2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

月光ノ仮面

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1324789479/
5_20121028130945.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2011/12/25(日) 14:04:39.40 ID:g9HA92Qw
板尾創路が「板尾創路の脱獄王」に続き監督した第2作。敗戦の色濃い昭和22年、戦死したと伝えられた落語家の森乃家うさぎが顔を包帯で包み、一切の記憶をなくして戻ってくる。戦前は人気、実力ともに認められ、将来を期待されていた森乃家だったが、いまはただ空ろな口調で得意だった落語「粗忽長屋」をつぶやくことしかできず……。共演は浅野忠信、石原さとみら。

監督 板尾創路
脚本 板尾創路
増本庄一郎
製作総括 白岩久弥
エグゼクティブプロデューサー 水谷暢宏

キャスト 板尾創路
浅野忠信
石原さとみ
前田吟
國村隼

製作年 2011年
製作国 日本
配給 角川映画
上映時間 102分
映倫区分 G


9 :名無シネマ@上映中:2012/01/08(日) 03:27:10.93 ID:yvs71VO8
すごい評判いいな

11 :名無シネマ@上映中:2012/01/09(月) 19:52:21.30 ID:b66YJR4o
評判悪いよ、試写じゃ上映終了後誰しもブーイングだもん

8 :名無シネマ@上映中:2012/01/05(木) 22:09:59.76 ID:G5t1qmdp
全く意味不明でクソ映画だった

12 :名無シネマ@上映中:2012/01/11(水) 01:55:21.34 ID:oojhg7mF
途中から意味不明になるんだよな

14名無シネマ@上映中:2012/01/12(木) 01:29:44.44 ID:TA5THg9u
女郎部屋の地下をなんで掘ってるのか意味不明なんだけど
最後みんなを撃ち殺したマシンガンをドクター中松に貰いに行くため?

20 :名無シネマ@上映中:2012/01/14(土) 16:29:58.11 ID:xHPHkSU1
>>14 なるほど

2401540_20121028130941.jpg

ドクター中松の登場した意味がよく分からんかったが
そこにつながるのか。

21 :名無シネマ@上映中:2012/01/14(土) 18:24:40.17 ID:5vV04Hbx
なんで最後マシンガン打つ必要があったの? 

上映後みんな呆然としてた

80 :名無シネマ@上映中:2012/01/18(水) 18:44:21.57 ID:en8xNnB4
ラストの九九式軽機関銃の乱射で、
ちゃんと薬莢が飛び出てたところは
日本映画としては良かった。
それにしても30発1弾倉で観客皆殺しって、凄すぎ!!

24 :名無シネマ@上映中:2012/01/14(土) 21:07:22.48 ID:LtA7Juii
最後のマシンガンは九九式軽機関銃だから、ドクター中松から取り寄せた物じゃ無いと思う。
観客が笑われながら打たれるシーンに、時折観客が軍服姿の兵隊に変わってたから、
高座は俺達の戦場で、自分の言葉で観客を笑わせることは自分の銃で観客を殺すことと同じなんだ、っていう板尾の内面の描写なんじゃないかと思ったんだけど。

25 :名無シネマ@上映中:2012/01/15(日) 00:12:19.99 ID:Rg+/Anti
これ解釈は自由なタイプかも
板尾が伝えたいことはなんとなく
わかったけど

26名無シネマ@上映中:2012/01/15(日) 00:35:12.70 ID:R3X9KjyZ
だからといってエンターティメント性を石原の濡れ場さえいれとけばいいだろというのはどうかと。

27 :名無シネマ@上映中:2012/01/15(日) 00:48:37.06 ID:Rg+/Anti
>>26
ハァ?

28 :名無シネマ@上映中:2012/01/15(日) 01:33:08.04 ID:KkkAMbA6
・リアルで石原さとみを口説きたい
・まともな映画が撮れないので意味不明にすれば
アートっぽく受け止めてくれる人がいるだろう

上記2点はビンビンに伝わる映画でした

36 :名無シネマ@上映中:2012/01/15(日) 11:48:08.43 ID:k3AayH+G

51_20121028130943.jpg

2人の肩のホクロが同じだったのが偶然過ぎて
多重人格者と考えたわ
穴掘って掘って、明かりが見え外に出たのが抑圧からの開放で
撃ちまくったんあかなぁ?って

それ以外意味がわからない、なんか

37名無シネマ@上映中:2012/01/15(日) 11:49:57.45 ID:k3AayH+G
あ、同一人物だったて思ったのです
実は戦地にも一人しか居なくて浅野だけで、板尾は作り出した人格
書いてて、無いわって思う
ごめん

39 :名無シネマ@上映中:2012/01/15(日) 14:11:31.85 ID:R3X9KjyZ
>>37
でもそう考えると一番しっくりくるんだよな

41名無シネマ@上映中:2012/01/15(日) 16:28:12.14 ID:EHHRSVW4
板尾好きでさっき見たが、寝まくった。
おっぱい要員の意味もよく分からない。

49 :名無シネマ@上映中:2012/01/15(日) 19:22:07.28 ID:NbJaDrjB

a_k_20121028131006.jpg

アジアンの馬場園みたいなデブが乳放り出して穴ほってた 
出す必然は感じなかったわ

50 :名無シネマ@上映中:2012/01/15(日) 19:53:12.07 ID:t2q5wDQb
そのたとえは馬場園に失礼だと思う

122 :名無シネマ@上映中:2012/01/29(日) 15:29:51.93 ID:SxPCq8vf
やっと観たけど席ガラガラだな、脱獄王よりも
汗まみれで穴を掘るぶよぶよ感が良かった
感想はそれぐらいかな

42 :名無シネマ@上映中:2012/01/15(日) 17:18:35.59 ID:rW2Bayl0
つまらなかった…
DVDで借りて観ても時間を損したと思うレベル

43 :名無シネマ@上映中:2012/01/15(日) 17:32:44.61 ID:yecIWoa8

77_20121028130942.jpg

板尾は空気人形とかでカンヌ行って映画なんかチョロいって思ったんだろ

45 :名無シネマ@上映中:2012/01/15(日) 18:13:56.35 ID:Y/+6gts/
つまんねえ
意味分からねえ
尺なげえ
良い所が一つもない映画。いや映画と言っていいのかどうか。。。

46 :名無シネマ@上映中:2012/01/15(日) 18:15:03.13 ID:4Ls4Umd2
「粗忽長屋」は、ほとんど関係なかった...

47名無シネマ@上映中:2012/01/15(日) 18:45:52.73 ID:uOmKguAy
見てきた。簡単に言えば、噺家・森乃屋うさぎの自身による死亡確認と
解釈。欠けることの無い満月が続く中、実在しないうさぎが、
時空がねじれて少しおかしくなってしまっている町で、みんなに笑顔で
送られている。デビッド・リンチのマルホランドドライブとほぼ同じ。
死んでいく前に見た一瞬の妄想。さようなら、うさぎ。成仏しろよ。

53 :名無シネマ@上映中:2012/01/16(月) 00:01:10.86 ID:Sx73kd/a
まぁ酷い映画だよ。
好きな人にはハマる世界観かもしれないが、ほとんどの人間は物語と作中の描写の意味は理解できてないだろ。
リンチ系の不条理感を狙ったのかな。
>>47の解釈でいいよ、もうって感じ。
大体粗忽長屋も後付け、ラストを先に作って逆算したそうだし、わざとわかりにくくして煙に巻いてる作品だな。
板尾が描きたい物を集めて作った歪な置物みたいなもんだ。

64 :名無シネマ@上映中:2012/01/16(月) 21:16:15.30 ID:527EKpW3
あーあ、やっぱりこれオチから逆算して作ってるんだな。
パンフのインタにも書いてあるわ。

113名無シネマ@上映中:2012/01/25(水) 08:36:18.88 ID:3aAWqDs8
包帯を取っても森乃屋うさぎとはぜんぜん顔が違う。なのに誰もそのことを
突っ込まない。つまりはうさぎにとって都合の良い故郷→非現実。

ドクター中松登場はこの映画はそういう映画なんだからさという念押し。
ただもうちょっと神秘的な何かを見せた方がいいと思ったけど。

最後の機関銃はやはり穴の向こうにいたドクター中松にもらったという
ことなんだろうけど、今ひとつ説明不足すぎたと思う。

114名無シネマ@上映中:2012/01/25(水) 10:32:44.04 ID:ibbS22kY
>>113
そんな浅い解釈でよかったんだ。いやマジな話。

115 :名無シネマ@上映中:2012/01/25(水) 13:50:53.45 ID:zTm3jzOb
>>114
そんなに深い考察するほど暇なんだ。いやマジな話。

128名無シネマ@上映中:2012/02/02(木) 02:58:03.26 ID:x4SfMb2n
基本的には板尾も浅野も死んでるって話ってことなんじゃね?
冒頭と途中で板尾も浅野も賽の河原みたいなとこ歩いてくるよね

・前田吟がボケ始めてる描写が数か所ある
・飯の数が1つ多い
・月がずっと満月

この辺はフックになってるよね
全然回収してないけど

142名無シネマ@上映中:2012/02/16(木) 14:22:42.96 ID:nXL/rKL6
粗忽長屋は他人の死体を自分だと思いこんじゃう人の話だけど、それをひっくり返して
ほんとは本人は死んでるんだけど、それに気付いてない人々の話かと思った。

満月が続く町は「この世」ではない=「あの世」で、みんな自分が死んでることに気づいてない。
板尾は念仏を唱えるように「粗忽長屋」をつぶやくだけ。まるでお坊さんがお経をあげるかのように。
つまり悲惨な戦地から戻った板尾は出家し、数年後戦友の住んでた町に弔いのためにやって来て、
成仏してないたくさんの人々の魂と出会ったんじゃないのかな。
石原とのセクロスや師匠の一門会の開催は未練を残した魂の救済を表し
ラストの乱射で笑いながら死んだ人々は成仏したということ。
釣った魚を逃がすのも僧侶だから。
女郎が掘ったトンネルは転生の表現。
とか、勝手に妄想してみました。

56名無シネマ@上映中:2012/01/16(月) 01:03:12.02 ID:UPn/pz4m
松本にしてもコイツにしても、シュールというか理不尽ネタというか、そっちに逃げすぎのような気がする
まっすぐな映画で勝負する自身がないのか?

58 :名無シネマ@上映中:2012/01/16(月) 08:56:48.79 ID:GCFEaWZ3
>>56
松本も板尾もまともな映画を撮る技量は無いからね。
シュールな物にすれば信者が過大評価してくれるだろう
みたいな知恵だけは働くんだろう。
板尾の方は信者の絶対数が少ないからスレもこんな感じだが。

59 :名無シネマ@上映中:2012/01/16(月) 10:37:36.67 ID:4civQohv
脱獄王の時はそうでもなかったけどな。
二作目で馬脚を現したか。

82 :名無シネマ@上映中:2012/01/19(木) 02:38:52.17 ID:A9fnpNIk
俺も脱獄王は嫌いじゃないクチだったんだけどなー。
こりゃあかんわ。

112 :名無シネマ@上映中:2012/01/24(火) 23:29:56.50 ID:ccVTA7BR
吉本は文化方面に金かけようとしてるが、その対象が松本や板尾じゃ厳しいな

61 :名無シネマ@上映中:2012/01/16(月) 12:05:16.28 ID:UgC0EO4v
難解な作品といえば聞こえがいいが、
とにかく意味不明の印象。
筋も絵も未熟で、物語になってない。
真剣に観に行って損した気分。

66 :名無シネマ@上映中:2012/01/16(月) 23:10:38.90 ID:AYQDolRd
石原さとみが、溺れている浅野にロープを渡そうとして躊躇ったのはなぜ?

67 :名無シネマ@上映中:2012/01/16(月) 23:19:50.34 ID:wF9h9tye
もう板尾に惚れてしまってたから、そのまま見殺しにしてしまおうと思ったのでは?

68 :名無シネマ@上映中:2012/01/16(月) 23:39:31.41 ID:fueHVYzW
体も心も板尾にゆるしたあとで本物に帰ってこられても、後ろめたさで
浅野とは顔合わせづらいもんな。
いっそ死んでくれれば…ていう。あれ女の怖さ感じてゾッとした。

88名無シネマ@上映中:2012/01/20(金) 10:28:24.05 ID:x4j7N++k
つまらないって書いてる人は内容わかったうえで書いてるの?
自分は見終わった後にナカマツの意味や、同じ肩のホクロにイタオは関心が無いことや、
トンネルの意味や

力車に乗ってる人が行きと帰りで人が代わってる意味に気付いて、後になって面白い映画だってって思う

89 :名無シネマ@上映中:2012/01/20(金) 16:56:13.35 ID:zVrobNn+
それはない。

93 :名無シネマ@上映中:2012/01/21(土) 14:51:58.52 ID:me56wWtT
適当に撮ってるだけだから深い意味なんてないし。
>>88で言われてるような点も「粗忽長屋」がベースなら当たり前の演出。
映画や小説でアイデンティティ喪失ものがどれだけたくさんあるか、
板尾程度を評価する奴は知らないんだろうな。

108 :名無シネマ@上映中:2012/01/23(月) 15:48:26.65 ID:9MjI/Ym/
>>88
文体が稚拙なので、解ったと言っている「意味」もくだらない内容なんだろうなあ。

94 :名無シネマ@上映中:2012/01/21(土) 15:06:06.83 ID:TgfrqOab
皆結構いろいろ考えてみてるんだな…
自分はもう不条理さとかめんどくささとか
ぜーんぶぶっ飛ばしちまえっていう映画かと思って
結構面白く見てたw
頭悪い自分みたいなやつの方が楽しめるかもしれないね

120 :名無シネマ@上映中:2012/01/29(日) 10:28:37.97 ID:DEw4cdT7 ?2BP(1358)
銃乱射シーンで、ああここはまだ戦場で、最後に戦場に場面転換して終わるんだなと思ったら違った。

20071115_20121028131007.jpg

ラストで力車で帰るのが板尾でなく浅野なのは、最初から徹頭徹尾うさぎの脳内の話でしたって言いたいのか?


それより何より一番気になってるのは、森乃家うさぎって芸名。
何でまた美少女漫画家の森野うさぎから取ったんだろう。

121 :名無シネマ@上映中:2012/01/29(日) 11:12:09.11 ID:NU596B0c
かわいい感じで女の気をひけるから、しか考えられないな。

95名無シネマ@上映中:2012/01/21(土) 20:41:21.38 ID:j0WJ8ZfW

41_20121028130943.jpg

石原さとみ浮いてたな
なんかガキっぽいっつーか、ここまで映画に溶け込めない役者っているんだって思った
デコ出すとキリッとしすぎな眉とぼったい唇にしか目いかない
顔に生活感とか苦労がないから画に力と説得力が無い
芸人が選ぶ好きな女第一位とラブシーンをやりたかっただけだろ板尾!!

99 :名無シネマ@上映中:2012/01/22(日) 13:50:51.81 ID:DxOhRQ4p
>>95
石原さとみについては同じ感想。この脚本でこのキャスティングは無いよなあ。
板尾って芸より女の事ばかり考えてそう。

100 :名無シネマ@上映中:2012/01/22(日) 15:04:16.64 ID:HLM9yrqy
まぁ監督は抱きたい女を撮る奴が多いだろ。

14_20121028130944.jpg

この作品はそれが画面から異様に感じ取れるがw

146 :名無シネマ@上映中:2012/06/08(金) 17:06:09.98 ID:HckkYXkk
板尾の性的欲求不満や認められたい願望が作中に顕在化しすぎてて
ただただ気持ちが悪かった。

主演を別の人にしたほうが、まだ客観的に作れたんじゃないのかな。

てかTSU●AYAでジャンルがヒューマンドラマにされてたんだが・・・

98 :名無シネマ@上映中:2012/01/22(日) 12:00:01.09 ID:g39FX3OB
予備知識なし
月光仮面のリメイクと思って見た俺は
詐欺にあった気分だ。
電人ザボーガーよかったからなあ。

116 :名無シネマ@上映中:2012/01/26(木) 12:51:14.04 ID:7KFM4S//
鮭の命名の時のメシの数がおかしかったのはどういう意味?

117名無シネマ@上映中:2012/01/26(木) 20:07:38.53 ID:XJIHgg89
たんなる粗忽者でしたでいいだろう。
ま、実際にはこの中には幽霊がひとり混じってますと言いたかったんだろうけど。

118 :名無シネマ@上映中:2012/01/28(土) 15:27:30.45 ID:qd4kP7lq
>>117
それならひとつ少ない方がいいからやっぱり単なる粗忽演出だと思う

119 :名無シネマ@上映中:2012/01/28(土) 18:53:35.58 ID:yQFufYOc
いや、メシの数が少ないのは本当におっちょこちょいになって
幽霊が混じっていることにはならないからじゃないかな。
ただ、親方が荷物を間違えたりするのはどういう意味かとは分かりかねる。

148 :名無シネマ@上映中:2012/06/21(木) 12:52:28.44 ID:M8e9NdRF
あぁ…あった良かった
借りて30分くらいみてんだがつまらなすぎてつまらなすぎてもう…この後おもろくなんの?
なんか情弱で月光仮面のダークナイト的な映画だと思って350円出した俺糞すぎる…
なんでこんな糞みたいな映画が
まかりとうるのか?…板尾…ちきしょう金か…え…し…

150 :名無シネマ@上映中:2012/09/04(火) 23:54:56.05 ID:JhjE6zOo
酒飲んだ帰りに月光仮面に関係した映画かと思いなんとなく借りて
みたらいきなり板尾?はぁ?
でも途中から石原さとみかわいいなぁと思ったら
板尾に、はぁ?

126 :名無シネマ@上映中:2012/02/02(木) 02:50:50.15 ID:x4SfMb2n
今日新宿で見た
70~80年代の前衛実験映画みたい
鈴木清順とかああいうやつ

役者の力量やディテールの描きこみがしっかりしてるから見れるものにはなってる
日本にもこういうのを撮る人が一人ぐらいいてもいんじゃね?

127名無シネマ@上映中:2012/02/02(木) 02:57:15.35 ID:BS1SpVLh
ピカソは最初から前衛的な絵を描いてたわけじゃない。
基本ができた上で、行き着く先がああいう表現だったわけで。
でも板尾や松本の映画は、基本がすっ飛ばされてて
いきなりこういう映画撮るから説得力がない。

129 :名無シネマ@上映中:2012/02/02(木) 02:59:41.81 ID:x4SfMb2n
>>127
もうそういうのよくね?
鈴木清順だってロクでもない失敗作山ほど撮ってる
ルパンとか酷いぜ

関連記事

  1. 2013/01/19(土) 08:34:52|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<再創造してカヴァーされた映画ポスターを14枚公開 | ホーム | 名作映画の撮影裏側の画像を45枚公開>>

コメント

>>129 がバカすぎる。
ピカソは十代で人生のゴールである完璧なデッサン力を手にしてしまった。
ゆえに、そこから先に進もうとすればこそ脱構築せねばならなかった。
(キュビズムに関しては日本のマンガ/アニメの方がピカソよりレベルが高いと個人的に思ってる、なぜなら、ピカソの絵画は全編において自身の苦悩をベースに苦しそうな印象しかうけなが、日本のマンガ/アニメは天然かつ楽しさを基準に表現されてる)

ところが何故か>>129 は、いきなり関係のない>>126の鈴木清順を例えに出し勝手な自己完結をしている。
ピカソを知らずに鈴木清順ごときと比べるなと。
無知蒙昧としかいいようがない。
  1. URL |
  2. 2013/01/20(日) 00:08:35 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3308-289f79b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。