FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

L change the WorLd

http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/movie/1200898968/


39 :名無シネマさん :2008/01/22(火) 18:25:07 ID:CocyoEhd
原作・映画含め、デスノートっていう作品が好きで、Lというキャラクターが好きで、松山ケンイチが好きで、松Lが好きだから観たけど…残念です。


40 :名無シネマさん:2008/01/22(火) 20:35:02 ID:Tcd2WmFR
あれだ、
監督とか作り手が観客がこの映画に何を求めていたかを
完全に読み間違えたとしか思えない

42 :名無シネマさん :2008/01/23(水) 06:52:43 ID:+9hwJ7B/
あまり評判の良くない南原ってそんなに出番が多いの?

44 :名無シネマさん :2008/01/23(水) 06:57:26 ID:EzJ8IshZ
真希、初音、九條など女性陣はどうだった?

45 :名無シネマさん :2008/01/23(水) 07:16:09 ID:IoRZbXgC
キャストにはとくに不満はないな。
南ちゃんはちょっとアレだけど。
高嶋さんが、私はホテルのイメージしかなかったから悪い人も出来るんだと感心した。

46 :名無シネマさん :2008/01/23(水) 08:41:35 ID:udpUKOSj
タカシマはホテルのイメージ強いのが損だよね
何やっても「姉さん、事件です」って言い出しそうな。

南原は出番は時間でいうと10分もないくらいだったかなー
平泉成と同じくらい。
秋葉のあたりはまだしも最後の登場シーンとか、
うまくいえないがなんか浮いてるカンジで萎えた。

48 :名無シネマさん:2008/01/23(水) 17:29:58 ID:Z5WV6vet
10分もないくらいで批判されてるのか
そんなにメガトン級の演技なのか南原はw



49 :名無シネマさん :2008/01/23(水) 19:10:50 ID:IoRZbXgC
単純に演技が下手とかっていうんじゃなくて、周りの空気と馴染めてないっていうか、ひとりだけ別の世界から来ちゃったっていうか…なんか浮いてるんだよな。

79 :名無シネマさん :2008/01/25(金) 23:17:34 ID:7zF2Wq9l
話の展開のわりに、尺が短いんじゃないのかな。
the last nameが140分で L ctw は128分だっけ
last nameと同じ尺で作れば余韻が残せたんじゃね。

なんで短くしちゃったんだろうね。
140分あれば微笑むワタリとか入れられただろうに。
松田の出番全カットとか、可哀想だろw

81 :名無シネマさん :2008/01/25(金) 23:22:10 ID:JXgba98t
確かにもっと尺を伸ばせば余韻を味わえるのかもね。
松田全カットは本当に可愛そうだ。
何で短くしちゃったんだろう?

83 :名無シネマさん :2008/01/25(金) 23:43:08 ID:7DAhba4G
尺はあまり伸びすぎるのも映画としてはダレて良くないかと。

自分は尺伸ばすよりもいらないシーンをカットするべきだったと思うな。
静と動に分けるなら静のシーンの方がいい味を出していたと思うんだけど
製作側は動のシーンに時間をとりすぎてたきがする。

84 :名無シネマさん :2008/01/26(土) 00:43:54 ID:BNJZMHOC
試写会行ってきた
ダメだった点
ラストあっさりしすぎ
ナンチャンの意味が全くわからない松田とかで良かったのでは
シリアスなシーンでギャグ入れたりするから締まりが無い
登場人物が多くてそれぞれを描けてない
山場っぽいものが地味で盛り上がりに欠けた


良かった点
オリジナルのL描写(事件次々解いてくシーンと屋上ランチとか)
小説よりあっさり纏めてるからテンポ早い


正直原作好きでL大好きな人以外見る価値ないB級映画
逆に原作好きでL大好きな人はこんなの認められな(ry

86 :名無シネマさん :2008/01/26(土) 02:03:42 ID:yoVDth49
本編は所々にチープな演出があったけど、それでも今回のスピン観て本編の素晴らしさを再認識させられた
中田はやっぱりホラーの監督だよなあ。役者も全体的に演技が大袈裟で松山が一番まともに見えた。南原は必要だったのか?
スケールは多分今回の方が大きいのかもしれないが、本編後編のレム死亡以降のような怒涛のスピード感とスリル感がない。
正直お金を払ってもう一度見に行くかと言ったら、多分行かないだろうな
そういえば、松田のシーンがカットされたらしいけど、月も新撮りらしいシーンなかったよね。月もカットされたのかな

88 :名無シネマさん :2008/01/26(土) 09:17:17 ID:4FsB3sBI
>>86 あったじゃん。Lがモニター越しに月を見てたシーン。あとは人物紹介のようなシーン。違ったらスマソ
映画は小説のよかったところを無くしちゃってるけど中田監督のせいじゃない。すばる2月号に「小説と映画の脚本は別物として書かれた」みたいな事を書いてあった。だから感動シーンを中田監督がはぶいたのではなく、脚本家自信がそうしたんだと思う。
映画を観て思ったことは、ちゃちい。←この一言。
タイの村のシーン一つをとってもどこか嘘くさくて恥ずかしかった。ナビゲートDVDのタイ村映像の方がリアルだった件w

91 :名無シネマさん :2008/01/26(土) 12:10:44 ID:yoVDth49
>>88
あったけど、新撮りじゃなく後編の映像の使い回しだったような>月
ミサ、レイ、ナオミ、リュークは新シーンがあったけど月だけなかったから、どうしたんかなぁと…

まぁスピンだから本編と比べて色々ダメなのは仕方ないけど、キャストに目玉になるような旬な人もいないし、あの内容では興行的には厳しいかな?
でも終わった後本編も一回観たくなった。別物とはいえ本編観てないと色々解らないところもあるし

109 :名無シネマさん :2008/01/27(日) 01:53:30 ID:I5WW6H3W
最期の23日間なのにあと1日残して終わっちゃったからね

110 :名無シネマさん :2008/01/27(日) 01:58:35 ID:UdiD3mdn
>>109
そうなのか…その一日が重要なのに
最後の一日でまたスピンオフできたりしてw

111 :名無シネマさん :2008/01/27(日) 02:07:44 ID:eec1i3UK
最期の1日はデスノートthe Last nameで描かれてるじゃないの。
あの最期のLの笑顔につながるということでしょ?

130 :名無シネマさん :2008/01/27(日) 18:37:22 ID:I5WW6H3W
個人的に平泉成がすごく良いと思った
すごく味のある演技するよね
ナンチャンは松田がやればよかったと思う
アノ場所でいきなり現れるのは不自然
松田のほうが自然だしキャラ的にも合ってる

131 :名無シネマさん :2008/01/27(日) 18:51:48 ID:6nD7MbvC
それは小説でも思った。
駿河を出す必要性というものが全く無いよね。
取りあえずFBI出しとけばカッコイいいだろ。て感じ。
潜入し易さを求めたとしても、本編からやたらと東洋人のFBIばかり出る不自然さが
欧米マンセーで逆にカッコ悪いw
日本映画で舞台もメインは日本なら、松田で十分。ダメさ加減も大差なし。

137 :名無シネマさん :2008/01/28(月) 02:47:35 ID:4bfJBSOH
>>131 小説では他にもFBIとか絡んできたからまだいいけど
映画では全く必要なかったね…

あそこにいきなりナンチャンが現れるのはありえない
日本捜査本部の人間ならまだわかるけど
というか日本捜査本部の人間が誰も出てこない
仮にも命を懸けて一緒に戦ったのに…
Lが独りにしてくれと言ったのだとしても
松田だったらほうっておくことはできなさそうだし
Lの力になろうと行動してもおかしくない
そしてLに囮としていい様に利用され
最後に「あなたを信頼してよかったです」ってのも
ピッタリだったし感動できたと思う

ナンチャン以外のキャストはすごくよかった

161 :名無シネマさん:2008/01/29(火) 03:09:50 ID:nikMUSCK
タイ人エキストラ醜すぎてワロタw
何でハリウッド映画(ホテルルワンダやブラッドダイヤモンド)のようにリアルなエキストラ使わないの?
監督さんよー、ホラー映画じゃないんだから鶴見のあんなグロいシーンなんか必要ねーんだよバカ!
てめーはホラーだけ撮ってりゃいーんだよ。代表作リングしかねーくせに。
日テレも金子監督に頼めば良かったのに。

163 :名無シネマさん :2008/01/29(火) 07:28:36 ID:2e4fSbFr
エキストラが酷いのは、バックパッカーやそこいらへんにいたタイ人をかき集めてSAT部隊やらせたらしいからまあ仕方ないな。

168 :名無シネマさん :2008/01/29(火) 10:23:18 ID:2e4fSbFr
当初はショボいショボいと言われてたのが、主題歌がレニクラに決まったり予告編の爆破シーンがかなり良かったりで
「期待できるかも?」って流れだったのにやっぱり駄目なのか・・・

169 :名無シネマさん :2008/01/29(火) 10:43:16 ID:+ipC2qv8
主題歌のレニクラはいいよ。
でも、映画そのものがダメダメ。
配給がワーナーだからかもしれないが、チープな洋画にしちゃった感じ。

198 :名無シネマさん:2008/01/30(水) 02:40:01 ID:Z8bOjIOU
俺も見に行ったけど酷かったよ!
まずグロすぎ!一緒行ったダチがトイレに吐きにいきますた。
あとナンチャンひどいな…
オチもえ?これでおわり?みたいな。まじがっかりしたぜ…
何かのハリウッドのパクリかも。ハリウッドに似てると思った…でも三流だね。
まじ時間返せ!と叫んじゃったよ。

201 :名無シネマさん :2008/01/30(水) 06:46:03 ID:5gXYlfHV
しかし、グロがそんなに印象強いのか。
俺もグロ嫌いだから、見に行くの悩むな…

202 :名無シネマさん :2008/01/30(水) 08:29:09 ID:ZlWSTp5B
>201
鶴見が自分に注射打ったらそこから目を閉じろ。
完全にそのあたりのシーン終わるまで閉じてろ。
鶴見の何言ってるかわからない台詞が続いても目を開けるな。
多分それで一番のグロは回避できる。



210 :名無シネマさん:2008/01/30(水) 14:54:33 ID:xIJwLf6a
>>202 ワロタw
グロかったが鶴見は迫真の演技だった。男をあげた。ブログ見たが、中田監督、のんきに酒飲んでないで謝れよ。ジャパンプレミアで土下座しろ
DEATH NOTE本編とは全く別な作品とわりきろう
こんなんじゃ、邦画史上最高傑作(個人的に)の本編が汚されてしまった

221 :名無シネマさん :2008/01/30(水) 18:39:01 ID:5En8JFIt
>>202
激しく同意!!!グロさはそこが一番だと思う
でも自分的に、最後の飛行機のシーンも直視不能だった・・・
そっちの方が何故か精神的にヤバかった

227 :名無シネマさん :2008/01/30(水) 20:20:18 ID:bM8yhOio
監督変えた時点で失敗だろ
良くも悪くも映画デスノートという世界や映画版の月やLといった人物を作ったのは金子なんだから
後から来た人間が他人のふんどしで相撲とって手柄取ろうとしたって無理ぽ

229 :名無シネマさん:2008/01/30(水) 20:34:48 ID:gboE9kcV
金子は激怒してるんじゃないのか
大ヒットさせて監督かえられるのおかしいでしょ

後出しの中田がスピンオフとはいえ駄作につくっちゃうし

295 :名無シネマさん :2008/02/05(火) 03:08:25 ID:hjiUiejd
とりあえず、Lの裾をやたらと掴んでるBOYの可愛さと工藤夕貴の美しさは異常じゃなかった?

300 :名無シネマさん :2008/02/05(火) 07:27:13 ID:pwFJLrwq
>>295
工藤夕貴…あの年にしては普通に美人。女優だから当然といえば当然。
BOY…日本人の普通の子供としては普通に可愛い
  しかしタイ人には見えないし、特に天才にも見えない。普通の子供。
  最後に○○になるという設定は蛇足。  物語にその必要性も感じられない。
 (本編の高田清美のように あれは原作の火口役も兼ねていたから別に良し)
  無論○○っぽくも見えない。

301 :名無シネマさん :2008/02/05(火) 08:34:15 ID:OXmiDfve
BOYはタイ人設定だったのか。
Lが頭なでるシーンあったからタイの人じゃないと思ってた。



346 :名無シネマさん :2008/02/08(金) 08:03:16 ID:l0wrpm7v
プレミア行ってきた。小説版は未読。
Lの活躍、Lのコミカルなシーン、松ケンの演技が目当てなら及第点だと思った。

キラ事件の最中から、ウイルス事件のほうも起こっていたという設定は
うまいと思ったけど、スケールが大きいようで小さいようで中途半端な感じは否めなかった。
敵の手が平泉成に回らないのは不自然だし、福田麻由子の写真がテレビで公開されてから
のんきに川で休憩しながら自転車で長距離移動できるのもおかしいし。
Lが松田(警察)に工藤夕貴の企みを話せば解決の気がするし。
警察が工藤夕貴に騙されて、Lやナンチャンが孤立、逃避行せざるを得ない展開にしてくれれば
まだよかったんだけど・・・
あるいは23日間程度での解決にふさわしい、踊る大捜査線レベルの事件にするか。

393 :名無シネマさん:2008/02/09(土) 18:37:59 ID:dUgFVPzp
映画を見てきたゆとりの俺の疑問点と感想を聞いてくれ。

1 冒頭でウイルス感染した村を焼き払うために核兵器らしきものを使ったが、その後、日本には普段と何も変わらず、
  ウイルスや核兵器のことが伝わっていないのはなぜ?
2 工藤由貴がLのところに押しかけてくるとき、一人ではなくスピーシーズも伴っていたので
  モニターに猟銃を持った男を簡単に見つけられてしまった。
  この時点でバカ確定で、Lに簡単に敗北することが目に見えてしまった。
3 殺人ウイルスの発症がいくらなんでも早すぎる。ありえない。
  そのところは生物兵器というよりもむしろサリンなどの化学兵器に近いと思う。
4 電車の乗客の反応が早すぎる。原因の少女の情報を得たのはほんの数人だけで、情報が伝わるのはもう少し時間がかかるだろ。
5 飛行機で工藤が少女からウイルスを乗客に感染させて、人類はもう終わりといっているが、
  それなら、もう村で流行った時点で終わってるだろ。
  仮に殺傷率を99.95%としても、ウイルスが広まっていくと自然に毒性や殺傷率が落ちるし、最初からウイルスかからない奴はたくさんいるはず
  このウイルスだけで人類が滅ぶなんて考えはすごく甘いと思う。
6 悪役の工藤はどこからどうみても沢尻にしか見えなかったので、早く死ねと思っていたが、結局死ななかったのが不満だった。
7 村の最後の生き残りタイ人の少年はどこで英語や数学を習ったの?
  で、この子が最後に日本人がやってたとわかったときは驚いた。
8 いきなり、人をナイフで刺し殺したりと中二っぽい場面が多く、もっと知的な内容を期待していたので少し残念だった。

394 :名無シネマさん :2008/02/09(土) 18:54:18 ID:QeGBazfa
>>393
1伝わってた
2どうせ真希がいるからバレてた
3エボラの100倍の感染力という設定
4ポスターとかも貼ってたしわかるだろ
5だから村で流行った時点であせってるだろ、感染率高いという設定

395 :名無シネマさん :2008/02/09(土) 19:00:44 ID:Q1kwDxPQ
1,国(タイ)が極秘扱いにしたんじゃないか?
  ちなみにあれは核兵器ではなさそうだぞ。
2.そういうスカスカの穴がある脚本なんだよ
3.本当はサリンあたりで行きたかったんじゃないかと思うが
  (サリン事件みたいに倒れてくださーいってエキが言われたらしいし)
  それだと問題あり過ぎ
4.Lみたいな目立つ変な奴と一緒にいたからじゃないか?
  何か電車内でテナガザルみたいな事やってたし
5.その辺も脚本の穴
6.小説でも死なないんだよ、K(工藤)は
7.そこいら辺も穴。
  あの少年を無理矢理ニアに仕立てたいが為の設定としか思えん
  もしかしたら事情があって村に移り住んだインテリの子だったのかも知れん。
8.そういう映画なんだよ。Lが出るバトロワみたいなもの。

396 :名無シネマさん :2008/02/09(土) 19:26:57 ID:/USysJyt
>>393 の4は真希の事をやっているニュースを見たのは偶然L達の向かい側に座っていた2人だけなのに、
真希に対して周りの奴全員が反応したのが早すぎておかしいと言いたかったんじゃないか?

397 :名無シネマさん :2008/02/09(土) 19:31:36 ID:QeGBazfa
よく覚えてないけどもっと前からニュースで流れてたんじゃない
で、向かい側の2人の様子がおかしいのにみんな気づいて視線の先を見たら
真希発見みたいな

399 :名無シネマさん:2008/02/09(土) 20:35:46 ID:xKdEo51K
2.小説でも奴らはかなりの素人集団
銃持ってるのにLたちを取り囲んだりする(相撃ちしてしまう)など描写あり
あの映画にはキラみたいな賢い敵は求められてないだろう

412 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 00:16:05 ID:mihdgp9F
>>393
4、逃げる乗客を見て、訳もわからないままパニックになって一緒に走る人間もいたとオモわれる
7、BOYのことはFが面倒見てたのかと思ってた。。
  ワタリにもBOYの話はしてたんじゃないかと勝手に思ってた

401 :名無シネマさん:2008/02/09(土) 22:03:12 ID:uLqJ0HJP
今日観てきた。
L好きだからまあまあ楽しめたかな~。
佐藤めぐみが怖かった。

ワタリの死の知らせをKにも送ろうとした時に
一瞬ためらっったのはなんでかな??

524 :名無シネマさん:2008/02/10(日) 17:56:17 ID:J5ZZYnGw
ちりとてちんを見ていたので、
佐藤めぐみの豹変ぶりに驚いた。



404 :名無シネマさん:2008/02/09(土) 23:06:58 ID:/k1H0nl4
エロ女医が解いたWATARIの暗号の法則とか理解できる人いる?
何やってたのかさっぱり。
視聴側にも考える事ができる時間と演出をくれてもいいのに・・・

405 :名無シネマさん :2008/02/09(土) 23:35:46 ID:xAcl58I3
>404
アルファベットの順番。
A→01 B→02
で、ノートに書いてあった数字を置き換えると
順番はバラバラだけど
WATARIとHOPEになる

406 :名無シネマさん :2008/02/09(土) 23:38:24 ID:/k1H0nl4
>>405
アナグラムってやつか。
その並び替えを難なく手が止まることなく正解に導いたのは
エロ女医自身がWATARIを知ってたからでおk?
でも斜線入れて消去とかしてなかったっけ

410 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 00:02:29 ID:u5QRJ21Z
>406
私もついていくのに必死だったが…
ノートの数字表の下に「Q.希望の近くにあるものは?」だかなんだか、
質問文が書いてあったと思う。
だから「希望=HOPE」の4文字分をそのアナグラムの中から消去してた。
残った文字が「WATARI」そのままの並びだったのか
バラバラで驚異的なスピードで並べ替えてたのか
(そこはワタリを知っていた女医なら可能かもしれん)
その辺はちょっと記憶が曖昧だスマン

411 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 00:11:35 ID:qi0U7zpe
>>410
一気に理解度が深まった希ガス。thx!

418 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 00:47:50 ID:qi0U7zpe
W  A  T  A  R  I     H  O  P  E
23 01  20 01  18 09    08 15  16 05

01.02の法則から女医の手記最上段は
23012001180908151605の逆アナグラムになるのかな。
さすがにアナグラムまでは逆算なんてどうあがいても無理っぽいか・・・

415 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 00:23:00 ID:RgPs9qia
松戸先生にどつかれたり怒鳴られまくってたけど、Lが保菌者の真希を連れまわすこと自体がテロだよな。
あと血液感染なのか空気媒体で感染するのかイマイチわからない。

417 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 00:45:06 ID:XalPUH3m
空気じゃなく血液感染っぽかったね
マキが目を覚まして、九条が拘束を解いてるときに腕を引っかいたかなんかで
出血、それが的場に付着して的場大あせり&感染
マキに触れたCAかなんかも感染、以降感染者続々…だった気がする

432 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 01:44:29 ID:RgPs9qia
真希が10日に一回父親に抗ウィルス薬を打たれていたおかげで発症しないなら納得できたのに、
あれはただの低血糖用の注射でしたってなんなんだ。
じゃあ抗ウィルス薬なんて研究しないで、予防接種でインシュリン打っとけばいいじゃん。
そんなショボいウィルスが、エボラの百倍の威力を持っていて村を壊滅させるとか説得力無さすぎ。
こんな糞脚本を却下しなかった佐藤Pが全部悪い。

456 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 02:25:17 ID:RgPs9qia
Lが住所を簡単に教えすぎ

458 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 02:39:10 ID:BGxLuQb9
>>456
思ったw
あんまり簡単に教えるから罠を張ってKらを捕まえるのかと思ったら
簡単にビルに入れて簡単に悪い状況になっちまった・・・ありえねえ

459 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 02:40:21 ID:baFWor9L
>>456
同感。
怪しんでたから、違う住所教えたと思った

465 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 02:52:44 ID:sTcBJ+z1
ところでこれ突っ込んでる人いない気がするんだがなぜLは感染しなかったのか。
ノートに名前書いてても無敵じゃないのは確かだよね。感染するかもってセリフもあるし。
最後の機内シーンはLだけ無事っぽかったのが疑問。
ヒーローにブツブツがあるとまずいのか?
とここまで書いてみたがもしかしたらBOYと同じようなMK多い体質なのかね
糖尿にならない時点で普通じゃない体質だし。

あと冒頭のナオミは何したんだ
あれ暗殺してないか?

467 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 02:59:29 ID:BGxLuQb9
>>465
それ自分も思った
Lは自分も感染するかもしれないとか言ってたが
デスルールだとノートに書かれたことは絶対だと思ってたが(つまり無敵)違うのか?
例えばLを撃ち殺そうとしても出来ない
自然にそうならないように運命が変わってってノートに書かれた死因以外では死なないはず
Lはそれを知らないであんなことを言ったのか、それともスピンではデスルール解釈が
変えられていたのか

475 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 03:17:48 ID:sTcBJ+z1
>>467
いや無敵ではないと思うんだよ
Lの解釈は間違ってないと思った
なのに感染してないのが気になったということ

473 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 03:12:39 ID:WnnqbY3J
福田は何で自分に注射打ったの?

474 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 03:14:50 ID:Nfq3DC5k
>>473
自分感染→テログループに感染させる、じゃね?
父が死んだショックでヤケクソになってたのでは

478 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 03:28:47 ID:WnnqbY3J
>>474
注射器からピューってやればよくね?

489 :名無シネマさん:2008/02/10(日) 09:55:56 ID:e7QHL289
Lファンの自分は十分満足できたけどなぁ
頭脳戦はデスノートでおなかいっぱいだったから
行動するLは新鮮だったよ
そういう人って少ないのかなぁ・・・
つかデスノート以上の心理戦はありえないと思うし
下手に二番煎じ作らなくてまったく別のお話にしてくれてよかったと思ってる
心配していたママチャリのシーンもストーリー的に自然で違和感なかったし
ただメイド喫茶はいらなかったかなぁと思う

490 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 09:56:39 ID:9NbWEgSB
Lの新しい面見れたからファンの自分にはよかったよ。

506 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 12:43:19 ID:vXi6E9sF
映画のストーリーのベースが受け入れられる人は、ぜひ小説読んでほしい。
小説を映像化すればよかったのにと真剣に思うんだが、尺は足りないかも。ネタ的にもまずいんだろうか。
映画との違いをバレ含めて大雑把に書くと、

*タイやBOYやFは出てこない
*真希は関西人、ミサと知り合い
*ぬいぐるみの中にデータが隠されてる(映画だとただのぬいぐるみなのは何故だ)
*感染してもすぐには死なない
*駿河は最初、悪役にそそのかされLを陥れる
*パンチラ
*ノート登場。いろいろ使える
*原作ネタ多い。松田神
*大統領命令でFBIにも追われ命を狙われる
*久條=Kはオチ扱い。それなりにグレた理由がある
*久條以外の悪役は大体死んだかも

508 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 12:51:24 ID:OknNKSIx
>>506
それって今回の映画版の小説?Lが表紙の
だとしたら買おうかな…最初は映画見ればほとんど同じだろとオモテ買わないつもりだったんだが。金かかるし
それ聞いてちょっと興味沸いたぞ。松田に

509 :名無シネマさん :2008/02/10(日) 12:57:34 ID:vXi6E9sF
>>508
そう、Mの。
でも松田出てくるのけっこう後の方だしあんまりすごく期待しないでな。

668 :名無シネマさん :2008/02/12(火) 02:28:19 ID:cxPSZhrs
BOYがLの菓子を拒否してポテチ選んだ理由と、
それをすごい勢いでがっついた理由は何なんだろう

ポテチの理由は甘いものが食えないから?それとも信頼し切れてないLから受け取れないから?
がっついた理由は空腹だから?それともLへのあてつけ?それとも辛い思いが溜まってて爆発した?

670 :名無シネマ@上映中 :2008/02/12(火) 02:47:29 ID:l/J2FsUg
>>668
単純に腹減ってたからと思ったけど。
なぜポテチなのか?は、デスノート見た人へのサービスくらいとしか。

671 :名無シネマさん :2008/02/12(火) 02:57:07 ID:cxPSZhrs
>>670
でも検査ついでに食べ物くらい与えられてた気がするんだよなあ…

Lが部屋にポテチ置いてたのは戦利品のつもりらしい

672 :名無シネマさん :2008/02/12(火) 02:58:51 ID:ysWFQNwr
>>668
Lのトレードマークがスウィーツだからboyはポテチにしたんじゃね?単純にw

690 :名無シネマさん :2008/02/12(火) 06:57:11 ID:j4MX4B1n
>>672
実はBOYはあるポテチ好きな人物の生まれ変わり。

691 :名無シネマさん :2008/02/12(火) 08:26:19 ID:8T2/rq8D
>>690 www

692 :名無シネマさん :2008/02/12(火) 08:29:40 ID:6aI+hZ+N
>>690
コンソメ味だしな。


関連記事

  1. 2009/01/17(土) 00:01:26|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハリー・ポッターと炎のゴブレット | ホーム | ワイルド・スピードX2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/351-505ef228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR