FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

【カンヌ】腑抜けども、悲しみの愛を見せろ【出品】
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1178808039/


1 :名無シネマ@上映中:2007/05/10(木) 23:40:39 ID:r0Vt3pRi
「やっぱお姉ちゃんは、最高に面白いよ。」

監督・脚本:吉田大八
原作:本谷有希子 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」(講談社刊)
主題歌:チャットモンチー 「世界が終わる夜に」(キューンレコード)
出演:佐藤江梨子、佐津川愛美、永作博美、永瀬正敏
    山本浩司、土佐信道(明和電気)、上田耕一、谷川昭一朗、
    吉本菜穂子、湯澤幸一郎、ノゾエ征爾、米村亮太朗

映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』公式サイト
http://www.funuke.com/

劇団、本谷有希子WEBSITE
http://www.motoyayukiko.com/


26 :名無シネマ@上映中:2007/05/20(日) 02:17:33 ID:nN4OL4XS
面白かった。内容はかなり痛いしブラック。1つ間違えるとただのギャグかホラー映画になるところを一歩手前でとどめてる。俳優たちの演技が見事。特に兄嫁役の永作がいい。撮影は能登町と輪島でも行われたみたい。

50 :名無シネマ@上映中:2007/06/01(金) 09:10:10 ID:UdoObsrr
昨日試写会で見た。

佐津川が意外と良かった。
内容も良かった、笑いとホラーっ気が程よく混じってて。
俺が今年観た中では一番の出来。

51 :名無シネマ@上映中:2007/06/01(金) 16:40:41 ID:ATchXHEJ
昨日試写で見たけど微妙。
永作博美がいなかったら終わってたと思う。



52 :名無シネマ@上映中:2007/06/01(金) 19:05:30 ID:EtavaTeZ
同じく。
映画ってあんまり見慣れてないから、「で、何?」 って感じだった。
妹が痛々しくて見てらんない。

94 :名無シネマ@上映中:2007/07/08(日) 00:27:51 ID:oAu/blSm
期待して見てきました
なんで日経で五つ星で読売が今年の最高傑作というのか理解不能
でもモガリの森よりはいい

99 :名無シネマ@上映中:2007/07/08(日) 12:12:47 ID:LLlWGniW
サトエリファンの自分はとても楽しみにしていたし、行って満足でした。
日本人離れしたあの身体と、あのメンヘラ入ったサトエリの特性をよーく活かしたはまり役でした。
佐津川愛美さんはいい女優さんになりそうで期待。
絶賛されている永作さんも悪くないが、諦念しきった永瀬さんがよかった。
渋谷で観たのですが、爆笑や笑い声はあまり起こらなかったけど(最後では起こった)
にやり、という感じだったんじゃないかな。自分もその一人。

101 :名無シネマ@上映中:2007/07/08(日) 14:51:57 ID:GpsNwWSS
待子さんが結局また一人ぼっちになってしまうのがせつない。

103 :名無シネマ@上映中:2007/07/08(日) 17:43:46 ID:JsBENQ+M
なんだかよくわからない映画だったよ
面白いわけじゃなく哀しいわけでもなし
キチガイ姉さんってほどでもないし、変な妹ではあったが
一番印象に残ったのが脇役の永作ってのもなんか変な感じだ
見なくてもよかったかな

104 :名無シネマ@上映中:2007/07/08(日) 18:18:33 ID:7gE9QjZ/
待子さんの処女を奪いたい

116 :名無シネマ@上映中:2007/07/10(火) 00:30:32 ID:3XVDjZmg
ホラーM、昔愛読してたよ。
絶対見たことある絵だと思ったら、呪みちるだったね。
『女優になりたい』読んでみたい。

117 :名無シネマ@上映中:2007/07/10(火) 01:21:44 ID:Y7DlD6GN
小森からの返信は最初から妹が書いてた、で桶?

気持ちのいい映画ではないけど、面白かったよ。満足。

しかし姉の妹いびりも相当だが、元はと言えば妹が圧倒的に悪いな、あれは。

124 :名無シネマ@上映中:2007/07/10(火) 19:31:16 ID:JHCmW8yE
サトエリの大根は治ってますか?



126 :名無シネマ@上映中:2007/07/10(火) 19:44:33 ID:Yf6lyw2Y
人参ぐらいになりました



127 :名無シネマ@上映中:2007/07/10(火) 19:54:47 ID:fQdJLF91
治ってはないけど、今回は目立たない

128 :名無シネマ@上映中:2007/07/10(火) 22:53:33 ID:JHCmW8yE
>>126-127
そうか…ありがとう

129 :名無シネマ@上映中:2007/07/10(火) 23:29:15 ID:zy2LDJs2
永瀬にカッターナイフ突きつける場面が最高すぎます!

141 :名無シネマ@上映中:2007/07/14(土) 09:40:32 ID:W00UCmoW
俺もサトエリにナイフ突きつけられ
犯されたい…

131 :名無シネマ@上映中:2007/07/11(水) 19:13:27 ID:AQcuy3DN
明和電気の人が役に結構ハマってた。

142 :138:2007/07/14(土) 19:12:44 ID:pMENXaxG
見に行ってきたよ。面白かったし楽しめた。
だけど自分はこういう作風が大好きだからそう思うだけで、
万人受けするような大傑作かというとそれはどうかと。
映画評では高評価が多かったみたいだけど、そんなものなんだろうか?

145 :名無シネマ@上映中:2007/07/15(日) 22:44:43 ID:/dI/Tdhp
一番極悪なのは妹だな。

しかしもう姉をネタにはできないだろうに、漫画家として成功できるのか?

とかまで考えちゃったw

146 :名無シネマ@上映中:2007/07/16(月) 01:42:55 ID:wHr5RRR0
今日観てきた
>>145
確かに一人で出て行くと言った時、モデルがいないとストーリーは描けなくなるのではと思った

おもしろかったわ
妹の左利きはなんか意味あんの?

147 :名無シネマ@上映中:2007/07/16(月) 09:21:35 ID:IHSJqaDF
そういえば、そうだったな。
妹役の女の子が単に左利きだった、と自分で片付けてたけどどうだったんだろう

149 :名無シネマ@上映中:2007/07/16(月) 19:45:41 ID:smZiSNpB
もっとドロドロした芸能界最下層残酷物語かと思ったけど意外なか淡泊だった。
個人的には永瀬兄との関係とか邪魔で、昼ドラのヒロインを嘲笑する(サトエリはそこにすら遥か遠いのに)場面のどぎつさみたいなのをもっと見たかったな。
作り手がサトエリに同情してしまってないか?
あと永作最恐w
あんなヨメと二人っきりで野中の一軒家で一晩過ごすとか無理。

150 :名無シネマ@上映中:2007/07/16(月) 21:18:46 ID:dKON1c4E
待子さんの人形、怖すぎ。

152 :名無シネマ@上映中:2007/07/16(月) 23:06:27 ID:NUrsxc0b
田舎出身の人間としては、あの田舎の閉塞感の描写はえげつなく素晴しい

161 :名無シネマ@上映中:2007/07/18(水) 19:57:00 ID:TRgcm6KQ
昨晩、観ました。幕張で。日経の夕刊に五つ☆だったので関心をもちました。
はずれでもサトエリを見て目の保養と思ったのだ。小雨で肌寒い平日とはいえ
6人、まあこんなものか。周りの人の反応が分かりずらいのは少し寂しい。
映画は薄気味悪面白いというもの。田舎の夏のけだるさ、退廃的な雰囲気、
兄嫁の健気な不健全さ妹の鬱屈した精神描写。妹の絵を描くときの開放感を
良くあったBGMで表していると思った。社?の中でのサトエリの身体のリアル
さは生きる喜びを感じさせるものでした。原作を読めばラストの意味が分かるの
だろうか。取っ組み合いをしてなぜそのままサトエリはバスに乗り込むのでしょう。
妹は殺されるのが自然に思えるので。妹が***を阻止していたことの以外から
漫画に切り替えるシーンが一番笑えるところでした。

162 :名無シネマ@上映中:2007/07/18(水) 21:27:18 ID:VqlDQkRM
予備知識ゼロ、時間潰で観てきました。

永作博美ってribonの頃のイメージしかなかったから、ビックリ!
話の内容も暗すぎず、明るすぎず、心が和む程よい暗さ。
最期には救いもあって、お気楽な暇つぶしができました。



オススメ

168 :名無シネマ@上映中:2007/07/18(水) 22:29:07 ID:xPlphaaH
転がる永作は笑えるよ
やりすぎwwwwwwwwwwwwwwwwwww

169 :名無シネマ@上映中:2007/07/19(木) 00:24:31 ID:1L8sY+NR
観てきた。結構面白かったなー
ラストは妹がバスに乗ったところで終わりでもいいかと思った。
でも、サトエリが「私を題材にするなら、私のこと最後までみなさい!」
って言って一緒にバス乗るけど、あれって一緒に東京についてくって事を示唆してんのかな?
違うかな? どっちだろ

171 :名無シネマ@上映中:2007/07/19(木) 08:36:09 ID:Aqp9gGYb
>>169
あれはサトエリの我侭が治って、かつこれからも生きていくっていうことを
示したかったんだろうとおも。
サトエリの望むように永瀬が甘やかすことではなく、自分の信じてたもの全てを失ったことで
治ったということが重要なのかなー・・・と勝手に思った。

172 :名無シネマ@上映中:2007/07/19(木) 09:18:34 ID:bHeTeLwY
金蔓の妹に食いついて離れない、と思った。
上京してからも妹をいたぶりつつ金を吸い上げ続け新たな姉妹のバトル
が幕を開けると
しかし、最後のバスの中で居眠りする姉のスケッチが穏やかな眠り顔
だったのは、妹にどのような心境の変化があったのか?

173 :名無シネマ@上映中:2007/07/19(木) 12:30:18 ID:vxfgc/Y5
姉に勝ったと言う認識。

175 :名無シネマ@上映中:2007/07/19(木) 23:48:32 ID:hzdvzbF2
待子のシーンは不謹慎な感じで笑っていいのかわからなくなるときがあるから困る

181 :名無シネマ@上映中:2007/07/20(金) 22:29:47 ID:c5r0WHPu
2007年に観た中では、今のところいちばんお薦めの映画。

お兄ちゃんの自殺が未遂でヤケド跡いっぱいの特殊メイクで
待子さんと幸せに暮らすシーンでエンドロールだったらな~

182 :名無シネマ@上映中:2007/07/21(土) 01:29:07 ID:VATa3tPb
あの扇風機が動いたのはなにかいみがあんの?それとも待子はスタンド使い?

235 :名無シネマ@上映中:2007/08/15(水) 01:33:22 ID:cwQoW64L
扇風機回したのは、死んだ永瀬じゃないかな?

236 :名無シネマ@上映中:2007/08/15(水) 02:33:44 ID:w0TZ8v/j
扇風機についてはいろんな解釈があると思う
けど、一番妥当なのは、今までうまく「回転」して
いなかった家族間の人間関係が修復されるという
暗示なのではないかと。それも宍道兄ちゃんが
死んじゃった後、てのがなんとも切ないね。

219 :名無シネマ@上映中:2007/08/06(月) 00:36:21 ID:91do+T5n
扇風機の回って終わりで良かったのになぁ・・・

221 :名無シネマ@上映中:2007/08/06(月) 22:50:56 ID:tPAuzVn+
>>219
うん。妹が姉出し抜くとこで終わりでもよかったよな
結局サトエリも東京に着いてったんだかどうだか、人によって解釈が
わかれるようなラストだったよな

186 :名無シネマ@上映中:2007/07/22(日) 23:21:43 ID:FTx/wsNH
妹の入浴シーンに欲情した…。

198 :名無シネマ@上映中:2007/07/24(火) 22:05:08 ID:29y4NbtX
手紙出してた映画監督がSMAP稲垣に見えた



199 :名無シネマ@上映中:2007/07/25(水) 01:37:40 ID:Jt+7DLSW
明和電気の人だべ

200 :名無シネマ@上映中:2007/07/25(水) 01:40:02 ID:steqp8X2
妹が台所のテーブルの下に隠れてる時に見た姉が足を兄の足に絡めてくのがすげーエロかった

216 :名無シネマ@上映中:2007/08/02(木) 20:31:17 ID:+6pjW8Rp
普通に面白かったよ!

サトエリや佐津川愛美ちゃん、永作博美の
閉ざされた空間の中でかもし出す
メスの匂いがたまらんかった。

永瀬正敏の存在感もさすが。



結末も、映画版は微かに希望を持たせる
終わり方してて、納得できますた。

224 :RRD ◆3MranranlY :2007/08/07(火) 21:56:08 ID:vrrSWVsZ
つーことで観てきた。
劇団、本谷有希子の芝居の映画化、という予備知識があったせいか、
舞台の芝居で見たかったという印象が強い。
大したテーマも内容もない、ただ人間の持つ情念というかパッションというか、
そういうものを執拗にぶつけ続けてくる。そういったものを生身の人間が投げてくる
舞台作品がどんなものになっていたのか、その興味のほうが映画ならではの表現より
強い魅力に思えた。
ただ映画としてもよく出来ていると思う。
永作ゴロゴロは実に親切で、あれがなければ笑っていい映画なのか、不安に思ってしまうところだ。
それでいて永作ゴロゴロほど露骨に笑いを取りに行く場面が他にないところがいい。
田舎の閉塞感とか夏の季節感なども映画ならではの表現なんじゃないかな。

230 :名無シネマ@上映中:2007/08/13(月) 12:11:11 ID:PnRgLfUw
サトエリはカコイイ
演技がうまい
可愛い
ゲイバーが大好き

231 :名無シネマ@上映中:2007/08/13(月) 14:44:52 ID:feTsDpsY
>>230
明日までに100コ見つけて歌にしてきな!!

226 :名無シネマ@上映中:2007/08/11(土) 03:49:52 ID:tIjuy1fW
今日観てきた
なかなか面白かったなぁ
佐津川愛美は声が可愛すぎる
永作さんの一服の清涼剤としての存在は大きいね

227 :名無シネマ@上映中:2007/08/13(月) 02:49:48 ID:8zGVFVMu
>>226
永作清涼剤か?
あの人が一番恐かったがw

232 :名無シネマ@上映中:2007/08/13(月) 17:17:59 ID:YcU/NP6a
>>227
そうそう、俺も待子さんが怖かったw
どんなに酷い眼に遭っても、突き抜けたように
明るい。諦観とか、そういうレヴェルじゃなく
あちら側の世界を生きてる人みたいだった

234 :名無シネマ@上映中:2007/08/13(月) 18:45:22 ID:AQNG3ReA
妹が近所の人の前で台に乗って歌ってたのは何?
リサイタル?有料?

243 :名無シネマ@上映中:2007/09/01(土) 20:04:17 ID:4bNW/ziD
映画は面白かったし、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」というタイトルも
コピーとしては秀逸だと思うが、映画の内容とタイトルが合ってないような・・・
誰が腑抜けで、悲しみの愛を見せろとはどういうことなのかわからなかった

244 :名無シネマ@上映中:2007/09/01(土) 21:19:40 ID:i939OdXe
>243
???
登場人物はみんな腑抜けで、悲しみの愛を見せてたと思うが・・・
逆にまともな奴の方が存在しなかったかと(笑)

245 :名無シネマ@上映中:2007/09/01(土) 23:05:41 ID:4bNW/ziD
みんな腑抜け(腰抜け、無気力)ってことはない。
少なくとも澄伽(サトエリ)はバイタリティあふれすぎる人物だった

香港バイオレンス映画なんかのタイトルとしては合ってるんだけどね

246 :名無シネマ@上映中:2007/09/02(日) 00:43:57 ID:TAcbqgIt
>>245
東京へ行く前、東京へ行った後、東京から戻ってきてからを含めて、
澄伽こそ最も腑抜けだったと思うが。

特にクライマックスの、文通の嘘がばれるシーンなんて、
その最たるものだと思うけど(笑)

#文房具屋におもちゃのナイフは違和感があったので、
#ネタ的はバレバレでしたが・・・

254 :名無シネマ@上映中:2007/09/04(火) 00:57:30 ID:GFmM8mSy
監督が澄伽を抜擢しようとした理由はなんだったんだろ
妹が返事書いてるってオチかと思ったけど
文通を知ったタイミングが後だったんだよな

255 :名無シネマ@上映中:2007/09/04(火) 12:00:28 ID:N56AyJj0
「おもしろいご家族ですね」から始まって
ある時、「お手紙を拝見しているうちにあなた以外に主演はいないと確信した」
と飛躍していたからな
抜擢しようとした理由はよくわからない

監督的にいうと
「手紙というコミュニケーションの意義がわかってるようだから」ってことかなぁ

256 :名無シネマ@上映中:2007/09/04(火) 13:32:08 ID:pfyx8OY3
返事すべてが妹の創作だったんじゃないの?

257 :名無シネマ@上映中:2007/09/04(火) 13:39:23 ID:k6mYfzOu
だよねえ…

258 :名無シネマ@上映中:2007/09/04(火) 15:46:14 ID:NUVTTQDN
手紙は妹が書いてると思ってた。郵便局でバイトして勝手に止めるのって
犯罪じゃないのかな。あれじゃ姉の可能性を奪ったことになっちまう。

259 :名無シネマ@上映中:2007/09/04(火) 16:15:45 ID:k6mYfzOu
> 妹が返事書いてるってオチかと思ったけど

そうでしょ

> 文通を知ったタイミングが後だったんだよな

郵便局でバイトしてるんだからサトエリ自らが言ってる時も
わかってて知らないフリして聞いてたんだと思うけど

261 :名無シネマ@上映中:2007/09/04(火) 19:28:32 ID:XkYbSorg
256-259
原作では全部書いてることになってます

262 :名無シネマ@上映中:2007/09/04(火) 21:03:43 ID:YUf70rC7
パソコンは村の文房具屋にしかないのに、どうやってあの手紙を偽造したのか

263 :名無シネマ@上映中:2007/09/05(水) 13:36:49 ID:z9TgecC3
郵便局にはパソコンがあるんじゃね?

そういえばそもそも姉があの映画監督知ったのは妹の雑誌だったっけ。

264 :名無シネマ@上映中:2007/09/05(水) 21:29:36 ID:lEAtmkj9
今日見てきました。

結局兄様って何で死んだの
自殺?
妹の漫画に近親相姦が書かれると思ったから?

265 :名無シネマ@上映中:2007/09/05(水) 22:37:39 ID:+iLcA0Sz
事故死でしょ、寝てたから。
でも、火に気がついたけど、もう死んでもいいやって
思っちゃったのかもね

266 :名無シネマ@上映中:2007/09/05(水) 23:01:46 ID:lEAtmkj9
親の借金とか、姉の仕送りとか
いろいろあったもんね・・・

348 :名無シネマ@上映中:2007/11/21(水) 15:15:31 ID:DwiPUSfJ
>>265
事故死じゃねーよw
兄貴のあの表情を見ろよ
自殺だよ
さんざん妹(サトエリ)に脅されて、Sex強要され、金出せ要求され、ナイフを突き付けられ
…末っ子の妹は熱湯ぶっかけられて虐められてんのに助ける力も無い
とりあえず女姉妹がいなくてよかったとオモタ(怖いだろーよ)
半面、あの兄貴が燃えてる時には同情したねw
気の毒過ぎるわwありゃ

267 :名無シネマ@上映中:2007/09/06(木) 12:56:47 ID:K8w8rNJn
確かに大変だっただろうけど、歪んだ家庭の元凶はこの兄貴みたいな感じもしたよ。

妹に弱み握られても全然逆らえないのに、そのストレスのはけ口に嫁を使うなんて
最低のDV野郎じゃん。

268 :名無シネマ@上映中:2007/09/06(木) 19:46:33 ID:BDtaS6BO
嫁に暴力を使うのはある意味濃い愛情表現だとおもた。

269 :名無シネマ@上映中:2007/09/06(木) 20:19:11 ID:Ahj9utFy
どう欲目に見ても愛情はなさそうだったがな
ただの飯炊きマシーンとしか思ってないだろ

270 :名無シネマ@上映中:2007/09/06(木) 21:35:55 ID:lwE7m+kp
自分以外の女を愛したら自殺する…ていう上の妹の脅迫&呪縛が強かったから
深層心理ではもっていた嫁への好意も押し込められてしまってたんでそ。
嫁の捨て身の肉弾アタックでその片鱗だけは示せたけど。
戯曲の方がその辺はよく出てたな。

272 :名無シネマ@上映中:2007/09/08(土) 17:36:18 ID:4UJVkPof
永瀬は顔怖いからまんまDV夫だよ
浅野とかの方がユーモアの片鱗しめせたとおも

278 :名無シネマ@上映中:2007/09/11(火) 09:39:26 ID:f4aiY/55
最後永作が妊娠?というオチがあるかと勝手に期待してたのは俺だけ?

279 :名無シネマ@上映中:2007/09/11(火) 19:58:08 ID:IXs3i1CH
妊娠すらさせてやらないとはまさしくえげつない。
結局彼女は生まれてから死ぬまで一生孤独なままなのだ、という事だろう

280 :名無シネマ@上映中:2007/09/11(火) 21:19:08 ID:Oa8iKU9/
へえ?あの状況で子供生まれたって幸せかよ?

281 :名無シネマ@上映中:2007/09/11(火) 22:03:59 ID:vmhp3pHh
>>280
あの永作にとっては幸せだろう。
家族家族って何回言ってたことか。

304 :名無シネマ@上映中:2007/10/21(日) 02:51:33 ID:GCqoKJ7U
マチコさんごろごろごろごろ
マチコさん蕎麦つゆ強烈顔面シャワー!!
みそじ処女のマチコさんだんなに襲いかかって強チン(`・ω・´)

367 :名無シネマ@上映中:2007/12/01(土) 14:13:57 ID:PzP8dEHN
 何しとるがや~~

 ⌒X⌒X⌒ヽ '⌒X⌒X⌒ヽ ⊂゙⌒゙、∩
 _乂'⌒X⌒X⌒ヽ乂__乂__ノ  ⊂(。A。)

306 :名無シネマ@上映中:2007/10/21(日) 16:25:59 ID:cGhDdJy5
妹はなぜに最初の懸賞応募の時本名を使ったのだろうか?
ペンネーム使ってたら何のトラブルも無かったはず。
( 掲載時にはペンネームにできるのが普通だろう? )
たぶんクチコミなんだろうけど、
あんな田舎の農村のあちこちで (しかも野外でww)
マイナーなホラー漫画雑誌が読まれてる状況は異常。

307 :名無シネマ@上映中:2007/10/22(月) 11:29:08 ID:8TvrAoAM
>>306
自己顕示欲が強いのか
あるいは根っからのカオス大好き爆弾娘なのか

マイナーホラーが裏日本で読まれている状況の胡散臭さには同意

325 :名無シネマ@上映中:2007/10/26(金) 14:04:16 ID:8ViSiCvd
最後半の姉が妹を刺す凶器が、あのナイフになっていたけど。
澄加が、あのナイフを手にするシーンってありました?。

もちろん無くても不満ではありませんが・・・。

326 :名無シネマ@上映中:2007/10/26(金) 20:59:35 ID:1ptehzzC
もちろん伏線として出てきたよ。

文房具屋にレターセットを買いに行った時、店番がなかなか
出てこないので暇つぶしにレジの傍にあったこのナイフを
いじってた。

327 :名無シネマ@上映中:2007/10/27(土) 12:04:41 ID:khZvXsQ7
>>326
いやいや、そこではなくて。

あの場面で清深のほうが自分を刺す凶器が
あのナイフだと分かっていなければならない。

しかし種明かしをして、怒りに任せて妹を殺そうとした澄加に
玩具のナイフを持たせる為の伏線はなかったのではない?・・。
 
それだと本来なら、ただの偶然だったと言うことになってしまう。
たとえば漫画雑誌の紙袋を切るために、あのナイフを清深が手渡す・・とか。
この映画の重要なシーンだけに、さらに工夫して欲しかったです。

328 :名無シネマ@上映中:2007/10/27(土) 19:18:06 ID:jyujUBdr
>>327
澄伽は、この時仏壇にあったナイフを取って清深を刺した(つもりに
なった)訳だが、回想シーンで激高した彼女が父親にナイフを向け、
それを止めようとした宍道の額を傷つけてしまうシーンがあった。
その時も仏壇に置いてあったナイフを手に取っている。

まあ、そういう「前歴」もあることだし、姉の性格を知り抜いている
清深としては、居間にいる時に澄伽が切れたら一番手近な凶器と
してこれを手に取るであろうと確信していたということでいいんじゃ
ないだろうか。映画の伏線としてはこれくらいで十分だと思うが。

331 :327:2007/10/28(日) 10:43:22 ID:D+wxfy6W
>>328
ありがとう、、納得しました。

332 :328:2007/10/28(日) 12:23:37 ID:nLYP529G
>>331
どういたしまして。お互いよい作品に巡り会えてよかったと思います。

原作の小説(と言ってもこれは本来の原作である戯曲を本谷由希子氏自身が
ノベライズしたもの)や本谷さんが演出した自分の劇団の芝居がDVDになって
いるので機会があったら是非おすすめしたいと思います。演劇、小説、映画
ではそれぞれラストがみな違うというのも興味深いところです。

ちなみに芝居では原作者の本谷さんも、演出だけではなくチョイ役ですが、
役者として出演しています。またこの芝居で待子を演じているのは吉本
菜穂子さんという女優さんですが、彼女は映画では澄伽のオーディション
シーンで審査員役(澄伽に「あなたねえ、最低限の台詞もろくに覚えて・・・」と
言ってるメガネの女性)で出演しています。



383 :名無シネマ@上映中:2008/01/11(金) 18:39:27 ID:lYWZ8JOA
今日観て来た。
個人的には永作はイマイチ。演技がわざとらしい。
サトエリと佐津川、特に佐津川が良かった。
清深がペンネーム使わなかったのはアホとしか言いようがなかったが、
清深のバイト先についてウヤムヤなのが伏線だったのが上手いと思った。
それにしても山奥の村の爺ちゃん婆ちゃんがホラー漫画読んでる画には笑った。

384 :名無シネマ@上映中:2008/01/11(金) 20:04:59 ID:YLeQQo4w
キネ旬ベストテン入りおめ
永作助演女優賞おめ


関連記事

  1. 2008/12/26(金) 16:15:03|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レミーのおいしいレストラン | ホーム | 百万円と苦虫女>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/424-9690a107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR