FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイドカーに犬

【竹内結子】サイドカーに犬part1【根岸吉太郎】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1179238937/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2007/05/15(火) 23:22:17 ID:cbhbnFgx
竹内結子女優復帰作。

原作は芥川賞作家・長嶋有が2001年の文学界新人賞を受賞したデビュー短編小説。

監督:根岸吉太郎
出演:竹内結子
   古田新太、松本花奈、谷山毅
   ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、山本浩司、寺田農
   温水洋一、川村陽介、松永京子、伊勢谷友介、樹木希林、椎名桔平

主題歌 『Understand』 - YUI

公式サイト http://sidecar-movie.jp/


108 :名無シネマ@上映中:2007/06/30(土) 17:50:58 ID:joN52Q/v
観てきた。
最近の有名俳優w起用系邦画の中ではかなり良い映画だと思う。
パンチはないけど、ほのぼのしてて説教臭さもないし。

出てきた役者もみんな大根ではなくて、イライラしなかった。
古田新太もいい味出してたし、女の子も役に合ってた。
竹内結子も、それなりだったよ。

ほのぼの系好きで気になるけど、ハズレくじ引きそうで見てない人にはお勧めできる。

110 :名無シネマ@上映中:2007/06/30(土) 18:18:14 ID:QZOspQHH
ミムラってまだ22歳くらいのはずだが30歳の役が違和感なしって…
舞台設定が80年代なのに「てゆーか」はないと思う。
竹内は演技は悪くないが、こういう役をやるにはまだ早いと思う。微妙に背伸び感が漂う。
個人的に一番ツボだったのはカオルが読んでた花とゆめの背表紙の「日ペンの美子ちゃん」www

111 :名無シネマ@上映中:2007/06/30(土) 19:08:22 ID:HSW3hell
てゆーかw、この映画は普通にミムラが良かったと思う。

リアルでも同じ事務所で竹内路線追っている感じもしないでもないしね。

ミムラファンスマソ。

113 :名無シネマ@上映中:2007/07/01(日) 11:31:01 ID:Sl3kbJzO
頭突き痛い

117 :名無シネマ@上映中:2007/07/01(日) 20:48:25 ID:+XhraF0o
今日見てきたけど、役者の方々良かった。
竹内結子の演技は魅力的でカッコいい、子役の女の子も自然な感じで良かった。
樹木希林もチョイ役だけど笑った。

120 :名無シネマ@上映中:2007/07/01(日) 21:53:21 ID:oQOgqQAm
原作読んだけど、伊豆の場面がなかった。
伊豆の場面はオリジナル?それとも別の作品から取ってきたの?

122 :名無シネマ@上映中:2007/07/01(日) 22:17:44 ID:nsXjhemo
>>
たぶんオリジナルでしょう

123 :名無シネマ@上映中:2007/07/01(日) 22:29:07 ID:ACcZJPgn
初めて竹内をいいと思った
淡々系邦画にありがちな狙った感じもしなかったな
ガンプラの内訳に多少考証面でイチャモンがあるのだがw根岸組にそこまで求めるのは酷だろう
超合金orジャンボマシンダーちっくな勘違い描写がなかったので安心したw
た・だ・し、サイドカーの犬がキョトキョトしているのは頂けない!
あそこはもっとハチ公像みたいに泰然自若としてないとぶち壊しだ

135 :名無シネマ@上映中:2007/07/06(金) 18:38:33 ID:v843COQp
釣り堀は阿佐ヶ谷駅から徒歩2分くらいのところにある。

136 :名無シネマ@上映中:2007/07/07(土) 00:47:39 ID:Fw91zsn6
子役の松本花奈ちゃんを褒めている人が多いが、どうなの?
確かにこの映画では良いけど、子供の純粋性と雰囲気を生かしているだけで
将来性は見えなかったんだけどどうなんだろう?

2ちゃんねる映画ブログ

137 :名無シネマ@上映中:2007/07/07(土) 01:09:15 ID:ATfcwvsn
>136
捉え方は人それぞれだと思う
俺はアクシデントがない限り、いい女優になると感じた

138 :名無シネマ@上映中:2007/07/07(土) 02:44:51 ID:VnvpaREQ
>>136
あざとくない感じでよかったと思う。
子役が主人公の映画で最低なのは、思いっきりキモイ子供ぶった演技。
あの娘は素直そうだった。
演技過多でもなく、下手でもなく。一生懸命演じた結果自然に写ってる感じで。

ただ将来どうなるかとか誰にもわからん気がする。
子供ってそういうもんじゃん。
それこそいろんな事人生に起こって人は変わるし。
この映画の内容そのままに

142 :名無シネマ@上映中:2007/07/08(日) 11:18:35 ID:kBV2+Qnx
竹内結子の髪型が嫌い。
ベビーフェイスにあの髪型は変だよ。

143 :名無シネマ@上映中:2007/07/08(日) 11:23:07 ID:IIEv0gf5
海まではなんか冗長だな
役者の演技も余り感心しなかった
海以後は良かったけど

148 :名無シネマ@上映中:2007/07/08(日) 17:46:35 ID:JsBENQ+M
なにが言いたいのかよくわからんかった
自分で切り開く人生と?
人についていく人生と?

サイドカーに犬ってのは、もうひとつのパートナー的な対等の生き方もあるよって事を言いたかったのか?

149 :名無シネマ@上映中:2007/07/08(日) 18:19:13 ID:IIEv0gf5
>>148
あまりそういうこと考えるとつまらなくない?

151 :名無シネマ@上映中:2007/07/08(日) 19:17:39 ID:JsBENQ+M
>>149
そうか?
これダイハードみたいな娯楽でもないし
何かメッセがあるんじゃないかと思ってしまうんだが
つまらん見方かなw
そうかもね

152 :名無シネマ@上映中:2007/07/08(日) 21:05:43 ID:OjPP0yx7
>>151
私も眠い中観たからそんなにノリノリ?にはなれなかったのは正直なところだけど、
強いてこの映画のメッセージについて自分の意見を言うと、

「人は人(他人)に影響されて生きてるんだよー」
って感じじゃないかな。

弟の方はヨーコさんを「愛人」と表現したのに、
ミムラはちゃんとヨーコさんの奔放さを受け継いでいたり、
"I love 自転車" 族になっていたり、
それでいて、子供の頃からの生真面目さを捨てきれなかったりと、

それなりに文章にできる部分はあるよ。

( ´△`)アァ- ミムラの父ちゃんに対する感情は複雑だろうけどね・・・

あなたはどう?^^ <感想を文章化

158 :名無シネマ@上映中:2007/07/09(月) 16:15:11 ID:cPhveLwM
>>152
あと釣堀で女の子に餌の付け方をていねいに教えるのも
カメノテのとり方を教わったことが元にあったんだろうね。

いい映画でした。

150 :名無シネマ@上映中:2007/07/08(日) 19:02:26 ID:honZnRZp
この映画の魅力は余韻ですよ
なんともいえない余韻

153 :名無シネマ@上映中:2007/07/08(日) 23:33:15 ID:TJbJtKTz
最後にミムラの靴がコンバースだったのに気がついて、ちょっとほっこりした。

159 :名無シネマ@上映中:2007/07/09(月) 18:28:37 ID:K0wQM/nd
竹内の愛用靴はコンバース、ミムラは竹内を慕ってるんだよね
ロケ中ずっとコンバースはいてた竹内、短いパンツとあってたな
あの頃はお尻も全然なくなってて、中学1年生の男子みたいだったけど
今は本当に戻ってよかった

163 :名無シネマ@上映中:2007/07/10(火) 22:12:17 ID:ObLCGBCK
純文学をそのまま映画にしたようで、何がいいのかわからん。
竹内結子も、ランチの女王のキャラのほうが好きだ。
こうゆう映画は、”純文学映画”とでもジャンルわけして、
俺のような一般人が間違っても見に行かずに済むようにしてくれ。

172 :名無シネマ@上映中:2007/07/11(水) 08:17:37 ID:43OwV0K3
終わったあと何も残らないんだよ
どうせならもっと強いメッセを出したほうがよかった

173 :名無シネマ@上映中:2007/07/11(水) 09:26:13 ID:PmIxXeXn
観終わったあと原作を読み終わった時と同じような気持ちになれた。
なんとも言えない哀愁みたいなのを感じたよ、自分は。

184 :名無シネマ@上映中:2007/07/12(木) 20:20:43 ID:Y3MNHsGY
竹内の眉毛がキリッとしてて彫刻のようだね

2ちゃんねる映画ブログ

187 :名無シネマ@上映中:2007/07/12(木) 23:30:57 ID:3kQ/1tzn
この映画は薫とヨーコの微妙で切ない距離感を楽しむに尽きる。

198 :名無シネマ@上映中:2007/07/13(金) 16:15:23 ID:Pqbo4xlI
普通に良かったと思うよ。
今の時代にありがちな純文学の映画化って感じで。悪くない。

劇中の設定では20年前=1987年なんだろうけど、描かれている風俗が
70年代末~80年代前半のものが混在していた点は気になったが。
あの服装・文化ならお札も伊藤博文&聖徳太子にするべきだろ。

199 :名無シネマ@上映中:2007/07/13(金) 17:35:08 ID:L3oHV6Z4
なんだ87年設定なんだ。
妙に考証凝ってた割にはいい加減だったんだなw
7、8年はズレてる。

201 :名無シネマ@上映中:2007/07/13(金) 20:52:38 ID:6fnP8UTX
>>198
マニアだぁw
確かにどの時代だか良く分からん感じはしたが、まあ良いんじゃね?

207 :名無シネマ@上映中:2007/07/14(土) 11:26:29 ID:CP3e+r0S
>>198
原作が2001年発表だから、劇中の「現在」もその当時くらいの設定でしょう。
だから20年前は1980年くらい。(パックマン発売とガンダム初放映もその時期)

コーラの250ml缶とか、印象に残る部分の時代考証は頑張ってたと思うけど、
たまに当時はない商品が画面に映り込んでいたりはしたね。

203 :名無シネマ@上映中:2007/07/14(土) 00:44:30 ID:7+5Pt86K
リングプル(プルタブ)の缶コーラ懐かしい。
ムーギ チョコってまだ売ってるのかな?
ヨーコさんの辛さ表現は良い感じでした。
薫は なんで、偽¥50使う気になったのかな?

213 :名無シネマ@上映中:2007/07/15(日) 14:49:24 ID:Qe+vSDer
あのキャッチボール
いかにも初めてやりましたって感じで無理ありすぎ

214 :名無シネマ@上映中:2007/07/15(日) 15:12:24 ID:xlXBeulv
初めてやりましたって感じで何がいけないのか

232 :名無シネマ@上映中:2007/07/17(火) 21:48:05 ID:IKltVjZ6
で、結局パンチラシーンは見られるの?

233 :名無シネマ@上映中:2007/07/17(火) 21:58:03 ID:ha6YiIok
子役の子のパンチラはある
でも竹内は終始パンツスタイル

235 :名無シネマ@上映中:2007/07/17(火) 22:34:49 ID:IKltVjZ6
>>233
一行目詳しく!

236 :名無シネマ@上映中:2007/07/17(火) 23:05:08 ID:2Z3cda6f
>>235
子役の子が短パンを穿いて回転イスでくるくる回ってるとこで
パンチラがあったような。てかこの映画でそんなシーンを求めんなw

240 :名無シネマ@上映中:2007/07/18(水) 10:51:24 ID:zvP2XnCU
見てきた。いい映画だったよ。
人間同士の機微をこれだけ軽やかに描き出したのは見事。
ベタつきがちな題材なだけにさすが根岸という印象だった。
ただ上で出てるように、80年代前半という時代性は全くと言っていいほど感じなかったな。
テレビで(崔だったかな?)ちょっと前の日本を映像化するのが一番難しいと
言ってたけど、やはりロケーションや小道具などのディテール再現するには
このクラスのバジェットでは不可能といったところか。

242 :名無シネマ@上映中:2007/07/18(水) 18:37:17 ID:sqVPXijr
>>240
良い映画だったね。国立は地元みたいなとこなのでそういう意味でも
面白かった。多摩川がわりと近いんだよね。原作者は土地勘のある人
なのかな。しかし、古田父はかなり悪質な業者だから普通なかなか家に
帰れないと思うけどなあw

243 :名無シネマ@上映中:2007/07/18(水) 20:05:53 ID:on9CMag8
古田のキャラってなんかいいよね。憎めない男。
そこに惚れるヨーコさんもたまんない。

246 :名無シネマ@上映中:2007/07/20(金) 02:41:40 ID:1HBuYYxF
伊勢谷の糞ちょい役っぷりに驚いた。

248 :名無シネマ@上映中:2007/07/20(金) 12:10:17 ID:U3T8zssv
>>246
伊勢谷でてた?
子役の二人が良かったね。 特に姉のほうが・・・むしろカオルが主演?。

249 :名無シネマ@上映中:2007/07/20(金) 12:13:52 ID:nVF0e05E
>>248
ミムラが部屋の内覧案内をしたカップルの男

250 :名無シネマ@上映中:2007/07/20(金) 12:17:55 ID:U3T8zssv
>>249
ありがとう。
「トイレに窓がないと・・・」っていってた男ですね^^。

258 :名無シネマ@上映中:2007/07/21(土) 17:56:39 ID:gZmz2I6P
ミスキャストとは違うが、トミーズ雅はいらね。
生理的に嫌いだし、別にあの役あってもなくてもいいわ。

259 :名無シネマ@上映中:2007/07/21(土) 18:00:04 ID:oCoHsjLK
伊勢谷と古田が逆のほうが良かった
なんでこのオッサンがこんな若い美人と…
と思った人も少なくあるまい

2ちゃんねる映画ブログ

260 :名無シネマ@上映中:2007/07/21(土) 18:12:48 ID:u4Un/t1g
>>259
いやいや、そこがヨーコさんの普通じゃないところで。
古田と椎名(もうチョット小奇麗にして)は逆でも良かったかな・・・。

薫が店番してた釣堀のオヤジは父親の友人だったのかな?。

295 :名無シネマ@上映中:2007/08/21(火) 22:26:16 ID:9MadIPSF
Understandいいよね

296 :名無シネマ@上映中:2007/08/22(水) 23:15:05 ID:PQMMtu0w
>>295
映画と合ってていい感じ
PV(MOVIE Ver)も「YUIいいからもっと映画のシーン入れてくれ」と思った

304 :RRD ◆3MranranlY :2007/08/30(木) 20:13:12 ID:SjhrulwY
つーことで観てきた。
20年前ってことで1987年をイメージしてたんだけど、なるほど原作から勘定して20年前か。
それなら時代考証の悪さにも多少は納得がいく部分もある。けど細かい部分に
こだわってる割にはぐだぐだな考証なのは否定できない。
あとヨーコさんの心理描写がイマイチ読み取れなかった。なにものなのかが
分からないミステリアスな存在のまま、その人物の感情を分かれ、というのは
なかなか難しいのでは?その難題を乗り越えるだけの演出も演技もなかったように思った。
もうひとつ、ひと夏の思い出と言う割りに、あまり夏の雰囲気が出てなかったような。
クーラーが効かないとか、汗を拭きあう場面とか、そういう設定に暑さの演出を頼りすぎ。

とはいえ、なかなか後味の爽やかないい映画なのは確か。
歯が抜ける場面が象徴するように、子供から大人へと知らぬうちに成長する夏休み。
ここが大人の夏休みと子供の夏休みの違うところ。俺も子供の夏休みをもう一回
過ごしてみたいと思った、休みのなかった夏の終わり。

305 :名無シネマ@上映中:2007/08/30(木) 21:03:07 ID:BrZGn/x6
>>304
薫の目から見たヨーコさんっていうのが大事だと思うから、ヨーコさんの心理描写がしっかりと描かれる必要はないんじゃないかな。
あの人はどこに住んでいるんだろう
お父さんとはどういう関係なんだろう
お父さんのこと好きなのかな
もういなくなっちゃうのかな
とか、わかんないことだらけだったと思うよ。
そういう意味では子役の表情がすごく良かったし、竹内の存在感というか雰囲気はミステリアスな感じがよくでていたと思う。

308 :名無シネマ@上映中:2007/09/01(土) 01:08:15 ID:H1lAlPEE
>>305
そそ
最後のワンワンてところで涙でたよ

311 :名無シネマ@上映中:2007/09/02(日) 22:03:19 ID:4wnmD96E
清志郎の歌は個性アリ杉で微妙だったな
どうせなら君が僕を知ってるにしてほしかった

323 :名無シネマ@上映中:2007/09/27(木) 01:42:01 ID:N8uMnWZP
樹木希林ワロタw

2ちゃんねる映画ブログ

324 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 23:44:29 ID:5/cteLIi
ぬっくん

339 :名無シネマ@上映中:2007/12/05(水) 23:36:55 ID:6poV7dRe
第20回日刊スポーツ映画大賞・主演女優賞おめでとう! 

2ちゃんねる映画ブログ

http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/p-et-tp1-20071205-291547.html

341 :名無シネマ@上映中:2007/12/19(水) 13:26:39 ID:a8WAVfeq
子役の松本花奈、あの子に主演女優賞を上げて欲しかったなぁ。こういう風味の原作を映画化するのは難しいのに、よくぞまとめたって監督を褒めてやり阿智。
お父さんのお腹に松本花奈が頭をガシガシぶつける場面で、俺は涙があふれた。いい役者だ、そして抑えた演出が功を奏していた。いい監督だ。
あざとい邦画が多い中、今年一番だと思う。

349 :名無シネマ@上映中:2007/12/26(水) 02:54:12 ID:ssMw8ytN
今観終わった。
存在すら知らなかった作品で、レンタル屋でなんとなく気になって借りたけど、俺的にはかなり良かった。いや、最高に良かった。
派手さは無いけど、観終わったあとに余韻が残る作品って良いよね。

因みに俺も、最後の娘が親父の腹に頭をガシガシぶつけるシーンで涙が溢れ出た。

360 :名無シネマ@上映中:2008/01/04(金) 19:12:51 ID:DDWZSwTa
小学生と犯罪者が出てくるつまらない作品でした。

363 :名無シネマ@上映中:2008/01/09(水) 16:24:53 ID:8nCYnoZw
ホットケーキ食べるシーンは秀逸

364 :名無シネマ@上映中:2008/01/10(木) 00:26:06 ID:k1UKhsKt
竹内の泣き芸には、毎回やられる

366 :名無シネマ@上映中:2008/01/11(金) 18:27:18 ID:lKVHk8QK
ホットケーキ食べるシーンの演技イイよね!弱さと強さが交じったせつない演技でした。

369 :名無シネマ@上映中:2008/01/17(木) 23:18:45 ID:55Gz58pk
DVDをレンタルして今見終わり、このスレにたどり着いたのだが。
何でこんなに過疎っているのかわからん。
普通に良作じゃね?
そんなに公開劇場数が少なかったの?
派手な・意外な展開を望む人には厳しい評価かもしれんが、
ほのぼのとした日常での微妙な心理描写が表現されている素晴らしい作品かと。
子役のびくびくとした表情も秀逸。

372 :名無シネマ@上映中:2008/01/18(金) 19:38:08 ID:RGJ+eiAe
最後の場面で緑色のドロップハンドルの自転車が画面を横切ったとき、
思わず「アッ!」と声をあげてしまった。いや~、本当にいい映画だった。

373 :名無シネマ@上映中:2008/01/19(土) 23:38:47 ID:+7qbz8is
↑あざとくて引いたけど、原作にある描写なのかな

374 :名無シネマ@上映中:2008/01/20(日) 01:07:40 ID:JdQMktqq
竹内のパンツルックが似合っていない
なんか下半身が貧弱

でも映画はよかった

381 :名無シネマ@上映中:2008/02/08(金) 18:18:15 ID:jWyNFL0J
>>374
毎日自転車に乗ってるような脚じゃなかったな。
ハンドルもフラフラし過ぎて説得力なし。

2ちゃんねる映画ブログ

379 :名無シネマ@上映中:2008/01/30(水) 02:54:03 ID:yfWQ8/lx
ほのぼのしたけど、「かもめ食堂」のほのぼのさと心地よさには到底及ばない作品だった。

380 :名無シネマ@上映中:2008/02/08(金) 18:13:23 ID:YR2XCq7m
良い映画だった。
3人でサイドカーに乗ってるシーン好きだな。

385 :名無シネマ@上映中:2008/02/11(月) 07:11:32 ID:h/I1ai2B
男だけど、カオルの性格が自分そっくりだなーと思って見てたら
「人と歩く時、左側のポジションを取りたがる」というクセまで同じでのけぞった。 
因みに30代になってもこのクセは抜けない。
あの子役、美少女じゃないけど、ハニカミ演技とか自然ですごいと思う。

81~82年あたりの時代考証で撮ってるように見えるのに
海でのおにゃん子は幻滅。 スタッフ誰もツッコまなかったのかな?

386 :名無シネマ@上映中:2008/02/12(火) 00:55:30 ID:DmwnYMvL
太宰読んでるのをこれ見よがしに見せるのが恥ずかしい

387 :名無シネマ@上映中:2008/02/12(火) 01:46:38 ID:lf2tMzTB
まあ太宰の「ウ゛ィヨンの妻」は自立する女性の物語だからね。
伏線と言えば伏線なんだろう。

388 :名無シネマ@上映中:2008/02/12(火) 02:09:03 ID:DmwnYMvL
それにしたって説明的すぎる。
まあ全編説明的なのがこの映画の特徴だけど。
椎名が取って付けたように女性観(女は世話焼くことで支配したがる云々)を突然喋ったり…

タバコ買ってきて→嫌だ→ブンタならあるよ→くれ!→200円ね
・・・のやりとりは 「そういやタバコって200円だったんだ~ナツカシ~!」 って思わせたいんだろうけど
ぜんぜんピンとこないな。 「ナイター最後までやれよ」も同じくわざとらしいだけ。
べつにバブルへGO!じゃないんだから、時代ギャップの笑いを無理して入れることないのに

390 :名無シネマ@上映中:2008/02/13(水) 18:11:54 ID:qWYva+TM
今でも人気のガリガリ君をやたらクローズアップするのも、何がしたいのかわからん

391 :名無シネマ@上映中:2008/02/14(木) 14:55:01 ID:u04UMlgw
まぁ何というかアレだ。
ヨーコの後ろ姿が忘れない映画だな。余韻がいつまでも消えない。

395 :名無シネマ@上映中:2008/03/04(火) 11:37:47 ID:vIZnDLLh
昨日初見。
こういうの、なんかいいっスね。
物語の中核になる大事件があるわけでもなく、淡々と流れる
少女の夏の1ページ。
それでいて、後から思い返すと刺激的な日々。
分かる気がします。
竹内もいいけど、薫役の子が良かった。これがないと80年代の話だという
独特のテンポは出なかった気がする。
80年代の話だと言う事の強調も、百恵、RC、缶コーラの大きさ、
コーラやたばこの値段程度で抑えてあるのも
好感が持てた。
ガッツリ80年代強調する必要はなかったから。

397 :名無シネマ@上映中:2008/03/22(土) 21:26:06 ID:MXADNk3V
ラストのミムラが見た自転車はヨーコでおkなんだよね?

398 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 00:17:43 ID:WAQtcMRJ
>>397
イヤそれは違うでしょ、
いくらなんでも。
ヨーコって結局何をしてる
女性だったのかも、
最後まで明かされなかったなあ。

400 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 08:19:39 ID:P5znmx2n
え!違うのかorzだとしたら悲しいな

401 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 11:10:50 ID:WAQtcMRJ
>>>400
まあね、ヨーコさんとは
二十年前のあの日が今生の別れだった
って言うのは悲しいよね。
再会シーンがあると良かったけど、
それがあると逆に興醒めなのかな。

最後のシーンで、薫がヨーコが住んでいたと思われる
アパート(が元あった場所、現在は駐車場)に自転車で訪れていたけど、
仮にそのアパートがまだあったとしても、二十年前にそこに住んでいた
女性が現在でもそこに住み続けているなんて考えづらいわけで、
一体何がしたかったのか、ちょっと疑問だった。

404 :名無シネマ@上映中:2008/04/01(火) 19:11:37 ID:8aeICSwb
サイドカーの犬コスプレ薫、萌え。
飼いたい・・ヤバいか俺。

408 :名無シネマ@上映中:2008/04/13(日) 10:52:15 ID:raDT2hDh
冒頭のミムラが夜自転車で帰るシーンのロケ地が地元中野駅だったのでテンション上がったww

413 :名無シネマ@上映中:2008/05/04(日) 23:06:15 ID:d2cLSNrg
ヨーコさんがいればいいよ

薫の台詞にほろっとさせられた。


関連記事

  1. 2009/01/22(木) 10:17:30|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<007/リビング・デイライツ | ホーム | ソウ5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/476-c5ec4977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR