2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

僕等がいた 前篇

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1304659318/
5_20121001010144.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2011/05/06(金) 14:21:58.38 ID:4BDVFVmE
累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画を、前後編の2部作で実写映画化。主演は生田斗真と吉高由里子。「ソラニン」の三木孝浩監督がメガホンをとる。クラスの3分の2の女子が一度は好きになる、非の打ちどころのない男子高校生・矢野は、過去に恋人を交通事故で失い心を閉ざしていた。しかし、明るく前向きで無邪気な七美の存在が次第に矢野の心を開かせていく。やがて2人はさまざま葛藤(かっとう)を乗り越えて恋を実らせるが……。共演に高岡蒼甫、本仮屋ユイカ。

監督 三木孝浩
原作 小畑友紀
脚本 吉田智子
音楽 松谷卓
製作 市川南

キャスト 生田斗真 矢野元晴
吉高由里子 高橋七美
高岡蒼甫 竹内匡史
本仮屋ユイカ 山本有里
小松彩夏 山本奈々

製作年 2012年
製作国 日本
配給 東宝、アスミック・エース
上映時間 123分
映倫区分 G


821 :名無シネマ@上映中:2012/03/03(土) 22:36:35.65 ID:oPiuBUk4
試写会で見たよ
これは少女漫画実写化の成功例かも
凄く丁寧に描かれてるし、役者も皆上手い

825 :名無シネマ@上映中:2012/03/04(日) 12:44:14.07 ID:gLihIzjC
前編後編通して試写会で見てきたが
前編はうざい高橋と現実味のない矢野の台詞で
一時もきゅんきゅんしなかったがそれは自分の年のせいかもしれない
ほぼ原作に忠実だそうなので原作ファンは感動するだろう
全員高校生には無理があったがそれは脳内補完して見た
演技は全員達者なのでそのうち気にならなくなる

後編は制服じゃなくなるのでかなり普通の映画として見られた
矢野の母親の麻生裕未が凄くうまくて矢野の不幸すぎる設定にがぜん説得力が出た
そのせいか前編ではまったく入り込めなかった内容に引き込まれて見る事ができた
本仮屋ユイカと高岡蒼佑もよかった
が、竹内がなぜあんなにも高橋を好きでいるのか最後までわからなかった
高橋は矢野を待つことを自ら選択しているわけで溺れかけているようには全く見えなかったしな
高橋はそんな高橋を好きな竹内を都合よく利用していただけにも見えて結局好きになれなかった
原作読んでなくても楽しめるが
原作を読んでいるほうがその辺も納得して見られるのかもしれない

833 :名無シネマ@上映中:2012/03/04(日) 16:07:31.63 ID:Xdsm2tRS
>>825
>竹内がなぜあんなにも高橋を好きでいるのか最後までわからなかった

これは原作ヲタすら解らない事だから仕方ないw

832 :名無シネマ@上映中:2012/03/04(日) 15:44:12.30 ID:rznfPvnr
>矢野の不幸すぎる設定

原作読みの自分はここでぶほっっwて吹いた。
原作でも七美より千見寺のほうが純愛だから泣けた派。
原作で七美が矢野と竹内を振り回してるところがちょっと…芋よりはいいけど。
と思ってたら映画の竹内は七美と同じぐらいの比重で矢野も心配してる感じ?らしいね。

834 :名無シネマ@上映中:2012/03/04(日) 16:38:32.87 ID:gLihIzjC
>>832
竹内がとにかく何でも屋みたいに親切
あそこまで矢野や高橋に尽くす理由がわからん
千見寺もそう
都合よく使われてる二人のほうが主人公の勝手な二人よりずっと気になったw

835 :名無シネマ@上映中:2012/03/04(日) 16:48:39.93 ID:1u63CVs7
世の中には人に尽くす事で己の存在を確認する
そう言う類の人間も居るから、それはそれで幸せなんでは

836 :名無シネマ@上映中:2012/03/04(日) 18:52:20.75 ID:luuxSAAL

77_20121001010141.jpg

前編しか見てないけど山本(妹)の存在がかなり面白い
原作ヲタは毛嫌いしてるみたいだけど
原作より映画ではましに描かれてるのか
山本(妹)と矢野の関係が作品を面白くしてると思ったよ

837 :名無シネマ@上映中:2012/03/04(日) 21:18:35.37 ID:ao4fduQZ
>>836
分かる!自分も山本妹好きだよ
映画の方は美人なので原作ほどキモく見えないなぁw

838 :名無シネマ@上映中:2012/03/05(月) 00:59:09.87 ID:mbbsQjU1
あの原作の割にモノローグが多用されてないのも良いね
あと役者の演技のお陰か原作で納得いかない部分も
妙に納得出来た
前編での高橋もかわいくてたまらなかったし
矢野の台詞にもいちいち心掴まれた方なのでw
前編よりも引き込まれるという後編が一層楽しみ

19名無シネマ@上映中:2012/03/18(日) 00:35:32.93 ID:0j5w1w9e
男一人でレイトショー観てきた

良くなかったところ
・キャストの実年齢を知ってるから高校生役に慣れるのに時間かかった
・生田の役が設定とは言え残念な部分が多々ある
・主人公が尋常じゃないくらいモテるとかいかにも漫画っぽい設定多し
・訳あかりな設定を短時間に詰め込み過ぎな感は少しある


良かったところ
・全体的には学生生活らしい爽やかな雰囲気
・人気と演技力がある俳優を起用してる
・釧路の街並みや景観ロケーションが美しい
・恋愛や友達関係に対してシンプルで実直なところ
・原作は読んだことないから展開が読めなくて良い
・高岡の役が良い
・ミスチルの曲はまぁまぁ良かった


異論は認める
比嘉愛未が出るみたいなので続編も観に行くこと決定

60名無シネマ@上映中:2012/03/19(月) 08:18:47.20 ID:TBehrZ+9
正直グダグダ。
前篇だけじゃ作品を通して何を伝えたいのが分からない。
テレビドラマで良く見覚えがあるエピソードをただ繋ぎ合わせただけな感じ。
キャストは年齢的に無理があるシーンも多々。
お祭りでの男二人の告白タイム競争とか、大の大人達がコスプレして何やってんだと笑いそうになる。
まあでも普段からテレビドラマの恋愛モノを普段楽しめてる連中はそれなりにこの映画も感動できるのだろう。
映画ならではの充実感を求めてる人には全くおすすめできない。

61 :名無シネマ@上映中:2012/03/19(月) 08:58:15.69 ID:iCBc7vFs
全然、グダグダって感じなかった
むしろ新学期出会い→色々学校行事→学期の変わり目に新展開って
恋愛ものならストレートなほどにわかりやすい進行だと思った
登場人物は皆うまいから後編の社会人につながるためだと思うと気にならなくなる
むしろ、たぶん若いとあそこまで繊細で丁寧な感情表現は出来なかったと思う
原作読者の一意見ですが

72名無シネマ@上映中:2012/03/19(月) 11:18:02.61 ID:OxlKv9SD
この映画見たあとDVDで「ハナミズキ」を見たが
ちょっとかなわないかな。
しかしヒロインはよかったよ。

73 :名無シネマ@上映中:2012/03/19(月) 13:33:33.93 ID:Q/vQLtQn
>>72
ハナミズキのガッキーは田舎の上昇志向の強い美少女
僕等がいたの吉高は田舎で生活の全てが恋愛中心でひたむきな等身大の女の子
どちらも違っていてどちらもキャラにハマっていた
ハナミズキの生田はガッキーしか見えない純朴な青年
僕等がいたの生田は優柔不断で寂しげなモテ男
どちらも上手く演じ分けていて凄いと思った

430 :名無シネマ@上映中:2012/03/29(木) 21:10:12.14 ID:LiOLG7WM

14_20121001010143.jpg

生田27かよw
それで高校生役が務まるとはすごいな

74名無シネマ@上映中:2012/03/19(月) 13:47:32.23 ID:Q/vQLtQn
竹内は役の印象は良いのだが、役者としては見せ場の無い役なんだなと思った。
山本妹は本仮屋でバマってた涙をすっと流すタイミングが絶妙
映画ってあまり説明セリフ入れず状況を伝える事が重要なんだが、
小松彩夏は見た瞬間ちょっと頭悪そうなビッチ美女に見えたので奈々役を上手く表現できてたと思う
誰かが飛び抜けて良いというより皆が良かったって印象

81名無シネマ@上映中:2012/03/19(月) 20:10:10.80 ID:eReZ/pBp
>>74
>小松彩夏は見た瞬間ちょっと頭悪そうなビッチ美女
そう見えて正解なのか

51_20121001010142.jpg

まわりの女の子達にも支持されてるような描写があって、それでああいう子なのは以外だった
女の子も憧れるような女性には見えないんだけどな

82名無シネマ@上映中:2012/03/19(月) 22:00:48.14 ID:ObjxWSV2
>>81
奈々は原作では白痴ビッチだけど物凄い美女設定
別に憧れられてない

86名無シネマ@上映中:2012/03/19(月) 23:03:11.33 ID:HRgeyyvh
矢野がそこまでかっこよく見えないのがこの映画の最大の欠点では

87 :名無シネマ@上映中:2012/03/19(月) 23:11:42.65 ID:qerUWmEY
>>86
それは個人の好き嫌いだから何ともいえないけど
一応冒頭に矢野の人気っぷりが説明セリフで入ってるからその前提で見ないとね

147名無シネマ@上映中:2012/03/21(水) 04:17:44.25 ID:weviyMJZ
屋上での最初の笑顔はえ?って思ったけど
「バイバイ、ナナちゃん」の生田かっこよかった
雨見つめてる後ろ姿が好きだな

2401540_20121001010204.jpg

個人的に須藤理彩が気になった
演技とかじゃなく「竹内が彼女作らないのは綺麗な姉をもって
理想が高いからじゃ」みたいなセリフあったけどその設定で
須藤が姉なのはどうなんだ?って思ってしまった

149名無シネマ@上映中:2012/03/21(水) 12:30:21.26 ID:OqOmIQHy
>>147
須藤姉は唯一芝居が浮いてる感じがしたなあ
脇では麻生母が秀逸だよね
後篇の麻生母もますます楽しみ

164名無シネマ@上映中:2012/03/22(木) 02:53:57.62 ID:GgDToMVA
>>147 >>149 

自分は須藤姉よかった派。
全体にちょっと重い感じの話なんで
元気のいい姉が出てくるとうれしかった。
須藤すごいきれいと思うけどなあ。
スタイルも細すぎないところが好きだ。

165 :名無シネマ@上映中:2012/03/22(木) 04:27:08.40 ID:rV8N7iU4
>>164
全員と距離をとれてる須藤(の視点)がいないと、
さすがに高校生の話に入りきれない大人はちょっとつらいからいて良かった

539名無シネマ@上映中:2012/04/03(火) 00:13:34.76 ID:e05zvFBy

20071115_20121001010203.jpg

麻生ゆみ恋空にもさっき出ててびっくりした。
いがいにスイーツ女優。

540名無シネマ@上映中:2012/04/03(火) 00:39:23.19 ID:Bz/zuGUA
>>539
DQNメンヘラ母親役が上手いんだよね
麻生さんと森口遥子がこのポジションの2強だと思ってる

101名無シネマ@上映中:2012/03/20(火) 02:02:51.79 ID:BI9ipQVe
原作読んでた時からどうしても何で矢野が山芋と関係したのかが理解出来なかったんだけど、
矢野の台詞のまま素直に

・奈々の手を拒絶してしまって後悔していたから山芋の手が触れた時はちゃんと掴まえたかった

それは分かるけど、なぜ線香上げに行って、弾みでやってしまったん?奈々への復讐(許せなかった気持ち)
の意味もやっぱりあったって事でFA?原作でもあのくだりは何故か山芋も
「やるならさっさと」って挑発的にしてて、でも何故やれるのかと疑問なんだけど、
男の子なら「あのシチュエーションならそうなっちゃうよな・・・」って理解できるもの?
自分の想像力が足りないだけ?みんなはどう解釈してるのか改めて聞いてみたいw

102 :名無シネマ@上映中:2012/03/20(火) 04:55:46.52 ID:a0n6+FM5
>>101
自分も原作でよくわからなかった人間
矢野は寂しかったとかそんな感じだと思ってるがどうなんだろう

108名無シネマ@上映中:2012/03/20(火) 09:55:25.50 ID:j6lEgCo8
>>101
矢野は奈々の事を、裏切られた事より信じ切れずに手を離してしまった事を後悔している。
妹から教えられた事故までの顛末が真実なら、矢野は悪く無い事になる。
でも、自分は悪く無いと思う自分は許せない、だから自分も十字架(妹を抱く禁忌)を背負う事を選択した。

112名無シネマ@上映中:2012/03/20(火) 10:17:29.06 ID:FEm7Imyb
>>108
なぜ妹を抱いたのかの答えは後編で矢野が妹に向かって言ってたよ
それも深読み解釈はできるけど一応はっきりわかりやすい形で言ってる

115 :名無シネマ@上映中:2012/03/20(火) 11:55:21.84 ID:12/H0qg+
>>112
後編、見たんだ。うらやましい!

151名無シネマ@上映中:2012/03/21(水) 13:44:19.27 ID:8OItqMRC
本仮屋が矢野に本音を伝えようとして聞いて貰えなかった時の表情が激ヤバい
くるぞくるぞと思ってるんだけど見たら同じ所で号泣してしまう

155 :名無シネマ@上映中:2012/03/21(水) 20:21:09.15 ID:OqOmIQHy
>>151
去った後に1人でポツリと呟くのがね
たまらんやね

79 :名無シネマ@上映中:2012/03/19(月) 16:31:25.61 ID:ZypQCPvN
七美が上智の赤本もって廊下で山妹とすれ違い通り過ぎるシーン
山妹がお茶の水の赤本持ってる所で思わずニヤけてしまった
これは後篇が楽しみですねって感じでw

94名無シネマ@上映中:2012/03/20(火) 00:51:38.80 ID:c0UmKvlo

41_20121001010142.jpg

吉高の高橋にはイライラしてしまった

115 :名無シネマ@上映中:2012/03/20(火) 11:55:21.84 ID:12/H0qg+
>>94
原作の高橋のほうがイライラしたな
映画のほうは竹内の好意に対し保留のまま、矢野を待つけど
原作だと一回竹内とのことを真剣に考えて、踏み出そうとする
矢野にとって奈々の悲劇再びになりそうだったし
気持ちは矢野にあるから、竹内も可哀想だった

116名無シネマ@上映中:2012/03/20(火) 12:36:15.65 ID:f3WSn5MX
七海ってどこがそんなにいいんだ?
イケメン二人をそんなに夢中にさせるほど?
まぁ、美人でもなく特別な魅力もない普通の女の子がモテモテ
って言うのが少女たちの夢なのかも知れないけど

119 :名無シネマ@上映中:2012/03/20(火) 13:20:49.71 ID:I057AI1t
>>116
自分も七海の魅力がわからん
山本妹はもっとわからん
絶対、千見寺一択

118名無シネマ@上映中:2012/03/20(火) 13:01:44.83 ID:oQKmzKHy
>>116

a_k_20121001010203.jpg

竹内はそれほどイケメンではないよ、大学デビューみたいな感じ
矢野は七美に夢中になってはない

120名無シネマ@上映中:2012/03/20(火) 13:23:07.26 ID:TjoTWXqI
>>118
でも、最初の方に「矢野派?それとも竹内派?」とか言われてたよね
どっちも女子からの憧れの的なのかと思って見てた

121名無シネマ@上映中:2012/03/20(火) 13:28:37.92 ID:oQKmzKHy
>>120
矢野が女生徒から70%位の支持があって(2/3だから)
竹内が20%その他男子達で10%という感じだから
矢野と拮抗している訳ではない

123 :名無シネマ@上映中:2012/03/20(火) 13:37:07.38 ID:TjoTWXqI
>>121
現実としたらモテモテだよw
矢野設定がありえないだけで

168 :名無シネマ@上映中:2012/03/22(木) 08:53:47.01 ID:3rMwo6kE
漫画なら成立するんだろうが実写だと青臭くて寒々しい台詞多数
それが自然に聞こえる高岡はやはり芝居がうまいのか存在感か

169 :名無シネマ@上映中:2012/03/22(木) 09:37:36.20 ID:h+QJMgYg
高岡さんは普通に演技上手いよ
不良からオタク、気弱な男子まで幅広い
だからこそ惜しい人を無くしたなと思う

170 :名無シネマ@上映中:2012/03/22(木) 09:42:46.21 ID:rJTxtVh/
なくしてないw
そのうちに戻って来るよ

171 :名無シネマ@上映中:2012/03/22(木) 09:50:51.19 ID:h+QJMgYg
そうかな
個人的にはエリカ様よりいばらの道だと思う

131名無シネマ@上映中:2012/03/20(火) 18:36:15.69 ID:RQRoQR/b
あの花火のシーンで吉高が+-なんたらかんたらのセリフなんだっけか
いいセリフだった
映画館で手をつないだり、二人でもっといたいからバスの時間を何本も遅らせたり
人気の無いところでキスをしたり、恋人だったら皆経験する性体験等
カップルで見てたら盛り上がるだろうなと
愛を与える女のほうがいいな

132 :名無シネマ@上映中:2012/03/20(火) 18:43:25.27 ID:y0cdU+Zb
>>131
二人のいちゃいちゃシーンは若き日を思い出してほっこりした
ぶっちゃけ前半だけでかなり満足度高い
このまま最後の七美ナレーションを聞かなかった事にして
「きっと二人は東京で結ばれたんだ」と脳内補完して終わりたい位
後篇のドロドロが見たいようで見たくないような複雑な感じ

285名無シネマ@上映中:2012/03/25(日) 10:01:30.41 ID:qvX4Zf2d
見てきた思ったどうでもいいこと。

・あんな高いところで寝て危なくないのか?
・テスト8点がなぜクラス委員に?
・学校内であんなにイチャイチャして怒られないのか?
・北海道の寒さはあんな薄着で乗り切れるのか?

286名無シネマ@上映中:2012/03/25(日) 10:36:39.09 ID:bkAEIGF2
>>285
・あんな高いところで寝て危なくないのか?
→結構広さもあるので危なくないです
 鳥のフンとカラスの攻撃には注意が必要

・テスト8点がなぜクラス委員に?
→罰ゲームです
 要は押し付けられただけですね

・学校内であんなにイチャイチャして怒られないのか?
→あの程度は問題ありません
 体育倉庫でエッチしてたの見つかったときには怒られました

・北海道の寒さはあんな薄着で乗り切れるのか?
→軟弱な都会者と一緒にしちゃいけません
 思ったより大丈夫なもんですよ

287名無シネマ@上映中:2012/03/25(日) 11:26:31.27 ID:O7DqKaGW
そう言えば、日本一短いスカートはいてるのは
新潟の女子高生らしいね
もちろん真冬でも生足

288 :名無シネマ@上映中:2012/03/25(日) 11:56:01.90 ID:NXBemJn4
>>287
よし、新潟へ行こう

389名無シネマ@上映中:2012/03/28(水) 23:14:13.81 ID:nikXwnZo
3回目だけど水ちん役の人がちょっとイラっとくるw
文化祭で司会やってた男子2名って矢野のまわりによくいるメンズだよね?
結構上手いけど全然知らない役者さんだから新鮮に感じる
あの男子より圧倒的に出番が少ない柄本兄がクレジットされてる不思議
弟はファブリーズで有名だけど兄ちゃんはテレビでは無名だよね
それにいかにもサブカル系だから作品のカラーにまったくなじんで無かった

434 :名無シネマ@上映中:2012/03/29(木) 22:40:20.25 ID:Z7yRBD+9
>>389

2003836_201111180450135001321542053c_20121001010141.jpg

柄本兄が大人編で重大な役どころなんじゃない?重大というほど重大でもないと思うけど。

635名無シネマ@上映中:2012/04/11(水) 18:53:22.52 ID:5gnfCnCN
この映画の正しい使い方に関するつぶやき

高校生に、好きな子と行く映画に『僕等がいた』チョイスしたという話をされ、キュンキュン狙いか!とからかったら、
「後編も一緒に見に行く口実になるかと思って」
と映画よりも青春キュンキュンな事言われて全私が震撼した。

636 :名無シネマ@上映中:2012/04/11(水) 19:57:57.43 ID:6CwjpTXp
>>635
心が洗われたw

638 :名無シネマ@上映中:2012/04/11(水) 21:14:12.78 ID:H+riGsmD
>>635
いいねーw
まさに青春でニヤニヤした。

関連記事

  1. 2012/10/08(月) 21:21:02|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画「レイダース/失われたアーク」の撮影裏側の画像を31枚公開 | ホーム | 【画像】もしもあの映画がゾンビ映画だったら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3243-aab92490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。