FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

エディット・ピアフ 愛の讃歌

エディット・ピアフ~愛の讃歌~
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1190136982/


1 :名無シネマ@上映中:2007/09/19(水) 02:36:22 ID:QFU2/IPC
エディット・ピアフ~愛の讃歌~

■公式サイト
http://www.piaf.jp/

原題 LA MOME/THE PASSIONATE LIFE OF EDITH PIAF/LA VIE EN ROSE
製作年度 2007年
上映時間 140分

9/29(土)より全国ロードショー


42 :フランス:2007/09/30(日) 02:55:39 ID:7u81evQG
エディット・ピアフ(Édith Piaf, 1915年12月19日 -1963年10月11日)は、フランスのシャンソン歌手。
フランスで最も愛されている歌手の一人であり、国民的象徴であった。彼女の音楽は傷心的な声を伴った
痛切なバラードであり、その悲劇的な生涯を反映していたのが特徴であった。有名な曲としては
「ばら色の人生 La vie en rose」(1946年)、「愛の賛歌Hymne à l'amour」 (1949年)、
「ミロール Milord」 (1959年)、「水に流して Non, je neregrette rien」 (1960年)などがある。



5 :名無シネマ@上映中:2007/09/20(木) 23:18:51 ID:tJPIymSl
今日試写を見てきました。
作品も素晴らしかったですが、主演のマリオン・コティヤールが印象的でした。
音楽も良かったので、サントラが欲しくなりました。

6 :名無シネマ@上映中:2007/09/21(金) 12:41:08 ID:5jsJ64Db
私も試写会で観ました。
エディット役の人の演技も歌も凄かったけど、エディット自身が好きになれなくて入り込めなかった
あと、晩年のエディットが土屋アンナにしか見えなくて…
ちょっと下品な感じも似てるなと思って、見てる間頭から離れなかった

9 :名無シネマ@上映中:2007/09/23(日) 08:34:36 ID:J8/rPUGP
自分もエディットが好きになれなくて、歌の才能はあったけど幸薄い人生だなとオモタ

10 :名無シネマ@上映中:2007/09/24(月) 22:09:21 ID:i8go7A39
もうちっと美人に演じて欲しかった。
あの眉が気になりすぎて駄目だ。



8 :名無シネマ@上映中:2007/09/23(日) 00:38:08 ID:p/1J4yWb
現在と過去が交錯しすぎて・・・
素直にそのまま時間が進んでほしかった。

お人形   ほろりときた。

11 :名無シネマ@上映中:2007/09/24(月) 23:51:26 ID:5mdLU6fI
時間軸が3つにする意味あったのか
不幸物語をどう見せるかの工夫が欠けてるな

12 :名無シネマ@上映中:2007/09/25(火) 20:33:56 ID:WiH35jDF
エディットピアフ

フランス女優マリオンコティヤール(Marion Cotillard)
彼女は リュックべッソンのTAXIに出演しました。主人公
の恋人のリリー役です。
銀幕のメモワールや、エコール、ロング.エンゲージメントや
ティムバートンの
ビッグフィッシュにも出演しています。フランス映画において
今やNO1ですね。
最新作はリドリースコット監督の「プロヴァンスの贈りもの」
そしてアカデミー候補の
「エディット・ピアフ 愛の讃歌」

プロフィール
http://www.fmstar.com/movie/m/m0027.html

マリオン画像
 

 

 

 


こっちはヌード
http://www.1001famosas.com/famosas1/marion/marion04.htm

15 :名無シネマ@上映中:2007/09/25(火) 20:36:43 ID:WiH35jDF
マリオン・コティヤールは美人だし、今やフランスNO1の女優です。

20 :名無シネマ@上映中:2007/09/26(水) 09:42:58 ID:OU17zEmS
マリオンって身長どれくらいなんだろ?ピアフは150cmなかったらしいんだよね。

21 :名無シネマ@上映中:2007/09/26(水) 11:07:21 ID:3KEbehzz
>>20
マリオン170cm ピアフ142cm

24 :名無シネマ@上映中:2007/09/27(木) 14:07:13 ID:RWx+9l7B
上目づかいのシーンが多いのでそれで表しているのかな

25 :名無シネマ@上映中:2007/09/28(金) 05:23:40 ID:PvppI38W
>>24
そういう事か。
ピアフが142センチしか身長がないってのは驚いた。
スクールウォーズのイソップみたいだな。
あとマリオンの身長が170センチなのも驚いた。
他の映画を見てて、そんなに背が高くないのかなと思ってたから。

26 :名無シネマ@上映中:2007/09/28(金) 11:16:44 ID:ZEvg9NJT
偉大さを出すには葬儀のシーンを入れて欲しかった。
引っ張って ひっぱって 終わり方が なに これ?って 感じ

33 :名無シネマ@上映中:2007/09/29(土) 17:02:38 ID:I0CaPXCs
タクシー4に出なかったのは、これのため?

34 :名無シネマ@上映中:2007/09/29(土) 22:32:09 ID:pzXHXe5n
>>33私もそう思いました。。
今日友達と見てきました!友達と、視点が客観的&一つのエピソードを掘り下げてないから感情移入しにくいのでは?という話をしました。
確かに伝説の人だしエピソードありすぎだから、掘り下げてたら時間足りなくなりそうだけど…。
もちろん歌は良かった!!帰りにTSUTAYAでピアフと越路吹雪を聴きくらべたのも楽しかった。

36 :名無シネマ@上映中:2007/09/29(土) 22:44:56 ID:C+2chzCf
幼少のどん底が、いつも付きまとっていたんだろう。
モルヒネ中毒で肝臓をやられ、47で寿命が尽きる壮絶さ。
末期はもう、倍の年齢といわれても納得してしまうような姿。
最後の歌で立ち上がり、その後の海岸のシーンには泣けた。
初日初回特典で、日本語の生シャンソン聴けてよかった。

40 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 02:51:41 ID:ce2LrC+Q
初日早速みてきました。
かなりの力作です。
主演女優の役への入り方や演技がかなり素晴らしい。
日本のモデル上がり某主演級女優たちの演技が
いかに上滑りのものであるか・・・まあ比較しても仕方ないんだけれど(笑

47 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 04:05:11 ID:yeJtnjU2
さっそく観に行って来た。
彼女に凄く興味を引かれたし、全体的には面白かったし、感動する場面もあった。
ただ、幼少期~20代・中年・晩年と時間軸が短いスパンで入り乱れるため、大筋のストーリーは
追えても、各エピソードがあっさりし過ぎてて物足りなく感じた。
明らかに説明が足らないと思う箇所も多くて、カットしちゃいけない場面までカットしたんじゃない
かと勘ぐりたくなるほど。
DVDでもいいから、3~4時間くらいの完全版が出るといいな。

52 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 16:35:16 ID:8WMoLLRK
見てきた。
ちょっと詰め込みすぎで残念だったな。
確かにピアフの人生は余すところなく波乱万丈だけど、
絶頂期→マルセルの死→ピアフ葬儀辺りにもっと重点を置いて描いてほしかった。

55 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 21:39:04 ID:BmB0jCPi
エディットの人生は素晴らしい
なのに監督が台なしにしたような気がしてならない
20歳近い年下の恋人・テオとの愛も描いて欲しかった…
また、感情に正直な性格なのはよく描けていてよかったが、それにも説得力が欠けていた
エディットは貧しさの中で育ったから感情的にも恵まれていない

そこの説明がなかったのが残念
エディットを可愛がっていた娼婦のお姉さんも姉妹のような関係だったのか、母娘的な関係だったのか、どのくらい仲がよかったのかとかも不明な描き方だった
エディットの母親的存在で、エディットをめちゃめちゃ可愛いがっていただけに残念

58 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 22:28:29 ID:uBPll/tC
恋人の名前も娘の名前も「マルセル」?
娘が亡くなってからボクサーと出会ったんだよね?変じゃないか?
ていうか「モンタンが来てる!」って話してる時に楽屋の入口に立ってたチョイワルは誰なんだ?

60 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 22:52:05 ID:qeVX0YRs
>>58
変と言っても事実だから仕方が無い。
少なくとも映画のシナリオで作った話ではないから。
事実は小説より奇なり。

67 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 03:01:07 ID:+uR8Uq4c
撮影監督が実は日本人のナガタさんなんだよね。
撮影監督というのは実は監督並に大事。
スタッフは監督よりもむしろカメラマンを軸に動く。

63 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 23:34:23 ID:0xoq9Ir5
マルセルが死んでから、家(?)の廊下がそのまま舞台への
通路になるシーンはかなり良かった。

ディートリッヒってベルリンからアメリカにそのまま行ったイメージが強かったんだが
パリにも途中寄ってたんだな。

71 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 10:09:34 ID:sZ43ADZN
そういえばエディットの伝記映画ってこれが初かな?
だとしたら包括的に描かなきゃならなかったから
こんな作りなのも納得かな。
何年かしてまた作られるとしたら今度は恋人との関係をメインにした
内容がいい。

上の方でも言われてる通り、マルセルの死~舞台の流れはよかった。
「来てくれると思ってた。嬉しい。コーヒー入れるわね」
「そうそう、あなたにプレゼントがあるの」
「時計はどこ?腕時計よ。どこなのよ!」
って廊下や部屋をウロウロする、嘆きの顔で廊下を歩く、ステージ。
ここら辺、ピアフの頭ん中の回路みたいよね。
精神状態を覗かせてもらったらこんな感じなんだろうなー。
そして一人、二人、と増えていくピアフの側近の人たち。
何て言っていいのか戸惑う悲しみを堪えた顔、顔。
錯綜~錯乱してるピアフに対しての「現実」なんだけど
死の知らせを告げる役回りだから死神みたいに見えた。

私としてはもっとここを押すのかと思ったらで、ポン!と飛んでドライブ場面。
確かにピアフ伝説だしみんなもそこに反応するけど
案外本人は月日が経つとこんな風に回想してもアッサリ飛ばしちゃうもんかも、
と思ったな。

最後の最後、「いいえ、私は後悔しない(水に流して」で来るとはねー。
いや、定石だなーとは思うけど観てる時は意外に思ったもんだ。
パチッとそこで終わっちゃうから。

75 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 11:50:27 ID:tUzculHr
>>71
映画化は、今回2度目です。愛の讃歌 エディット・ピアフの生涯 (1974年)というタイトルで。
私は、中学一年のときに、見ました。

77 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 12:40:59 ID:UclM0YXg
マルセル・セルダンについてのトリビア

セルダンは初防衛戦で敗れ再戦に向かう搭乗機が墜落したが
その相手のジェイク・ラモッタは
マーティン・スコセッシが監督しロバート・デニーロ主演で
オスカーを獲得したレイジング・ブルの主人公です。

そしてラモッタの少年時代からの悪友のロッキー・グラジアノは
ロバート・ワイズが監督でポール・ニューマン主演の名作・傷だらけの栄光のモデルで
セルダンが王座獲得した相手のトニー・ゼールに勝って世界王座を獲得した
(その後ゼールが第三戦で勝利→セルダンが挑戦し勝利)。

因果は巡るって感じで久しぶりにクラシック映画を見たくなったです。


>>75
1983年にもÉdith et Marcelというタイトルで映画化されてますが
それとは違うのでしょうか、何回目なんでしょうね。
この映画ではセルダンの息子のマルセル・セルダン・ジュニアが父親の役をやっています。

83 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 17:48:35 ID:h8C7m1lv
マルセルの死の場面は良かったね。
この映画見に来る人は、大抵マルセルの死については知ってると思うから、
マルセルが朝ベッドに来るシーンで、観客に安堵感を与えて気持ちを一度フラットにしておいてから、
ピアフの友人達の表情で不安を抱かせ、ピアフが時計を探す様子で一気に落とす。
廊下から舞台につながるシーンも狂気的で印象に残った。
でも、愛の賛歌はもうちょっと聴きたかったなぁ。

89 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 20:49:29 ID:7wU9CJud
今日観た。
幼少期から壮絶!でしたね。でもおもしろかったです
140分とちっと長いのに全く飽きなかった

でも自分の好みとしては同じ女性の伝記物の『ミスポター』の方がストーリーが明るくて好みでした
両映画、愛しの人を亡くすシーンがありますが、こんなにも差があるのかと。人生いろいろですね
しかしどっちも良い映画には変わりません

ところで劇中の歌は女優さんが歌ってたの?それとも本物のピアフの歌を流したの?
教えてエロイ人

94 :名無シネマ@上映中:2007/10/02(火) 00:26:06 ID:Yrhk2ZLb
主人公のプロフィールが31歳で身長169センチと
書いてありましたが、背が実際のピアフのように
140センチくらいに見えました。

97 :名無シネマ@上映中:2007/10/02(火) 06:02:53 ID:quDHg6aT
>>94
周りの役者が、靴の中に敷物して高くしたり、逆に足が映らないときは
皆は底が高い靴、ピアフは裸足にしたりと工夫したみたいだよ。

109 :名無シネマ@上映中:2007/10/03(水) 00:40:41 ID:Ao4nbWGE
今日見てきた。哀切極まる数奇な人生と激しすぎるピアフの性格、
それらをドライなタッチで描いた演出に久々に満足させられました。
不勉強な物で主人公について何の知識も無かったのだが、
wikiを読むと描かれなかった部分のエピソードはもっとドラマティックだった事が分かった。

臨終の最中の少女期の想い出で、父親から人形を渡される場面がありましたが、
あれは果たして本当の記憶だったのか、はたまた少女期の妄想が混濁した意識に現れたのか、
興味は尽きませんでした。

110 :名無シネマ@上映中:2007/10/03(水) 02:24:31 ID:aQZ9gTes
確かにピアフの髪型と眉毛ってインパクトあるけど、
映画の髪型と眉毛はちょっとやりすぎじゃね?って思った。
ガイシュツだけど、ついついそこばっかり目がいってしまう。
ただ、マルセルと恋してる辺りはその髪型と眉毛を差し置いても綺麗だったな。
マリオン・コティヤールGJ

111 :名無シネマ@上映中:2007/10/03(水) 06:52:17 ID:nmlRr+8R
眉毛と髪型はしゃあないよ。
ピアフっていったらアレ、って感じだもの。
普通っぽくしたらコティヤールの美人顔が浮き出てきちゃう。
ピアフはいつも極端なスタイリングだったから仕様だね。

それにしても今もって終盤の楽屋口に顔を見せた「古くからの友人」って
誰だかわかんない。モンタンは固有名称で出てきたから違うっぽいし。
上の方で書かれてるチョイワルな感じの男性ね。

112 :名無シネマ@上映中:2007/10/03(水) 09:09:05 ID:Ao4nbWGE
>>111
> 今もって終盤の楽屋口に顔を見せた「古くからの友人」って誰だかわかんない
パパ・ルブレが殺された後、支援者になってくれたレイモンでしょ。
名声を得てクビを切った旨も台詞で示されてたかと。

140 :エディットピアフについて:2007/10/04(木) 18:00:30 ID:a5vzOIzB
エディット・ピアフのマリオンは特殊メイク。
実際は美人。

要するに松嶋ななこ、竹内ゆうこに淡谷のりこのメイクをさせたようなものだ。

141 :名無シネマ@上映中:2007/10/04(木) 18:20:33 ID:FnZNQCH2
表題曲の愛の賛歌が少ししか聴けないのって・・・
一番の山場じゃないのかよ

142 :名無シネマ@上映中:2007/10/04(木) 19:04:25 ID:bVwukqP2
>>141
原題は「薔薇色の人生」だからな。

165 :名無シネマ@上映中:2007/10/06(土) 00:53:04 ID:DyIAM6ah
ピアフは確かに短く壮絶な人生を歩んだけど、あの映画を観た限りでは、周りの人達に愛されていた幸せな人でもあったのかな~、と少し救われた。
ピアフの歌は勿論良かったが、インスト作品も切なく哀愁があって素晴らしい。
速攻サントラを購入!これからの季節重宝しそうです。
日本の若手女優は、これ観て勉強しなさい!

179 :名無シネマ@上映中:2007/10/06(土) 23:38:11 ID:YhIcyElU
今日豊島園で見てきますた~。

・・・良い意味でも悪い意味でもフランス映画だった。
フランスでは国民的な歌手なのでいいんだろうけれど、
よくピアフを知らない&ハリウッド式伝記に慣れてしまった漏れには、
少しだけ不親切なストーリーだと思ってしまった。

あと、出来ればもう少し主観的な視点を増やしていただけると、
感情的にこちらに返ってくる部分が増えたんじゃないかと思う。
それでもコティヤールの演技で十分入り込むことは出来たけれど。

日本の若手女優であれだけの演技が出来る人材を探すのは難しいな・・・。

199 :名無シネマ@上映中:2007/10/08(月) 06:30:44 ID:0JJXaRx6
宇多田ヒカルが尊敬するアーティストにPIAFの名前をあげていた

201 :名無シネマ@上映中:2007/10/08(月) 10:34:01 ID:25iY4S53
どうもピアフがオセロの松嶋に見えてしまってしょうがなかった・・・。

210 :名無シネマ@上映中:2007/10/08(月) 18:59:32 ID:QobUV4ZH
ボクシングのシーンだけど、マルセルと相手にだいぶウェイト差がありそうに見えて、
そこがちょっと気になった。

216 :名無シネマ@上映中:2007/10/09(火) 06:26:41 ID:7VNsuu6y
しかしイヴ・モンタンとの恋愛を描かない部分だけは残念だった…

PIAFSもこれまたフランス女で自由恋愛主義者だよな

気になる男が出来たら二股かけるわ、平気で捨てるわ

かと思えば不倫はするわ、これまた典型的なフランス女なのがいいよな

お前は沢尻エリカかよwと思ったりもする

217 :名無シネマ@上映中:2007/10/09(火) 09:06:23 ID:c7fKDXw6
 >>216
それでいて誠実に奔放なのかも。
ピアフもいい思いだけじゃなくて傷を負うんだけど
そういうふうにしか生きてる実感が得られない仕組みの生き物、かな。

220 :名無シネマ@上映中:2007/10/09(火) 21:56:21 ID:98ramL0l
エディット・ピアフのこと何にも知らないんだけど、
見ても楽しめるかな

221 :名無シネマ@上映中:2007/10/09(火) 22:59:06 ID:9DRktOv+
時間が前後するので混乱する
と、エディット・ピアフのこと何にも知らない知人は言っていた。

222 :名無シネマ@上映中:2007/10/09(火) 23:51:59 ID:7VNsuu6y
>>220
予備知識を蓄えておいてから見に行った方がいいとは思う

223 :名無シネマ@上映中:2007/10/10(水) 00:01:25 ID:eR+jbP8i
>>220
エディット・ピアフは知らなくても、エディット・ピアフの歌はきっと知ってる。

224 :名無シネマ@上映中:2007/10/10(水) 00:09:58 ID:ZBN3DbwA
うん。歌はさわりぐらいなら何曲か知ってる。
思い出せなくても、聴けば「あ、これもこの人の曲か」てのがあるかも。

290 :名無シネマ@上映中:2007/10/15(月) 05:21:29 ID:gAGqA3Fg
ちょっと同性愛風味だったモモーヌは
マルセルとの激愛を目の当たりにして
去っていったと言うことでオケ?
途中、ひげ生やして男みたいだたよね。



292 :名無シネマ@上映中:2007/10/15(月) 07:20:13 ID:ys20mwZw
>>290
ヒゲ、私も気になった。

293 :名無シネマ@上映中:2007/10/15(月) 07:37:43 ID:ys20mwZw
海外の人は日本人ほど腋毛とかヒゲとか気にしないで女性でも伸ばし放題が
あるらしいけど、それかな?
(そこまで再現して体当たりしているのか、いや、ツケ毛か)

384 :名無シネマ@上映中:2007/10/19(金) 10:22:50 ID:I6+2EeMm
うーん、昨夜みましたが、過去と晩年の時間のつぎはぎが多すぎて、
面白くなってくると時間旅行・・・という感じでした。
大物の自伝、伝記は特別さをアピールするための誇張や捏造も多いので、
街で歌って子供の時から注目され、すでに暗黒街とつながっているので、
スカウトした劇場主が殺されるあたりからじっくり始めてほしかったかも。

余談ですが、ストリッパー出身で玉の輿にのったロスチャイルド夫人は
自伝で、若い頃ヒッチハイクしたらピアフが乗せてくれて、
あの水夫帽をくれたと書いています。80才ちかいロスチャイルド夫人の
宝物だそうだけど、本当に持っているのか疑問。
大物はこういう可愛い嘘を混ぜるので、ピアフの若い頃もタイムマシンでも
ないとわからないところは本当にわからないんでしょうね。
カルティエの時計は誰がとったのかな。
シャネルが亡くなった時も、取り巻きとともに貴重品がごっそり消えたとか。

386 :名無シネマ@上映中:2007/10/19(金) 11:53:09 ID:4BXbIB7C
>>384
カルティエの時計がなくなった件に関してあまり描いてないね。
そのあたりがフランス映画っぽくて好感が持てた。

686 :名無シネマ@上映中:2008/02/11(月) 17:35:25 ID:VXI/oLlX
英国アカデミー賞

4部門受賞おめ!

706 :名無シネマ@上映中:2008/02/23(土) 21:59:37 ID:rmAWCmjP
フランス映画なのに主演女優賞に何でノミネートされてるの?

707 :名無シネマ@上映中:2008/02/23(土) 22:00:41 ID:sQ2wzbu0
あめりかで上映されたから

712 :名無シネマ@上映中:2008/02/25(月) 12:17:15 ID:AbPLyezn
主演女優賞だよ!すげえええええええええええええええええええええええええ!!!

716 :名無シネマ@上映中:2008/02/25(月) 12:27:02 ID:3rNpQcz/
マリオンおめでとっ!!!!!

770 :名無シネマ@上映中:2008/03/12(水) 08:59:24 ID:gQqSIUhb
エディットピアフの演技を見れば受賞は納得ですね。


関連記事

  1. 2008/10/25(土) 14:23:39|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウォンテッド | ホーム | 東京大学物語>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/344-49ca017c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR