FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トンマッコルへようこそ

トンマッコルへようこそ ~Welcome to Dongmakgol~
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1159362552/


1 :名無シネマ@上映中:2006/09/27(水) 22:09:12 ID:fl4ygfOb
トンマッコル、子どものように純粋な村。人々が自然と共に暮らし、笑顔を絶やさず暮らすこの村で偶然鉢合わせをした3組の敵対する兵士たち。
彼らが村人との交流を通じて人間本来の心を取り戻していく姿を笑いと涙、そしてファンタジーの香り豊かに描く、映画史に残るヒューマン・エンターテイメント。

原作:チャン・ジン 監督:パク・クァンヒョン

2006年10月28日よりシネマスクエアとうきゅう、シネ・リーブル池袋、シネマート六本木ほか全国ロードショー

公式サイト
日本
ttp://www.youkoso-movie.jp/

韓国
ttp://www.dongmakgol2005.co.kr/


28 :名無シネマ@上映中:2006/10/03(火) 22:25:41 ID:RI0zanYn
試写会当たったんで見てきた。
なんの予習もなく見たから、まあまあ楽しく見られたよ。
結局はアメリカ叩きに走ってるけどな。

あと、久石の音楽でしゃばりすぎ。

68 :名無シネマ@上映中:2006/10/10(火) 18:59:38 ID:8n+Aqr69
音楽が宮崎アニメみたいだな、
と思ってたら、久石かよ。
ワンパターンだな。

69 :梅田男 ◆umeda10.Vo :2006/10/10(火) 23:44:51 ID:r4Yeaj6l
('A`)ノ見てきた。
要所、要所に笑顔がキーワードのいいシーンがある。
トンマッコル=子供のような元気な村だそうです。
そう言う村に、争っている兵士(北朝鮮兵と、韓国脱走兵)が仲良くなる話。
笑えるシーンも多く含まれていて、劇場は笑い声が多かったです。
最後には、感動して泣いている人もいましたね。
 ・
 ・
ただ、絶対にやってはいけないと思うのは、「スイングガールズ」の猪に追われるシーンをモロ盗作。
あれはない。と言うか、やっちゃいけないだろ。
劇場では笑っている人が多かったけど、漏れは素直に笑えなかったよ。
初っぱなのアメリカ軍によって、多数の民間人が殺された等の記述も要らないと思う。
韓国映画特有のスローシーンの多用で上映時間ものびるのもネ。
細かく考えれば、トウモコロシやジャガイモ等、当時の朝鮮半島に…とか色々あるけど、ファンタジーだと、割り切ってみましょう。
実際の歴史を下敷きに、ファンタジーを作るから「これはおかしいだろ」と、突っ込まれる映画になるんだな。

71 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 14:32:05 ID:xMTX0UpC
>>69「スイングガールズ」の猪に追われるシーンをモロ盗作



俺もそう思ったけど、
別にいいんじゃないの?
というか、
そのレベルで批判してたらほとんどの映画は成立たないわさ。

73 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 21:11:45 ID:piejMnUf
>>69
>>71
昔のビールのCMで、トヨエツと山崎努が卓球してたの覚えてる?
あのイノシシ場面は、監督があのCMを気に入ってて、あんな感じにしたかったんだと。

自分は去年現地で見たけど、
「スウィングガールズ」より「もののけ姫」のオオコトヌシの疾走場面の方で
むしろツッコマれそうな気がした。

後・・・「未来警察ウラシマン」で新幹線の中のリュウを必死で追っかける
クロード。
タツノコキャラを実写でできる俳優が韓国にいたとは・・・
(ってこのネタわかるヲタ、ここにはおらんだろな(溜息))

因みに韓国で「スウィングガールズ」上映された時、
イノシシ場面がやっぱ「トンマッコル」との類似が指摘されて
「スウィング~」のイノシシ場面の方が洒落てる、みたいな感じで
書かれた記事を読んだ。

98 :名無シネマ@上映中:2006/10/15(日) 22:52:21 ID:La3cAcNO
今オンライン試写見終わった。

正直観る前は、また白痴の女の子をピュアの象徴みたいに書いてて
かったるそう~&こんな題材確かこないだロシアでも作ってなかったか?
と、期待感マイナス状態で観始めたんだが・・・。

嫌韓でも親韓でもない、単純な映画好きの意見として言わせて頂くと、
いや、面白かったよこの映画。
確かに宮崎ブランドのパクリはあちこち見受けられるし、危惧した通り、
白痴の天使みたいな女の子の描写は勘弁してくれとも思ったが、
適度にほろ苦いエピソードが甘口のファンタジー臭を中和してるし、
クライマックスは正直、昔の良い意味で古臭い戦争映画の結束感が
感じられてワクワクしてしまった。
ファンタジー好きの女子供より、むしろ男の方が受けるんじゃない?この映画。

103 :名無シネマ@上映中:2006/10/16(月) 05:28:03 ID:ko/SbgV9
オンライン試写会みたぜ。
まぁ。ふつーに楽しめたよ。このスレざっと読んでたから
よかったものの、予告編だけみてたら、詐欺だろこれってなる罠。

あと6人のキャラはもう少し掘り下げてもよかったな。
連合軍の少尉のエピソードが少し出てくるだけだし。

104 :名無シネマ@上映中:2006/10/16(月) 20:59:36 ID:c9uWFlhW
特にスミスは惜しかったね。可哀想だけとあの役者では存在感が薄すぎた。

演劇版では、阿部サダヲ系のノペっとした顔の役者が金髪で出てて
「己のどこがスミスじゃ」ってツッコめる計算されたおかしさがあったんだけど。

108 :名無シネマ@上映中:2006/10/17(火) 10:18:24 ID:ouKQvX1T
韓国軍の2人が市川染五郎と西武の松坂に凄く似ていた。

112 :名無シネマ@上映中:2006/10/18(水) 20:40:44 ID:AiifM7tS
>>108
シン ハギュンの染五郎似はかなり前から言われてた。
西武の松坂似は韓国軍じゃなく、人民軍の一番若いのでは?

117 :名無シネマ@上映中:2006/10/19(木) 13:45:06 ID:25v6ip8D
宮崎アニメの実写にJSAはよく聞くけど
それにラストサムライも入ってると思った

それから頭のゆるい子が野沢直子に似てるな~って最初から最後まで気になった



ややネタバレ




最後の爆弾投下は不謹慎ながら綺麗でした

118 :名無シネマ@上映中:2006/10/19(木) 17:57:40 ID:cc+1xPBB
>>117
オレは、頭のゆるい子は、さとう珠緒かとおもた。

187 :名無シネマ@上映中:2006/10/26(木) 12:22:27 ID:i9EFKNrf
「トンマ」ッコルか…。

188 :名無シネマ@上映中:2006/10/26(木) 13:22:16 ID:MbPHscDE
最後の戦いに至る流れこそ反米の匂いがするが、朝鮮人が朝鮮人を戦争の
名の元に虐殺した事実について、米軍を言い訳にはしていない。
橋の爆破は完全に朝鮮軍の都合で言い訳のしようが無いしな。

そもそも戦争映画とはいえ、戦争で生まれた対立のシチュエーションを利用
してるだけで、物語の大部分はトンマッコルでの人と人の交流に費やされる。

戦闘シーンはしっかりと「痛く」描かれているが、冒頭はともかく最後の戦闘は
トンマッコルを守るための戦いなので、リアリティが薄い。
過剰に劇的で派手な演出もリアリティを拒否しているように見える。
そしてラストの演出もあって、おとぎ話を聞いていたような印象になるのがファン
タジーとして売っている理由だと思うね。

192 :名無シネマ@上映中:2006/10/26(木) 21:09:52 ID:uQ5XFoj5
試写を見に行った。
北の将校の芝居が、ちゃんと表情で見せていて良かった。
たくさん笑って最後に泣いた。

丁寧な作りの、景色の綺麗な映画だったと思った。
パクリも見えたが、独立した一本と思ってみれば
作品内で不自然ではないので問題なし。

ステレオタイプの部分は、
本歌取り的な「みんな知ってるよねコレ」的に思えた。

外と隔絶して、だからこそ「普通の暮らし」をする村をまもろうと思った兵士達の、
大きな力に逆らえずに人殺しをした罪から救われたいという思い、
こんど会うときは・・・の思いを素直に観ればいいんじゃないかなぁ。
小難しく考えるのめんどくさい。良い映画だと思った。

198 :名無シネマ@上映中:2006/10/27(金) 10:43:37 ID:WfDHAXg0
もののけ姫、千と千尋、鬼が来た、ノーマンズランド
僕らはみんな生きている、スイングガールetc

監督が日本映画好きなのはわかるんだけどさ
あからさまなパクリはやめてほしかった
おかげで後半は酷過ぎ
途中まで期待してたんだけど・・・
先行試写会ではみんな「?」って感想
拍手もまばらでした。

224 :名無シネマ@上映中:2006/10/28(土) 16:04:48 ID:nJPa+TYh
今日観てきた。コレけっこう良作でしょ?
アカ野郎に言った村長の一言、「腹一杯喰わせる事だ」は凄く皮肉が利いてる。

230 :名無シネマ@上映中:2006/10/28(土) 18:24:50 ID:78KYjISH
何で最大の当事者の1人たる中国をまるで無視してるんだ?
言うだけ野暮か

過去捏造と現実逃避臭が酷いが
これでファンタジーになってるのかなあ

232 :名無シネマ@上映中:2006/10/28(土) 19:50:26 ID:ZUPAJbDM
>>230
全然ファンタジーじゃない。
途中、ほのぼのと笑いあり、3国の兵士達がお互いをわかりあってきた場面あたりは
ほのぼのしていい感じだったが、結局最後は北と南は協力して鬼畜米兵を倒す!!
みたいな…
そんな感じにしか見えなかった。
ファンタジーならあんなに残虐シーンばかりじゃないでしょ。

237 :名無シネマ@上映中:2006/10/28(土) 21:35:07 ID:yA8gTAh7
観てきたけど普通に良い映画だった。朝鮮戦争もことは良く分からんが南北仲良くしようとする気持ちはよく伝わってきたよ。
アメリカが恨まれてるのはいまだに白人コンプレックスでもあるのかね。まあイラクやベトナムでのやり口みてると米軍も結構エグイことするからな。

まあ現実的にはこの映画みたいに南北朝鮮が融和ってのは難しいんだろうな。トンマッコルという理想郷でしか実現できないんだろう。

244 :RRD ◆3MranranlY :2006/10/28(土) 23:07:14 ID:qPNCucH2
つーことで初日最終回見てきた。

いろんなものが降って来る映画だった。
ポップコーン、雨、雪、そして爆弾。その全てが笑顔をもたらしてくれる。
トンマッコルは桃源郷なんだろうけど、中高年以上と子供しかいないのが印象的だった。
若者は桃源郷に住む資格がないって示唆したんだろうか。
久石音楽はさほど印象には残らなかったし、猪の場面をはじめ選曲音響はガタガタ。
とはいえ実写版のジブリの世界の具現化。ラストサムライの韓国版ともいうような
ローカルな伝統的世界だけどどっかずれている、という雰囲気。
そのまったりとした雰囲気がファンタジーというか癒し系というか、せめて映画館にいる
2時間強くらいはそんな時間があってもいいんじゃないの?
エンディングはありがちながら秀逸。一瞬天国の描写かと思わせる
桃源郷での一番幸せな時間、その重ね映しかたが見事。

南北協力して鬼畜米英をやっつけよう!なんて受け取りかたをしたらス・ミスさんに失礼だよ。
大体アメリカをやっつけるような戦いをしてないじゃん。なんで爆弾が降ってきて笑顔でいたか、
考える力もないのか?
それに残酷といいうのも、戦争を題材にしているという時点で予想すべき範囲内。

261 :名無シネマ@上映中:2006/10/29(日) 04:03:47 ID:g6PMxaoA
今日早速並んで見て来た。
あの村に、それ程の魅力を感じなかったが、
あの時代、正常なのがあの村だけで
朝鮮半島全てが狂っていたと思えば、
兵士たちにとって、あの村は、天国に思えたのだろう。
ファンタジーの趣は見せかけだけで、
筋立ては至って現実的。
韓国映画らしく、甘えた部分は、あまり見られない。
感動作というよりは、平和を尊ぶ、良質の反戦映画だ。
そして「天軍」と同じく、
南北統一の祈りも、色濃く出ていた。

270 :名無シネマ@上映中:2006/10/29(日) 19:25:33 ID:tjfKEdSf
ふつーに面白い映画というのは同意するけど、
興収1位だっけか? それほどの面白さはないよーな。
ま、日本でも興収1位の映画は面白くないことも
多いから、そんなもんか。

413 :名無シネマ@上映中:2006/10/31(火) 09:55:55 ID:dJWnc2EQ
「俺たち南北連合軍」とかいって米軍機を撃ちまくるのを観て、これ観て韓国人はカタルシス感じるんだろうなと思うとぞっとしたよ。
平和な村で心洗われた結果がやっぱり戦闘で終わるんだからね。
戦争が終わるまでどこかに隠れていて全員幸せに暮らしましたとかだったら後味良かったのに。

448 :梅田男 ◆umeda10.Vo :2006/10/31(火) 21:23:37 ID:cw+iUKIR
('A`)あの蝶がダメなんだな。
実際にあった戦争を下敷きにするなら、あんなファンタジー設定で爆撃させて朝鮮人同士は仲良くなることが出来ました。ッテ展開がねェ。
蝶の存在意義がワカラン。アメリカ軍機を撃墜するために無理矢理登場さしたキャラだよね。
撃墜されたから爆撃作戦するのだが、無理すぎない?
作戦にリアリティーも感じない。
救助に来た部隊が持っていた無線で、本体に連絡して攻撃止めればいいのに。とか、思わないの?
陽動作戦なんだから、本当に撃墜の必然性もないわけで必死になってアメリカ軍機を撃ち落とすのもおかしくない?

('A`)まぁ、アメリカ軍憎しで映画を作った感じは有ったよネ。

762 :名無シネマ@上映中:2006/11/07(火) 01:21:13 ID:IgZwUpPF
蝶は魂。そんな比喩も今では常識の外にあるというのか。
CGがアレなんで興ざめなのは確かだがw

764 :梅田男 ◆umeda10.Vo :2006/11/07(火) 01:51:27 ID:c097jGl6
>>762
('A`;)エェ~ェ蝶が魂の比喩表現に使われてたの?
韓国では死人は蝶になって飛行機落とすッテ、常識なのか。初めて知ったヨ。
それとも、この映画だけでの比喩表現で、なんの脈略もないそれを理解しろと?
何れにしても、日本人には伝わらないネ。

765 :名無シネマ@上映中:2006/11/07(火) 02:32:16 ID:41MLOMyh
>>762
深読みし過ぎ

韓国サブカルで人気のある
ねこぢるy氏の漫画で
愛妻だった故・ねこぢる女史の霊が
現れるシーンをそのままパクっただけだろ

766 :名無シネマ@上映中:2006/11/07(火) 02:35:55 ID:41MLOMyh
ビデオ作品だとアニメ「ねこぢる草」ね
湯浅氏らが製作に関わり高い国際的評価を受けてる

CMの若手監督なら必見の作品だからな

542 :名無シネマ@上映中:2006/11/02(木) 23:02:12 ID:pbFfl1hz
今年見た映画の中では「時かけ」と同じくらい判断に困る映画。
そこそこ楽しめるが
「あーなんかすげえ問題ありそうな感じだ、批判意識持たないと間違った方向へ行く」
というモヤモヤが心の隅に引っかかるという点が。

568 :名無シネマ@上映中 :2006/11/03(金) 22:05:02 ID:3RqgPpzp
この映画の映像の美しさについて、評価する人はいないの?

569 :名無シネマ@上映中:2006/11/03(金) 22:45:04 ID:Ap4a1NDz
手榴弾でポップコーン(美しい? > 568 )は
チャウシンチーの喜劇でもやらないレベル


576 :名無シネマ@上映中:2006/11/04(土) 00:19:41 ID:I0yi2gdj
爆弾爆発でトウモロコシがポップコーンになって空から降って来るなんて、馬鹿?

578 :名無シネマ@上映中:2006/11/04(土) 00:22:06 ID:8vptp0AN
>>576
虎がぐるぐるまわってバターになるようなものです。
気にしない気にしない。

579 :名無シネマ@上映中:2006/11/04(土) 01:09:58 ID:y8NrYXQb
>>576
ファンタジーですから。

608 :名無シネマ@上映中:2006/11/04(土) 21:54:06 ID:MfJLzu2X
コカンモッコリへようこそ

694 :名無シネマ@上映中:2006/11/05(日) 18:17:21 ID:VAdix1X4
ちんもっこり

904 :名無シネマ@上映中:2006/11/10(金) 19:58:16 ID:ufIFSRee
松本人志が「シネマ坊主」で6点つけてた。
別に松っちゃん信者じゃないけど、大体意見には同意。
悪い映画じゃないんだけど、長すぎるんだよ。映画は「省略」が命なのに。

905 :名無シネマ@上映中:2006/11/10(金) 20:10:46 ID:QYBpSzAD
>>904
満点だと10点?だとしたら意外と好意的で嬉しいな。

965 :名無シネマ@上映中:2006/11/12(日) 19:41:05 ID:Z85wRk4K
見てきた。すっごいいい映画だなぁ!
理想郷の幻想的な表現も敵対する兵士が和解していく様子の描き方も見事。
6人の兵士たち全員が個性的でかつ共感持てたし笑いのセンスもなかなか。
そして情緒的な音楽に、最後の熱い戦闘と泣ける死にっぷり(他シーンでも泣いたけど)

ただ砲弾が降ってくるシーンで少尉と中隊長が顔見合わせて笑顔なのはいいんだけど
少年兵も入れてやれよと…。
最後の兵士たちが寝てるシーンは過去のシーンなんだろうけど、
天国でヨイルと一緒に幸せな様子にも見えるから後味も良かった。

今まで見た映画の中でもトップクラスに好きになったかな。
父親たちの星条旗といい、今期はいい戦争映画多くて戦争について考えさせられるよ。


関連記事

  1. 2008/08/28(木) 21:05:09|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<舞妓 Haaaan!!! | ホーム | スパイダーマン3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/50-81464b19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR