2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

バタフライ・エフェクト3/最後の選択

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1256126808/
5_20130102205208.jpg

1 : 名無シネマ@上映中 : 2009/10/21(水) 21:06:48 ID:GIx1UE8Q
自由自在にタイムスリップできる男を描いた「バタフライ・エフェクト」シリーズの第3弾。米TVシリーズ「デスパレートな妻たち」のクリス・カーマックが主演。過去に戻って殺人現場を目撃し、警察の捜査に協力することを生業としていたサムのもとに、ある日、かつての恋人レベッカの姉・エリザベスが訪ねてくる。「10年前に妹を殺した犯人を捕まえて欲しい」と懇願されたサムは、周りの反対を押しのけて事件の真相を究明しようとする。

監督 セス・グロスマン
製作 J・C・スピンク
脚本 ホリー・プリクス

キャスト クリス・カーマック
レイチェル・マイナー
ミア・セラフィノ
サラ・ハーベル
ケビン・ヨン

原題 The Butterfly Effect 3: Revelations
製作年 2009年
製作国 アメリカ
配給 リベロ、AMGエンタテインメント
上映時間 90分
映倫区分 R15+


2 : 名無シネマ@上映中 : 2009/10/22(木) 06:42:38 ID:ftqNI3BF

14_20130102205210.jpg

最後に女の子が人形を焼いたのはどういう意味だったんだと思う???

4 : 名無シネマ@上映中 : 2009/10/22(木) 20:44:12 ID:CJVfbXMe
私もそこがちょっと意味がわからなかった。

でもやっぱり1のが、
面白い!
て感じたな

2見てないけど。

5 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2009/10/23(金) 17:02:51 ID:Dkte3nIH
やっぱり 1 は超えられないな

22 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2009/11/18(水) 20:51:41 ID:ytvVLB41
さっき3見たけど2より面白かった
最後に人形焼いたのは妹の魂が子供に宿ってて
今度は復讐に走るってこと?

25 : 名無シネマ@上映中 : 2009/12/22(火) 21:13:47 ID:xR86HR8w
>>22
どうだろう考え方は色々あると思う。
・女系の頭がおかしい血筋
・名前を同じにしたから(名前で運命が決まった)
・生まれ変わり
とか。

26 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2009/12/23(水) 02:14:39 ID:AvlRXVnB
普通に良作だった


お前ら、人形の件
読みとれてなさすぎだろ
あの娘がタイムスリップで主人公の妹を殺したってことだよ

つまり、妹がタイムスリップして婚約者を殺しまくると
娘は生まれない。
だから娘は妹を放火で殺した。

矛盾というか少し統合性がきついってのはそういう意味だ

29 : 名無シネマ@上映中 : 2009/12/23(水) 19:51:50 ID:irIJugjg
>>26
なるほど。
でもそうなると
娘は自分が生まれないバージョンの歴史をどうやって知ったんだ?
人間は自分が生まれているバージョンの歴史しか知り得ないのに…

作り手が伝えたいこととしては正解なのかもしれんけどもさ…

31 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2009/12/23(水) 22:27:32 ID:JwOITxpI
>>26
論理性まったくゼロの推論だな
妹が生きている人生では娘は生まれてないんだから
タイムスリップも妹を殺すこともできない
妹が死んでる人生で生まれた娘は
死んだ妹を知らないし恨む理由もない
名前が一緒だったし妹の生まれ変わりと考えるべき

32 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2009/12/24(木) 07:03:46 ID:xCyTQMZI
>>31
だから、「統合性がきつい」って上記の人も言ってるんじゃないか?
ニワトリが先か卵が先かみたいなアイロニティだとおもうよ
生まれかわりって言うほうがちょっとキツい気がする…

33 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2009/12/24(木) 09:46:00 ID:d5inQ3CN
>>32
言ってることの矛盾は統合性がきついですますのかよw
どうみても娘が妹を殺したとするのほうが無理があってキツいだろ
娘が妹を殺すと仮定しても、手段の点で見て、妹を殺すのが目的なら、
他の家族が死ぬ可能性がある家への放火はしない

娘が妹を殺したという確信があるのなら、
娘が妹をどういう経由で憎むようになって、どうやって放火して妹を殺したのか具体的に教えて欲しい

34 : 名無シネマ@上映中 : 2009/12/24(木) 17:27:16 ID:LLcb+K2t
だから代々「女系の頭がおかしい」んだよ。

2でも悩んで自殺する家系(思考経路)だったじゃん。
まあ、過去の改良がそもそも難しいのかもしれんが。改悪は楽でもね。

35 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2009/12/25(金) 00:57:14 ID:IG1TCSK5
この映画では過去に戻る時「過去の時点での姿となる」という大前提がある。
ゆえに娘が放火した説はありえない。
代々、タイムトラベル能力が遺伝していることに注目すると、放火犯は自ずと見えてくるかもしれない。

最後の人形を焼くシーンは生まれ変わりと考えた方がいいだろうな。
何にせよ1と比べて非常にチープな映画に成り下がった。
ただのホラー映画という意見に激しく同意。

37 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2009/12/25(金) 15:18:13 ID:wWENr6XW
>>35
それでも2よかマシ

86 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/02/23(火) 19:54:06 ID:tOs/TaF2

a_k_20130102205226.jpg

ラストのシーンは主人公の娘も能力者で
全くの別件で娘が能力の発動中って解釈してた。

98 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/03/22(月) 10:38:04 ID:HhqMPOM3
>>86
一番すっきりした

93 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/03/13(土) 03:12:02 ID:S5r3ROFS
ラストシーンは娘が放火犯だった説を支持。
そうでないと妹が投げかけた疑問「兄さんが火をつけたの?」が解決しない。
火事の原因に疑問を投げかけながら、作中で疑問が解決しないならあの伏線はいらない。
兄の救出の手際が良すぎたから疑ってるんだけど、それすら本来は必要ないセリフ。

ただし、監督は娘犯人説をほのめかすことで、
最後に不気味な余韻を残すのが目的だったんじゃないかと思う。
能力のルールに矛盾が生じるのも承知の上と思う。
1の時から深く考えると矛盾が生じるシーンなんて多数あるし。

94 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/03/14(日) 01:31:53 ID:xO5UPbON
>>93
たしかにな

102 : ◆WVnKiwepmk [sage] : 2010/03/24(水) 09:09:34 ID:SSInjieW
これこないだツタヤで借りてみたよ。
最後の人形を焼いてるのが「娘が放火の犯人かもよ」の含みだとしたら、
この監督や脚本はプロットが弱いね。

その弱さは「家が火事になる時には娘は生きてないから戻る体がないじゃん」うんぬんじゃなくて
「放火=娘が生まれる」になる未来はこの映画内で1つしか提示されてない件。
放火しても、妹が生き残って、娘の母親になる人が殺される世界が無数にあって、それを1時間半ぐらい映画で見せてたんだから。

つまり娘が生まれるために必要なキーは「放火」じゃなくて「妹が死ぬ事」なんだよね。
だから「娘が放火犯かも・・・」って含みじゃ色々と弱い。
だって放火しても自分が生まれない未来をずっと映画でやってきたんだから、説得力がないわけ。
したがって「バービー人形を燃やしてニヤニヤ」でお終いじゃだめ。

バービーちゃんを燃やしてニヤニヤのあとに例えばこういうカットを入れれば怖かった。
主人公は過去に戻り「火事でもドアを開けずに妹を見殺す」って選択をしたじゃん?
そして燃える家の外で主人公と両親が写ってるシーンね。
あそこで、実は・・・みたいなのを見せればよかった。

例えばあの場面で、兄がドアを開けずに外に出て行った後、
兄は助けてくれなかったけど、妹は実は自力でドアから出れそうだった・・・と。
妹はドアを開けようとする。
でもそのドアはバービー人形でつっかえ棒されてて開かなかった

とかならばっちりオチたのになぁ・・・と。

103 : 名無シネマ@上映中[age] : 2010/03/24(水) 09:17:50 ID:NNCxZ6pe
>>102
それはあんた…
映画あんまり見ない人?

108 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/03/25(木) 08:01:07 ID:zGSEfLNa
>>102
火事がなければ妹が兄に惚れることも無かった件

109 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/03/25(木) 09:45:54 ID:PBhdjXyo
妹が兄にほれたら娘生まれないんだから
やはり放火は娘にとってマイナスだな
娘が放火するメリットないわ

154 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/05/13(木) 00:29:51 ID:4k7BwPmD

77_20130102205211.jpg

妹のジェナがすごく可愛い女の子だった。

159 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/05/13(木) 22:59:44 ID:mLsOIq3C
あんな妹いたら取り敢えずセックスしちゃってから考えるよなあ
過去変えられるんだし

160 : 名無シネマ@上映中 : 2010/05/14(金) 00:02:36 ID:iF1CEmLu
>>159
おまえに姉妹がいたら夢にもそんなこと考えないよ。

161 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/05/14(金) 00:25:41 ID:TnPfhuXk
>>160
28歳の妹がいる

36 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2009/12/25(金) 08:16:21 ID:NX1h1ytg
3は「バタフラエフェクト」はあんまり起こらんかったよな…
妹の陰謀だったし
ハゲが囚人になってたり弁護士になってたり
主人公の住処がランクダウンしまくる程度か
でも、3は単体ではよくまとまってたと思う
劣化コピーした2よりはちゃんと「作品」を作ろうって意志を感じる

151 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/05/07(金) 19:07:13 ID:ckna1UcL
1>3>2の映画

152 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/05/08(土) 05:37:43 ID:oP/MD9YG
1>>3>>>>>>>>>>>>>>>>2の映画

24 : 名無シネマ@上映中 : 2009/12/21(月) 05:39:19 ID:RlxUY/6h
みんな2より3がいいと言うんだが3の良さが分からない。なんか、いろいろとひどくないか?

27 : 名無シネマ@上映中 : 2009/12/23(水) 12:38:24 ID:gZuqPfTf
2も凡作だったけど今回ただのホラー映画になってて呆れた。
1のもっていた悲しみやもの悲しさがことごとく消滅してる。
血まみれ指チョンパ場面のあとフレンチフライにケチャップにつけて食べてる場面とか
品がなさすぎ
どうしようもない愚作に違いないと分かってても
1好きなのと時間旅行もの好きなのでつい借りてしまったわ

笑ったのはキルステンダンスト劣化コピーみたいな
不細工妹が兄貴の唇にチューしようとするとこw

42 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2009/12/27(日) 18:25:03 ID:sMjXzPdn
1、2と見てたから実家帰って暇だし軽い気持ちで借りて家族で
見たんだけどさぁ。
妹も一緒に見てたからすげぇ居心地悪い空気になっちまったよ…

43 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2009/12/27(日) 20:54:52 ID:zqWOkcBD
わかりますwwww
あのENDじゃねーwwwwww

でも、1,2みて
あれを家族で見ようという英断自体がすごいけどなww

60 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/01/04(月) 00:00:47 ID:l+h0rRMT
3を見終わってここに来たんだが、よくわからんかった。
2は見てない。
そういえば、1で父親も能力があったから、遺伝するんだな。
でも、途中で思ったんだが、能力者が2人以上いるのは面白くないな。

この映画の醍醐味は、過去をほんの少し変えただけで、未来が大きく変わることだろ。
明らかに主人公何もしてないのに、
過去から帰ってきたら未来が変わってました、というのは、
なんかおいしいとこ全部他のやつが、持って行ってるというか、
がっかりだった。犯人が誰かとか、
妹以外だったら面白いのにと思っても、登場人物少ないからがっかりだ。

しかも妹も、もっと悲壮感たっぷりなら
まで面白いのに、なんで犯人役っていつも笑顔なのかと。泣けよ。
作者的には、男=馬鹿、女=賢いみたいな図式があるんだろうか。

66 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/01/10(日) 19:07:34 ID:hFYi/uwU
あの火事が起こった日の数時間前に戻って
両親と妹をどこか飯でも食いに行こうとか適当な口実で
家から遠ざければ両親も妹も死なずにまた違った未来に
なったんじゃないかと思うんだけど。それでも自分の命を救ってくれた
って事で結局妹はブラコン殺人鬼になるんだろうから
火事で全員生存しても結局未来は変わらないのか

69 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/01/11(月) 14:32:08 ID:2ZiDm16H
>>66
ガス漏れ事故だから
家にいないと火がつかない
=時間が遅れるだけ

もし、娘の放火だったとしても
娘が放火の時間を変えるだけ

70 : 名無シネマ@上映中 : 2010/01/17(日) 00:15:26 ID:rjILBV3s

d2002_20130102205227.jpg

バーのお姉ちゃんはなんて女優さん?

71 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/01/24(日) 21:57:20 ID:d/r8K5yk
>>70
Melissa Jones

今度、近所のバーでバタリー・ニップル頼んでみるか…

115 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/03/28(日) 06:24:32 ID:Y5d6HccK
3、思ったより面白かったな
いきなりのエロシーンには笑っちまったけど

106 : 名無シネマ@上映中 : 2010/03/24(水) 14:31:42 ID:AXrUo9+c
エロシーンいらない

145 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/04/24(土) 22:55:23 ID:/qWQqO/U

41_20130102205210.jpg

主役の男がCSI:NYに出てた
全く同じ演技してたからすぐわかった

82 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/02/15(月) 12:33:46 ID:ItbP6Hgl
3を見終わってから色々考えてたんだけど
主人公は過去の自分の身体に憑依する形で戻るわけだけど
意識は現在に戻っても、残された過去の自分は未来の記憶を
ずっと持ち続けてるのかな?
だとすると、ラストで初恋の相手でなく姉の方と結婚してるのも
納得なんだけど

83 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/02/15(月) 18:52:24 ID:WXSvgUq6
意識を過去に戻して行動を変えて現在に戻る
戻った現在では、過去に行動を変えたことにより人生も変わっている
記憶は、今までの人生のもの全てが残ってる
ってことじゃないかな

136 : 名無シネマ@上映中 : 2010/04/20(火) 18:51:15 ID:2s4aHVFx

Darth_Vader_20130102205227.jpg

これどうしてレベッカじゃなくてリズの方と結婚してるの?

137 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/04/20(火) 20:43:57 ID:uSWP2t2J
パラレルだから

138 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/04/20(火) 23:23:36 ID:kiXBu4L/
パラレルじゃなくて過去を変えたから結婚相手も変わったという
バタフライ効果を表現したかったんじゃない?
もしくは役者の知名度的に姉を序盤とエンディングに出しとけ!みたいな感じかも

139 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/04/21(水) 01:13:44 ID:ob2x3NG3
過去を変えて別のラインが引かれたんだからやっぱパラレルでしょ

141 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/04/21(水) 21:46:14 ID:7v38kosi
>>139
パラレルと考えるのが普通なのかもしれないけれど
個人的には複数のタイムラインが併存するというよりも
一つのタイムラインを何度も書き換えてるという方がこの映画に合ってる気がする

117 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/03/28(日) 22:29:31 ID:j+QsURVo

51_20130102205210.jpg

あの教授、何者なんだろうな

125 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/04/09(金) 02:29:02 ID:NWoCGRpu
1には及ばないものの、十分楽しめた。
ただ気になったのは終盤の火事シーン
最初の歴史どおりなら主人公は何もしなくても妹は死んだはずなのに
わざわざドアを開けさせないように手で押さえる必要があったのかという点。
(だとすると、本来妹は自力で火事から生き延びられたことになってしまう)。
衝撃的なシーンではあるから終盤にふさわしい描写ではあったが
ストーリー上の必然性が感じられないので白けてしまった。
それなら既レスだが妹と共に死ぬことを選ぶか、あるいは火に包まれた妹を前に
涙ながらに立ち尽くすとかの方がいくらか良かったと思う。

このシーンはこの映画の肝だから、映画だから(ryとかで逃げられるような
ものではないと思う。

128 : 名無シネマ@上映中 : 2010/04/11(日) 01:30:39 ID:krzosBao
>>125
>主人公は何もしなくても妹は死んだはず

どうしてそう思われたのですか?
序盤で主人公は妹に対して「火事の時の記憶が無い」って言ってますよね、
自分はその時点で
未来の主人公が「何らかの理由」で妹を殺しに行ったものの、
「何らかの理由」が解らない年の主人公が妹を助けてしまった事がこの映画の始まり
なのだと思って見ていました。

131 : 名無シネマ@上映中 : 2010/04/11(日) 19:55:28 ID:FBwnblO3
>>128
中盤あたりの主人公の「妹の遺体を見た」「葬式は辛かった」等のセリフや
序盤のバーでの教授との会話から、本来は妹のみが焼死したことは明らかです。
同様に教授との会話から、妹を助ける目的で過去に戻り妹を助けた結果、
今度は両親が焼死してしまったことも明らかです。
それゆえ、過去に戻り特に何もしなくても(というか余計なことをしなければ)
本来の歴史どおり妹のみが焼死すると考えたのです。

また、主人公が「火事の時の記憶がない」と言ったのは、
主人公のせいで両親が死んだわけだし妹も罪悪感などを抱いてしまう
恐れがあるので言葉を濁していたのだと思います。 

なお、未来の記憶を保ったまま過去に戻れるという能力のようなので
過去に戻ったものの「どういう理由で過去に戻ったのか解らない」というようなことは
ないものと考えられます。

153 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/05/12(水) 00:48:17 ID:WJkOCja6
>>125
遅レスだけど

最後のシーン、サムが過去に戻って意識を失ったのを見て、妹が「過去に戻ったの?何をする気?」
と言っている。サムの行動を予想して、妹も火事の日に戻って修正を食い止めようとする可能性があるんじゃないか。
だから確実を期すためにサムは妹の部屋のドアを閉めた。

推測の域を出ないけど、ドアを閉めながら「兄として君を愛し続ける」とサムがわざわざ妹に言っていることから、
あのときの妹が過去に戻ってる状態の可能性もあると思ったりした

155 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/05/13(木) 02:49:48 ID:fDFMFYAT
>>153

>>125です
おおお、これで納得できるかもと思って最後のほうだけ見返してみた
でも火事のときの妹の部屋のドアは見る限り簡単に開きそうだったから確実を期すというより
本来逃げられたはずの妹を閉じ込めたように見えるし
妹がサムの行動を予想していたとしたら「お兄ちゃん助けて」とサムを呼ぶかのように叫ぶのもおかしい

「兄として君を愛し続ける」と言ったのも妹とは二度と会えなくなるし
自分の手で殺すようなものだから贖罪や別れの言葉の意味で言ったと考えれば
妹が過去に戻ってきたと考える根拠とするのは難しいかなと思った

せっかくレスもらったのにこんな感じで申し訳ない
いっそのこと>>153のシナリオで作ってくれてれば何の疑問もなく見れたのに

126 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/04/09(金) 10:30:47 ID:Xw2zImVQ
こういうの矛盾点突きだすときりないよね

127 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2010/04/09(金) 12:57:33 ID:KYZXxm2j
娯楽作品ですから

関連記事

  1. 2013/01/17(木) 07:38:38|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<名作映画の撮影裏側の画像を45枚公開 | ホーム | 【画像】もしもバットマンがマカロニ・ウェスタンだったら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3409-93675104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。