FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SHINOBI

【映画ファンド】忍-SHINOBI-【甲賀忍法帖】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1126019380/


4 :名無シネマ@上映中:2005/09/07(水) 00:28:21 ID:N0mc/Vqd
忍-SHINOBI-
監督:下山天
製作総指揮:迫本淳一
原作:山田風太郎
脚本:平田研也
音楽:岩代太郎
出演:仲間由紀恵 、オダギリジョー 、黒谷友香 、椎名桔平 、沢尻エリカ
主題歌:「HEAVEN」作詞/ayumi hamasaki作曲/Tetsuya Yukumi編曲/HIKARI


404 :名無シネマ@上映中:2005/09/14(水) 02:40:57 ID:Yxb5xQ2G
試写会で何度か見たが
原作へのリスペクトなんて1mgも感じなかった。
人物の掘り下げ甘いし
展開早すぎるから予備知識なしに見た人には
わかりにくそうだし…
きれいな風景いらないから
その分必要なシーンあるんじゃないかと思った。
主役の二人もいまいち恋してるように見えなかったしな

475 :名無シネマ@上映中:2005/09/15(木) 22:54:20 ID:geZvJBUl
椎名桔平がコスプレイヤーにしか見えない…
仕事選べよ…



476 :名無シネマ@上映中:2005/09/15(木) 23:06:34 ID:8ZAa5Iv7
>>475
企画書には天膳がコスプレイヤーであるとは書いてなかったのでは…

567 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 06:38:16 ID:x/JY2ti2
>>475
あの天膳の見た目や性格設定は椎名桔平の提案らしいぞ

602 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 13:50:35 ID:w5371oTq
さっそく見てきました。
前述しとくと、小説、マンガ共に読了してあります。

個人的な感想としてはぼちぼちって所ですかね。
予想していたよりは悪くなかったです。
原作知ってるか知らないか以前の突っ込みどころは多々ありますけどね。
とりあえず、弦と朧の掘り下げが出来てない。
忍者十人の特性とかキャラを全然生かしきれてないっつーのは致命的だと思う。
アクションはそこまでひどくないけど、CGはちょっと・・・って感じ。
駿府への出立までの流れと、ラストの朧のアレは結構良かったです。

もう2,3押ししたら娯楽映画としてはかなりいい物になったと思うけど、
原作ファンは見ない方がいいですね。これなら全く別物の娯楽映画に徹して
随所に山風テイストをからめるっていう映画にしたほうが良かったのではと思います。

以下、全く参考にならない感想ですいません。
レンタル待ちが吉ですね。

616 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 15:22:28 ID:nwcVhkPt
さっき見てきたが、予想に反して面白かったよ。個人的には安住1より少し上だな。まあ、期待し過ぎなかったのが大きいが。

以下多少ネタバレ


ただ、漫画の活劇を期待しているとダメかも。CGはかなりショボイし、主役たちとてんぜん、陽炎以外の魅力があまり伝わってこない。
漫画であれほど(見た目ではなく)格好良かったサエモンが・・・・等不満は色々。
それでも、原作を知らない女性層にはかなり受けそうな映画だった。ラストの朧の直談判では泣いている客が結構いて驚いた。

個人的に今回一番の辺り役は、てんぜんだったな。漫画の狡猾さが無く、何か人生を達観している人格者のようで偉く格好よかったよ。
10~20代の女性客を中心に15~30億はいきそうな気が。

620 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 15:45:21 ID:nwcVhkPt
ただ、エキストラの村人の演技が気になったな。凄く素人臭かったというか・・。
忍びなのに逃げ方や動きが凄い不自然で。


景色の映像美や村人の練習風景などはラストサムライとかも意識したんかな。なんか似ていた。スケールはちっちゃく
なっていたが。

634 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 17:16:02 ID:vGCe/RbH
原作の面白さって、各キャラがどんな技を持ってて、
それをどう使うかってことに尽きると思うのだが、
そこがものすごーく手抜きしててもったいないことになってた。
そのくせ、まったりと長くて退屈なシーンの連続。

635 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 17:23:02 ID:aQlg8tBQ
まあまあかな。割と面白かった。
個人的には、可もなく不可もなくって感じかと。

それと戦い方が忍術というより、超能力対決って感じだったな。
まあ、リアリティを追求しすぎると盛り上がらないだろうから仕方ないんだろうけどさ。

646 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 17:51:15 ID:aQlg8tBQ
それにしても、よく御前試合の様子見て、双方の里に派兵できたな>半蔵
ふつー全員が返り討ちにされそうなものだが。

655 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 18:26:46 ID:838zDCkI
>>646
何のために5対5マッチけしかけたと思ってんだ?

683 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 20:48:36 ID:ygI+6wPA
あんな人の善い家康を見たのは、滝田栄以来だ。

里の連中、間近に悠々と布陣されてもまるで気づかないって、
いったいそこで何の修行をしてたんだと。

692 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 21:12:25 ID:w5371oTq
天ちゃんが不死身である設定が全く意味がないんだよな。
天ちゃんが不死身じゃなかったら甲賀の圧勝ってところはある意味原作再現と言えるけどな。
この映画は深く考えて見ちゃ駄目だわ。
何で至近距離からの斬撃には対応できるのに
遠くから飛んでくる棒手裏剣は避けれないんですか。

693 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 21:14:28 ID:T+Z8PBtY
ヒント:うっかり

694 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 21:20:57 ID:Setkz1P9
>>693
それでこそ天膳

703 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 21:57:33 ID:biWXxpFL
映画観に行ったけど、全然ダメだったね。もー、シナリオがなっちゃいない。
すげー能力持っている忍の頭領二人の判断が、もーダメダメ。なんじゃありゃ。
ストーリー的な論理展開もお話にならないくらい穴と矛盾に満ちている。話にならん。
マジで今まで観て来た映画の中で最低に位置づけられる映画だ。大抵の映画は
とにかく楽しむ要素を見つけ出して楽しもうとするんだけど、この映画の場合、
出演者が綺麗、カッコイイ程度しか楽しむ要素がない。

704 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 22:01:29 ID:838zDCkI
>出演者が綺麗、カッコイイ程度しか楽しむ要素がない。
それで充分という人は大勢いる。

742 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 23:27:46 ID:8xCRDo0o
感想

アクションってのは
何らかの「象徴」がぶつかり散っていく様子に他ならないわけで
ゆえに興奮とカタルシスがあるんだと思うけど、
その辺のマメさはハリウッドアクションにまだまだ届かないのかなあと。

743 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 23:39:04 ID:OB63zleH
ハリウッドに届く届かない以前の出来。

755 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 00:43:31 ID:uYfPtF7d
超くっそ映画だった。
のっけから鼻声と棒読みのW大根にやられ…
あと河村隆一が画面に映ると笑いを抑えるのに必死だった。



756 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 00:54:33 ID:IKWp9ci5
河村隆一なんて出てたの? 何観たの?

仲間の「ゆめどなかどぅけ」は、すぐものまねネタにされそうw

758 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 01:00:03 ID:yzKcx4Lk
 >>755
河村隆一?夜叉丸の中の人のことか?
確かに似てるなw
この人、アクションプロ並みらしいよ。

759 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 01:01:51 ID:6isxAvrz
坂口拓を新庄と呼ぶ声はよく聞くが、河村隆一ってのは初めて聞いた。

730 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 22:54:41 ID:szITaUdR
えーと。これから観に行くためのチェックとして
◎ケツ出し、ポロリ無し
◎ラブシーン、ベッドシーン無し
◎途中睡魔に気をつけろ
◎パンフ購入はあまりオススメじゃない
◎原作等と切り離して観た方が良い
◎原作等は観る前に読まない方が良い
◎飲み物は控えた方が良い
◎原価で観るな、もったいないからサービスデイを活用しろ
◎ポップコーンは床にぶちまけるな
(・∀・)これでいいか?

731 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 22:59:14 ID:YAKWhB+W
◎どんでん返し的なモノを期待しない
も足そうよ

736 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 23:10:39 ID:ygI+6wPA
>>731
仲間の家康への訴え内容は、俺的には大どんでん返しだった・・・。


767 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 01:21:36 ID:LoRzSVWJ
>>736
でも、最後の仲間の行動は落としどころとしてはうまいなあと。
某アニメじゃないけど、何かを得るには何かを捨てるってことで
家康側としても非常にメリットがあることだし。

お互いの利害の一致という面からは非常に合理的な結末だった。

ただそれゆえツッコミのしがいがないんだけど。

769 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 01:26:55 ID:IIf+Y0O6
>>767
俺も結構評価してるよ。あのラスト。
あの流れでロミオとジュリエットやられても掘り下げ足りないから
陳腐なものにしかならないしな。

772 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 01:32:26 ID:5cV46lWk
小四郎、夜叉丸、蛍火、陽炎が良かった。
オダギリ弦之助はエンジンかかるの遅いっつうかウジウジし杉。
蓑念鬼があんなに獣っぽいのに先ずキスからはじめたのに笑ってしまった。

775 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 01:42:27 ID:yzKcx4Lk
天膳と陽炎のシーンが一番良かった。
死に際の陽炎の表情が可愛すぎた。

825 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 08:23:27 ID:s+etaqZM
前評判どおり(新聞、ブロス)の映画だった。
画面は綺麗だけど、演出と脚本が酷いので10分で飽きる。
アクションはあっても、アクションによる感情の喚起はないので退屈。
恋愛映画としてみようと思っても演出が綺麗に撮ることばかり向いているので
感情移入できず。
イライラしたまま2時間を過ごすことになる。


1800円払ってわざわざ見る価値なし。
レンタルDVDで充分。

826 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 08:39:59 ID:nAMSy18F
意外にも印象に残る

仲間由紀恵が好きな女優なので観に行きました。
内容は正直余り期待していなかったのですが、
運命と愛の相克が強く印象に残りました。
仲間由紀恵はじめ沢尻エリカ、黒谷友香という女優陣の
三者三様(端麗、純真、妖艶)の美しさには終始、魅了され続け、
これだけでも十分満足でした。オダギリの演技も良く、
一騎撃ちのシーンも説得力がありました。また、
岩代太郎の現代風のオーケストレーションもなかなか良く、
浜崎の主題歌も良い。彼女も歌だけじゃなくて、なんかの役で出れば良かったのに!

828 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 08:42:25 ID:wEO20xmx
>>826
皮肉たっぷりだな

834 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 09:37:47 ID:lmu3MyzZ
>>826
浜崎なんか出たらたださえB級なのに更にB級度が増すぞ。

820 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 06:44:41 ID:4N/e4XUZ
ひさびさにがっくりきました。
良い役者陣が揃っているのですが、それぞれ役が薄っぺらい感じ。
出会いました、愛しました、死にました、ただ事象を並べて戦闘シーンでつなぎました。そんな印象しか残りません。
強いて評価するなら、戦闘シーンと風景ですが、それもすばらしい!とまではいかず・・・
努力はしましたが、最後まで楽しめませんでした。

829 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 08:44:22 ID:x2xsqMnK
>>820
その批評は的を得ているな。自分も同じことを感じた。

でも、ここで言われる程の駄作では無かったな。ラストの朧の決意は良かった、ロミとジュリのシーンよりも。
個人的にはあの場面で配下たちを瞳術で倒して欲しかったが。幕府側が最後まで安泰だったのがすっきりしなかった。

まあ、デートムービーとしては結構なレベルだと思うが、エンディングは鮎じゃなく、歌無しでトウギの雅楽とかの方が良かったかなあ。

832 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 09:35:27 ID:r8lG7iR5
SHINOBI、覚えている範囲でやっぱ気になる事。ネタバレあり!




・なんで徳川に戦えと言われた位で素直に従っているのか。
 戦いあう理由が希薄。最近まで争いとか無かったはず。
 特に主人公2人には戦う理由が無い。最後までここは希薄なまま。
 それに里が危ないのは徳川の言動を聞いていれば予想が付く。
 そんな中、里を立つ意味がそもそも分からん。バカとしか言いようがない。
・元頭領同士がなぜ戦ったのか。ここも理由が希薄。
 徳川からいろいろ言われて里の存続が危うい危険な状況なのは
 徳川に呼び出された時から分かっていた筈。両里が手を組んで
 防衛線を張るのなら分かるけど、なぜか殺しあう。ほとんど現場放棄。
・天膳が弦之介に里が攻められているであろう事を伝える。
 天膳が仲間にそれを言わなかったのは、天膳が超自己中ということで
 納得は行くけど、それを聞いた弦之介がなぜ里に引き返さなかったのか。
 江戸に行く意味は既に無いし、こうなる事は里を出る時におおかた予想
 できたはず。大きな疑問を残したまま、江戸へ向かい続ける・・・。
 唯一予想できる理由は、「もう戻っても遅いから」。しかし・・・

833 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 09:36:34 ID:r8lG7iR5
ネタバレ続き




・鳥取砂丘が出てきて更にガッカリ。なんじゃこりゃ・・・。
 弦之介はここでお幻を挑発して自分を殺させる。殺させた後で、お幻に
 里を頼むと言う。・・・これなんだけど、無しでしょ?なんでお幻に
 責任背負わせて自分は死ぬんだ?はっきり言って大馬鹿野郎。意味分からん。
・里が攻撃を受ける。攻撃を受けるんだけど・・・、凄い忍者だらけの里の
 はずが、やすやすと敵の接近を許す。攻撃されるまで全く察知出来ていない状態。
 なんじゃこのバカ忍者達。こんな里を怖がっている江戸も江戸だし。
・お幻、江戸にて里の行く末について交渉をする。この時、お幻の必殺技の名前が
 江戸にまで轟いている事が判明(大笑い)。忍者ってもんは自分の技を知られちゃ
 まずい物と相場が決まっているでしょ。なんで江戸にまで知られているのさ・・・
・お幻の交渉のおかげで、里への攻撃を止めるという判断がなされる。けど、
 上にも書いたとおり、弦之介が里に戻って防衛に当たらなかった理由は「もう戻って
 も遅いから」のはず。電話があるわけじゃないから即刻攻撃中止なんてできない。
 なのに、里への攻撃中止命令がスパンと届く。オイ・・何日攻撃に耐えてきたんだ?
 そして弦之介が里の防衛に戻らなかった判断は間違いだったという事か?
 もう、物語の整合性がグッチャグチャのまま終焉を迎える。

841 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 10:09:43 ID:LoRzSVWJ
>>832
映画を見た範囲で少し答えると、伊賀と甲賀は元々
戦いたがっていた。つまりサイヤ人みたいな戦闘民族。
従って、五対五マッチは絶好の機会。
頭領ももちろん戦闘大好き人種。
反対してたのは愛し合ってた二人のみ。

里攻めについては、元々場所各々の場所は特定されてないので
当事者は攻めてくるのは想定外。油断してた。
地図を渡したのは、天膳。

里にはもう超人忍者はいなかった(家康の策略通り)。

この映画の世界観では、忍者は絶対に大御所(家康)には逆らえない
というルールがあるのだろう。
大御所というよりは先代の服部半蔵か。

842 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 10:40:06 ID:za22tlby
> 当事者は攻めてくるのは想定外。油断してた。

忍者なのに・・・。
柳生も柳生で、全然隠そうとしてる気配もなかったのに・・・。

872 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 14:28:58 ID:Xk4mEpKI
>>832
結構意見に共感する部分もあるが
勘違いしてるらしい所があるよ。
お幻じゃなくおぼろだろ…
鳥取砂丘なんて出てこない。
ロケ地は静岡の砂丘で設定も静岡の海岸

847 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 11:00:42 ID:rhWoot70
地虫十兵衛とか霞刑部とか朱絹(おっぱい要員)とかビジュアル的におもしろいヤツ全部省いてる時点で見る価値ナシ。

853 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 11:48:44 ID:yzKcx4Lk
みんな奇抜メイクでよかったのに、主役二人が普通すぎてツマランかった。

856 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 12:36:22 ID:80YbnKsJ
なんか、皆あっけなく死にすぎ。
それぞれキャラがイメージ(見た目)だけ先行しちゃってて人間としての肉付けが不十分な為、皆薄っぺらく見える。
もうちっと主人公の狭間での苦悩を描写しないと、全体的に印象が弱い。
ラストもなんか煮え切らない終わり方で、浜崎の歌もエンドロールに流れるだけ。なんだかなぁ。

859 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 12:43:59 ID:VKe120aE
原作もみんなあっけなく死んでいく
ポンポン死んでいくよ

857 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 12:36:50 ID:aZMGMl5M
原作・漫画未読の立場から感想を述べると
邦画のアクションという枠の中では秀作。
「なかなか、おもしろいじゃん」といったところ。

まず映像が良い。PV出身監督としては当たり前だが
邦画ではきれいな映像の作品がなぜか少ない。
個人的には作品評価における重要なファクター。

主題歌も問題なかった。普通エンドロールで
席を立つのが主流?だが私の見た回では皆無。

横の連れは蛍火のシーンで泣いていたが、彼女は
「私の頭の中の消しゴム」の予告でも泣いていたので
参考にならず。そういえば室井慎次でも大泣きだったな。

863 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 13:33:12 ID:R1O7syvT
原作を読んでから見に行ったんだが
びっくりするぐらい背景、人物描写ができていなかった。

原作知らない人がこのストーリー展開を果たして理解できるのか疑問。

ただ監督が原作のイメージを切り取って繋げているだけで、彼の自己満足映画としか思えなかった。
説明不足が多すぎる気がする。

例えば天膳vs弦之介の試合で、あっさり天膳の両腕斬られてたけど、
どうして斬られたのか全然わからなかった。
原作とは弦之介の術が違うみたいだし、どんな術をあの時使ったのでしょうか。

865 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 13:55:31 ID:aZMGMl5M
>>863
原作読んでなくても映画で語られている
範囲内のことであれば理解できました。

弦之介の映画の中での術「慧眼の術」
は超人的スピードで見て判断して
動くことだと思いました。
発動すると眼が鳶色に輝き水の流れが
スローモーションに見えるくだりや
柳生の忍者たちを一瞬にして葬った
あたりで確認できます。

天膳の放った円月輪を受け止めて
投げ返したと想像するのは困難ではありません。
ちなみに両腕斬られてましたっけ?
両ムネ貫通のようでしたが。

原作では相手を自傷させる術との噂。
どんなんでしょう?

867 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 14:01:08 ID:M6OcV0gv
>>865
害意を持って自分に仕掛けられた攻撃を、全て相手に返す(自分で自分を攻撃するよう仕向ける)術。
但し、自分の目が塞がってたり、相手が目が見えなかったりすると使えない。

868 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 14:01:51 ID:0FoivIdJ
自分に殺意のある相手に対してのみ相手を自刃させる瞳術

ただのスローモーションの目

全ての忍術を無効にする瞳術(本人は使いこなせていない)

ただの人殺しの目

痛いな…オリジナルの設定が如何に物語を盛り上げていたかわかる…
出来はどうであれパクリ映画決定

920 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 18:24:00 ID:hOp93olj
>>868
朧や弦之介の術が物語の意味付けに必要だわな

あまりにも根元的な意味をもつ術、それが両頭領の宿命を強く印象づける

883 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 15:07:47 ID:kbDHMCdm
そもそも山田風太郎の原作だって、たいして面白くないんだから、
それを映像化したって面白くなるわけないじゃん。
原作に忠実にもっと荒唐無稽にすればお馬鹿映画で笑いが取れたかも。

888 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 15:14:51 ID:4iXoTcSB
行ってきた

シナリオは甲賀を2時間にまとめるやり方としては”あり”だとは思う
ダイジェストなんか見たくもないし、(なら原作読めばすむし)
オチも悪くない。

が、詰めてない所が目立ったので惜しいって感じ、

源之助の技は天禅の所でこそわかりやすく見せて欲しかった。
はっきり言ってよくわからん。
大体その他の忍者を倒しまくっても天禅一人倒す方がインパクトが強い。

最後は朧が家康の目の前で襲ってくる手下をバタバタ殺して欲しかった
じゃなきゃハゲンの瞳を知る理由がわからん。

あとは全体的にアクションが後半にいくにつれてしょぼくなっていくのは
シナリオ上仕方ないとは思うが、
だったらここまでシナリオ弄るなら最後天禅対朧ぐらい見せてほしかった。

とにかくクライマックスのどんでん返しが薄い印象、
これじゃオチを変えました。程度の範疇を出ていない。

小四郎がいつ再び出るのかをずっと待ってたよ、漏れは

まとめると、つかみはなかなかだと思うけど、なんか不完全燃焼な感じが残るできだと思う。
つまり惜しいな、と。

890 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 15:23:03 ID:d7oqv6Hk
朧が非処女だったら一気に冷めるな。

900 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 16:37:16 ID:yzKcx4Lk
原作知らない派。
で、天膳の忍術って一体何だったの?
本当はあの輪っか投げじゃないんでしょ?

901 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 16:41:30 ID:h+FzY48D
天膳は不死の術を使う

902 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 16:49:08 ID:ZyabjvfB
やっぱり天膳の殺し方はもう少し工夫が
あってもよかったんじゃないかと思う。

903 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 16:59:41 ID:nBE274Wa
上の口ではなく下の口から毒を入れるとか?

913 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 17:35:35 ID:h+FzY48D
破幻で不死の術が破られるって展開に納得してたもんだから
毒で死ぬってハァ?だな…
陽炎抱けるなら数日くらい死んでやるっの天膳が…



921 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 18:28:43 ID:kRwAopSY
見た。意外と悪く無かった。OPで世界観に引き込まれたが、
あれはイノセンス以来の秀逸なOPだと思う。
周りに耳を傾けていたら「超泣いたー!」の声がかなり多かった。
実際泣いてる女の子も多数。この年齢層に受け入れられれば、
娯楽商業映画としては成功と思われる。

でもやっぱりアクションがもうちょい欲しかった!

923 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 18:38:46 ID:mpCVnBJy
エリカタンはどうでしたか

924 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 18:44:17 ID:g8aRFpx5
>>923
個人的に蛍火は映画版で一番いいキャラだった
原作みたいな愛への狂気とかはないけど



925 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 18:48:09 ID:tjY7ZUzM
山風ファンと二人で鑑賞
薄い薄い いやはや。
あと、忍者が全体としてバジリスク天膳並に無能
ぼーっとしていて背後から刺し殺されたり、いきなり特攻したりいいかげんにしろよ
原作版と映画版で戦ったら、映画版は多分五分で全滅する

あと小四郎が弦之介にため口だったり、会議中に枝毛いじっている蛍火や陽炎
そして大御所を侮辱する弦の字……何アレ 脚本家は封建制がわかっていないだろ?
だから忍者の戒律の厳しさとかが全然ワカラン
里の間の通行も自由だしな
わけわからんファンタジー絵師を起用する前に時代考証雇えよ

戦いになってもウダウダダラダラで緊張感なし、おまえら人生なめすぎ
伊賀の忍者どもは戦闘能力なさすぎ(かわりに朧がギガノ強い)

ただし、アクションチームの夜叉丸と小四郎はがんばっていた
仲間とオダジョーの顔をじっくり映したり、舌先三寸で悲壮感を出す無駄な台詞はいらんから、
アクションを増やせばいいのに
あと陽炎と天膳は意外にも、衣装コンセプト以外は結構いいかんじだった
一番のミスキャストはオダギリ 魔界転生の窪塚に続いて呪われるだろう
叫ぶ=感情のたかまりじゃないからな

938 :名無シネマ@上映中:2005/09/19(月) 05:16:52 ID:B7CMGLVJ
>>925
全体的に同意だけど
原作でも兄さまが敵を騙してる最中に「なにっ」って叫んじゃってバレたり
小豆がほいほい女食おうとしたりマヌケな描写はあったけどな。

926 :名無シネマ@上映中:2005/09/18(日) 18:48:40 ID:P49AIHxu
プロデューサー山田章博の絵に惚れ込んで仕事を頼んだんだろーが
やっぱあの妖艶で耽美な絵は、
いくらCGを使っても実写じゃ映像化できないんだろーな

928 :1:2005/09/18(日) 19:01:11 ID:dzT7T31G
とほほ映画でした。
家康の書状は何であんなに早く着くのよ?
Faxかw
戦闘向きじゃないヤツばっかメンバに選ぶ頭領は
バカか?
クライマックスのオダギリと仲間のシーン、遭遇早朝で
最期は夕方って、なんだよそれ?
監督は間違いなくバカだね、名前もしらんけど。

934 :名無シネマ@上映中:2005/09/19(月) 04:50:00 ID:YAKF6vQV
「マッスルヒート」の惨さを知っていれば、こいつを監督に起用するなんて
有り得ないんだが。 プロデューサーの目が節穴なのか、駄作の責任を
監督1人に押し付けて逃げる為か・・

937 :名無シネマ@上映中:2005/09/19(月) 05:12:41 ID:RbZqp2OT
原作未読で見たけど結構面白かった
仲間は好きじゃないけどやっぱりあまり良いと思わなかった
蛍火と仲間を交互に映すシーンは仲間の肌の衰えが目についたし
オダギリもあずみの美女丸の方がハマってたなぁ
でも映像とアクションが良かったので満足


関連記事

  1. 2008/11/15(土) 02:04:46|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アイアンマン | ホーム | あかね空>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/373-be11a0aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR