FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウルの動く城

http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1100954963/


1 :カリカリ博士 ◆2LEFd5iAoc :04/11/20 21:49:23 ID:mMTRYvg5
宮崎 駿監督最新作 「ハウルの動く城」119分(1時間59分)

*・゜゚・* 2004年11月20日(土) 東宝洋画系拡大公開!*・゜゚・*


10 :名無シネマ@上映中:04/11/20 21:54:49 ID:QUiOHdCg
キムタクよかったな。賠償さんの方がちょっと若い女性の声は無理あったかなあ
という感じ。俺としてはすごくよかったと思う。難しいテーマ、いくらでも悲惨で
感動的な話にできるのにあえて、恋愛物にしたその心意気やよし。

10点満点で7.5くらいかな(サッカーの感覚ね)。あちなみに俺は40代の
オッサンでカミサンと見た。これは女性ははまると思う。腐女子は別ね。

12 :名無シネマ@上映中:04/11/20 21:54:55 ID:0hJ9BS+3
マルクルいいねぇ
ヒンいいねぇ
大泉 洋いいねぇ

って感じだった。

13 :前スレのまとめ1:04/11/20 21:55:16 ID:64mZYz29
Q.ハウルは最初町で会った女の子だってことを
ばあちゃんになったソフィーが城に入ったときは気づいてたんでしょうか?

A.最初に街で見たときにソフィーが流れ星(カルシファー)とぶつかったときに
会った女性だと気づいていた、と思う。

城に入ったときには複雑な魔法がかかってるね、とかカブを見て言っていたぐらいだから
ソフィーのことにも気づいていたけどお年寄りになってしまった女性に
解けないかもしれない魔法にかかったことを指摘できなかったってことだと思うけどねオレは。


Q.ソフィーがババァになったり若返ったりするのはなんで

A.原作に、呪いはとっくに解けてるのに
ソフィーが自分で自分を縛っているから元に戻らないみたいな発言があった。

実はソフィーは魔法の力を持っていて、ハウルは実際にソフィーの呪いを解こうとしているのだが、
ソフィーの力が遮って解けない。
ソフィーは自ら老人化することを無意識の内に望んでいるから。
原作ではその描写が明確にあるが、こんほ映画ではなされていない。
老人化したり、若返ったりするのはソフィーの精神の揺らぎから。
ハウルへの愛が強いソフィーは若いが、自らが長女であり、
美しくはないと人生に絶望している時のソフィーは老人。


Q.城を一回崩してまた建てるのはなんで(軽量モードにしたんか?)

A.空中で戦っているハウルを見たらその場に行きたくなり、城を再び動かそうとした。

16 :前スレのまとめ2:04/11/20 21:56:17 ID:64mZYz29
Q.臆病なはずのハウルがばりばり戦ってるのはなんで

A.臆病なハウルはソフィーのために戦っている。
ハウルが師匠に会いに行った時から、ハウルはこの戦いを決意していて
最後までソフィーやマルクルを守るために戦い続けた。
自分達がいるから、ハウルは戦い続けるとソフィーは考え、
ハウルを守るために自分達が篭城している城そのものを破壊しようと思った。


Q.なんで戦争やめる気になったの?

A.最後のサリマンの心変わりは、ソフィーの魔法によって心臓を取り戻し、
幸せになっている昔の弟子の姿を見て
自ら行っている戦争行為が馬鹿らしくなったのではないかと推察
原作ではかなりハウルの事が分かっているいい人の設定だったから。
実は動物化していくハウルを助けようとしていたのかもしれない。


Q.突如過去に行ったりするのはなんで?
最後の扉をくぐってから帰ってくるまでの
エピソードが実体なのかどうか分からんかった。

A.過去への移動は色々と考えられるけど、
ソフィーの魔法とドアの魔法が融合した結果だったのかもしれない。
最も、原作では黒い扉は特殊な場所に通じていて、
魔法のない現実世界に通じるものとして存在していたが、
今回の映画内では黒い扉は戦地に通じている可能性が高かった。
それが、最終的にはハウルの過去へと通じることになったのかもしれない。

20 :前スレのまとめ3:04/11/20 21:57:15 ID:64mZYz29
Q.つーかカルシファーとハウルの契約の心臓はいつ沸いてきたんだ?

A.はじめにカルシファー動かすあたりで炎の根元に肉の塊みたいなのあるよ。


Q.なんで呪いかけられたの?

A.荒地の魔女とは、昔ハウルがちょっかい出したって映画では言ってるけど
原作では昔、付き合っていたってことになっている。
それで、ハウルの方が逃げてしまって別れたことになっている
荒地の魔女がソフィーに呪いをかけたのは、ハウルの大切な人間だと勘違いしたから
また、空中散歩するハウルとソフィーが恋人のように見えて嫉妬していたのかもしれない。


Q.あの、強引にも思えた大団円は駿のオリジナル?原作どうり?
続編ではソフィーはハウルの妻になってるそうだけど

A.ぜんぜん別物。
ただし原作も急展開&強引


Q.てか過去のシーンて意味あったの??

A.過去のシーンは惚れた何だ以前にカルシファーとハウルが契約していることを
ソフィーに気づかせる重要なシーンじゃない?
原作では落ちてくる流星を見て可哀想に思ったハウルが、
流星の一つに心臓を分け与えるシーンだからね。
あれが分からなければソフィーはカルシファーがハウルの心臓だってことにも気づかなかったし、
命を与えることもできなかったと考える。

21 :前スレのまとめ4:04/11/20 21:58:20 ID:64mZYz29
Q.ソフィーがネバネバを染み出していくハウルに激昂するシーンがあったでしょ。
あそこの感情の流れだけは引っかかるんだよね。

A.あのシーンはハウルが自らが美しくなければしょうがないっていうシーンで
それじゃあ私はどうなるんだ的な怒りじゃないか?
その後、始めて老人になった現実を感じて涙がこみ上げてきたのではないのかと思った。
ソフィーはもともと長女であるということにコンプレックスを持っていて、
しかも妹がとびきりの美人で自分は地味でつまらない一生を送るんだと思い込んでいる少女だったから
色々な意味で自信はなかったんだろうな。


Q.ハウルとルシファーの契約って具体的になんだったの?

A.ハウルは落ちて死んでいく流星達がかわいそうだと思って心臓を与えた。
カルシファーはその代わり生きながらえることができ、ハウルは莫大な魔力を持つことができた。
その代わり、ハウルは心を失い他人を本当に愛することができなくなった。
ハウルが契約して、心臓を渡す瞬間、最後に一目惚れした女性がソフィーってことになっていて
それが心を失った後でもついて回ったんだと思われる。
最後ハウルは心臓を取り戻し、ソフィーと結婚したんだろうな。

契約のシーンは原作で説明されている。お師匠さまの魔法で過去も覗き見る。
原作のハウルはかなり軟派で女性を自分に惚れさせては一方的に振る人間だったから
それで真実の愛を求めてたんだけど、何か知らないうちにソフィーを好きになっていた。
映画では、宮崎駿がより分かりやすい解釈として、
過去のハウルとソフィーの出会いを作ったのではないかと。

24 :前スレのまとめ5:04/11/20 21:59:37 ID:64mZYz29
Q.火ルシファーはもとからあんな風に喋れたの?
最後、流星に戻ってからも喋りまくりだったけど、
だとしたらルシファーーが契約によって得ていたものって何?

A.流星の時も少しは話せるんだけど、流星の子は生まれたらすぐ死んでしまう
ハウルは自らの心臓を渡すことによってカルシファーを助けたんだけど、
暖炉に縛り付けることになってしまった。
最後はソフィーが「あなたはこれから千年も長生きしますように」って魔法をかけることによって
カルシファーは命を与えられることができ、心臓がなくても自由になれた。
言い忘れたけど、ソフィーの魔法は無機物に命を与えることができるってものだから。
映画では説明されてなかったけど、かかしもソフィーに話しかけられてから
始めて動けるようになっていたのね。


Q.カカシ=王子っていうちょっと無理矢理なオチはオリジナルかな

A.原作では、犬がキングズベリーの王弟殿下と宮廷つき魔法使いサリマンのいらない部品のミックス
荒地の魔女は王弟とサリマン(原作では男)のかっこいいところを寄せ集めた上で
ハウルの頭を乗っけようとした。
案山子はサリマンが自分の魔力を封じ込めた使い魔。


とりあえず適当にまとめてみた。

26 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:00:18 ID:kDgxG6VB
前スレのまとめ さんありがとう!

28 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:01:09 ID:pJi3ghPI
ソフィは自分は可愛くないって言ってたけど
正直、妹より美人だったよな?



31 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:02:06 ID:pgEQ4pBN
>>28
同感。妹見たときに、ただのケバい女だよ!何で人気なんだよ!!
とか心の中で突っ込んでしまった。

34 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:04:30 ID:C0f/OJbS
>>28
あの子の基準では継母とか妹みたいに派手目で
男の人にちやほやされるのが美人、
て言う定義なんじゃないかな。
あまり男の子と接触する環境じゃなかった
みたいだから自分は母や妹とは違うんだ
と勝手に思い込んでる気がする。
店に来る客も派手な女の人ばかり見たいだし。

39 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:05:45 ID:kDgxG6VB
やっぱハウルの気持ちの移り変わりがわかんないな・・・・
引越し?あたりから唐突にソフィにやさしくなったような感じ。
それまで押し隠してたのかな?

49 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:08:36 ID:22xbJNGV
>>39
ハウルがソフィに惚れる過程は本当に意味不明だな。

52 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:09:41 ID:eLX04+Sm
>>39
夢か幻かみたいな「貴方を助けたいの、貴方を愛してるの」
以後変化していたような気がする。

42 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:07:07 ID:A94OGGQK
星色になったショートカットのソフィーは萌え萌えですよ。

54 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:09:56 ID:LLTg9H2l
>>42
萌え萌えですね

44 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:07:47 ID:JQeQhIhl
原作を1ヶ月前ぐらいに読んで半分ストーリーを忘れてから映画を見た。
…中途半端に原作を読んで行くとかなり混乱するぞ。
原作とアニメは別設定だと思った方が良いかも。

☆原作と違っていた点・映画だけだとわかんない点
(ネタばれあり)


・原作ではソフィにはレティともう一人妹がいる
 その妹は魔女見習いだったとかすかに記憶する
・原作ではレティともう一人の妹は実は入れ替わっている
・原作のソフィの母は継母で、店の切り盛りをソフィに押し付けている
 そして金持ちの再婚相手を見つけて(貴族)娘3人を楽させようと
 実は思っていた。娘3人はそれぞれ奉公に出ている。
 (なのでレティと母はそっくりなのだ。実の親子でソフィだけ血がつながっていないから)
・案山子は妹のうちのどちらかの恋人だったかと
・荒地の魔女はカシルファーの中にあるハウルの心臓を狙っている
・荒地の魔女からハウルあてに手紙(呪符)は原作だと詩になっていて
 一行ずつ呪いが進んでいって…という設定だったが、
 映画だと意味ありげな演出はされていたが、なかったことに(笑)
・原作だとハウルはレティを探しに(ナンパです)町におりてきていた

劇中だと、カシルファーが星で、なぜ暖炉の中にいるかというあたり
がよくわからん。
ソフィが過去のハウルを見たりという設定もアニメオリジナルかと。
アニメ的に説明するとああいう手法になるんだろうけど。

パンフ内の解説は養老さんのが一番適切かなと。

整合性という点ではわかりにくい作品だ。
個人的にはキムタクの声は悪くなかったぞ。
ばあさんになるとこんなに大変、という演出はいらないんじゃない?

48 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:08:23 ID:Rp3XOAQt
なぜ母と妹は似てるのにソフィーだけ似てないんですか賠償だからですか

58 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:10:53 ID:C7DKSt11
正直、ショートカットになる前のほうが好き(顔、性格とも)
なんでいきなりキス魔になるんだよ!

63 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:11:49 ID:22xbJNGV
いきなりキス魔になったり、「あなたを愛してる」とか言い出したり、
序盤の内向的なカンジはどこへ

78 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:17:51 ID:0oUcEqtK
かまどを掃除してる時、カルシファーが「消えちゃう消えちゃう」って悲鳴上げてるのに
耳を貸そうとしないソフィーって酷い奴だと思った。
あそこでハウルこなかったら死んでるだろあれ。

85 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:19:31 ID:Ick2/8N5
>>78
赤いはずのカルシファーが青くなってたから、
もう仮死状態とかかと思ってビビッた。
悪魔と生活するなんて初めてだから、何処まで本気か判らなかったのかもだけど、でもなあ。

93 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:23:33 ID:+pG7Lwqk
面白かったけど奥歯にものが挟まったような感じで帰ってきた
このスレでいろいろ解説されているのを読んで
すごく面白い作品なんだと思うようになってきた。
特にこれ↓
>ハウルは落ちて死んでいく流星達がかわいそうだと思って心臓を与えた
>ソフィーの魔法は無機物に命を与えることができるってものだから
なるほど!て感じ

95 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:24:33 ID:7uYrd5qZ
もっと分かりやすい映画作れよ

96 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:24:47 ID:22xbJNGV
>>93
それはあくまで原作のことだからなぁ。
映画でそこまで意図してるのかどうかはわからん

111 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:30:45 ID:NV7lYsDt
パヤオが原作で補完しないと理解できない映画作るとは思わなかったなあ。

118 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:32:45 ID:Ick2/8N5
>>111
別にそうでもないと思う。
個人的には変に原作読んでも混乱すると思うし、
映画ハウルは映画ハウルだけで楽しむ、楽しめるもんだと思うよ。
原作ハウルを読み込んだら理解できるかというと、それは原作ハウルを理解しただけで。
結構別物と思ったほうがよい気がした。

112 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:31:02 ID:Ick2/8N5
ほんと、こればっかりは宮崎アニメ史上で一番スッパリと、しかも両極端に
評価が分かれる気がするなあ。

113 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:31:06 ID:lPUieoGn
>>104
そうなんだよな
ソフィーって「どうしても呪いを解きたい」って感じには見えないよな

114 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:31:30 ID:1+Ot9lWS
ソフィーがペンドラゴンを名乗ったあたりの説明してくれた人に感謝。
あと、個人的な解釈。

今回はいつにも増して善悪の曖昧なキャラクターが多かったと思う。
ソフィーはやさしくもあるが、前半部でカルシファーをいじめたり、必ずしも絶対善には描かれていなかった。
ハウルもかっこいいし、戦争をやめさせようとしたりしてはいるが、反面、臆病であり、化け物じみた姿を見せてもいた。
荒地の魔女も結局悪とはいえないだろうし、サリマンも一見いいおばさんなんだが、結局はどっちつかず。
戦争も当事者は極力見せず、表面の描写だけで終わらせていた。
まぁどういうことかというと、「人間くさい」のである。
町の風景を思い出してみると、華やかではあるが、どこか俗っぽい感じはしなかっただろうか。
魔女の宅急便の町並みに近いような気もしたが、それよりもずっと現実のゴテゴテを表していたような気がする。

つまり、「ハウルの動く城」は(いい面も悪い面も合わせて)現実世界に近かったような気がする。
現実の、ありふれた、汚い面も綺麗な面も併せ持った人間の世界そのまま。
それで、その上で、普通のありふれた人間でも、生きる喜びや愛があれば幸せになれる。
それが「世界の約束」である、って事を言いたかったんじゃないのかな?
それゆえ、ヒーローを創るわけにはいかなかった、
つまり、ハウルにかっこよく戦争を終わらせるわけにはいかなかった。
そういう意味でのあの最後なんじゃないかね?

と俺は思いたい。

154 :名無シネマ@上映中:04/11/20 22:52:22 ID:LwoMVInX
空中散歩のシーン良かったね。あぁ宮崎アニメだなぁって思ったよ。



308 :名無シネマ@上映中:04/11/20 23:38:55 ID:ZHeVeRvU
案山子の正体、ハウルは知っていたのでは?

311 :名無シネマ@上映中:04/11/20 23:40:42 ID:HqxvVpK/
案山子の正体、カルシファーも知っていたと思われる。

319 :名無シネマ@上映中:04/11/20 23:43:55 ID:ZHeVeRvU
>>311
ハウルとカルシファーは、案山子やソフィの正体知っているんだよね。
そういうセリフもあるし、ソフィの寝顔見たときもそんな感じだった。

みんなの意見聞いてると、ハウルが更に好きになってきた。
また観にいきたい。

328 :名無シネマ@上映中:04/11/20 23:45:43 ID:v+xAbHzj
>>319
ソフィのことは正体知っているというよりむしろ探してたってかんじなんじゃない。
ようやく見つけた!と。

358 :名無シネマ@上映中:04/11/20 23:59:04 ID:HqxvVpK/
>>328
きっとそうなんだろうね。
元の姿で眠っているソフィーを見つめるハウルの瞳は
少しわかりにくいけど、確かにうるうるしてたよ…。

350 :名無シネマ@上映中:04/11/20 23:55:25 ID:dcSdKmbI
「守るものが出来た(大意)(ry」でウルっときたなぁ。
でも泣かせる話を作る人は嫌いなので泣かなくてよかったとも思う。
俺にとって千尋は「いい映画」
ハウルは「好きな映画」

363 :名無シネマ@上映中:04/11/21 00:01:11 ID:f9830cei
ハウル自分はすごく良かった
主要な登場人物の痛みというか、傷が癒されてく感じが。
一番ぐっと来たのは荒地の魔女が心臓渡したとこなんだがw
ソフィは恋もそうだけど大切に思っていろいろしてあげられる、家族が欲しかったんだろうな
そこはマルクルもハウルも、みんな家族に恵まれて無いわけなんだけど
みんな寂しかったのかなとオモタ

386 :名無シネマ@上映中:04/11/21 00:06:02 ID:fBGWBQ0h
>>363
俺もあのシーンは地味だけど素晴らしかったな。
荒地の魔女がソフィーと心から通じ合えたって感じがした。
千と千尋で湯婆が最後まで素直になれず千尋に意地を張っていたのがハウルで消化できていた気がする。

473 :名無シネマ@上映中:04/11/21 00:25:49 ID:rWnLTQGX
正直ストーリーがまじ意味不明だった
キャラの行動も不自然で何がしたいんだかサッパリ
宮崎アニメで途中退出したくなったのは初めて

474 :名無シネマ@上映中:04/11/21 00:26:26 ID:e3gwuWiA
キムタクが声優なんて正直絶望的だと思ってたけど実際観たら全然アリだった。
はじまって5分でもう一回みたいと思った。確かに諸所の説明がぶったぎられてたけど、
物語の本質がわからなくなるようなことはなかったと思う。
もちろん詳細がわかればより楽しめるのだろうけど。

好きなシーンは
・空中散歩
・ハウルが落ち込んでドロドロになるところ
・カルシファーが薪にしがみついてるとこ
・花畑のやりとり「皆に安心して暮らしてほしい」「年寄りになると失うものが・・・」(うろ覚えです)
・守るべき者うんぬん

キャラが皆今までのどの作品よりも人間臭くて良かった。
あーやっぱりもう一回みたい!

491 :名無シネマ@上映中:04/11/21 00:29:14 ID:O+kexL2r
とりあえずラピュタより素晴らしい点が一つだけあったな。



目玉焼き。
いやあ、あのベーコンエッグは本当においしそうだった。

518 :名無シネマ@上映中:04/11/21 00:35:07 ID:CqREHNA1
ハウルはイケメン度ジブリ歴代No1だな



528 :名無シネマ@上映中:04/11/21 00:37:58 ID:CqREHNA1
ハウルってあれで心失ってるのか。
感情は表に出してたけど、感情と心は違うのかね?

533 :名無シネマ@上映中:04/11/21 00:39:04 ID:bZMdU3sz
荒地さんの毒気が抜けてからのキャラはすきだ。
大女優の楽屋裏みたい

574 :名無シネマ@上映中:04/11/21 00:49:16 ID:CqREHNA1
カルシファーいいキャラしてたね
背景が綺麗だった 音楽もよかった

今の技術でラピュタリメイクされねーかなーw

634 :名無シネマ@上映中:04/11/21 01:03:42 ID:CqREHNA1
ソフィーはハウルに惚れてたくせにいろんなヤツらにキスしてたな。

637 :名無シネマ@上映中:04/11/21 01:04:20 ID:oPCoxGhV
 >>634
唇には、ハウルにしかしてない。



642 :名無シネマ@上映中:04/11/21 01:05:00 ID:CGnIpL9h
>>634
外国はそんなもんなんだろ?
純日本人だからわからない感覚だが

653 :名無シネマ@上映中:04/11/21 01:08:18 ID:j3D8uxmj
婆さんにされたソフィが、家出をするのは分かるけど、
目指す先がハウルの城っていう思考回路がワカラン。orz

657 :名無シネマ@上映中:04/11/21 01:09:29 ID:BuoiG8vf
>>653
あれは偶然拾われただけなんじゃない?
まぁその前になんで帽子屋を出ていったのかもわからないんだが、
末の妹の家に行く、とか言ってなかったっけ?

670 :名無シネマ@上映中:04/11/21 01:11:22 ID:KvoifNoa
>>653
ハウルの城を見つけて驚いてたし、たぶん偶然。
散々「まだ街があんなところに・・・」と言ってたし、
出来るだけ故郷から遠ざかろうとしたらハウルに会っちゃった、みたいな。

もしくは、荒地の魔女の魔法での、無意識下での誘導。
いつのまにかメッセージカード持たせられてたくらいだし。

488 :名無シネマ@上映中:04/11/21 00:29:10 ID:CqREHNA1
木村悪くなかった。もっとガンガン魔法使ってほしかった。
途中で引越しする意味がようわからん

618 :名無シネマ@上映中:04/11/21 00:59:36 ID:8Dbhry5S
>>488
>途中で引越しする意味がようわからん
ソフィは自分が以前会った娘で帽子屋だとは
ハウルには教えていない。
なのに、ハウルはあの家にお引越しした。
実はハウルはソフィの事を良く知っている。
という説明のためなのでは?

関連して、ソフィがあの帽子屋を大切にしている事も知っていたので
カルシファに家を守らせた。
ソフィ達はいくらでも安全な場所に行くことが出来たはずなのに
あの家に固執したのは
ソフィだけでなくソフィが大事にしていた家も
守ろうとしていたからでは。
で、それに気付いたソフィが家から出て
家に行く方法も無くし(城を崩壊させる)
ハウルにもう守らなくてもいいんだ。と示した。
それを伝えるためにもう一度城を動かした。

724 :名無シネマ@上映中:04/11/21 01:24:18 ID:bI1ik+XK
ハウルの外見が魔女の宅急便のトンボだったらおもしろかったのにね

858 :名無シネマ@上映中:04/11/21 02:04:36 ID:7WOk8F7f
ていうか、軍艦素晴らしいよね。
空中戦艦、爆撃、戦闘機も!

もう眠いから難しいことはどうでもよくなってきたYO・・・
正直、宮崎アニメのなかで一番心が躍っちゃいました!
みんなごめん!

862 :名無シネマ@上映中:04/11/21 02:05:51 ID:9wlFpm8F
>>858
俺も!!戦艦にシビれました

870 :名無シネマ@上映中:04/11/21 02:07:22 ID:dDCYZsYN
とりあえずヨーロッパ風の描写が全体的にレベル上がったなと思った。
戦艦とかも。それだけでもこの映画に価値はあるよなぁ。

933 :名無シネマ@上映中:04/11/21 02:34:28 ID:NW2pLXWM
ソフィーがシータ並にかわいかったらな・・・
もうちょっと萌えられた


関連記事

  1. 2008/10/04(土) 02:38:42|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天使 | ホーム | ザ・シューター/極大射程>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/322-2fa99b24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR