FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せのレシピ

幸せのレシピ 1
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1190901077/


1 :名無シネマ@上映中:2007/09/27(木) 22:51:17 ID:YM9GzTUA
ドイツ映画『マーサの幸せレシピ』のリメイク作品


監督:スコット・ヒックス(『シャイン』アカデミー賞主要7部門ノミネート)

出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(『シカゴ』アカデミー賞助演女優賞』)
   アーロン・エッカート(サンキュー・スモーキング』『ブラックダリア』)
   アビゲイル・ブレスリン(『リトル・ミス・サンシャイン』アカデミー賞助演女優賞ノミネート)


公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/noreservations/


8 :名無シネマ@上映中:2007/09/29(土) 12:51:28 ID:RKlV0J5O
シリアスな題材を軽いタッチで描いていてさらっと観れたな
にしてもキャサリン・ゼタジョーンズは
どんな格好しててもいい女だ

11 :名無シネマ@上映中:2007/09/29(土) 14:10:30 ID:UtmPz7pd
悪くはなかったけど、もうちよっと地味な女優さんが主演のほうが良かったかも。
やっぱキャサリンは普通にしてても、普通に見えない。
派手で貫禄がありすぎ。

14 :名無シネマ@上映中:2007/09/29(土) 19:02:27 ID:Rvg/zBo6
テンポがイマイチで、全編通して楽しめなかった。
もうちょっと軽いノリでも良かったかなと。

17 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 01:46:06 ID:pegt3/hu
リメイク前の作品面白かったな~
真昼にテレビでやってたのを何となく見て泣いてしまったよ

18 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 02:08:33 ID:DMZ2PW2N
オリジナルの映画、良かったよね。
善き人のためのソナタと同じ女優さんだったっけ?

ゼダジョーンズみたいな派手な美人だったから、
女優チョイスは間違ってないかも。

19 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 03:00:13 ID:JwsvWYWi
さらっと見れてよかったけど、各登場人物の性格やエピソードまで
さらっとしすぎ。
 ケイトはどうしてあんなにかたくななの?お母さんが死んだ後
 誰がケイトとお姉さんを育てたの?(セラピーで口ごもるシーン)

 ケイトがニックを好きになるのはわからないでもないが、ニックは
 料理の腕以外で、ケイトのどこにほれたの?

 ゾーイが料理をしたいと思う動機がわからん、唐突。
 
 ニックとケイトの初めてのキスシーン。なぜあんな細切れ。

 そもそも、あのセラピストは必要か?

など、いろいろ不思議だった。どうせなら、ゾーイのとことは
急死した姉の子どもが急にやってくる→戸惑いながらも一緒に暮らす
程度にして、
ケイトがなぜあんなに人を受け入れなかったのか、ニックとケイトがなぜ
惹かれあったのか、描写して欲しかった。

20 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 04:22:17 ID:eIO3IHDn
さっきレイトで見終わって帰ってきたけど19と同意見っす(・ω・)

まあ唯一違う意見を言うなら…
ニックは何らかの理由でケイトの料理を知り興味を持って、実際に会ったら一目惚れした

ゾーイはあのパスタを食べてから料理+ニックに興味を持ったんじゃないかな?

23 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 21:14:41 ID:xQMiYFer
>20
あのトマトケチャップであえたようなパスタ、タラタラでアルデンテではなさそう。
悪いがオイシソウには見えなかった。

ゾーイの子役って、リトルサンシャインの子じゃないよね?

25 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 21:37:13 ID:mDAGFDnm
>>23
リトルサンシャイン
 
27 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 22:24:30 ID:FNKOtnuJ
>23
自分は20ではないけれど、あのパスタはきっと
トマト&ガーリックを漬け込んだオリーブオイル&ワインにバジル…
な味に違いない!付け合せでよくある冷めても美味しいパスタに違いない!
と、勝手に脳内変換したので、映画終わった後
トマトソースのパスタを食べに行きたくてたまらなくなりましたw

21 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 05:11:44 ID:ZSTNp7UK
アーロンエッカートかっけぇw最後の廻し看板良かった



24 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 21:20:32 ID:UUxv+EoW
アーロン本当格好良かった!
って言ったら、あの毛むくじゃらが?…ってバカにされた。
キャサリンは肌がおばさんの肌だった。残念。

中身の感想は概ね19と一緒だ。

35 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 17:29:09 ID:ofGiySfq
アビゲイル・ブレスリンって天才子役かもね。
ゼタとのコンビもバッチリだった。

37 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 18:39:33 ID:Jn388Aos
ドイツ版とラストはどう違うのですか?

ゾーイとケートとニックはどうなるの?

38 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 19:32:40 ID:qwQR7srM
一番の主役は子役のゾーイですね。ケートとニックはレストランを
やめて、新しいレストランをこの3人で作ってエンディングです。
この映画をみて昔のクレーマークレーマーを思い出しました。

39 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 19:38:56 ID:Jn388Aos
>37
済みません、ドイツ版はどういうエンディングでしたか?
同じく3人幸せEND?

45 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 21:09:29 ID:7pjzxHL0
1日なんで見てきたよ。
まあ、正直オリジナルの方が面白いよね。
「ディパーテッド」はオリジナルとどっこいと思ったけど、この差は監督の力量なんだろう。
スコセッシってやっぱり凄いんだなと実感した。

以下、オリジナルのネタバレ嫌って人は注意。長文で悪い。

>>39
そもそもオリジナルは、姪の父親がイタリア人ってことになっている。
そんで最初からその父親が引き取るべきということで、父親を探してもらってる。
その間に、この映画でも描かれていたことそのままの展開が繰り広げられ、
結局父親が見つかって姪がその人の家族に引き取られていくことになる(別れの場面は勿論描かれている)。
でも、主人公は最後に大事なものが何かってことに気づいて、リメイク版でニックの位置に当たるイタリア人シェフとイタリアまで姪を迎えにいく。
最後は、2人が結婚して終わり。(ちなみに迎えに行くとこからの流れは全て台詞なし音楽のみであっさりと描かれています)

オリジナルもリメイクも人と人との触れ合いが根本的なテーマだと思うけど、オリジナルは特に親子の絆を重要視しているように思える。
恋愛は二の次の付加要素って感じ。リメイク版は全体的に親子の絆の部分が疎かになって、恋愛部分が大きくなっている。
ぶっちゃけ、姪がいなくても成立するような話になってるのが何とも。もっと言えば、姪が比較的どうでもいい、
とってつけたような役になってる感じがする。別に全く同じような映画にしろとは言ってないけど、
この映画はそれ含めて、脚本の詰めが甘いなぁと思ったよ。

オリジナルとの違いは、ラストとそこへ至る展開が決定的な違いだと思うけど、
後は階下のおっさんが引っ越して来ずに最初からいたり(役も小さくなってるような)、
姪があんま拗ねてなかったり、オーナーの嫌味度がちょっと下がってるくらいが目立った違いか?
正直リメイクのオーナーはあんまり嫌な人には見えないので、腕のいい料理人が一気に2人も辞められて可哀相・・・。

どうでもいいけど、レディ・イン・ザ・ウォーターの批評家のおっさんがセラピストでワラタ。
昨日WOWOWで見直したばかりなんだよw



49 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 22:53:40 ID:RBET3smr
>>45
あのセラピストのおっさんどっかで見たと思ったら
レディ・イン・ザ・ウォーターに出てたのねw
ちょっとすっきりしたw

50 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 23:45:34 ID:meM05uXx
>>45
 「ディパーテッド」はオリジナルとどっこいと思ったけど、この差は監督の力量なんだろう。
  スコセッシってやっぱり凄いんだなと実感した。

これは同意しかねるw 高級中華料理が安いハンバーガーに変身したような出来だったし。

64 :名無シネマ@上映中:2007/10/04(木) 00:25:56 ID:dJWk5anr
この映画みたらキスしたくなった。
職場恋愛の彼と退職して二人で店開きたいなとか思った。
幸せな気持ちになれた。



65 :名無シネマ@上映中:2007/10/04(木) 02:37:12 ID:lAXWmIYF
同意。彼と観ればよかったー。キスしたいー。
そしてアーロン・エッカートのもじゃもじゃにムラムラ。

69 :名無シネマ@上映中:2007/10/04(木) 19:09:41 ID:KQtsp15B
セラピーはゾーイちゃんにこそ必要だった。w
アメリカだったら絶対カウンセリング受けてるだろ、と思いました。
アメリカに舞台持ってきたのがまつがい。
こども預けたけど階下のオヤジ、ロリだったらどーすんだよ、と疑問でした。

67 :名無シネマ@上映中:2007/10/04(木) 16:40:56 ID:fhVKPDVQ
墓地のシーンがよかった。ゾーイが孔雀の羽を母親の墓に差して帰ってくるとこ。
あの羽根は最後に母親と一緒だった時に持ってたものだから手放したくないはず。
あそこでゾーイはケイトを受け入れ、死んだ母親にさよならしたんだと思う。

わかんなかったのはドアに貼ってあった割り箸。ショーンが差し入れしたんだと
思うけど、どうしてドアに貼ってあったんだか。教えてエロい人。

76 :名無シネマ@上映中:2007/10/06(土) 00:35:06 ID:03+iaNuC
オレもあの割り箸の意味が解らなかった。

それとあの魚スズキか?黒鯛にしか見えなかったのだが。
まぁアマダイも日本近海のとはちょっと違った感じだったし場所にとっての違いかな?

86 :名無シネマ@上映中:2007/10/07(日) 20:38:15 ID:m3F8ZRqE
割りばしの意味は
ゾーイが外に出たかを知るため
ケイトのところに来て間もなかったから
ゾーイのことを疑ってたんでしょ・・・

一度でも、外に出ようとしたら割りばし落ちてバレるって仕組みで

また、見に行きたいな

96 :名無シネマ@上映中:2007/10/09(火) 14:12:59 ID:S8Z9w7ST
>>86
なるほど!
あなたすごいね!

92 :名無シネマ@上映中:2007/10/08(月) 20:53:47 ID:x/hA1doJ
普通に佳作だと思うのだが・・・・・客が入ってないね

93 :名無シネマ@上映中:2007/10/08(月) 22:03:09 ID:Ra9IKomJ
いや駄作だよ。アメリカでもいい評判得られずにコケたし。

98 :名無シネマ@上映中:2007/10/09(火) 18:22:59 ID:s/NnrR+l
>>93
評価は普通だったよ。ロッテントマト見てみ。
興行は4200万ドルこえたし、まあまあかな。

2500scr以上使って1000~2000万ドルならコケだけど
4000万ドルなら合格点。スマッシュヒットまであともう一歩ぐらい。

125 :名無シネマ@上映中:2007/10/14(日) 16:42:56 ID:PktFGk6M
最後で空中分解
同僚との折り合いとか描かんと駄目っしょ
私のすべてとか言ってたの何だったんだ…

126 :名無シネマ@上映中:2007/10/14(日) 17:15:26 ID:N5Tintrf
この物語の組み立ては非常にレミー~に似てるんだけど、
これは、引いてはレミーが、マーサ~のストーリーをパクったという事なんだろうか。
それとも、こういう物語自体が陳腐な為だろうか。

127 :名無シネマ@上映中:2007/10/14(日) 18:25:25 ID:PktFGk6M
レミー似てますな
王道な話じゃね

130 :名無シネマ@上映中:2007/10/17(水) 23:42:17 ID:DU2dP0I/
似てる?部分的には似てるとこもあるけど、全体的に見れば別ものだよ。

131 :名無シネマ@上映中:2007/10/18(木) 12:10:22 ID:CovFkB3n
同じ材料で別の料理を作ったような感じかな。
物語の柱になる要素の部分は同じ物でしょ。
だから、料理を題材のドラマではありがちなネタなのかなとも思ったのよ。

138 :名無シネマ@上映中:2007/10/26(金) 22:02:52 ID:8+RLyeY2
かなりエピソードははしょっちゃってるんだろうけど
ラブストーリー、働く女の辛さ、子育ての難しさみたいなテーマをうまくまてめてたと思う
とにかくほのぼの出来て癒された

ハリウッド映画だとすぐセックスシーンだけど
セックス描写が無かったのも良かった

いつもはゴージャスセクシーな役が多いキャサリンだけど
こういう役もいいね、こうやってどんどん役の幅を広げて欲しい
仕事に忙殺されて慣れない子育てに疲れてる感じが肌に出てたな~
女優としては肌の荒れって良くないのかもしれないが
この映画ではリアリティが出て良かったかもね

150 :名無シネマ@上映中:2007/12/05(水) 08:09:44 ID:0D+Af9KP
ゼタ姉さんの胸の谷間サービスカットにワラた

153 :名無シネマ@上映中:2008/01/27(日) 23:48:27 ID:vnm4x7qq
レンタルが始まったら、くれぐれも細木の料理のやつとは混同しないようになw

154 :名無シネマ@上映中:2008/02/04(月) 22:30:14 ID:XTJ/pWiC
それにつけてもあの細木のババア、なんで同じタイトルで料理DVD出すんだよゴルァ
紛らわしいだろうが。

155 :名無シネマ@上映中:2008/02/05(火) 04:45:22 ID:F39vQIW8
進言出来る奴もいなかったんだろうね…

162 :名無シネマ@上映中:2008/04/01(火) 14:54:04 ID:gV10LZhe
あのオヤジのレアってどう焼くんだ?



170 :名無シネマ@上映中:2008/04/24(木) 05:01:00 ID:uNoaerKt
んー ステーキの焼き方って難しいんだねえ

176 :名無シネマ@上映中:2008/04/25(金) 00:02:01 ID:N3krswlN
レアより生な「ブルー」ってのがあるみたい

Raw - Uncooked. Used in dishes like steak tartare, Carpaccio, Gored gored, tiger meat and Kitfo.
Blue rare or very rare - (37.8°C/100°F core temp) Cooked very quickly;
the outside is seared, but the inside is usually cool and barely cooked.
The steak will be red on the inside and barely warmed. Sometimes asked for as 'blood rare'.

177 :名無シネマ@上映中:2008/04/25(金) 11:45:22 ID:udMw/eeY
ブルーwww チョwww

いや教えてくれてありがと。
じゃああのシーンではそう言って出せばよかったのだねw

165 :名無シネマ@上映中:2008/04/21(月) 15:14:27 ID:7eSHGqMO
やっと観た。
ドイツ版の方が好きだ。
最後のあのカフェみたいなしょぼい店だと全然ハッピーエンドって気がしない。
料理人としてはバッドエンドって気がする。
三人だけの店にするならドイツ版はもちろん、
「レミーのおいしいレストラン」のラストの店の方が全然いい。

166 :名無シネマ@上映中:2008/04/22(火) 05:13:25 ID:kNelf+Ez
見比べてみた。
テンポが悪いって言ってる奴、無理にオペラやトニーベネット使ってるシーンが
うざいと思わなかったか?俺はここで引っかかった。
原作はもっとさりげない使われ方してるのに、アメリカ版よりノリがいい。
料理を美しく撮る(原作は銅の鍋使ってる)のも、キスだけでもエロく撮るのも原作。
勝ってるのはアビゲイルだけ。
枕で戦争するシーンは原作にないけどいい。

179 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 19:53:00 ID:R43KS9UB
フォアグラは動物虐待って叫ぶの萎え
店を辞めるときタクシー乗るなよ・・・原作のシャンパン強奪の方がかっこよかった
アメリカ風にアレンジするとこんなにつまんなくなるものなのか

181 :名無シネマ@上映中:2008/05/12(月) 08:50:47 ID:sKxOJ54b
ママのお墓で佇むゾーイなんか、せつねーけど
だからといって変にお涙頂戴映画になってないから良いね
すっきりした気分で見終えたし

182 :名無シネマ@上映中:2008/05/20(火) 16:35:03 ID:t3umRdzl
ドイツ版・ハリウッド版、両方見た。
ストーリー的には、後から補うように作られたハリウッド版の方が
より分かりやすく、流れもスムーズな感じがした。
ただ、人間はドイツ版の方が魅力的。マーサの冷たく孤独な感じから
徐々に相手に心を開いていく様子が好き。ハリウッド版はキャサリンが
単に短気な女みたいでちょっと・・・。
男性陣も、ドイツ版はズングリムックリで陽気なイタリア人。
全然格好良くないから(もしかしてドイツ人から見るとカッコイイのか?)
性格に惹かれたんだなって思えるけど、ハリウッド版は役者がカッコイイから
キャサリンが単に男に餓えてて付き合い始めたように見えてしまった。

私自身がキャサリンのことを情熱的で派手な女性という決めつけがあるから
なかなか入り込めなかったのかもしれない。ドイツ版の女性はクールで
人付き合いが苦手そうな感じで、それがマーサという女性にとても合ってた。
子役はどちらも頑張ってたと思う。

185 :名無シネマ@上映中:2008/06/13(金) 22:59:30 ID:RFAV+WEA
>>182
カメラワークまでほとんど同じながらも
悲壮感はオリジナルのドイツ版のほうが出てるな

184 :名無シネマ@上映中:2008/06/05(木) 00:51:02 ID:RJeYO2Xc
音楽があざとい感じがした。
か、ボロボロ泣いたw
同じ年頃の娘を持つ身には、涙腺直撃でした。
アーロンの鼻から下がアニメみたいだったけど、
なかなかカッコよかった~。
キスしそうでしないとことか、
目隠ししてキスするとこは良かったけど、
そのあと本格的にしたキスが良くなかった。
細切れだし。
ついでに、特典に出てきたアーロンがブサでショックだった…orz

186 :名無シネマ@上映中:2008/06/15(日) 21:39:48 ID:ywGlLhgN
ドイツ版のマーサ役の人、乳首立ってるじゃないか
向こうはノーブラがデフォルなのか?

189 :名無シネマ@上映中:2008/06/28(土) 18:01:56 ID:cXph5Lvq
>186

ノーブラなんじゃなくて、ブラが薄いんだ。
おまけに下着のみならず洋服そのものも薄い(Tシャツとかブラウスとか)。
だからこっちの女性は寒いとみんな乳首すけすけ。
厚みのある下着もあるけど。

190 :名無シネマ@上映中:2008/06/30(月) 05:49:20 ID:qCyy8m+i
オレちょっとドイツ行きのチケット取ってくる

193 :名無シネマ@上映中:2008/07/01(火) 15:22:21 ID:r8LYajaS
ハリウッドのほうが、やや明るい雰囲気に撮ってるけど
お母さんの墓前で途方に暮れるゾーイが悲壮感出してるし

最終的にハリウッドのほうが良い終わり方だった

194 :名無シネマ@上映中:2008/07/01(火) 16:09:49 ID:D3tdL6An
最後のあのスイーツ全開の店はだめだろ・・・

195 :名無シネマ@上映中:2008/07/02(水) 04:26:24 ID:7bLpL+5e
砂糖ぶっかけ杉なデザートを運ぶなと?
オリジナル版を見てなかったから唐突に終わった感じがしたっけ
あれ、もう字幕?みたいな…

196 :名無シネマ@上映中:2008/07/02(水) 05:14:01 ID:jv3y+yKb
>>195
オリジナルはイタリアの田舎の古びた店を買い取って改装する場面とかあって
小さいなりに自然の中のこだわりのイタリアレストランっぽくしてたんだよ
ごみごみした立地で、オープンキッチンで痴話喧嘩やキスするような
安っぽい店なんか潰れてしまえって思った

197 :名無シネマ@上映中:2008/07/02(水) 05:16:52 ID:jv3y+yKb
あと、ハリウッド版はオーナーがニックに欲情してる場面が最悪
オリジナル版の冷徹なドイツ女がキャラ崩壊してる


関連記事

  1. 2008/11/18(火) 11:59:20|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ONE PIECE エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜 | ホーム | プロジェクトBB>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/361-ce81c82f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR