FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレステージ

【運命さえトリック】プレステージ【全てを疑え】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1174727492/


1 :名無シネマ@上映中 :2007/03/24(土) 18:11:32 ID:V3bhtB7/
公式
ttp://prestige.gyao.jp/

出演
ヒュー・ジャックマン
クリスチャン・ベール
スカレーット・ヨハンソン
マイケル・ケイン
デヴィット・ボウイ


171 :名無シネマ@上映中 :2007/05/27(日) 23:00:42 ID:NNUB07hZ
試写会観てきた、傑作だった。
でも残念ながら、
トンデモ系だとか騒ぐ奴出てくるんだろうなぁ・・・
以下ネタばれ









原作はどうだか知らないが、この映画のオチって、
反則技まで使っても"ダントン"は最後まで、
"奇術師"として"教授"に勝てなかったってことだよな。

ってか、二人とも大人げなさすぎ・・・

174 :名無シネマ@上映中 :2007/05/28(月) 00:53:35 ID:4B2xnOao
試写会逝ってきた。
過去一年間に見てきた中で、( ゚д゚)ポカーン度がダントツの1位だ。
アンケートの設問に、思わず「人には勧めない」をチェックしてしまった。
ここまでアレだと、もうね、ネタとして笑うしかないねぇ。

169 :名無シネマ@上映中 :2007/05/27(日) 22:48:37 ID:j3NtTL7R
ジャックマンがあまりにかわいそう過ぎるよ~(>_<)

そこでネタバレな質問です。





ベールの片割れは本当に絞首刑で死んだの?
彼の特技は「縄脱け」なんでしょ?

172 :名無シネマ@上映中 :2007/05/27(日) 23:17:44 ID:nWYqDojO
>>169
片割れは死んだよ。
だからこそ、ラストのシーンがある。
娘の「実の父親」は死んで、入れ替わった片割れが父親を演じている悲劇が。

175 :名無シネマ@上映中 :2007/05/28(月) 01:28:15 ID:pSnYcts2
>>172
生き残った方が娘の実の父親だよ。
牢屋にいた方が奥さんのことごめんって最後に謝っていた。

189 :名無シネマ@上映中 :2007/05/29(火) 16:36:35 ID:gERx0xRC
運命さえトリックというより"結末さえ想定の範囲内"だったが、そんなのは些細なこと。
題材通りに緻密にパズルを完成させた映画だった。
人物の内面を追うと非常に面白い。

人物関係が複雑だが、「カッター」の立場を把握してれば大筋は間違えないと思われ。

131 :名無シネマ@上映中 :2007/05/22(火) 23:30:34 ID:yjVZL5+e
ザ・たっちVS綾波レイ

試写みてきた。
途中までおもしろかったのにコピーマシン出てきたあたりから
俺の中で世界観が崩れていった。
全然ジャンル違うけど、途中で地底人出てくるガイピアーズのタイムマシン思い出した。

215 :名無シネマ@上映中 :2007/05/31(木) 23:23:34 ID:Gdvhlsgr
ザ・たっちVS綾波レイ

ワロタwwwホントにその通りwww
つーかあんなに過去も現在も交互にぐちゃぐちゃに
編集すりゃ伏線も勝手にでるだろうよ
130分全てを疑う事なんかなんもねーし
全く退屈な映画でした

235 :名無シネマ@上映中:2007/06/01(金) 17:02:05 ID:zzgnfiFi
序盤のジャックマンの恋人も、ジャックマン本人も
溺死するのが早すぎねーか?

236 :名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 18:46:25 ID:bAJwQ4+g
水の中にいた時間は数分ほどだろうからすぐ心臓マッサージとかしたら蘇生しそうだよな

239 :名無シネマ@上映中 :2007/06/02(土) 08:07:41 ID:5wyHun4N
ちょっとネタバレ




テスラって、誰でも知ってるような有名な人なの?
いきなり出てきたし、エジソンがどうこうって言うエピソードも全然分からんかった。

ttp://x51.org/x/03/04/2641.php

このページ読んで、電線無しで電球が光るシーンやら、
あのバカでかい施設の意味とかようやくが分かったよ。
もう一回見たくなってきた・・・。

241 :名無シネマ@上映中 :2007/06/02(土) 11:23:24 ID:uUD08mD1
テスラは磁束密度の単位名にまでなってる人だし
高校で理系なら名前くらいは知ってるんじゃないかな。

242 :名無シネマ@上映中 :2007/06/02(土) 11:24:35 ID:VNxanF0I
少しでも理科学系に行っていれば絶対に知っているレベル>テスラ
単位にも名前が使われている

エジソンと並ぶ人類史上に残る天才・鬼才・偉人。
彼がいなきゃ今の自分達の生活はまったく別の物になっていた可能性もある。


ただし変人度もエジソンに並ぶというかそれを超える。

247 :名無シネマ@上映中 :2007/06/02(土) 15:31:17 ID:EVJJw1Mn
エレキバンは、80ミリテスラdesu



281 :名無シネマ@上映中 :2007/06/06(水) 23:01:04 ID:ViEAyR2m
海外でのテスラの知名度は日本での源内の知名度くらいなものかね?

282 :名無シネマ@上映中 :2007/06/06(水) 23:25:13 ID:wWRWUCtB
田中久重(からくり儀右衛門)くらいでは?

302 :RRD ◆3MranranlY :2007/06/07(木) 22:49:41 ID:jEEkjV1E
つーことで試写会で観てきたけど、かなりいい映画だ。
冒頭で時間軸が行き来する部分が分かりにくいけど、ああ時間軸が行き来してるなぁと
思えば、あとは普通に分かると思う。
プレステージってpre-stageだと思ってたらprestigeなんだね。
2人のマジシャンのライバル物語。実はテスラとエジソンも似たようなライバル物語を
繰り広げていたのかも。このサイドストーリーも面白そうだ。
科学と魔術と手品との間に境界線が引かれようとしていた時代、それでもまだ科学の人
エジソンですら霊界と通信しようとしていた時代。まして下々の人間にとっては、
存在するものと存在しないもののほかに、存在するのかどうか分からないものが
たくさんあったんだろう。そして理屈では存在しないだろうけど、でも存在したほうが
面白そうだ、というものの存在をあえてだまされて信じようとしていたのだろう。
ちょうど俺たちがつい最近まで存在を信じようとしていた役人や政治家の良心と同じように。
存在しないのに存在してほしいという庶民の夢を叶えてくれる。そこでは共通しているのに
庶民を驚かせ喜ばせるために、ゼニにならなくても命を張れたのはマジシャンだけだろう。
タネへのこだわりに全人生を賭ける美学、あまりにも切なく美しい。
それもこれも、客の喜ぶ顔を見たい、その純粋な目的ゆえ。

以下ネタバレ

335 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 15:54:14 ID:AqVRjqbE
黒猫でダントンのトリックは分かったんだが、半信半疑だったなぁ
テスラもグルで、ダントンを実験事故を装って殺すのかと思った

というか、あの転送装置の存在がこの作品にB級臭を醸し出している気がする

336 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 16:07:30 ID:sEXiwdG3
>>335
ドラえもんもビックリのトンデモ装置だからなぁ
原作は幻想小説としてはいいのだが、あの装置のせいで
ミステリやSFを好きな人には奨められないんだよ

345 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 17:49:06 ID:j4XU9jTX
っていうか、あんなに観客が多い中で
お互いが偶然にライバルを指名するなんて、なんて凶運なんだよとww



347 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 18:33:11 ID:4RXNNRU9
>>345
指名されるまで通ってたんじゃない?

349 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 18:37:59 ID:6SITTooB
なんで毎回自分を殺す必要があるのか分からん。
二人一役でいいじゃん。確かに自分がもう一人いたら気持ち悪いけどさ

351 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 18:45:35 ID:ekwHjzbL
毎回殺すしかないだろ、その度にコピーできちゃうんだからw

352 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 18:47:54 ID:4RXNNRU9
>>349
自分が二人いる恐怖に勝てなかったんじゃない?
拍手される方と、されない方の明暗。
何度かダントンが度々口にしていた「観客は消えた方など気にしない」とかで、その辺が表現されていた気がする。
逆にボーデンの方は、喝采(名誉)も全て半々で上手く付き合っていけた。
だからこそ、単なる入れ替えによる瞬間移動も、相方の裏切りもなく成功したし、
ダントンによる裁判による復讐も半身を失いながらも勝利した。

って話だと理解した。
でも、何か他人を巻き添えにする比率の高いボーデンは嫌いだw

353 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 19:01:30 ID:CWaHPwov
今日観てきたが、テスラがデヴィッドボウイだって気づかなかったww



356 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 19:12:33 ID:AqVRjqbE
観てて思ったんだが、エジソンとニコラテスラの対立ってメジャーなエピソードなのか?
…まあ、エジソンが転送装置を作るよりはありえそうな話なんだが

358 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 19:33:38 ID:SSHh8IFd
>>356
エジソンは霊界と通信しようとしてたくらいだし
テスラは生まれるのが早すぎた天才だったのは確かだからな
どっちも紙一重を超えてたんだろう

361 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 19:47:51 ID:rv037CMo
欲を言えば、もうちょっとマジックそのものが見たかった

362 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 19:52:48 ID:UjgdEj+d
>>361
なんかのインタビューで読んだが、カッパーフィールドが監修でついてるけど
俳優には子供がやるようなマジックしか教えてくれなかったらしいぞ

364 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 19:55:37 ID:oPO3Zjax
[ネタバレ]見てない人は読まないで

あの溺れ死んだのはあそこに複○を作ることが意思どおりにできる
ようにまで習熟していたと考えていい?
それとも細かいことは気にしない、それが娯楽映画?

367 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 20:02:50 ID:sEXiwdG3
>>364
以下ネタバレ






転送された方が2階席にあらわれる
されなかった方は、落とし穴から水槽に落ちて溺死
毎晩の公演後にその水槽を練習場に運び込んでいた

しかし、ボーデンを殺人犯にするために
毎晩自殺してるようなもんだから、すげぇ執念だよな

369 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 20:07:04 ID:yU9E6E/2
>>364
水槽に落ちるのは直前まで舞台で演技してたほう
後に舞台後から出てくるのが転送→複製されたほう

370 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 20:14:02 ID:35znVaPZ
>>367
別に教授を殺人犯にすることは狙ってなかったんじゃ。

372 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 20:18:33 ID:yU9E6E/2
>>370
でも「ボーデンが必ず観に来る劇場」を条件にしていたよな?
確かに殺人犯に仕立て上げる、ということまでは想定していなかったとしても
トリックをボーデンに見せ付けるためだけに毎晩自殺とかマジすげぇ

374 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 20:22:12 ID:sEXiwdG3
>>370
わざわざあの水槽をつかったあたり
自分が溺死するところを目撃させ、さらに殺人犯にさせる
ってのが第一の目的なんだと思ってたんだが

375 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 20:30:14 ID:ekwHjzbL
それであってると思うよ。

431 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 00:11:49 ID:yMN7jklG
無限増殖みたいなSF設定を入れてしまった時点で何でもありになるから、
2人のマジシャンの人智を尽くした戦いは描けなくなってしまう。

ボーデンは実は三つ子で、いや実は四つ子で・・・
ダントンはテスラコイルでコピーもできるし、
実は、蘇りの術も使えるから、何度氏んでもだいじょうぶ、
とかね。

中盤から話が大味になってしまったのが残念。
あくまでも「タネ」のある話にすべきだったのに。

438 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 00:25:52 ID:JpOPCAWH
欲を言えばアンジャーの最期のセリフは「彼女にどんな結び方をしたんだ?」と言ってほしかったなぁ。

原作では瞬間移動装置を使うと不老になるらしく、アンジャーは現代まで生きている。

442 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 00:40:46 ID:G8DzNXiq
>>438
原作アンジャーの場合は、単に瞬間移動装置をつかっただけでなくて
非常に特殊な使い方をしたから、まだ生きてるんじゃないかな
っていうか、普通の意味で生きてるのかどうかはよくわからんのだが

446 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 00:52:58 ID:TRBmyM3N
現実に双子であることを秘密にしてるマジシャンがいるんだろうなと思ったら
なんか背筋が凍った



448 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 01:11:36 ID:VD6fJB2w
>>446
いや、流石に現代ではいないだろう
と思いきや、そういうところの盲点を突いてくるのがマジシャンだと思い知らされる映画だっただけに
やっぱりどっかに居るかも
毎公演ごとに小鳥殺してるとか、心理的に有り得ないと思っちゃうしなぁ

ちなみにチャン・リン・スー(金魚鉢の人)は実在のマジシャン(奇術師)
生涯通して中国人を演じ続けたアメリカ人(白人)だというから驚き

449 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 01:23:23 ID:BaVsDYKY
なんで目の見えない助手を雇ったのかやっと分かった・・・見てる時は気にも留めてなかったw

443 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 00:41:43 ID:QM0m6AOu
双子に気付かない嫁というのがありえん。

451 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 01:28:30 ID:vTmjTP8N
>>443
俺はまな・かなが双子を隠しててどちらかと結婚しても気づかない自信がある

459 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 01:58:30 ID:kn21KKV7
あのアンジャーが最後の一匹とは思えない。
人類が愚かな魔術合戦を続ける限り、必ず第二、第三のアンジャーが現れるに違いないのだ。

460 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 01:58:49 ID:G8DzNXiq
小鳥をつぶすマジックがラストの伏線だったことに今頃になって気づいた
たくさんの小鳥が画面に出てくるシーンが、何度もあるわけだ

464 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 02:17:34 ID:E+dbzozU
>>460
俺も今、レス読んで気づいたわ
やっぱ映画全体に伏線が仕掛けられてるわけだ

347 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 18:33:11 ID:4RXNNRU9
見たけど、「やられたらやり返せ」のハリウッド脳な俺には不完全燃焼。
ボーデンはダントンの妻を殺して…から始まる復讐劇なのだからダントンが勝利してほしかった。
どうせ、ダントンもボーデンも、日常より手品の方が比重が大きい似たもの同士で倫理観上では善悪似たもの同士だし。
ダントンの妻、ダントンとは直接関係ない婦人と、争う二人(三人)以外を傷つける比率が大きいボーデンが生き残ってるのがちょっち不満。

350 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 18:38:01 ID:UjgdEj+d
復讐とは言ってもボーデンが言うように
本当に覚えてない=他意はなかった、のかも知れんし・・・

いやもしかしたら結んだのはアンジャーと会話してたボーデンじゃないのか?訳分かんなくなってきた

467 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 02:33:51 ID:E+dbzozU
>>350
葬式行った奴は結んでない方の奴だから覚えてないって言ったんじゃね?

473 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 02:47:36 ID:wwGz/G1S
"I don't know"って言ってるから結んでいない方が葬式に行ったんだよね
嫁殺しておいてその後も瞬間移動の邪魔したり・・・
ベールのほうが少し我慢しろよと思ったっす

482 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 02:57:25 ID:R3aFya8K
双子は、まぁ、いいとして
リアリティがある話しで来たのにオチが超技術
ドギモを抜かれるというよりもひでえなってのが感想
あの電気を浴びても大丈夫ってところであの装置をとどめておいて瞬間移動は普通に替え玉式でやったほうがよかったよ
そのほうがリアリティがあった

484 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 03:00:20 ID:3KKLFecH
>>482
俺は双子も嫌だ。
本当にアナログでカッターの言ったとおりだったほうが良かった

ベールも影武者がいた。

あの太った相棒も最初から「何で、ベールが演じているんだろう・・・」とずっと思ってたからナァ・・・

488 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 03:04:26 ID:HDLvA1nl
この映画のキモとなるオチは本編全体にわたる双子だったってやつであって
トンデモ技術での瞬間移動は前フリみたいなもんだろ
タネも仕掛けもないトンデモ技術より、タネがあるマジックのネタのほうが凄いだぜっていう

489 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 03:07:23 ID:DvEt+y6g
後で納得するのとその場面で即受け入れるのはまた別だよな

502 :名無シネマ@上映中:2007/06/10(日) 03:20:50 ID:+0tAzwsA
ダントンが溺れてた時、助けようとしてたとことか良かったな。
善と悪がひっくりかえってるとことか。

503 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 03:21:53 ID:BaVsDYKY
もともとボーデンが善、ダントンが悪じゃない?

562 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 04:23:19 ID:n5UhrjQZ
あのクリストファー・ノーランがこのやけくその落ちですか?w

というのが真っ当な人間の反応。

この映画がありとかないとかよりあの余韻を残す良質の作品を
撮り続けてた監督が人間コピーの落ちですか?という感じ。
フォロウィングからずっと何か空しい余韻を残してたよね?

プレステージは完全に『大日本人』的なトンデモ映画の類。

563 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 04:25:24 ID:HDLvA1nl
人間コピーがオチじゃないだろ、この映画は

565 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 04:28:02 ID:3KKLFecH
  >>562
流石に「大日本人」と比べてやるのは「プレステージ」に失礼だとは思うが
殆どの人間が「ノーランだから」で観てるとは思えないんだよねぇ・・・

最初からこの原作を映画化しようというのが無謀だったとしか・・・
「これ、漫画原作なんですよ」なら最高に面白かった。

つか決して悪い作品ではない。 ただ急に「運命を受け入れろ」と言われた気分。

566 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 04:31:20 ID:dFMmlGDp
そうそう
みんなコピーに縛られすぎ
アンジャーがボーデンに仕掛けたマジックがこの映画最大の見所

576 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 08:02:32 ID:XVZLTjqH
手首の紐を結び間違えた人は最期死刑になった人?

577 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 08:22:24 ID:Ivp5mNCM
間違えたんじゃないよ。
わざと違う結び方にした。

吊り下げた時に外れにくいようにすると、水の中で抜けにくいとか
なんか色々メリットデメリットがあったけど、とにかく意図的に結んだ。

579 :576 :2007/06/10(日) 08:56:33 ID:XVZLTjqH
>>577 ありがとう
ダントンが恨んでいた人にダントンは復讐できたのか、
違う方が死刑になったのか?わかんなかった。



580 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 09:36:09 ID:G8DzNXiq
>>579
俺もどっちか気になってしょうがないのだが、あえてわからないように
作ってあるのかもしれないと思うようになってきた

585 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 10:42:34 ID:eCHXDsHh
ボーデンの瞬間移動は頑張って舞台裏走れば俺にもなんとかやれそうだと思った。

613 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 12:48:33 ID:QM0m6AOu
一度クローンを作ったら
そいつと組んで瞬間移動マジックをやれば良いのに
わざわざ毎回装置を使って片方を殺してたというのが、
命がけでボーデンを嵌めようとしていた執念のなせるわざということか。

それと、自分が2人いるということが耐えられなかったのか。

614 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 12:51:03 ID:WzD/Zoi8
マジックの演出として舞台上でマシンを作動させる必要があったんでしょ
見た目派手だから

617 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 13:03:41 ID:Gnhx0b1p
>613
ボーデンに殺人の罪をかぶせるために毎回自殺してたってのも理由のひとつだけど、

アンジャーは拍手喝さいのプレステージに出ることに強くこだわってたから
それを受けられない舞台下に落ちた方がどんだけ不満を持つかを
自分だからこそよくわかってたわけでしょ。
んで、裏方の不満が募るとよくないことが起こるのはルートのときで
すでに痛い目を見ているわけで。
だから、アンジャーは常に「最終的には1人になるようにする」ことにこだわってたのでは。

671 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 16:17:04 ID:Tsqd5yT4
あの装置持ってたら普通にゴールドとか錬金術して暮らすだろ

672 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 16:20:52 ID:R1uOzQK3
なんとか卿とか名乗って貴族暮らししてたのは金塊でも複製したから?
瞬間移動ショーだけで儲けた?

675 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 16:22:58 ID:3KKLFecH
>>672
元々、貴族の出だよ?

680 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 16:39:29 ID:E9K368EP
>>672
原作では貴族の家の次男坊って設定。長男死去で家督が回ってくる。
映画でも「実名で出たら家の名を汚す」みたいな台詞がある。

686 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 16:59:08 ID:RC/P1qyC
ボーデンとサラが部屋の前で別れて、サラが部屋に入ったら
何故か部屋の中にボーデンが居たのは瞬間移動に見せかけて
双子の伏線って事?

688 :名無シネマ@上映中 :2007/06/10(日) 17:08:07 ID:BaVsDYKY
>>686
完全にそこスルーしてたけど、そうかもw
物理的にあの早さは有り得ないもんなぁ


関連記事

  1. 2009/01/01(木) 09:00:24|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<劇場版 NARUTO-ナルト- 大興奮!みかづき島のアニマル騒動だってばよ | ホーム | 転々>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/440-2228ac9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR