2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

桐島、部活やめるってよ

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1336744865/
5_20130103011939.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2012/05/11(金) 23:01:05.57 ID:4QLiTSkT
早稲田大学在学中に小説家デビューし、第22回小説すばる新人賞を受賞した朝井リョウの同名小説を、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の吉田大八監督が映画化した青春群像劇。田舎町の県立高校で映画部に所属する前田涼也は、クラスの中では静かで目立たない、最下層に位置する存在。監督作品がコンクールで表彰されても、クラスメイトには相手にしてもらえなかった。そんなある日、バレー部のキャプテンを務める桐島が突然部活を辞めたことをきっかけに、各部やクラスの人間関係に徐々に歪みが広がりはじめ、それまで存在していた校内のヒエラルキーが崩壊していく。主人公・前田役に神木隆之介が扮するほか、前田があこがれるバトミントン部のカスミを「告白」の橋本愛、前田同様に目立たない存在の吹奏楽部員・亜矢を大後寿々花が演じる。

監督 吉田大八
製作指揮 宮崎洋
製作 菅沼直樹
茨木政彦
弘中謙

キャスト 神木隆之介 前田涼也
橋本愛 東原かすみ
大後寿々花 沢島亜矢
前野朋哉 武文
岩井秀人

製作年 2012年
製作国 日本
配給 ショウゲート
上映時間 103分
映倫区分 G


269 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 12:49:30.10 ID:XVh70wJk
若い時にこういう映画に出会えるか出会えないかで映画の観方が変わるんじゃないかと思う
少女漫画、携帯小説みたいな映画より当たるべき

241 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 00:51:46.93 ID:DcvzxBtg
イマイチよくわからず終わった
夏バテかな俺

371 : 名無シネマ@上映中 : 2012/08/13(月) 15:38:07.75 ID:JTBxFSx2

d2002_20130103012017.jpg

屋上で飛び降りたのはだれ? 帰宅部の奴がみた幻想ということなのか
よくわからん

372 : 名無シネマ@上映中 : 2012/08/13(月) 16:13:22.33 ID:gu0Pc0oH
>>371
あれは一応桐島じゃね。映画部もそのあとすれ違ってたし

374 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/13(月) 16:38:29.74 ID:0+6fDEIm
>>371
あれが桐島であるかどうかはわからない、あれは皆がそこに桐島を観たかったという欲望の象徴みたいなもの、と監督はインタビューで言ってるね。

192 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/11(土) 21:37:11.83 ID:0KdLoaZD
原作詠んでないから桐島が出てないのに違和感があった
霧島って本当にいたのかも良く分からん
幽霊生徒みたいな扱いだったなw

194 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/11(土) 21:40:29.33 ID:4kPBW+YK
>>192
まぁちょっと過剰に出なさすぎだよなw
マクガフィンだからしょうがないと思うけど、メール返さない、電話誰がかけても出ない、姿を5日間一切見せない、
桐島ヤバくね?死んだんじゃね?ってウワサされるレベル。
しかも全員桐島桐島叫び過ぎだし…屋上シーンとかねーよwって感じ。

196 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/11(土) 21:42:47.94 ID:II32/Fj7
>>192
実は前半の方は「どいつが桐島だ?」っていうサスペンス要素で盛り上がってると思う。
なにげに帰宅部のあいつが桐島か?みたいなミスリード誘ってる感もあるし。

197 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/11(土) 21:46:32.88 ID:Cyut4bj4
>>196
え?そんな感じだったけ?

205 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/11(土) 22:00:43.97 ID:II32/Fj7
>>197
あ、違った?w 
少なくとも俺は最初の方、桐島探しでかなり集中して映画みてた。

203 : 名無シネマ@上映中 : 2012/08/11(土) 21:58:53.56 ID:j7/2D6xW
>>196
わかるわ、俺も途中まで菊池が桐島なんじゃないかって思ったもん。

もう菊池って名字ついてるけどww

206 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/11(土) 22:01:19.82 ID:uQDLNgcE
もう桐島が出てこないって分かってたから前半はそういう見方出来なかったわ。
でも確かに全く原作の情報無かったらそういう考え方も出来るね。

202 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/11(土) 21:56:37.19 ID:Dd/Xto/c
原作でも本人が出てくるわけじゃないけど
バレー部を辞めたいきさつははっきり描かれて
菊池が桐島に対して思ってることも描かれ、最後のカメラの蓋のシーンも
桐島の事が絡んでくるだけの存在感はちゃんとあった

そもそも原作はみんなが桐島にあまり固執してないから出てこなくても違和感無いけど
映画はみんな桐島、桐島騒いでるのに何も無いから違和感は仕方ないかも

204 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/11(土) 22:00:37.68 ID:WkILTfWa
>>202
桐島がバレー部なんでやめたかだけは気になった
原作読んでみるか

301 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 23:33:11.23 ID:WCxBDLeo
桐島の家にいけばいいのに

302 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 23:44:56.94 ID:xuUGQSlQ
>>301
あっww

184 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/11(土) 20:19:37.64 ID:Cyut4bj4

Darth_Vader_20130103012011.jpg

意外と野球部のキャプテンがよかった。

231 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 00:21:19.75 ID:Q7B9hRZ8
野球部キャプテンの「ドラフト終わるまでは野球部辞めない」には感動したわ。

234 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 00:35:41.40 ID:xuUGQSlQ
>>231
俺もそこで泣いたのに、周りがみんな笑っててイラっとした
別にあれはギャグじゃないのに

240 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 00:50:21.69 ID:n98zxCif
>>234
ドラフトかかるにはスカウトが着てないと駄目だからだろ
後、本人がプロ志願届を出してないとドラフトに掛けられない

253 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 06:12:48.28 ID:051nFaUB
>>234

51_20130103011942.jpg

そういう人はリサ サナと同じ目線なんじゃない

258 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 09:16:45.21 ID:xuUGQSlQ
>>253
それだ!リサとサナはキャプテンを馬鹿にしてるタイプだ

236 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 00:40:15.94 ID:zg9yOIuc
野球部にまだ未練あって、
キャプテンに「来週の試合・・」って言おうとしたところに
「応援でいいから」と先に言われてしまい、野球部はもはや、
菊池が戻れる場所ではなくなってしまった瞬間が、何とも言えない。

237 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 00:42:05.94 ID:xuUGQSlQ
でも菊池が腹を決めて戻りたいと言えば、キャプテンは歓迎してくれる

238 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 00:47:50.97 ID:01+lReUz
あのキャプテンいいなぁ。

187 : 名無シネマ@上映中 : 2012/08/11(土) 21:03:24.30 ID:j7/2D6xW

a_k_20130103012018.jpg

菊池の最後がすごい不思議だった

188 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/11(土) 21:11:57.42 ID:PG7KFjEQ
>>187
なぜ?

191 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/11(土) 21:19:44.08 ID:4kPBW+YK
>>187
菊池はなんでも出来るし、彼女もいるし学内ヒエラルキーの頂点、リア充グループに所属しているが、
野球から遠ざかり、なんとなく毎日を過ごしている。
野球に未練があるが、彼自身はそこまで愚直に野球に没頭する事が出来ない。
野球部の先輩は本当に野球が好きで好きな物の為に一途になっている。彼はドラフトにかかることはない
と理解していながらも好きな野球に精進している。
学内ヒエラルキーの最下層の映画部の前田は菊池に取っては空気みたいな存在だったが、彼も情熱を燃やしている物があった。
しかしその彼も映画監督は夢でしかないと悟っていて、それを受け入れている。それでも好きな物に没頭している。

この2人の発言は何でも出来るが心から熱くなれる物がない(もしくは野球を続けてもプロになれないのなら意味が無いと考える)
菊池にとってはあまりにも眩しすぎて自分が恥ずかしくなり、行き場の無さを与えている。
菊池は自分が空っぽな人間だということに気付き、途方に暮れている。それから先どうなるかは想像するしかない。
最後のグラウンドは菊池にとってあまりにも輝いて見えたと思う。

この映画の主役は菊池だと思う。彼のような一見最上位の人間の持つ痛みが曝け出される構成になっている。
彼が野球部に戻ったのか、戻らなかったのかは観た人の人生観で変わるんじゃないか。

195 : 名無シネマ@上映中 : 2012/08/11(土) 21:42:17.12 ID:j7/2D6xW
>>191
ものすごいよくわかりました
ありがとうございますm(_ _)m

213 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/11(土) 22:21:33.56 ID:gCNFJwge
>>191
たしかに菊池が主役って感じだったね
ギャル二人はヒールな役回りだったから共感はないけどリアリティあったし
他の役もみんな主役といえるほど短い時間ながらも心象描写がよかった
ラストも最近には珍しい投げかけた感じで「これが日本映画だ」の煽りに納得の出来だった

221 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/11(土) 22:55:14.69 ID:gC/Px7ud
>>213
珍しくもないような・・・
最近じゃ悪人とかもそうだし
むしろモヤモヤ提起は日本映画によくある

216 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/11(土) 22:28:06.27 ID:ofjs2r3d
菊池の心境って、直後のエンディングの歌詞で言われてるんじゃないかな
「自分だけが置いてけぼりをくらってる気がする」って。

218 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/11(土) 22:30:47.91 ID:uQDLNgcE
>>216
主題歌良かったなあ

355 : 名無シネマ@上映中 : 2012/08/13(月) 14:21:19.63 ID:/a/fLm6C
菊池と大後が、窓の外の景色を眺める場面で一瞬無音になるけど
あのシーンはハッとするほどキレイだった。

360 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/13(月) 14:38:17.78 ID:ULjkIIA0
>>355
俺もあのシーン好きた。

421 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/13(月) 23:05:01.72 ID:YDNwNr6Q
原作知らないけど桐島が部活辞めた原因はまわりのプレッシャーに耐えられなくなったからじゃないかと想像してる
勝手に偶像化されて勉強もスポーツも遊びも完璧にこなすスーパーマンに祭り上げられてたけど本人はそうじゃなかったんじゃないかと

登場人物で一番桐島に近いと思えるのが宏樹だけど彼も野球もバスケも何でも出来て容姿も端麗な理想的な人物だけど本人はそうじゃなくて
頑張っても結果が出なかったらとか自分の限界が見える事に漠然とした不安抱えてて部活から遠ざかってしまうんだけどかといって辞めるわけ
でもなく未練たらしく野球部のバッグを使い続けてる
そのせいで彼女もいるけどどこか上の空で女をイライラさせている
それが最後の前田の監督になるのは無理だと思うけど映画は好きって話聞いて挑戦することから逃げていた自分に気づかされて泣いたのかなと思った
最後桐島に電話したのは「俺ももう一度野球部やってみようと思う。お前もバレー続けてみたらどうだ?」って励ます為だったんじゃないかな

424 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/13(月) 23:23:54.14 ID:SeLXnfOW
>>421
だいたいそんな感じかな

243 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 01:04:27.22 ID:EhSUMHXJ

41_20130103011940.jpg

神木くんが主演なのに空気扱い・・・

248 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 02:51:15.79 ID:vu3ne9x9
>>243
そうでもない
ちゃんと主演としての見せ場があるじゃん
神木が完全にオーラを消し去っていることで、
地味な映画部部長は説得力のあるキャラになるんだ

244 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 01:06:14.25 ID:n98zxCif
>>243
主演の割にはちょっと地味な役立ったからな
映画部の部長とか地味だしw
菊池が主役みたいといわれるのも妙に納得してしまう

245 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 01:42:41.75 ID:FYfPGITj
主役は(桐島)だろ

246 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 02:25:52.73 ID:xpeNhn5r
パンフに原作者のコメントが載ってるけど
菊池がこの作品のコアだと言い切ってる。

映画においてもその部分が一致しているので
原作者としては満足らしい。

だから主役は菊池。

249 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 02:54:52.80 ID:5nf2EMTt
群像劇だから主役は観た人の入れ込み具合で変わってくるだろ。

264 : 名無シネマ@上映中 : 2012/08/12(日) 11:17:37.67 ID:5JqfKck9
多分この映画は人によって見方が変わってくると思う。
近頃の女子高生とかはサナとかに共感すると思うし、あまり学校にとけ込めてない人は前田とかに共感すると思うし、周りから期待されてても自分が何をしたらいいのかわからない人とかは菊池に共感すると思う。
この映画は子供とかが見てもあまり共感できないと思う、中高生とかが一番共感できると思う。
俺は情けないけど菊池の近くにいたパーマに一番共感してしまった。

77_20130103011951.jpg

271 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 12:59:49.88 ID:LRn6z6bG
これは良作!なんとなく桜の園(もちろん1990年版w)思い出した
さんま先生のもときはヒーローショーとか地味ながらいろんな役やってるな

265 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 11:33:54.15 ID:ByerjdNj
この映画は中高生でも共感は出来るだろうけど、一番はやはり既にそれ(高校生時代)が終わってしまった
人達が一番共感を持って見つめることができると思う。
俯瞰と言うか、自分たちが昔いた場所を冷静な視点で見つめ、自分は前田だっただとか菊池だっただとか。
子供は共感どころかまだわからないだろうね。中高生は感覚的に共感すると思うけど、彼らもまだ当事者なわけだから
それぞれの持つ痛みの意味までは汲み取るとは出来ないと思う。
基本的に青春映画ってのは青春が終わってしまうことを知っている人に向けて作られていると思う。

262 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 10:43:59.57 ID:uuPSWTqD
神木はちょっと残念な演技だったなあ
ヲタクってもっとダサくて不思議ちゃんでキョドッてるものだよ
何か微妙にナルシストな演技入ってて(かすみと話した後でジュース飲む前の表情とか)
前田になりきれてなくて残念だった

282 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 18:05:38.73 ID:RQZ/VLyD
>>262
小説を読んだけど、神木が前田にピッタリだと思う
なんでオタクはダサいキャラじゃなければならないの?
小説の中の前田も中学時代は上の層にあったのだ。
前田のイメージは小説とほぼ同じだ

そして午後ティーを一気に飲み干すシーンの表情、しぐさもリアルで完璧だと思う

283 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 18:20:35.45 ID:uuPSWTqD
>>282
あの演技を完璧と言うあたりが神木ファンだな

いつも神木は表情がかなり「かわいこぶってる」んだよ
ファンはフィルターかけて観るからわからないだろうけど

神木はヲタクを演じても洗練されたお坊ちゃまのイメージのままだ
残念ながら神木は原作の前田にはなりきれてない
自分はアンチ神木ではないよ
原作ファンで、神木の演技は正直あんまり見た事ないが
今回の意識しすぎな神木演技はがっかりだ

272 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 13:38:06.28 ID:1fBBZHWz
今日観てきた。
通ぶって映画秘宝読んでた(今も読んでるが)俺としては、身につまされるぜw
菊池の涙は、若さ故の万能感が嘘っぱちだと気づいたのか、楽しくやってきた
つもりだったが、自分には熱くなれるものも必要とされる事も無い事に気づかさ
れたからなのか?

14_20130103011945.jpg

橋本愛の役は目立つけどあんまり意味の無い役だったな。アナザーといい、貞子
3Dといい、事務所があんまり育成方針考えてないのか?

281 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 17:46:55.95 ID:95RsyFnd
>>272
原作では、橋本のかすみはあまり出番のない役だけど、
前田が主役になるから、かすみは重要なポジションを得たのだ
ちょっと無理を感じる

275 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 14:41:40.23 ID:Td6lxfax
誰とでも無難に付き合えてて部活もちゃんとやってて普通に彼氏もいる、
ああいうポジションもこの映画では必要っちゃ必要。ただ橋本愛だとちょっと可愛すぎな気がしたが。
前田を上げて落とすには良い役割だったし最後には女にビンタ喰らわせてたし、
あの中じゃ一番学生生活を満喫しているような気がした。

276 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/12(日) 15:06:53.11 ID:IQEztBaG
>>275
なるほど、確かにそうだ。

313 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/13(月) 01:19:00.82 ID:h+ugDGsp
橋本愛に彼氏いるのがショックだったなー
それ以降前田に感情移入して映画を見てしまった。
これがハリウッド映画なら、最後の方の屋上のシーンでの前田の挙動に、橋本愛が感動して、彼氏を振って前田とくっつく流れになるんだけどね。
そうなる気配すら無いのが邦画の良い所だね
やっぱ邦画最高!!

338 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/13(月) 12:15:10.74 ID:YDNwNr6Q
あんなにかしこそうな子が「ウンコがすっげぇ硬くてさ~」とか平気で口に出しちゃうDQNと付き合ってるのがリアルだったよな
せめてあの野球部サボってる子みたいな繊細さが漂うイケメン相手ならまだしも一番チャラそうな奴とデキてるから破壊力がパない

339 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/13(月) 12:19:33.53 ID:0+6fDEIm
あれが現実だよ。
前田が映画の話をかすみにするシーン、悪夢としかいいようのない時間。

340 : 名無シネマ@上映中 : 2012/08/13(月) 12:27:29.10 ID:pX3chZDD
この監督って見たくないものを描くのがうまいんだろうな
他の作品もなんかそんなんだった気がする
映画観終わったあといろいろ考えさせられたし
なんか良かったわ。主題歌も良かったし
かすみとチャラ男の件は早く忘れることにする

341 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/13(月) 12:27:30.56 ID:ULjkIIA0
放課後いちゃつくカップルのいる教室に入った時の気まずさを思い出したな。まして前田は好意を寄せてる子だからキツイわ。

390 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/13(月) 21:27:29.48 ID:z6T2tm4Y
かすみは帰宅部の彼氏が好きなんだろうけど、女子間で帰宅部男の評価が低いから言い出せない。
前田に対して他の女子みたいに上から目線を取れないのはそういう態度を取ることに日和ってるだけで、
実際はリア充層にしがみつきたい。

ということなのかと思ってました。前田の妄想?でゾンビに食われる側にかすみも回ってたっていうのが、
前田のなかの離別というか諦めの心象描写だったんじゃないかなー

392 : 名無シネマ@上映中 : 2012/08/13(月) 21:37:57.30 ID:/a/fLm6C
>>390
なるほど~よく観てるね

394 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/13(月) 21:46:24.39 ID:g7v9R7wQ
>>390
小説だとパーマは女子の間でものすごく人気ある役だった

381 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/13(月) 19:49:49.46 ID:krUCBzMG
あ、でも、カスミが本当は前田が気になってる
っていうのは非リア充の妄想ですか?

382 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/13(月) 19:57:12.58 ID:UlIqHEBt
ちょっとそんな風にも見えた。

383 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/13(月) 20:06:30.14 ID:0+6fDEIm
>>381
妄想だよ…そうやって自分のいい方に解釈→過程も踏まず告白→避けられる→激昂
みたいな展開に進むんだ…。
かすみは間違いなくあのチャラ男が好きだよ。前田は同級生だったよしみで昔はそれなりに仲良かったから
気にかけてるだけ。

384 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/13(月) 20:14:45.70 ID:ULjkIIA0
>>383
女はそういうもんだよな…

387 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/13(月) 21:09:23.45 ID:0Elun3b4
>>383
現実に戻されたは

224 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/11(土) 22:59:17.20 ID:L+InpYF2
まさかの鉄男にまた笑えた

317 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/13(月) 08:03:36.42 ID:Wsut8qLb
原作では映画ヲタが持ち上げる女優が蒼井優だったと思うけど
映画では満島ひかりになっていたな

320 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/08/13(月) 10:17:50.10 ID:fiMO6mj2
>>317
原作のキネ旬が秘宝になってジョゼだったのがロメロと塚本だから多分監督の趣味

323 : 名無シネマ@上映中 : 2012/08/13(月) 11:00:21.88 ID:FNAu9PtU
キネ旬じゃゾンビにもっていけない

関連記事

  1. 2013/01/03(木) 10:32:53|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アサルト13 要塞警察 | ホーム | ドラえもん のび太と奇跡の島 アニマルアドベンチャー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3410-15cfe4ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。