FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

百万円と苦虫女

【蒼井優】 百万円と苦虫女 【タナダユキ】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1200124732/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中 :2008/01/12(土) 16:58:52 ID:l3mgV7tS
『百万円と苦虫女』
公式 http://www.nigamushi.com/

監督・脚本:タナダユキ

出演:蒼井優、
森山未來、ピエール瀧、竹財輝之助、齋藤隆成
笹野高史、島田久作、モロ師岡、石田太郎、キムラ緑子、矢島健一、
斎藤歩、堀部圭亮、平岩舐、江口のりこ、悠城早矢、弓削智久、
佐々木すみ江

主題歌:「やわらかくて きもちいい風」 原田郁子

2008年夏 シネセゾン渋谷、シネ・リーブル池袋他
全 国 に て 公 開 !


527 :名無シネマ@上映中 :2008/07/11(金) 02:23:10 ID:U1Ck/4Bu
新宿で見てきたけど、ちょっとがっかり。
一言でいえば「浅い」。
121分という決して短くない作品だけど
一つ一つのエピソードの掘り下げ方が足りなくて駆け足で見させられている感じだった。
「人セク」のユルユル感に浸ったあとに見ると、忙しなくて困る。
我慢できなくて小説版を先に読んじゃったんだけど
タナダユキ自身が文章で表現したことが、映像で描ききれていないと感じた。
本を読んでストーリーテーラーとしては優秀だと思ったけど
映像作家としてはちょっと演出力不足なのかな。
本を先に読んでしまったがゆえの感想なのかもしれないけど。
蒼井の演技はさすがという感じ。あいかわらずいい表情をする。
ヒットするかなぁ?個人的には賛否両論あった「人セク」の方が上だね。

535 :名無シネマ@上映中 :2008/07/12(土) 05:05:14 ID:gICGz3Jg
>>527
演出力不足ってのはその通りだわ
タナダユキってスキルがまだ足りないやね
赤い文化住宅~見たときも思った
場数を踏めば改善するのか、才能ないのかはわからんが・・・

536 :名無シネマ@上映中 :2008/07/12(土) 07:48:08 ID:7fi6hsv3
転々とする感じを出したいのはわかるけど、海編は見所ないからカットしてもいいわ。

542 :名無シネマ@上映中:2008/07/12(土) 20:33:29 ID:pl/MFOYa
>>536
海編で人との距離間を示唆、才能どころ小ネタ挿入とか
あるからやっぱ必要と個人的には思う

549 :名無シネマ@上映中 :2008/07/13(日) 14:22:35 ID:4Vjumoog
山と地方都市を濃くやって欲しかった。3つに割れる分、時間長いわりに早足なんだよな。

584 :名無シネマ@上映中 :2008/07/19(土) 13:12:40 ID:ZpdvvveQ
ラストはあえてビターにしたんだろうけど
弟の手紙の後これからはちゃんと人と向き合うって決意したのに
歩道橋で中島と目が合ったのに行っちゃうのはアレ?と思った
あの後中島は追いかけてくるかなーもどかしい終わりだった
見応えはやっぱり最後の町編だけど桃園のキャストがみんないい味だったな
海編は駆け足で進んで薄かった

586 :名無シネマ@上映中 :2008/07/19(土) 13:23:15 ID:pmxicZN6
>>584
おいおい、視線は最後まで合わなかった

587 :名無シネマ@上映中 :2008/07/19(土) 13:30:16 ID:ZpdvvveQ
そうかすまんw
二人が振り向いた時と見上げてる時いまいちどこ見てるのか分からなかった

594 :名無シネマ@上映中 :2008/07/19(土) 16:28:23 ID:aIyoa3EP
中島は最後に鈴子を見つけたっぽくみえたけどな
その後追ったかどうかは別にして

591 :名無シネマ@上映中 :2008/07/19(土) 14:55:56 ID:KHjCvV+5
蒼井優の可憐さを堪能できるのは桃畑篇
おお主演映画見てるんだなーという気になる
というか山村が似合う

2ちゃんねる映画ブログ

海篇は話としては必要だけどいまいちピンとこない
かき氷は作って欲しい
町篇は鈴子に惚れられる中島が素敵に見えてしまう
何マジックだこれは
結論、鈴子はあんまり東京人に見えない

609 :名無シネマ@上映中 :2008/07/19(土) 21:57:01 ID:TGQ+r90y
弟から手紙届いたけど、地方都市に引っ越して 不動産屋から実家に
電話来たときに、弟は住所を知ったってことかね?
鈴子、結局手紙出さずに、住所知らせてなかったもんね。

ピエールが風呂入ってる鈴子に「青が水で赤がお湯ですから」「分かります、普通・・・」
とか、ぼそっとした面白さが良かった。
中島くんと初めてお茶したとき、一気飲みしてゲホってなるとことか。

624 :名無シネマ@上映中 :2008/07/20(日) 13:30:55 ID:yfpxiY42
最初に森山の家に行ったとき、暑いんだから早く窓開けろよ!って思ってたら、
すぐに開けられない事情があったんだね。

634 :名無シネマ@上映中 :2008/07/20(日) 19:45:06 ID:D+b/AjQc
蒼井が期待通りなのは言うまでもないんだが、
共演者もみんな良い味を出していて良かった
森山とピエール瀧は初めて映画で見たけどいい演技するな。蒼井相手にも引けを取ってなかった
笹野・佐々木すみえの味ははいうに及ばずぴったりだったし
蒼井の恐ろしいまでの演技力と脇の好演に支えられた映画だったかな
あの不動産屋の脱力ぶりが気になった・・・あれは誰なんだろう

そんなことで、タナダ監督のらしさっていうのはあんまり伝わってこなかったから、他作品を見てみようかなと思う

709 :名無シネマ@上映中:2008/07/21(月) 21:23:05 ID:hazLHj0s
>>634

山本剛史。
自分も不動産屋の髪型がちょっと変だなと思ってたら山本で
心の中で大笑いした。
気になったなら山下敦弘監督「ばかのハコ船」、「汁刑事」あたりを見てくれ。

637 :名無シネマ@上映中 :2008/07/20(日) 23:05:04 ID:CTuMP4hL
気まずい沈黙がイイ感じの映画だったね。
ピエールがフィリップ・シーモア・ホフマン化しててワラタ

642 :名無シネマ@上映中 :2008/07/21(月) 00:01:13 ID:dc88fMpn
ホワイティが一番面白かったんだけど、
そこはあんま笑い起こってなかったなぁ。
他の人と笑いツボが違うのか分からないけど。
風呂で青が水で赤がお湯で説明してたとこは
ドカっとウケてた
あと村八分とかガーベラとかそこらもウケてた

647 :名無シネマ@上映中 :2008/07/21(月) 01:20:38 ID:SyT89pWJ
>>642
自分が見た映画館は
ホワイティ→ややウケ
村八分(村じゃない)→中ウケ
ガーベラ→大ウケ

654 :名無シネマ@上映中 :2008/07/21(月) 02:41:17 ID:WWd9+lTU
>>647
村じゃないからウケたの?
たぶん周りの人は違ったと思うよ。

655 :名無シネマ@上映中 :2008/07/21(月) 02:45:48 ID:S1jY9Qes
>>654
あそこは内容というより掛け合いのテンポが面白くてウケた
逃げ、追っかけしながらの会話じゃねーだろーとw

656 :名無シネマ@上映中 :2008/07/21(月) 02:51:46 ID:SyT89pWJ
>>654
いや、村八分でうけて村じゃないでまたうけたって感じ

652 :名無シネマ@上映中 :2008/07/21(月) 02:21:46 ID:4e5Rdq7c
蒼井が更に好きになったわ、これ中島が心理学専攻してるとこがキモだな
ピエール瀧はキャラ作りか素か知らんが、舞台挨拶くらいまともな服着たらどーだ

2ちゃんねる映画ブログ

662 :名無シネマ@上映中:2008/07/21(月) 09:44:35 ID:QdyRmOPr
>>652
ピエールはアメカジ好きだからなあ
まあほっといてやれよ

663 :名無シネマ@上映中 :2008/07/21(月) 09:50:54 ID:G+KB3m50
ある意味、瀧はスーツ姿の方が笑えるなw

659 :名無シネマ@上映中 :2008/07/21(月) 03:21:29 ID:qNJXlczl
ラストってアンハッピーなんですか?
あたしはあのあと森山未來が追いかけて捕まえるのかと想像してたんですけど。。
蒼井優は気づいてなかったけど、森山未來は最後気づいたんですよね?

660 :名無シネマ@上映中 :2008/07/21(月) 05:53:10 ID:gntl406B
>>659
お互いに気づくことができなかった、すれ違っちゃったっていう感じでしょう。
タナダ監督が「21歳かそこらで人生そんなにうまくいってたまるか」っていう思いをこめたということでしたよ。

666 :名無シネマ@上映中:2008/07/21(月) 12:03:43 ID:HGcaJVvX
ラスト、鈴子は中島に気付いたけど、自分から声をかける勇気が出なくて
中島は来なかったと自分に暗示をかけるために
あのセリフを言ったんだと思った。
もし次のシーンがあったとしたら、鈴子が改札にダッシュしていく様子だと思う。

669 :名無シネマ@上映中 :2008/07/21(月) 13:01:20 ID:eXKVBLW8
期待せずに観て来たが、大きく裏切ってくれた
作品はごく普通の笑いあり切なさあり
蒼井は最近ではずば抜けた演技力をもった女優になれる一人だと確信した

671 :名無シネマ@上映中:2008/07/21(月) 13:37:03 ID:/JP38EDH
女性版の寅さんみたいなシリーズ にするといいよ。
釣り馬鹿の併映シリーズにすっといいんぢゃね?

たまに弟から手紙がくるみたいな。

692 :名無シネマ@上映中:2008/07/21(月) 18:44:11 ID:h6fhDs2m
ラストシーンの解釈
原作読んでないけど、映像から判断するとこういうことでは?
二人は視線は合わなかったがお互いの存在を認知した
で、鈴子は強引に引き止めてくれるなら思い止まろう位の気持ち、
でも来ないから「来る訳ないか・・・」で去っていく。
一方、中島君は鈴子が自分のことに気付いたのに無視されたと勘違い
それで追い駆ける勇気が挫けてスゴスゴと退散
不器用な二人らしい別れ際の出来上がり

観ようかどうか迷ってる人へ
このように微妙かつビターテイストな終わり方なので
いわゆるハリウッド的カタルシスが好きな人は不完全燃焼な
気持ちになり易いのではと思われます。
フランス映画が好きな人にはお勧めの映画と思います。
どうぞ、ご参考までに・・・

735 :名無シネマ@上映中 :2008/07/22(火) 02:11:54 ID:L9Fuu2Mr
>>692
ノベライズから引用しましょう。
「もう片方の階段をうつむいたまま下りている中島に、鈴子は気づくことはなかった。」
もう一か所。
「せめてお互いが振り返ったタイミングが一緒で、二人の視線がズレていなければ、再び会うことができたはずだ。
だが、二人はお互いを見つけることができなかった。」
とまあ、こんな感じです。
このノベライズはタナダ監督が脚本を元に自ら肉付けして書き下ろしたそうですから(雑誌「シナリオ」8月号インタビューより)
監督の意図するところはこういうことなのです。

742 :名無シネマ@上映中:2008/07/22(火) 12:25:51 ID:3mahynI6
>>735
そうなんだ・・・サンクス!
ノベライズでそうなっている以上、
監督の意図としてはそういうことなんだろうな・・・
視線が合わなかったことはすぐに察したけど
それ以上のことはイマイチ???だった

743 :名無シネマ@上映中:2008/07/22(火) 12:45:56 ID:ZJlxU+Aw
ノベライズと映画で結末を変えることもあるから
あんまり鵜呑みにしないほうがいいよ。

745 :名無シネマ@上映中 :2008/07/22(火) 14:55:37 ID:L9Fuu2Mr
>>743
監督本人がノベライズ化作業をしているんですよ。
映画公開前に発表しているんだし
わざわざ自ら結末を変えるなんていうことはしないと思いますけどね。

694 :名無シネマ@上映中:2008/07/21(月) 18:52:38 ID:4XwqkWkB
ラストが腑に落ちない。

中島が借金申し込んでたのは鈴子に百万円貯めさせないため
ってのはいいとして、なぜ別れ話になった時に中島は打ち明け
なかったのか。ストーリー上仕方がなかったんだろうけど、
もう少し自然な展開にしてほしかった。

あと後輩の女、誰だか知らないけど演技がいまいち。

704 :名無シネマ@上映中 :2008/07/21(月) 19:45:07 ID:aenK5COB
みんなどこで森山がお金借りてる理由気づいた?
自分最初に借りた時からそうじゃないかと思ってたから
最後「あぁそうだったんだ‥(ジーン」みたいな気持ちになれなかった

あと園芸の後輩女
ああいう女の子いるよなーってなんかイラッとしたw

706 :名無シネマ@上映中 :2008/07/21(月) 19:56:27 ID:S1jY9Qes
  >>704
私が気付いたのは、シーン的には映画のチケット買う前だったと思うけど喫茶店で払わせてる時かな
鈴子の後ろにいた中島が、頭を上下に触りながらの顔がキョドってた

708 :名無シネマ@上映中 :2008/07/21(月) 20:54:42 ID:+Lhc6UuJ
>>704
5万借りたところ
中島が鈴子バイトのシフト表を見てる、って言ってたところで自分の中で確定したかな

714 :名無シネマ@上映中 :2008/07/21(月) 22:34:07 ID:sSOXo2Ex
保証人の印鑑証明無しで部屋貸してくれる所って地方ではまだあるのかな?

716 :名無シネマ@上映中 :2008/07/21(月) 22:37:40 ID:S1jY9Qes
>>714
東京だったけど10年前に学生の時借りた安アパートは親の連絡先と電話確認だけでおkだった
今は厳しいの?

718 :名無シネマ@上映中 :2008/07/21(月) 23:30:33 ID:sSOXo2Ex
>>716
今は厳しい。
トラブって裁判になったときに証拠になるものが必要みたい。
そういうわけで保証人の印鑑証明が必須。

719 :名無シネマ@上映中:2008/07/21(月) 23:31:33 ID:HGcaJVvX
そもそも携帯も家電もないのに今どきバイト採用してもらえるの?

731 :名無シネマ@上映中 :2008/07/22(火) 00:49:54 ID:KCAx+VmF
保証人が小学生とわかってそのあと何もないのが腑に落ちない。

733 :名無シネマ@上映中:2008/07/22(火) 01:21:48 ID:7JVd/f67
>>731
このレスみてやっと弟が住所分かった理由がわかったwwwww
そっか、そういうことかw

723 :名無シネマ@上映中 :2008/07/21(月) 23:59:49 ID:KLQU4Xix
終始PV臭はしないが、他の役者達が薄い訳じゃないのに、蒼井ありき過ぎるのが作品としてちと気になった。

728 :名無シネマ@上映中 :2008/07/22(火) 00:41:01 ID:P74mkX8h
>>723
もともと蒼井優主演で企画が始まりイトカンも制作に入ってる完全ホームなわけで、
むしろ蒼井ありきの作品に他の役者が集ったのだから、当然の話

とはいえ、助演として皆さん良い演技していると思うよ
それぞれの名演のお陰で蒼井の存在や芝居も引き立てられている
芝居は一人だけじゃ成り立たないからね

746 :名無シネマ@上映中 :2008/07/22(火) 15:00:26 ID:p3+YhNc/
リアル苦虫女の自分としては
最後は鈴子と中島に上手くいって欲しかった。
ずっと、あるある・・と共感しながら見てて(さすがに前科はないけどw)、
中島とつき合いだしたときには自分のことのように嬉しくなったのに、あのラストには正直落ちた。

その方がリアルじゃん?は全く持ってその通りだけど
やっぱり映画では夢を見たいじゃないっすか。
最後頑張ろうっては思えなかったんだよね~。
不器用な子同志上手くいって欲しかった。

747 :名無シネマ@上映中 :2008/07/22(火) 15:44:25 ID:17TvAwgA
>>746
21才のクソガキに好い思いさせてたまるかというタナダ監督の意志
これからの人生、上手くいく下地が出来たという解釈じゃだめなのか
あんたの年齢は知らんが、これから無限の可能性を秘めてるわけだ
羨ましいよ

753 :名無シネマ@上映中 :2008/07/22(火) 16:50:47 ID:Z5Jf+mjJ
地方都市編はせめてあと10分欲しかった
鈴子も中島もアッサリ好きになっちゃって、ぇえ?って感じだし
原作の重要ポイントだけ入れました的な描写で補完が必要になってる

803 :名無シネマ@上映中 :2008/07/23(水) 06:50:05 ID:Ii3WFPR0
優ちゃんが啖呵切ったところは、見ててスカッとした
姉弟愛に泣けた

2ちゃんねる映画ブログ

ラストが清清しかった
主人公は弱弱しいイメージだけど、芯が一本通った感じが良かった
所々、自分や状況を客観的に見てるクールな独白が笑えた

804 :名無シネマ@上映中 :2008/07/23(水) 07:50:05 ID:grqUOhMC
ヤッときゃよかった…

とか?

807 :名無シネマ@上映中 :2008/07/23(水) 13:48:44 ID:511Eqczy
シャバだばシャバだば~…♪で早速ツボった。

811 :名無シネマ@上映中 :2008/07/23(水) 15:22:50 ID:upOvSEBH
>>807
曲の締めあたりのメロディーが自分の記憶と違うのですごく気持ち悪かったw

813 :名無シネマ@上映中 :2008/07/23(水) 16:08:31 ID:gbCXvq+q
>>811  ああおれも思った。「シャバダバダ ダーシャバダバ ドゥドゥッ、ワァ~」だったよな。

822 :名無シネマ@上映中 :2008/07/23(水) 18:11:28 ID:kLKRmbrC
今日横浜のレディースデーで観てきた。
埋まってたのは7割くらいかな、けっこう面白かった。
隣の子は泣いてたし自分も最後の手紙のところでちょっときました。
中島君から自転車で追いかけられるシーンから手をつなぐまでのシーンが
初々しく甘酸っぱくってよかった。
自分の観た映画館では、
村八分ではウケてたけど、ガーベラやホワイティーではくすりとも
してなかった。
わたしはガーベラが一番面白かったけどシンとしていて笑いずらかった。

それにしても、百万円貯めても行かないで欲しい、ってなんで
言えないんだろう…両思いになったところで、ここで彼女の放浪も終わるな、
と思ったのに。もどかしい…。
やっぱり鈴子も中島も似たもの同士ってことか。

2ちゃんねる映画ブログ

825 :名無シネマ@上映中 :2008/07/23(水) 19:24:13 ID:b/UJcB5s
ホワイティってどこのくだりで出てきたんだっけ?

826 :名無シネマ@上映中 :2008/07/23(水) 20:15:36 ID:bielzN/N
海の家でバイトしてるとき
蒼井の肌が白い事から→ホワイティ

858 :名無シネマ@上映中 :2008/07/24(木) 06:36:22 ID:uDGwk98B
劇場では誰も反応してなかったんだけど、
“ソウルメイト”って笑うところだよね?
監督がこういうチャラ男を馬鹿にする意味で
言わせたんだよね?
「安いソウルメイトやなw」という突っ込み
ありきのシーンだよね?
こう感じるのは僕がモテないからじゃないよね?

859 :名無シネマ@上映中 :2008/07/24(木) 08:17:49 ID:ot2IoeQV
自分もソウルメイト笑ったけど、
そこは彼の風貌っていうか、まだ客と店員の関係でしかないのに思い込み激しいなw早くね?で笑ったけど違うのか。
鈴子もそこに引いてたのかと思った。

862 :名無シネマ@上映中 :2008/07/24(木) 09:02:39 ID:/zJ5wLQ6
さらっと見られるわりに情感があって、いい映画でした

弟からの手紙を読んで、これからは自分から他人から逃げないと決めたのに
結局新しい土地に移り住んでからそれを実行しようとするのは「ん?」とちょっと思った
別れた彼氏のいるあの土地に居続けてこそ…じゃないのかな?厳しすぎるかな

863 :名無シネマ@上映中 :2008/07/24(木) 09:41:15 ID:UEpycNPP
>>862
そう読んで正解じゃないかな。
それこそユキちゃんの提示した主題だと思うし。
やっぱり鈴子は次の街でも同じ失敗繰り返すよ、たぶん。

866 :名無シネマ@上映中:2008/07/24(木) 11:03:11 ID:7/5BSr8q
一見幸せそうで実は崩壊している家庭。身につまされる思いがした。
最後は実家に帰る設定だったらもう少しよかったかもしれない。

867 :名無シネマ@上映中 :2008/07/24(木) 12:31:02 ID:XDRx0qOf
俺としては実家に帰らなくて良かったと思う。
弟(家族)とは手紙のやり取りでずっと繋がってるわけだし

ついでに、もしラストで森山が追いついて誤解が解けてハッピーエンドになってたら
この作品を駄作認定してた。

868 :名無シネマ@上映中 :2008/07/24(木) 12:53:16 ID:8QG+7s0L
自分も>>867 の意見に同意。
中島と分かり合えないからこそ、
ラストの鈴子の表情がいいなあと。
実家には帰らず、次の場所に行くんだろうなと思った。

何歳代で観るかで違うのかもしれない。
そんなところも含めてこの映画が好きだ。


関連記事

  1. 2008/12/24(水) 12:58:20|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:9
  4. | コメント:0
<<腑抜けども、悲しみの愛を見せろ | ホーム | ゾンビーノ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/492-6d5b2298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

百万円と苦虫女

2月に記事を書いてたWOWOWドラマ『蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ』、実は全12話の内後半の3話は、この映画の前日談なんですよねぇ。 って、番組内で言ってたから放送観てた人は知ってるか。 そんなこんなで続きを観る感覚で『百万円と苦虫女』を観てきました。 ★★★
  1. 2008/12/24(水) 22:29:35 |
  2. そーれりぽーと

映画 【百万円と苦虫女】

映画館にて「百万円と苦虫女」 タナダユキ監督による青春ロードムービー。 おはなし: 就職浪人中の鈴子(蒼井優)は友人とルームシェアを始めるが、それが思いも寄らぬ事件に発展し警察の世話になる。家に居づらくなった彼女は家を出て根無し草のような生活を始める。
  1. 2008/12/24(水) 22:29:42 |
  2. ミチの雑記帳

百万円と苦虫女

 『自分探しなんてしたくない。 むしろ逃げてるんです。 百万円貯めて、誰も知らない場所―― 海へ、山へ、そして地方の町へ。』  コチラの「百万円と苦虫女」は、あたしも大好きな蒼井優ちゃんの3年ぶりの映画主演作となったオムニバス風ヒューマン・コメディで、今..
  1. 2008/12/24(水) 22:36:00 |
  2. ☆彡映画鑑賞日記☆彡

★「百万円と苦虫女」

三連休の二日目もレイトショウ実施中なので、 今週公開で、蒼井優の主演でインパクトのある本作を・・・。
  1. 2008/12/24(水) 22:47:29 |
  2. ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

『百万円と苦虫女』

   □作品オフィシャルサイト 「百万円と苦虫女」□監督・脚本 タナダユキ□原作 タナダユキ(「百万円と苦虫女」幻冬社) □キャスト 蒼井優、森山未來、ピエール瀧、竹財輝之介、齋藤隆成、笹野高史、嶋田久作、モロ師岡、石田太郎、キムラ緑子、矢島健一、斎藤歩、
  1. 2008/12/24(水) 23:06:26 |
  2. 京の昼寝?♪

『百万円と苦虫女』

映画『百万円と苦虫女』公式サイト 監督・脚本:タナダユキ 出演:蒼井優、森山未來、ピエール瀧、竹財輝之助、佐々木すみ江 2008年/日本/121分 おはなし Yahoo!映画 就職浪人中の鈴子(蒼井優)は、アルバイトをしながら実家で暮らしていた。彼女は仲...
  1. 2008/12/25(木) 23:52:29 |
  2. Rabiovsky計画

映画『百万円と苦虫女』を観て

69.百万円と苦虫女■製作:日活■製作年・国:2008年、日本■上映時間:121分■鑑賞日:8月2日、バウスシアター(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:タナダユキ□エクゼクティヴ・プロデューサー:馬場清□プロデューサー:木幡久美、...
  1. 2009/06/18(木) 21:26:18 |
  2. KINTYRE’SDIARY

『百万円と苦虫女』’08・日

あらすじ短大を卒業後、フリーターをしている鈴子はバイト仲間からルームシェアを持ちかけられて実家を出る事にしたが、ひょんな事から警察沙汰になり・・・。感想百万円貯まるごとに町を転々とする苦虫女のお話です。でも、苦虫女って感じちゃうかったな蒼井優演じる主人...
  1. 2009/06/21(日) 08:01:08 |
  2. 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

mini review 09370「百万円と苦虫女」★★★★★★☆☆☆☆

蒼井優が『ニライカナイからの手紙』以来、3年ぶりに主演を務めた、ほろ苦い青春ロードムービー。ひょんなことから各地を転々とすることになるヒロインの出会いと別れ、そして不器用な恋を丹念に映し出す。監督は『赤い文化住宅の初子』のタナダユキ。共演者も『スマイル 聖
  1. 2009/07/01(水) 02:01:50 |
  2. サーカスな日々

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR