FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

グーグーだって猫である

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1209132218/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/04/25(金) 23:03:38 ID:aC0He0Cf
「グーグーだって猫である」 9月、シネマライズ、シネカノン有楽町2丁目ほか全国ロードショー公開予定

監督・脚本:犬童一心
原作:大島弓子「グーグーだって猫である」(角川書店刊)
音楽:細野晴臣 特写:佐内正史
プロデューサー:久保田修〈キアロスクーロ(IMJーE)〉、小川真司〈アスミック・エース〉
制作:アスミック・エース エンタテインメント、キアロスクーロ(IMJ-E)

キャスト
小泉今日子、上野樹里、加瀬亮、森三中、林直次郎ほか

アスミック・エース エンタテインメント http://www.asmik-ace.co.jp/


223 :名無シネマ@上映中:2008/08/24(日) 20:23:39 ID:MzWTChNd
この映画で使われた猫は何匹だろう。

224 :名無シネマ@上映中:2008/08/24(日) 21:02:02 ID:rjEfcb9k
上に書いてなかったっけ
4匹だか5匹だか
基本的に猫待ちの撮影だったらしい

271 :名無シネマ@上映中:2008/08/28(木) 22:29:00 ID:Gu9MvenX
新宿で見た
原作者に無礼な映画だと思った
大島弓子はこの映画をどう思ってるんだろう…

272 :名無シネマ@上映中:2008/08/28(木) 22:41:30 ID:m+WIt03k
雨の中期待して行きましたが・・・正直がっかりでした
吉祥寺の町の良さも伝わりきれず、何がテーマなのかハッキリしない感じ
何より森三中が出てきただけで笑いが起こるのもどうかと思った

2ちゃんねる映画ブログ

コメディなのか?これは
グーグーは可愛かったから良かったけれど
宣伝が大々的なだけに、消化不良って感じ

274 :名無シネマ@上映中:2008/08/29(金) 00:27:17 ID:s856jOJG
猫映画というよりは女性映画だと認識してたよ。
大島弓子の漫画が、そもそも猫そのものを描いた漫画というより
「猫を通して、この世界を受け入れる」って感じの漫画だと思う。

275 :名無シネマ@上映中:2008/08/29(金) 00:36:27 ID:VQIi3hFw
猫を飼ったことのない大島ファンです。試写会行って来ました。
原作は「猫ってこうなんだ」「猫を飼ってる人ってこういう風に思うんだ」
ということがいろいろおもしろくて、そこに大島さんの人生が絡んできて
感慨が起こる、という感じで読んでたんですが、映画は全然違いますね。
なんていうか、監督が大島ファンで、ファン心理を表現する枠組みとして、
グーグーのエッセー漫画を借用した、っていう感じ。
加瀬さんはよかったけど、わざわざ恋愛を絡める必要も感じなかった。
あと、小泉さんと上野さんが全然漫画家に見えないのも、違和感ありました。
わたし的に耐えられなかったシーンは、病院の窓越しのシーンかな。失笑しました。

2ちゃんねる映画ブログ

276 :名無シネマ@上映中:2008/08/29(金) 00:48:09 ID:ZQ5bpHRF
原作ファンには不評のようですね。

278 :名無シネマ@上映中:2008/08/29(金) 01:17:31 ID:T0dil3uo
サバが大後寿々花というのもなぁ…
チビ猫じゃないんだから

288 :名無シネマ@上映中:2008/08/29(金) 17:24:51 ID:6iZYuM/w
大きな盛り上がりがあるわけではなく
淡々とした日常と、ちょっとしたファンタジーなんだけど
とても心地良い空気感
私はこの映画好き

原作も大島さんも詳しく知らないし先入観持たずに見たからかな

298 :名無シネマ@上映中:2008/08/30(土) 15:33:30 ID:auBntMIs
てか犬童の映画て時点でアウト。

何も心に残らない作品を撮る天才です。

296 :名無シネマ@上映中:2008/08/30(土) 12:12:12 ID:x3F/WfnN
2巻の内容でやるの?

299 :名無シネマ@上映中:2008/08/30(土) 15:44:21 ID:O7B3GWrD
>>296
原作と全然違う内容

原作知ってる人にはストレス
原作知らない人には意味不明

303 :名無シネマ@上映中:2008/08/30(土) 21:23:04 ID:x3F/WfnN
>>299
何目的の映画化なんだよw

304 :名無シネマ@上映中:2008/08/30(土) 21:37:52 ID:Ql4xUdxd
>>303
監督の自己満足のための映画
意味もなくまことちゃんを出したりしてるし

301 :名無シネマ@上映中:2008/08/30(土) 16:41:15 ID:4CSItWFI
これは独身アラフォーにはキツい内容だね。
悲しいというよりへこむわ。

336 :名無シネマ@上映中:2008/08/31(日) 23:30:22 ID:ye03lFaQ
たしか、平川地の弟は初日舞台挨拶が最後の芸能活動になるんだよな
俺は樹里ヲタだけど、この時ばかりは平川地ファンに譲ってやりたい

2ちゃんねる映画ブログ

337 :名無シネマ@上映中:2008/08/31(日) 23:40:31 ID:sAFI0oLi
平川地も何の為に出てくるのかさっぱりわからない役だけどね。

客呼べる役者揃えて、こんな映画しか作れないというのが情けない。

418 :名無シネマ@上映中:2008/09/05(金) 13:22:49 ID:xahpgJkC
直次郎ってかっこいいのね
今さらだけどファンになった

419 :名無シネマ@上映中:2008/09/05(金) 14:02:34 ID:FgCS4nXw
>>418
明日を最後に引退で残念だね

413 :名無シネマ@上映中:2008/09/05(金) 05:25:18 ID:29hhOKHv
猫が歩くときタラちゃんみたいな足音の効果音が鳴るってのは本当なのか

414 :名無シネマ@上映中:2008/09/05(金) 07:49:03 ID:R+b3cxun
本当です。

416 :名無シネマ@上映中:2008/09/05(金) 12:06:01 ID:7OzO//Fy
>>413 それ嫌だなぁ‥

726 :名無シネマ@上映中:2008/09/11(木) 00:39:46 ID:cDUZZRlE
細野晴臣が作ったってパンフに書いてあるよ、
猫の世界の猫の音なんだそうです。

727 :名無シネマ@上映中:2008/09/11(木) 00:45:03 ID:bUtYBYnr
あー
そうだったんだ


細野乙
としか言えんわなwwwwwwww

428 :名無シネマ@上映中:2008/09/05(金) 21:35:31 ID:tDq5quzp
ぬこの放し飼いを推奨してるのがどうにも納得できなかった

430 :名無シネマ@上映中:2008/09/05(金) 21:57:50 ID:3/EVkuMF
映画を観ていて気になった。

井の頭公園とは違い、吉祥寺西公園は、犬を連れて入れない。
入り口に注意書きの看板も有る。猫ならいいのか?
撮影なら何でもアリなんだな。

さらに、住宅街のポッケットパークで缶ビール。
品性下劣だな。

450 :名無シネマ@上映中:2008/09/06(土) 14:26:10 ID:pFyeSPSc
今観てきました…吉祥寺のこまかいことはおいといて

泣けました~大島せんせの心象再現したりで、なんかもう
大島原作にハズレ無しですが、今回はとくにヤられました
単なるぬこ映画でほのぼの~と思っていただけに衝撃大
買ったポップコーンに手を着けなかったのランボー4以来ですた

子宮癌は大変だったんですね~
元気でたくさんまんが描いてほしいです

上野もいい演技していたし
時間おいたらもう一回観ようと思ってます

454 :名無シネマ@上映中:2008/09/06(土) 15:23:24 ID:2lP+U+7Z
猫の子宮をとって猫の怨念で
自分の子宮をとられる怪談映画

455 :名無シネマ@上映中:2008/09/06(土) 15:28:27 ID:9ybnPa9K
>>454
(゚д゚)なー

463 :名無シネマ@上映中:2008/09/06(土) 19:12:07 ID:Ip5ud3zX
原作を読んでないから分からないんだけど、
謎の外国人とグワシはいらなかったと思う。
あれのせいで白けたよ

2ちゃんねる映画ブログ

470 :RRD ◆3MranranlY :2008/09/06(土) 20:52:49 ID:440qizBK
つーことで見てきた。
吉祥寺か。俺とは全然縁のない街だけど、カルチャーっぽくて
居心地の良さそうな街だね。
映画の雰囲気も良かった。人と猫との関係だけではなくて、
人と人と猫との関係がいい味を出してた。
大後寿々花がいい。長い付き合いだったんだから同世代の
役者を使えばいいのに、とも思ったんだけど、この透明感は素晴らしい。
猫を飼ってると無防備に寝てたりして、信頼してもらってるんだな、って
思ったりするんだけど、でも本当に幸せだと思ってくれてるのか、
言葉で伝えてくれないからどっか不安なところがずーっと残るんだよね。
ペットロスの根っこの部分って、そういう不安や後悔なんじゃないのかな。
「楽しかった」って言葉で伝えてもらえれば、どれだけ幸せなことか。
その重大な役割を十代がよく果たしたと思う。
つーか大後寿々花がペットロスで苦しんでる家庭を1軒1軒訪問して
いったら本物の女神扱いされるよ。

473 :名無シネマ@上映中:2008/09/06(土) 21:06:17 ID:Y7sXAXUt
ネコ大好き人間の俺が見て来ましたよ。
最初は「こねこ」(ロシヤのネコ映画)みたいなのかな?と思ったけどちょっと
違った。(予備知識ゼロで見に行ったので)なので最初は?な感じだったけど、
話が進むにつれまったりと楽しめた。ただまことちゃんの「グワシ」はいらなかった
と思う。それでも見終わった後は「ほ わ ん」とした気分になったよ。
後ネコ好きの俺としては、ラストシーンは神だと思った。

497 :名無シネマ@上映中:2008/09/07(日) 00:54:48 ID:x1Gt55gf
サバが人間になるのやめてほしかった。
マーティもいらないし、平川地もへたくそすぎて腹立つ。
もっとグーグーがみたかったのに、キョンキョンのアップで萎えた

ぬこに癒されようと思って入った自分馬鹿だったな。
パンダフルにすればよかった

499 :名無シネマ@上映中:2008/09/07(日) 00:59:56 ID:h6stYoKm
自分はサバの人間良かった
ただ顔はハッキリ出さずにぼやかして欲しかったかな
サバと夢での再会シーンは泣いたよ

500 :名無シネマ@上映中:2008/09/07(日) 01:10:18 ID:MBJMzv5Z
観た。グーグーは脇役なんだね、眉は似てたと思う。犬童さんらしい映画だなぁと思った。良くも悪くも。加瀬亮さんは大島作品実写に合いそうだと思う。金髪の方が好きだけど、悪く無かったというのが個人的感想です。

501 :名無シネマ@上映中:2008/09/07(日) 01:17:27 ID:lo4XBTBw
吉祥寺のバウスシアターで初日見てきた。
小さな映画館、指定席制じゃないので上映2時間前から売り出される入場順の決まった
チケットを買うために30分ぐらい並んだ。(50人ぐらい並んでた)

で、感想ですが、
タイトルと設定のごく一部だけ借りてきた原作とは全く別物の作品。
大島弓子ファン、原作ファンには違和感強いだろう。
評価はア100点満点で30点。

・キョンキョンはよかった。マーティと楳図先生、いらない。
・アイディアの羅列だけ。一貫した筋無し。そのアイディアも冗長。
・麻子にとってのサバの存在についての掘り下げが浅いから、
対比としてのグーグーの存在感も希薄。
・テーマは?日常に潜む生と死と出会いと別れ?
ちゃんちゃらおかしいですな。
・暗喩も明喩も無い。全編監督のオナニー映画。

一緒に見に行った38歳女性も「話が浅薄。登場人物の設定全然活かされてない。ツマンネ」でした。
1800円の価値無し。見たい人はレンタル開始まで待つべし。

517 :名無シネマ@上映中:2008/09/07(日) 09:41:38 ID:U2TKYDjo
>>501
原作を知ってる人から見ると、そう考えるのでしょうね。
俺は、何も知らなくて猫をもっと絡めた映画だと思って見にいった。
猫との絡みは、確かにあるのあるんだが、途中から少女マンガみたいな
単純男女絡み物語になっていくよね。

だから、ストーリー的に、猫好きが見ても、恋愛もの好きが見ても非常に
中途半端、でもそれでも恋愛もの好きな連中から見たら多少は救われる
だろう。

TV CMを見て、見に行った猫好きからしたら、詐欺にあったおうなもの。
その映画の宣伝の仕方にも、問題はあるな。今、猫ブームだし。

猫好きからしたら、殆どを猫との絡みにして、半分はサバ、半分はグーグー
にしてほしかった。

俺が泣いたシーン、最初いきなりのサバが死ぬシーン、2回目、サバと夢の中で
逢って人の姿になってるサバと会話するシーン

510 :名無シネマ@上映中:2008/09/07(日) 02:41:18 ID:eGgb26bP
まぁ雰囲気とか嫌いじゃないけど、ぬこトイレの宣伝描写がウザいとか
UMEZUとか、まことちゃんとかいらんだろ。
あとなんかDVDもらったwww

511 :名無シネマ@上映中:2008/09/07(日) 03:00:12 ID:jEIZxMU7
絶対エドがCMやると思ってたのに意外とまともだったな

2ちゃんねる映画ブログ

512 :名無シネマ@上映中:2008/09/07(日) 03:51:34 ID:cBcWLO4K
原作知らん派ですが。
基本、よい作品だったと思います。
・よかったとこ
サバとの夢中交流 きょんきょんの胸
・はあ?だったとこ
猫トイレ宣伝攻撃
アシナオミと浮気彼氏とのおっかけっこ

連れは、吉祥寺タウンガイドみたいなのがうざい、と言ってました それもそうかな、と思う。佐藤のメンチカツは食べたい。

514 :名無シネマ@上映中:2008/09/07(日) 08:26:59 ID:MBJMzv5Z
キョンキョンの胸は女だけど妙なエロさがありましたな。大人の女って感じ。

535 :名無シネマ@上映中:2008/09/07(日) 15:08:00 ID:pogmFGld
麻子の2つ目のお願いってなんだったのかな~

550 :名無シネマ@上映中:2008/09/07(日) 19:01:29 ID:MkSF0iX6
>>535一つめは麻子が死んだ時のお願いだったよな。
グーグーを貰って下さいと。

二つめは(卵巣癌の症状がごく初期だったとして)手術が上手く成功したら
私を貰って下さい風のことを言うつもりだったのでは?

青自が故郷に帰る事を先に打ち明けちゃったから
麻子の願いはその時点で儚く崩れ、言えなくなった…

553 :名無シネマ@上映中:2008/09/07(日) 20:13:11 ID:4sfTVwpc
特に要らないと思ったシーンは空港かな
もっと格好よく往かせてあげて欲しかった

一番心に残ったのは麻子さんと看護婦の会話で麻子さんの一言

もう一度観たいのは逝くときに人間に変化したサバ

老いが見える小泉今日子と麻子先生を素敵だと思い、が好きになったのは、
直美目線のせいかな(樹里ヲタ目線かも・・

世界観や人物の対比はよく感じ取れたけど・・
何気ない猫と人間の触れ合いが不足だった

554 :名無シネマ@上映中:2008/09/07(日) 20:20:27 ID:4sfTVwpc
むしろ直美ちゃんカップルの恋愛エピが全部いらなかった。
話が散漫になる原因のひとつがあの脇カップル話。

どうしても恋愛エピを入れなきゃならなかったのかも知れないけど、
先生と青自だけにした方がまだ引き立って良かったはず。
もちろんそんな恋バナよりは、グーグーとの描写をもっと
深くしたほうがずっと良かったはずなのだけれども。

571 :名無シネマ@上映中:2008/09/08(月) 01:35:39 ID:6mKOX3eI
上野はさすがだし加瀬もいい
小林亜星とちょっとしか出ない江口にツボった

579 :名無シネマ@上映中:2008/09/08(月) 09:47:08 ID:R0I4ZhZi
たまたま知り合ったイイ男が医者だったなんて展開、スイーツ(笑)過ぎだよ。
動物園の飼育係との関係を掘り下げたほうがまだ良かったなぁ。
あの人の撮った写真の麻子の笑顔は素敵だった。

592 :名無シネマ@上映中:2008/09/08(月) 13:28:15 ID:ueQqlvvQ
サバはメスだけど男顔で中性的な性格&存在なので、
映画はミスキャスト。

原作知らない人は違和感なくただ受け入れるだけだったんだろうけど。
本物のサバを知ってる人にとっては、
サバと先生のシーンを見ているあいだ中ずっと、妙~な感覚に襲われる。

596 :名無シネマ@上映中:2008/09/08(月) 13:47:16 ID:bcfV058x
>>592
> サバはメスだけど男顔で中性的な性格&存在なので、
> 映画はミスキャスト。


サバ役は当初、岸田今日子だったらしいよ。

制作側は、「男顔で中性的な性格&存在」なんて
最初っから全然意識してないってことだね。

597 :名無シネマ@上映中:2008/09/08(月) 13:57:38 ID:WZGUoHEy
岸田今日子、といえばムーミンか……。
愛らしい美少女よりかは、まだイメージに近かったような希ガス。
中性的っぽいしね。

(原作知らない人のために書くと、サバは擬人化されていて、
一見、男性のような風貌で描かれているのです。)

まあ誰がやったとしても、顔を映さない方が幻想的で良かったと思う。

598 :名無シネマ@上映中:2008/09/08(月) 14:23:18 ID:/LmZsGvj
哲学者的風貌なんだよな、原作者のサバに対するイメージは

599 :名無シネマ@上映中:2008/09/08(月) 14:24:50 ID:bJxA6N73
えっ、岸田今日子?
亡くなったから変わったってこと?まさか今日子つながりではあるまいね。

601 :名無シネマ@上映中:2008/09/08(月) 14:34:21 ID:jh7Ghc3f
サバを大後にしたのはエロ親父監督の意向
歳は麻子を追い越したと言っていたので少女では不自然

602 :名無シネマ@上映中:2008/09/08(月) 14:36:52 ID:bcfV058x
>>599

そう。当てにしてた岸田今日子(おそらく特別出演扱い)が
お亡くなりになったので、代わりを探した模様。

そこで一番重要視されたのは、
「男顔で中性的な性格&存在」なんかじゃなくって、
「しゃべりの巧さと説得力」

音声のない原作と、音声のある映画では、
当然重要になるものは変わってくる。
いくら風貌が「男顔で中性的な性格&存在」でも、
しゃべりが下手なら、全部崩壊してしまうのが映画なんだから当然の話。

ともモノローグやナレーションの経験がある程度あって、
本人もそれに慣れてないといけないから、相当探すのは難航した模様。
普通の演技が上手なのと、あの手の台詞が上手なのは必ずしも一致しないからね。
もちろん岸田今日子レベルの適任者なんて
簡単に見つかるわけないのは当たり前なんだけど。

607 :名無シネマ@上映中:2008/09/08(月) 15:18:37 ID:fjBD3Ehs
>>602
へー、そんな裏事情が。
大後ちゃんのルックスは完全にチビ猫だったね。

2ちゃんねる映画ブログ

しかし、もし岸田今日子が出てたら、
「岸田今日子の無駄遣い」って思っただろうな。
自分はあのシーン自体、不要だったと思うし。
死んだ猫との交流でお涙頂戴狙うヒマがあったら、
生きた猫との交流をもっとしっかり描けよ、と言いたい。

613 :名無シネマ@上映中:2008/09/08(月) 18:41:38 ID:ytUV3/pC
う~ん。
猫を飼ったことがある人だったらわかると思うけど
猫は相棒であり、悟りを開いた仙人のようでもあり、自分の娘(息子)のようでもあるという
感覚だから、お婆さんの姿でも少女の姿でも青年の姿でも、実はそれほど本質を外れてない感じがするよ。

626 :名無シネマ@上映中:2008/09/08(月) 23:53:38 ID:o0oDknbg
それにしても映画の中で何度「角川書店」という言葉が出てきたことか。
そこが最大の興ざめポイントだったな。いろいろあるんだろうけどさ。

628 :名無シネマ@上映中:2008/09/08(月) 23:54:50 ID:4brFnzPZ
「花王 にゃんとも清潔トイレ」の不自然な目立ち方よりよりは
マシじゃないだろうか?

630 :名無シネマ@上映中:2008/09/09(火) 00:06:11 ID:q6TNV6su
穴吹工務店のトラックとかかなりげんなり

632 :名無シネマ@上映中:2008/09/09(火) 00:39:09 ID:HufPsHEi
角川書店のリアル会長、社長の出演には寒気がした
次回も監督指名してね!っていうゴマスリなんだろうな

639 :名無シネマ@上映中:2008/09/09(火) 14:49:35 ID:FHAPbJ4x
小泉今日子のブラ姿びっくり!
胸も下がっておばさんやん

642 :名無シネマ@上映中:2008/09/09(火) 16:08:00 ID:Ls3Jb05k
>>639
でも妙な色気があるよ
ピチピチが最高!な人にはわからないだろうけどさ

661 :名無シネマ@上映中:2008/09/09(火) 23:57:56 ID:5gqXAYY+
みんなで追いかけっこして階段上って飛び降りてプロレスするシーンはいらなかった。

665 :名無シネマ@上映中:2008/09/10(水) 00:29:31 ID:qvMF2Ow7
>>661
中央特快の存在もなんだか?な感じ。
シングル化してるのも一同スルーだし。

690 :名無シネマ@上映中:2008/09/10(水) 17:47:27 ID:I65yFNyN
親子連れで来ていたけど
うけ狙いのところは、子供が大うけしていたw
特に森3中と樹里ちゃんがエキストラとの格闘?シーンで特に大うけしてたよw

706 :名無シネマ@上映中:2008/09/10(水) 22:45:46 ID:+67vQS36
>>690
あそこは大受けしてたな。けっこう笑い所多いな。
70%ぐらいの打率で受けて印象。
こういう映画撮るのか犬童って意外な気がした。
ちなみに大阪で見たが。

707 :名無シネマ@上映中:2008/09/10(水) 22:52:00 ID:+67vQS36
加瀬亮に関しては小津映画の登場人物かよw
てなセリフまわしが個人的にツボでした。

2ちゃんねる映画ブログ

715 :名無シネマ@上映中:2008/09/10(水) 23:55:05 ID:2pBjHklu
加瀬亮、飄々とした存在感は良かったと思うんだけど
なんであんなにセリフが棒読み調なの?
あれって役作りなのかな?
他の演技見たことないから、ワザとなのか
元々セリフまわしが下手なのか、そのあたりが分からんかった。

719 :名無シネマ@上映中:2008/09/11(木) 00:14:21 ID:nAFzAvoX
加瀬セリフに関しては、浮世離れ感出したかったのかな?と
まず思い出したのが東京物語。
ま、あの映画は全員あの調子だけど。


関連記事

  1. 2009/01/07(水) 10:05:50|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0
<<ブレイブ ワン | ホーム | ローグ アサシン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/518-d25c79ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『グーグーだって猫である』

□作品オフィシャルサイト 「グーグーだって猫である」□監督・脚本 犬童一心 □原作 大島弓子「グーグーだって猫である」(角川書店刊) □キャスト 小泉今日子、上野樹里、加瀬亮、林直次郎、伊阪達也、大島美幸、村上知子、黒沢かずこ、高部あい、田中哲司、でんでん、
  1. 2009/01/07(水) 12:11:43 |
  2. 京の昼寝?♪

映画 【グーグーだって猫である】

映画館にて「グーグーだって猫である」 大島弓子の同名の自伝的エッセイ漫画の映画化。 おはなし: 吉祥寺在住の漫画家、麻子(小泉今日子)が締め切りに追われる中、愛猫のサバが静かに息を引き取る。そのショックで漫画が書けなくなった麻子を、アシスタントのナオミ(上
  1. 2009/01/07(水) 17:43:26 |
  2. ミチの雑記帳

『グーグーだって猫である』

映画「グーグーだって猫である」公式サイト 原作:大島弓子 監督・脚本:犬童一心 出演:小泉今日子 、上野樹里 、加瀬亮 、大島美幸 、村上知子 2008年/日本/116分 おはなし Yahoo!映画 吉祥寺在住の漫画家、麻子(小泉今日子)が締め切りに追われ....
  1. 2009/01/08(木) 01:47:15 |
  2. Rabiovsky計画

グーグーだって猫である

ここんところ、観たい映画が週2本ずつ公開されていて、大変^^&#59; 今週は、「グーグーだって猫である」と「幸せの1ページ」。 まずは、「グーグーだって猫である」を土曜日のレイトショーで鑑賞。 カーテンを閉めていたので、外の様子がわからなかったんだけど、雷が鳴り
  1. 2009/01/08(木) 06:17:05 |
  2. いい加減社長の映画日記

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR