたときはファンでもないのに
全身鳥肌が立って涙腺が壊れたみたいにまた涙が止まらなくなりました
サエコも妊娠8ヶ月?なのにあんなに可愛いくてうらやましい

2ちゃんねる映画ブログ

いまこの文章書いていたらあのときの興奮がよみがえってきました
クライマックスのシーンが涙でにじんでしまったので…もう一回友人といっしょに観に行きます

52 :名無シネマ@上映中 :2008/02/12(火) 18:36:55 ID:iIsCR5lH
試写で見た。
なんか、ギャグのセンスが古くさくて(=つまんないっていう意味じゃない)
ダサい感じなんだけど、それがプロレスとよくマッチして、
ホロリとくる青春映画に仕上がってた。
おもしろかったよ。

83 :名無シネマ@上映中 :2008/02/23(土) 12:55:57 ID:53SlHiUp
試写会行った。
西田征史さんの脚本(めっちゃ出演もしているけど)だから、笑いは上手いと思った。
泣かせはツボに入らなかったけど、いい映画でしたよ。
ちなみに、フジ&ROBOT製作なのを映画見て初めて知った。

84 :名無シネマ@上映中 :2008/02/23(土) 16:52:28 ID:CGoTfCK9
>>83

ROBOTだけどCG一切使ってないってさ。
佐藤隆太が言ってた。

85 :名無シネマ@上映中 :2008/02/23(土) 16:59:41 ID:xEWXJkil
小泉監督は前作でもCG一切使ってないって言ってたな
こだわりがあるんだろうね

86 :名無シネマ@上映中 :2008/02/23(土) 20:07:54 ID:PjnArlng
泉谷しげるって役者として考えたことなかったけど
この映画の演技はすごくいいと思った。

96 :名無シネマ@上映中:2008/02/25(月) 04:14:20 ID:XAOjZfiv
大阪の試写会で観ました。
フツーにボロ泣きしてしまった。。
佐藤隆太良かったなぁ。笑顔に救われたよ。

2ちゃんねる映画ブログ

116 :梅田男 ◆umeda10.Vo :2008/02/28(木) 02:10:27 ID:aEPZSrjx
('A`)ノ 見てきましタ。
面白かったでス。最近のプロレスには足りない部分がこの映画にあると感じました。
試写会の会場では、女の人が多かったけど、泣いている人も多かったデス。

最近の映画では「パコと魔法の絵本」「博士の愛した数式」「メメント」等、同じ脳機能障害を扱った映画がありますが、この映画が一番面白かったかなァ。

156 :名無シネマ@上映中 :2008/03/01(土) 15:23:52 ID:GDGJyHA4
正直、学生プロレス以外に目新しさはなかった。
でも、王道のストーリーと登場人物のキャラのおかげで満足。
特にバスでのやりとりが実は何回も繰り返されていた件はなるほどと思った。
シーラカンスが映画の中で唯一、まともにプロレスやってたので却って浮いてた感じかな?
しかしシーラカンスの悪役ぶりが映画をしめるのに一役買ってた。好きだわ、この二人。

159 :名無シネマ@上映中 :2008/03/01(土) 16:43:50 ID:AIFqMXzy
見てきた。
全然ノーマークだっただけに「やられた!」という感じ
素直に脱帽します

バスの中での4回目の告白……うお、やべっ

「知識だけの記憶」を現実につなげる不安を抱えて部室のシャッターを開ける
シーン
→それを迎える仲間たちの「遅かったな」のフツーの反応
→五十嵐の救われたような笑顔

ほかにも山ほどいいシーンテンコ盛りだね
キネ旬ベスト3以内は確実じゃない?

180 :名無シネマ@上映中 :2008/03/01(土) 21:01:36 ID:5Hn/2czm
今日1000円だったから昼に見てきた
かなりよかった
まぁ、俺的なツボに何個もはまるところがあるからかなりひいき目かもしれんが
本当は事前に前方性健忘の事は知らずに見たかったが
中盤からの展開とかとかくる所ばかりだった
最期が無理やりな所がまぁむしろ良かったとしておきたい

サエコのぐしゃぐしゃな泣き顔が
プロレス研にいそうなブスマネージャにはまってて良かった

184 :名無シネマ@上映中 :2008/03/01(土) 21:44:36 ID:n/FoTwjm
>>180
ラスト、実は五十嵐の病自体は全く救われてないんだよね。
でも俺は「そこ」が好きだ。

五十嵐はそれを受け入れ、それを乗り越え、
そこから生きる希望をきちんと得ることができた。
彼は間違いなく生きているし、彼を知る全ての人は、きっと忘れないだろう。

幸せだ、と心の底からはっきり言える人生って凄いと思う。
例えその人がどんな状況だろうとも。

197 :名無シネマ@上映中 :2008/03/01(土) 23:45:41 ID:ZBGDzgLd
佐田の彼女役の子には
誰も突っ込まないの?
見た瞬間 吹き出したけどなぁ~

198 :名無シネマ@上映中 :2008/03/01(土) 23:55:41 ID:teH6S8Km
>>197
パンチ効いてたよなwww

199 :名無シネマ@上映中 :2008/03/01(土) 23:56:39 ID:1gBTrVPy
種馬マンについてkwsk

200 :RRD ◆3MranranlY :2008/03/02(日) 00:00:27 ID:5qH2QyzJ
つーことで初日レイト見てきた。いやー、やられた。
今年も50本以上映画を見るだろうけど、過去の経験でいえば5本の指の中に入る。
秀逸なのは五十嵐が目を覚ましてからの不安を忠実に見せたこと。
この衝撃的なシークエンスのおかげで、すべてのドラマがその日に初めて出会った
初対面の人との出来事であるということを常に意識させられた。
バスで4回同じ話をしたあたりも強烈なエピソード。このうち2回を見たわけだ。
朝岡麻子は4回目に、コクられたのは2度目だと言ってる。でも4回目は
コクってないし、五十嵐にしてみれば1回目とまったく一緒の場面。でも1回目は
麻子はコクられたと思ってない。他の2回はどんなだろう?
結局俺たちが認識している現在や記憶してる過去ってのは、気の持ちよう、
あるいは相互認識によっていくらでも変わってくるという不確かさ、恐ろしさを
再認識させる場面だ。

ただ、肉体を使ったパフォーマンスは、それ自体が肉体に訴えかけてくるもの。
理屈で語るにはふさわしくない映画でもある。学生がプロレスにのめりこんで
生き生きとしている、という演技を役者がこの映画にのめりこんでいきいきと
している、その雰囲気が伝わってくることだけは確かだ。

208 :名無シネマ@上映中:2008/03/02(日) 01:00:38 ID:stCH1XhT
タイヨウもガチボも、認知度が薄い難病・奇病にスポットを当て
分かりやすいエンターテインメントに組み込んでるのが評価できる。
この監督には、その趣旨を今後も継続してもらいたいよ。

ウルフルズの「暴れだす」がかかった時は胸がキュンとしたよ

209 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 01:03:06 ID:AISciFJ4
>>208
あー、あそこは本当によかった。
俺、ウルフルズでうるっときたの初めてw

なんか、曲も単なるタイアップってんじゃなくて
「かけたいものをかけるんだ!」って感じが見えるのが好印象。

220 :名無シネマ@上映中:2008/03/02(日) 01:25:53 ID:m7AN1aCB
冒頭のすべり気味のベタ展開後の主人公の日常シーン、4回振られるエピソード、
「暴れだす」のシーン、ラスト30分の熱闘(ロッキー思い出した)、
部長の銭湯での名セリフ…
横のごつい禿げ男と前のごつい男2人組(プロレス研究会っぽい)がハンカチで涙何度もぬぐってた。
俺もやられたよ。

223 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 01:31:37 ID:ihbbW76G
>>220
> ラスト30分の熱闘(ロッキー思い出した)、
ああ、あの感覚に近い。

225 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 01:35:36 ID:AISciFJ4
>>222
俺はアキレス極めた時の「絶対離すな――!!!!」で号泣。
それまで寡黙だったキャラだけに、完全にやられた。

226 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 01:38:39 ID:ihbbW76G
>>225
> それまで寡黙だったキャラだけに、完全にやられた。
そうそう。あれも普段しゃべらない伏線あっての感動だよね。

239 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 03:42:01 ID:J9ei+IAM
おそらくシーラカンズのポーズの元ネタがわかる人が少数とは、
自分も年をとったもんだ・・・
30前後のプロレス好き世代としては小ネタ満載で楽しめました。
監督が年下っていうのは末恐ろしい。

241 :名無シネマ@上映中:2008/03/02(日) 04:23:48 ID:/X9f8/kg
>>239
呼吸法とかも
プロレス好きな人なら「あるある」とニヤリとしてしまう。

249 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 09:20:53 ID:akEl6tVw
この映画は今年3番目ぐらいに気に入りましたが、
・五十嵐がバスから降りて号泣するところに降る雨がわざとらしかった。
・吹奏楽部が簡単に体育館を明け渡すという流れは無理があると思った。
・マネージャーの声が変だった。
この3点が俺のガッカリポイント。

255 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 10:51:33 ID:LoTE0Ol7
>>249
> ・五十嵐がバスから降りて号泣するところに降る雨がわざとらしかった。
雨降る→ずぶ濡れになる→入り口で裸になる必要性→親父に見られる
って流れを作るために必要だったんだろうけど、確かに少しわざとらしかったね。

> ・吹奏楽部が簡単に体育館を明け渡すという流れは無理があると思った。
> ・マネージャーの声が変だった。
外なら外でも良かったと思うけどね。
声は・・・

275 :名無シネマ@上映中:2008/03/02(日) 15:44:54 ID:yqzBAY7s
>・吹奏楽部が簡単に体育館を明け渡すという流れは無理があると思った。
小説版を読むと、簡単に明け渡したわけでないことがよくわかりますよ。

あと、ドロップキック佐田がかぶっていたマスクの秘密や
五十嵐君の妹が汗臭い○○○○のことが大好きなどいろいろなエピソードが満載ですので
オススメです。
映画の雰囲気そのままですし。

165 :名無シネマ@上映中 :2008/03/01(土) 17:46:41 ID:nkZ4f+6J
佐藤チンコ小さくね?

259 :名無シネマ@上映中:2008/03/02(日) 12:01:50 ID:H59uqYQF
チンコ小さいよね?

タイツの下に膨らみが全然ナッシングwww

264 :名無シネマ@上映中:2008/03/02(日) 14:46:24 ID:aKLnJaUP
伏線を一気に消化するのは見てて気持ちよい。

上で雨のシーンがわざとらしいとあったが
ベタなことこそ王道なんじゃないかな。
最初の一滴は涙だと解釈できるしね。
フラれたことも逐一メモらないといけない辛さ、
悲しさが十分表現できたし、親父にバレてしまう流れに上手につなげてる。

266 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 15:06:36 ID:01g1iYRv
シーラカンズの2人の最後がちょっと残念だったな。
拗ねて帰っちゃった感じで。

2ちゃんねる映画ブログ

269 :名無シネマ@上映中:2008/03/02(日) 15:23:48 ID:kVH6i5f9
シーラカンズの彼が「悪いキムタク」に見えてならない

281 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 17:29:29 ID:tBhUIif5
これ、札幌市民が見たら、こんな移動絶対にありえねーって思う。
北大から麻生駅~花畔団地線のバスに乗って、深川市の銭湯まで。
どーゆー移動してるんだよ、と突っ込み入れたくなった。

282 :名無シネマ@上映中:2008/03/02(日) 17:58:46 ID:Bw8PGNDJ
>>281
くだらん。
北海道って設定だけで
他は具体的な場所設定してないじゃん。

306 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 21:37:06 ID:9qU8tKRz
今日観てきて、思ったのが客少ないのがかなり残念だった。
内容的には今年で3本の指に入る映画だと思った。
というか大学生のノリってやっぱ好きだわ。
遅れた理由はって聞かれて、寝坊って言うあの演出とかは
俺的にはかなりツボだったけど、皆笑ってなくてある意味悲しかったw
まあ大笑いというか、クスクスって感じだけどね全体的に。
ただ、最後の写真のシークエンスは蛇足では?
五十嵐の笑顔で止まって、そのままチャットモンチーの歌で良かった気がする。

308 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 21:52:01 ID:wWN7uAFm
今日見てきたよ。お客少なかったなぁ。
でも、感動できたので良し。
泉谷と主人公との微妙な距離感とか、
息子の思いに向き合っていく姿には目頭が…。
ノリも良いし、涙ばっかりじゃないのがいい。

>>306
俺も寝坊のシーン好きだよ。
最後の写真のシーンは、俺的にはないとちょっと淋しい気がするんだ。
あの五十嵐の笑顔で終わるかな?とも思えたけど、
”その後”が流れるっていう演出が入ったことで、俺は「彼のその後」を意識できた。
あれは、あの一日の奇跡なんかじゃなくて、
あの写真とともに、ずっと残り続けるんだ…とかな。

311 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 21:55:40 ID:qo3HbxUx
>>308
自分もあの写真はよかったと思った。
みんなの心に本当に刻まれたんだなと実感できて。

ああ思い出してもまた涙がでてくる。

客が少ないっていう書き込みを観ても涙がでてくるよお。

312 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 22:06:46 ID:n204OAJr
客は確かに少なかった!日曜なのに!昼過ぎなのに!

でも、エンドロールで立つ人は一人も居なかったよ。
チャットモンチーの曲も映画の勢いに合ってて良かった。

319 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 22:23:06 ID:mezUpea/
「明日の僕へ」のトップページに「栄養はええよ~、で笑うな」と
一言、書き加えたい。

320 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 22:24:32 ID:h8NlHjiZ
>>319
ワロタ(w

322 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 22:32:17 ID:EK63q99/
自分の出身大学でロケやったっていうので見に行った。
砂土のトラック、教養の食堂、サークル会館、懐かしかったあ。
学祭が11月のはあえて設定なおしたんだね、北大のは6月だから。
でも、すんません、不純な動機で見に行っただけだけど、素直に感動しました。
思わず、帰りにノベライズも買って一気に読んじゃったよ。
ノベライズでは、しっかりこのままでは卒業できないことも言ってた。
「この試合で、大学辞める」って決意、映画で出してもよかったかも。
あ、カットされたんかなあ。

331 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 23:36:50 ID:qo3HbxUx
>ノベライズでは、しっかりこのままでは卒業できないことも言ってた。

やっぱり卒業は無理なのか…そんなシーンがあったら辛すぎたかも。
あのしっかりものの妹さんがいれば五十嵐はなんとか生きてはいけるのだと思うけど、決して安易なハッピーエンドではないんだよね。

ブログ巡りしてるけど「泣ける」ときいてハードルをあげてる人は泣けなかったって文句書いてる人がいるようなので気楽な気持ちで観に行った方がいいかも。

339 :名無シネマ@上映中:2008/03/03(月) 00:22:06 ID:NrDF+liy
プロレスマニアからすると、シーラカンズは小橋復帰戦時の
三沢・秋山のような立ち位置にしてほしかったな。
受けの美学を強調した方が、本作の趣旨にハマると思うのだが・・

あと4回ふられるエピソードは秀逸だと思う。

341 :名無シネマ@上映中 :2008/03/03(月) 00:33:57 ID:gbf3/6de
>>339
ふられたのは二回じゃない?

342 :名無シネマ@上映中 :2008/03/03(月) 00:38:24 ID:tzLeLrN+
「4回目」というか「2回目」はホロリというか、むしろ号泣。

こんな大事なこと、何でメモしてなかったんだろうって、メモできない、メモしたくない五十嵐の
気持ちがわかる。
単に振られちゃった事実をメモするのも辛いから書きたくないだけじゃない。
もしこれをメモしちゃったら毎朝失恋を知って、唯一の一日が永遠の失恋記念日になるわけで。
そりゃやだよな、書きたくないよなと。

344 :名無シネマ@上映中 :2008/03/03(月) 00:50:16 ID:tzLeLrN+
>>343
残り2回は、前のバスのシーンのように思い出は話したけど告白は
できなかったんだと解釈した。

348 :名無シネマ@上映中:2008/03/03(月) 02:09:03 ID:AveURu+M
映画の短い尺の中で
4回目のところは秀逸だと思う。
大事なことなのにメモしたくない五十嵐の気持ちもわかるし…
でもメモしなかったらまた告白して泣かしちゃうんだよな。
あのメモを濡らす滴は雨だったのか涙だったのか。
その雨も親父にばれる伏線になってるし見事な計算。

349 :名無シネマ@上映中 :2008/03/03(月) 02:24:31 ID:79F+yVky
そりゃあの状況じゃ泣くわな
もし俺だったら辛すぎて絶対隣に座れないし同じバスで帰りたくない。
それ四回目だよとか指摘するのも相当苦痛だったはずだぜあれ

350 :名無シネマ@上映中:2008/03/03(月) 03:12:05 ID:1lPzMv52
指摘しないとまた繰越しちゃうんだよな…辛すぎる

358 :名無シネマ@上映中 :2008/03/03(月) 10:20:27 ID:e60T9VrV
最後の歴代チャンピオン写真のくだりって
「自分の記憶に残らなくても他人の記憶に残れ」が叶ったってことだよな

360 :名無シネマ@上映中 :2008/03/03(月) 10:31:14 ID:rH7O9gZy
>>358 その辺は見たひとが感じた通りに受け止めておけばおk

ああいうエピローグには、これが正解なんてないよ。

363 :名無シネマ@上映中 :2008/03/03(月) 12:29:24 ID:J4Ii1MWh
プロテインドカッと置くところで隣に座ってた男の人が爆笑したので釣られて笑っちゃった。

374 :名無シネマ@上映中 :2008/03/03(月) 15:25:09 ID:VezSAgct
親父は最後、家から体育館まで瞬間移動でもしたの?
日に日に日記やメモを読む量が増えて大変じゃないの?

という話題は何度も語られてますか。

376 :名無シネマ@上映中 :2008/03/03(月) 15:35:23 ID:uKjHUv3h
>>374
カエルは両生類じゃないかという話題は語られてます。

377 :名無シネマ@上映中 :2008/03/03(月) 16:01:19 ID:tzLeLrN+
>>374
親父シーンは時系列的には映像通りじゃないと勝手に脳内補完したw
日記がどんどん厚くなるのはその通りなんだよな。

五十嵐の20年後、30年後、40年後を考えると切なくなる。
昨日まで20歳だったのに、起きてみたら70歳。
こええ。

393 :名無シネマ@上映中:2008/03/03(月) 22:25:49 ID:wQeVBhp7
五十嵐があんだけ写真とってんだからエンドロールの時に一緒に見せて欲しかった…他にどんなコメントが書かれてたか気になる!それとエンディング曲は全然耳に残らない。いい映画なのにもったいない!

483 :名無シネマ@上映中 :2008/03/05(水) 02:51:32 ID:FN8i+j6E
チャットモンチーの「ヒラヒラヒラク秘密ノ扉」は、試写会で映画を観てから
歌詞書き換えただけあって、後から聞くと歌詞が映画のシーンを想起させ
てくれるんだけどな。
でも、エンドロールで流れた時はビミョーに感じたのも事実w

2回目鑑賞からは慣れて、逆に涙腺刺激スイッチになりそうだ。

486 :名無シネマ@上映中 :2008/03/05(水) 07:39:57 ID:Ioy0J8Qp
>>483
チャトモの歌は最初あのキンキン声がなんだかなあと思ったが
「朝は起きるだけの朝じゃない」
「夜は眠るだけの夜じゃない」
「ぼろぼろで戦うリングの隅…」とか
映画とシンクロする歌詞になってるので今はこの曲を聴くだけで泣ける。

395 :名無シネマ@上映中 :2008/03/03(月) 23:02:07 ID:YrUcbspx
シーラカンズってなかなか良いカラダしてると思ったら本職混じってるのか

397 :名無シネマ@上映中 :2008/03/03(月) 23:14:43 ID:EMvzYX9s
>395
しゃべらない方が現役のプロレスラー、フジタ・"Jr."・ハヤトです。
みちのくプロレス所属。
リング上では強烈なキックを武器にしている、バチバチ系。

セリフが無いので残念でしたが、まあ現実にもタッグチームの
片方がしゃべり担当、もう片方は寡黙、というのはありますからね。

400 :名無シネマ@上映中 :2008/03/03(月) 23:21:01 ID:EMvzYX9s
マリリン仮面がブレーンバスターで投げられる時に、両足がピンと伸びていたり、
レッドタイフーンがロープ越しにリング下に落とされる時に、しっかりロープを
つかんで受け身を取っていたりと、本当にプロレス修業はしっかりやったみたいね。
プロレスデビュー当時の北尾は、それすらできていなかったのだが・・・・

対戦相手のデビルドクロそっちのけで、一人でパイプ椅子と格闘していたのが
みちのくプロレスの野橋真実。
ヘラクレスオオ千賀とミラニートコレクションa.t.は、どこに出てたか確認できなかった。

403 :名無シネマ@上映中 :2008/03/03(月) 23:26:17 ID:uKjHUv3h
>>400
レッドタイフーンは撮影2日目にフジタハヤトに肋骨一本折られての撮影、
マリリン仮面はドロップキックでねんざ
ボラギノール日野はぎっくり腰、
唯一無傷だったのは玉子王子だそうです。

404 :名無シネマ@上映中 :2008/03/03(月) 23:27:21 ID:w/KUudhc
ヘラクレスとミラニート見つかんなかったよな。
ひょっとしたら歴代チャンプの写真とかか?

407 :名無シネマ@上映中 :2008/03/03(月) 23:30:18 ID:EMvzYX9s
>404
ミラニートのblogによると、本当は技術指導だけだったが、
ほんのちょっと出ているらしい。

どこだろう、ちっちゃいから分からんか(笑)。

でも歴代チャンプの写真というのは盲点かも。

432 :名無シネマ@上映中:2008/03/04(火) 12:44:42 ID:Vvkfmsdq
シーラカンズのあの最後の態度は、試合の途中でやられてもやられても立ち上がる五十嵐に声援が集中して、
結果、自分たちがヒールの立場になっていることを察知した二人が、ヒールに徹した、と感じた。
つまり、空気を読んでアドリブを効かせた、と。
技や身体能力とは別の部分の、プロレスの試合をいかに面白く成立させるかというセンスが高い、いいレスラーだな、と。
まあ、飽くまでも俺の勝手な深読みだが。

456 :名無シネマ@上映中 :2008/03/04(火) 20:36:41 ID:YwzfwgRR
>>432
プロレス好きだとそこまで読むよねw
五十嵐コールのときのリアクションなんて
あきらかに演じてるものw
良いレスラーだよ。

458 :名無シネマ@上映中 :2008/03/04(火) 20:51:22 ID:Y/5hla71
>>456
なるほどね~
そう考えたら、シーラカンズはすごいな。

465 :名無シネマ@上映中 :2008/03/04(火) 22:11:28 ID:JwMjTV5p
シーラカンズ、あえてヒール説、オレも乗った。
そもそも学生プロレスをやっている以上、重度のプヲタに間違い無い。
決めのポージングにまでこだわっているのだから、
「自分たちが、どう見られているのか」には敏感なはず。

試合中に、どうやらヒールターンしてしまったのは理解できるので、
そのままヒールに徹した、という見方もありだと思う。

591 :名無シネマ@上映中:2008/03/07(金) 20:52:41 ID:w1+bD//o
プヲタが言う「シーラカンズあえてのヒール説」はどうかと思う。
絵に描いたようなヒールムーヴで立ち去ったシーラカンズ、これは空気を読んでヒールを演じることに撤したのか、単に感情のまま動いたのか。
俺は後者だと思った。
だって、あいつら自分達が目立つようにマリリンを持ち上げ、利用しようとしていたし、そもそも顔、体、しゃべり方とかがいかにもキザでナルシストなチャラ男って感じ。漫画的な悪役の記号が普段の言動から感じられた。
結局思うように事は進まず正反対の展開になり、ついに本性を現した。
大方の人達が感じたであろうこの意見、どう?
ベタな展開の映画だからこそこれが正解だと思うわ。

592 :名無シネマ@上映中 :2008/03/07(金) 21:11:21 ID:RLdw/P+l
>>591
個人的には同意。

でも空気を読んで悪役になったって解釈も面白いと思けど、
それを裏付けるものが描かれてないように感じたからね。

470 :名無シネマ@上映中 :2008/03/04(火) 23:27:55 ID:8U9LlyAO
宮川大輔の実況がさすがだった

2ちゃんねる映画ブログ

485 :名無シネマ@上映中 :2008/03/05(水) 07:08:21 ID:Fls80zAK
お兄ちゃん思いのいい妹さんだよな。

486 :名無シネマ@上映中 :2008/03/05(水) 07:39:57 ID:Ioy0J8Qp
あの妹はほんとにいい子だよなー。

523 :名無シネマ@上映中 :2008/03/06(木) 02:11:50 ID:p08d6x1b
>>485
監督の思う「こんな妹が居たら最高」という演出だったらしい。
なので、髪もわざわざ黒に染めたそうだ(ちなみに地毛は茶髪)。

2ちゃんねる映画ブログ

演じた本人も、「あんな妹だと感心してしまいます」と話していたし。

524 :名無シネマ@上映中:2008/03/06(木) 03:42:26 ID:8DfKH+9o
五十嵐がやられてるときの妹の
泣きながらの「おにぃちゃん><」ってとこがなんかイイ!

526 :名無シネマ@上映中:2008/03/06(木) 04:07:12 ID:Kfy3XBlC
週刊プロレスの鈴木健次長が携帯のコラムで絶賛してたよ。
「プロレスの正しい感じ方を教えられた気がした」って。

556 :名無シネマ@上映中:2008/03/06(木) 22:34:25 ID:m0RPzT9E
あれ、ここまで絶賛するほど面白い映画とは思わなかったな。
ストーリーもありがちだしわくわく感がイマイチ感じられなかった
プロレスに全く興味ないからなのかな…でも最後はよかった
身体張って頑張ってる試合は凄く迫力あったよ。観てるこっちが痛くなるw

586 :名無シネマ@上映中:2008/03/07(金) 17:26:05 ID:0az/BwEj
久しぶりに良い映画観たわア。
宮川大輔と泉谷いい味だしてた。
泉谷親父がビッコ引いてるのは演技なの?
それともほんまもん?演技だとしたら銭湯一筋に生きた親父の人生が
見え隠れしてとてもいい芝居だとオモタ。

590 :名無シネマ@上映中 :2008/03/07(金) 20:32:01 ID:RLdw/P+l
>>586
演技じゃなくて本当に足が悪い。


関連記事

  1. 2009/02/11(水) 17:51:49|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<呪怨 パンデミック | ホーム | ONCE ダブリンの街角で>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/519-f70562ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR