2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

僕等がいた 後篇

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1331954403/
5_20130413195728.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2012/03/17(土) 12:20:03.08 ID:cAu8qYSF
累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画を、前後編の2部作で実写映画化。東京へ引越した矢野との再会を夢見て大学進学を果たした七美だったが、待っていたのは最愛の人の消息不明という事実だった。苦渋の決断の末に姿を消した矢野と七美は数年後、思いがけない再会を果たすが……。生田斗真と吉高由里子がダブル主演する純愛ストーリーの完結編。監督は「ソラニン」の三木孝浩。

監督 三木孝浩
原作 小畑友紀
脚本 吉田智子
音楽 松谷卓
製作 市川南

キャスト 生田斗真 矢野元晴
吉高由里子 高橋七美
高岡蒼甫 竹内匡史
本仮屋ユイカ 山本有里
小松彩夏 山本奈々

製作年 2012年
製作国 日本
配給 東宝、アスミック・エース
上映時間 122分
映倫区分 G


828 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/21(土) 12:37:44.16 ID:NruGp0Wa
後編朝一見てきたよ
正直、場面毎の繋ぎ方なんかは前編の方が良かったように思う
ただ、後編はストーリーが前編に比べるとかなりヘビーで
一つ一つのエピソードが刺さる
矢野に降りかかる出来事の波状攻撃にはさすがに同情した
前編は高橋目線、後編は矢野目線て感じ

後編ラストが妙に取ってつけたような感があったなー
これは原作最終巻を読んでいないせいもあるかもしれない
そこんとこ既読の方々はどう感じたのか気になる

前編でかっこいいかわいい泣けた~て感想に終始していたお嬢さん方は
この後編どう感じたんだろうな
個人的には、僕等が「いた」と言える年齢層の方々の方が
確実にグッとくるだろうなと感じた
良かった、おすすめ、と言える
男性陣がどう感じたのかも気になるんで、感想あったら教えて

829 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/21(土) 12:55:03.24 ID:q97tLlSz
見てきた
後編の内容は重く、前編のキュンキュンが救いになった
前後編で作ることの意義があったと強く感じられた
どちらがどうとかじゃなく二つで一つの作品だね

831 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/21(土) 14:00:54.63 ID:UXasF9Gb
みてきた。
原作ラストわかってなくてあそこまで持っていく監督すごいなと感心。

オバタンが映画でマジックといっていた草原の二人とか(最終巻の表紙)とにかくおぉーと。


でも、原作より苦しい気持ちにならなかったのは映画の時間の短さゆえ。
矢野の山芋を利用したって台詞がなかったから
ラストの矢野が軽く見えてしまったのが唯一残念。

835 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/21(土) 15:42:20.19 ID:+tgfEFyw
質のいいキャストと台本、監督によって質の高い恋愛映画を見たという感想
全体的にまとまりが良くて見やすい
この監督は大衆映画向き

832 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/21(土) 14:07:58.64 ID:dKTaUxjx
朝一で見てきた。
なんだか間断なく涙が流れ続けるので、後半は鼻が詰まって息苦しかった。

d2002_20130413195824.jpg

ところで、ジョン・カビラってどこにでてた?
終わりのテロップでびっくりしたんだけど。

833 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/21(土) 15:02:37.70 ID:NruGp0Wa
後半鼻が詰まったの、自分だけじゃなかったんだw
そしてジョンカビラ、自分も気になったw
どこに出てたんだろう

838 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/21(土) 16:37:11.38 ID:Sjc6dwV2
あらゆる不幸を生田に背負わせてこれでもかと迫る昼メロも真っ青のドロドロ展開。
最近の少女マンガは凄いですな。
しかし吉高と比嘉を除く役者たちの演技力で絵空事でない人間ドラマとして成立している。
なかなかの良作だ。

賑やかしの比嘉はともかく(高校生役はキツい)、吉高の発声がもう少しマシならな…
しかし生田はいい役者になった。あおいの元旦那もいい。

839 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/21(土) 16:56:52.93 ID:cF3nzVwU

77_20130413195729.jpg

そう生田もいいけど高岡もいい。

841 : 名無シネマ@上映中 : 2012/04/21(土) 18:07:08.59 ID:CSYR/AYE
前後編通して竹内君がかわいそう
あんないい奴、なかなかいないぞ

844 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/21(土) 19:09:02.45 ID:+So1DrPU
>>841
竹内はラストに幸せみつけてたじゃない
高橋が妥協して竹内と一緒になっても
2人共幸せじゃなかったと思う

846 : 名無シネマ@上映中 : 2012/04/21(土) 19:43:37.01 ID:yTFk5YSq
>>844
6年間の積みかさねで妥協でなく真実の愛になるのを期待した。
竹内はそれだけ魅力のある人だった

848 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/21(土) 20:01:47.82 ID:fRxPTG58
>>846
矢野にどハマリするような高橋だよ?
都合の良い男には魅力を感じないでしょ
自分の事を大好きになってくれる人が好きって女性は
竹内がぴったりだろうね

6年の積み重ねで得る物は愛じゃなくて情だと思う

840 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/21(土) 17:52:16.40 ID:mFj5WIal
後編は生田矢野と本仮谷山本妹の影に惹き付けられたな。
あとおば様がいい人で良かった。
前編程わかりやすい盛り上げ方場面は無かった気がするが、それこそ矢野不幸の波状攻撃で
もはやなんで泣いてるのかわからない状態で泣いたw
サプライズは前編に出た意味あったんだ、な柄本とやっぱりジョンカビラwどこに出てた?


今回矢野と山本妹にひかれたのは親の死に目に合う経験があったからかも。
そう言う意味でも後編は前編より大人向けだと思う。

893 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/22(日) 23:09:16.30 ID:3/XNSvuC
ジョン・カビラは矢野家の朝食時BGMのラジオらしい

65 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/05/01(火) 19:03:57.32 ID:5oCqVVZQ
自分が見た劇場ではサブスピーカーみたいなのが
サイドの壁面に付いているからか
ジョンカビラのラジオが突拍子もない場所から聞こえてきて
初めは誰かの携帯から鳴り出したのかと思ったよw
一向に止める気配がないのでムカーってなった所で
やっと劇中ラジオだと気付いたw
他でもちょくちょく突拍子なくサイドから音がしてて
あの音声には馴染めなかったわ
他の作品で気になった事なかったんだけど何でだろう

66 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/05/01(火) 19:51:31.98 ID:tOoKtFno
ジョンカビラの着ボイスw

847 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/21(土) 19:57:17.78 ID:9s9M7Yjr
柄本兄の役って前篇の出演時間なら無名俳優でもよかったのにって
思ってたけど後篇で再登場するとは思わなかったw

858 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/21(土) 22:49:22.25 ID:PPuzR2uK

14_20130413195728.jpg

七美が矢野から来たメールを削除するシーンがあったけど
高校生の時から携帯が変わらないハズないので矢野のメールをわざわざ
機種変する度に移し替えて周囲が合コンとか彼氏とデートでリア充している中
1人「矢野どこにいるの」とか呟きながらそのメール見返していたのかと思うと
七美が一番病んでるかもw

864 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/22(日) 02:01:49.02 ID:jCZCZj5r
>>858
まさにそういう女いたぞ
機種変更する度に元彼からのメールを移し変えて
日々眺めている奴

ある意味怖い・・・
実際には表に出さないだけでかなり病んでいたんだと思う

85 : 名無シネマ@上映中 : 2012/05/02(水) 18:10:27.70 ID:abvfQ5dp
主人公が最初上智目指すって言って、心のなかではまぁ映画だし、
どうせ上智受かるんだろ?と思ってみていたが、
結局白百合女子大なのが妙にリアルだなw
てか、DからB判定に上がったんじゃなかったのかよ?w

たけは寮から出てきたとき看板に早稲田寮みたいなことかいてあったから、早稲田受かったのか

山本は御茶ノ水女子大目指してたみたいだけど、結局設定ではどこ受かったの?
あと釧路第一高校って早稲田とか上智とか御茶ノ水女子大なんか目指すような
進学校なのになんで廃校になったんだろ…?

86 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/05/02(水) 18:33:26.24 ID:STXq6jWG
>>85
矢野と遠恋していた頃は上智B判定までいったけど
その後矢野からの連絡が途絶えた挙げ句消息不明に
そりゃ高橋の成績も落ちるわ

90 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/05/02(水) 21:28:24.69 ID:8MCUUbBy
>>85
さんざん既出だったすまんが、釧路第一高校はリアルで存在していてガチで廃校になっている。
進学校だったかどうかは知らんが、スポーツは結構強かったらしい。

868 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/22(日) 11:29:08.40 ID:jCZCZj5r
竹内と高橋って一緒にくらしていたんだよね。
いわゆる同棲状態なら、当然のようにエッチもしたんでしょう。
矢野の事を一途に思っているならそれはあり得ないと思うのはおかしいかな?

emma_20130413195825.jpg

そしてそこまでしてながらプロポーズ断るなんて。
後編観ていてとても気になりました。

869 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/22(日) 11:44:52.73 ID:D03Svs4N
同棲といいつつ同居だよね竹内七美


原作ではどうやら七美は竹内と矢野ともやってない。

870 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/22(日) 12:02:50.20 ID:jCZCZj5r
>>869
やっぱり竹内と高橋はやってないのか
竹内の性格考えるとそんな気もしてた

ということは高橋はバージン?
竹内もチェリー?

矢野と山本はきっと同棲中にエッチしまくっているだろうに

う~ん、竹内が本当に気の毒だ
彼には幸せになって欲しいと思う

871 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/22(日) 12:08:31.24 ID:TRcE3I0Z
>>870
原作スレはずっっとその話してるよねw

872 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/22(日) 12:35:57.22 ID:qChZXPmK
>>870
竹内は原作だと多少女遊びしている

876 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/22(日) 14:39:09.32 ID:jCZCZj5r
>>872
それならよかった!
あのままだと人が良過ぎて、彼女や奥さん寝取られないか心配

877 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/22(日) 14:53:53.28 ID:7wdiOpQP
>>876
でも原作では映画のようなハッピーエンドは用意されてないよ竹内
どこまでも気の毒なまま傷心のまま

映画のあのご都合主義も竹内派的にはいまいちだったけどね

80 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/22(日) 16:08:23.55 ID:TRcE3I0Z
結局原作の竹内好きって報われず気の毒な竹内こそが好き
で、かわいそうって言いたいんだろうな

竹内は竹内で矢野に一途な高橋が好きなんだよね
矢野忘れて、結局自分を好きでいてくれる男性(竹内)が良いわ
って高橋が竹内になびいたら
竹内はいずれ高橋に魅力を感じなくなるに違いないw

874 : 名無シネマ@上映中 : 2012/04/22(日) 13:04:03.05 ID:AM+x+wkZ

51_20130413195729.jpg

矢野が不幸すぎる
でもカッコいい

863 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/22(日) 01:18:59.94 ID:JoIJh7se
たくさん人が死ぬ映画だな。
どうせなら生田も殺しておけよ。
なんだよパニック障害って。

891 : 名無シネマ@上映中 : 2012/04/22(日) 22:41:43.52 ID:XFIURFJw
前編のが好きだな
あそこで終わればいい話だったのに
後編の矢野はどうも好きになれん
山本は前後編を通して最悪だった
やっぱり竹内が気の毒でならないな
もちろん原作はみていない

963 : 名無シネマ@上映中 : 2012/04/25(水) 14:46:55.50 ID:by3ZfI2N

41_20130413195729.jpg

本仮屋って演技上手いね

39 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/29(日) 10:56:33.17 ID:k6anIpcq
後編はヒロインがユイカになっちゃってる印象
もっと吉高の苦悩を細かく描いて欲しかった

940 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/24(火) 07:39:43.60 ID:wvJLoH5g
「時々愛してくれるの」ってどう言う意味?

943 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/24(火) 08:10:36.91 ID:rxQ8gkVW
>>940
時々セックスしてくれるの。

944 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/24(火) 08:12:34.71 ID:wvJLoH5g
肉体関係の事ではなく、精神的に愛してくれるって意味なのかね?
高橋にとってはどっちが辛いんだろう?

945 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/24(火) 08:35:27.53 ID:6hEfB509
肉体的な意味にしか聞こえなかったが

精神的に時々愛するってどういう意味?

946 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/24(火) 08:55:26.73 ID:BilVaErk
>>945
え、そのまんま
私の事憎んで憎んで時々愛してくれてるって
妹が思ってるってだけでしょ
実際矢野が憎んでるのかも愛してるのかもわからない
映画だと話や台詞の流れでその台詞はスルッと流れるよ
ジリジリ焦らされて進む原作とは違うからね
原作スレの人がその台詞に粘着してるのがキモいんだけど

947 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/24(火) 09:35:43.59 ID:6hEfB509
自分は原作知らない人間だよ
だから愛してくれた=肉体関係
で違和感なくスッと入って来たんだがw

230 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/05/11(金) 13:11:37.26 ID:IgYB7Lkf
みなさんどこで泣けました?
私は最後のデートのとこと、メール消していくとこです。
友達は矢野母と山本母が死ぬとこがダメだったって。

みんなずっと泣いてる感じでしたね。
いい映画だった!

231 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/05/11(金) 18:56:39.57 ID:cUVGzwJY
>>230
自分はその辺りどれも涙ダーダー

232 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/05/11(金) 19:04:19.73 ID:hbNcSVFS
>>230
ラスト近く、学校の中で学生たちの幻が現れるあたり。
それまでぜんぜん泣かずにいられたんだけど・・・

957 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/24(火) 18:13:12.73 ID:wvJLoH5g
泣くポイントが人によって違うのかな
矢野親子、矢野山本親子のパートはヤバかった
病や鬱に関して敏感だからかも

958 : 名無シネマ@上映中 : 2012/04/24(火) 18:23:52.76 ID:6hEfB509
個人的には矢野が自分の母と山本母を重ね合わせて懺悔するところが一番のヤマだった

924 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/23(月) 22:50:13.08 ID:0eLhPhUg

edd_20130413195825.jpg

きちんと別れる為にデートし直すって切ないわな
あそこで号泣した
七美が東京に来たら案内する予定だった場所
あの時の矢野にはそんな余裕もなくメンヘラ母に消耗され病んでいったからね
前篇見直したくなるなぁ

926 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/23(月) 23:16:38.81 ID:xXVWfO9j
おいらも最後にもう一回デートしよってところに泣けた
高橋を連れて行きたかったんだって
矢野~
斗真かっこよす

928 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/23(月) 23:18:20.40 ID:grfxo3yT
不思議なことに前篇を恋い焦がれるようなつくりになってるのが憎らしい。

前篇のキラキラはムダにキラキラしていたわけじゃなかったことに
術にハマった気分になったw

あの頃はよかったって言っていいんだよっていう感覚好きだ。

929 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/23(月) 23:25:32.50 ID:VWlczrCl
>>928
永遠があると信じられるキラキラ無敵な時代と
永遠なんてないんだとわかってしまって色々諦めつつ
違った意味で強く優しくなれる時代と
見える世界の色みすら違ってくる境界線が誰にでもあるよね
それが見事に前篇後篇って感じ

979 : 名無シネマ@上映中 : 2012/04/26(木) 08:12:34.32 ID:NUOtLaL9
ラストも原作通りが良かった

980 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/26(木) 08:14:29.92 ID:/QyYtjr9
>>979
撮影時はまだ原作終わってなかったんだから仕方ないじゃん

981 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/26(木) 09:56:57.95 ID:+aD2KrG6
映画撮影終了は16巻の分の連載が再開される半年前
さらに最終巻は単行本化のときに連載分より40P加筆したから
映画化にあたって大筋は原作者と話し合いしてただろうけど
連載の約一年前だしね、そのわりに神がかった同調率だったんでは

964 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/25(水) 16:21:01.47 ID:jRg0KcE7
やっぱ最後とってつけハッピーエンドだね。
脚本で何かカットされたか脚本の心理描写が甘すぎる。
山本妹・矢野が決別する経緯が全くわからなかったんで
途中まで号泣してたのに
ラストのキスシーンとか冷めた目で見てた。
あんなとってつけなら山本妹エンドのままでよかった。

972 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/26(木) 00:46:53.87 ID:NnFqiUd1
>>964
俺もそう思った。もしくは2人が再会したところでエンド。
後は想像にお任せの余韻のある終わり方でもいいけど。

965 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/25(水) 16:51:47.60 ID:IM/siX4p
母が亡くなった時点で山本は依存体質の自分から決別しパン職人の修行で自分を鍛え直しに

矢野は当然のごとく高橋の元へって感じじゃないの

968 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/04/25(水) 19:22:28.45 ID:jPkN5KVX
>>965
あと矢野も山本も山本母のベッドの前で
素直な胸の内を曝した事で
今まで逃げてきた自分自身と対峙し
2人は前に進む事が出来たんだろうね
そこは敢えてシーンでやらずに一言で伝えてたのは
自分はアリだったな

92 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/05/03(木) 03:54:15.92 ID:yoCrj0a8

Darth_Vader_20130413195824.jpg

千見寺が出てきた時、ああこっから矢野といい感じになって恋愛ドラマお決まりの三角関係に発展するのかなって不安だったが、
あくまで矢野と高橋を暖かく見守る友情関係のまま貫き通してくれたのがとても気持ち良かった。

93 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/05/03(木) 10:07:54.85 ID:Ng/BFzab
後編は一歩間違えばありきたりなマンガ恋愛映画になる所なのに、妙にリアル感があって上品に感情移入でき誰も恨めない。
誰もが自分の想いに正直で必死だからこそのエゴや狂気が生じるのを丁寧に多数で絡みあいながら描けてるのはアッパレ。
不満があるとすれば最後の矢野が幼く年月の長さと苦悩を淡白に仕上げた演出だな。
最後は悟った大人の落ち着きと穏やかさと色気が私は欲しかったかな…。
後編は奥が深過ぎて初見だけでは足りないね。
良い映画だと思う。

関連記事

  1. 2013/04/14(日) 00:48:28|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人生の特等席 | ホーム | メリダとおそろしの森>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3504-9eefab40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。