FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おくりびと

【本木】おくりびと【広末】 3棺目
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1219148591/


1 :名無シネマ@上映中 :2008/08/19(火) 21:23:11 ID:co+Esql9
2008年9月13日ロードショー

Cast
本木雅弘 広末涼子 余貴美子 吉行和子 笹野高史 山崎努

Staff
監督:滝田洋二郎
脚本:小山薫堂
音楽:久石譲

公式
http://www.okuribito.jp/


164 :名無シネマ@上映中 :2008/09/11(木) 08:12:22 ID:3WsgWC0/
お葬式とか聞くと宗教関係になりそうだけど、そうかぽい?

165 :名無シネマ@上映中 :2008/09/11(木) 08:42:41 ID:kEZDb62N
全然違う。
家族を、知り合いをどのように送り出したいか、最期の瞬間をどのように過ごしたいのか…
宗教とかよりも、死んだ人をどう送るかが話のメイン。
結構良い映画だと思うよ。

正直言うと、広末とかじゃなくて地味めだけど演技派の女優を使った方が良かったと思う。
広末に自分を抑える演技はまだ無理だ。

202 :名無シネマ@上映中:2008/09/12(金) 00:32:29 ID:mYzP1i4E
試写会観てきた。
確かにグランプリ取るだけの作品。
今年観た邦画では一番の作品。
揚げ足取りたくて細かなトコをチェックしていたが
本木が完璧に演じ上げてくれている。
そりゃないだろというご都合主義も無く
日本映画はこうあるべきだという
クオリティの高さを示してくれている。
観て良かった、と久々に思った。

219 :名無シネマ@上映中 :2008/09/12(金) 13:11:16 ID:/i5ImbMt
来年のアカデミー賞の外国語映画賞に日本代表として選出されたそうですね。

302 :名無シネマ@上映中:2008/09/13(土) 19:49:30 ID:uUZRvFvP
今日、見てきた。
何度も泣かされたんだが、映画全体としては全然湿っぽくなくて、特に前半は思わず声を
出して笑ってしまう場面が多数。
今年の邦画ナンバー1はこれで決まりだよ!
本当に良い映画だよ。
本木と山崎のコンビ最高なのは言うまでもないが、個人的は事務員の余貴美子が
すごく良かったよ。

311 :名無シネマ@上映中 :2008/09/13(土) 21:15:59 ID:ImvNF4x7
キスマークだらけにされる爺さんのシーンがよかった。
あの泣き笑いの感じ。

313 :名無シネマ@上映中 :2008/09/13(土) 21:39:12 ID:q2qrgza+
妻役は木村多江とか石田ゆり子とかじゃダメだったのか?
広末はないわ・・・

315 :名無シネマ@上映中 :2008/09/13(土) 21:46:56 ID:i45g3lbx
>>313
ちょっと地味。
あの奥さんちょっと天然風だし広末でいいと思う。

317 :名無シネマ@上映中 :2008/09/13(土) 21:57:33 ID:ImvNF4x7
>>313
その二人で
「けがらわしいっ!」→「こどもできちゃった♪」
の手のひら返しやられると、
凄くイヤな女になってしまうような。

319 :名無シネマ@上映中 :2008/09/13(土) 21:59:31 ID:EzJBkBRJ
同作品はモントリオール世界映画祭のグランプリを受賞後、約50カ国から問い合わせがあったといい、
第81回米国アカデミー賞の最優秀外国語映画賞部門への出品も決定した。

この日は、中国・大連で開催中の同国最大規模の映画祭、第17回金鶏百花賞で、
観客のアンケートで選ばれる「観客賞最優秀作品賞」のほか、
「観客賞最優秀監督賞」、「観客賞最優秀主演男優賞」を受賞したことも発表された。

327 :名無シネマ@上映中 :2008/09/14(日) 00:06:05 ID:tM3rfMJV
日本映画って
こういう作品だよな
と、大声で言いたくなる。

325 :名無シネマ@上映中:2008/09/13(土) 23:26:21 ID:C7qwf52+
モッくんが風呂屋のおばちゃんに最期にスカーフ巻くシーン、
泣いた。

352 :名無シネマ@上映中 :2008/09/14(日) 03:07:26 ID:5ZugBPAK
モックンのオムツ姿見て、『シコふんじゃった』を思い出した



353 :名無シネマ@上映中 :2008/09/14(日) 03:45:48 ID:mpvFfLle
よかった。が、
広末の納棺師に対する偏見が払拭されたかんじがあんまり出てなかったような。
本心ではやっぱ「汚らわしい」と思ってるんだろーなー、みたいな。そんなうわっつ感。

あと石文のエピソードって必要だったかな。
特にラスト。なんで親父が石持って死ぬかね。

それ以外はよかったす。山崎努もっと見たかった。

375 :名無シネマ@上映中 :2008/09/14(日) 10:58:06 ID:3HROkN3p
「夫は納棺師です」って言った時、夫の仕事を受け入れたのかと自分は思ったけど。。。

355 :名無シネマ@上映中 :2008/09/14(日) 03:55:53 ID:9REGklhk
>>353
>なんで親父が石持って死ぬかね

そうだね。突然死だったのにね。
つまり親父はいつもその石を持ってて触ってたんだよね。

371 :名無シネマ@上映中 :2008/09/14(日) 10:43:14 ID:mpvFfLle
>>355
あーなるほど。

つまりそれくらい常に、捨てた息子のことを実は想っていたと。
だからモックンが心を打たれたと。
ダンボールひとつしか荷物を持ってないのに、
その石は捨ててなかったと。
やっぱ最後に会いにいってよかったと。なるほどにゃん。


あーそうか、モックンは自分の気持ちをなかなか外に出さない(出せない)。
親父もそう。だからこそ石で気持ちを伝えあおうとしたと。

しかも親父がモックンにあげたのでかくてゴツゴツした、
荒くれた石だったのに(今から考えると、これも親父の含羞?)
モックンのはと丸くて小さい石だったと。
スパルタでしごかれてたのに。けなげやね。
だからこそ親父が家を出たとき「裏切られた」という思いが強くあったんだね。


あれ? 結局親父はなんで家を出たんだっけ?
女はいなかったんだよね。? またなんか自分見逃してる?

372 :名無シネマ@上映中:2008/09/14(日) 10:46:29 ID:/PtSgTVH
>>371
女と一緒に家を出たのはいいけれど、すぐに女に捨てられてしまったんだろう。
でも、今更、家には戻れなかったということじゃない?
女事務員が、自分も6歳の息子を捨てて家を出てきた、男とはすぐに別れたけれど
もう家には帰れないと言う場面があったが、オヤジも同じ事情だったんだと示唆してる。

391 :名無シネマ@上映中 :2008/09/14(日) 14:37:45 ID:Fk8ZF+wd
この映画の影響で納棺師を目指す若者が急増とかニュースになったりするのかなw

392 :名無シネマ@上映中 :2008/09/14(日) 14:55:23 ID:KW6B8jLF
即金、高級、取っ払い、労働時間激短(但し突発的な仕事有り)、定年無し


死体が触れて、他人の目が気にならないヤツなら理想的な仕事かもw

ただ、親や親戚からは泣かれる仕事だし、世間の偏見は覚悟しとくべきだよな~

393 :名無シネマ@上映中 :2008/09/14(日) 15:10:05 ID:gQIkOIXz
>>392
親や親戚から泣かれる仕事なのか?
まぁ、無職よりかは泣かれなそうだよなw

394 :名無シネマ@上映中 :2008/09/14(日) 15:11:54 ID:EwBIWhMJ
納棺だけの仕事なんてあまりないよ。
湯灌師のほうが一般的かも。
映画のように初任給で50はありえない。

395 :名無シネマ@上映中:2008/09/14(日) 15:17:38 ID:Lu8iXU1G
>>393
泣かれる仕事だという説得力がたりなかった。
実際はもちろんそんなことはない。

398 :名無シネマ@上映中 :2008/09/14(日) 16:18:51 ID:M/VEesBh
見てきた。思った以上に良かった。
山崎と本木はもちろんの事、杉本哲太や火葬場のおじさん
など脇役も素晴らしかった。

広末はダメってわけじゃないけどピッタリではなかった。

411 :名無シネマ@上映中 :2008/09/14(日) 20:22:34 ID:e+RcUle1
タコが生きてただけで大騒ぎするのに、
皮を剥いだ鶏の頭を平気で
食卓に出すのはいかがなものか。

419 :名無シネマ@上映中:2008/09/14(日) 22:18:36 ID:11G+Gbp5
『おくりびと』は良い作品だったけど。
一つ不満を言えば、広末だよなぁ。
悪くは無いけど、何ていうかまだアイドル臭がするというかなぁ。
もっと本木と年齢の合う35歳前後の人が良かったと思う。
本木の嫁では若すぎるとか変なことを思わせる。

420 :名無シネマ@上映中 :2008/09/14(日) 22:50:09 ID:c4LTURpF
納棺師は素晴らしい職業だと持っていくために
妻を含め周囲の人たちが納棺師に偏見を持つという伏線で
特に妻は「汚らわしい」とまで言う甘ちゃん
広末で合ってたと思う
年齢の差はあれど本木が若く見えるのでイヤラシさ(ロリっぽさ?)は全く感じなかった
夫婦の雰囲気は甘くて爽やかにすら見えたけど



428 :名無シネマ@上映中 :2008/09/14(日) 23:30:32 ID:U2gqRF0l
本木って、何気にすごいな。

しこふんじゃったも「妙に名作」だし、これもその評価の範疇っぽい。
実は、歴史的大俳優なんじゃないか。

438 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 00:23:49 ID:vrhlk0YX
私は去年母を亡くしたが、同じように納棺士の方々に装束をしていただいた。
辛い想いをした末の死だっただけに、お袋の化粧された顔を見たときは
素直に「良かったね。これでもう楽になれるね」と感じたものだった。

その時は自分の気持ちも整理がつかず納棺士にお礼すら言い忘れたが、
この映画を見て納棺士の仕事に対する考え方が改めて理解できた。

映画を見ながら何度もお袋のことを思い出し泣きに泣いた。
そして心の中で、納棺士にあのとき言えなかったお礼を言った。

映画としての出来やキャスティングなど俺にはわからない。
でもそんなことを論じ合う前に、この映画を通して人生における死の意味を考えてほしい。
大切な家族を「おくりだした」あとにもう一度見てほしい映画だ。

441 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 00:34:31 ID:r4t3DgWw
オレも近い人を立て続けに送ったから、この映画ほんとに泣けたよ。
笹野のおやじのセリフには、とくに…。
とにかくモックン以外に思いつかないね主役。
細かいことを言えばいろいろあるけど、志の高い作品。エライ映画だね!

442 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 00:36:17 ID:+mAzb2ZG
こんな人がジャニーズから生まれるなんてな。

468 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 06:51:59 ID:3VpunCRX
広末と一緒に銭湯いきたいと思わせる映画だな

470 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 08:17:13 ID:dHYcF2fA
序盤で出てくる孤独死の婆さんとか、ホテルで自殺した人とか
ああいうのって司法解剖に回されるんじゃないの?
警察まで運ぶ仕事もやっていたということなのかな?

471 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 08:31:06 ID:lqXmFBIY
>>470
司法解剖なんてのはごくまれです。

現場で検視して不自然な点がなければすぐに葬儀屋です。
ひどい死体については部屋の掃除も含めて便利屋などが活躍します。

484 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 10:51:12 ID:OIJBvaEi
あのチェロってマジ弾きしてるの?

487 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 11:02:21 ID:w+bSK86p
>>484
この映画のために特訓したらしいよ
実際に使われた音は別撮りらしいけど
それでも特訓の成果で、本当に違和感なく弾いてる感じに仕上がった
と、パンフに書いてあった
映画の撮影を終わった後も本木さんはチェロを止めずに弾き続けているらしい

473 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 09:54:57 ID:tkHpfjep
死に携わる職業を「汚らわしい」と思う嫁の感覚がよく理解できない。
若い女の人はみんなそう思うんだろうか?
人はみんな死ぬのにね。

これって職業差別もテーマに含んでる?

481 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 10:36:47 ID:3VpunCRX
>>473
汚らわしい!は映画的に大袈裟な表現してるんだろうけど
イマドキの若い嫁なら田舎に引き戻るのがまず嫌だって人
が多いんじゃないだろうか

497 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 13:10:43 ID:VGZk/UK4
広末はチェロ奏者でしかもイケメンに
『世界中が僕らの舞台…なんたらかんたら』
って甘いプロポーズされて結婚したんだよね。
オシャレな生活を夢見てただろう。
それが急にあんなド田舎に住む事になってしまった。
それだけでも広末の描いた未来とはかけ離れたものだったのに、
夫は死体を扱う職に就いた。

『汚らわしい』はスイーツ的には当然の感覚なんだろうな。
あのシーンはムカッときたけど、よく考えれば広末の
気持ちも理解できんでもない。

522 :名無シネマ@上映中:2008/09/15(月) 16:40:49 ID:tyLmEZud
死体との対比において広末はその存在自体が素晴らしかった。

彼女だけが生ける者の愛と生の素晴らしさを全身で体現していた。
演技力など関係ない。
あの雰囲気、彼女にしか出せないんだな、困ったことに。
最高のキャスティング。あれが蒼井優あたりだと映画全体が葬式になる。

ふぐの白子やフライドチキンなどくだらない演出。
中途半端な映画ヲタが着目しそうなとこ。
白子は困ったことにたいして旨くもない。

518 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 16:17:46 ID:VjVIHJJF
いま満員の新宿で観てきたよ
絶対泣くまいと思ってたのに最後の最後で思わず泣いてしまいました
映画館で泣くなんて初めて
オレが今年100本近く見たなかで一番の作品
年配が多かったけどまわりもみんな泣いていた

458 :名無シネマ@上映中:2008/09/15(月) 03:11:11 ID:oND064GQ
観てきた。
映画自体は100店満点で100点ってくらい良かったんだけど、
唯一久石のスコアが所々冗長なのがなぁ・・・。

久石ってタケシの映画でもそうなんだけど、
フルオケでゴージャスに盛り上げすぎて語り過ぎというか。
そうでない部分の音楽は素晴らしいのに、所々KYなのが惜しい。

510 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 15:30:36 ID:uwYXHyxH
>>458
あーゆーのって、監督サイドから
「ここからここまでの尺でこんな編成であんな感じの曲調でおながいします」
てな感じの指定をするんじゃないかと思うんだが。違うのかな。
なんとなく、久石だけの責任にするのは酷な気がするけど、
それにしても音楽はまったく印象に残らなかったな。

534 :名無シネマ@上映中:2008/09/15(月) 18:03:59 ID:ulJlpJJU
>>510
映画音楽はむしろそれでいいんだよ。

567 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 20:37:57 ID:AWU3oTHu
「5分遅れてんだよ!死人で金儲けしてるくせに」のあの親父なんだよ。
演技が一番下手なのはまちがいなくあいつ。

あそこはもっとマイナーな田舎の爺を起用してほしかった。

569 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 20:50:30 ID:hvJcKC/G
>>567
俺はあのシーンの山田辰夫はすごく好き。
ちなみに滝田監督の高校時代の同級生らしい。

575 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 21:20:03 ID:JBETy7tZ
本木が発情するシーンで、
戸惑いながらも拒まない広末に、ハァハァ

597 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 22:42:02 ID:JdG/ttG9
昨日観てきた。
TOHOの日だったのでTOHOのシアターで。
もうめちゃ混み。15時台の回だつたけどおくりびとは2時間前に満席になった。
パコのほうも大人気だった。

とにかく上品で上質な映画だったねぇ。
隣のオバちゃんは大笑いしてたけど、自分はそんなに大笑い大泣きはしなかった。
もっとじんわりとした感動。
植物に囲まれた山崎の部屋で白子を焼くシーンはいかにも通を狙ってる感はあったけど
あの空間の絵も音も作品の中で効果的な演出だったね。
納棺シーンもそうだが山崎努の存在は色気がありすぎて凄いw
ただ自分がこの映画最もから感じとったことは納棺という職業云々よりも
笹野のセリフ「いってらっしゃい、また会おうのぅ」そのものでした。
ちなみに広末のキャスティングについては、自分は肯定派。
たられば~はどの作品でも必ず出てくるけど、作品として完成した以上有得ない話。
広末は納棺側ではなく、そちら側を否定する妻だったので、
まったく別のベクトルを出す役割があったのだと思う。
そういう意味ではこれだけ渋いキャスト陣の中で彼女の持つ可愛らしさや透明感というはとても良かったし、
ラブシーンや二人で銭湯の帰りにお揃いのセーターでお茶を飲むシーン等
個人的には微笑ましく好意的に観れた。
できれば冬に観たかったかな。

600 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 22:51:22 ID:wKSPytV8
>>597
最後の一行は凄く同意
俺はクソ暑い夏に見たけど、この作品は冬に見たらもっと雰囲気あっただろうな~って思ったわ。
映画見た後、家族と鍋でもつつきながら、ちょっと昔話とかしたい気分になれそう。

601 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 22:55:46 ID:ObFOo40y
冬もいいけど秋でも良いと思った。
9月13日ってのは狙ったのかな

602 :名無シネマ@上映中:2008/09/15(月) 23:12:33 ID:Zowg7GqB
いや、映画館から出たあとの風がひんやり涼しくて
秋の虫が優しく鳴いているのを聴いた時、
しみじみ映画の余韻とか、今生きてるんだ、とか
死んだ人の魂が帰ってくる日が近いこととか…
いろんなことがスーッと自分の中に実感されて
秋の夜にはなかなかよい映画だったよ。

603 :名無シネマ@上映中 :2008/09/15(月) 23:23:44 ID:wKSPytV8
そうか、もうすぐお彼岸か…
墓参り行くかな

692 :名無シネマ@上映中 :2008/09/16(火) 14:56:17 ID:zedLYCll
お風呂で体を洗っているモックンの鍛えた体にびっくり。

スーツ着てると細くみえるよな。

696 :名無シネマ@上映中:2008/09/16(火) 15:54:48 ID:XKbXrKkP
>>692
おれもそれは思った
社長はスーツの下にあの肉体が隠れていることをわかって採用したに違いない
棺桶担ぎやすそうだし

704 :名無シネマ@上映中 :2008/09/16(火) 17:45:50 ID:+uO2Js7G
面白かったよ。
今年の邦画の中では俺は一番好きだな。
いままで広末を良いと思ったこと無かったがこの映画では
「狙い通りに浮いていた」感じで良かったのが意外だった。
山崎、杉本、笹野などは当然いつも通り良い。
唯一気になったのは、幼少期からチェロの教育を受け
プロになった音楽家にしては主人公の僧帽筋が立派過ぎたこと。
毎日ジム通いしてても、あそこまで鍛えるのは大変だよ。
瑣末な問題だけどな。

709 :名無シネマ@上映中:2008/09/16(火) 18:51:56 ID:XKbXrKkP
>>704
チェロを運んでいるうちに鍛えられたってことで…
でも、腿の筋肉のつき方も立派なんだよなぁ
なんか、陸上の中距離の選手みたいだ
どんなトレーニングしたら、あんなになるんだ?

808 :名無シネマ@上映中 :2008/09/16(火) 22:30:49 ID:rA5dVEY2
不人気オーケストラの最後の演奏が「合唱」ってのは「合掌」とかけてんだよねあれ。
銭湯のお婆さんの葬式というクライマックスで「合掌」と言うところが一度だけ
出てくるが。

山形交響楽団なんてリアルで解散しかねないのでしゃれにならんだろうなあの出演。

815 :名無シネマ@上映中:2008/09/16(火) 23:07:52 ID:KqfwZacz
俺葬儀屋で実際に納棺もやってる
その俺から見ても山崎努とモっくんの所作はキレイだった

ついこの間一ヶ月ものを焼いてきたんだけど
腐敗臭は服につくんで風呂に入っただけじゃ取れないよ

844 :名無シネマ@上映中:2008/09/17(水) 01:29:27 ID:MVwlA0L8
棺が各場面で違うものが使われていたところに関心しました
ちなみに銭湯のおばちゃんが納まった布張り棺はかなり高価です(一番高価なのは峰岸徹)

857 :名無シネマ@上映中 :2008/09/17(水) 09:08:52 ID:n9X4/KLj
なにがいいって本木の美しさが絶品。所作も完璧だけど存在自体が上品。
いまどきこんな上品な俳優って本木だけじゃないか?ほめすぎかな
今年の主演俳優賞は全部本木が持っていくんじゃないの。

858 :名無シネマ@上映中:2008/09/17(水) 09:38:02 ID:vjfFtUW2
そりゃ河原でチェロも弾かせたくなるわな。



862 :名無シネマ@上映中 :2008/09/17(水) 10:30:12 ID:nOYxUpMt
三人でフライドチキン貪り食うのをみて
昨日ケンタッキーでフライドチキン買ってしまった



食い物のシーンは伊丹十三の映画を彷彿とさせるものがあったなぁ。
鶏鍋で嘔吐→フライドチキンを下品に食べるという流れがいい。

867 :名無シネマ@上映中:2008/09/17(水) 13:53:40 ID:NVKOb302
あのシャケ、本物?
なんか笑っちゃった。

868 :名無シネマ@上映中:2008/09/17(水) 14:28:14 ID:E7C9CKoy
>>867
偽物っぽく見えたけど、どうなんでしょうね

871 :名無シネマ@上映中 :2008/09/17(水) 15:25:28 ID:F2qJAQfE
>>867
毎年サケの遡る川のそばに住んでますが、あんなに太ってませんw

877 :名無シネマ@上映中 :2008/09/17(水) 18:00:42 ID:7aF7bpN3
納棺師の本木もそうだが、火葬場で働く爺さんも、かなり周りに嫌がられてるんだろうね。
いつも一人で将棋してたし、友人は風呂屋の婆さんくらいか

561 :名無シネマ@上映中:2008/09/15(月) 19:50:27 ID:ulBbmRE9
今日見てきた

序盤はギャグありだったけど、周りが40代以上(俺ら20代夫婦w)だったこともあって、ホントにコントみたいに笑い声起こってて
よけいにウケたw
DVD撮影のとこは場内ドリフ状態
ストーリーは伏線の張り方とかうまかったけど先読みもしやすかった。
ま、俺は山崎努が父親だってオチを予想してたがw

882 :名無シネマ@上映中:2008/09/17(水) 19:12:58 ID:vjfFtUW2
>>561
同じw
モックンが父親の顔を思い出せない描写があったし、
納棺前の山崎さんの所作を見て「冷静で、穏やかで、静かな優しさを…」みたいなモノローグがあったから、
父性を表しているのかと。

というか、最後は山崎さんをモックンが送る予想してた。
余さんが「社長老けたわ~」も伏線かとw

883 :名無シネマ@上映中 :2008/09/17(水) 19:33:06 ID:9+x9wGB9
>>882
俺はまさかそんなベタな落ちはないよなー、と思ってみてた。

910 :906:2008/09/17(水) 23:09:23 ID:dPSHTXSK
山崎さんって演技がうまいとか、もうそういう次元じゃないんだね。
挙げたらキリがないけど・・・あのモックンが面接にいって、
初対面の時の、履歴書受け取って机に投げ置いて椅子にどっかと座って「採用!」までの一連の動作とか。
あれ、有無を言わさず「社長」って人物ですよね?ってかあの人実在してますよね?みたいな。
うまく言えないんだけど、なんかもうキャラクターとして生きてるというか。
なんかもう、ものすごいひとがいるんだな、と感激ですわ。
だって考えても見てよ。もし日常でああいう人が目の前にいるとして、
俳優じゃなかったら、本当にただのコワモテのオッサンじゃないですか。
それをあそこまで魅力的だとか、このスレで色気というワードを導かせるってのは・・恐ろしいですね。

921 :名無シネマ@上映中:2008/09/18(木) 00:22:59 ID:753/4KuM
>>910
あの面接のシーンはすごいよな
ある意味、映画の中で一番衝撃的なシーン
一発で山崎に惹きつけられる
誰のアイディアなのかな?
常識に縛られた一般人には思いも付かないレベル

937 :名無シネマ@上映中 :2008/09/18(木) 09:27:41 ID:q82OVIHJ
1シーン1シーンが心に平和を与えてくれるような映画でした。
お雛さんの前で、おじいちゃんに口紅でキスマークつけるとこが好き。
私もお父さんにつければよかった。
ただ、他のシーンと比べてエッチシーンが過激すぎてびっくりした。
そのせいか、帰ってから旦那がしがみついてきたわ。

986 :名無シネマ@上映中 :2008/09/18(木) 21:49:37 ID:3UyoMJgY
台所でエッチするシーンは、
広末の首の細さ、腰まわりのお肉、洋服の上から乳房など…
生命に満ち溢れた女性の身体をうまく表現できていた。
広末さん⇒余さん⇒吉行さんという流れの
「熟女入門」という見方もできた。


関連記事

  1. 2008/12/06(土) 15:25:01|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:11
  4. | コメント:0
<<題名のない子守唄 | ホーム | パンズ・ラビリンス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/443-c85b7b77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おくりびと

 『人生最高の旅立ちのお手伝い致します。』  コチラの「おくりびと」は、第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞し、さらにはアカデミー賞外国語映画賞の出品作品に決定するなど、にわかに話題となっている”納棺師”を題材とした9/13公開のヒューマン・ド...
  1. 2008/12/06(土) 18:59:41 |
  2. ☆彡映画鑑賞日記☆彡

おくりびと

【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/63b954fb4fc7b25c528730f06b
  1. 2008/12/06(土) 19:45:11 |
  2. いい加減社長の日記

映画 【おくりびと】

映画館にて「おくりびと」 滝田洋二郎監督作品。第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品。 おはなし:楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、
  1. 2008/12/06(土) 21:06:22 |
  2. ミチの雑記帳

『おくりびと』

□作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点
  1. 2008/12/06(土) 23:25:25 |
  2. 京の昼寝?♪

『おくりびと』/2回目

&amp;nbsp&#59;  9/22の『おくりびと』の記事で、 僕の拙い言葉で全てを説明できないけれど、なかなか星を4つ半つけない僕がつけたということで、是非cyazに騙されたと思って劇場に足を運んでいただきたい。 人生の視点が少し変わるかもしれない、そんな映画です。 
  1. 2008/12/06(土) 23:26:01 |
  2. 京の昼寝?♪

おくりびと

チェロの演奏家として生きていくことを夢みていた大悟。やっとオーケストラに入り、借金して新しい楽器を買ったのですが、オーナーの意向でオーケストラが解散となり、職を失います。自分の才能の限界も感じるようになっていた大悟は、演奏家となる道を諦め、妻の美香を連れ
  1. 2008/12/07(日) 00:47:55 |
  2. 日っ歩?美味しいもの、映画、子育て...の日々?

★「おくりびと」

今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その1本目。 第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞とか、 アカデミー賞の外国語作品賞出品の日本代表作に選ばれたとか・・・ いろいろ話
  1. 2008/12/07(日) 02:48:27 |
  2. ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

おくりびと 日本アカデミー賞受賞!

[おくりびと] ブログ村キーワード おくりびと タイトル:おくりびと 出演者:本木雅弘/広末涼子/山崎努 販売元:アミューズソフト販売(株) 収録時間:収録時間: 131分 発売日:2009年03月18日 納棺師・・・・・それは、悲しいはずのお別れを、
  1. 2009/02/21(土) 00:01:03 |
  2. ilmare-イルマーレ-move・music・book・tv

おくりびと

いのち芽吹く物語。  
  1. 2009/03/04(水) 10:26:55 |
  2. Akira&#39;s VOICE

mini review 09360「おくりびと」★★★★★★★☆☆☆

ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、人気放送作家の小山薫堂が初の映画脚本に挑戦。一見近寄りがたい職業、納棺師に
  1. 2009/04/05(日) 14:59:28 |
  2. サーカスな日々

おくりびと

キレイになって、逝ってらっしゃい。
  1. 2009/06/06(土) 14:45:33 |
  2. Addict allcinema 映画レビュー

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR