FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

初恋

【宮崎あおい】初恋1【小出恵介】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1141651913/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2006/03/06(月) 22:31:53 ID:/DIsZErT
私は、あの三億円事件の犯人かもしれない…

宮崎あおい主演、6月シネマGAGA!他全国ロードショー

2 :名無シネマ@上映中:2006/03/06(月) 22:37:16 ID:/DIsZErT
【原作】 中原みすず(『初恋』リトルモア)

【出演】 宮崎あおい、小出恵介、宮崎将ほか

【監督】 塙幸成

【主題歌】 元ちとせ

公式サイト
http://www.hatsu-koi.jp/


187 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 23:21:36 ID:KTeWJcFX
試写会見ますた

眠かった


もっとCG金かけて60年代の雰囲気とか出してくれればタダでも我慢できたかも

189 :名無シネマ@上映中:2006/05/31(水) 00:13:00 ID:7DshLVgN
こういう恋愛系?は普段ほとんど見ないから比較できないけど、
なんか中途半端に感じた。
男どもの顔が識別できなかったのは俺だけですか?

190 :名無シネマ@上映中:2006/05/31(水) 00:24:12 ID:JRwdnT6E
>>189
俺も。薄暗いシーンが多くてよくわからんかった。

192 :名無シネマ@上映中:2006/05/31(水) 02:01:35 ID:QJHoaAa4
オレも試写観てきた
確かにもっと画に遊びがほしい気はするが
ドキュメント撮ってた監督だけあって逆にそれがリアルで良かった
特に計画を実行するシーンはリアリティあって結構ドキドキものだった
犯行後の頭なでられたあおいの表情よかったッス
予想以上にクールな小出も◎

オレ的点数75点ぐらいかな・・・とてもセツナイ初恋物語ですた。

201 :名無シネマ@上映中:2006/05/31(水) 22:06:25 ID:b2oxIHEs
今日、試写会行って来た
期待してなかったけど、観たら意外と良かった
地味だけど、私には好きな映画だった
宮崎あおいの表情が良かった
小出って人は義丹や高嶋兄に似ているね
クライマックスのシーン、泣かせようと音楽を大音量で流すのが萎えた
せっかく良いシーンなのに残念
音楽ない方が逆にグッと来るのに…

202 :名無シネマ@上映中:2006/05/31(水) 22:08:18 ID:53ir/OiK
確かにあの韓国映画みたいな大げさなBGMいらね

208 :名無シネマ@上映中:2006/06/01(木) 04:04:21 ID:lzZ9da2h
>>201
同意。あそこで静かに抑えてくれればもっと感情移入できた。
あと、主人公たちのその後の消息がちょっと無理がありすぎて萎えた。

209 :名無シネマ@上映中:2006/06/01(木) 04:35:56 ID:BINcVQCc
>208
みんな早いよね…

344 :名無シネマ@上映中:2006/06/10(土) 18:25:08 ID:hgXhZFEP
車椅子で北海道を放浪中、轢き逃げされて死亡って
もうちょっとマシな人生にしてやれよ

346 :名無シネマ@上映中:2006/06/10(土) 18:47:55 ID:hgXhZFEP
車椅子で北海道放浪は無理がありすぎ
70年代はバリアフリーなんて考えはないし、
障害者が運転できる自動車もなかったでしょ
電車やバスの乗り降りも手伝ってもらえないだろうし
まして広大な大地を車椅子で放浪するかよ

とマジに考えてしまったよ

302 :名無シネマ@上映中:2006/06/08(木) 07:10:41 ID:g9fgzIBp
・・・あおいキスすらしてないのに=なんでレナっちは脱いだの??
この季節の映画なのに雨シーンばっかで憂鬱だ。
韓国映画意識してそうだし。
予算あっても90分にまとめられたよな・・ダレダレだった。
試写会だったが数人途中で退席したもん。
あおい兄<実兄>をここで売りだそうとしてるけど、あいつとかぶってると思われ・・。

325 :名無シネマ@上映中:2006/06/10(土) 00:08:49 ID:hr1AtLHl
あおいは白バイ運転できるの?

326 :名無シネマ@上映中:2006/06/10(土) 00:23:31 ID:utBAYoFQ
>>325
できるよ。この映画のために免許取ったらしい。

336 :名無シネマ@上映中:2006/06/10(土) 14:05:33 ID:yy8uEyUc
60年代って知んないけどなんだか雰囲気あって良かったな・・・JAZZとか衣装とか
計画実行時の針音が緊迫感あった
けどやっぱり、この作品は【初恋】というタイトルがしっくりくるお話だった

あおいのポスターは今のカラーより前のモノクロの方が指名手配っぽくてイイ

339 :名無シネマ@上映中:2006/06/10(土) 16:48:11 ID:lDtw/CX0
美術がえらい力入ってたな。
あと自動車が綺麗に撮れている。

362 :名無シネマ@上映中:2006/06/10(土) 22:56:22 ID:rJUvOk4w
公開初日、見てきた。よくも当時の自動車をあれだけ集めて撮影したなと
言うのが正直な感想。パンフにもあったが、スポーツカーなどマニアックな
車種を除けば、何十年も前の大衆車はあまり現存してないらしい。この映画は
車やバイクが小道具として非常にうまく出来ている。ノスタルジックヒーロー
の読者だったら喜びそうな映画だったな。車中での場面が多く、すれ違う
車も当時の車が走りまくってるし、旧車マニアからすればいろんな車種を
運転するみすずは羨ましいかも。車やバイクが映画の小道具として生き生き
してる。

実は母が事件当時中学生で東京都日野市に住んでいたが、豊田駅近くのペンキ屋で
犯人がバイクを白バイで仕立てるために白の塗料を買ったらしく、警視庁の
警官や刑事が近隣の母の家にも捜査に訪れたのこと。新宿中央線沿いを
起点とした西東京地区周辺は大規模な警察の捜査が行われたらしい。

原作読んでないのでなんとも言えないが、議員のどら息子とはいえ、学生ふぜいの
小出役のキャラが次々と何台も車を用意したり(黒塗りの高級車からコロナ、
カローラ、ブルーバードのような大衆車まで)、白バイ隊員の制服や装備品
をどっから調達したとか、ろくに勉強もしてないみすずが東大に合格したりと
と妙なとこでリアルティが欠如してるのが印象に残った。

学生運動吹き荒れる昭和時代の描写は臨場感あったと思う。三丁目の夕日
みたいに(この時代よりさらに10年近くも前だけど)ノスタルジックな昭和
ではなく薄汚いションベン臭い腐臭漂う不衛生で退廃的な昭和の繁華街の
雰囲気が出てた。あんな生活空間だったら回顧的な憧れを抱くどころか
あんな時代は二度とゴメンだと思わせたよ。当時の若者の身勝手で独善的
で退廃的な描写も面白かった。今では考えられないサイケなファッションも
時代を反映してる。腕時計を車のルームミラーにひっかける場面があって
帰りに俺もマネして見たけど。すぐにズレ落ちそうになったw。 

367 :名無シネマ@上映中:2006/06/10(土) 23:31:39 ID:s6S+kcp4
>>362
待って待って
俺の見方だと東大受かってないんだが、受かったの?
掲示板見て悲しい顔した気がするんだが。
俺の見方が悪かったのかな。

368 :名無シネマ@上映中:2006/06/10(土) 23:44:50 ID:rJUvOk4w
>>367
本郷のアパートに住みつたからそのまま東大に進学したかと思った。考え
てみれば、東大は1・2年は渋谷の教養学部に通学するんだったよな。文京区
にいきなり住むのもおかしな話だしやっぱり桜散ったのか?キャンパスの場面
なかったし。文京区から上野方面はちょっとした裏地はまだ昭和の懐かしい
風景が残ってるよ。そこら辺時々車で通るとそう感じる。

369 :名無シネマ@上映中:2006/06/10(土) 23:51:44 ID:rJUvOk4w
東大って1968年か69年、学生運動が激しくなって受験が取りやめになったよな?
もし史実通りだったらみすずは東大受験の機会さえなかったような?

372 :名無シネマ@上映中:2006/06/10(土) 23:58:44 ID:o+7tAH4t
>>367
俺もよく分からんかったから帰りに原作立ち読みした。
原作では、
学生運動で東大入試がなくなって、(受けて落ちた?うろ覚えスマソ)
んで早大受けて受かったぽい。
監督としてはそこらへんはどっちでもよかったのかもな。

363 :名無シネマ@上映中:2006/06/10(土) 22:59:47 ID:CN6SVj4T
60年代の描写は、物知り君の薀蓄を聞いているようで、空気を再現するまでには至っていなかった。
宮崎あおいのファッションショーとしては良くできてると思うよ。

374 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 00:05:05 ID:sWKTOWU/
赤尾敏の愛国党のビラには泣けました。

375 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 00:12:33 ID:y2BJ1aAI
「憂国」になってなかったか?



まあ、とくに最後の方いらん。
何なら別荘のあとすぐに日記?もってきてよい。

376 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 00:20:01 ID:cTHanKm0
>>375

うんそうそう。
クレームつかないように変えたんでしょ。
それからみすずが兄が死んで(ラストに左翼のリンチだと内ゲバ?)
病院でママンと再会したのに少し見ただけで話もせず立ち去って悲しかった。
新宿の駅前の映画館では舞台挨拶もないのに立ち見だったよ。

377 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 00:20:33 ID:wyWHvxBK
>>375
日常の生活みたいなのを描いたあとだからこそあの日記が映えるんだと思う。
いらないのは最後のどんな死に方したかだろ。

393 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 01:54:29 ID:ZMDBdIPX
>>376
えー、亮は内ゲバで死んだことになってるの?
つか、若くして死んじゃってるのか?
Bのメンバーのその後が原作とだいぶ違ってるみたいだなぁ
こんな感じなんだが・・・

テツ→薬中毒で飛び降り自殺
ヤス→ヒッチハイク中に止めようとした車に引かれて死亡
ユカ→女優辞めて結婚
単車屋の小父さん→消息不明
岸→ヒッピーで放浪してたが、76年10月のインドからの手紙を最期に消息不明
亮→若年性急性糖尿病になり、田舎に帰ってライブハウスやってたが、90年4月咽頭癌で死亡
実母→亮の死の二ヵ月後、心筋梗塞で死亡
タケシ→芥川賞作家になったが亮の死の一年半後、やはり癌で死亡

395 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 02:18:58 ID:MlqberBh
>>393

テツ○
ヤス○
小父さん○
岸 一部×
亮×
実母のその後は出てこない
タケシ○

こんなかんじ。

396 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 02:29:00 ID:ZMDBdIPX
>>395
thx
病院でみすずは実母と顔を合わせてもいるのね
しかし亮が学生運動家というのはだいぶキャラが違うみたいだねぇ

378 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 00:30:09 ID:pVKDmig9
そういえば、小嶺麗奈、ぬいでたね。
意外といい形で、おどろいたよ。
この映画の見所ってのは、ここだけかな。

379 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 00:36:51 ID:cTHanKm0
>>378

それだけかよw

384 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 00:58:56 ID:2ByYCn7s
>>378
乳首黒かったお

385 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 01:07:15 ID:pVKDmig9
>>384 たしかに。
   でも柔らかそうだったではないか。

381 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 00:48:15 ID:pVKDmig9
宮崎あおいのために、作ろうとして、彼女の魅力を引き出せなかった
映画だったように思う。
残念だ!

391 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 01:34:43 ID:8oia6kGs
おひょいさんが出てきたとたん画面が弛緩してテレビドラマになった

2ちゃんねる映画ブログ

398 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 06:49:20 ID:geswBSo3
カメラアングルが趣味じゃなかった・・技駆使してる感はあるんだけど、邪魔。

399 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 07:19:11 ID:KRuJPfb8
バイクにビニールシートがくっついてたのって、実際の事件でもそうだったっけ?

400 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 08:40:53 ID:iCHZz4s8
>>399
そうらしい。

403 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 09:33:57 ID:blCj2TuW
そのシートも憶測をよび、混乱を助長したそうな。

404 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 11:01:31 ID:cMpV+OPQ
偽警官、普通、声でばれそうなんだけど

415 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 12:58:23 ID:8oia6kGs
車がピカピカ過ぎてリアリティに欠ける

426 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 15:49:13 ID:k9E8Yl1A
これ見た後バイク乗ると気持ちよかった

2ちゃんねる映画ブログ

427 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 15:58:12 ID:7ntxhXdb
この映画、車やバイクなどがいい意味で小道具としていきいきしてる。
俺も思わず映画見たあと、車で海岸線を走ったもんな。

440 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 20:12:11 ID:IEtJZb51
大臣の息子、岸は三億円をどうするつもりだったの?

441 :名無シネマ@上映中:2006/06/11(日) 20:33:06 ID:cS83sU/r
ネタバレあるから嫌な人は読まないでね↓

>>440
最初から私欲で使う気はなかったみたいね
マスコミにばらして大騒ぎさせたかったみたいだ
当然、野党から大臣の辞任要求がでる
内閣総辞職って言ってたね
小泉なら知らん顔するだろうが、昔は責任とってそうなっただろうね
それが頭で勝負なんでしょ

ただそれで何かが変わるのかというと疑問だ
ただトップが替わっただけで政治は何も変わらない
その辺が東大の頭でっかちの考えそうな事だ
と思った私でした

484 :名無シネマ@上映中:2006/06/12(月) 12:37:29 ID:6cOS27sK
つーか、何で大学=東大なんだよ。
もっとリアリティのある大学にしろよ
普通の高校(進学校でない高校)から東大合格者が出るのはかなり稀だぞ



と早稲田目指してる浪人生が言ってみるw


まぁ、いつも見る映画と違ったから、結構面白かったけどね。

485 :名無シネマ@上映中:2006/06/12(月) 12:52:46 ID:sQvfm4X5
岸ってけっきょく考えただけで自分は何もしなかったんだよなw
さすが東大生って嫌味を言ってもいいか?
最後にあんな間抜けな事して追い出されちゃったしw

486 :名無シネマ@上映中:2006/06/12(月) 13:31:29 ID:+Hktaj01
>>485
クラッチ握れないからじゃね?
女がやった方が犯人特定されにくいって事だったし
まあでも作戦教えてる時でさえ落ち着きなくて、岸では出来そうになかった感じ

490 :名無シネマ@上映中:2006/06/12(月) 15:08:19 ID:MJ2pdUi4
岸を小出以外の役者で見たかったなぁ。
警察に補導されそうになったのを助けてもらったとか、
他のメンバーと雰囲気が違ったから・・・とか
みすずが岸を好きになった理由はそれなりにあるんだろうけど、
小出じゃ説得力がなかった・・・。
原作読んでないけど、ミスキャストのような気がした。

2ちゃんねる映画ブログ

491 :名無シネマ@上映中:2006/06/12(月) 15:47:41 ID:6cOS27sK
>>490
人に恋するのに理由は無いのだよ。

502 :名無シネマ@上映中:2006/06/12(月) 19:31:58 ID:02fKOgYE
東大受験はファンタジーだろうが。前でもカキコあったように、
三億円事件の翌年、1969年は東大入試は中止されてる。みすずが
合格したのはありえない。

503 :名無シネマ@上映中:2006/06/12(月) 19:59:11 ID:6cOS27sK
あれ?事件当時のみすずの年齢は16歳の設定じゃなかったっけ?

507 :名無シネマ@上映中:2006/06/12(月) 20:43:53 ID:02fKOgYE
>>502
最初は1966年でみすずが16歳。それで犯行をおかしたのだ1968年で
みすずが18歳。1969年に東大受験してるがこの年は実際東大入試は
取りやめになっており1969年度の東大入学生というのは実在しない。

506 :名無シネマ@上映中:2006/06/12(月) 20:37:50 ID:lPvWI1el
>>502
そもそも、みすずが三億円事件の犯人であること自体がファンタジー

549 :お薦め映画:2006/06/13(火) 23:10:38 ID:QieS67Tk
あのね、この映画でみすずタソが昭和44年に東大に合格しているけど、
これは原作者からのメッセージなんだよ。

つまり、明らかに現実になかったことを挿入することで、
「この物語はフィクションです。」って言いたいわけ。

よいこのみんな、わかったかな?


さて、今日観てきたが、、、
クライマックスには割と感動した。
ただ、現金強奪の実行中の描写にはもっと時間をかけていいんじゃないかと思った。
みすずタソの心理描写とかもっとあればいいのにな。

また、犯行後、みんな手袋してないのは何故?
あれじゃ指紋で足ついちゃうよ。

550 :名無シネマ@上映中:2006/06/13(火) 23:17:49 ID:ghXuCR9q
>>549
手袋してない理由?
「この物語はフィクションです。」って言いたいんじゃない?w

568 :名無シネマ@上映中:2006/06/14(水) 16:59:28 ID:n84wvuuj
タケシは、『岬』で芥川賞を受賞した中上健次らしい。
この人も、30歳で芥川賞受賞。
46歳で癌で死去。
『十九歳のジェイコブ』なんていうジャズ喫茶の小説があります。

569 :名無シネマ@上映中:2006/06/14(水) 17:11:22 ID:DZM8ortu
そう。タケシは中上健次らしい。みんな実在した人物らしいね、

570 :名無シネマ@上映中:2006/06/14(水) 18:01:48 ID:naKhaY1X
実在の人物と実際の事件をパクった妄言小説の映画化なわりにパっとせんな

596 :名無シネマ@上映中:2006/06/15(木) 02:07:25 ID:LJTcAE96
おひょいさん以外のみんなのセリフ回しは、当時の若者言葉を模したものなのかな?
何だかリズムが悪くて、みんな苦しそうだなと思った。
楽しげな場面も今ひとつ楽しそうな感じに見えないんだよね。

そして当時の服とか、その後リバイバルしたりしてるのを見てるから、
何か古さが中途半端な気がしたり、新宿の町並みとか遠景だとそんなに
変わんない気がしたり、どうも当時の世界に入り込めなかった。
逆にあまり誇張なしでわりとリアルに作ったということなのかも知れないけど。

598 :名無シネマ@上映中:2006/06/15(木) 04:27:00 ID:HxYCNJ0t
やたらカットされてるのか展開が支離滅裂で、
ストーリーを脳内補完しなきゃならない部分が多かった。
原作読むのめんどくさい。
なんとなくだけど、観た後味が「なごり雪」に似てると思った。

599 :名無シネマ@上映中:2006/06/15(木) 06:36:02 ID:8d7RkZvn
>やたらカットされてるのか展開が支離滅裂で、
>ストーリーを脳内補完しなきゃならない部分が多かった。
同意。もうちょっとわかりやすく作れてたらそこそこ面白かったと思うので残念。
編集し直してディレクターズカット版を作って欲しいdeth。

600 :名無シネマ@上映中:2006/06/15(木) 07:41:37 ID:8NQSA1XI
原作、2時間あれば読める。

602 :名無シネマ@上映中:2006/06/15(木) 08:29:25 ID:W3U8jE2j
この映画でいちばん驚いたのは現在の新宿の風景。
サラ金のビルばかり立ち並ぶ駅前…
映画を観ていままでで一番ゾーッとしたシーンかもしれない。

604 :名無シネマ@上映中:2006/06/15(木) 09:49:01 ID:WMdmBS9T
>>602
俺も思った
あれ監督は絶対に意識して撮ったよな


関連記事

  1. 2008/12/22(月) 21:00:04|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<ゾンビーノ | ホーム | ダイハード3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/466-f5949ac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愛車が中古車。

車を売りました。愛車のスカイラインGTR。スカイラインGTRというと、無類の車好きかと思われるかも知れませんが、そんなことはなく、あまり深い意味はなく、選びました。売値は結局30万。まあまあ納得でした。お金ないですからね!
  1. 2008/12/28(日) 16:47:15 |
  2. 車を売りました

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR