FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

西の魔女が死んだ

西の魔女が死んだ
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1209733200/


1 :名無シネマ@上映中 :2008/05/02(金) 22:00:00 ID:4tFQFDAk
2008年6月公開

キャスト
高橋真悠 サチ・パーカー りょう 大森南朋 木村祐一 高橋克実

公式
http://nishimajo.com/

原作は1994年に出版された梨木香歩原作の小説


原作が大好きなのでかなり期待


41 :名無シネマ@上映中:2008/05/24(土) 18:58:24 ID:dAXGvT3R
きょう、試写会で見てきた。
自分は原作読んでたので、すんなり溶けこめた。
ていうか、ほとんど原作そのままの展開。
最後のアレ、やはりみんな泣いていた。
原作好きな人は、見る価値あると思う。

俳優のセレクトは、よく考えたと思う。
とくに、母親役のりょうが鮮烈な印象。
祖母となにげに齟齬のある雰囲気、原作にもある
「うちはこんなものはいらないのよ!」、そして
そのあとの声だけの号泣場面には、泣けた。

50 :名無シネマ@上映中 :2008/06/03(火) 23:21:55 ID:0NImFAv7
原作好きです。
試写行ったけど自分はがっかりした。
女の子がぶさいくだし。。。ばあちゃんの日本語は棒だし。。。
薄っぺらな印象で本気でがっかりでした。
ばあちゃんのいい言葉が(原作では)映画では説教臭いというか啓発本みたいで萎えた。
良かったのはパンが美味しそうだった。それだけ。

61 :名無シネマ@上映中:2008/06/06(金) 00:00:01 ID:K/neKRob
>>50
女の子、最初はたしかにガカーリだったが
だんだんよく見えてきたよ
最後なんか、この子でなきゃダメって感じw
この子は伸びるかも

67 :名無シネマ@上映中:2008/06/07(土) 17:26:27 ID:Nt8YrIKh
ワイルドラズベリーのシーンで泣けた
祖父母の夫婦愛が垣間見えていいよね

76 :名無シネマ@上映中 :2008/06/08(日) 17:31:31 ID:Th4Q2hRp
あの、大森南朋さんのパパはいかがでしたか?

77 :名無シネマ@上映中:2008/06/08(日) 18:35:36 ID:MxQvBFiH
>>76
イメージと外れてはいなかったけど、ピッタリ!とも思わなかったな
ちょっと良くも悪くも普通。 
ゲンジさんは合ってたw 嫌な感じがよく出来てたw

78 :名無シネマ@上映中 :2008/06/09(月) 13:47:34 ID:p1s8OGr2
ゲンジさんをキム兄にしたのはいい選択だったな
雰囲気がよく出ててよかった

79 :名無シネマ@上映中 :2008/06/09(月) 15:45:15 ID:X2gcRXFv
試写で見れたけど、パンとかジャムとか、食べ物がおいしそうだったな~



80 :名無シネマ@上映中:2008/06/09(月) 17:12:51 ID:PHixgaNt
>>79
トーストのカリッていう音がたまらなかったね。
お茶が美味しそうに見えなかったのは自分がイギリス人じゃないせいだな。

92 :名無シネマ@上映中:2008/06/11(水) 01:07:51 ID:Bgwt4T4A
それにしても、最後のあの
○○○○は、あらかじめおばあちゃんが
○○ておいたんだろうか。
それとも本当に魔女の力で……?

原作でも、そこんとこよくわからなかった

93 :名無シネマ@上映中:2008/06/11(水) 02:43:34 ID:vd+3nGcK
>>92
おばあちゃんは魔女だから

95 :名無シネマ@上映中 :2008/06/11(水) 09:04:35 ID:Dx4zn5Ha
原作は読んで大泣きしたから、逆に映画化したのを見るのが怖いな…。

97 :名無シネマ@上映中:2008/06/11(水) 15:41:24 ID:Bgwt4T4A
>>95
原作が良かったと思う人なら、
見たほうがいいと思うよ

98 :名無シネマ@上映中:2008/06/11(水) 19:46:28 ID:Bnz+y9OQ
>>97
同意 そんなに原作を裏切ってはいないよね
映画の方は、高橋克実の郵便屋さんが加わる



100 :名無シネマ@上映中 :2008/06/11(水) 22:22:10 ID:+kD6yO8e
>>98
郵便屋さんって映画オリジナル?
原作長いこと読んでなかったから「こんな人いたっけな?」くらいしか思ってなかったわ

101 :名無シネマ@上映中:2008/06/11(水) 22:39:01 ID:Bgwt4T4A
オレも、郵便屋さんって原作にあったっけ?と
ちょっと思い出せなかった。
でも彼のせいで物語がふくらみ、全体が
豊かになっている感じがする。

108 :名無シネマ@上映中:2008/06/14(土) 17:39:41 ID:faEFoNtz
サチ・パーカーさん、
出演作に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」があったので
どこに出てたのかなあと、DVDをチェック。
中盤、ロータリー広場でマーティがビフたちの車に追われる
シーンがあるが、それを店から眺めるロレインのすぐ
そばにいる女の子っぽい。時間にして1、2秒。
これ、出演ていうのかww

133 :名無シネマ@上映中 :2008/06/20(金) 14:37:00 ID:lvDgAqLG
今日サチ・パーカーさん徹子の部屋に出てたね
子供さんまだ11歳とかだっけ?びっくりした
そしてお若い・・・やっぱおばあちゃんメイクはすごいね

162 :名無シネマ@上映中:2008/06/22(日) 12:10:03 ID:KHmlNzSM
サチ・パーカーって12歳まで日本育ちっていう経歴になってるんだけど、
お母さんがハリウッドの大女優でお父さんがハリウッドのプロデューサー
ってことは両親はずっとアメリカ在住のはずなのになんで日本に住んでたの??

184 :名無シネマ@上映中 :2008/06/23(月) 00:07:52 ID:N7JqqmYU
>>162
確かに不思議だね。。

114 :名無シネマ@上映中 :2008/06/18(水) 00:46:36 ID:6nUuPm50
あの家とか森とかよく見つけたな
読んでる時のイメージと全く同じ雰囲気だ

115 :名無シネマ@上映中:2008/06/18(水) 01:09:44 ID:vwmGllfp
>>114
あの家はオープンセットだよ

139 :名無シネマ@上映中 :2008/06/21(土) 13:17:45 ID:a9OmubTA
原作未読で見て来たが、中盤は凄く冗長に感じた。
それが味といえばそうなのかもしれないが。
ただ、パーカーさんの演技と劇中にかかる音楽やどこでもありそうで無い綺麗な景色は素晴らしいものがあるので興味のある人は良いかも。
号泣は無いが、しっとり泣ける映画かな。

146 :名無シネマ@上映中 :2008/06/21(土) 17:55:01 ID:WBfvI/yX
小学生の夏休みに実家に帰省した時のことを思い出した。
祖母の家だと苦手な朝ごはんが何故かおいしくなる。
これは、祖母と一緒にいることで生活のリズムを取り戻せたからなんだろうな。
当時は、毎日ごはん作って、洗濯して・・単純なことの繰り返しで何が楽しいのだろうって思ってたけど、この映画を見て祖母は自分なんかよりずっと強い意思を持って生きていたんだなと思えるようになった。
魔女修行とは違うけど日々の生活の中で大事なことを教わっていたことに今更になって気づいたので基礎体力をつけるところからやり直すことにしました。

150 :RRD ◆3MranranlY :2008/06/21(土) 23:42:16 ID:MC4G7FOD
つーことで見てきた。
並みの想像力の持ち主なら原作より映画のほうがいいと思う。
画にして初めて気がついたことがいろいろあったもの。
あ、そうだ、テレビのない家だったんだ、とか、
おばあちゃんの家に続く細い道を登っていく自動車の違和感とか。
自動車が通れるくらいに道が広がっても、「オールドファッション」の
おばあちゃんは気にしていなかったりとか。でも自動車乗りは
道の広さには敏感なんだよね。
そういった意味で、原作にないカブに乗った郵便配達は必要な
役回りだったんだと思う。
つまりオールドファッションの徒歩と新時代の自動車の間にカブが入ることによって
新旧が対立するものではなく、延長にあるものという意味を持つようになってる。

163 :名無シネマ@上映中 :2008/06/22(日) 12:14:02 ID:BlqXFMHK
今日観てきた。後半でたった一回だけ、タバコを吸うシーンがあった
けど、「え?この人タバコ吸うの?」と、ちょっと興ざめした。
たぶんおばあちゃんもけっして成人君子などではないという
表現だったんだろうと思うし、そういう啓蒙映画でも無い事は
分かってるんだけど…。スマン、自分がタバコ大嫌いなもんで。

最後のアレは正直泣けた。

全体としては良い映画だと思う。ただ、主人公がブ○○クなのが残念。

179 :名無シネマ@上映中 :2008/06/22(日) 23:03:29 ID:GUIXTqZA
>163
日本人の高齢女性でも、タバコを吸う習慣のある人はいるみたい
吸い始めた当時はそれほど「タバコ=悪」というイメージでもなかったのかな
大人の楽しみの一つ・・・だったのかも

183 :名無シネマ@上映中:2008/06/23(月) 00:06:25 ID:GfEfkR1l
タバコはむしろよかったんじゃないかとも思う。
多分、打算的な作家なら、
おばあちゃんにタバコ吸わせたら、昨今の禁煙ブームにより
叩かれそうやから、吸わせないでおこうとなるけど
そこをあえておばあちゃんにタバコを吸わさせた梨木香歩さんに感服。
原作読んだけど、
まいは、ぜんそくでタバコの煙はダメだけど、
おばあちゃんのなら大丈夫。という箇所があり、
まいのおばあちゃん好きが伝わり、興味深い。

430 :名無シネマ@上映中 :2008/07/02(水) 23:08:09 ID:EQ84VkPa
みんなはなぜタバコと決め付けるんだ?
あれは自家栽培した大○だよ。

190 :こんな「西魔女」は嫌だ:2008/06/23(月) 01:04:46 ID:UVpMlgGD
岸田今日子でよかったんでないの?コレ?わざわざガイタレ使わんでも。その方が魔女っぽいし。



194 :名無シネマ@上映中 :2008/06/23(月) 03:19:24 ID:ZXBq40Se
岸田今日子の遺作だったらそれはそれで良かったかも。
もし公開前後に亡くなっていたら役と本人がそのまま重なってしまいそうだ。

206 :名無シネマ@上映中 :2008/06/23(月) 16:09:52 ID:LV3Wuy59
岸田今日子さん、曽我町子さんと貴重な「魔女女優」が次々と亡くなられた中で
サチ・パーカーにしたのは結果的に良かったな。
台詞の読みがたどたどしいのも外国人ってことで納得できるし。
その分まい役の子の棒読みがちと気になったが・・・

207 :名無シネマ@上映中 :2008/06/23(月) 17:09:22 ID:pIAzdiQ2
おばあちゃんが西洋人じゃなかったら西の魔女にならないじゃんw
日本人女優使ったら『東の魔女が死んだ』になっちまうぜ

219 :名無シネマ@上映中:2008/06/24(火) 10:24:31 ID:lL1EPdti
>>207 西の魔女ってそーゆう意味なんだね。

220 :名無シネマ@上映中:2008/06/24(火) 11:58:50 ID:LGDTFUNT
>>219
単純に、マイの住んでる設定の街(勝手に東京郊外と思ってたw)より
ばあちゃんちが「西」方向にあるからかと思ってた。
「九州のお婆ちゃん」とか「北海道のお婆ちゃん」みたいな感じで。

226 :名無シネマ@上映中 :2008/06/24(火) 20:23:28 ID:Hi2y15sp
>>220
その説でいいと思うんだけど。
山梨=関東から見て西の地域=西の魔女

197 :名無シネマ@上映中:2008/06/23(月) 11:02:12 ID:iF4VT591
まだ見てないんだけど、原作ではエロ本捨てたのはゲンジさんて確定してたんだっけ?
まいがゴミ捨て場でエロ本を見つけて勝手にゲンジさんと結びつけただけだと
思ってたけど。

198 :名無シネマ@上映中:2008/06/23(月) 11:10:40 ID:9J3R000W
>>197
確たる証拠は言い及んでなかったと思った>原作
けど、人口密度低い場所で地域の指差され者の設定のゲンジさんである確率は
そりゃ高いだろうなw
郵便屋さんだったりしてww

251 :名無シネマ@上映中 :2008/06/25(水) 16:19:43 ID:X7T2QwFN
原作半分だけ読んだ状態で見てきました。
よかったです。全部読んでから見るか、全く読まずにいけばよかったorz
自分の祖母のことを重ねてしまって、もう最初からウルウルウルウル。
キム兄も郵便配達のおじさんも父母もそれぞれにいい味だしてた。

りょうさんの運転する車が山梨ナンバーでしたね。
ということは、りょうさんは山梨の市街地に住んでる設定なのかな。
勝手に東京近郊だと思ってました。

252 :名無シネマ@上映中 :2008/06/25(水) 16:48:35 ID:ltPmNYiE
原作では特に地域の設定は無かったね。ゲンジさんのしゃべる訛りは、岡山とか広島風に感じたけど。

253 :名無シネマ@上映中:2008/06/25(水) 20:20:55 ID:R4Wr6HnH
今日見てきました。
自分の中での期待値が高かった分あまり感動はできませんでした。
でも決して悪いとは思いませんでした。
お父さんのお土産の洋菓子を三人で食べる場面やまいが銀龍草を見つける場面
が省略されていたのが残念でした。

255 :名無シネマ@上映中:2008/06/25(水) 21:31:10 ID:atlzc0Nf
>>253
同じく、お父さんの「頑張ってるけどいつも感覚が多感期少女の感覚から少しズレてる」不器用な父愛の存在を原作では描写してたのに、映画は何かイイゾ!とかキモいスキンシップが強調されてるw
あの年代の少女にとって、母親の存在は、良くも悪くも愛憎がはっきり意識できて結び付きが強い場合それだけ憎んだりもする。
父親はズレたこと言って遠くて無神経に感じたりも。銀龍草の描写も好きだったから残念

262 :名無シネマ@上映中 :2008/06/25(水) 23:54:36 ID:Ac205c+n
映画の冒頭で「扱いにくい子」をやたらと強調してたので
それ絡みのトラウマ&伏線回収があるのかなと思ったけど、
無かったのが新しいw

273 :名無シネマ@上映中 :2008/06/26(木) 18:14:59 ID:sfa06YdZ
>>262 親達の持て余した「扱いにくい子」に、
向き合って見守る穏やかな魔女を描くための伏線なのかなと

283 :名無シネマ@上映中 :2008/06/27(金) 00:19:36 ID:WwZsss+n
引っ越すか引っ越さないかマイが決断した瞬間の
おばあさんの寂しい表情が可哀想だった…。
引っ越す=しょっちゅう来れない
だからね。

287 :名無シネマ@上映中:2008/06/27(金) 10:01:02 ID:VyEsfMzy
>>283
>引っ越す=しょっちゅう来れない
それもあるけど、マイが「自分で決める」が出来て、自分から巣立っていくというか、
意志を持ったことが嬉しくもあり寂しくもありってところかも。
娘も自分を超えて自立して現代社会の仕事に価値を置いて巣立っていったからね
娘も孫も、心の根っこには一番大事な物はお婆ちゃんからちゃんと教わってるけど。

289 :名無シネマ@上映中 :2008/06/27(金) 16:39:42 ID:7pCKGmWJ
木村祐一の顔が不快極まりない


303 :名無シネマ@上映中:2008/06/28(土) 03:02:56 ID:5PwdnDTk
基本的には良かったんだけど、キムのキャラが松ヶ根のチンピラ役と被ってムカついてしょうがなかった。

540 :名無シネマ@上映中 :2008/07/05(土) 22:59:46 ID:IbBPl17q
ゲンジ役はケンコバの方が合ってた希ガス

286 :名無シネマ@上映中 :2008/06/27(金) 09:12:15 ID:f6gbgt2u
高橋真悠ちゃん、あんまり期待してなかったんだけど良かった。
演技過剰のプロ子役と違った空気感が新鮮だった。


295 :名無シネマ@上映中:2008/06/27(金) 22:31:31 ID:uklniXF1
主役の子自分は駄目だった。
やっぱり顔も作品のうちだろ。
ああいう顔だからいじめられたんだよという見方も出来るかもしれんが
やっぱりマイ役には、魔女の後継者を予感させる一瞬のカリスマが欲しかった。
なんかただのメンヘルに見えちゃってさ・・残念。

312 :名無シネマ@上映中 :2008/06/28(土) 18:57:52 ID:AZzKSScd
原作未読組です。
泣けると聞いて期待して見たけど、泣けませんでした。
淡白なテンポのせいか、
主役の子が可愛いとかブスとか以前にスクリーン映えしないせいか…。

泣けると期待していくと逆に泣けないなあ。
そのケースで号泣してしまったのは「海辺の家」ぐらい。

313 :名無シネマ@上映中:2008/06/28(土) 19:57:45 ID:KfRPbWgS
自分は原作既読で観ました!
原作の時点である程度、自分なりの何日かの消化を経て
イメージも膨らませ、逆に映画はなぞる位の気持ちで観たから
意外にイメージ通りの再現に、「よく出来てたな!」と素直に感動できましたねー
得した気分だw

319 :名無シネマ@上映中 :2008/06/28(土) 22:54:06 ID:f/Kqd673
残念なところもあるけどいいもの見たなと思える映画だよね。
映画のまいちゃんは好感は持てるんだけど
良くも悪くも普通の子過ぎるんだよな。
あのおばあちゃんとおかあさんの魔女の家系にこの子?みたいな。

321 :名無シネマ@上映中 :2008/06/29(日) 00:21:28 ID:f1xhNwur
原作読んだのずいぶん前で最後のおばあちゃんのメッセージ忘れてたから感動した。

おばあちゃんがジャムの瓶を箱に詰めるシーンからずっと涙腺ゆるかったよ。

あと、歌が良すぎた。CD買っちゃうかも・・・

322 :名無シネマ@上映中 :2008/06/29(日) 00:26:50 ID:4VDOx0GZ
おじいちゃんが海に落ちた話、「右へ!」のシーンは
映像を期待していたから残念だった。
原作で、あのシーンすごく印象的だったから。
手嶋さんの歌は本当良かったね

323 :名無シネマ@上映中 :2008/06/29(日) 01:07:08 ID:FmtSJj2w
手島さんは顔出さなきゃいいのにね



330 :名無シネマ@上映中:2008/06/29(日) 09:21:56 ID:zwMYUFKJ
ひとつだけどうしても気になること

鶏を襲ったのは、結局ゲンジさんではないんだよね?
だったら後のほうで現場付近でイタチを目撃するとかの描写がないと
私の中のゲンジさんに対する誤解が完全に晴れない…

331 :名無シネマ@上映中 :2008/06/29(日) 09:32:12 ID:QqEuGQmr
原作だとゲンジさんの境界切り崩し疑惑はまいの勘違いと思える節があるが
映画だとほぼクロ
映画のゲンジさんは善人の郵便屋とのコントラストをつけるため原作以上に悪い印象にしてあるみたいだ

339 :名無シネマ@上映中 :2008/06/29(日) 14:52:25 ID:QGeLmugA
鶏の死体はグロかったな。

340 :名無シネマ@上映中 :2008/06/29(日) 15:10:51 ID:4VDOx0GZ
でもいかにも作り物っぽかったから安心した

341 :名無シネマ@上映中 :2008/06/29(日) 15:33:32 ID:tDe5OK3L
たけのこを掘ってただけだとそこまで激怒するなよって
感じになるから土地の境界線疑惑ってことにしたのかな?

郵便屋さんとお父さんの妙にテンションの高いキャラは
なくてもよかったんじゃないかと思った。
ちょっとわざとらしかった。

342 :名無シネマ@上映中 :2008/06/29(日) 15:43:27 ID:4VDOx0GZ
原作とも違うしね

346 :名無シネマ@上映中 :2008/06/29(日) 16:25:06 ID:QGeLmugA
郵便屋の息子が迎えに来るって言うから車で来るのかと思ったら、中学生なのがワラタw
中学生のチャリンコに乗せてもらって帰るぐらいなら歩いて帰れよw

354 :名無シネマ@上映中 :2008/06/29(日) 23:30:59 ID:9ZRd7unb
原作未読で観て来た。
ぼろ泣き。
またジャムを作るの手伝いに来るっていってたのに、これきりになっちゃったよね。

マイをママが迎えにきたとき、おばあちゃんもママもマイも、一人の人間で
それぞれに生き方に誇りも迷いもあるんだって感じた。

パパはなんだか、仕事に疲れている人みたい。
挨拶もできないし、お土産はそのままテーブルに置いちゃうし。

357 :名無シネマ@上映中 :2008/06/30(月) 00:36:04 ID:Fmla5+TT
細かいことなんだけど、お父さんがおばあちゃんにタメ口なのが気になった
「おはよう」とか「ありがとう」とか
着いてすぐ、ろくに挨拶もせずにいきなり大事な話切りだすし
演技以前の問題で人物造形に手を抜き杉

382 :名無シネマ@上映中:2008/06/30(月) 21:08:42 ID:H/8PVlM1
>>357
それ、思った
「おはよう(ございます)」だろ!!ってすごい思った

355 :名無シネマ@上映中 :2008/06/30(月) 00:20:50 ID:XqxM3Lyq
読売新聞の記事によると、最初シャーリー・マクレーンにオファーして、
マクレーンが「娘の方が適任」と話をまわしたとあった。
シャーリー・マクレーンにオファーってすごいな・・・。

360 :名無シネマ@上映中 :2008/06/30(月) 01:26:10 ID:DWHUQr3r
>>355
気になったのでシャーリー・マクレーンとサチ・パーカーの年齢調べてみた。
シャーリー・マクレーン1934年4月24日生 74歳
サチ・パーカー1956年9月1日生 52歳

パーカーってまだ52歳だった事に驚き!もっと上に見えたなぁ。

358 :名無シネマ@上映中 :2008/06/30(月) 00:36:21 ID:J61iTfh9
シャーリー・マクレーンはそれこそイメージピッタリだけど
サチさんでさえ日本語がアレでは無理だよね

パパが死生観が分からなくなっちゃったって
いうシーンがなかったのが残念。
不器用だけど正直でいいパパだとよくわかるシーンなのに。

419 :名無シネマ@上映中 :2008/07/02(水) 14:43:07 ID:A+PVizsp
パンフレットの一番最後のページ、思いっきりネタバレしてるな

426 :名無シネマ@上映中 :2008/07/02(水) 20:44:11 ID:RGFdPMl+
>>419
タイトル自体ネタバレ

443 :名無シネマ@上映中 :2008/07/03(木) 12:34:44 ID:OhmrjuQP
ちょっと疑問に思ったのだけど、映画の冒頭のサンドイッチを作って食べるシーンで、マイがキンレンカを抜き取るよね。
原作では、お婆ちゃんの家を離れる日に、以前は抜き取っていたサンドイッチのキンレンカをマイは平然と食べられるようになっていた描写があったと思うのだけど、映画ではこのシーンは見受けられなかった。
その替わりに、お婆ちゃんに叩かれた夜にお腹を空かせたマイが貪るように食べていたサラダが、キンレンカのサラダだった、ということでいいのかな?

447 :名無シネマ@上映中 :2008/07/03(木) 14:02:33 ID:Bb41ZXKV
>>443
ほぉほぉ、原作ではそういうシーンがあるんだ。
キンレンカって食べた事無いんだけど、子供が嫌うような味なのかな?

416 :名無シネマ@上映中:2008/07/02(水) 08:54:11 ID:EKDNYSAP
食って、茶を飲んで、また食う映画だったな
ジャム作りは砂糖会社の陰謀かと思った

452 :名無シネマ@上映中 :2008/07/03(木) 17:45:06 ID:mX8uXlIK
>>416
あの砂糖の量、すごかったね。
一緒に見た母と、思わず「うわっ!」と言ってしまった。
スプーン印の上白糖。
魔女的には、精白していない茶色いお砂糖を使って欲しいな、と思ったw

私の母は、りょう演じる母親が、おばあちゃんの亡骸を前にして、まいに
「はずしてくれる?」って言ったのが違和感あったと言ってた。
子供の前で泣いたっていいじゃない、って。
映画館で見なくてもいいかと思った映画だけど、上映後、母と色々
話してみて、世代間での共通点も見つけたり、そういう意味で
楽しかったです。
いつもはひとりで行くことが多いけど、今回は母を誘って正解の映画
だと思った。

453 :名無シネマ@上映中:2008/07/03(木) 18:26:24 ID:CreZswBA
>>452
母親と一緒に鑑賞できたの裏山すぃー (私は離れた場所に住んでいるので)
りょう演じるママがおばあちゃんとの最期の別れの時にマイにはずしてもらったの
何となく、わかるような気もする。自分の親との今までも事、娘にさえわからないこととか
いろんな葛藤が今まであったりして、2人きりの最期の時も過ごしたかったのかも。

お砂糖はあの鍋だとあのぐらいは使うもんかも 果物からたっぷり水分出るからね

455 :名無シネマ@上映中 :2008/07/03(木) 19:54:30 ID:QAY7B43K
お母さんは感情を素直に口にだせない人なのかなと思った。
最初、まいと訪ねていったときに、まいが母の部屋を使うとにしたとき
「かたずけなきゃ、まいに悪いでしょ」といって部屋を掃除しにいった。
本当はその後おばあちゃん言った通り、まいには見せたくない秘密をかたしに行ったんだろうけど、
それなら「秘密の日記をかたずけてくるワ」と宣言してもよかった。
おばあちゃんがなくなって、マイを部屋の外に出してから号泣するのも
別に子どもの前で泣いたっていいわけで。

491 :名無シネマ@上映中 :2008/07/04(金) 17:56:54 ID:OdYyL89O
最後に窓ガラスに書いてあった文字って、あの夜に交わした約束をちゃんと守る為に、魂になったおばあちゃんが本当に書いたものだと思ってた。orz

493 :名無シネマ@上映中:2008/07/04(金) 19:24:50 ID:ZbNJQWYS
>>491
いやいや、そう思ってたっていいじゃないか。
あれはおばあちゃんのメッセージだよ。
きっとひとつだけ使える魔法があれだったんだよ。

501 :名無シネマ@上映中:2008/07/04(金) 22:39:25 ID:dsRgSZCA
>>491
えっ。自分もそう思ってたよ。特に小説版では。
でも映画はそれにしてははっきりくっきりな文字であった・・・

506 :名無シネマ@上映中 :2008/07/04(金) 23:40:32 ID:dWm8KIm6
マイが気が付くかどうかもわからないうえに、忘れ去られていてもおかしくない事を、
あんな温室の片隅に残して逝ったおばあちゃんの気持ちを思って号泣したわけだが。
あれは魔法で書いたんだよん♪なんてオチだとしたら激しく興醒めですorz

509 :名無シネマ@上映中 :2008/07/05(土) 00:20:56 ID:6db6T68y
メッセージは死ぬ日が分かっているおばあちゃんがあらかじめ書いといて
マイが最後に聞いたI know が魔法だったんだと思ってた。
ひいひいばあちゃんも溺れているフィアンセに話しかけて助けてるし
そういう力の持ち主なんだと。
でも好きなように想像できるようになってるよね。
最後の声もマイのおばあちゃんを想う気持ちが生み出したともとれるし。

524 :名無シネマ@上映中 :2008/07/05(土) 15:07:13 ID:fzSGa8EG
女の子可愛くないって意見が多いけど、
一応あの子もアイドルグループの一員だぞw

536 :名無シネマ@上映中 :2008/07/05(土) 19:58:10 ID:y9mTnFvd
>>524
グループ結成当時は可愛かったよ

572 :名無シネマ@上映中 :2008/07/06(日) 23:30:24 ID:c0VzTylt
まいが帰る時に「おばあちゃん大好き!」と
言ってあげなかった事は、多分一生悔いる事になると思う。
何であの時言ってあげなかったんだろうって。

まだ若くて両親とかが健在の人には、ちょっとわかりにくいかと思うが・・・

574 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 23:48:06 ID:xMNmdbKm
>>572
あの時のマイは自分の決断をしたところ、おばあちゃんから巣立つところだから
「おばあちゃん大好き」とは言えないのは正直なところで良いんだと思う。
嘘で言われてもお婆ちゃんは見抜く。
最後に正直に「お婆ちゃん大好き」と言えたから「I know」が聞こえたんだ

575 :名無シネマ@上映中 :2008/07/06(日) 23:49:46 ID:arUR7uI8
>>572
そういう懸念があったからこそ、おばあちゃんは救いを残していったんじゃない?
あれはまいのためでもあり、自分のためでもあったと思う。


関連記事

  1. 2008/10/18(土) 04:48:24|
  2. な行映画
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:4
<<プロデューサーズ | ホーム | ベオウルフ 呪われし勇者>>

コメント

1 ■無題

全体的に良い作りで
面白かったけど

郵便屋さんのバイクが故障するシーンで
パーンて爆発してるのにワロタ
  1. URL |
  2. 2008/10/18(土) 14:35:04 |
  3.   #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■無題

自分は郵便屋さんが、息子の将来の夢が郵便屋からサッカー選手に変わってしまって、嘆き悲しむ場面で笑ってしまいました。(-^□^-)
  1. URL |
  2. 2008/10/18(土) 16:14:15 |
  3. 江戸川長治 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

3 ■泣きましたか?

私は、西の魔女が死んだの本を読んで泣けませんでした。最後の所が意味が分らなかったです。
  1. URL |
  2. 2008/12/15(月) 18:03:33 |
  3. リカ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

4 ■無題

自分は映画の方しか見ていませんが、やっぱり泣けませんでした。展開的には泣けそうだったんですけどね。
  1. URL |
  2. 2008/12/15(月) 22:12:49 |
  3. 名無し #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/347-4f407320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『西の魔女が死んだ』試写会鑑賞

中学生になったばかりのまいは学校へ行くのが嫌になり、ママの提案でおばあちゃんのもとでひと夏を過ごすことになる。魔女の血筋を引くというおばあちゃんの暮らしは自給自足。野菜やハーブを育て、昔ながらの知恵を活かしながらの生活は、まいにとって新鮮に感じられた。課
  1. 2008/10/18(土) 13:24:24 |
  2. 映画な日々。読書な日々。

『西の魔女が死んだ』

  人はみんな  幸せになれるように できているんですよ   ■中学に進んでまもない夏の初めに、学校へ行けなくなったまいは、森で暮らす”西の魔女”のもとで過ごすことに。西の魔女とはまいのママのママ。英国人である大好きなおばあちゃんから、「早寝早起き、食
  1. 2008/10/19(日) 06:34:21 |
  2. 唐揚げ大好き!

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR