FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

インビジブル

インビジブル
http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/movie/969702311/


1 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/09/23(土) 18:45
バーホーベンらしい変態チックさ全開の映画だそうです。
ケビン・ベーコンはこの映画のために股間のデーターまでとらされたとか。

もう見たって人います?


2 名前: 名無しはつらいよ@知床慕情 投稿日: 2000/09/23(土) 21:17
みたよ。あんまし面白くないよ。
なんか、つまらなさでニヤけちゃうくらい。半端な駄目さ。
でも、まあ、退屈もしないよ。
必見!! って感じではない。

7 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/02(月) 22:46
えー、面白かったぞー。
ケビンにとって初めての役柄って感じで。

8 名前: キンちゃん 投稿日: 2000/10/09(月) 16:08
約2時間の上映時間はあっという間に過ぎた感じはした。
面白いか面白くないかは結局結論出ないけどCGはすごかったぞ。
「ワイルド・シング」よりは気にならなかったが、ケビンのあそこもチラッと見えた。
ケビン・ベーコンはあんなに大変そうな撮影しても、エンドロールの順番はエリザベス・シューの次(2番目)だった。
やはりエリザベス・シューが主役ですかね。ケビンが主役でもよかったのでは?

10 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/10(火) 04:06
撮影現場でエリザベス・シューが「脱ぐ必要がない」とゴネて
脱がなかったって本当か? だとしたら許せん!!
透明人間のレイプシーンもかなりカットしたらしいぞ。
駄目じゃーん、でも見るけど(藁

11 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/10(火) 06:45
なんだ、カットかよ? 透明レイプ。
それだけが楽しみだったのに。

昔、『エンティティ』というオカルト映画の
透明レイプでは抜いたなぁ・・・

14 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/10(火) 14:49
透明人間になったら、性犯罪やりほうだい!・・
つーのは全世界厨房の共通願望なわけだな。

バーホーベンは厨房レベルの妄想を映画化するのが好きだな。

15 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/10(火) 15:00
>14
あんたみたいなのがいる限り、需要がたえないからね(藁

16 名前: かわいそうに… 投稿日: 2000/10/10(火) 15:03
ケビン・ベーコン、透明人間だかららくちんだ
と思ってたらさんざんブルーバックとか
塗りたくられて(透明なのに)演技させられて
どんな映画よりたいへんだったと、
インタビューに答えておりました。あはれ。

17 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/10(火) 15:43
>>16
なんだか外人の本田博太郎ってカンジだな。



18 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/10(火) 20:42
観てきたんだけど、無修正版が観たくなった。
作品のために脱ごうって根性ないのか、エリザベス・シュー。

27 名前: 名無しシネマさん 投稿日: 2000/10/14(土) 22:15
とりあえずバーホーベンのファンなら大喜び映画。
彼のお約束は全部入ってるし。あ、でも直接的なセックス
シーンがないのは珍しいかも。

ファン以外にはB級クソ映画。いや、煽りとか悪い意味で
なくて、この人の映画って人を選ぶと思う。
個人的には体質に合わないです、はい。

個人的にすげえと思ったのは中盤で覗かれてレイプ(画面では
描かないけど、そうだよね?)される女の人です。
さんざん大写しで取られて胸も出しまくってるのに名前すら
出してもらえない。しかもその後どうなったか説明もなきゃ
その後のストーリーに何の関係もなし。
すげえ、豪快だ。

34 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/15(日) 03:55
極悪エロベーコンに100%感情移入してしまった自分がこわい。



35 名前: エロミネーター 投稿日: 2000/10/15(日) 10:06
「インビジブル」昨日観たが、俺も透明人間になったら、若い女にエッチな
いたずらしたり、のぞきしたり、レイプしたりしたいぜ。

この映画、マジで男の本能を描いた映画だと思う、

36 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/15(日) 10:29
ぼくが透明になれたら、老人に席をゆずらない若者を動かしたり、
金庫にお金をかくしている人のお金を貧しい人に配ったり、
路上でたばこをすっている人のたばこを消したり、
世の中の役に立てるのになぁと思いました。

37 名前: エロミネーター 投稿日: 2000/10/15(日) 13:15
>36
君はエロい!いや、えらい!

49 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/16(月) 11:29
見てきた。
それなりに面白かったけど、考えさせられることも教訓も何も残らない
映画ではある(笑)
ケビンベーコンがいきなり暴走しすぎなのが残念。もっと順を追って
エスカレートして欲しかった。

着替えの覗き->女湯侵入->人のセクースの覗き&ちょっとだけ参加
->ためしにレイプ->複数緊迫プレイ

という感じにエスカレートしていけば、観客は主人公にもっと感情移入
できたに違いない。

54 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/16(月) 19:59
透明になったが、元には戻らないと分かった後でも、全然落ち込まず、
エロや殺人に精進するベーコンの超ポジティブな生き様は大いに見習う
べきだな、と思いました。

71 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/19(木) 21:15
最後のエレベーターアクションと爆発は無い方がよかった。
同じようなシーン、もう何十回も見たような気がする。
ベーコン先生は屈折した役が最高。

90 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/21(土) 20:18
もっと研究所の外で暴れてほしかったな…。

91 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/21(土) 21:25
そうだね。
2ができたら外で暴れてもらおう(笑)

92 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/21(土) 23:20
>もっと研究所の外で暴れてほしかったな
プレデターになっちゃう?

118 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/24(火) 02:44
途中からエイリアンものみたいになってつまらなくなった。
なんで透明になっただけで不死身になるんだ?
ラスト研究所が次元爆弾で爆破って、そのまんまじゃねーか。
なにが残り時間40秒だよ。

126 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/25(水) 00:08
映画の中では、透明人間プロジェクトは国防省の依頼だったけど、
透明人間をどう使うつもりだったのか??

127 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/25(水) 00:15
敵国の要人をことごとくレイプするつもりだったんだろ?

128 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/25(水) 01:05
想像しちゃったよ…

130 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/25(水) 18:00
うん、すばらしい映画だね。ほんと、すばらしい力を手に入れながらやることが
ノゾキや殺人という浅墓さがよい。研究員もみんな殺しちゃうし、彼らがいないと
もとに戻れないのにね。
通路を追い詰めるくだりはエイリアンへのオマージュなのでしょうか?エレベーターの
場面も、エイリアン2のラストと似ているし、意識して作ったのかと思うほど似ていた。

132 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/26(木) 01:17
>エイリアンへのオマージュなのでしょうか?

バーホーベンがそんなこと考えるとは思えない。

134 名前: たくお 投稿日: 2000/10/26(木) 10:27
「自分が透明人間になったら?」どんなことするかシュミレートしてみる。この
映画の主人公の行動と、自分の予想に大した違いはない。
たとえ有能な科学者であっても、考えることは皆同じという所にバカバカしさを
越えたリアリティがあった。
この品のなさ、さすがバーホーベンだ。

136 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/27(金) 13:06
>>134
品の無さというよりひねりの無さって気もするがどうか。

144 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/29(日) 03:53
ねぇねぇ、どうして透明から戻るのは血管からなのに
消えるのは皮からなの?注射したんだから消えるのは血管からでしょ?
血管からだとただ単に映像として面白くないから皮からなの?
そこまで馬鹿映画なわけ?



147 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/29(日) 21:18
>144
パンフによれば「リアリズムよりも映像的インパクトを重視した」んだそうな。

158 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/02(木) 16:10
レイプ・シーンをカットしたのはレーティング(年齢規制)の問題か。
年齢規制が上がると興業収入的にも影響を及ぼすし、
或いは取り決めてあったレーティングでの公開が必須条件だったために
カットしたものと思われる。

それとパンフより。
「レイプしている者が透明だと、女性が一人Hをしているみたいで、
笑ってしまうんだ(だから入れなかった)」(バーホーベン談)

160 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/02(木) 17:00
DVDでは完全収録きぼ~ん

162 名前: 158 投稿日: 2000/11/06(月) 23:33
>>160
パンフでバーホーベン大先生は「DVDにはレイプシーンをちゃんと収録する」
と言っておられます。

163 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/06(月) 23:50
あの強気の獣医が「撃たないで」と懇願するのに撃たれてしまうシーン。
興奮しました。
この映画一番の抜きどころです。

165 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/06(月) 23:54
メイン男優のほとんど(ケビン、シューの彼氏、デブの同僚)がみな強烈に猿っぽい
顔&雰囲気なのが、冒頭の透明ゴリラとの繋がり?でおかしくて仕方なかった。ケビ
ンの欲求も猿なみだし、わざとかなあ。



http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/movie/988940298/


4 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/04(金) 10:59
他の監督が作れば過激な映画なんだろうけどバーホーベンにしてはちょっとオトナシメの映画でした。
とか思いきや「お前のようなメスブタとは別れて正解だったぜ」等の台詞や女性への暴力シーンから
バーホーベン節がひしひしと伝わってきます。

8 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/04(金) 19:43
透明とはいえ、裸のおっさんがフリチンで暴れているだけだから
怖くもなんとも無いな

9 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/04(金) 20:28
エリザベス・シューのパンティを脱がすシーンにハァハァしました。





11 名前: U-名無しさん 投稿日: 2001/05/04(金) 20:40
大槻教授が透明人間になれば視力がなくなると言ってたな

13 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/04(金) 21:24
>>11
光が屈折しないし、網膜に像が写らないからね。
でもバーホーベンの透明人間は目が見えるし、ゲロも透明だ。  

51 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/05(土) 05:34
「淫ビジブル」というパロディ物が出そうな気がする。

52 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/05(土) 05:39
>>51
むしろ「淫靡ジブル」でしょうな

53 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/05(土) 05:49
さらに追加して淫靡汁。

57 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/05(土) 06:03
ああ・・ここ見てからインビジブルという響きが淫靡汁っぽく響いてくる・・・

66 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/08(火) 04:46
ゴリラに注射した後徐々に血清が血管を流れていく場面を見て
これはすごい映画だと思った。あとねぇたんにちょっと萌え。
ストーリー的にはしょぼ。

67 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/09(水) 14:17
>>66
ストーリー的にどうしても納得いかなかったのは、最後に残った男女の
男の方が腹刺されてうんうんうなってたのに、ラストではぴんぴんして
彼女を助けにくるところ。えぇっ! まじっすか! って感じだった。
ただあの場面はそうでもしないとエリシューもやられて変態博士の思う
ツボでインビジブル2へ続くになっちゃうからな(ワラ

75 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/09(水) 16:36
やっぱプレデターみたいな光学迷彩の透明人間の方が現実味があるな。

97 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/15(火) 23:05
個人的にはエリザベス・シューやレイプされる隣人のおねえさんよりも
獣医のサラ(おっぱい揉まれる人)の方が萌える。
強気なところが尚良し。

110 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/19(土) 15:01
でも、こっそり忍び込んだ部屋の美人が、一人をいいことに屁をこきまくったり
ハナクソをほじりまくってたりしてたらヤだなぁ。

111 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/19(土) 15:04
で、大好きな女性の部屋に忍び込んで、彼女がそんなことしてるのを見たら、
もう一生外に出ないと思う。
ひきこもりの透明人間になる。

112 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/19(土) 23:54
 >>111
いや! 趣味が変わる気がするな。

116 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/23(水) 18:02
なぁ、まじめな話、ケビン・ベーコン悪くないじゃん。
むしろスッゲェいい奴じゃん。いや透明化するまでは。
ちょっとあけすけなだけで、それもこれも天才ゆえじゃん。
悪いのはエリザベス・シューとかだろ。クソアマ。
ベーコンの孤独とブチギレに感情移入しすぎて号泣した俺は
おかしい? マズイの?

118 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/23(水) 19:06
>>116
いや、正常。むしろ透明化して戻れないとか聞いたら誰でも狂う。
あまりにも冷たいシューとその一派がすべて悪い。

120 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/23(水) 20:09
でもさ、勝手に自分を実験台にして、挙句元に戻れないからって逆ギレかよ...みたいな

124 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/24(木) 23:59
ケイン博士がみんな殺してバットエンドで終わってほしかった。
あの二人は一番生きて欲しくなかった



130 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/28(月) 13:33
>>124
めちゃ同意!!
あの男の方だけでも殺して欲しかった。
両方生き残るのは、なんかしっくりこない。

125 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/25(金) 00:45
なんだー。みんなベーコンに共感しまくりじゃん!
安心、安心。
健全、健全。


関連記事

  1. 2008/11/08(土) 11:00:37|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<スウィングガールズ | ホーム | X―MEN ファイナル ディシジョン>>

コメント

1 ■インビシブル面白かったです

金曜にやってたの見ました。面白かったです。
このブログ大好きです。これからも更新がんばってください。
  1. URL |
  2. 2008/11/09(日) 22:36:35 |
  3. 24 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■無題

ありがとうございます。励みになります。<(_ _)>
  1. URL |
  2. 2008/11/09(日) 23:59:35 |
  3. 江戸川長治 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/372-14e04eaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「インビジブル」

ここんとこホラー作品を何本か観てるので、それっぽいのを続けて。 原題は「HOLLOW MAN」=HOLLOWは「穴・くぼみ・空っぽ」みたいな意味。 インビジブルは、難しく言うと「不可視的な」という意味だけど、 ここでは「透明人間」の意味。
  1. 2008/11/17(月) 04:15:02 |
  2. ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR