2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

臨場 劇場版

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1336061670/
5_201308190043046f9.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2012/05/04(金) 01:14:30.71 ID:4rP/scft
横山秀夫による同名警察小説が原作で、検視官・倉石義男の活躍を描いた内野聖陽主演のTVドラマ「臨場」(2009)、「臨場 続章」(10)に続く劇場版。都内で無差別通り魔事件が起こり、遺族の訴えに反して、犯人は心神喪失を認められ無罪になる。2年後、犯人を担当した弁護士と精神鑑定を行った医師が相次いで殺害され、捜査本部は通り魔事件の遺族による犯行とにらむ。しかし、検視官・倉石は被害者の死亡推定時刻に疑問を抱き、犯人は別にいると推測するが……。主演の内野をはじめ、松下由樹、渡辺大、平山浩行、高嶋政伸らドラマ版のレギュラー陣も続投。監督は「探偵はBARにいる」の橋本一。

監督 橋本一
プロデューサー 佐藤凉一
目黒正之
横塚孝弘
八木征志

キャスト 内野聖陽 倉石義男
松下由樹 小坂留美
渡辺大 一ノ瀬和之
平山浩行 永嶋武文
益岡徹 五代恵一

製作年 2012年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 129分
映倫区分 G


33 : 名無シネマ@上映中 : 2012/06/28(木) 12:55:32.48 ID:klXgy2BR
原作もドラマも見てませんが
いきなり映画みて楽しめそうですか?

34 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/28(木) 23:31:28.20 ID:SWn7Gn0j
>>33
全く予習せずに試写会いってきたんですが、大丈夫でしたよ。

面白かった!
ドラマも見たくなったよ。

40 : 名無シネマ@上映中 : 2012/06/30(土) 12:57:59.43 ID:8n8w2S5O
原作ドラマみてないけど見てきた
わりとよかったよ、ちくびも見れたし
精神異常者が浜口ぇ似でわろた
最後の締めがいまいちだったな
雨で倒れてどうなった、浜口ぇはどうなった
原作ミロってか

44 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/30(土) 14:48:32.44 ID:b10/UgHP
>>40

41_201308190043073f1.jpg

あのキチガイは肩撃たれても注射打たれても頭机に打ち付けてもまだ襲いかかってきて、ゾンビみたいだったな。
最後の倉石パンチにスカッとしたが。

最後の最後にようやく被害者遺族の母親が娘の最期の声にたどり着けたシーンで、すすり泣きが聞こえてた。

45 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/30(土) 15:24:51.56 ID:cwYV9V2Q
39条のあいつの撃たれても注射されてもはぐれても復活してくるゾンビっぷりやら
倉石も病人の癖に走っても刺されても倒れない元気さにはちょっと笑えてきたし、
全体的にさくさく人死にすぎだなあとか
事件の真相やらはベタだなあとか思いつつも
>>44のいうように最後のシーンにはそれまでの母親描写があるだけに泣けてきたし
検死のシーンは乳首解禁でドラマ以上に丁寧だったと思ったし
やっぱり倉石他の臨場のメンバーに再会できて
見に行ってよかったと思ったよ。面白かった。

42 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/30(土) 13:51:10.20 ID:o++cpxSY
死体だけどテレビと違ってオッパイあったし、
デビのギャランドゥもあった

51_20130819004309da5.jpg

短いが松下由樹の乳揺れも見逃せない

43 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/30(土) 14:15:14.09 ID:D3SaMTFJ
それは楽しみですね

48 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/30(土) 15:36:59.80 ID:bDhtbj/n
2番目のおっぱいがヒンヌーで俺のセンサーが反応した

121 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 22:10:23.90 ID:Wd4PTBse
>>48
あの女優一応Eカップあるらしい(※詳細は公式を参照のこと)んだけど、仰向けで横に流れて貧乳に見えたのかな
…とりあえず、ワシは菅原大吉の内臓など見とうはなかった!(←ネタ元古いけど加藤清史郎君の声で再生してね☆)w

79 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 02:26:56.77 ID:f9wN5xYT
テレビも未視聴だったけど暇なので見たらすごく良かった
初っ端から胸が痛かったけど最後も泣けた
よしみちゃんのオッパイは見れないんだなって残念だったけど全体的に見ごたえあったし面白かった

80 : 名無シネマ@上映中 : 2012/07/01(日) 02:45:13.12 ID:oJGwbLL9
見れたのはどなたのですか?

81 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 06:50:00.86 ID:6rdtSqrP
>>80
被害者二人
通り魔殺人の検視シーン
過去回想のレイプ殺人被害者遺体

51 : 名無シネマ@上映中 : 2012/06/30(土) 16:05:56.54 ID:b2zYhzWV
観てきました。
(中年男性で一人のお客さんが多かった気がする)
殆ど満員で前の方しか席が取れず
血や傷、臓器のパートは間近でキツイものがあったが臨場感がすごかった!
最初のクラッシュも怖かった
そして犯人がなかなかくたばらなくて笑えた
内野さんも勘助みたいに強いし

劇場版はドラマと繋がってる?
ドラマの続編ないのかな?
もっとみたいなー

53 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/30(土) 16:28:20.87 ID:ovdHoQH1
おじさんおばさんばかりだったな
あんまり見に来ることはないだろうけど子供には見せられないな冒頭のシーンといい乳首といい
そして倉石グッバイ

55 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/30(土) 16:35:51.52 ID:b10/UgHP
>>53
自分が見に行った回では家族連れがいたぞw
6~7歳ぐらいの女の子と男の子連れた。

57 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/30(土) 17:07:55.07 ID:xrVmxmyi
後期高齢者が半数くらいだったお

58 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/30(土) 17:11:55.58 ID:tF0NC1l+
ドラマの臨場ファンは若い人が多いのかと思ってたらそうでもないのか
高齢者に視聴率を支えられてたのかな

62 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/30(土) 19:02:16.00 ID:ONmSNI+A
見てきた
結構入ってたけど年配の人が多くて何かタンスの匂いがしたw
隣は夫婦で旦那さんが自分側だったんだけど冒頭と最後の教会での
シーンは目を背けてたのが目の端で見えたな
内容はまあ楽しんだかな
ただラストはどう取るべきか…
察してねなのか続編匂わせたのか

63 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/30(土) 19:43:15.76 ID:tF0NC1l+
タンスの匂いww

59 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/30(土) 17:21:38.68 ID:3kmIof0W
観てきた
年配の方が多かったけど、若い人も一番後ろの席に何人かいた。
倉石検視官の迫力、ストイックさ、生き様に心うたれた。
検視シーンのTVでは映せない部分もちゃんと出てたし。

でももうちょっと「検視して拾ったものから事件の真相を探る」要素が欲しかったかも。
下半身のシミ以外にあったっけ?
あと最後はやっぱモヤモヤした
倉石さんどうなったのさ!!

46 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/30(土) 15:26:03.08 ID:zfIc6iSi
映画観てきた
面白かったけど、遺族が泣寝入りするしかない後味の悪い最後だったな
通り魔の波多野は結局裁かれないし、仲根は反省する様子も描かれなかったし
同じことまた繰り返すんだろうなぁと

14_201308190043065da.jpg

倉石は最後結局死んじゃったのかな?
つーか刺されたのにピンピンしてたのは不自然だ

47 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/30(土) 15:35:42.40 ID:cwYV9V2Q
>>46
通り魔分はもう一事不再理だろうが、
倉石の師匠の殺人と倉石への障害は裁判しだいじゃないかな。
倉石が倉石の師匠を止めに入ってた以上、殺人が正当防衛ってことにはならないと思うし
もうあの弁護士と精神科医は死んだしさ。

64 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/30(土) 19:50:27.18 ID:cwYV9V2Q
ラストの続きは冒頭の雨の中ぶったおれる倉石だよね?

ストレートに死んだあああと受け取るか、あれでもまだ生きてて
原作と同じようにガン病棟に入院して推理(でもあの回のネタ自体はドラマで使ってたはず)か。

91 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 14:55:10.86 ID:j41zRWB1
スレタイ検索で来たからルールが良く判らんけど、ここはネタバレは桶なのか?

とりあえず、ラストがイントロに繋がる訳だよね?

で、通り魔事件発生時(2年前)に、あれだけ沢山有った部屋の植物が時間経過と共に部屋から無くなって行くのと
金魚を義妹の店に持って行くのが、倉石が自分の残りの日々に
向けて行った身辺整理なのは判ったけど
絶対に電話に出なきゃいけない職種なのに、空っぽの部屋に電話を置いて外でぶっ倒れてるのは良く判らない


あと、些細なことだと義妹の腹の子の父親は誰なんだろ?

96 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 16:10:47.90 ID:kyV9QG8W
>>91
義妹は、結婚したんだよ。
店内にあるダンナさんと花嫁姿の義妹ちゃんの写真がアップになったよ。

97 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 16:11:50.20 ID:K2zzFZl0
中の人が結婚したからだろうか

98 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 16:33:09.02 ID:kyV9QG8W
中の人は3月に出産したようだから、撮影時のあのお腹は本物かと。

78 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 02:25:03.50 ID:aSdLQ8YW
自分には、救いのない物語に感じてしまった・・。

娘の「最期の声」は、あのシーンではないほうがよかった。
家族を亡くすと、ホントにその人の写真でさえ何度もなぜてしまうんだ。
だからもっと亡くなった人のリアルなことがしりたい。
できたら通り魔に「やめて!」って叫んでしまった
純粋な娘だったと母親に教えてほしかった。

通り魔も、文字だけでもいいから
最後の最後に刑を書いてすっきりさせてほしかった。

結局みんな死んで何?って感じ。

61 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/30(土) 18:19:11.90 ID:yMmnDWIK
主人公倉石だっけ?なんか芝居へただったな
この映画ではじめて見た役者だったのが納得
あと死体が息してたw胸の動きくらいCGで止められんのか
松下ともう1人の部下の男が突然切れたり意味フなえいがだった

67 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/30(土) 23:28:55.04 ID:b10/UgHP
今回の劇場版はテレビ版からの総仕上げみたいな感じだったけど、
原作エピソード無しのオリジナルだから、脚本尾西兼一さんの構想によるところが大きいのかね?
テレビ版は坂田さんの方がメインだったけど。

82 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 07:12:25.18 ID:lVpiEAcL
>>67
プロットの部分は二人のPや監督や内野らも共同で係わってる
オフィシャルブックで脚本家さんがコメントしてた

70 : 名無シネマ@上映中 : 2012/07/01(日) 00:25:56.12 ID:NZ23zHPi

77_20130819004310bb2.jpg

長塚さんの名演技が一番
印象に残った

169 : 名無シネマ@上映中 : 2012/07/02(月) 21:22:29.54 ID:PhV4bemQ
長塚さんが随分つば飛んでたなとは思った。入れ歯ってことはないか

83 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 07:22:52.15 ID:7CiKmlyg
概ね好評とは思うが、蛇足ぽいところも少なかれあった
登場の度にスロー、BGMがデカ過ぎて聞き取れない台詞、
死亡フラグが露骨すぎる倉石、殺害人数や現場の状況に対して血まみれ過ぎの通り魔、
伏線も無しに唐突に容疑者に浮上する平田満、本気で殺す気なら包丁出すタイミングが早過ぎる若村麻由美、
殺害妄想、銃で撃たれ麻酔薬まで撃たれたのに元気な通り魔、
長塚京三の良く飛ぶ唾、刺される倉石、

あとエピローグ。台詞や演出がいまいち
散々伏線は張ってきたが、仕事の引き継ぎしないで消えた倉石が無責任に見えなくもない

88 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 12:50:37.17 ID:Ta/GqjQZ
>>83

a_k_2013081900432594c.jpg

若村さんに関しては、妄想のように殺したい気持ちだったけど
出来ない人だからこその先走り→落し物じゃないかと。

90 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 14:48:07.11 ID:muUeQLPS
>>83
登場のスローいらんわーw
後、声張り上げる場面はちょいちょい何をいってるかわからなかった。

106 : 名無シネマ@上映中 : 2012/07/01(日) 19:10:53.52 ID:FZeATbfd
犯人役の人ミスキャスト?
もう少し説得力ある演技できる人かと思ってた

107 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 19:12:03.33 ID:K2zzFZl0
最近はキチ役といえば柄本兄弟のどちらか

108 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 19:13:13.21 ID:ngLN9L7R
倉石が基地外ぶん殴るシーン、少し前から心の中で早くぶん殴れと思ってたよ。

125 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 22:48:56.07 ID:bP7MZTrH
終盤の柄本兄はほとんどB級ホラー映画だったね。
和製ジェイソンでも目指すのか?

111 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 20:13:51.42 ID:qpL+mg5Z
橋本は相変わらず血糊が大好きだな。

147 : 名無シネマ@上映中 : 2012/07/02(月) 09:10:01.44 ID:MZ2g0SZ9
橋本一のねちねちした演出が、深作欣二に敬意?なのかもとおもた。


何れ肉弾アクションメインの空手映画とか撮ってほしい監督だな。

114 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 20:37:57.93 ID:kvblzB5F
全体的にはすごくいいんだけど、終盤こちらの理解力が
足りないのか、訳わからず付いていけない箇所が多々あった。
・殺された二人は通り魔青年を無罪にして何か不正な利益でも得たの?
 無罪と有罪では報酬が全然違うとか。でないと殺される理由が・・
・あの拘置所のような病院、出入りチェック厳しいと思うけど、
 教授と交番巡査が簡単に入っているのは何故?
・注射(最初空気注射かと思った)が効いてないのは何故?
 散々鎮静剤とか打たれすぎて効かない体質になっていた?
・あの巡査が想定外の乱入事件起してなかったら、どうやって
 通り魔青年を始末するつもりだったの?
・倉石が携帯をこんな日に限って部屋に置いているのは何故?

116 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 21:33:32.49 ID:2jdhHdX/
>>114

> ・殺された二人は通り魔青年を無罪にして何か不正な利益でも得たの?
>  無罪と有罪では報酬が全然違うとか。でないと殺される理由が・・

センセーショナルな事件で無罪を勝ち取ることによりマスコミに取り上げられ、
カネと名声と権威を得た(教授が倉石との対決シーンで指摘)。

> ・あの拘置所のような病院、出入りチェック厳しいと思うけど、
>  教授と交番巡査が簡単に入っているのは何故?

教授は主治医(市毛良枝)に面会したときにアポ取ってた。
巡査は通り魔が墓参りから帰ってくるのを待ち伏せしていて、
発砲しながら追いかけて病院に入った。
倉石は病院が大混乱しているときに来たのでノーチェック。

> ・注射(最初空気注射かと思った)が効いてないのは何故?
>  散々鎮静剤とか打たれすぎて効かない体質になっていた?

あの注射は一時的に体の自由を奪うだけのもの。
心神喪失は演技であると「自白」させるため。

> ・あの巡査が想定外の乱入事件起してなかったら、どうやって
>  通り魔青年を始末するつもりだったの?

弁護士と精神鑑定医と同じようにナイフで刺殺するつもりだったが
ナイフを取り出したところで倉石が乱入、二人で議論している間に
注射が切れて通り魔復活して大乱闘。

> ・倉石が携帯をこんな日に限って部屋に置いているのは何故?

野菜やら花やら全部処分してることから察しろ。

123 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 22:33:33.57 ID:9h7XWmTg
>>116

> 野菜やら花やら全部処分してることから察しろ

処分してるのはもう長くないと知って身辺整理してるんだろうけど、
部屋に携帯置いていく意味がわからない。
倉石は自殺は絶対しないだろうし

119 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 21:54:15.38 ID:nhHQHlS0
>>114
全体的に長く感じる作品だった。
さて
それぞれ答えを考えると、
・弁護士はどんな弁護も勝訴できる評判が立つので、どんだけ金積んでも無罪にして欲しい人が集まってくる。
今回は無理かもしれないが、マスコミが注目する事で宣伝になる。精神鑑定士はその弁護士から分け前を貰う事で暴利を得る。
・警官は本物なので警備の人間も交代要員だと思う。むしろ被害者遺族のチェックは甘いかなと思った。
・薬は確かに多量投与されて慣れていたんでしょう。ああやって眠らせたという事は最初の2人の殺害も睡眠剤を入れたんだろうか。
でないと抵抗する人間に正確に動脈を切るような傷をつけられないと思う。
あの薬自体身体から早期に抜ける類なのかもしれない。
・普通に2人きりにして、一度投薬した上で殺害でしょう。
・倉石は部屋にいてベットから起きられないのかもしれない。

さて自分の感想だけど、教会あたりから段々失笑に変わってくる。
風林火山の実況の時もそうだったけど、変顔で卒倒する内野は演技がオーバー過ぎて自分の中でやっぱり笑うものでしかない。

d2002_20130819004326123.jpg

平田満が南部拳銃持つと無敵だなw
松下の爆乳ユッサユッサが大画面で見られて良かった。

118 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 21:51:02.94 ID:du0pNuoZ
倉石「いつ倒れてもおかしくないのに、家に携帯置いてきちゃったぜぇ~!ワイルドだろぉ~?」

167 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/02(月) 20:26:04.26 ID:bpVNYJs4
神奈川県警はクレームの一つもつけたくなるんじゃないか?
警視庁も含めて警察無能すぎる。

168 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/02(月) 21:09:40.17 ID:lq1ySW9x
>>167
途中から「この後大騒ぎになるなー」ってそっちのほうが気になっちゃって
何から何まで警察のチョンボでした、って話だもんね

171 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/02(月) 21:49:20.64 ID:bpVNYJs4
キャスティングだけで真犯人がわかってしまうという邦画の悪い癖が出てたな。
神奈川県警の管理官、本気で若村が真犯人だと思ってパート先まで出向いたならアホすぎる。

132 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/02(月) 00:17:11.35 ID:mPaeG6/4
法治国家である以上は、復讐や個人的な制裁は許される事ではない事ぐらいわかってはいるけど、
個人的には「心身喪失で無罪」なんて
遺族は、ふざけんじゃねえ!って心境になるであろう事が理解できるし
死人が出た案件の法廷でガッツポーズをするような弁護士や
詐病と知ったうえで心身喪失判定するような精神科医は
殺されてざまあって感じだわ。
警官の父ちゃんの最期も、悲しいけど皆に取り押さえられて
「うおおお~!しょうたああ!(号泣」なんて流れになるよりはマシだった。
ただ倉石も政伸もなんだけど、
「そんな事をして○○(亡くなった家族)が喜ぶのか!」
っていう台詞が嫌だわ。刑事ドラマの復讐物にはありがちだけど。
うるせー、んな事望んでるなんて思っちゃねーが
身内は無惨にもいきなり人生終了させられたのに
その原因がのうのうと生きてるなんてやりきれねーんだよーって感じ。
あと柄本の通り魔シーン、もっと迫力あるかと思ったら
良かったのは予告に使われてるシーンだけで
後は演技くさくて白けた。
効果音やBGMは効果的に使ってほしいわ。

134 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/02(月) 00:40:11.06 ID:gyM+e279
>>132
正直そのへんは、予定調和として
亡くなった人が喜ぶのか! で流してくれる方が
変に厨2的な方向に走ってでもそこらへんのもやもやを解消できる脚本でもないから
嫌な後味の悪さが残るみたいな結果になるよりはずっとマシではないかという気がする。

実際に、そういう復讐目的の犯人側に厨2的なことを言わせてしまったせいで
主人公側のキャラも普段は言わないようなことを言ってキャラ崩壊、
犯人側の投げかけたテーマに対してもフォロー無しで事件だけが解決して
しかもハッピーエンドだったかのようにまとめられて
気分悪いわーみたいな作品を知ってるからかもしれんが
少なくとも見てて、復讐心を押さえた若村さんは最後真実をつかめて救いを得て
復讐やゆがんだ正義感の発露に走った後の二人は死亡っていう結末は、
物凄く道徳的過ぎて都合よすぎるとは思うが、
自分自身の意志と行動の結果であるって事においては納得行かない結果なわけではないし。

不道徳な弁護士と精神科医はざまあwww でいい気がするw

113 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/07/01(日) 20:26:37.38 ID:OYf59TTY
スキマスイッチの主題歌がまったく流れなかったのだが・・・

関連記事

  1. 2013/08/19(月) 00:59:37|
  2. ら行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【画像】映画「スター・ウォーズ」出演者たちの昔と今 | ホーム | 愛、アムール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3526-031cc770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。