FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

容疑者Xの献身

【ガリレオ】容疑者Xの献身part4【福山・柴咲】
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1221887067/


1 :10月4日 公開 :2008/09/20(土) 14:04:27 ID:6AoYD7Uu
その謎を 愛そう。

2008年、10月4日、公開 全国東宝系

製作◆亀山千広 / 企画◆大多亮 /脚本◆福田 靖 /音楽◆福山雅治・菅野裕悟/主題歌◆「最愛」KOH+/監督◆西谷 弘
原作◆東野圭吾「容疑者Xの献身」(文藝春秋 刊)

・キャスト
 湯川 学 …福山雅治
 
 内海 薫 …柴咲コウ
 
 草薙俊平 …北村一輝

 工藤 邦明 : ダンカン
 富樫 慎二 : 長塚圭史
 花岡 美里 : 金澤美穂
     
 葛城 修二郎 : 益岡 徹
 柿本 純一 : 林 泰文
 
 栗林宏美 …渡辺いっけい 
 弓削志郎 …品川 祐
 城ノ内桜子…真矢みき

 花岡靖子 …松雪泰子
 
 石神哲哉 …堤真一




公式サイトhttp://yougisha-x.com/

507 :名無シネマ@上映中:2008/10/01(水) 23:07:07 ID:01InWJzQ
長崎市内で東宝の舞台挨拶つき先行上映に行ってきたよ。
雪山はさすがに余計かと思いましたが、全体的に重厚で上出来!
終了後泣いてる人もいました。
堤さんの石神っぷりは圧巻でした。ストーカーとか、拘置所内の空想とか。
松雪さんのおびえっぷりもぐー。
福山さんはコウちゃんにチャンポンと吉宗の茶わん蒸しを食べさせたらしいデス(笑)

508 :名無シネマ@上映中:2008/10/01(水) 23:09:21 ID:aN3lj2a1
とりあえずタイトルは最悪

509 :名無シネマ@上映中 :2008/10/01(水) 23:14:08 ID:uKgFCiYQ
でも内容を聞かれたら容疑者Xの献身と答えざる得ない

606 :名無シネマ@上映中:2008/10/03(金) 03:43:50 ID:tFMxv2+u
試写会で見たよ。
堤、嫌いな俳優だったけど、これ見て見直した。
堤の演技力は本物だわ。
福山が添え物程度にしか見えなかった。
これ、堤が主役の堤の映画だよ。
探偵ガリレオじゃなくて数学者石神だな。
堤、絶対にこの映画で賞を獲るよ。
この監督、才能あるわ。
演出も奇をてらってなくて王道を行ってる。
本格派の監督だな。
スタイルは古いけどとっぴな演出ないのに王道で見せる力があるってすごい。
これ、良い映画だよ。見る価値は大いにある。
今年見た邦画の中でナンバーワンだ。
ただし、福山ヲタにはウケが悪いかもしれない。
福山のアイドル映画じゃないから。

608 :名無シネマ@上映中 :2008/10/03(金) 04:27:43 ID:V/WTF9/j
>>606
つか原作が既に石神の物語なんだけど…
湯川は要所要所でビシッと決めるけど
全然を通して石神という男の物語。

830 :名無シネマ@上映中:2008/10/04(土) 18:21:46 ID:+k9Fo5Pr
今年見た中で一番良かったよ。
原作読んでた子供(中学生)も読んでなかった私も意見が一致した。
福山さんの大ファンだけど、堤さんと松雪さんがうまかった。

831 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 18:21:51 ID:4RlN+tO1
ってかエンディング、最愛が終わった後になんでvsが流れるんだ?
映画の内容考えたら明らかに合わないだろ。あれで最後一気に冷めたわ。
だったら最愛を短縮しないでフルで流せ。映画が良かっただけに勿体ない。

835 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 18:28:05 ID:jG1PJX4d
>>831
あーそれ自分も思った。
最愛だけでしんみり終わらせてくれれば良かったのにVSのせいで最後の最後に萎えた。
映画自体は良かったのに…エンドロールが残念すぎる。

839 :名無シネマ@上映中:2008/10/04(土) 18:43:37 ID:enEdNfKB
>>831
俺も思った。
エンディングの「最愛」はいい曲で誰も席立たなかったのに「VS」流れて皆一斉に席を立ったよ、最後の「VS」は余計。
福山はテレビシリーズとは違うシリアスな一面を見れたし、捜査のシーンは柴咲より北村が全面に出ていて緊張感があった。
原作のポイントだった湯川と石神の友情はもっと尺をとって欲しかった。
テレビシリーズのコメディ路線を封印して差別化したのは正解、重苦しい空気が漂いつつも後半からグッと引き込まれる。

886 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 21:55:27 ID:aG3G6ZI4
見て来た。
福山は難しい役をしっかり演じて主演としての存在感がしっかりあったし、
見過ごされがちかもしれないけど微妙な表情の変化や仕種が巧い。
堤は正直凄かった。スクリーンの中にいるのは紛れも無く石神でしかない。
そこまで説得力があったから容姿がどうのとか関係ない。

原作、脚本、キャストのバランスがとれた良い映画でした。

898 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 22:26:30 ID:o+eOf6N4
映画は微妙でした
原作の絶妙な場面展開が無い・時系列が変わっている
「友人関係を失ってでも」の台詞も無い
工藤ダンカンはミスキャスト
工藤が外見良くて経済力もある人間であり
石神が外見悪くて経済力無くておまけにストーカー臭い
その状態で勝手に自首してくれて万々歳状態になるから面白いのに

冬登山と科学実験してる暇があったら主要キャラの葛藤詳しくやって欲しかった

901 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 23:02:43 ID:FJtXjHUZ
>>898
石神を堤にしてしまった以上、工藤は不細工にせざるを得ないと思ったが

909 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 23:21:43 ID:M6ciE/HQ
舞台挨拶みたけれどその後の本編でボロ泣き。周りの人達も嗚咽漏らしてたからよけいに
堤さんがすばらしいね。松雪さんと娘さんもだけれど
原作読まず先入感なしでみたからよけいに感動したと思う
でも原作の石神のイメージにあわせて猫背とか相当苦心して役づくりしたんだろうな
残像が残るもの
湯川先生や内海もいいけれどこの作品の主役はやはり石神と靖子だね
あそこまで愛し抜くことができたら幸せなんだろうな

926 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 23:38:56 ID:Zk8wQvG5
予想以上にまじめな映画化だったな。
テレビドラマ版のどの回よりも原作に忠実だったような印象。

943 :名無シネマ@上映中 :2008/10/04(土) 23:55:27 ID:oWuOGoy6
娘が橋の上から石神に手を振る所で涙腺崩壊した。
あの子はいい子だな。
カレーのシーンもよかったし。
ある意味、母親より心の機微に敏感だった。

945 :sage:2008/10/05(日) 00:00:20 ID:yh4gvCwK
むしろ、母親は工藤と結婚して、石神は娘と結婚すれば丸く収まる。

948 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 00:06:53 ID:5Ea0/lIp
娘役の子すごいよかった
純粋な感じが出てたし、一人ですすり泣きしてるとこ涙腺崩壊した



951 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 00:10:30 ID:rJAYIS7e
ネタバレになるかわからないけど質問

雪山のシーンで石神が湯川を置いてきぼりにしたのは殺すためなのかな?
でもその後にちゃんと助けたり…でも「友達はいない」と言ったり…
あそこだけが疑問に残る

952 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 00:13:25 ID:jDMLWSnb
>951
殺すつもりというのは観客へのミスリードを狙ってるだけで
助ける方法を見つけるために前方の様子をみにいっただけってことだろ
上田教授ならあそこで「ベストー!」と叫んで上半身裸でふもとまで駆け下りるとこだがな

960 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 00:19:51 ID:jDMLWSnb
娘がいい子すぎるわ
中学生くらいの女子が隣のオッサンなんかに手ふるかい

964 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 00:23:36 ID:PHj55VA3
>>960

いくら嫌ってたとはいえ、あんな親父で母がキャバクラ勤めで
あんなまともに育つか?ってのはあるな。

973 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 00:28:03 ID:obF6lPlz
>>960
原作だともうちょっとドライなカンジだったよね
石神さんなんて呼ばないで隣のおじさんとか呼んでたし

970 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 00:26:30 ID:bk3jMKOi
良すぎるなこの映画
最後に松雪がネタバラシしちゃったのがなあ
あんだけ人生をかけて守ろうとしてたのに
いけないことだとはわかってても「言うな!松雪言うな!」と思いながら見てたよ

974 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 00:28:03 ID:rJAYIS7e
>>970
石神の「どうして~!」ってシーンで涙腺が崩壊した
けど、あれも計算の内だったのではないかとひねくれ的発想をしてしまう自分もいる

969 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 00:25:22 ID:PHj55VA3
38歳の独身ブサ男の俺のためにあるような映画だった。

987 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 00:41:20 ID:XBIzh2Uw
>>969
同志よwww
最後の方のあの母娘との回想シーンが続くとこ、
石神にやさしくしてくれてありがとう!って思って泣けた。
弁当屋で一瞬、マフラー外して何か言おうとしたのに言えなかったところとか
職場でひとりぼっちで弁当食ってるところとか
日常過ぎて泣き笑えたw



【ガリレオ】容疑者Xの献身part5【福山・柴咲】
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1223135176/


21 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 01:13:33 ID:oq/rrV10
リリーフランキーってどこに出てたの?

25 :名無シネマ@上映中:2008/10/05(日) 01:15:59 ID:V1m5kymA
リリーは草野球の監督
帽子かぶってたから気付いていない人が多い。

28 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 01:17:01 ID:6ugyT4tV
最初の実験ってやる意味あったの?

30 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 01:18:47 ID:tUZDo+Kq
>>28
いちおうガリレオぽさを出すためじゃないかな
メインのトリックは科学無関係だし

31 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 01:20:05 ID:up2Fv0YA
>>28
ない。映画だからとりあえずハデなことやろうとしただけ。

27 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 01:16:33 ID:bk3jMKOi
湯川は殺人なんて合理的じゃないからそんな方法選ばないって言ってたけど
結局殺しちゃったな
あれは愛を知ってそういう判断が出来なくなってしまったのかな

34 :名無シネマ@上映中:2008/10/05(日) 01:21:04 ID:BlHatO9u
>>27
ゼロからのスタートで困る母娘を把握してたなら殺人という手段は取らないだろうけど、
石神が事態を把握した時には既に死体が一つあった訳だから
そこから式がおかしかったんだろう

42 :名無シネマ@上映中:2008/10/05(日) 01:29:21 ID:pRKtu/tG
さっき見終わって帰ってきた。
久しぶりに泣いてしまった。
石神が留置所の寝床で満足気に幾何を広げる場面で堪らず号泣。
後の取調べの場面でも泣いた。なんて純粋で、不器用なやつなんだろうって。
流石にこの映画で泣く人もいなくて帰りのエレベーター恥ずかしかったわ、俺だけ涙目で。
おかしいんかな・・・・・
多分自己投影したんだと思うけど。流石に人まで殺しちゃいないが。

57 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 01:42:44 ID:er0YdvtV
>42
自分も泣いたよ
映像的にもあの場面が一番良かった
湯川と石神が唯一心を通じ合えた瞬間だった

51 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 01:37:03 ID:r/J3tyst
現在片思いしてるもてない男が一人で見ると自殺したくなるぐらいに
切なくなるなこれ。
そうだよな、恋愛慣れしてないと好きな人と付き合いたいとか仲良くな
りたいじゃなくて、自分が不幸になってもいいから幸せになって欲しい
とか考えちゃう時あるもんな。まあ女性からしたら気持ち悪い事この上
無いだろうけど。

しかし、警察の遺体鑑定ってあんなもんなのか…… 流石に司法解剖
とか遺留品調べる時に妙だと気づくと思ってた。

59 :名無シネマ@上映中:2008/10/05(日) 01:43:12 ID:vz6iIF/q
観たけどわかんなかったとこ。

なんで石神は人生に絶望してたんだ?
あんなに数学に夢中なら大学で研究できなくても数学事体生きがいだったろうに。
実際、部屋では湯川もビックリな資料持ってたりしたみたいだし。

あの親子が隣に引っ越してきただけで救われたってのもどうして?
あれで親子が事件以外のなんかの都合で「引っ越す事になりまして」ってなったらどうするつもりなんだろ。
また俺の人生オワターってなんのかな。

原作読んでないけどこの辺の事詳しく書かれたりしてる?

65 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 01:49:59 ID:yh4gvCwK
>>59
できることなら大学で研究したい。
数学教師と言えども、あんな偏差値低そうな高校。

で、まあ絶望しちゃったんだよ。きっと。
どうせ一生掛けたって数学を全て理解できるわけじゃないんだし、
いつ死んでもいっしょだったんじゃない?

あと、あの親子がただ引っ越して来たんじゃなくて、
自殺をするまさにそのときに来たってとこに、
なんかキュピーンってきちゃったんだよ。きっと。

95 :名無シネマ@上映中:2008/10/05(日) 02:35:15 ID:vz6iIF/q
>>65
そんなとこかなぁ・・・
数学の天才って言われるくらいならよそで引き抜いてくれる学校がありそうだけどね。

あ、あと「おまかせ弁当」って毎日中身が変わるのかな?
シェフのきまぐれサラダみたいな。
昼メシに毎日600円使うとは非正規雇用のオレには、実にうらやましい。

80 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 02:16:29 ID:TEIbDGM/
原作は石神が太って目の細いブ男で、工藤が(それに富樫も)イケメンだから、
石神の嫉妬とコンプレックスが動機に大きく作用したけれど、石上役が堤に
なった時点で、普通に堤なら松雪泰子も惹かれるだろ...と、その点では
違和感を感じる。

堤が美男じゃないという人もいるけど、堤とダンカンを並べてみたら、普通に
堤の圧勝だろ...。

82 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 02:18:08 ID:x6ex4Hsw
映画化決まったとき、なんで原作と似ても似つかない堤が石神?と思ったが
映画を見てはっきり分かったよ。
単なるブサ男の献身なら出来るやつはいっぱいいる。
でも、自首したあとの、幸福そうな石神の表情。
このときの石神、ブサイクなはずなんだが、神々しいまでにカッコよく見えるだよな。
単なるブサ男俳優には、この役は無理。

85 :名無シネマ@上映中:2008/10/05(日) 02:21:09 ID:BlHatO9u
拘置所の四色計算描いて満足した顔の石神が呟いた
隣り合ったものはけして同じ色になってはならない…
ってのは誰に向けてたんだろう
湯川かな、花岡母娘かな、自分にかな

90 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 02:29:09 ID:yh4gvCwK
>>85
特に気に留めてなかったけど、いいなその解釈。

99 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 02:39:59 ID:5TxT8zMV
>>85
俺は隣に住んでたという意味で、
花岡親子が真っ先に浮かんだんでそう解釈した。
さすがに湯川とは思いつかなかった。

89 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 02:25:31 ID:bk3jMKOi
アパートの通路にあった花は何の意味があったの
ちょっと上の飾り直したりしてたやつ

91 :名無シネマ@上映中:2008/10/05(日) 02:31:11 ID:BlHatO9u
あの飾りなんだろうね
最初は数学者だから規則的な数列みたいにいつも同じみたいなのを好んで直してるのかと思ったけど…
確か映画の中で三回は出てきたな、あの花

94 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 02:34:59 ID:ebIi1mUF
>>89
数学以外に全く興味が無かった男が、母娘のおかげで他の美しいものに気付いた描写かと

105 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 02:48:05 ID:nEVk2Ten
あの花は娘と石神のささやかな心のコミュニケーションだったと思うなぁ。
でないと毎日倒れてるのおかしいし…
原作には無い演出だったし、美里も原作より石神を好いて感じだったしね。

168 :名無シネマ@上映中:2008/10/05(日) 10:16:08 ID:YhdH9n0z
>>89
>>91
あの花は松雪母子の家のなんじゃないの、位置的に。
石神の性格からして自分では花なんか植えないだろうし飾りも付けんでしょ。

あの鳥の飾りは倒れやすいから石神がいつも気が付くと直してあげてた。
でも事件後は自分と母子の関係が怪しまれないように触るのをやめて放置してたとか。
俺はそう解釈してたんだが・・・

109 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 03:05:26 ID:W/OxRF8N
ラストの方のあのシーンで靖子が来てくれて本当によかった。
湯川が石神の為に連れてきてくれたように感じた。
石神にとっては論理的に納得できないだろう靖子の行動だけど
一鑑賞者としては献身が報われて良かったねと言いたくなるぐらい
石神に感情移入したよ。

110 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 03:11:32 ID:kmHEsw4j
>>109
俺は正反対で来て欲しくなかった。
心に傷負ったままでも幸せになって、石神の好意を無駄にして欲しくなかった。

111 :名無シネマ@上映中:2008/10/05(日) 03:18:04 ID:BlHatO9u
来なかったら幸せになれたかは難しいね
娘さんの存在があの辺りの人間関係全てに関わってくるからなぁ…
工藤と花岡が結ばれる幸せはあるかなと思うけど、そんな母を娘がどう思うかとか、そうなった時の母娘の絆がどう変わってしまうのかとか…

112 :名無シネマ@上映中:2008/10/05(日) 03:19:42 ID:pRKtu/tG
もし仮にあの後靖子が幸せになった描写があったらさらに悲壮感漂う映画になっただろうな。
石神の献身がさらに際立っていたかもしれんが。
でもそれだとちゃねらー的には秒速5cm以上に破壊力のある映画になりそうだなw

114 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 03:31:36 ID:W/OxRF8N
4色問題なんだけど、これが長い間数学の難問だったってあまり知られてないよね?
もう既に証明は成功してるんだけど、それは大型コンピューターのおかげで解いたようなもん。
それを頭脳だけで証明しようとするところが石神天才だな。というか数学者としての意地なのか

116 :名無シネマ@上映中:2008/10/05(日) 03:38:04 ID:BlHatO9u
>>114
原作では自分がしてない証明は信頼できないみたいな説明を湯川にしていた気がする

芥川龍ちゃんが我々はダーウィンの進化論を読んだことはないけど、
人が猿から進化した事を知っているみたいな事を言ってたけど
そういうのが嫌なんだろうかなぁって思ってた

132 :名無シネマ@上映中:2008/10/05(日) 07:41:32 ID:2zdK3THq
おしゃべりクソヤローってどうしても入れなきゃいけなかったの?



吉本とCXと東宝の関係で
全く顔見せでしかなかったが

139 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 08:19:54 ID:Z8eSdxjI
教えてほしいこと

警察って死体を他人と断定してしまうほど無能なの?
あと旅館に富樫本人も泊まってたんだっけ?
ならホームレスと富樫両方の遺失物とか落ちてるんじゃないかい?

140 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 08:22:36 ID:jZ6/MAqL
>>139
描かれてないけど宿泊所のカギは手に入れてるわけだから
まず石神が入って富樫の痕跡を消してからホームレスに自分の痕跡を残してもらった
でおkじゃない?

156 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 09:36:25 ID:AbtRckJO
最後の石神の泣き方にちょっと違和感
ま、その後の湯川の抑えた泣きのシーンが対照的だから
その対比として、見る分ならいいのかね

173 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 10:30:29 ID:kWeTpf5Q
>>156
石神は子供なんじゃないかなと思った。
だだこねる子供みたいな泣き方だったから

158 :名無シネマ@上映中:2008/10/05(日) 09:44:39 ID:gTtdqcfk
眼鏡かけてる美少女と一緒で
堤が不細工ぶっていても女からは身なりに気を払わないイケメンにしか見えない

160 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 09:50:10 ID:C9Qtvk6S
東野圭吾がホームレス役で映画に出てたのは既出?


203 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 11:44:55 ID:PMsOTr4t
東野圭吾のやってたホームレスってどれ?
空き缶つぶし?水運び?洗濯物干し?空き缶を自転車に乗せてた人?

208 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 11:55:32 ID:C9Qtvk6S
>>203
最初の方にでてくる眼鏡かけたホームレス。
特に何もしてなかった気がする

169 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 10:19:08 ID:FPSHzv8M
最後凶器は出てきたけど死体は出てきたのかな
松雪は自白したけど石神は自白してないし
死体も出てこないなら松雪は何の罪に問われるんだ

172 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 10:26:08 ID:2NaxxkRU
>>169
殺人罪でしょ

最後のテロップのときに凶器が発見されてたよね
死体なくても自供とこたつのひも、凶器、部屋から出てくるであろう血痕なんかの物証あれば十分では。

174 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 10:35:06 ID:ByELxf4Q
便乗。
最後出てきたのは凶器の置物だと私も思ったのだが、同行人が「写真撮ってたのはその後ろのカバンの中だ」と主張してやまない。
あの置物でなくカバン、だとすれば遺体の可能性もある?

個人的には後で原作を読んで、映画の蛇足っぷりにがっくりだ。

182 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 10:53:31 ID:XBIzh2Uw
>>174
えーまじで?カバン??
全然気がつかなかった。
DVD出たらチェックしてみるわ。
つーか、これから行くやついたらじっくり見てきてくれ。

359 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 16:45:19 ID:qbN3OhE0
バラバラにして運んだと言っているから、かばんに入れて運んだんだと思ったが。
どっちにしても供述に基づいて捜索しているわけだから、死体で間違いないだろう。

362 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 17:16:29 ID:hawdGQB7
カバンか何かはよくわからないけど、なんかの袋には入れてるよね
あえてカバンから出さなきゃいけない理由が見つからない

282 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 13:40:06 ID:E54Avd/y
あそこまでの頭脳があったら
別の稼ぎ方がいくらでもあっただろうって思う。
企業内の研究所とかでたくさん特許とるとかさ。
それができず高校教師って時点で相当な馬鹿だよな。

283 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 13:41:14 ID:jDMLWSnb
休みを取りやすいとかそんな理由だろ
カネは生活できればいいやって

286 :名無シネマ@上映中:2008/10/05(日) 13:43:23 ID:9QRLg89K
しかし石神先生の授業への関心のなさはもの凄かったなw

322 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 14:39:40 ID:bbzJ6QP/
それにしても、殺人事件の容疑者を雑居房に入れるのか?
原作では独居房だったイメージ

323 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 14:41:56 ID:x6ex4Hsw
>>322
>原作では独居房だったイメージ

これ自分も思った。
でもあのときの石神、いい表情してたなあ

334 :名無シネマ@上映中:2008/10/05(日) 15:05:34 ID:HUsjv6XY
登山シーンで石神が言った「友人なんていない」ってどういう意味だったの?

338 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 15:10:57 ID:Z8eSdxjI
>>334
それも含め湯川と石神の友情もちょっと不自然だった
石神は湯川のことを湯川が石神のことを思うほどには友達と思っていない

350 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 15:55:20 ID:hawdGQB7
>>338
石神は友達だと思ってたと思うな
湯川が事件に絡んでくるまでは
無愛想な石神が湯川が遊びにきたら無警戒な笑顔で対応してた
変人的なツボが合う人間はなかなかいないだろうし
でも愛する人の為に友達の湯川を切り捨てることを決意したんだと思った

397 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 18:30:42 ID:b0aO+8hN
内海が「私も先生の痛みを分かち合います」と言っていたが
実際にはまるで分かち合っていなかったように感じた

399 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 18:34:37 ID:jDMLWSnb
>397
「アタシの(ない)胸に飛び込んで来ていいのよ」という意味だろ

477 :名無シネマ@上映中 :2008/10/05(日) 22:38:17 ID:wl1bYk9p
柴咲影薄かったな
最後の方の私も一緒に背負いますみたいなセリフも名場面にしたかったんだろうけど
イマイチ響かなかった
ただ主題歌は好き。曲だけ聞いたらそんなにも良いと思わなかったけど
エンドロールで流れたのを聞いたら全然印象が違った


関連記事

  1. 2008/11/26(水) 13:05:53|
  2. や行映画
  3. | トラックバック:8
  4. | コメント:1
<<オーメン | ホーム | シッコ>>

コメント

邦画の最高峰だと思う
  1. URL |
  2. 2013/05/01(水) 23:21:15 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/406-7411d759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

容疑者Xの献身

テレビドラマ『ガリレオ』は、ちょうどジムと時間が被ってたので、テレビをつけるといつもクライマックスの時間帯。 なので、ほとんど種明かししか見てなかったドラマなのですが、その映画版『容疑者Xの献身』は、予告編を観る限りむちゃくちゃ面白そう。 ということで、とり
  1. 2008/11/27(木) 00:06:19 |
  2. そーれりぽーと

★「容疑者Xの献身」

今週の平日休みは、ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ横浜」で3本まとめ鑑賞。 いよいよ6000マイル達成で、1ケ月無料パスを使いまくります。 本日の2本目は、フジテレビの人気ドラマシリーズ「ガリレオ」の映画化。 映画主演は確か初めての福山雅治と、ひらりん
  1. 2008/11/27(木) 03:06:03 |
  2. ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

容疑者Xの献身

ポイントが溜まっていたので、公開初日の朝一で「容疑者Xの献身」を鑑賞。 テレビでも好きで観ていたので、公開を楽しみにしてました♪ 「UCとしまえん」は、そんなに多くないかな。 「容疑者Xの献身」は、大きめのスクリーンで、6割程度。 【ストーリー】 顔がつぶ
  1. 2008/11/27(木) 05:24:02 |
  2. いい加減社長の映画日記

容疑者Xの献身

東野圭吾の同名小説を映画化した作品です。原作は未読です。 天才物理学者、湯川教授が、唯一の天才と認めた数学者の石神哲哉は、娘と二人で暮らす隣人、花岡靖子に秘かに想いを寄せていました。ある日、靖子の別れた夫、冨樫が靖子のところを訪ねてきて、靖子の部屋で争
  1. 2008/11/27(木) 06:49:04 |
  2. 日っ歩?美味しいもの、映画、子育て...の日々?

『容疑者Xの献身』

&amp;nbsp&#59;□作品オフィシャルサイト 「容疑者Xの献身」□監督 西谷 弘□脚本 福田 靖 □原作 東野圭吾(「容疑者Xの献身」文藝春秋刊) □キャスト 福山雅治、堤 真一、松雪泰子、金澤美穂、柴咲コウ、北村一輝、渡辺いっけい、真矢みき、ダンカン、長塚圭史、益
  1. 2008/11/27(木) 08:18:20 |
  2. 京の昼寝?♪

容疑者Xの献身

献身る(まもる)  
  1. 2008/11/27(木) 10:03:51 |
  2. Akira&#39;s VOICE

容疑者Xの献身

2008/10/04公開(10/04鑑賞)製作国:日本監督:西谷弘出演:福山雅治、柴咲コウ、北村一輝、松雪泰子、堤真一、渡辺いっけい、品川祐、真矢みきその謎を、愛そう。ガリレオが苦悩する、その謎とは?
  1. 2008/11/27(木) 11:56:35 |
  2. 映画鑑賞★日記・・・

『容疑者Xの献身』@日劇

天才物理学者・湯川教授が生涯で唯一天才と認めた男・天才数学者の石神哲哉は、娘と二人で暮らす隣人・花岡靖子に淡い思いを抱いている。ある日、靖子の元夫・富樫が死体となって発見された。離婚後も何かと靖子たちに付きまとい、どこへ引っ越しても現れては暴力を振るって
  1. 2008/11/30(日) 22:55:57 |
  2. 映画な日々。読書な日々。

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR