2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

鑑定士と顔のない依頼人

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1387038021/
5_20140105130051443.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 01:20:21.52 ID:y29n0Ibj
「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」の名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、ジェフリー・ラッシュを主演に迎えて描くミステリー。天才的な審美眼を誇る鑑定士バージル・オドマンは、資産家の両親が残した絵画や家具を査定してほしいという依頼を受け、ある屋敷にやってくる。しかし、依頼人の女性クレアは屋敷内のどこかにある隠し部屋にこもったまま姿を現さない。その場所を突き止めたバージルは我慢できずに部屋をのぞき見し、クレアの美しさに心を奪われる。さらにバージルは、美術品の中に歴史的発見ともいえる美術品を見つけるが……。音楽はトルナトーレ作品常連のエンニオ・モリコーネ。イタリアのアカデミー賞と言われるダビッド・ディ・ドナテッロ賞で、作品賞、監督賞、音楽賞をはじめ6部門を受賞。

監督 ジュゼッペ・トルナトーレ
脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ
撮影 ファビオ・ザマリオン
美術 マウリツィオ・サバティーニ
衣装 マウリツィオ・ミレノッティ

キャスト ジェフリー・ラッシュ バージル・オドマン
ジム・スタージェス ロバート
シルビア・ホークス クレア
ドナルド・サザーランド ビリー
フィリップ・ジャクソン

原題 La migliore offerta
製作年 2013年
製作国 イタリア
配給 ギャガ
上映時間 131分
映倫区分 PG12


32 : 名無シネマ@上映中 : 2013/12/15(日) 22:19:22.10 ID:JmUqViBF
いや~素晴らしかった。今年ベストだわ。
とにかくスキとか粗が全くない。完璧な作品だと思う。
先は読めたけど、どんでん返したいだけのオチが氾濫する中で品のある脚本だよ。

5 : 名無シネマ@上映中 : 2013/12/15(日) 04:04:12.51 ID:K8qEK/R1
観る前はなんでリピーターキャンペーンとかやってるんだろうと思ってたけど、もう1回観たくなるな
本物のクレアがブツブツ数字言ってたのがまさかああいう風に最後繋がるとは思わなかったわ。他にもいろいろ伏線ありそうだ

6 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/15(日) 04:48:58.47 ID:NMzzlM/H
初見だといろいろ混乱してしまうな
ビリーが送った絵(表)見た時って何か反応あったっけ?
ていうかビリーがあいつだったってエンドクレジットで知った。名前うろ覚えすぎ

9 : 38 名前:名無しさん@13周年 :2012/06/29(金) 10:13:40.17 ID:E[sage] : 2013/12/15(日) 10:37:41.66 ID:fUz8yRWq
ちょっとラストの展開が強引すぎだよね
絵画盗まれてからの展開がかなり雑

71 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/19(木) 17:37:24.93 ID:uUkeGKlA
ミステリだということすら知らずに見たからまんまと騙された、運が良かった
絵が消えたシーンで、うわああああ、いい話かと思ったらこういうシナリオなのかと絶望感に包まれた

72 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/19(木) 18:02:55.24 ID:ymYXt9R6
どうせならオークションでの不正行為もバレて
鑑定士としての信頼も失うとこまで徹底的に追い込んで欲しかった

130 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/24(火) 01:51:29.77 ID:aZq+PE+V

14_20140105130052919.jpg

ジェフリーラッシュの演技が的確すぎて
ずっとイライラものすごく嫌な気分だった
褒めているつもり

98 : 名無シネマ@上映中 : 2013/12/21(土) 13:49:52.23 ID:Ud3WMk5d
ヴァージルの中の人はティーンの子供二人をロケに同行させてて監督にたのんで
レストランのシーンにエキストラで出演させてたってあるのがなんだか可笑しかったw
役柄とは180度違うキャラなんだな
しかも子供らはいい仕事してたとかw親バカだ
監督もそういうのOKしちゃうんだな、そこも意外だった

11 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/15(日) 10:56:30.35 ID:Ik7jkpH1
爺さんが帰ったフリして部屋に隠れてた時
彼女にかかってきた電話の相手って誰?

13 : 名無シネマ@上映中 : 2013/12/15(日) 13:55:12.42 ID:K8qEK/R1
>>11
あの電話の相手はビリーだな
あそこでひょっとしたらあいつらグルなんじゃ?と思ったけど、その後特に電話の相手について明らかにしないまま進み謎を残して最後に回収したのがうまかったね

15 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/15(日) 14:47:10.17 ID:Wx8xPs1i
「極上のミステリー」っていう宣伝文句にすごい違和感を感じた
登場人物の行動がいかにもって感じで怪しさ満点で
ラストでネタバラシされても「え~、そうだったのか!」って驚く人は皆無に等しいんじゃないの?
「ああ、やっぱりそうだったのね」って感じ

19 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/15(日) 17:07:06.25 ID:vn1faO88
最後のほうの時系列がわかりにくかったけど、店のシーンが終わりならばハッピーエンドってことだよね?

21 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/15(日) 20:08:21.20 ID:PQsdDLAv
俺は最後はハッピーエンドだったと思う
永遠に一人だったのが強烈な経験を経たとしても変化の兆しが見えてきたという点で

22 : 名無シネマ@上映中 : 2013/12/15(日) 20:20:30.68 ID:K8qEK/R1
時系列の話なら、施設にいる状態が一番最後じゃないのか?物語の最後の方は施設で過去のことを回想してる演出に見えたよ
ずっと騙されてたとして知って偽クレアとの思い出の地を巡って、辿り着いたのがあの最後のレストランだったんじゃ
であの後精神と身体の調子を崩して入院と。まあでもこれだと本当に救いがないなw

23 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/15(日) 20:25:12.02 ID:6/bdHxiY
普通に施設にいるのが最新の状況でしょ
愛する女性や信頼してた友人が自分のコレクションを盗むのを目的に
グルになって自分を騙していたっていう厳しい現実を知って絶望して
精神が破綻して廃人になってしまったってオチ

32 : 名無シネマ@上映中 : 2013/12/15(日) 22:19:22.10 ID:JmUqViBF
>>22
あの宇宙飛行士の訓練みたいなのがリハビリと捉えたが。。。
プログラムにも書いてたけど、自称作家の偽クレアは「結末を書き直す」と言った。
一縷の望みをつないでヴァージルはプラハへ向かったんだと思う。

毎日あのレストランに通うんだよ、多分。

というか主題は窃盗トリックじゃなくてヴァージルが人間性を取り戻す話でしょ。
そのプロセスとオートマトンが徐々に形をなすところが対になってる。

バッドエンドかどうかは見る人によるとしか言いようがないと思う。
オレはむしろ良かったなって思えた。

36 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/15(日) 23:45:19.33 ID:DCunaHcC

edd_20140105130120da7.jpg

あの時計は過ぎ去った時間は元に戻せないという何とも言えない時の儚さを感じた

43 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/16(月) 02:15:59.77 ID:fwkpad1B
最後の最後で一生かけて集めたコレクションはニセモノ(の人生)って気がつくんだからハッピーエンドだよ。苦いけど
と思いました

37 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/15(日) 23:51:23.14 ID:K8qEK/R1
人間性を取り戻したというか目覚めたのはよかったけど、あの年で愛した女に騙されて財産を失うのは辛すぎる
20代ならまだ立ち上がることはできるだろうけどあの年じゃキツい

39 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/16(月) 00:19:53.98 ID:bRlBuZMf

Darth_Vader_201401051301185b7.jpg

絵は失ったけど財産は残っていると思うが。

40 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/16(月) 00:25:23.05 ID:FMddwQpL
絵以外の資産はあるだろ
脱二次元のためのビリーの荒療治だよ

150 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/24(火) 23:15:56.73 ID:UmLykPBK
時系列では、全部失って調べ回ってアレコレ全部グルと気づく、
それでも警察には届けられず、廃人になって、(偽クレアからの)
手紙受けとって、リハビリして復帰、Night & Dayへ、でしょ。

贋作にも一カ所は本人の筆があるという話は、ビリーの行動の
伏線だけではなく、偽クレアの行為にもかかってくる。それで
肖像画部屋での一言が大きな意味を持つことになる。わざわざ
回想シーンに入れているし、そもそも手紙のシーンがある以上、
それ以外の解釈は難しい。

157 : 名無シネマ@上映中 : 2013/12/25(水) 00:45:31.13 ID:zTP1dtmG
ブログやらなんやら覗いて見たら
パンフには監督が「最後はハッピーエンドでテーマは愛」と語っているそうな
「童貞拗らせお爺ちゃんの悲劇」で「二次元萌えは不幸の元」だと感じてしまった俺は
全く明後日の方向に解釈していたようだ
クレアが現れるかどうかは兎も角、エピローグについては
>>150の解釈が正解っぽいですな

187 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/26(木) 20:37:25.46 ID:RVSar0O5
>>150
そうだったのか
私もまた騙されていたようだな

265 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/30(月) 22:54:58.46 ID:mXjx23zv
先日いっしょに観に行った彼女が、あの女は絶対バジールのことが好きになってたからプラハの店に現れる、と言ってた。
その時はこいつ時系列もわからんのかと呆れていたが、自分が馬鹿だったのか。

44 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/16(月) 07:52:53.36 ID:XtIBsLgb

41_20140105130053817.jpg

黒幕はビリーだよね
絵の才能を認めてもらえなかった復讐込みの

75 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/19(木) 20:23:18.64 ID:MT3X545/
>>44
家に自分の絵紛れ込ませてたのも
気付いてくれって願望ちょっと入ってたんじゃないのかなって思った

27 : 名無シネマ@上映中 : 2013/12/15(日) 21:12:51.29 ID:dLdTUD9w
ホラーの見過ぎであの真っ白な部屋でオートマタが喋ってる最期の方のシーンで身体でも吹き飛ぶんじゃないかとドキドキしてたw

29 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/15(日) 21:21:33.77 ID:oiOA1tQd
足フェチの俺は割れたガラスの破片の治療をするあの場面に興奮
俺が舐めてあげたい
それと演技ができる役者さんは凄いね

31 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/15(日) 21:50:15.30 ID:nNhLr86D
>>29
あそこ、股間のデルタ地帯が暗すぎてヘア丸出しかと思ったわ。

41 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/16(月) 01:59:20.24 ID:RyHyR1vI
>>31
丸出しだったろう?
わざと見せ付けて欲情させて虜にする場面だもの。

106 : 名無シネマ@上映中 : 2013/12/22(日) 11:45:03.25 ID:rU6rQCwc
丸見えだったね。

100 : 名無シネマ@上映中 : 2013/12/21(土) 16:10:12.19 ID:M5xdV+0j
貧乳引きこもりと虹最高ってお前らのどストライクじゃんw

101 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/21(土) 16:41:41.99 ID:CsNY4qXO
同じ状況になったら騙される自信はある

102 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/21(土) 17:30:26.31 ID:ItwMWweW

51_20140105130055d58.jpg

あれだけ美人やったらなぁw
しかもあそこまで周り固められたら成す術ないやろw

103 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/21(土) 17:48:00.32 ID:YgRjqU4A
社会的なステータスが全然違うけど、ヴァージルの本質はアニヲタとあんまかわらんと思うw
女に免疫のない高齢童貞のアニヲタが結婚詐欺に遭った話を、欧米で映画化したらああいう話になったって感じ

77 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/19(木) 22:55:22.68 ID:dcyUXONa
それにしてもあんな美人よく見つけてこれたよな。
買い逃した絵をビリーがわざわざ買い戻してまでオールドマンの信用を回復に努めたのは
最後のあそこに繋がってるんだとしたら、ビリーの執念の程ががうかがいしれるわな。

79 : 名無シネマ@上映中 : 2013/12/20(金) 00:00:07.67 ID:5GYQTVQr
>>77

25万ポンドで買い取ってきても
バージルのコレクション根こそぎ貰えるなら痛くも無い

才能ないとか言いやがって、倍返しだ!w

47 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/16(月) 13:02:14.95 ID:O3Tpc/Ju
シルヴィア・ホークスはこれからブレイクして欲しいな

61 : 稚羽矢[sage] : 2013/12/18(水) 18:46:06.82 ID:Mf6JLVKa
というか、本物クレアって何者なんだよ
ヴィラの所有者で、おそらくあのカフェもオーナーなり家主なんだろう

62 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/18(水) 19:03:35.92 ID:ZAc0y1T3
本物クレアは親が資産家とかじゃないの

52 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/17(火) 11:56:49.74 ID:DGTlrSjS
どんな贋作にも必ず、作者の痕跡が残る。その作者だけの本物が。。。
というのが、オールドマンの贋物を見破るときの持論だった。
だから、贋物の愛にも本物が一点だけ混じってるはず。
それをオールドマンはナイト&デイだと睨んだわけだが、オレは違う
んじゃないかと。

30 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/15(日) 21:30:03.13 ID:Ik7jkpH1
舞台設定はどこなんだろう?
英語からしてイギリスかと思ってみてたら
もっとヨーロッパぽい感じだし、ちょいちょい北欧っぽい香りも。
ロケ地クレジットだとイタリアなんだよね。

34 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/15(日) 22:41:22.47 ID:JHwnwk/r
>>30

メインの街はヨーロッパ某都市ということ以外は意図的にぼかしてるとの事。
主要な俳優陣の国籍(カナダ、イギリス、オーストラリア、オランダ)がバラバラなのも意図的かも。

45 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/16(月) 09:46:41.36 ID:K4t5k3qO
街をランチャが複数走ってるし、
中世以前の町並みが多いからイタリアでいいでしょ
英語なのは興行の関係

49 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/16(月) 20:28:07.88 ID:ASpYNWqY
監督がウィーンにちょうど良い建物があったんだけど、規制がある関係でそこを使えず、
建物は欧州各地で撮ってつぎはぎみたいなことをインタビューで答えてたはず。

56 : 名無シネマ@上映中 : 2013/12/18(水) 08:18:56.97 ID:cvEM7/Sh
ドナルドサザーランドが出てる事で
謎のキーはこの人って始めから分かっちゃうけど
喫茶店の手足短い数字姉さんも何度も不自然にからんでくるから
「さてはこの人」と想像できる。
その意味で大どんでん返しは無いけど楽しく観れました。今一番のオヌヌメ映画

54 : 名無シネマ@上映中 : 2013/12/18(水) 02:27:36.26 ID:Jf6GNmGW

d2002_20140105130117fb8.jpg

鑑定士を路上でボコる必要ってあったっけ?
ボコった犯人はやっぱり修復屋、使用人、ビリーの3人?

55 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/18(水) 06:57:45.73 ID:qfASlhmp
あのボコられるシーン、最初はヴァージルが仕掛けたクレアを外に出すための芝居かなぁと思ったらホントにボコられてて結果としてその真逆の罠でワロタ

57 : 名無シネマ@上映中 : 2013/12/18(水) 10:10:22.24 ID:80mizOcJ
>>55
あーそうか!クレアが治った!と思わせて
さらに虜にさせる作戦だったんだ
レディースデーだし夕方にでもまた観てこよう

59 : 名無シネマ@上映中 : 2013/12/18(水) 10:55:04.64 ID:6RRgvDNr
あの屋敷を借りて、大量の美術品、骨董品を運び込み、隠し部屋作り、
相当な費用がかかるぞ。
オッさんの絵を盗んだのはいいが、どこで処分するのだ。
闇のルートとか知ってるのか。
バックに、相当な組織がないと実行できない犯罪だ。

60 : 名無シネマ@上映中 : 2013/12/18(水) 18:37:12.74 ID:cvEM7/Sh
>>59
主犯があの人ってことは銭目当てじゃないのでは?
オッさんの大事な絵を丸ごとごっそりを盗んだ事で目的は達成と。

81 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/20(金) 01:30:15.71 ID:BVcFkc0o
売ったら足が付くと言うが、盗まれた本人が被害届出してないからなあ
セックスしてなかったら迷うことなく警察に駆け込んだと思うが、あのへんが男女関係の機微をよく知ってるロバートと偽クレアの上手いところだわ
あの年まで女を知らなかったじいさんが女(しかも極上の美人)の味を知ってしまったらそら未練残るに決まっとる

82 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/20(金) 09:31:31.10 ID:BgK3xEFh
>>81
>セックスしてなかったら迷うことなく警察に駆け込んだ

それ以前に入手経路が後ろめたいから表沙汰には出来んだろ

83 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/20(金) 14:36:13.82 ID:vD/wN90Y
結局は童貞ジジイが痛いところ全て突かれるわけやからなぁ

64 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/18(水) 23:01:47.02 ID:GrBdXyOp
白髪染めをやめさせたのには、何か意味があったのか…

65 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/19(木) 00:53:44.63 ID:+z13dct9
>>64
あれでホントに白髪染めやめてきたら自分に少し気があることを確認出来るからじゃない?
で、やめてきたら褒めていい気分にさせるっていう。

67 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/19(木) 07:53:59.57 ID:ujK/x4XZ
>>64
ヴェニスに死すの逆パターン?

78 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/19(木) 23:02:53.55 ID:CpBwMC2Y
2度目観てきた。
オレ的には黒幕はランバードだと思うんだ。
冒頭のクレアからの電話に出るように促す場面・・・
その後も折に付けクレアと接触させるような執拗な工作
(のように見えた)。

87 : 稚羽矢[sage] : 2013/12/20(金) 19:28:45.55 ID:906l9fGp
>>78
確かに長年仕えてオールドマンの性格とか分かっているだろうに
クレアの件に対しては、しつこかったな
引退後の病院にわざわざ手紙まで届けてきた中にクレアからの物とか
混ざってそうだな

86 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/20(金) 19:17:50.43 ID:NG2Jd09q
主人公が騙されたの確かだけど、愛はほんものだと思うのが。

77_201401051300568b8.jpg

ちなみに黒幕はロバートだと思う。サザーランドが必要以上に大物感かもしてたけど。
それこそ「どんな贋作にも真実が秘められている」、その真実ゆえに贋作を愛するのが鑑定人たるもの。
主人公(そして主人公に感情移入する観客)にとって、真実はクレアの愛、そして何よりクレアへの愛。
よって、クレアはいつか、あの店にあらわれる。長く(もしかして永遠に)待つことになってもかまわない。
ある種爽快な諦めと新しい希望の予感がまじりあうエンディングは、私にとっては決してバッドエンドではなく明るいものだった。
もちろん、永遠に待ちぼうけという可能性を悲惨と思う人にはバッドエンドなのだろうけど。

ハッピーエンド派が少なくて意外であった。

88 : 名無シネマ@上映中 : 2013/12/20(金) 19:31:34.62 ID:BVcFkc0o
どのへんの人間までグルだったか興味あるわー
ビリー・偽クレア・ロバート・管理人はグル確定として、ロバートの黒人彼女とランバードはどうだったのか

89 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/20(金) 20:59:18.59 ID:f160OjyS
サリーだったか?グルだと思ってたが騙されて利用されてた可能性もあるんだな

92 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/21(土) 01:22:54.42 ID:Ud3WMk5d
>>89
サラね
パンフにはロバートやクレアの裏の仲間とあったよ

90 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/21(土) 00:11:52.32 ID:2kPRYGA5
ボーっと見てたんでこのスレで初めてビリーが犯人一味なの知った。
偽クレアとロバートの二人だけで仕組んだんじゃなかったの?
どこで(どんな理由で)ビリーが犯人だとわかるの?親切な人教えてください。

92 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/21(土) 01:22:54.42 ID:Ud3WMk5d
>>90
最後にヴァージルがスッカラカンになった隠し部屋で
バレリーナの絵(クレアの母の肖像画と言う設定だった)の裏にあった「~愛を込めて、ビリーより」って
走り書きを読んで顔を伏せるシーンがあったでしょ

107 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/22(日) 12:03:04.94 ID:ovenpri6
ヴァージルとビリーが組んでオークションで絵を落札してたけど、
あれって具体的にどういう仕組みなの?

108 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/22(日) 13:30:23.03 ID:R9SGbIUP
「至上の一品」だかのフレーズをキーワードにターゲットを知らせて、
安い値段から開始させることで周囲を油断させつつビリーに落札させてたって話かと

109 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/12/22(日) 13:36:15.79 ID:oasC8DLw
普段はサクラというか釣り上げ屋なんだろうね
自分がほしい物があった時に落札してもらってたのでは

関連記事

  1. 2014/01/12(日) 08:58:03|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グランド・イリュージョン | ホーム | 2013年キネマ旬報ベストテン 日本映画1位「ペコロスの母に会いに行く」 外国映画1位「愛、アムール」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3570-defc0fe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。