FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

呪怨 パンデミック

【最新作にして】呪怨パンデミック【最恐作】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1186583508/
2ちゃんねる映画ブログ

1 びあれ主任φ ★ 2007/08/09(木) 12:11:03 ID:??? BE:275638829-2BP(3422)
東京のインターナショナルスクールに通うアリソンは、クラスメイトのヴァネッサと
ミユキに連れられ、幽霊屋敷として有名なある一軒家にやってきた。そこはかつて
佐伯伽椰子という女性が夫に惨殺され、その息子の俊雄も行方不明になる事件が
起きた場所だ。家に入ったアリソンは、ふざけたヴァネッサたちに押入れに閉じ込め
られてしまう。すると本当に戸が開かなくなり、押入れの暗闇で怯えるアリソンの
目の前に何かが現れた…!
[ 2007年8月11日公開 ]

キャスト・スタッフ
監督:清水崇
出演:アンバー・ダブリン、アリエル・ケベル、ジェニファー・ビール 、
エディソン・チャン、宇野実彩子


9 :名無シネマ@上映中:2007/08/09(木) 20:56:24 ID:GdGzHVPI
TOHO試写会から帰還。
吹替をハリセンボンと森三中にしたヤツ呪うお。

2ちゃんねる映画ブログ

10 :ユーザ:2007/08/09(木) 22:18:14 ID:Yx0Zli0G
自分もTOHOシネマズで呪怨パンデミックの試写会観た。箕輪さん…。

18 :名無シネマ@上映中:2007/08/11(土) 01:02:56 ID:koTU9LR4
オーブリー→箕輪はるか、アリソン→近藤春菜、カレン→村上知子、ヴァネッサ→大島美幸
レイシー→黒沢かずこ、トリッシュ→まちゃまちゃ、イーソン→あべこうじ

・・・この吹き替え企画した奴こそ呪われてしまえばいいのに・・・



あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、

29 :名無シネマ@上映中:2007/08/11(土) 22:53:32 ID:OSxProeG
超駄作でした。
話があちこち飛びすぎでワケわからん。
お化けの登場シーンもマンネリ化してきて怖くない。
最後のポップな音楽な何だよ。

34 :名無シネマ@上映中:2007/08/11(土) 23:31:30 ID:Pykj9mCG
ともかく舞台を日本かアメリカどちらかに絞ってだなry)
トシオは年を取らないなあ

2ちゃんねる映画ブログ

36 :名無シネマ@上映中:2007/08/12(日) 00:28:15 ID:Uhvq2VIG
地球のどこまでも追いかけてくってことで恐怖を煽りたかったんだろうが逆効果だったと思うよ

オープンウォーター並に退屈かつ中途半端
なにが最恐だよ

37 :名無シネマ@上映中:2007/08/12(日) 01:49:24 ID:Ek8GXI4h
かやや出すぎて大笑い。大問題だろ、怖くないどころか可笑しいって。
出ても一瞬チラッと写るだけとか、出そうで出ないから怖いんじゃん。
余りにもいっぱい出てくるからインフレ起きてるよ。
明るいうちからジャンジャン出てくるのは霊体としてどうよ??
写真から出てくるシーンとか無駄に可愛くて笑える。

ラストはまあまあ怖かったんで、クライマックスまでの登場方法をもっと
工夫して欲しい気がした。

43 :名無シネマ@上映中:2007/08/12(日) 17:26:14 ID:uFYH05/7
山奥にずっと引き篭もっていた死に損ないのババアが英語ぺラぺラなのって不自然じゃね?

48 :名無シネマ@上映中:2007/08/12(日) 21:56:44 ID:wIEhfVKq
結構怖かったぞ
まあ、オレはホラー苦手だから参考にならないかもだけど

気になった数カ所。
・山奥の婆さんが英語ペラペラなのは不自然極まりない。
・先生いつの間に殺されたん?単にオレが見逃しただけ?
・暗室で顔半分出して上目遣いで男を睨むカヤコは、怖いというより笑えた。
・屋敷に無関係の人まで殺すようになったのはちょっと…

51 :名無シネマ@上映中:2007/08/12(日) 23:49:55 ID:aPbbPfuh
小さな村で引きこもってる日本人老婆がペラペラと英語で状況説明をするのはハリウッド独自のご都合主義?
(世界中のどの時代が舞台であれ登場人物は皆アメリカ英語を話す)
せめてあの香港人ジャーナリストを最初に殺さないでいっしょに行かせて通訳させろ。
練馬区の家が焼けた事により怨霊の出没範囲が無制限になった事により話しの収拾がつかなくなっている気がする・・。
シカゴだろうがどこだろうが出現して怨念を感染させていけるのならエボラウィルス状態。
いずれ世界中の人間が呪い殺される事になる。
延々とただ人々が呪い殺されるだけの映画・・。
監督も言っていたけれどエルム街の悪夢の不思議ワールドの影響受けてますね。(パクリ?)
‘無理矢理使いました‘的なエンディングテーマは不要。映画が安っぽくなる。

58 :名無シネマ@上映中:2007/08/13(月) 05:59:54 ID:qvip5mdW
しかも婆、すげー流暢なんだよなwww


あのカヤコ母を訪ねるシーンは、シーンごと不必要。
別にカヤコ子供時代とか、それほど興味ないし。
それに異常な家庭に産まれて怨霊になったって設定より、ごく普通の人だったのにああなってしまったって設定の方が怖くないか?

59 :名無シネマ@上映中:2007/08/13(月) 09:24:59 ID:bdls+5s9
伽那子が本当に怨んでいたのは母親で、母を殺した時点で呪いが解けてハッピーエンドってのが
ハリウッド映画的にはいいと思うなぁ。

62 :名無シネマ@上映中:2007/08/13(月) 10:23:11 ID:Hpf/qgqg
出生の秘密を探り出してからババァに会うまでの
ちょっ早ショートカット加減にビール噴いた!
ババァの英語といいビデオ日米版と作りあきた監督の悪意からくる悪戯、
確信犯だと思われ。

全然怖くないが憎めない映画だ。

マンネリの声ももっともだが、
アメリカ人からしたらまだ2作目だからな。
ビックリさせるタイミングも的確だし、
タイや韓国のフォロワーにはいいお手本だと思う。

65 :名無シネマ@上映中:2007/08/13(月) 13:14:37 ID:DoHZHndF
としお君の子役変わっちゃったのか・・・

84 :名無シネマ@上映中:2007/08/14(火) 17:57:49 ID:MQVrDJQC
トランスフォーマーとこっちと、どっち見るかで15分程悩んだ俺様が華麗に登場

今カヤタンはアメリカ在住ってのは分かった

85 :名無シネマ@上映中:2007/08/14(火) 20:09:28 ID:fpFJhW1x
前作主人公の妹と日本のハイスクールでいじめられっ子が同一人物かと思ってた。
紛らわしいから、妹の方は金髪にするとかした方がいい。

86 :名無シネマ@上映中:2007/08/14(火) 20:28:45 ID:4bkzOHH+
そりゃちゃんと話を聞いてないほうが悪いよ

87 :名無シネマ@上映中:2007/08/14(火) 21:12:22 ID:lGf/P4TK
壮絶な棒読みの吹替え版を観てしまったので、カヤコ母が英語ペラペラの
方がましだと思います。
英語で話しかけても相手日本人で通じなくて…と思われる場面では吹替え版
ではどっちも日本語喋ってましたよw

92 :名無シネマ@上映中:2007/08/15(水) 01:29:05 ID:sjw1Q2j1
通訳死んだのに一人で農村に特攻しにいって、カヤコ母ぺらぺーらの流れが最高だった
作っててこういうお遊びしでもしねぇとやってらんなかったんだろな
3が清水監督から離れた完全メリケン版なら見たい

104 :名無シネマ@上映中:2007/08/15(水) 22:35:47 ID:VmESHVyV
次作はアメリカ人監督になるらしいから、舞台も完全にアメリカかな。
お藤さんは続投が決定しているからカヤヤが金髪になることはないだろうが。

93 :名無シネマ@上映中:2007/08/15(水) 02:56:42 ID:cO5aedWw
懐かしのジェニファー・ビールスが旦那をボコる場面を最初に持ってくる編集の意図が分からないというか

96 :名無シネマ@上映中:2007/08/15(水) 09:55:39 ID:9+aKp1qB
>>93
ありゃあ前作の流れを踏襲してるんでしょう。
前作でもビル・プルマンが冒頭でダイブしてたし。

97 :名無シネマ@上映中:2007/08/15(水) 10:29:54 ID:DfJbCxqy
>>93
ボコったあとに、是非ともダンスを踊って欲しかったな。

100 :名無シネマ@上映中:2007/08/15(水) 18:11:50 ID:TfRcvj2u
っていうか金髪キャラがみんなエロい
チアリーダー役が特にエロい

136 :名無シネマ@上映中:2007/08/18(土) 10:56:51 ID:7H7/eeY2
いま見てきた。
葺き替えしかなかったから仕方なくみた。


あのアメリカ編の継母の吹き替えしたの誰だ!?

下手くそにも程がある!

139 :名無シネマ@上映中:2007/08/18(土) 11:59:18 ID:uz7egz8N
>>136

トリッシュか。
まちゃまちゃらしい。

確かにあれは酷すぎるなんてもんじゃない。
「ホットペッパーだべーまーしーたー」
くらい変

142 :名無シネマ@上映中:2007/08/18(土) 15:29:35 ID:QZpiFtS2
この監督は、話を時間の流れ通りに進めるのが嫌いなのかな?
わかり難くて見る方は困る。

143 :名無シネマ@上映中:2007/08/18(土) 17:00:07 ID:2ufVG0pC
時間軸シャッフルが呪怨シリーズの売りだからなー。
いやなら見るの止めた方が…

147 :名無シネマ@上映中:2007/08/18(土) 21:18:18 ID:CLK2RWAM
時間軸シャッフルはあのくらいがちょうどいい

146 :名無シネマ@上映中:2007/08/18(土) 20:44:59 ID:40+VSj6Q
なんだよ、結構面白かったよ。
オープニングからタイトルクレジットの出だしも
かっこいいし。
清水の演出ちょっとアメリカンナイズしてた。

153 :名無シネマ@上映中:2007/08/19(日) 00:33:42 ID:XpgmpXTd
まだ観てない人達。
悪いことはいわん、
「演技の良し悪し判るほど耳肥えてない」とか
「近所じゃ吹き返しかやってない」とか
「レンタルで観る時はいつも吹き替えばかりだし」とかいわんで、
吹き替え版はやめとけ。
ほぼ全員、それも出番多い奴ほど棒読みで、エンタメ映画というより外国の記者会見の同時通訳
聞いてるみたいだった。
これほど酷い吹き替え作品は初め観たよ。

157 :名無シネマ@上映中:2007/08/19(日) 03:13:54 ID:hENVSoP4
>>153
は正しい
近年稀に見るクソ吹き替えだ
なんども席を立とうと思ったことか
映画自体もマンネリだというのに

ちなみにコメディでも珍しいくらい終了とともに笑で館内がつつまれた

158 :名無シネマ@上映中:2007/08/19(日) 07:54:31 ID:Z7QXImUY
前作は割かし良かったと思ったので(日本版は未見)昨日見てきた。

…なんじゃこりゃ。
自分の癖で「悪い映画」の判断基準があるのだが
それは「登場人物にイライラ」すること。

上にも書いてあるように
脚本が糞、吹き替えも糞。
ストーリーに無理がありすぎ、整合性を考えるのに気をとられて
怖がっている所ではなかった。

159 :名無シネマ@上映中:2007/08/19(日) 08:39:58 ID:BYk26Lx0
もちろん字幕版で観た
でも、梶原善が出てるなんて知らなかった

カヤコ母が英語なのは、「イタコは直接心に語りかけることが出来る」とか
そういうアレなんだと解釈したよ
というか、カヤコの過去の設定なんてもんがまずいらないんだけども
あと、AAAの人の持ってかれ方は「伊藤美咲方式」かと思わせといて実は違った、とか
その辺にも監督の「遊び」を感じたよ
「呪怨シリーズのファン」としては、まぁ満足でした

ところで、ホテルに一人残された外人は、あの後どうしたんだろwww

173 :名無シネマ@上映中:2007/08/19(日) 13:08:22 ID:g37L5jN1
なんか無駄にエロい場面がいっぱいあったな。
俺もチアガールの姉が欲しい。

2ちゃんねる映画ブログ

176 :名無シネマ@上映中:2007/08/19(日) 15:14:33 ID:4RXBrmlm
フライパン撲殺
爺さんいないいないバア
机の下に隠れていて、机の上の携帯を取ろうとしたらトッシーの足にタッチ

前作同様、過去のシーンを使い回してたね。

しかし、吹き替えの声優が激ヘタ糞で萎えた。

ステッカーいらないから、声優に金かけろ

185 :名無シネマ@上映中:2007/08/19(日) 16:43:09 ID:4RXBrmlm
ビデオ版でのフライパン撲殺妻は、カヤヤのせいで狂ったように見えるが
パンデミックの継母は、夫に嫌味いわれて罵られて
夫婦喧嘩の果てに殴ったとしか思えない。

こうなると火サス並みの話になるんだが…

てかフライパンで殴ったくらいで脳天かち割られて死ぬか?

186 :名無シネマ@上映中:2007/08/19(日) 16:55:07 ID:FzoB2SpL
フライパン後、継母さんしっかりお風呂の時間してるから、やっぱかややだろうな。
ガクプル女子高生が連れて来てた事だし。

191 :名無シネマ@上映中:2007/08/19(日) 18:13:51 ID:4RXBrmlm
ションベン漏らすわ、ゲロするわ、ガキは白目むいて泡吹くわ
スカトロだな

192 :名無シネマ@上映中:2007/08/19(日) 18:40:36 ID:E8VxGqIU
放尿笑えた

193 :名無シネマ@上映中:2007/08/19(日) 19:04:45 ID:cucq0jmz
清水崇はもうハリウッドで「呪怨」撮んじゃねー サム・ライミもよくこんな駄作に付き合うよな

194 :名無シネマ@上映中:2007/08/19(日) 19:05:06 ID:lHTJLMZl
過去のネタの使い回しを指摘するのは、あんまり建設的じゃないよなー。

ハリウッド版1・2は、ビデオ版~映画版計4作を見てないアメリカ人を対象に、
過去のネタをシャッフルしたリメイクなんだから、それを念頭に置かずに、
シリーズ第6作目として、ワンパターンとか飽きたつーのは、ちょっとフェアじゃない気がする。

むしろ、完全新作だった『輪廻』がクソつまらなかった事の方が、問題。

『呪怨』シリーズを完全に凌駕した『ノロイ』の監督も、
第2作『口裂け女』で失速したし…。

心霊実話系ホラーのど真ん中をゆく傑作よ、出てこ~い!

195 :名無シネマ@上映中:2007/08/19(日) 19:45:23 ID:Z7QXImUY
>194

自分はその「ビデオ版~映画版計4作を見てない」人間なのだが
前作(ハリウッド版1)は優秀だったと思う。
けど今作は駄作といっても過言ではないかな。
単純にシナリオの粗さで萎える。

前作や「サイレント・ヒル」あたりで随分と
ホラー耐性がついたからかな。
クオリティ的にも。

214 :名無シネマ@上映中:2007/08/20(月) 11:02:51 ID:tz8F+kJv
いないないばぁーのじいちゃんまた出てたな。
あれは不覚にもわろた。

218 :名無シネマ@上映中:2007/08/20(月) 14:16:45 ID:98eFd+PC
吹き替え版見た連中駄作、駄作ゆうとるが
そんなに醜くかったのか?
俺は字幕で見たが、結構面白かった。
一見、なんの関係もないシカゴの一家がなぜ取り憑かれるのか
そんなサスペンス要素もあって、映画的な面白さでは
いい出来だとおもうんだが
なぜこんなに悪評なのかわからん。

220 :名無シネマ@上映中:2007/08/20(月) 16:09:10 ID:lEs+4r2/
>>218
字幕版を観たのか…幸せ者だな

229 :名無シネマ@上映中:2007/08/20(月) 19:49:41 ID:upeZR9jX
>>218
みれば解る
とにかく正気をたもって冷静に映画みれるようなもんじゃない
内容的には、あ、ココ面白いカモ
と、思ってもしゃべった瞬間そんな気持ちブッ飛んでいく
内容云々じゃない
ただひたすらに声優が作品をどん底に突き落としてる、ここまで酷いのは俺の生涯でハジメテ

226 :名無シネマ@上映中:2007/08/20(月) 17:39:57 ID:8gx/rCRe
家ぶっ壊せば勝てるわけだよな

228 :名無シネマ@上映中:2007/08/20(月) 19:06:44 ID:vOQhyCks
>>226
今作から家は関係ないという新しい設定が生まれた

232 :名無シネマ@上映中:2007/08/20(月) 22:08:47 ID:OrGuq51U
かやこの設定が貞子みたいになってきた件について

235 :名無シネマ@上映中:2007/08/20(月) 22:59:29 ID:hB1WiX/G
この映画の唯一光った演出は、妹外で見てただけなのに、
強引に家の中に引きずり込まれてしまったところ。
あれはちょっとゾッとした。

日本版でこういう演出あったっけ?
まぁでも、日本劇場版2を超えてないな。
かやこの声、カクカクした動き、こたつでのハラハラ感、病院での俊雄くん「入るな」、新山宅のドンドン&突然の真っ暗、
2はすばらしい(´・ω・`)

239 :名無シネマ@上映中:2007/08/21(火) 00:46:58 ID:1hUugI7w
主人公が逃げ切れないバッドエンドのホラーはたくさんあるけど、シカゴパートみたく幼い子供にあそこまで容赦しない
ストーリーは珍しい気がする。
可愛い男の子の泣き叫ぶ姿にシリーズのどの作品よりもハアハアさせてもらいました。

258 :名無シネマ@上映中:2007/08/22(水) 12:57:28 ID:cgnIqwbk
性格悪い役がみんな白人なのはどうしてなんだぜ?

279 :名無シネマ@上映中:2007/08/23(木) 19:52:28 ID:LGIuBb3j
女子高生が下着姿になってシャワーシーンから漏らすまで
隣の男が足を組み換えまくってモゾモゾしてた
かやこ恐るべし

286 :名無シネマ@上映中:2007/08/24(金) 13:39:42 ID:bAZc+Py8
宇野実彩子どれくらい出る?
エロイ?

287 :名無シネマ@上映中:2007/08/24(金) 14:11:46 ID:ZfU650Wh
>>286
ラブホのベットシーンは興奮する。

310 :名無シネマ@上映中:2007/08/26(日) 00:54:02 ID:laAlgaVK
ミユキ役って日本人なのか。てっきり日系人かとおもた。
あとライター役ってインファナルアフェア2に出てた人?

2ちゃんねる映画ブログ

311 :名無シネマ@上映中:2007/08/26(日) 02:19:12 ID:SkYs/YK8
>310
そうそう、インファのⅠとⅡに出てたエディソン・チャン。

318 :名無シネマ@上映中:2007/08/26(日) 20:35:43 ID:GQ6QSvoU
吹き替え声優は全員
カヤコ様に殺されろ!!

320 :名無シネマ@上映中:2007/08/27(月) 12:30:02 ID:LbY4+Vgu
あのメンバー見たら吹替は回避して字幕を観るぐらいの脳は俺には着いている。
Taxi4 も、かなり危険だな。
俺は、脚本をより正確に表すって観点から吹替の映画もいいと思っているが、
ただ、こんなひどい吹替で公開すると、
吹替のイメージ自体が悪くなるのを心配するね。

353 :名無シネマ@上映中:2007/08/30(木) 22:19:11 ID:BzcoMLXg
劇場で見たかったのに近くのtohoが吹き替えなので、米版DVDで見た。
思ったより面白かったね、怖いというより。
・看護婦が英語で話しかけられて、ポカーンとしているシーンがある、っちゅう
ことは「誰でも英語を喋る映画」ではない、と言ってるわけでトシオのばあちゃん
が英語を喋るのは不自然、というより、職業柄、不思議な意思の疎通も出来る
という設定、と感じられた。
・いじめられっ子アリソンは、インタビューではショートのブロンドでとても可愛く、
実はブスメイクだった。
・別エンディングは、採用されないでよかった。失笑もの。

355 :名無シネマ@上映中:2007/08/30(木) 23:06:31 ID:Bdh3ukze
別エンディングてどんなのー?

356 :名無シネマ@上映中:2007/08/30(木) 23:35:45 ID:Gs9I6lpY
>>355
別エンディングはネタばれにはなんないよね。
DVDを楽しみにしてる人は飛ばしてください。

カレン、オーブリーの母(というよりデッカードに銃で撃たれてガラスに飛び込んで
死んだレプリカントのゾラ)が宅配便の荷物を受け取る。
荷物は日本からで、早速開けてみる。
中には娘たちの遺品で、カレンの「もうそういう言い方、私に出来なくなるのよ」
なんて言葉を思い出しながら、衣類を取り出す。
ぼろぼろのカヤコの日記帳もはいっている。ページをめくっているうちに黒髪が手に絡み
つく。放り投げると、目のページが開く。もう一度、取り上げると目が、本物の
カヤコの目になっている。
突然、咳き込み口から大きな髪の毛で出来た毛玉を吐き出し、ころころ転がる。
毛玉の真ん中にはカヤコの目。大写しになり、フェイドアウト。

383 :名無シネマ@上映中:2007/09/02(日) 22:35:21 ID:gRs18Zv8
この映画の見所はヴァネッサのオッパイと足だね。
主役はオヘチャさんばっかり。

384 :名無シネマ@上映中:2007/09/02(日) 22:43:01 ID:hJKyplQc
アリソンも実はかわいい

415 :AOA:2007/09/12(水) 11:22:34 ID:UqtaoDO0
呪怨パンデミックでエンディングに流れる曲ってなんの曲(´・ω・`)?

417 :名無シネマ@上映中:2007/09/12(水) 18:23:46 ID:pnghMdlN
>>415
End of This Way
ちなみにミユキ役の宇野実彩子が歌っている。
配信限定

436 :名無シネマ@上映中:2007/09/26(水) 16:46:16 ID:pE09EUyf
俺なら生前のかやこを幸せにしてやれたぜ!


関連記事

  1. 2009/02/12(木) 14:53:23|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トウキョウソナタ | ホーム | ガチ☆ボーイ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/489-94606132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR