2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

リドリー・スコット監督「ブレードランナー」デッカードはレプリカントと明言

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1350292924/

1 ◆GinGaOoo.. @銀河φ ★:2012/10/15(月) 18:22:04.93 ID:???0
リドリー・スコット監督「ブレードランナー」デッカードはレプリカントと明言

[映画.com ニュース]

 リドリー・スコット監督が、SF映画の金字塔と賞賛される1982年の自作「ブレードランナー」の続編について語った。

 フィリップ・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」をハリソン・フォード主演で映画化した「ブレードランナー」は、
惑星移住が可能になった未来を舞台に、ネクサス6型のレプリカント=人造人間が謀反を起こして地球に侵入。
レプリカント専門の捜査官“ブレードランナー”のデッカード(フォード)が、彼らを追跡するさまを描き、
ファンの間ではこのデッカードが人間なのかレプリカントなのかをめぐり、熱い議論が繰り広げられてきた。

 このほど英メトロ紙のインタビューに応じたスコット監督は、
昨年から伝えられている「ブレードランナー」続編製作について事実だと認め、
「ハリソン・フォードが出るか? それはまだ分からない。
彼が年を取りすぎているか? 彼はネクサス6だから、どれくらい生きられるんだろうね(笑)」とコメント。
これにより、デッカードがレプリカントであることが明らかになった。

 「ブレードランナー」の続編は、前作を手がけた脚本家ハンプトン・ファンチャーが再び執筆する。

「ブレードランナー」の続編について語ったリドリー・スコット 写真:Newscom/アフロ
5_20121016004728.jpg

映画.com速報 2012年10月15日 18:00
http://eiga.com/news/20121015/12/

38 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:42:11.34 ID:D1pMhVrO0
>>1

いや
2000年に既にネタバレしとるがなw いまさらなニュース



スコット監督自身は、
2000年に英国Channel 4 Televisionが制作したドキュメンタリー
『ON THE EDGE OF BLADE RUNNER』のインタビューにおいて
「デッカードはレプリカントだ」と明言している。

12 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:28:33.09 ID:akYBCzyP0
正確には、脚本家は全然そんな風(デッカード=レプリカント)に考えて無かったが、製作途中でなんやかんやでデッカード=レプリカントだとしたらどうだ?みたいな話がヨタ話としてSTAFFの間で語られた際に、
監督がそのアイデアを気に入ってたっていう、ね
でも紆余曲折あって監督もそれをすっかり忘れて普通にできあがったのがノーマル版

んで後にディレクターズカットがつくられた時に監督がこの話を思い出してちょっぴり演出を加えたんだよね

67 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:57:26.72 ID:oLNhx1sTO
な?俺が言ってた通りだろ?
人間だとか言ってた奴は俺に土下座して謝罪しろよ?


178 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:46:01.99 ID:y0Llsb+X0

14_20121016004727.jpg

このデッカード=レプリネタは
ファンを煽るリドリーの持ちネタだから本気にしないほうがいいぞ

27 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:37:11.97 ID:+YJQiyEd0
もうずっと昔から言ってんだろが・・・
しかしまともなファンはよりにもよって監督が作品をぶち壊すこの解釈はあまり好きではない
ハリソンフォードも長年嫌がってた。

91名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:08:47.07 ID:srjZF4B/0
古典SF的な人気作なのにハリソンフォード自身はこれを汚点程度に考えてるんだっけか?

100 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:12:26.14 ID:7wNcS/lM0
>>91
ある時期まで失敗作だと考えてたらしい。考えが変ったようだが

34 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:40:02.08 ID:5KPKdY8Y0
デッカードがレプリカントだとルドガーハウアーが熱演したラストシーンが
「なんだ身内だから助けたんか」とどっちらけになる。そらハリソンも怒るわw

103 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:13:46.01 ID:+YJQiyEd0
ハリソンフォードは逆にデッカードレプリ説に
わざわざウンザリだってコメントする程には思い入れがあったと思う。

当時まだ演技に対して熱かったハリソンが
レイチェル役の新人散々罵倒してしばらく仕事出来ない程落ち込ませたくらいだし

50 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:49:37.85 ID:WWS6d9Jz0
やっぱりな、
俺は、「一つで十分ですよ」のところで気づいたよ、
うどん2つも頼むの異常だからな。

45 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:44:15.34 ID:5KehPH5K0
普通に人間だったらあのバトルで死んでるわなw

86名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:04:57.07 ID:5KehPH5K0
>・デッカードとレイチェルは寿命のないネクサス7型(?)に該当!
>ラストでデッカードはレイチェルを保護して逃亡するが、その車の中でレイチェルがこんなセリフを言う(未公開シーン)。
>「あなただってレプリ。私たちは“対”で作られたと思う」。
http://kajipon.sakura.ne.jp/cinema/blade-runner.html

未公開シーンでははっきり言っちゃってるのね

346 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:44:05.74 ID:6l+F1kKq0
>>86
てっきり公開後にファンの間で都市伝説的に広がっていったのを監督が汲み上げたんだと思ってたけど、
もう最初からそれ意図して作ってたんだな

243名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:15:42.20 ID:JbjZji+F0
デッカードがレプリカントじゃない説だと
デッカードのなかなか死なない妙なしぶとさ、なぜかデッカードの名前を知っているロイはどう説明がつくんだろ?

253名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:21:36.08 ID:+YJQiyEd0
>>243
細かい事気にしてるとハゲるよ
この映画は撮影途中にもどんどん脚本書き変えたり
思いつきで急にやったりした事が多いので色々と辻褄の合わない事が多い
それが「謎」として変にマニアの興味をそそる結果になった訳だけど。
最たる物が「6人目のレプリカント」

257 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:23:35.09 ID:JbjZji+F0
>>253
デッカードがレプリカントだと考えた方が矛盾はないし、監督の意図にもそうだろ
>>86によると未公開シーンではレプリカントと言ってしまってるわけだし

261名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:27:09.22 ID:LdoZHxE6O
>>243逆にデッカードがレプリカント前提だと、『人間では見れない色んな物を見て来た』と語り掛けてくるシーンが間抜けに見えちゃうw
て、言うかブレラン何バージョン有るんだ?ディレクターズカットとファイナルカットでも何か違うのか。

268名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:31:07.78 ID:JbjZji+F0
>>261
あれ、ルトガー・ハウアーのアドリブですもの

「オリオン座の近く」ってどこだよと毎回思ってしまうw

270 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:32:50.67 ID:ohWG+wow0
>>268
あれアドリブなんだ。かっこよすぎだろ

276 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:40:49.78 ID:LdoZHxE6O
>>268アドリブだったのか!ガキのSF魂をガッチリ掴むシーンだったのに。ハリソン以外、皆ノリで撮ってたんだなw

124名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:22:51.19 ID:JZTmZ5e30
脚本家が同意したらレプリカントだと思うけどどうなのよ
続編でそういうふうに持っていかれたらどうしようもないけど

129名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:24:58.17 ID:5KehPH5K0
>>124
・ロイがデッカードの名前を聞く前から知っていたのは、2人が兄弟レプリだったという初期設定の名残。
撮影用脚本には、デッカードのこんなナレーションがある「その夜、屋上で俺は知った。 2人は兄弟だったのだ、ロイ・バティーと俺は!」。
http://kajipon.sakura.ne.jp/cinema/blade-runner.html

脚本にこう書かれてたのだから確定でしょう

134 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:27:02.13 ID:bgKdMBm30
>129
へえええ、そんな初期裏設定があったのか。
ほんとうにオリジナルを見る前にそれを知らなくてよかった

137 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:28:57.33 ID:+YJQiyEd0
>>129
それが問題の、比喩的な意味で書いたらリドリーがえらく気に入っちゃって
既に撮影入っちゃってたのにデッカードレプリ説に方向転換するきっかけになった一文
脚本家がそう言ってる

167 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:43:30.97 ID:wjcfotz30
原作者無視すんなや、おめーのキャラじゃねえだろ

89名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:07:02.65 ID:ZC7gGMHO0
原作のデッカードは何?

92名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:09:01.80 ID:/SMDZMFV0
>>89
人間。原作では人間とレプリカントは持っている感情が根本的なところで違うものと設定してる。

102 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:13:42.92 ID:ZC7gGMHO0
>>92

映画でも、そういうところは出てたように思う
デッカードがレプリかどうかって、謎のままなら集客やらでいいかもしれんが、
やはりとってつけたような、映画的ドンデン返し趣向のように感じる
人間がレプリに恋する複雑なところも、いい味なんだが

10 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:27:54.76 ID:DeAiELJ70
2007年のファイナル・カット版しか見てない俺からすると、まあそんなものだろうと。
1982年版には無かったユニコーンの映像足したりしてるわけでしょ?

43 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:43:41.34 ID:/SMDZMFV0
結局一番最初の劇場公開版が一番出来がいいよねw

210名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:56:58.32 ID:UrzebScn0
再編集版とか作りたがるから、余計混乱する。

そりゃ外国は編集好きにできないからわかるけど
Dカットしたほうがつまらんのが多すぎる・・・

246 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:17:50.58 ID:UoWi2oK+0
正直、ディックの原作に忠実に作ることを意識してたら、こんな傑作にはならんわな

>>210に同意する

バリエーションの作り過ぎ

あと、ディレクターズカットだから良いというわけではない典型

ナレーションがあるバージョンはわかりやすいし、雰囲気が壊れるわけでもない

11名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:28:10.01 ID:I65c9LL4O
やたら評価高いから見てみたがう~ん…って感じだった
やっぱり過去のSFをその世代に生きてない人間が評価するのは難しいわ

14名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:30:20.55 ID:n63buIB60
>>11
あの世界観に影響受けた作品が、その後、沢山でてきたからな。
甲殻とか、モロそうだろ

20 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:33:32.56 ID:IJ9Mgs2y0
>>11

>>14も書いてるけど、MADMAXと同じで後に多大な影響を与えたんだよ。

87 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:06:02.93 ID:YbL3e5ag0
>>11
古典だからね、今やその素材を土台に+αの物語にまで昇華させてるから
なかなか良さを評価静lie

72名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:58:46.84 ID:JZTmZ5e30
ビル群の映像とかライティングとかミニチュアの出来がCGとは違った雰囲気をだしてるんだよな
今のCGでもあのくらいできるかもしれんけど

82 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:03:26.38 ID:k6h3X8wI0
>>72
予算なくてスターウォーズのミレニアムファルコンが立ってたり
頑張ったから出来た情景だからCGだとどうなんだろ

199 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:53:00.05 ID:ahVVjvqy0
この間のエイリアンもだけど
今のリドリースコットはつまらないネタバレで
過去の作品を台無しにする傾向がある

46 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:44:32.40 ID:0goKwzHU0
エイリアンの前日譚作ったり、ブレードランナーの続編作ろうとしたり

なんかもう映画監督引退するつもりなのかな
弟も自殺しちゃったしな

62名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:54:01.35 ID:oe3QTKRw0
ブラックレインの続編やれよ
息子2人使っていいぞ

234 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:09:47.18 ID:/79uiUKh0
>>62
今度はシャキナベイベーを、もうちょっといい役で使ってやってくれw
関連記事

  1. 2012/10/16(火) 06:46:21|
  2. 映画ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<別離 | ホーム | ブクブク肥ゆるスティーヴン・セガール>>

コメント

一瞬テッカマンブレードって読んだ
  1. URL |
  2. 2012/10/16(火) 08:26:47 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3280-a13e26e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。