FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

たみおのしあわせ

【オダギリジョー】 たみおのしあわせ 【麻生久美子】
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1211285038/


1 :名無シネマ@上映中:2008/05/20(火) 21:03:58 ID:pzfj/n8Z
オダギリ ジョーと麻生久美子が結婚?!
「時効警察」の岩松了監督最新作
2008年7月、シネスイッチ銀座他にて全国順次ロードショー!
http://tamiono.jp/

監督・脚本:岩松了(15年ぶりの監督作)
出演:オダギリジョー、麻生久美子、原田芳雄
大竹しのぶ、小林薫、忌野清志郎、石田えり、冨士眞奈美


16 :名無シネマ@上映中:2008/06/07(土) 21:18:40 ID:vneLQaVf
今日、名古屋の先行上映会行ってきやした。
やっぱりというか、三木聡作品が好きな人なら楽しめるかも。
意外とシビアな内容だから、同じ父子もので「転々」みたいな
のを期待すると痛い目に遭う。

結末は、ちょっぴり悲しく、虚しかった。

29 :名無シネマ@上映中:2008/06/14(土) 15:29:27 ID:6zSim4kk
それにしても、この監督でこのキャストじゃなかったら
まったく見る気が起こらないような設定だな……

30 :名無シネマ@上映中:2008/06/16(月) 01:54:02 ID:HYpwJvuR
ふせえりは出ないのか。
代わり?に石田えりが出ているがw

54 :名無シネマ@上映中:2008/07/19(土) 21:36:25 ID:mypl5f2n
見てきた。
映画は全体的に無駄な音がない静かな作品だと思ったが、
ところどころに笑いあり、最後の最後に爆弾が仕掛けられてて
やられたと思った。大好きかもしれない。

舞台挨拶のオダギリはもの凄かったwww

68 :名無シネマ@上映中:2008/07/20(日) 08:25:10 ID:9Qe56z/q
>>54
そうね!
わかりにくい所が全然無くて見やすくてすっごく良かった
それでもって「コメディー」じゃ無くて「シュール」でもあった・・
あと、何処かのブログでも言ってたけど、色々考えさせられる映画ですね
たみおはダサいと思えなかった・・・カワイイよぉー><

舞台挨拶1回目はオダギリさん静かだと思ったけど
2回目は麻生さんのボブのシルエットが~~ポだとかトークが爆走してて
ドキドキしたけど面白かったわぁ

69 :名無シネマ@上映中:2008/07/20(日) 14:39:09 ID:CviVzo5j
>>68
わかりにくいところなかった?
すごいね。
じゃあ最後の神父との沈黙説明してもらえるかな。
人生経験の浅い俺からしてみたら、すごい難しい映画だったけどな

70 :名無シネマ@上映中:2008/07/20(日) 18:09:22 ID:Xt5GPyEU
結婚しなきゃしあわせになれない。こども産まなきゃしあわせになれない。
それって違くね?って話。しあわせの定義なんてなくて、人それぞれ。
たみおは神に誓う前に、それに気付けたんでしょ。
父親を選んだわけだから(笑)
誰に笑われようと、変な人だと思われようとそれがたみおのしあわせ。

71 :名無シネマ@上映中:2008/07/20(日) 18:55:42 ID:ESSjG3RW
みてきた!
>>70と同じように思ったけど、ラストの人物がでてくるのはよくわからなかった。夏が来て、父親とふたり、新しい狭い部屋で、茶でもすすってるシーンとかでもよかったようなw

72 :名無シネマ@上映中:2008/07/20(日) 19:37:18 ID:xMjjrcAi
父⇒瞳さんは少し行動がヤヴァイ。本当にたみおが幸せになれんのか?
たみお⇒おじと元カノの悪意の中で俺だけ結婚しちゃってよいのか?
⇒親子二人きりでも十分幸せじゃん。
と解釈したのだが。。。

が、俺はなんつーか、結局親子で傷を舐めあうように逃げるのが幸せなの?
と思ってあまりスッキリした気持ちにはならんかった。

73 :名無シネマ@上映中:2008/07/20(日) 19:47:18 ID:uggewQnH
捨てられない亡き母への慕情、
そんな息子を気にかけ続ける父、
結局2人は変われないという意味合いなんだと思うけど。

結局ラストの逃げるシーンがやりたくて
作った映画っていう気もしてしまうよね。

77 :名無シネマ@上映中:2008/07/21(月) 08:38:41 ID:GZp6ymQ8
見ていて疲れない映画でしたー

日本映画ってか、フランスの映画みたいでした

78 :名無シネマ@上映中:2008/07/21(月) 10:27:57 ID:5lYnG7yA
「そんなんじゃ友達なくすよ」
「残ったのが本当の友達だ」
清志郎には元気になってもらいたいね

80 :名無シネマ@上映中:2008/07/24(木) 03:57:57 ID:cipzt6Us
瞳さんは隠された一面がありそうというのはわかったんだが
凧みたいという台詞もあったし。

原田芳雄(だと思うが)が結婚式で麻生久美子の行動を回想するのは
あれが実はヤバイ人だからやめとけという意味合いだったのかね。
多分そういう意図だったのかなと思ったんだが、どうやばいのかがイマイチ理解できず。
原田が手出したのか??ネクタイの裏の部分の意味がどうしてもわかんねえ。。。。。



麻生が年上フェチだったとかか。
途中で社長に「瞳さんは上司とぶつかったというのは??」というのが伏線だったんだろうけど・・・・
麻生久美子が継父に育てられたのも伏線なのかな。

転々や全然大丈夫の流れの映画なんだろうがどれも俺には微妙だ。
キャストはゆるゆるで申し分ないんだけど。

清志郎の台詞はすくなかったけど妙に印象に残ったね。
「残ったのが~」のくだりは説得力あるなと思った。

81 :名無シネマ@上映中:2008/07/24(木) 06:17:01 ID:cS4R2DSO
瞳さんは継父に馴染めず、ファーザーコンプレックスがあるんだと思うよ。
だから上司と不倫したり、父親と同じくらいの歳の人ばかり好きになってたんだけど
子供産むことが女のしあわせって母親に言われて、見合いで結婚することにしたと。
でも好きになっちゃったのは、相手の父親だった

82 :名無シネマ@上映中:2008/07/24(木) 10:52:46 ID:KZdWF3HZ
瞳さんはすごくフラフラしてる人
相手の父親好きになるなんて…ありえないよー
自分でも「凧みたいなの」って言ってるし

最後の伸男と民男の選択に「スカッ!」とした

84 :名無シネマ@上映中:2008/07/24(木) 19:19:28 ID:+8QGma7L
監督の言いたいことをただ単にちりばめて
深い意味があるのかと、無駄に観客に憶測させる。
キャラクターでみせるというよりは、
1シーン1シーンをただ楽しめばいいだけの
大した意味もない映画だと思う。
そんな大した映画じゃない、
監督もそのつもりなのに、
周りが大騒ぎしてるだけの気が。

85 :名無シネマ@上映中:2008/07/24(木) 21:05:37 ID:Hf+M619c
小林薫と石田えりで楽しめた映画だった。おまけで大竹しのぶ。
原田芳雄(役の)みたいな人間が嫌いなので、小林薫を偉く応援してしまった。

86 :名無シネマ@上映中:2008/07/24(木) 21:28:57 ID:Asyq+ty6
そっかなぁ、自分は逆だな、小林薫と大竹しのぶ(の役)があまりに人間のいやらしさを
体現しすぎてて正直気持ち悪かった。石田えりはさすが!の演技だと思ったけど。

91 :名無シネマ@上映中:2008/07/26(土) 14:33:23 ID:1KZZz4P1
卒業のパロディがやりたかったのか?
カット割りもそのままw
ラストはフィールドオブドリームスだし。

94 :名無シネマ@上映中:2008/07/28(月) 22:49:58 ID:29QQIfPb
実はたみおは「髭」の無い貴重なビジュアルなのだ
カッコイイと思った事に納得っ



96 :名無シネマ@上映中:2008/07/30(水) 14:56:32 ID:9peUAS+A
結局交通事故のとき女の人といたのかいなかったのか…
俺はいたと思うけど

97 :名無シネマ@上映中:2008/07/31(木) 15:55:55 ID:Pv24/QIB
式でアホ面さげてうれしがって写メパシパシ撮ってるヤツラとか
そういう演出が冴えてるな。

102 :名無シネマ@上映中:2008/08/02(土) 21:53:08 ID:AxTRYAI1
ラストの民男と父親がよくわからない場所でバスを降りて、「どこだ、ここは……」ってシーンは、
もう10年以上前の岩松了脚本・竹中直人主演のテレビドラマ『恋のためらい』の最終回と全く同じでニヤニヤしてしまった。
まあ同じネタの使い回しと言われればそうなんだけど。

ちなみに俺は岩松ヲタなんだが、正直言って岩松がこんなに上手く映画を撮れるとは思わなかった。
特に影を使ったシーンの映像が非常にいい。これは撮影監督の手腕かな。
こないだの新作舞台『羊と兵隊』が微妙な出来だっただけに嬉しい驚き。

ところで15年前の岩松の監督デビュー作『お墓と離婚』では、
忌野清志郎が今作を上回る強烈なインパクトを放っているので、興味のある人は見てみてね(主演は小林薫)。

105 :名無シネマ@上映中:2008/08/04(月) 17:05:10 ID:VKBk///a
親戚のおじさんの取り巻きがよく分からなかった。
近所の人達って事は分かるけどなんでお金渡したり感謝してるのか。
つか親戚のおじさんが全体的によく分からなかった。

106 :名無シネマ@上映中:2008/08/04(月) 18:08:03 ID:uwhWU+UT
逢い引きの場所提供してたんでないの?

107 :名無シネマ@上映中:2008/08/04(月) 18:44:20 ID:VKBk///a
そういう事ですか。
お灸の指導も逢い引きの一環だったのでしょうか?
そしてなぜ大竹しのぶはあんな簡単にあの親戚のおじさんに惚れたのでしょうか?

108 :名無シネマ@上映中:2008/08/04(月) 21:35:42 ID:9zFUP/+3
岩松脚本に明解な答えを求めても仕方ないと思うよ。
最後まで説明しない(むしろあえて曖昧にする)のが岩松流だから。

109 :名無シネマ@上映中:2008/08/06(水) 20:57:02 ID:BO570Nai
久々に投げっ放しジャーマンを食らったような映画だった
これはこれでよいのだろう

113 :名無シネマ@上映中:2008/08/10(日) 12:59:09 ID:OBJKltoC
投げっぱなしで終わる脚本がすべてダメだとは言わないが、
この映画のはいくらなんでも酷いと思った。
まだ100万円の方がギリセーフな投げ出しタイプのラストだったかな。

117 :名無シネマ@上映中:2008/08/11(月) 14:44:14 ID:WUpRTwAr
この作品って見た直後のそれより何日かたったとき感じる読後感といいますか、
引っかかりのある作品でした。私は好きです。

勝手にしやがれの音楽も良いですね。

120 :名無シネマ@上映中:2008/08/17(日) 01:48:52 ID:KGzu6xiw
好みの問題だけど、
大竹しのぶと小林薫がああじゃなかったら、いい映画だったのに。
天井裏の件や診療所が逢引場所になるエピもいらないなあ。

特に大竹しのぶは、せっかくの映画の汚点というか。
「クワイエットルーム」はまだOKだったんだけど、
あのふてぶてしい表情とか、ほんと不快なくらい醜い存在でした。
(でも大竹しのぶも、岩松監督の演出でああいう演技をした訳なんでしょうけど)

それから、小林薫も、富士真奈美も、原田お父さんの批判するのが、ちょっと違和感アリでした。

原田お父さんと、オダジョ息子がとてもいい感じだっただけに、残念。

122 :名無シネマ@上映中:2008/08/17(日) 10:21:07 ID:W0xs1oSw
>>120 大竹しのぶと小林薫が少々出すぎだとは思った。
役柄や演出、演者の資質からして、もう少し出を控えても十二分に表現し得たと思う。

123 :名無シネマ@上映中:2008/08/17(日) 10:26:41 ID:rwYZHnmJ
たみおはどんな仕事してるんですかね?
通勤時にもチェックのシャツ着て行くってことは
職場で着替える仕事なんだろうか?
父親との会話の中で、以前急に仕事辞めたことがあるのはわかったが…

124 :名無シネマ@上映中:2008/08/17(日) 10:50:30 ID:uyqAVpVg
オタクぽいからパソコン系?
そーゆー会社は服装割とフリーダムだしねw

127 :名無シネマ@上映中:2008/08/18(月) 22:25:56 ID:WiVEhJbV
>>123
岩松監督のインタビューでオダギリ君に聞かれた際には"プログラマー"だと答えようと思ってたらしい
でも結局聞かれる事はなかったとあったよ。

126 :名無シネマ@上映中:2008/08/18(月) 22:19:08 ID:zWUC98S9
エンドクレジットに三木聡の名前がありましたが、
どこに出てたかわかる人います?

128 :名無シネマ@上映中:2008/08/18(月) 22:54:18 ID:CewRSwsd
>>126
ライブハウスの受付

140 :名無シネマ@上映中:2008/08/24(日) 02:11:11 ID:ND+7nyAL
胸に着けたコサージュが落ちて、拾おうとしたシーンは
「結婚」への想いがつまってるよね?

144 :名無シネマ@上映中:2008/08/27(水) 23:05:56 ID:Fe3REmU0
そして夏が来た、ってどういう意味なのだろ?

145 :名無シネマ@上映中:2008/08/27(水) 23:44:29 ID:p/wq4nSo
日が変わるシーンごとに日付でカウントしてるし「そして夏が来た」って事であんまり意味ないとか?

結局結婚できずにまた一年たった。夏はお盆でお母さんが帰って来たってことなのだろうか?

夏が来た意味は、なんだろね?

146 :名無シネマ@上映中:2008/08/28(木) 00:11:17 ID:r9TwWFAq
春=恋の季節が終わった。
もう結婚とか考えることはやめた。
ということかなと思う。

147 :名無シネマ@上映中:2008/08/28(木) 09:13:20 ID:bCpBrOS7
>>146
なるほどっ

お母さんの着物は夏ものだったし
あのシーンがそして夏が来たと繋がってるよ

148 :名無シネマ@上映中:2008/08/29(金) 01:22:58 ID:kcp7Tt59
焼き肉屋で、前の靴を履いてるのは雨が降るから?
そう思うと民男、可愛いw

151 :名無シネマ@上映中:2008/08/31(日) 00:26:12 ID:C5GzpRgI
>>150
雨で汚れるから買ったばかりの靴は履いてこなかった
ということじゃない?

152 :名無シネマ@上映中:2008/08/31(日) 01:02:45 ID:ewL6P9p2
瞳さんに選んでもらったからね~カワユス。

154 :名無シネマ@上映中:2008/09/07(日) 21:13:20 ID:kQlpl7pK
たみおは何故瞳との結婚をためらってたの??

155 :名無シネマ@上映中:2008/09/08(月) 22:28:03 ID:dO7lPsVw
お父さんを一人にするのが心配だったんじゃない?
宮地さんに裏切られ、家まで奪われるんだし。
今まで、自分のせいでお父さんが再婚できなかった負い目もあるし。

169 :名無シネマ@上映中:2008/09/14(日) 00:08:47 ID:NKSJA8Tj
素晴らしかったです!
映像、音楽、趣ある佇まい、
そして抱きしめたくなるような「たみお」の性格。
後半幼い時のアルバムと最後の場面でテーマが分かった時の
感動で、後はなんも言えない!ーー;

170 :名無シネマ@上映中:2008/09/15(月) 00:09:50 ID:cBDFiJOu
ご飯とかお茶とか、互いに用意してあげるのが
「ああ、いいなぁ」と思いました。

172 :名無シネマ@上映中:2008/09/18(木) 11:15:56 ID:y5Gg/65u
澤野医院記念館にオダギリさんの
直筆サインがあって、これ、本物なんだ!とか思いました。
かなりテンション上がりました。^^!

173 :名無シネマ@上映中:2008/09/18(木) 11:17:57 ID:3OMRcHFi
ちなみに…

民男の家→袋井市の「澤野医院記念館」

デパートで買い物するシーン→松坂屋静岡店

民男と瞳さんが自転車で走るシーン→島田市、大井川の川の横の道

伸男(父)の会社のお茶屋さん→掛川市のお茶工場

電車に乗るシーン→島田市大井川鉄道の駅

ライブハウスのシーン→静岡市清水区のジャムジャムジャム

ファーストフードで携帯を打つシーン→静岡市内のファーストフード

結婚式場のシーン→静岡市駿河区のエスプリ・ド・ナチュール(チャペル)

焼肉屋のシーン→島田市金谷の焼肉屋さん

碁会所のシーン→島田市の旧ジャスコ近くの料亭(?)
伸男と瞳さんが食事の前に外で落ち合うシーン→島田市、大井神社横の交差点

で、ロケされてますよ!

スゴイ><

181 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 11:26:48 ID:urcqJIRp
駅で別れて走るシーンは、さすがライダー役者と思った身のこなし。
オダジョの姿勢の美しさ、原田さんの歩く姿のかっこよさが印象的だった。

卒業のパロとしては最高の展開でしたね。

185 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 21:14:42 ID:urcqJIRp
映画と自転車って、よく合うんだね~



186 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 21:24:38 ID:ATx5CiZT
私も自転車であの土手を走ってみたいです!
カメラマンも連れて行かなくちゃ^^

191 :名無シネマ@上映中:2008/09/23(火) 22:59:52 ID:E488Zqil
それにしても、民男の家の生活小物の完璧な所がすごい

193 :名無シネマ@上映中:2008/09/26(金) 02:32:37 ID:FGgy8ROv
>>191
確かに。
博物館風ではなく、そこに生活の気配が残っててよかた^^
あの場所は、土間で以前は煙突があったんですね。
所蔵棚の中に「赤ひげ診療所」「中国医学書」等貴重な本もあって
興味深かった。

203 :名無シネマ@上映中:2008/10/12(日) 18:32:19 ID:qiBIGmc1
今日観てきた
見終わった後は「はぁ?」って感じだったなー
ここみていくつかそういう事なのかぁと思う点はあったが…
いちいち汲み取らないといけない部分が多いのって面倒くさいね

204 :名無シネマ@上映中:2008/10/13(月) 01:14:50 ID:HC7wQIUg
面倒なのかー
そこがまた楽しいんだけどなあ。

205 :名無シネマ@上映中:2008/10/13(月) 05:49:21 ID:QrFJvHgS
>>204
基本一回しか観ないんです
上手く言えないけど作り手の方と一部の観る側の自己満足が激しい感じが…
ただ単純に面白そうだと思って観れなくなったのかなー今の映画って
途中までは面白かったのにな…最後が俺には難解でした

206 :名無シネマ@上映中:2008/10/13(月) 10:20:15 ID:HC7wQIUg
>>205 途中まで楽しかったらそれでいいじゃまいか?
謎ときサスペンスでないのだし、最後は分からない、でも何か面白かったなーではダメか?
自分もフィールドオブドリームス?と思ったり、最後は明快な答えは持たないまま。
でもそれでいいやーと思った。
で後から結局乳離れ出来ない男(マザコン)の物語かな、とかふと思い出して反芻したりなー。

209 :名無シネマ@上映中:2008/10/20(月) 18:36:39 ID:7hBS8VPW
冒頭の、子供とあそぶ母親のシーン。たみおはやっぱり母が恋しかったんだな

全体を通してドタバタしているようで、皆がそれぞれ自分の幸せを必死で守ろうとしている様子が
なんかじわじわ来たなぁ

210 :名無シネマ@上映中:2008/10/23(木) 02:09:25 ID:dE5iy41f
「他人」(家族外の人)への配慮が欠けた家なんだよね、神崎家って。
座布団の柄がちぐはぐだったり、お茶を注ぐ時は客がいるのに先に自分の湯呑みに注いだり。
ラストで原っぱに潜り込んでいくシーンは、
再び内向的な神崎家に戻る=のぶお、たみおのしあわせ なんだと思った。

そう考えると、なんだか不健康な映画だけど…もっと素直な気持ちで観た方がいいかなw

211 :名無シネマ@上映中:2008/10/23(木) 10:31:14 ID:zMjGKAtS
>>210
誰にも立ち入れない『聖域』と言うものが
大なり小なりあると思う。
そう言う部分を
非常に芸術的に仕上げてあって
私はこう言う作品、好きですね~。
もっともっと観たいです。
オダギリさんだからこそ、ここまで表現できるんだと思います。

212 :名無シネマ@上映中:2008/10/23(木) 11:34:04 ID:92bU6YeV
>>210
なるほど~草むらの意味が?だったからそう取るとすっきり!

218 :名無シネマ@上映中:2008/10/28(火) 00:30:26 ID:p+j6E7xH
今日観てきた。

気になるけど、すっごく気に入ったわけでもない。
最後は家族に戻っていくところが
私は好きじゃないんだなぁ。
瞳さんじゃないのかもしれないけど、
踏み出せたみお。と思ってしまう。

219 :名無シネマ@上映中:2008/10/28(火) 13:45:59 ID:5yMGpl+u
お互いに良しと思ったであろうそれぞれのパートナー候補があんなので
今度こそは…!の思いが打ち砕かれた故に恐れをなしたんだろう。ということで、自分は一応納得したよ


関連記事

  1. 2008/11/23(日) 10:24:21|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0
<<プレデター | ホーム | ディスタービア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/379-06dab891
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画 【たみおのしあわせ】

映画館にて「たみおのしあわせ」 岩松了監督・脚本による結婚狂想曲。 おはなし:父と暮らす民男(オダギリジョー)は、女性との付き合いが得意ではない青年。そんな彼が父・伸男(原田芳雄)の上司の紹介で見合いをし、見合い相手の瞳(麻生久美子)と結婚を前提にした交
  1. 2008/11/23(日) 10:32:14 |
  2. ミチの雑記帳

『たみおのしあわせ』@シネスイッチ銀座

父・伸男と2人暮らしの神埼民男はオクテで恋愛下手だが、最近お見合いした瞳とはうまくいき、結婚を目前に控えていた。一方伸男は部下の宮地と交際中。しかし民男の目を気にして、関係を秘匿していた。そんな中神埼家の天井裏に、ニューヨークから逃げ帰った親戚の透が居着く
  1. 2008/11/23(日) 15:13:21 |
  2. 映画な日々。読書な日々。

『たみおのしあわせ』

□作品オフィシャルサイト 「たみおのしあわせ」□監督・脚本 岩松了 □キャスト オダギリジョー、原田芳雄、麻生久美子、小林薫、大竹しのぶ、富士眞奈美、川辺久造、石田えり、忌野清志郎■鑑賞日 7月24日(木)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★☆(5★満点
  1. 2008/11/25(火) 08:26:50 |
  2. 京の昼寝?♪

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR