2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

アンジェリーナ・ジョリー監督 日本人によるアメリカ捕虜虐待を映画化

http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1355912742/
14_20121220002514.jpg

1 : マレーヤマネコ(埼玉県) : 2012/12/19(水) 19:25:42.32 ID:BjiZEmByP ?PLT(12000) ポイント特典

アンジェリーナ・ジョリー監督、日本軍による捕虜虐待描く小説を映画化

 [シネマトゥデイ映画ニュース] アンジェリーナ・ジョリーが、第2次世界大戦中の日本軍によるアメリカ人捕虜虐待の
実態を描いた小説「Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption(原題)」を映画化する
ことが発表された。The Hollywood Reporterが報じた。

 「Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption(原題)」は、映画『シービスケット』
の原作者ローラ・ヒレンブランドが、現在95歳のイタリア系アメリカ人男性ルイス・ザンペリーニの生涯を描いた小説。

 ルイスは、陸上選手として1936年のベルリン・オリンピックに出場した後、アメリカ空軍に入隊。飛行機の墜落で太平洋
を47日間漂流し、たどり着いたクェゼリン島で捕虜となり、元オリンピック選手という肩書のために生かされ、日本兵から
数々の虐待を受けた人物。同作は、The New York Timesのベストセラーリストで14週にわたり1位を獲得した作品でもある


 今回の映画化発表に際し、アンジェリーナは「ローラ・ヒレンブランドの素晴らしい小説を読み、ルイス・ザンペリーニ
の英雄伝に心を打たれました。わたしはすぐに映画化する機会を得ようと動き出したんです」とコメントを寄せた。

 製作を手掛けるのは、ユニバーサル・ピクチャーズとウォルデン・メディア。すでに、『マディソン郡の橋』で脚本を務
め、『P.S. アイラヴユー』では脚本だけでなく監督も務めたリチャード・ラグラヴェネーズが手掛けた脚本に、『グラデ
ィエーター』『エリザベス:ゴールデン・エイジ』『レ・ミゼラブル』のウィリアム・ニコルソンが手を加えた脚本が完成
しているという。

 アンジェリーナは、昨年製作された映画『イン・ザ・ランド・オブ・ブラッド・アンド・ハニー(原題)/ In the Land
of Blood and Honey』などで監督を務めているが、「Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Re
demption(原題)」の映画化は、アンジェリーナが初めて大手映画会社とタッグを組む作品となる。(編集部・島村幸恵)
http://www.cinematoday.jp/page/N0048798

25 : チーター(東京都)[sage] : 2012/12/19(水) 19:44:44.20 ID:1Lb0dze00
こりゃ日本での上映は無いな

38 : スペインオオヤマネコ(東京都) : 2012/12/19(水) 19:49:21.43 ID:Dg5rRA+I0
知性が試される

監督のw

40 : ボルネオヤマネコ(東京都) : 2012/12/19(水) 19:51:54.58 ID:tWiK2ou60
唇をギュッとつねってやりたい


14 : キジ白(埼玉県)[sage] : 2012/12/19(水) 19:35:18.48 ID:LiewSIC00
アメリカ人の被害者面には飽き飽きだぜ!

18 : 斑(東京都) : 2012/12/19(水) 19:41:04.96 ID:++0BsFsZ0
枯葉剤で生まれたベトナムの奇形児の映画も作ろうぜ!

2 : ヨーロッパオオヤマネコ(岩手県)[sage] : 2012/12/19(水) 19:26:29.99 ID:d+SK5uKJ0

5_20121220002824.jpg

ゴボウ食わせたら木の根食わされたって話か

4 : ベンガル(東京都) : 2012/12/19(水) 19:26:50.98 ID:CHAkLXy90
すでにゴボウが書かれてたわ

6 : しぃ(関西・東海) : 2012/12/19(水) 19:28:05.67 ID:CgXlqEIq0
ゴボウはヘルシーな食材だ
食え

9 : ラガマフィン(埼玉県)[sage] : 2012/12/19(水) 19:29:42.72 ID:BFnzcAwI0
食物繊維豊富なのに、虐待……

36 : クロアシネコ(茨城県) : 2012/12/19(水) 19:48:34.44 ID:uzRpu6Ye0
アメリカってゴボウないの?

23 : アメリカンワイヤーヘア(東日本) : 2012/12/19(水) 19:44:06.06 ID:Bd0nvB01O
極悪非道なジャップの役は誰がやるのーo(^o^)o

34 : トラ(チベット自治区)[sage] : 2012/12/19(水) 19:48:00.82 ID:vCytL6Di0
>>23
チョンかシナは喜んでやるんだろうなw

53 : チーター(関東・甲信越) : 2012/12/19(水) 19:56:05.24 ID:0bspe9T7O
>>23
目がつり上がってエラが張って日本語のアクセントがおかしな東洋人俳優がやるんだろうね

30 : チーター(内モンゴル自治区) : 2012/12/19(水) 19:46:24.88 ID:V6NgLEmzO
日本人の捕虜のドクロを抜いてコレクションしてたヤツラがざけんなボケ!

31 : スナドリネコ(埼玉県) : 2012/12/19(水) 19:47:10.04 ID:2AuZSiMx0
原爆投下の映画でも作ったらどうっすか?

51 : ジャパニーズボブテイル(関東・甲信越) : 2012/12/19(水) 19:55:19.67 ID:w0WtzsWJO
アメリカはまずアメリカ先住民の虐殺の歴史を映画化しろや

46 : チーター(東京都)[sage] : 2012/12/19(水) 19:53:40.79 ID:1Lb0dze00
もしかして中国市場を意識した映画なのかな?

49 : トラ(チベット自治区)[sage] : 2012/12/19(水) 19:54:16.60 ID:vCytL6Di0
日本を捨ててアンジーはシナチョンに擦り寄ったという事か
ま、不倫するようなビッチだからな

69 : イエネコ(東京都) : 2012/12/19(水) 22:59:31.75 ID:GL4G6+Cm0
なんでお前らはそう極端なんだw

55 : マーゲイ(大阪府)[sage] : 2012/12/19(水) 19:56:28.63 ID:JtAEKi3k0
本書は、次のように具体的な数値をあげ、日本による捕虜の扱いが、ナチス・ドイツよりもひどかったと断じている。
「東洋を暴れ回った日本は、想像を超える規模の残虐な行為と死をもたらした。 その最たるものが戦争捕虜の扱いだった。日本はアメリカ兵やイギリス兵、
カナダ兵、 ニュージーランド兵、オランダ兵、オーストラリア兵ら約13万2000人を捕虜にした。 そのうち3万6000人近くが死んだ。4人に1人を超える確率だ
。特にアメリカ兵の捕虜の待遇がひどかった。 日本に捕らえられた3万4648人のアメリカ兵のうち、37%超に相当する1万2935人が死んだ。
ちなみに、ナチス・ドイツやイタリアに捕らえられたアメリカ兵のうち、死亡したのはわずかに1%だった」

「何千人もの捕虜たちが、殴られたり焼かれたり、銃剣で刺されたり、こん棒で殴られたりして殺され、銃殺され、人体実験で殺され、人食いの風習で生きた
まま食われた。ごくわずかしか食事が与えられず、 不潔な食品や水のために、さらに何千人もの捕虜たちが餓死し、亡くなった」

捕虜に対する虐待がなぜ日本軍では日常的に行われたのか、本書は次に引用するように日本軍の特異なカルチャーにその原因の一端をみる。
「当時の日本陸軍では、下士兵に対する殴打は日常的に行われていた。『鉄は熱いうちに打て。兵士は下っ端のうちになぐれ』ということが兵士の間ではよく言
われていた。『殴られてはじめて強い兵士ができあがる』とも言われていた。」
兵士たち自身が、日常的に殴られた経験があるため、そのうっぷんが捕虜に向かったというのだ。
しかし、捕虜を虐待していたのだから、東京などへの大空襲や、広島と長崎への原爆投下はしかたがなかったという、論理を展開する点には納得がいかない。
2011年02月20日(Sun) 森川聡一

>人食いの風習で生きたまま食われた
頭おかしいだろ

67 : ロシアンブルー(長屋)[sage] : 2012/12/19(水) 19:59:48.98 ID:SeFZILKV0
>>55
>人食いの風習で生きたまま食われた。

クッソワロタwwwww

151 : 黒(チベット自治区)[sage] : 2012/12/19(水) 20:46:36.33 ID:sZsd2WXo0
>>55
東方見聞録でジパングに人食いの風習が書かれてるからか

65 : トンキニーズ(埼玉県) : 2012/12/19(水) 19:59:33.36 ID:uw9sKZt90
>>55
>しかし、捕虜を虐待していたのだから、東京などへの大空襲や、広島と長崎への原爆投下はしかたがなかったという、論理を展開する点には納得がいかない。

確かに。
しかし、個人的な深い恨みは充分に伝わる内容だわな。

80 : カナダオオヤマネコ(静岡県) : 2012/12/19(水) 20:05:53.41 ID:7Fm0Phn60
>>55
> 「当時の日本陸軍では、下士兵に対する殴打は日常的に行われていた。『鉄は熱いうちに打て。兵士は下っ端のうちになぐれ』ということが兵士の間ではよく言
> われていた。『殴られてはじめて強い兵士ができあがる』とも言われていた。」

うわぁリアルだなぁ
いかにも日本軍という考え方だな

86 : アメリカンボブテイル(家)[sage] : 2012/12/19(水) 20:08:32.21 ID:0SeKc8iS0
>>55
ひでえw
こんな捏造本をチャイナマネーで映画化するのかあのタラコちゃんはw

リドリー・スコットは早く原爆の映画を実現させてくれよ

89 : マーゲイ(大阪府)[sage] : 2012/12/19(水) 20:09:29.00 ID:JtAEKi3k0
>>86
去年の全米の12月のベストセラーで6週間一位だったそうだぜ

68 : カナダオオヤマネコ(静岡県) : 2012/12/19(水) 20:00:01.05 ID:7Fm0Phn60
まあ実際日本軍の捕虜になった兵士の死亡率は高かったからな
過酷な状況だったのは間違いないんだよ

56 : サイベリアン(チベット自治区) : 2012/12/19(水) 19:56:54.47 ID:IqAfqffl0
太陽の帝国も日本が悪者だったな

内容が史実に近くて政治色がなくてエンタメとして面白ければそれはそれでいいんじゃないの

85 : ヨーロッパヤマネコ(北海道) : 2012/12/19(水) 20:07:15.20 ID:YF+d88omO
それは昔の話だろう
現在進行形で日本人女性をレイプしてる米兵を題材にしろよw
ほんとこういうとこは中国そっくりなんだから

120 : しぃ(岩手県)[sage] : 2012/12/19(水) 20:31:13.08 ID:vCUOWRMo0
パールハーバーなんて糞映画作るお国柄だからな
勝手にしろって感じだな

81 : ピクシーボブ(家) : 2012/12/19(水) 20:05:58.32 ID:5WKTT79k0
米兵によるイラク人捕虜虐待は小説化されてベストセラー&映画化されないの?

170 : マレーヤマネコ(東京都) : 2012/12/19(水) 20:55:08.55 ID:aolDTmW8P
超スーパーリアルな原爆映画作れよ
何かスピルバーグが作るって話なかったっけ?
プライベート・ライアンレベルで再現されたら多分吐く

173 : ボルネオヤマネコ(内モンゴル自治区) : 2012/12/19(水) 21:00:02.58 ID:9UrF8MbsO
イラクやアフガンで捕虜や民間人に酷い事した国の人間が
自分達の事は棚にあげまくって作る映画

177 : ノルウェージャンフォレストキャット (埼玉県) : 2012/12/19(水) 21:01:18.16 ID:RErJuPGa0
>>173
だからこそだろ
加害者として世界中で非難されたから被害者映画を作りたくなる

211 : イエネコ(東京都)[sage] : 2012/12/19(水) 21:24:07.55 ID:GL4G6+Cm0
>>177
なるほど

167 : ラグドール(千葉県)[sage] : 2012/12/19(水) 20:54:11.64 ID:XLG0iRdm0
アンジーは17才のカルテでおわり
いろんな意味でおわり

215 : ベンガル(大阪府)[sage] : 2012/12/19(水) 21:27:22.20 ID:h5/p0hNW0
こんな問題はらんだ映画をアンジェリーナ・ジョリーごときが撮っちゃいかんだろ
子育てのために引退すんじゃなかったのかよ

216 : ヤマネコ(関東地方)[sage] : 2012/12/19(水) 21:27:48.25 ID:/Og5yYbwO
まあ日本人を貶めるつもりはあるまい

というか、日本人がどう思うかなんて発想は無いのが実際じゃないのか

231 : ボルネオヤマネコ(神奈川県)[sage] : 2012/12/19(水) 21:53:08.19 ID:CRcIncDv0
アンジー 「この画像を作った日本人への復讐のためよ!」

5_20121220002514.jpg
関連記事

  1. 2012/12/20(木) 00:29:24|
  2. 映画ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21
<<タンポポ | ホーム | 『ONE PIECE FILM Z』2012年邦画最速の100万人突破で初登場首位!『ベム』2位>>

コメント

こいつの出てるDVD全部捨てるわ。
こういうの感情的なものだから、映画見てる間ずっとムカツクもんな。
  1. URL |
  2. 2012/12/20(木) 21:50:28 |
  3. 名無シネマさん #HHwP0Xsw
  4. [ 編集 ]

まあ虐待やってたのは当時最下級の二等兵だった朝鮮人だったんだけどな。

このことは、欧米の戦争映画の中に出てくる残虐な日本兵の容姿が、きまって醜悪な糸目つり目野郎に描かれてることと無関係ではないのだ。当時の捕虜が見たままの印象をもとに日本人を描いたわけだが、実際そのほとんどが朝鮮人だったという落ちあるわけだ。

残念ながら、欧米人に日本人とチョンの区別がつくわけもなかったので、それが以降、日本人の特徴として今に至るまで定着してしまったというわけ。
  1. URL |
  2. 2012/12/20(木) 23:56:35 |
  3. 名無しさん@Pmagazine #-
  4. [ 編集 ]

白人どもって、自分が社会派ポジションを得ようとして、
叩きやすい日本をターゲットにするパターンがあるなあ

タラコ姐さんがやらかすとは思いもしなかったが
  1. URL |
  2. 2012/12/21(金) 00:29:38 |
  3.   #-
  4. [ 編集 ]

なんかなーもういい加減、昔の戦争の英雄行為を映画にすんの
やめてほしいわ。人食いの習慣は笑えるけど
  1. URL |
  2. 2012/12/21(金) 01:05:20 |
  3. 名無しさん@ニュース2ch #-
  4. [ 編集 ]

日本市場捨てるとは流石だw中国市場で稼げると良いねw まーどうでも良いな。パールハーバーの二の舞乙
  1. URL |
  2. 2012/12/21(金) 01:49:44 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

この人は前に監督した作品で現地の人から反発食らってたんじゃないかな。国連の仕事に関わると、社会性とか政治目的の方向になってしまうね。
  1. URL |
  2. 2012/12/21(金) 03:00:09 |
  3.    #-
  4. [ 編集 ]

この時期にこの映画ってちょっと分かりやすいんじゃないかw
企画通した奴の裏洗ってみて欲しいなw
  1. URL |
  2. 2012/12/21(金) 03:13:50 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

食人の風習ワロスww
中国で円盤が売れると良いなw
  1. URL |
  2. 2012/12/21(金) 03:45:02 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

良いとか悪いとかじゃなくて、こういうのは単純に気分悪い。ユニバーサル最悪。
  1. URL |
  2. 2012/12/21(金) 04:01:02 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

いくら詳細な数字出しても、さらっと食人の風習なんて嘘を混ぜてる時点で意図を持ったプロパガンダとわかるだろ。
こんなんがベストセラーになるアメリカって
  1. URL |
  2. 2012/12/21(金) 09:44:55 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

まだこんな映画とかが出てくるのか。
  1. URL |
  2. 2012/12/21(金) 10:58:09 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

アンジーがっかりだわんこ。
こういうことぐらいで今まで結構好きーなんて思ってた
気持ちなんてすぐ消えちゃうんだよねぇ。
所詮会ったこともない遠い世界の方なので。
っつかアメリカってやっぱ糞だな。
自分はなんだ正義の味方か。
一番人殺してるくせに。
  1. URL |
  2. 2012/12/21(金) 14:39:50 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

アメリカの虐待は良い虐待、日本の虐待は悪い虐待、これがアメリカの良識
日本人はいくら顔面にツバ吐きかけられてもニコニコしてるから、これやっても今後のビジネスに影響は全く無いからね
むしろ人道派って言われるから、好んで日本人バッシングするんよね
ただ、特定の人間の悪口ではなく、わざとその家族の悪口言うか、天皇の悪口でも言ったら、こりゃもう地獄よ
  1. URL |
  2. 2012/12/21(金) 16:43:22 |
  3. 名無しさん@ニュース2ch #-
  4. [ 編集 ]

やっぱ、真の敵はアメリカか、あーあ。チャンコロうれしいだろ?
  1. URL |
  2. 2012/12/21(金) 17:34:10 |
  3. 名無しさん@Pmagazine #-
  4. [ 編集 ]

しかし、こういう話題見てると日本って世界中で無双してたんだな。
なんで戦争負けたの?
  1. URL |
  2. 2012/12/21(金) 19:55:50 |
  3.   #-
  4. [ 編集 ]

「アーロン収容所」も映画化してやれ
  1. URL |
  2. 2012/12/21(金) 22:08:43 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

 

日本軍が捕虜を日常的に虐待していたのは事実だけど、
米軍は積極的に情報収集を行うなど特別の場合を除いて、
「捕虜をとらない方針」だったから捕虜自体が少ないので虐待も少ない。
それから米軍は捕虜じゃなく捕虜の死体をおもちゃにして遊んでた。
首狩り族を使って日本兵の首の干し物を作ってる記念写真とかある。
こうした軍規違反は米軍の司令部もハーグ条約に違反する可能性があるので問題視してたけど改善されなかった。
  1. URL |
  2. 2012/12/22(土) 01:57:38 |
  3. 名無しさん@ニュース2ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

どうりで震災の時まったく無反応だったわけだ
  1. URL |
  2. 2012/12/22(土) 23:00:58 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

日本の政権交代時にこんな映画を作るなんて分かりやすいな。
自国の歴史を棚にあげて政治的意図の為に過去をほじくり返す。
被害者ずらの偽善者売名プロパガンダ女優として批判するべき
  1. URL |
  2. 2012/12/23(日) 12:03:04 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

史実を題材にした作品なんて
ものすごく注意深く作らなくてはいけないはずで
一回の女優さんになんか無理だよ
何考えてるのか・・・
  1. URL |
  2. 2012/12/23(日) 16:59:10 |
  3. あゆーにゃ名無し #-
  4. [ 編集 ]

これがネトウヨか
太陽の帝国のテーマもわからないで騒いじゃうなんて
  1. URL |
  2. 2012/12/24(月) 23:56:49 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3391-451fcce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。