2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

2001年宇宙の旅

http://bubble5.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1145309148/
5_20120826204031.jpg

1 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/04/18(火) 06:25:48 ID:vsZkqugz]
スタンリー・キューブリック監督と原作者アーサ・C・クラークによる、映画史を代表する不朽の名作SF。月に人が住むようになった時代。月のクレーターの地中からの謎の石碑が発掘され、宇宙評議会のフロイド博士が調査に向かう。それから18カ月後、最新型人工知能「HAL(ハル)9000型コンピュータ」を搭載した宇宙船ディスカバリー号は、デビッド・ボウマン船長、フランク・プールら5人のクルーを乗せて木星探査に向けて航行していた。しかし、その途上でHALが探査計画に対して疑問を抱いていることを打ち明ける。ボウマンとプールはHALの不調を疑い、いざというときはHALの回路を切断することを決めるが、それを知ったHALは反乱を起こす。極端に少ない台詞や固定した長回しのカメラワーク、「ツァラトゥストラはかく語りき」「美しく青きドナウ」をはじめとするクラシック音楽の使用などが斬新で印象的。撮影時に開発された新技術と、科学的裏付けの追求により人工知能HALの暴走がリアルに描かれている。第42回アカデミー特殊視覚効果賞受賞。

監督 スタンリー・キューブリック
製作 スタンリー・キューブリック
原作 アーサー・C・クラーク
脚本 スタンリー・キューブリック
アーサー・C・クラーク
撮影 ジェフリー・アンスワース
ジョン・アルコット

ケア・デュリア
ゲイリー・ロックウッド
ウィリアム・シルベスター
ダニエル・リクター
レナード・ロシター

原題 2001: A Space Odyssey
製作年 1968年
製作国 アメリカ
日本初公開 1968年4月
上映時間 140分
映倫区分 G


86 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2006/05/17(水) 12:30:20 ID:IGY/F0nw]
これ観たけど意味わかんなかった。なんで猿???
キューブリックはシャイニングが一番ですな!

88 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/05/17(水) 13:49:53 ID:0msVig7W]
>>86
猿がどのように進化してヒトになったか、
そしてそのヒトがどのように進化して超ヒトになるだろうか、
そんな物語なのです。カンタンでしょ?

96 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2006/05/18(木) 17:24:33 ID:41kKmugP]
>>88
それは間違いだ。
超ヒト=神が正解。

97 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/05/18(木) 22:55:51 ID:esWJbZbH]
>>96

aQ_convert_20120609200844_20120826204053.gif

モノリスは神が作ったという解釈の下ならそうかもしれないが、
私は神が作ったとは思わないね。
神を正しく認識している最高に知的な生命体だと思うから。
生命体といっても、肉体はないかもしれない。

87 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/05/17(水) 13:46:01 ID:XuiqdCD8]
俺も最近になって初めて見たんだが、割りと最初の方で
「こりゃてごわい映画だなー」と。。。


猿が骨で骨をぶっ叩きながら、壮大なテーマ曲が流れるシーンは
なぜだか、ジワジワと笑いが込み上げてくるんだが、俺だけか?

89 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/05/17(水) 13:53:06 ID:0msVig7W]
>>87
それは、先代も苦労したんだなぁと涙流すシーンです。

16無名画座@リバイバル上映中[sage]:2010/09/27(月) 22:11:39 ID:vPDc/8/Q
本当はもっと人間に近い原人だったんだけど局部映さないようにするのが困難だったから100万年遡って毛むくじゃらの猿にしたんだってね

26 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2010/09/28(火) 19:52:15 ID:F0EV8eOF
>>16
なるほど
時計仕掛けのオレンジみたいになっちゃうしね

144 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2006/05/22(月) 22:08:31 ID:49we2F+y]
ストーリーがよくわからん
初めの椅子で寝てる男と
間のHALと格闘した男と
最後の神の部屋?に入った男って
同一人物?
どういうつながりがあるの?

149 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2006/05/23(火) 04:56:45 ID:WMfy8GxB]
>144
椅子で寝てる男ってだれのことだろ?


あとに関しては、
答えるの気恥ずかしいけど・・・

14_20120826204031.jpg

同一人物。ボウマン。
同時に二人以上いたりするのは
時空が折りたたまれて時間軸が時々重複するから。

なんでそんなことするか?・・・は
ストレージの時空間節約とか
人間には推測不可なそれなりのウッチュ人の
それなりのウッチュ的な理由があるんじゃないのー?

145 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/05/23(火) 00:18:58 ID:DBZU6Tfa]
エバンゲリオンと同じ仕組みじゃん。
つまり意味不明のテキトーな事挿入し、受け手を惑わせる。
その証拠にキュー本人、賞味期限が過ぎてもネタ開かししない・・・出来てないでしょ?
この人そんなのバッカじゃん。
ただ神経症的な作り込みは賞賛に値するけど。

なんの意味もない事に数十年も振り回されてるって笑えるよ。

146 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2006/05/23(火) 00:22:33 ID:/H1ds898]
ナレーションを公開直前に消したらしいよ。
本読めば色々説明されてるらしいよ。ソースはこのスレ

147 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/05/23(火) 00:59:47 ID:xk1sybd4]
得得と自分の作品を解説する映画監督なんて聞いたことありませんが・・・?
あ、水野晴夫氏は別次元ね orz
特撮のねたばらしとはわけがちがいまっせ。

192 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/05/28(日) 00:02:33 ID:2LP65j87]
今借りたのを見始めたけど、……作品の意味が分からないよう……

193 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/05/28(日) 00:38:18 ID:UapoebHR]
>>192

41_20120826204030.jpg

安心しる。意味がわかったらキューブリックの負けだから。

195 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/05/28(日) 01:58:10 ID:QwpwRI3u]
>>192
> ……作品の意味が分からないよう……

猿がモノリスに触れて「意味が分からないよう……」と思ったように
その遥か未来に今度は貴方が「意味が分からないよう……」と思ったんですよ。
DVDを立てて、猿の気持ちになってそっと触れてみましょ。

196 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2006/05/28(日) 02:40:17 ID:YJ2F190V]
DVDの箱でしょ?
だと、辺の比率が1:4:9(だっけ?)じゃないからダメなんでは・・・?
 
    ・・・ト シンケン ナ カオテ イッテミル テスト・・・

198 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/05/28(日) 22:41:48 ID:abx72Vof]
限定版モノリス・ケースで再発!
とか、ないかな?

199 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/05/28(日) 23:12:16 ID:bRBij0kZ]
>>198
朝、最初に起きた家族が、テーブルの上のそれを発見・・・

200 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/05/29(月) 01:21:18 ID:7pVK2eG/]
>>199
ヨウカンと間違えて食べてしまう爺さん‥

274 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2006/07/29(土) 22:02:46 ID:Wygs5WhZ]
あの四角い黒いのは何だったの?
あと最後の食事してるひとや赤ちゃんは何?

275 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/07/29(土) 23:10:03 ID:YMZpQtiH]
>>274
自分がパッと感じた想像を大事にしなよ。

276 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/07/30(日) 08:51:48 ID:z1c/iHp1]
>>274
四角い黒いの;モノリス
最後の食事してるひと;ボーマン船長
赤ちゃん;スターチャイルド

277 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/07/30(日) 10:03:44 ID:MRZkkwSR]
名前を知りたいんじゃあるまいに。ww

278 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2006/07/30(日) 14:20:05 ID:PsjW1Vvo]
>>274
四角い黒いの;
ボウマンの妄想。(家から遠くはなれてひとりぼっちだし、酸欠と空腹でそりゃ幻覚もみるわな。)

最後の食事してるひと;
ボウマンの妄想のコンテンツの映像表現。(はらへった~)

赤ちゃん;
妄想の 続き・・・。(すでに虫の息状態)

279 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/07/30(日) 18:45:42 ID:DDFFWBbt]
>>278
解釈には一貫性をお願い致します。
つまり、猿たちの前の四角い黒いのに対しても。

280 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/07/30(日) 19:23:07 ID:dQfpJv7f]
のちのヨウカンである。

28 :無名画座@リバイバル上映中:2010/09/28(火) 20:47:21 ID:OO4sZOdx
精子の形をしたディスカバリー号がスターゲイト(産道)に突入、そして出産(ムーンチャイルド)。

29 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2010/09/28(火) 23:39:27 ID:fNcJ711j
卵子の形をしたデス・スターにX・Y戦闘機(染色体)が大量に突入、そしてその中の一つがHIT!

138 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2010/10/11(月) 20:55:15 ID:OSqMLIii
この映画をポルノとして解釈した意見ってあるのかな?
全部セックスシンボルに見えるとか

139 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2010/10/12(火) 11:08:49 ID:olL2zE5y
うん、ラスト15分、明らかの風俗街のネオンサインの暗喩である
スターゲートを潜り抜けて主人公が
高級ホテルでグラスを割るじゃん

溝口健二なら生花の花弁がはらりと落ちるところ
あれがキューブリック風の「破瓜」のイメージなんだろうな
直後、スターチャイルドが生まれて、
鳴り響くツァラトゥストラで以後私生児として苦難の道を歩むことが暗示される

舞台劇にするとしたら、ボーマンは若い頃の森繁で
どこか山奥の温泉での心中モノになるだろうね

258 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/07/11(火) 17:19:11 ID:B7ujX59K]
今DVDで見てる
確かに古臭いんだけど近未来的で斬新なんだよね
本当に美しい

245 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2006/07/08(土) 21:42:51 ID:Ltf6vDTt BE:272628465- ]
自らの意思を持ち人間と音声で会話できるコンピューターにはお目にかかったことはないが、
モニターに触れるだけで「えんがわぐんかん」をオーダーできるコンピューターは存在する。

人間の冷凍冬眠技術は実現されていないが、

お刺身の冷凍技術は格段の進歩を遂げている

ペースト状の宇宙食は実にマズそうだが、

フリーズドライの粉末茶をお湯に溶かしたものは本物のお茶以外の何物でもない。

今日の昼初めて「くら寿司」に行き、さっき初めて「2001年」をDVDで観た俺にとって、

くら寿司の方がとりあえず2001年より偉いような印象で夏の一日を終える。


246 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/07/08(土) 22:47:31 ID:Br73Ggqw]
>>245
> 今日の昼初めて「くら寿司」に行き、さっき初めて「2001年」をDVDで観た俺にとって、
> くら寿司の方がとりあえず2001年より偉いような印象で夏の一日を終える。

51_20120826204030.jpg

ホノボノワロスw

247 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/07/09(日) 03:26:17 ID:8yvYG3bn]
2006年のほうが2001年より上であるわけです

285 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2006/07/31(月) 12:34:30 ID:7vvtMzcv]
白い英語の字幕で「なんとかミッション(休息?)」ってでたあと
真っ暗な画面で音だけ聞こえるけど何なの?DVDが壊れてるだけ?
冒頭でも真っ暗な場面があったんだけど。

286 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2006/07/31(月) 13:04:46 ID:vJe2OJqD]
>285
インターミッションの間はBGMをお楽しみ下さい・・・の意。

でもたしか、その部分ってやはりLIGETIの曲だった記憶が・・・。
休憩にならんのぉ・・・。

291 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/08/02(水) 11:35:19 ID:4L0tv8KL]
>>285
モノリスのどUPだと言うただろうが

292 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/08/05(土) 08:53:05 ID:k7YEngp8]
>>285
シネラマ劇場での上映の時に
「映画がそろそろ始まります」という
観客へのお知らせ&着席合図が、あの音楽だけの黒画面の部分。
同時に上映前の雰囲気作りの役割もあった。
昔の長尺大作映画では、舞台やコンサートの
前奏曲、間奏曲的な部分が付いてる作品が時々あった。

DVDはそういう劇場での上映仕様を忠実に収録している

313 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2006/08/22(火) 12:28:16 ID:+itt2J9I]
爆発用ボルトって何?

314 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/08/23(水) 12:10:32 ID:6thpQrhg]
緊急脱出の際、出入り口などを吹き飛ばしたり、
手動で開けられるようシール機構を破壊する爆破装置。

この映画の場合、その爆発力でハッチを瞬時に押し開け、
真空に逃げようとするスペースポッド内の空気の力で
ボウマンはディスカバリー号のエアロックに飛び込んだ。 

が、その空気の力で押されたはずのポッドがなぜ静止したままなのか?
そこをこの映画のミスのひとつ、という人もいる

315 名前:宇宙の淫売女・おっぱいブルンブルン、太腿プリプリ [2006/08/23(水) 12:49:37 ID:G4FhIAHx]
>314
正確にはわかんないけど、
狭いPod内の空気が一瞬で噴出しても
噴出速度は1気圧の圧力に由来するわけで、たいしたことないし、
Pod 内の空気自体の質量はPod の質量と比べれば
無いようなもんだから、
運動量のウンタラが力積のウンタラでBluh bluh bluh・・・で
Pod は目に見えるほどの速度では動かないと思われ・・・。

368 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/09/02(土) 17:21:04 ID:TrQW2Ys5]

2003836_201111180450135001321542053c_20120826204028.jpg

そういやスターゲートのシーンの途中で出てくる。あの立体的なダイヤの形をした謎の浮遊物体(?)はなんなんだろうか。

369 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/09/02(土) 17:25:45 ID:U5pocujy]
エイリアンの宇宙船を出したかったんだけど
結局没になってしまったという
そのなごり(というか流用)ではなかろうか

370 名前:血みどろスベタ・Blood Nasty [2006/09/02(土) 18:08:34 ID:et+pPTzG]
自然現象に巻き込まれたんじゃないよ・・・ということを表現するために、
何かArtifacts(自然物でない物体)をだしておきました・・・って感じじゃないの?

371 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/09/03(日) 11:03:11 ID:m6rJg/zF]
しかし、自然界でも結晶とかは人工物にみえなくもないしね
メイキング本とかでは、あのダイヤみたいのは映画に登場させるはずだった
宇宙人そのものだか、宇宙都市、建造物のなごり 
って書いてあったけど、初見でそういう風には感じなかったし、
宇宙で出会うかもしれない美しいが理解不能の何か って印象だった

372 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2006/09/04(月) 00:11:01 ID:emGEasok]
幾何学模様ね。
モノリスの形も自然界にはありえないとも言えるし、
しかし惑星は正円だし、雪の結晶は幾何学模様だし・・・。

373 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2006/09/04(月) 09:45:43 ID:Ff6PjueX]
>371-372

完全に同期してキラキラ光りながら、、
観察者(Bowman)に対して完璧に左右対称に整然と編隊くんで、
Bowman のポッドと相対速度ゼロで移動してたし、
まぁ、普通に考えると、意識的にやってる、っていうか、
宇宙人とか宇宙船とか宇宙人の道具とか、・・・だよね。

94無名画座@リバイバル上映中[sage]:2010/10/07(木) 20:52:44 ID:6tBWuWNA
ちゃんとした出来の、この映画のテーマを受け継いだ映画が出てこないというのが歯がゆい

96 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2010/10/08(金) 11:52:11 ID:Zzfiy5WR
>>94
観客がキューブリックに馬鹿にされていることを認めたがらないからな。
映画見れば誰にもわかるのに。

228 :無名画座@リバイバル上映中:2010/10/18(月) 21:06:46 ID:74gcc7/9
通りすがりのおっさんが軽い思い出をひとつ。
テアトル東京で深夜、6回目ぐらいの鑑賞中の事。場内はガラガラ。

aQ_20120826204053.gif

老衰でベッドに横たわるボウマンの殆んど音のないシーンで、
始発待ちのおっさんが寝込んでものすげーイビキ立て始めた。
で、エンディングまでそのまま。怒るの通り越して笑ったわ。

229 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2010/10/18(月) 21:27:14 ID:Bo+rasp5
ちょっと画とシンクロしてるっぽくね?w

225無名画座@リバイバル上映中[sage]:2010/10/18(月) 00:11:39 ID:2rXbh4AQ
招待客たちがオリジナル156分版の上映が終わる前に出ていく時に映写室にいたキューブリックは、出口に向かって歩いていく観客の背中をスター・チャイルドの大きな目が見つめている光景を見て、個人的な苛立ちを覚えた。
その後すぐに彼は、広範囲に公開される前に映画を17分カットした。監督は公開前に既に大量の台詞――大部分は画面に被せられたナレーション――を削っていた。
その中には映画の科学顧問フレデリック・I・オードウェィⅢ世が言う「それなしでは、その後に起こることの意味がよく分からなくなる、優れたそして絶対に必要な、数ページの台詞」も含まれていた。
しかしキューブリックはオードウェィに賛同しなかった。「この刈り込みで決定的な違いが生じるとは思えない」と彼はいった。
「境界線上の人に影響があるだけだと思う。その映画が好きな人は長さがどうであろうと好きだし、嫌いな人にも逆の全く同じことが言える」

265無名画座@リバイバル上映中[sage]:2010/10/22(金) 07:40:00 ID:MAOX6Ryo
>>225みたいにナレーション削りまくったのがいけなかったな
神秘性は増したが

275 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2010/10/22(金) 20:10:47 ID:TlK3wxOl
>>265
>神秘性は増した

そこがキモだったんだと思うよ
原作の序文を読めばわかる

263 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2010/10/21(木) 23:59:07 ID:vCW9fCj7
監督のキューブリックに言わせれば、
極力、わかりやすく、映像で表現しようとしたんだろうが・・・

難解の代名詞みたいに言われ続けるのは、辛かったろうな。

264 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2010/10/22(金) 01:37:43 ID:ItO0dhZj
新しい形式の映画をつくりたかったんだけど
これほどみんながわけわからんっていうってことは
失敗しちゃったのかもね
と本人はちょい反省してた、とジョンミリアスはいってた

390無名画座@リバイバル上映中[sage]:2010/11/11(木) 15:16:05 ID:4owm/A5t
わからないことが2つあるのでわかる人いたら教えて下さい。

77_20120826204029.jpg

1つ目。本当の目的をハルだけが知らされていて乗務員には知らされていなかったことについて。
木星に到着して乗務員が冷凍睡眠から目覚めた(はずの)時点でビデオで本当の任務を知らせてるけど
なぜ最初から知らせなかったのか。(知らせていればハルが葛藤する必要が無かったのに)

2つ目。船体の故障(の予定)をハルが報告したのに実際は故障していなかったことについて。
これがなければ乗務員はハルを疑うことも無くハルを停止させようと密談することもなかったのに
なぜハルは故障を告げたのか。これは嘘をつかなければいけないというストレスによってハルが
すでに少しおかしくなっていて、それによってミスを犯してしまったということなのでしょうか。

392 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2010/11/11(木) 16:26:53 ID:oBNSfkLW
>>390
見る側の解釈に委ねる映画なので、間違ってるかもしれないけど

1つ目はまず地球外の知的生命体が存在することが、国家機密扱いだと思う。
そうなると、木星へ行くという目標達成までの宇宙航行で、定期通信等でうっかり機密を漏洩する恐れがある。
それに何ヶ月も機密を保持したまま航海を続けるのは精神的な負担にもなるだろうし。

あと3人の博士は既に冬眠済みのままで出発とあるから、その3人の博士はモノリスに関する事情は知ってのるかもしれん。

そこで機密保持に最適だったのがコンピュータのHAL9000。データバンクとしての役割も担っていたのでは。
しかし実際は船長との会話で、月のモノリスの事をばらしそうになったりと危なっかしい。
人間側はHALのことを所詮AIだと考えていると思われるので、精神的な負担を考慮しなかったのかも。

2つ目は俺も確信は持てないが…HALの計画的殺人の可能性がある。
72時間後に通信機能をHALが意図的に破壊し、故障の警告を正しかったことにする。
そして通信不能の間に生命維持装置を切り、人間を排除する。

これで地球との通信が不能の間に事故によってクルーが死んだ、という計画で成功する筈が、
船長たちがHALに内緒で電源を切る密談を交わすところを目撃する。
72時間待つ間に電源が切られる可能性があったので、強硬手段に出たのだろう。

以上長文スマソ

394 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2010/11/11(木) 19:57:34 ID:NQC6lUKv
1つ目 HALをブチ殺した後にカッコイイシーンを流せるから
2つ目 間抜けを危ない船外に引きずり出すため

395 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2010/11/11(木) 20:19:31 ID:P7TtV11Y
>>390
これは全くの邪推だけど・・・
地上側のお偉いさんは、モノリスに選ばれるのは一人だけだって予測してたのかも。
それなら、最初から知らせるべきじゃないし

396 :390[sage]:2010/11/11(木) 21:31:01 ID:4owm/A5t
みなさんありがとうございます。
答えは一つじゃなく、色々な解釈ができるしあえて解釈の余地を残してる感じなのかな。
他にも人によって色々な解釈がありそうですね。参考になりました。

関連記事

  1. 2012/12/25(火) 00:45:18|
  2. な行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<マコーレ・カルキンが自殺未遂 米メディア報じる | ホーム | 思わず保存してしまった画像>>

コメント

米390について

原作小説にて全部説明されてるから読め…は禁句でしょうね。
  1. URL |
  2. 2012/12/25(火) 23:34:36 |
  3. 名無シネマさん #ify1Hwdo
  4. [ 編集 ]

原作小説というか、小説版でしょ
映画と小説版は同時に企画されて、解説書とでも言うべき小説が先に出版されそうになってかなりモメたとか
キューブリックはクラークの別の作品を読んで2001年のアイディアをひらめいたはず

映画版のナレーションは削られて正解だった
これが本当に分かりやすい映画だったら凡百の映画に埋もれていた

モノリスは猿に知識を与えるものであって、製作当初はエイリアンを出すはずだった
でも当時の技術じゃ満足のいく造形ができなかったから、黒い板になった
  1. URL |
  2. 2012/12/26(水) 21:33:29 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

2001年に登場するモノリスは知性を与える物じゃなくて、モノリスを動かせる=知性が存在する、のを制作者達に伝える&ゲートを開く装置だよ。
  1. URL |
  2. 2012/12/26(水) 21:57:26 |
  3. 名無シネマさん #ify1Hwdo
  4. [ 編集 ]

モノリスを神だとか勘違いしてる人いるけど間違ってるよね。
そもそも『2001年宇宙の旅』自体が神についての映画じゃない。
キューブリックは神様信じてなかったしね。
  1. URL |
  2. 2012/12/27(木) 02:17:09 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

わかりやすさを犠牲にしてナレーションを削ったお陰で、
あの冷たいまでに完璧な映像美がより印象に残る映画になったんだと思う。
  1. URL |
  2. 2012/12/28(金) 16:54:20 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3182-be55da43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。