fc2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツナグ

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1346656184
5_20130918001239e41.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2012/09/03(月) 16:09:44.94 ID:5wZjNurV
直木賞作家・辻村深月による同名小説を映画化したヒューマンドラマ。大切な人を亡くした者と死者を一度だけ再会させる仲介人「ツナグ」という職業を通じて、他人の人生に深くかかわっていく青年の葛藤と成長を描く。一見するとごく普通の男子高校生・歩美は、祖母アイ子からツナグを引き継ぐ見習いとして、死者との再会を望むさまざまな人と出会っていく。しかし、死者との再会が救いになるのか、人生は変わるのか、次第に自身の行為に疑問を抱くようになる。映画「麒麟の翼」、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」など話題作への出演が続く注目の俳優・松坂桃李が、初の単独主演。祖母アイ子役の樹木希林のほか、佐藤隆太、桐谷美玲、橋本愛、八千草薫、仲代達矢らが共演。監督は「ROOKIES 卒業」の平川雄一朗。

監督 平川雄一朗
製作指揮 城朋子
製作 藤本鈴子
長坂信人
市川南

キャスト 松坂桃李 渋谷歩美
樹木希林 渋谷アイ子
佐藤隆太 土谷功一
桐谷美玲 日向キラリ
橋本愛 嵐美砂

製作年 2012年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 129分
映倫区分 G


51 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/06(土) 18:53:15.12 ID:DWSm36Vu
先入観なしで観に行ったら泣きっぱなしだった。
序盤で八千草・遠憲親子にやられてから、ことあるごとに涙腺決壊。

あざとい演出だったら興醒めだろうなと構えてたけど、思ったより抑えめで、
ファンタジーだけどそんなに違和感なく良いさじ加減だったと思う。
ただ、女子高生のエピソードはわかりにくかった。(死んだ方の子の真意とか)
原作読めばわかるのかな。

52 : 名無シネマ@上映中 : 2012/10/06(土) 19:40:19.65 ID:JDXN/rJ8
俺も女子高生のエピだけ
うやむやだな

客入りは土曜のシネコン
前2列のぞいて満席でした

誰かが言ってたけど橋本愛が
マエダアツコの上位互換でワロタw

大野いとは顔でかすぎやね
橋本愛が小さいのでよけいに


俺は母親失くしてるから
エンケンとヤチグサのエピの冒頭から泣いてしまった

354 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/23(火) 07:01:07.73 ID:87PqoFD1

a_k_201309180013117af.jpg

橋本愛がただのファッション誌モデル上がりかと思ってたらいい演技してたな

356 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/23(火) 10:59:20.98 ID:5lxGSh43
>>354
あんまりいい演技に見えなかったんだよね
あのパートは終始冷めた目で見ちゃった

357 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/23(火) 22:35:03.66 ID:8iYPDWe1

77_20130918001245e63.jpg

自分は大野いとの、あのしゃべり方が鼻につく

45 : 名無シネマ@上映中 : 2012/10/06(土) 12:46:10.10 ID:8Ihgyioi
みてきた、うるっときたよ、よかった
謎なのは橋本愛ちゃんの親友が上着の話を聞いて
水が凍ってない話をつなぐ君に言ったのは嫉妬から?
苦しめてやろうと仕返ししたのかな?それとも逆?うれしかった?
このあたりがよくわからなかった

61 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/06(土) 23:37:41.86 ID:hupGmNw5
嫉妬から殺意を抱き、友人が死んだ後も、悲しみより先に自分の立場を心配する嵐と、
それを知りながら友人として明るく振る舞う奈津。
嵐が奈津を殺そうとしたことに触れなかったために、伝言でそのことを伝えた奈津。
優しい奈津の気持ちを知って、身勝手な自分のことなど早く忘れて来世は幸せになってほしいと願う嵐。
きちんと謝れば元の2人に戻れたかもしれなかったのに。

原作もよかったけど、嵐と奈津が別れる時のいとちゃんの表情は絶妙だった。
最後の一瞬、目が笑っていなかったのがリアルで。
その後の愛ちゃんの絶叫も神がかっていた。

70 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/07(日) 13:37:38.96 ID:gFzcsx23
>>61
原作はそんな内容なんだー。。。
「嵐が奈津を殺そうとしたことに触れなかったために、伝言でそのことを伝えた」と
あるけど、伝言したのは嵐に会う前だよね?そこがよくわからない・・

嵐が触れないであろうと見越しての伝言で、後々嵐が苦しむのを
救うために「道は凍っていなかったよ」と伝えたのかな?
私は>>45さんと同じように嫉妬心や憎しみから来る仕返しかと思ってたんだけど
奈津の優しさから出た言葉なの??道路は本当に凍っていなかったの?

なんかもうあれこれ考えすぎて頭が痛くなってきたw

71 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/07(日) 13:55:14.49 ID:lEJTc2RQ
>>70
道路は凍っていた。
会った時に嵐が御園に正直に謝っていたら
「つなぐ君に伝言しておいたから」ということは言わないつもりだった。
嵐が謝らないから最後に伝言の件を言った。←仕返し。

72 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/07(日) 17:32:53.39 ID:ocS4+cj7
>>71
原作本では。道路は凍っていなかったとされているから、それはありえない。
ただし、水を道路に流すために蛇口に降れた嵐を御園が見ていることが暗示されているので、
御園からすると気持ちを楽にさせてあげたかった心遣いになるんだが、
案に殺意があった(少なくとも事故ればいいと思った)嵐にしてみると、
優しさの裏返し、つまり根深い仕返しにしか受け取ることしかできないという話。

529 : 名無しさん@お腹いっぱい。[(>_<*)sage] : 2013/05/27(月) 11:32:41.91 ID:Nhkqy6HE
てか普通にどこでどうやって事故にあったかを嵐は何で聞かなかったのかな?
もちろん御園本人にじゃなくて部員や周りの人にね!

530 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/06/05(水) 09:11:28.11 ID:WpexWcGj
そういうとこ、ストーリーありきの展開で粗が目立つんだよね
女子高生の話が映画の中では見せ所だったのは確かだけど

110 : 名無シネマ@上映中 : 2012/10/09(火) 00:12:01.98 ID:F9Fzhoug

41_20130918001242189.jpg

いま観てきた
桐谷美玲かわええええええええええええ

111 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/09(火) 00:53:08.84 ID:k5Gd3YnA
でも細くて折れそうだよ、マジで。壊れるほど強く抱きしめたくなるような可愛さだけどな。

417 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/31(水) 15:14:41.47 ID:rqH2Wwaz
桐谷ちゃんはキンキン声がいかんな。アレどうにかならんかったんか

172 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/12(金) 03:48:34.73 ID:EjHDQyU5
桐谷がどうも好きになれない
エンケンのとこでしか泣けなかったなー

78 : 稚羽矢[sage] : 2012/10/07(日) 20:43:10.77 ID:LTzIhgT5
これってさ、亡くなった奥さん旦那さんを呼び出した時は当然・・・するよな(笑)
佐藤×桐谷はキスの後は勿論(笑)

131 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/10(水) 13:28:50.08 ID:DySvMgbJ
ツナグって都市伝説扱いにしては使っている人が多いし、犯罪捜査に絶対利用されてるよなと、映画観ながらぼんやり思ってしまった。

132 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/10(水) 15:58:28.86 ID:Paym+NWg
>>131
ネットに電話番号載ってるしなwww

130 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/10(水) 13:26:21.69 ID:pi25p3pv
ホテルのロビーで一晩中待ってるのって…ホテル側から何も注意されないのかなぁ?それともホテルも協力者?

138 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/10(水) 22:48:56.42 ID:HgJ7jwJx
>>130
あのホテルは大おじさんのものなので、無問題。

197 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/13(土) 16:44:21.28 ID:q/NLTDcP
ネタバレになるけど、基本的に主人公と祖母は進行役・狂言回しだろうと思ってたら、
ちゃんとこいつら自身にもドラマがあって、ちょっと意外だった
個人的には、傑作ではないけど小品の佳作って印象

あ、まったく原作知らない人間の感想ですから、あしからず

203 : 名無シネマ@上映中 : 2012/10/14(日) 00:35:41.14 ID:7QfFlMLB
会わないと後悔する、的な流れなのに
主人公自身が祖母のため?とはいえ親の死んだ理由を
勝手に作り上げたのはどうなんだろうと思った。

人には 甘えんなよ!おっさん! まで言っといて。

214 : 名無シネマ@上映中 : 2012/10/15(月) 00:09:28.30 ID:mf0b8U92
甘えんなよおっさんのところでひとりでワロタ
ぼったくりバーの客引きかよ

368 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/25(木) 08:05:04.91 ID:qRQ/BmY4

d2002_20130918001313ccc.jpg

あれでおっさんがキラリに会わなかったらキラリは嬉しいんだろうか悲しいんだろうか

369 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/25(木) 08:37:57.01 ID:SzdM4HaD
悲しいに決まってるだろ

472 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/11/12(月) 13:09:25.32 ID:g5qh+476

14_201309180012407d6.jpg

宣材の松坂桃李、すごく若々しくて少年っぽく高校生っぽく見えたけど
映画で見たら年相応だった

477 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/11/15(木) 22:02:37.11 ID:es5rjHi+
>>472
写真はライト当てたりとかソフトで修正したりが効くからね

218 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/15(月) 08:44:13.80 ID:F73D8Ooc

51_20130918001243a1a.jpg

松坂桃李より樹木希林が主役かと思った
特に山の上の公園で希林が全てを告白して孫に謝る最後のシーンは秀逸だった

243 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/17(水) 20:20:47.64 ID:5TWXvhXh
歩美が空見上げて羽が降りて来るシーン、
はっと何か思いつくか思い出すかして羽のシーンすぐ終わったけど、
あれは何を思ったの?親の死に関すること?

248 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/17(水) 23:36:53.58 ID:PwCP4Elb
>>243
ばあちゃんに、ツナグを引き継ぐかどうか
次の依頼が終わったら答え出してと言われていたのを思い出したからじゃない

245 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/17(水) 22:36:47.02 ID:eTXK64eM
御園は嵐も歩美が好きだと分かったからわざと復讐の伝言にしたのかな

246 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/17(水) 23:03:09.46 ID:cNo1axSe
あれって嵐も歩美を好きだったの?

御園が言ってたのはそのコート○○のコートでしょ、いいね
嵐が言ったのはそのコート○○のコートでしよ、私は△△のコートの方が好き

じゃなかったっけ?
マジうろ覚えだが


橋本愛は本当に前田敦子上位互換だなー
こんな彼女ホスィ

251 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/18(木) 01:29:05.66 ID:RMpZVQ9p
>>246好きな人を見つめながら言っていた自分の言葉を嵐が同じものを歩美に言ったから、御園は歩美を取られると思ったんじゃないかなと考えた
生きてる嵐への嫉妬

374 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/25(木) 23:55:16.08 ID:Ojoa61kC
原作を読んでないから間違ってるかもしれないけど
歩美のコートについて嵐がナツと同じ台詞を言ったのを聞いて
ナツは嵐も歩美のことが好きだってわかったってこと?
自分に気をつかって、それを言わなかった嵐のことを思って
道は凍ってなかったよ、って言ったの?

378 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/26(金) 07:57:45.68 ID:PyBEaMkU
>>374
自分、前に原作読んだけどはっきりとはわからなかった記憶が…
嵐は歩美に気があったわけじゃなくて話すきっかけというか間を持たせるために
コートの話を御園のセリフを悪気なくパクったけど
それを聞いた御園は自分の歩美への想いを知りながら理解を利用して横取りないし仲良くしてると思えて嫉妬して
嵐への当てつけというか報復的なトラップとして伝言を仕掛けた
果物ナイフはその怒りの暗示だと思う
面会で嵐が懺悔しなかったため伝言トラップを発動させて「私、嵐の悪意知ってたよ」と暗に知らせた
嵐は御園が悪意を知ってなお面会で穏やかに接した意図と気持ちを察して
敗北感と罪悪感と哀れみと申し訳なさを再認識して心から懺悔したくなり取り乱した

みたいな感じで受け止めたよ
「道は氷ってなかったよ」だから嵐は気にしないで、で終わらなかったところにいい苦味があると思う

382 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/26(金) 13:41:55.39 ID:LGPRXGko
>>378
なるほど。ナイフの暗示は原作にもあるのかな?
あれは、何気に怖かった。いつキレてくるのかと

消えるまで傍にいてあげてがついてたから
救いがあり、まだ、よかったかな。なき崩れて終わりじゃ
見てるほうが救われん。コートの項の理由は横取りじゃないんだよと
客席側で言ってやりたくなったのは物語の中に嵌ってしまっていたのかもしれん

364 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/25(木) 00:04:50.93 ID:qRQ/BmY4
嵐がアユミにナツのところにいってやってって叫んだところは涙したな
言葉にするのは難しいけど嵐もナツも可哀想で

252 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/18(木) 01:49:58.03 ID:iwEx6Shi
この話って、女が男っぽい名前で男が女っぽい名前で
なんかごっちゃになるね

253 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/18(木) 01:59:14.27 ID:qb5yFuul
>>女が男っぽい名前で

だれやねん

254 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/18(木) 05:54:58.72 ID:lAOejw9f
>>253
嵐とか? 苗字だけど。
アラシって下の名前だと男にいそう。

449 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/11/05(月) 21:15:57.28 ID:wv41OSOS
苗字は嵐でなく足立にでもしておけばよかったのに

450 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/11/05(月) 22:44:27.89 ID:gH5ItzN0
名前の設定にセンスが無いよね

余計な所でイメージ沸きづらくなってる

451 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/11/05(月) 23:11:49.71 ID:M6rBHjH2
御園
1アタシには敵わないと思うよ。
2アタシには叶わないと思うよ。
3嵐には敵わないと思うよ。
4嵐には叶わないと思うよ。

さて、本当はどれだったんだろ。

453 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/11/06(火) 00:45:49.82 ID:A5NCAt8a
>>451
嵐だと、(アタシと)イントネーションが違うんだよね。
最初から2かと思って聞いていた

454 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/11/06(火) 07:57:52.02 ID:IJcBQsgQ
「叶わない」かw
その発想はできなかった

510 : 名無シネマ@上映中 : 2012/11/29(木) 14:42:38.14 ID:4WAnfghi
「私には全然敵わないよ」って聞き間違いでもなく、
単にそのまんまで謙遜の意味で言ったと思ったから
なんで怒ってるのか意味わからなかった

262 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/19(金) 07:01:27.73 ID:gFYg5u1U
こういう作品って登場人物の気持ちをなぞるのが楽しい
死者を生き返らせたり羽が降ってきたりシュールな部分は差別化の為のお化粧だ

初っぱなで入り込めなかったせいか、材木屋?の依頼人はなぜ母親に会いたかったのかつかみ損ねた
息子とうまくいってなかったから?

263 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/19(金) 08:10:40.73 ID:1j4hPaGm
告知した方がよかった?って聞くため

264 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/19(金) 12:18:29.54 ID:gFYg5u1U
>>263
ああ!そうだったね
告知しないのもあんたの優しさだよみたいな感じだったね
どうもありがとう

371 : 名無シネマ@上映中 : 2012/10/25(木) 18:20:39.69 ID:tbsVgICt

edd_20130918001316cd8.jpg

遠憲のエピソードをもっと掘り下げるべきだった。
あれがサラっとしすぎて泣けなくて、後は話が悲劇的だったり、
役者が未熟でいまいち感情移入できなかったからもったいない。
樹木と遠憲は流石
松坂と女子高生二人は頑張った
後は残念

372 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/25(木) 19:54:30.52 ID:fXNRaYgE
>>371
今更ながら見た

同感。類似系の題材は確かに多いけど
エンケンさんとこは泣くしかなかった
高校生パートも現代の若者の
繕いのための打算が分かり易くて
良かった。アリナミンのとこより
エンケンさんのパートを掘り下げて見たかった

358 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/24(水) 02:25:00.78 ID:YqyFkh2S
ただのオムニバスになってる、エピソードの並びに何の意味もない
映像もセリフも説明過剰、ちょっと前の出来事の映像をフラッシュバックで差し込むとかすごいTV的

359 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/24(水) 03:26:55.45 ID:L2w+UivJ
>>358
監督がテレビの人だからな。
しかも普段映画あんま見てないんだろうな。

407 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/29(月) 03:27:08.24 ID:csRBFBMf
この監督はTVだけやってりゃいいよ
安っぽい画も、ただ繋げただけのエピソードも、説明的なセリフも、意味有りげなだけの金環日食も
TVドラマなら許せる

411 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/29(月) 18:03:39.14 ID:cfYT/KBC
>>407
熱烈なるJIN信者の私だが、まったく同意。
ROOKIESはTVドラマ前提の映画だし。
平川監督は映画には向いてない気がする。

412 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/29(月) 21:15:09.78 ID:pXbkgxC/
『ツナグ』の作者は『陰日向に咲く』の監督ならと
映画を承諾したらしいが・・・

360 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/24(水) 13:11:55.60 ID:rEfYF/fZ
やらないで後悔するよりも
やって後悔したほうがいい。
目には見えないものもある
心で見るんだ。


いい言葉だけと使い古されているような、、、

383 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/26(金) 14:21:42.17 ID:2ZaJ3njv
>>360
「やらないで後悔するよりも
 やって後悔するほうがいい」

↑これは白けるほど使い古された言葉だよね。
これに感動してる感想を読んだことがあるけど、若い人かなと思った
20後半以上で感動してたらちょっと引くレベル

384 : ◆JwKmRx0RHU [sage] : 2012/10/26(金) 20:44:44.49 ID:PTgNE1UK
今日、観た。
フェリー事故の女性との再会シーンで泣いたぞ。

ってか主人公の父親が死んだ時、
ツナグの能力はどうやって継承したんだっけ?

385 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/26(金) 21:27:36.67 ID:PyBEaMkU
自分のなかではばあちゃんがツナグを失った鏡を手に取り能力新規取得手続きをしたイメージ

387 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/26(金) 22:20:05.19 ID:Mm6x89dq
>>384
いろいろ雑なシステムなのは
請け負い方や依頼方法の流れを
見てもわかるから、流した

どの人になぜ会いたいかを
見てリアクションに納得できれば
泣ける
八千草さんので十分でした

420 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/31(水) 18:54:09.30 ID:Q1hoo5gK

Darth_Vader_20130918001315f66.jpg

八千草さんはやっぱり上手い
エンケンの顔を手で包む場面でエンケンが幼い子供に見えた

116 : 名無シネマ@上映中 : 2012/10/09(火) 06:36:35.17 ID:ZisHmbu4
映画の最後に朗読される詩は何?

119 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/10/09(火) 11:15:46.80 ID:dBmTs2H5
>>116
ヘルマン・ホイヴェルス『最上のわざ』という詩です
パンフレットの最後に一部抜粋が載ってました

関連記事

  1. 2013/09/20(金) 00:11:53|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アーノルド・シュワルツェネッガー(66歳)の近影 キタ━━━(゚∀゚)━━━!!! | ホーム | 「ハリウッド映画でありがちなストーリー展開 お約束のシーン」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3539-bce9488d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (286)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 香港映画 韓国映画 ニコラス・ケイジ 高良健吾 竹中直人 谷村美月 ジョニー・デップ 麻生久美子 妻夫木聡 西田敏行 ミュージカル サミュエル・L・ジャクソン 加瀬亮 ブルース・ウィリス リーアム・ニーソン 阿部寛 松山ケンイチ ジャッキー・チェン 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ハリソン・フォード スペイン映画 マット・デイモン ドキュメンタリー 浅野忠信 ARATA 山田孝之 三浦友和 役所広司 岡田将生 中村獅童 小出恵介 ブラッド・ピット 戸田恵梨香 ユアン・マクレガー レイフ・ファインズ 宮藤官九郎 小池栄子 瑛太 藤原竜也 小栗旬 蒼井優 満島ひかり 玉山鉄二 宮崎あおい スティーヴン・セガール スカーレット・ヨハンソン 長澤まさみ 吉高由里子 アーノルド・シュワルツェネッガー 堤真一 ジョン・トラヴォルタ 成宮寛貴 谷原章介 大沢たかお 樹木希林 犬映画 ジェイソン・ステイサム ゲイリー・オールドマン ロバート・ダウニーJr. ユースケ・サンタマリア 特撮 ジョージ・ルーカス キャメロン・ディアス 鈴木京香 田中麗奈 西島秀俊 中国映画 カナダ映画 佐々木蔵之介 伊勢谷友介 モーガン・フリーマン 渡辺謙 薬師丸ひろ子 トム・クルーズ トム・ハンクス エマ・ワトソン 窪塚洋介 椎名桔平 広末涼子 ガイ・ピアース アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 綾瀬はるか 宮崎駿 田辺誠一 香里奈 堺雅人 柳葉敏郎 園子温 アンソニー・ホプキンス ジョージ・クルーニー 北乃きい 深田恭子 ヒュー・ジャックマン 市原隼人 香取慎吾 井上真央 仲里依紗 オーストラリア映画 シガーニー・ウィーバー 玉木宏 中井貴一 サンドラ・ブロック ラッセル・クロウ 石原さとみ 伊藤英明 阿部サダヲ ダコタ・ファニング ハル・ベリー ジョディ・フォスター 草なぎ剛 竹内結子 クリント・イーストウッド アン・ハサウェイ 仲間由紀恵 ミラ・ジョヴォヴィッチ ユマ・サーマン 成海璃子 佐藤隆太 ミッキー・ローク 上野樹里 仲村トオル ウィル・スミス 松田龍平 水川あさみ イライジャ・ウッド クリスチャン・ベール シルヴェスター・スタローン 大泉洋 豊川悦司 トミー・リー・ジョーンズ 木村佳乃 木村多江 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ 林遣都 ベン・アフレック ケイト・ベッキンセイル 深津絵里 ケヴィン・スペイシー 堀北真希 大竹しのぶ 柴咲コウ リチャード・ギア キアヌ・リーブス ジュード・ロウ 吉瀬美智子 白石美帆 ナタリー・ポートマン 永山絢斗 スティーヴ・ブシェーミ 岡田准一 黒木メイサ 栗山千明 コリン・ファレル ヴィン・ディーゼル ブラッドリー・クーパー メリル・ストリープ ティム・バートン 松田翔太 オーランド・ブルーム 江口洋介 哀川翔 ジュリア・ロバーツ 小雪 ダスティン・ホフマン 小西真奈美 松本人志 マイケル・J・フォックス 森山未來 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン 松雪泰子 唐沢寿明 及川光博 佐藤健 ロバート・ゼメキス マイケル・ベイ 中村蒼 北野武 リュック・べッソン ペネロペ・クルス 西部劇 佐藤江梨子 北川景子 竹野内豊 クエンティン・タランティーノ アレック・ボールドウィン ザ・ロック マイコ 香椎由宇 寺島しのぶ ベルギー映画 宮迫博之 ケヴィン・ベーコン ベニチオ・デル・トロ イタリア映画 グウィネス・パルトロウ ショーン・ペン 中谷美紀 デニス・クエイド 菊地凛子 ヒース・レジャー 松たか子 ジャン・クロード・ヴァン・ダム 織田裕二 生田斗真 多部未華子 アビゲイル・ブレスリン キャシー・ベイツ ジェームズ・キャメロン 小林聡美 オーストリア映画 桐谷健太 ビル・マーレイ 向井理 ウィノナ・ライダー 篠原涼子 ロバート・パティンソン ジャック・ブラック サラ・ジェシカ・パーカー チャーリー・シーン ポール・バーホーベン 市川由衣 マイケル・ダグラス 三浦春馬 ジェフ・ブリッジズ 猫映画 イーサン・ホーク シャーリーズ・セロン 溝端淳平 ケヴィン・コスナー ジム・キャリー 永作博美 ダニエル・クレイグ ジェット・リー 芦田愛菜 ダニエル・ラドクリフ クライヴ・オーウェン 真田広之 オーウェン・ウィルソン ベン・スティラー ピアース・ブロスナン ジェラード・バトラー イ・ビョンホン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジョン・マルコヴィッチ 小泉今日子 スーザン・サランドン 新垣結衣 エディ・マーフィ 吉川晃司 ケイト・ウィンスレット 岡村隆史 上戸彩 原田知世 二宮和也 ガイ・リッチー リブ・タイラー 中居正広 ヒュー・グラント 山田洋次 榮倉奈々 シャイア・ラブーフ 木村拓哉 小池徹平 アンドリュー・ガーフィールド エドワード・ノートン 福田沙紀 星野真里 中村雅俊 ダニエル・デイ・ルイス 稲垣吾郎 クリステン・スチュワート クリス・パイン ジェシカ・アルバ 水谷豊 ナオミ・ワッツ 笑福亭鶴瓶 ジャック・ニコルソン マーク・ウォールバーグ チェコ映画 桜庭ななみ キーファー・サザーランド リバー・フェニックス ティム・ロビンス オダギリジョー ロビン・ウィリアムズ 三谷幸喜 M・ナイト・シャマラン アントニオ・バンデラス メキシコ映画 平野綾 内田有紀 夏帆  ジェームズ・マカヴォイ エミリオ・エステベス 松田優作 マシュー・マコノヒー 水嶋ヒロ ソン・ガンホ オリヴァー・ストーン エイドリアン・ブロディ 井ノ原快彦 高倉健 シャロン・ストーン ミシェル・ファイファー ポーランド映画 ジェラルド・バトラー 庵野秀明 三浦翔平 キーラ・ナイトレイ ジェイミー・フォックス メグ・ライアン 速水もこみち ペ・ドゥナ キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート ウィリアム・ハート デミ・ムーア 寺尾聰 長谷川京子 福山雅治 東山紀之 アンディ・ガルシア ジョシュ・ハートネット 相武紗季 アル・パチーノ 前田敦子 ドリュー・バリモア スティーブン・キング ブレンダン・フレイザー オードリー・ヘプバーン ジャン・レノ ジョン・キューザック 押井守 ショーン・コネリー 反町隆史 ホアキン・フェニックス メル・ギブソン 武井咲 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ マーティン・スコセッシ ウーピー・ゴールドバーグ ハーレイ・ジョエル・オスメント 吉永小百合 マコーレー・カルキン アダム・サンドラー 渥美清 井筒和幸 大島優子 つるの剛士 ジェニファー・アニストン 武田鉄矢 藤木直人 米倉涼子 中島哲也 リンジー・ローハン ノルウェー映画 松嶋菜々子 奥菜恵 ピーター・ウェラー スウェーデン映画 タイ映画 マイク・マイヤーズ 松下奈緒 大倉忠義 ウェズリー・スナイプス チョン・ウソン 加藤あい リーズ・ウィザースプーン アシュトン・カッチャー オランダ映画 吉岡秀隆 ポール・ニューマン 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア マドンナ 沢尻エリカ チャック・ノリス 安藤政信 金城武 チャン・ツィイー 櫻井翔 ルクセンブルク映画 陣内孝則 中山美穂 チョン・ジヒョン 市川海老蔵 マット・ディロン 菅野美穂 クリス・タッカー スティーヴ・マーティン ウォンビン 佐々木希 カート・ラッセル コロンビア映画 アルゼンチン映画 アシュレイ・ジャッド ハンガリー映画 台湾映画 イスラエル映画 山下智久 シェール 照英 赤西仁 ブルース・リー 亀梨和也 ソン・スンホン 新海誠 長瀬智也 山下敦弘 スイス映画 マイケル・ムーア 伊東美咲 錦戸亮 松平健 本木雅弘 フィンランド映画 シガニー・ウィーバー イラン映画 丸山隆平 スイス映画 キーラ・ナイトレイ ドルフ・ラングレン インド映画 松坂桃李 高橋克典 松岡昌宏 大野智 村上信五 スロベニア映画 ポール・ウォーカー デンマーク映画 ロバート・レッドフォード ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン スロバキア映画 キルスティン・ダンスト 森且行 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR