FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

4分間のピアニスト

http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1193988025/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2007/11/02(金) 16:20:25 ID:rTMkBceL
ピアノ教師として刑務所にやって来たクリューガー(モニカ・ブライブトロイ)は、
問題児の少女・ジェニー(ハンナー・ヘルツシュプルング)が机を鍵盤代わりにして
無心に指を動かす姿を見つけ、彼女の類まれなる才能を見抜く。

公式
http://4minutes.gyao.jp/top/


8 :名無シネマ@上映中:2007/11/03(土) 14:50:56 ID:5UVQm44R
オンライン試写で見たよ。
感動したわ。

27 :名無シネマ@上映中:2007/11/10(土) 14:32:05 ID:WNhhSvJs
シネマGAGA、初回は5割くらいの入りだったかな。
漏れはいい映画だと思ったyo。

最近泣かそう泣かそうという安易な創りの映画が多いけど、
これは「泣くな!」という映画じゃないかと。初日につき
ネタばれしそうなので内容は書かないけど。

30 :名無シネマ@上映中:2007/11/12(月) 02:14:24 ID:+B2aoqA8
>>28
今日109川崎で観たら1割も埋まってなかった
独映画はグッバイ・レーニン辺りから個人的ヒット続きだよ

この映画は主役よりモニカ・ブライブトロイが遥かに良かった

31 :名無シネマ@上映中:2007/11/12(月) 07:46:00 ID:tpG4CIib
>>30
邦題だと生徒がタイトルロールのように扱われているが本来の主役は教師。
原題もただの「4分間」だし。
クレジットも教師→生徒の順だった。

32 :名無シネマ@上映中:2007/11/12(月) 15:43:21 ID:XVEWnv3n
>>31
生徒も教師もドイツアカデミー賞の主演女優賞にノミネートされてるんだね。
受賞したのは教師の方みたいだけど。

34 :名無シネマ@上映中:2007/11/12(月) 17:09:19 ID:kr26YeLT
ラストは賛否両論ありそうだけど、聴衆は最初の何小節かでジェニーが
新人のレベルをはるかに超越してることがわかったからこそ、あの拍手に
なったんだと思う。それまでにいくつかの伏線シーンがあって、見事に
その4分間に収斂してる。

しかしやっぱり人を選ぶ映画かもしれないなぁ…。

36 :名無シネマ@上映中:2007/11/12(月) 22:18:00 ID:uTMc1QhG
曲そのものが素晴らしかった
人物が良く描けている
わざとらしい演出を微塵も感じさせない迫力に押された

こういう映画は技術(この場合は演奏や曲の質)がテーマをしらけさせるよう
なことがあってはならないので、素晴らしい出来栄えだと思った。

アメリカ映画、日本映画ばかりで飽きていたところに目の覚めるような1本
ドイツ映画をしばらく続けて観てみる

37 :名無シネマ@上映中:2007/11/12(月) 23:03:46 ID:dMV0u8nU
ラストの演奏は日本人のピアニストが演奏してたらしい
ちょっと感動

38 :名無シネマ@上映中:2007/11/13(火) 16:22:49 ID:3xKVubM6
漏れはEL&Pのキース・エマーソンを思い出したお。

40 :名無シネマ@上映中:2007/11/14(水) 18:08:47 ID:vI7Z0oRy
囚人にさえ叩きのめされちゃう屁たれ看守と
パンク風の服装したクリューガー先生にワロタ。

21 :名無シネマ@上映中:2007/11/09(金) 10:42:53 ID:D3Wy536g
ドイツ版「少女に何が起ったか」なの?

23 :名無シネマ@上映中:2007/11/09(金) 17:03:39 ID:xX9NXY7u
いやピアノ版あしたのジョーでしょ。

ハンナーって、いかにもなドイツ顔だよね確かに。

42 :名無シネマ@上映中:2007/11/14(水) 20:02:51 ID:XN8twaYd
観て来た。平日の午後だったけど、ほぼ満席だったよ。
先生のうんこTシャツに笑った。ドイツでもあの表現なんだなw
ほんとに「あしたのジョー」だった。ジェニーかっこいい。

43 :名無シネマ@上映中:2007/11/15(木) 00:50:51 ID:EHDRlJAK
見て来た!銀座は年配客多し。確かの先生のTシャツは可笑しいし、看守のクイズ番組惨敗の答えも笑える。重いんだけど
時たまコミカルだよね......。最後は鳥肌立った。

44 :名無シネマ@上映中:2007/11/15(木) 15:54:24 ID:O1b/navO
ぴあの満足度調査は最高100点最低30点。予想通り両極端に分かれた感じ。

この賛否両論こそドイツ映画の特徴!やっぱりやめられんわドイツ映画w。

45 :名無シネマ@上映中:2007/11/16(金) 03:24:56 ID:DbjxXqT2
そうか~、分かれるか......。最後のクリューガー先生の表情に泣けた。BA◯ELで感動してしまった自分が少し恥ずかしいトホホ。

46 :名無シネマ@上映中:2007/11/17(土) 00:07:26 ID:FL78l9kn
いい映画だった。

途中、1つだけわからなかったのは、ばらばらにされてゴミ箱に入れられてたのって、誰の頭
だったの?
字幕に「父親」ってあったような気がしたんだけど、ジェニーのパパじゃないものね?

49 :名無シネマ@上映中:2007/11/17(土) 02:02:00 ID:Cr+m5c6o
>46 ジェニーの元恋人のチンピラの父親。内容は詳しく話せないけど彼女が先生に病院で話した悲しい過去の.....。収容された本当の訳。
私もその変は有耶無耶で2回見た。やっぱオペラ座でのシーンはいい......。

53 :名無シネマ@上映中:2007/11/17(土) 20:08:58 ID:SynE/LX0
>>49
ありがとう。恋人のほうの父親だったのか。それをジェニーがやったということに。
恋人だったチンピラ、本当に人間として最低なヤツだったんだな。

それとは別に、ジェニーのパパって血の繋がりのある本当のパパなんだっけ?
字幕で義理の父親って見たような。養父か、継父なんだっけ?

56 :名無シネマ@上映中:2007/11/17(土) 21:53:50 ID:Cr+m5c6o
義理の父親です。彼女をモーツワルトにしたかったが....12歳の時。妻に自殺をされぬ様、結局何も出来なかった義父。でもそんな父親この国にも
多いわな。クリューガー先生の背景はドイツ映画ならではだね。先生の若い頃も綺麗だね。話は変わるが運送屋のお兄ちゃん達と先生のシーン
好きだ。

48 :名無シネマ@上映中:2007/11/17(土) 02:01:51 ID:upWpsswy
先生を初めて見た時、おっさんだと思った

2ちゃんねる映画ブログ

50 :名無シネマ@上映中:2007/11/17(土) 02:07:01 ID:Cr+m5c6o
クリュガー先生は実年齢より20歳年上に見える特殊メイクなんだよね。たしかに私もチラシでおじいちゃんと思った。
役柄女を感じさせない、ストイックな役だからかな......。

52 :名無シネマ@上映中:2007/11/17(土) 15:36:22 ID:N2TnO9mJ
しかし本当のことを言うように娘に言ったら、自分との関係を法廷で話されたって、
まさに泥沼の親子関係だったんだね。

「勝ってくれ、ジェニー」
「死んでよ、パパ」

57 :名無シネマ@上映中:2007/11/17(土) 22:55:02 ID:BTJ03K2j
結局、署長は破滅では無く栄誉になったのでは…と願いたい。いい意味でも悪い意味でもジェニーと先生の過去で女しか分からん辛さがありますな。

60 :名無シネマ@上映中:2007/11/18(日) 09:10:14 ID:jhcgkGp3
クリューガー先生の恋人は、殺される前に男たちから、リンチを受けて死んだの?
クリューガー先生のショックの度合いから見て、ただ単に吊るされただけじゃないような
感じを受けた。
もともと、処刑される予定はあったのだし。

61 :名無シネマ@上映中:2007/11/18(日) 14:22:49 ID:hx70V9Jj
そうなのかもね。なんか煙草吸いながら、洞窟みたいなトコで見張ってた軍の人からしてね....別の形でってあったからね。
共産主義者だとバレたからかしら?公式サイト曲は流れますよ♪

79 :名無シネマ@上映中:2007/11/24(土) 22:17:56 ID:7FI77aoF
>>60-61
処刑の前に兵士がピアノ線むしり取ってたから、クリューガーの魂ともいえるあれで殺すのかよ
とか思ったら何でもなくてちょっとガッカリ。

81 :名無シネマ@上映中:2007/11/24(土) 22:24:48 ID:4rD25+1l
わーそこまで気付かなかったーピアノ線ね(T_T)先生の魂やね。そりゃ悲しいなー。あっサントラにラスト演奏入ってますヨ♪

84 :81:2007/11/25(日) 03:00:01 ID:SEup/O1J
あー勘違い。ピアノ線は関係無かったのね.....。スミマセン。

85 :名無シネマ@上映中:2007/11/25(日) 19:58:20 ID:Bdjpbiqh
いや、待て、もしかしたら本当にピアノ線で吊るしたのかも?

じゃないと、クリューガー先生のあのショックの受け具合が。
だって、処刑されること自体は知ってたんでしょ?

86 :名無シネマ@上映中:2007/11/25(日) 23:21:26 ID:SEup/O1J
そうだったのかな~。そうだよね、ピアノ線をむしり取ってたよね.....。『別の仕方で処刑された』だったよね。この映画が全国一斉ではなく
じわりじわり地方で公開しそうだ。

87 :80:2007/11/27(火) 13:43:54 ID:MouJx0HT
2回目見た。

前回寝てたとこが
クリューガーがパイプオルガンの演奏中にジェニーに気付く~ミュッツェフルボッコまでと
かなり重要な部分だったことに気付く。

ハンナー殺害んとこは一瞬しか映らず判別不可能。
ただ針金のこすれるようなエフェクトがついてたのでおそらくピアノ線で吊るしたと思われる。
「4」という数字が折に触れて出てきましたね。2回目見てみると、わりと丁寧にわかりやすくつくられていると感じた。

ただわかんなかった点がひとつ。
刑務所長が養父とバー?で会っているシーンがあったよね。
あれは何のためだったのかな。取材に協力させるためかな。

>>81
サントラ相当良かった。いつもなら何度か聞いて放っちゃうことが多いんだけど、今回はかなり聞き続けことになりそう。

88 :名無シネマ@上映中:2007/11/28(水) 02:06:15 ID:gPNPdnRc
>87 針金のこすれる音までとは.....私もまた見て来ます。義父と看守のね~自分で自分叩いてた(笑)多分娘を注目させたかったのかもね。裏金臭いしね.....。
元奥さんは署長と出来てるしね。
DVDとかでじっくり見ると新たな発見しそうだな~....とこのスレのびないな。

107 :名無シネマ@上映中:2007/12/09(日) 18:21:11 ID:NUg3mj/R
>>60
私はそこで集団レイプを目撃したのかと思って
どんな映像なのか緊張が高まったよ。見張りの人もいたし。

でも吊るされてるだけだったから
なんかお上品にまとめてるな~って思ってシマウマ~。

109 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 09:13:51 ID:zLjjVwLf
>>107
60だけど、実は自分もそれを想像してた>集団レイプ
でも公開直後だったからネタバレ(先生の恋人=女)になると思ってダイレクトに書かなかったんだ。

あの展開だとそんな感じ受けるよねーやっぱり。

62 :名無シネマ@上映中:2007/11/19(月) 19:48:35 ID:ArxiBXSo
映像の重厚さと演技の存在感に比べて、ストーリーの余りの安易さに萎えた。
とくに最後の「下劣な音楽」(原語ではNigermusik、黒人音楽だが)への飛翔は
ともかくも、なぜ教師までがそこへ戻ってきて拍手を送るのか、「大日本人」
のラスト並みにそれまでの作品世界をぶち壊すどんでん返しだ。ナチスとか
同性愛とかはもう見てらんねって感じ。単なるストーリー作りのための
仕掛けとしてもあまりに安易でしょって。

63 :いやんれんどる:2007/11/19(月) 21:24:34 ID:vpmpQOSt
 最後の演奏曲は確かに崩し過ぎ。あんな演奏も有りだと思うが、もっと
クラッシクぽくピアノを弾いて欲しかった。

2ちゃんねる映画ブログ

64 :名無シネマ@上映中:2007/11/19(月) 22:36:57 ID:xv6G2b/K
それだと普通じゃん。彼女が今まで聴いてきた音楽の集大成って感じでスパークする感じが好きだがな
。でも賛否両論が有るのは当然だね。

69 :名無シネマ@上映中:2007/11/22(木) 00:12:45 ID:r4o7SLbL
>>62
>なぜ教師までがそこへ戻ってきて拍手を送るのか、「大日本人」
のラスト並みにそれまでの作品世界をぶち壊すどんでん返しだ。

先生はジェニーが魂を爆発、解放させた姿そのものに感動したんでしょ?
彼女が忌み嫌う「下劣な音楽」を演奏する姿に心が震え涙する、ってとこに
この映画のテーマがあるんじゃないのかな。

70 :名無シネマ@上映中:2007/11/22(木) 01:09:43 ID:A1tO6kTn
ラストの演奏で、先生途中で聴いてられない→ワインガブ呑み→しかし演奏の素晴らしさとオペラの観客のスタンディングオーベーション
でジェニーの『私の音楽』に感動し投げキスなのでは。あの4分間の先生の心境の演技が素晴らしい......。

71 :名無シネマ@上映中:2007/11/22(木) 22:57:20 ID:aw1mjZpb
リアルでピアノ線を爪でひっかいたら手が流血の予感。
あの演奏は実際に出来るものなのか。

67 :名無シネマ@上映中:2007/11/20(火) 08:26:27 ID:rLSR3Yeo
ピアノを搬送してくるときにトラックの中で運送屋のにーちゃんが聴いてる音楽がいい。
ベルリンアンダーグラウンドとか、ドイツのロックってあんな感じなんだよね。

76 :名無シネマ@上映中:2007/11/24(土) 18:58:03 ID:NXF/JU+r
ミュッツェ(看守)とクリューガー(先生)の間で
クイズみたいに会話してる題材(対象)はなに?
戯曲とかの決まり文句から題名をあててるのかな

77 :名無シネマ@上映中:2007/11/24(土) 19:24:33 ID:cfn9FgwS
>>76
オペラの歌詞。

91 :名無シネマ@上映中:2007/11/28(水) 19:32:46 ID:LsAoy/fr
音楽が良かった。
ラストのジェニーの表情にもぐっときた。
だけど細かい心理描写が雑だった。
ミュッツェがクリューガー先生に目をかけて欲しがる心境とか、
ジェニーの罪状を知って逃げ出してしまう先生の心境とか。
ジェニーの好きの意味もよくわからない…
父親が彼女の演奏を聴かないのも何故?
ジェニーが受刑者なのも、不条理な状況を生み出すためだけみたいになってて、ちょっと残念。

92 :名無シネマ@上映中:2007/11/28(水) 22:49:56 ID:I6Y4RYqD
義父があの場に居たらあのジェニーの事、あの演奏は出来なかったでしょう。父ちゃんもそれを分かって立去ったのかもよ…。

94 :名無シネマ@上映中:2007/11/29(木) 19:29:02 ID:v07DQSY7
今日ようやく観ることができた。
☆3つ半。
説明不足、拙速の箇所が散見される(ここまでのコメントどおり)。ラストの演奏は意見のわかれる所(私の意見はまあまあ、というのは観客の反応があって初めてすごさが伝わるようになってるのが、いまひとつ。熱演が救い)

しかし、主演の2人がいい。強い女性がタイプの私はエゴイスティックな2人に惚れました。
監督や脚本がいまひとつでも、いい作品になるという見本だと思います。

100 :名無シネマ@上映中:2007/12/02(日) 11:36:07 ID:5sN6anAT
最後の4分間の演奏が
無駄にピアノの筐体をたたいたり内部奏法を駆使しまくったりしていた
かつての「現代音楽」のようで萎えてしまった。
ゴメン、こちらの感性が乏しいだけかも

101 :名無シネマ@上映中:2007/12/02(日) 12:09:18 ID:KONnZguL
>>100
漏れはゾクゾク来た。こればかりは趣味の問題だし。
あのシーン見ながらピアノは打楽器だということと、
藤原新也の「乳の海」(書籍)を思い出してしまった。
あと、最後ジェニーの目付きとお辞儀が最高。ゾクゾク。

102 :名無シネマ@上映中:2007/12/02(日) 22:07:51 ID:kdDaPEI8
ピアノが打楽器ってのはかなり古い認識だぞ…
まあ、クラオタを呼び込むつもりはないが

103 :名無シネマ@上映中:2007/12/03(月) 17:10:58 ID:Wq7WnLMz
最後の早弾き、あれは高等テクニックでしょ。

114 :名無シネマ@上映中:2007/12/12(水) 19:44:06 ID:WhtCaPBv
ジェニーって「少女」って設定だけど
何歳のコなんだろうって思った。

2ちゃんねる映画ブログ

12歳でピアノ放棄して義父にレイプされ
彼氏の罪をかぶって囚人

3年間ピアノ弾いてないらしいので15歳なの?


どうでもいい話だけど、ラストのステージに出るために
先生がドレスとエナメルのパンプスを用意してたのに
なぜか、違う靴で演奏してたよね。

116 :名無シネマ@上映中:2007/12/13(木) 15:24:10 ID:iLOZ7tYB
>>114
もっと上。普通に20歳を超えてたはず。22歳か21歳だったような。
来年のコンクールになると23(22だったかも)歳になるから遅すぎるというセリフがあったように思う

117 :名無シネマ@上映中:2007/12/14(金) 00:32:01 ID:saNRkSKf
アレU21じゃなかった?多分18とかそれ位でしょ。レイプされてもすぐは家出てないんじゃないいかなー。

124 :名無シネマ@上映中:2007/12/17(月) 17:03:29 ID:FwRCRbpE
見てきた。地方のシネコンだけどすでに1回上映/dayになってる orz
それでも全部で15人弱だったかなー

生き方が「不器用」って言葉がぴったりの2人だったね
その2人の共鳴しあう瞬間と閉ざす瞬間が不安定状態で続いていって
最後に重なる、っていうラストがよかった(ありがちではあるけど)。
あの演奏で、先生も囚われていた呪縛と閉ざしていた心から
“解放”されたんだろうね

ジェニーのステージでの「挨拶」が、
間違いなく先生の望んでる「最高の挨拶」だったのが良かったw
時々クスっと笑えるシーンがいい味だしてたね。先生のワインがぶ飲みとか
トラック兄ちゃんと先生との絵とか。

感動!っていう映画ではないと思う。
生き方そのものを見つめなおす、って映画でもない。難しいね
最後に向けてガーーーッともりあげていくには、ちょっと時間とか表現が
足らなかったように思う。色んな意味で「硬い」映画だった。
共鳴できる人と、そうでない人で、見た後の感想が違う映画でしょうね

146 :名無シネマ@上映中:2008/01/05(土) 11:20:56 ID:j8vxDhyh
クリューガー先生の若い頃は誰だっけ
あのナース服が可愛かった

2ちゃんねる映画ブログ

147 :名無シネマ@上映中:2008/01/06(日) 12:51:04 ID:Dgvv/46/
帰省ついでにようやく見てきた。

最後のピアノ叩き、現代音楽では昔からあるんじゃね?よう知らんが、
タモリ倶楽部でオネエの音大教員が実演しているのを見たことがある。

あれの作曲者はアネッテ・フォックスという表記になってるが、
途中、盆踊りの太鼓みたいなリズムがある。
日本人ピアニストのアドリブじゃないだろうな。

148 :名無シネマ@上映中:2008/01/06(日) 12:56:17 ID:Dgvv/46/
まあいろんな要素詰め込み過ぎのきらいはあるが、
深みのある映画だと思うよ。

しかし生徒役の女優さん、ふつうの写真みたら清楚な美人だな。
女って化けるねえ。

149 :RRD ◆3MranranlY :2008/01/08(火) 23:05:32 ID:3lgaoyjQ
つーことで見てきた。客入りはかなりいい部類だったけど、正直ピンと来なかった。
個々の人物が持つエピソードが上手く絡んでいないと思った。
「へー、それで?」の繰り返しのまま、まとまらずに終わっちゃった感じ。
人物は魅力的だがその魅力なり設定なりが生かしきれてない。
この設定ならもう少し何かあるだろ、っていう期待が大きすぎたのだろうか?
ジェニーは魔性の小デブという点でクリスティーナ・リッチを連想した。

151 :名無シネマ@上映中:2008/01/14(月) 14:31:28 ID:aEAISRHL
>149
確かにね。
自分は十分面白かったけど、細かい点が雑だったと思う。
ジェニーは別に無実の罪である必要はなかったと思う。
無実だとわかった時点で、観客に変に安心感を与えてしまった感じ。
先生の過去も、もっと掘り下げるか完全にカットするかどっちかのほうが良かった。
同性愛者なのがバレて収容所に入れられてた、という過去かと思ってたら
全然違ってたし、恋人を裏切るか裏切られるかしたトラウマがあるかと
思ったらそれもなかった。
若くして非業の死を遂げた恋人と重ね合わせて、才能を無駄にしているジェニーを
見過ごせない、というのはわかるんだけどねえ。
看守が職を失う危険を犯してまで脱走に手を貸す心理もちょっと描写不足。

152 :名無シネマ@上映中:2008/01/15(火) 01:06:32 ID:EJLj8jZn
で、ジェニーとお義父さん、どっちの言い分が正しかったの?

156 :名無シネマ@上映中:2008/01/26(土) 11:53:49 ID:pcvMMl1o
>152
ジェニーと養父の言い分は矛盾しない。

Aの件でジェニーが主張するとき、養父はだんまり。
Bの件で養父が主張するとき、ジェニーはだんまり(Aに問題をすり替え)

157 :名無シネマ@上映中:2008/01/26(土) 16:36:49 ID:P2YLUdp1
今見て来た。すげー良い映画じゃん!感動したよ
ばーさんがレズビアンである必要あるか?と思ったが
ばーさんとハンナのシーンが唯一の綺麗どころなので不可欠。
レズビアンで投獄されたと思ったらコミュニストだったんだね

最後の演奏が魂の叫びっぽくて良かった
「私にお辞儀させたいんだろ」っつって最後お辞儀してたのも良かった
オペラ座であの観衆の喝采に包まれて、彼女はたった一人の為にお辞儀したと思うと・・・

187 :名無シネマ@上映中:2008/04/17(木) 19:09:54 ID:TDcHWftX
今日やっと見れた。

>>157
個人的にこの話は、先生がレズビアンじゃないと成り立たない気がします。
というのも、先生は生徒に惹かれてるような気がするので。
途中、先生が生徒に「好き」って言われて口ごもる場面や
最後看守に「私だって寄付をしたんだ」となじられる場面に
先生→生徒間の恋心がある気がします。

ただ、自分はバイセクなのでその分色眼鏡で観てしまってるかもしれないです。

188 :名無シネマ@上映中:2008/04/19(土) 12:34:08 ID:7Veru69k
>>187
確かにそれもあるけど、「才能に惚れた」というのもあるのでは?
容姿がどうだとか、性格がどうだとか、諸々の細かい理由ではなく
野性的な感というか、直感的に生徒が持っているものに惚れたん
だと思う。

189 :名無シネマ@上映中:2008/04/19(土) 20:43:13 ID:8OPIDyCU
>>188
才能に惚れた、人間的に惚れた、というのもというのも当然あると思います。
ただ、それと同時に恋心も混じっていて、先生がその感情に戸惑うことが
この二人の関係に影響を与えていたのでは、と自分は思います。

また、看守が生徒を虐待するのも、先生が彼女に向ける感情に
自分と違うものを感じての嫉妬心があるのではないでしょうか。

そう考えると先生がレズビアンでなければ、
映画の中で二人の間に流れる空気、ラストのカタルシスは成り立たなくなると思います。

この映画の最大の特徴って、最後二人の中に出来るものが
師弟愛ではなく、お互いがエゴをぶつけた末の友情、対等感だったことだと思うので。

163 :sage:2008/01/30(水) 00:48:25 ID:dzbPRj7K
鬼気迫る映画というか、震えが来た。なんか言葉がまとまらん。
悲惨なラストになるかと覚悟してたんだが、ある意味じゃ最高のハッピーエンドだよね。
雰囲気はまるで違うけど、俺は「ブルースブラザース」を思い出した。プロットがどうこうじゃなく、
楽器弾きのどうしようもない業みたいなものはみんな一緒かな、と。

164 :名無しシネマ@上映中:2008/01/30(水) 01:04:52 ID:gKCvGKR0
163の意見を読んで、ぜひ見たくなった。

162 :名無シネマ@上映中:2008/01/29(火) 20:16:40 ID:FsU8mNAm
先生こそ彼女の死で時間を止めて才能を伸ばさなかったんじゃないの? あのフルトヴェングラーの弟子で評価されてたのに。
先生は秘密を話すことでジェニーは父親に死んでと言えたことで、お互い過去から解放されたのかな。細かい所は結局原作読めって映画だったな。

165 :名無シネマ@上映中:2008/01/30(水) 17:23:08 ID:nZ3xd8JK
>>162
結局お互いがお互いを理解し合えないままにストーリーが進むのが
「いかにもヨーロッパ系」映画だって誰かが言ってた。

しかもあんまり解放された感じは無かったよ、その台詞前後では。
あの最後の4分で怒涛の解放、みたいなある種のカタルシスはあったと思う
先生も酒飲んでたし
とにかくあのラストは凄かった

192 :名無シネマ@上映中:2008/05/22(木) 20:20:38 ID:IJCOgOdo
数日前に見たけど素晴らしい映画だった
ラストの決勝含め彼女がピアノ弾いてるシーンはどれもこみ上げてくるものがあったんだけど
やっぱり先生の家で2人がぶつかり合ってるシーンが一番きた。
ただ才能とは一体なんなのだろうとも思ったね
ピアノの才能がなければジェニーはレイプされなかったかもしれないし、刑務所の中での苦労も。
色々感じたんだけどこの手の映画は語彙不足でうまく言葉に出来ないのが悔しい。
あの4分間の演奏と先生へのお辞儀のラストはすごく好きだ。

194 :名無シネマ@上映中:2008/05/23(金) 15:40:55 ID:mMZ0GhzP
ジェニーには塀の外にも塀の中にも自由はなかった。

そんなやり場のない感情の発露があの賛否両論の4分間だったんだと思う。
個人的には好きな映画だった。


関連記事

  1. 2009/01/12(月) 14:08:35|
  2. や行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<銀色のシーズン | ホーム | K-20 怪人二十面相・伝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/497-0c29f7fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR