2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

マイ・フェア・レディ

http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1104992061/
1_20120818114707.jpg

1 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/06 15:14:21 ID:zQylIQIo]
ジョージ・バーナード・ショウの「ピグマリオン」をミュージカルに脚色(作詞)した「恋のてほどき」のアラン・ジェイ・ラーナーが脚色。「スタア誕生(1954)」のジョージ・キューカーが演出したミュージカル。撮影はハリー・ストラドリング、音楽はアラン・ジェイ・ラーナーの作詞、舞台と同じくフレデリック・ロー及びアンドレ・プレヴィンが作曲をそれぞれ担当した。出演は「クレオパトラ(1963)」のレックス・ハリソン、「シャレード」のオードリー・ヘップバーン、舞台で同じ役を演じたスタンレー・ハロウェイ、「恋をしましょう(1960)」のウィルフリッド・ハイド・ホワイト、ジェレミー・ブレットなど。

製作 ジャック・L・ワーナー
監督 ジョージ・キューカー
脚本 アラン・ジェイ・ラーナー
原作戯曲 ジョージ・バーナード・ショウ
撮影 ハリー・ストラドリング

オードリー・ヘップバーン Eliza
レックス・ハリソン Henry Higgins
スタンリー・ホロウェイ Alfred Doolittle
ウィルフリッド・ハイド・ホワイト Colonel Pickering
ジェレミー・ブレット Freddie

原題 My Fair Lady
製作年 1964年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース


6 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/06 22:27:39 ID:ouPNTmBi]
最後のヒギンズ先生の照れ隠しが(・∀・)イイ!!
 
39 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/11 19:40:09 ID:Db0AWsWT]
録音機に残されたイライザの声を聞いてる時の寂しそうな仕草・表情
彼女が帰ってきた時の安堵した表情と帽子を深く被って照れ隠しする
ラストのヒギンズの演技は神懸り的だ

20 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/09 13:52:53 ID:Smj2etbM]
オードリの作品だと思われてるけど
漏れはヒギンズの作品だと思ってる
ラストにかけてのヒギンズの心理変化と見栄が面白い

3_20120818114706.jpg

ヒギンズはオスカーもゴールドも主演男優受賞は納得

24 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/09 19:08:23 ID:ZF3KtOuW]
>>20
レックス・ハリソンは舞台でも長年この役をやってたし、まさにヘンリー・ヒギンズを生み出した俳優だから、映画での名演も納得。
それに、全出演者の中で唯一、ピンマイクを付けて生声で歌う事をスタッフに強硬に要求するなど、頑固なこだわりも見せた(スタッフはかなり苦労したらしいが)。

7 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/06 23:49:20 ID:fmTdxP7W]
オードリーが正確な発音が出来るようになってみんなでスペインの雨を歌うところが最高

11 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/07 18:20:11 ID:oyPtcqgc]
英語の発音というのを扱ったのも面白いよね

8 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/07 02:22:07 ID:r7T3KVJ9]
私は『プリティウーマン』が大好きだったんだけど元ネタと言われる
この作品を見たら、『プリティウーマン』がこの映画の表面上を
真似ただけの中身の浅い薄っぺらい作品に見えてしまって
一気に冷めて嫌いになってしまった

私の憧れだったプリティウーマン&ジュリアロバーツを返して~

65 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/14 09:55:57 ID:6wlct8Ss]

2_20120818114707.jpg

舞踏会のオードリーは『息を呑む美しさ』という言葉がピッタリだった。
『パリの恋人』でも同様のシーンがありますね。

159 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/23 23:08:22 ID:Wim68xSt]
オードリーが起用された一番の理由は、何と言っても「華の有る女優」という事で、華麗な貴婦人として舞踏会に出るシーンに説得力を持たせるためであり、そういう意味ではワーナーの目論見は充分成功している。
ああいう華やかな場面は、オードリーはまさに適役だからね。
華やかな映画にするためには、やはりオードリーが必要だったんだよ。
それよりも、オードリーの知名度と人気なら必ず客を呼べるだろうという計算も有ったらしいけどね。

164 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [05/01/24 01:30:14 ID:OazN5tSa]

8_20120818114717.jpg

花売り娘のオードリーはなんか浮いてた。
そこがこの人の限界というか、
オードリーという人は、女優よりアイドルなんだとつくづく感じた。

165 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/24 07:22:13 ID:v8nxQ/H7]
演技の正式なレッスンをほとんど受けずに、
オスカーの主演女優賞に5度もノミネートされた女優なんて
他にはいないよ。オードリーの演技が下手というのは、
実は偏見にすぎないんだけどね。

167 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [05/01/24 11:07:35 ID:a2KN28lJ]
正直、前半のオードリーは、みすぼらしい花売り娘というよりはただの頭の弱いおばさんに見えた。
より貧乏臭く、より粗野に映るよう本人は頑張ったんだろうけど、その演出があまり上手く行ってない。
観客にしてみれば、あれはあくまで「花売り娘の格好をさせられ、変なセリフをしゃべらされている
超有名女優オードリー・ヘップバーン」に過ぎないというか。
演技の上手い下手ではなく、それがこの人の持ち味なのかもしれない。

29 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/10 18:34:11 ID:kjLVkz2b]
この年のアカデミー賞は「マイ・フェア・レディ」と「メリー・ポピンズ」の一騎打ちだったけど、結果は8部門を獲得した「マイ・フェア・レディ」の圧勝だった。
しかし、主演女優賞は「メリー・ポピンズ」のジュリー・アンドリュースが受賞。
それは良いとして、オードリーはノミネートすらされないという残念な事になってしまった。
レックス・ハリソンは主演男優賞を受賞しているのに、相手役のオードリーは候補にすら上がらないとは・・・。
そのため、ジュリー・アンドリュースの主演女優賞は同情票ではないか、などと言われ物議を醸した。
しかし、オードリーは授賞式の際にはジュリーを真っ先に祝福し、またレックス・ハリソンも「このオスカーは半分はオードリーの物です」とスピーチするなど、心温まる場面も見られた。
しかし、オードリーはこの騒動でかなり傷ついていたのは事実のようです。

36 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/11 01:31:12 ID:xFm9XEs4]
>>29
さすがセックス・ハリソンだけあって女性に優しい。

12 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/07 21:45:30 ID:rLmz6U8Q]

4_20120818114706.jpg

イライザのオヤジがいい!
教授にたかるときの論理展開はお見事。

37 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/11 14:37:50 ID:gBOAgQqi]
酒飲み親父を好演したStanley Hollowayも渋かったぜ!

40 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/11 20:55:39 ID:n/R/OIQ8]
イライザ父がお金持ちになったことを悔やんでるのが興味深い

41 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/11 21:45:49 ID:za4fekKW]
しかし、ヒギンズ家を出てきたイライザを、
もう少し暖かく迎えてやってほしかったな……

43 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/11 22:20:54 ID:s2as6HYs]
>>41
イライザは自分が住んでいた街に帰ってきたけど、貴婦人になっていた彼女を誰もイライザだとは気付かない・・・。
おまけに、金持ちになった親父も、イライザを追い返す。
イライザは、ここはもはや自分の居るべき場所ではないと悟る・・・。
悲しい場面だね。

44 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/11 23:23:46 ID:pzJYRFjG]
>>43
元の世界には戻れないことなどの奥深さはこの映画を
元ネタにしてる『プリティウーマン』にはないんですよね

プリティウーマンは昔の私みたいに映画歴浅い人はハマってるけど
映画好きな人には受けない理由がこの映画を見てわかりました(´・ω・`)
『マイフェアレディ』は映画の世界の奥深さを
初めて堪能させてくれた作品です(・∀・)

55 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [05/01/12 22:55:36 ID:aM2XfxxD]
ハッピーエンドに異存はないけれど、
教師になって自立してやる!と大見得切ってヒギンズをやり込めたくせに
その数時間後にはあっさり出戻ってきてるイライザに違和感を覚えた。

57 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/12 23:23:46 ID:THhlnXLn]
>>55
それだけヒギンズに惚れてたんじゃないの?
それでもヒギンズは相変わらず憎まれ口ばっかりだから頭に来て出て行ったけど、やっぱりヒギンズが哀れになって帰って来た、とか。
その辺のイライザの葛藤を描いてくれれば、なお良かったかもしれない。

58 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/13 00:18:45 ID:6Qcysbq2]
>>55
あの時点でのイライザには別に戻る気はなく、
ただ1人になったヒギンズの様子が気がかりで立ち寄ってみただけだと思ってた。
そこですっかりしょげこんでいるヒギンズを見て初めて、自分が本当に必要とされているということを実感したんじゃないかな。

104 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/18 00:34:27 ID:q1MsnxE4]
最初に見た時は、イライザがヒギンズの所へ戻ったのを見て「ハァ?」って思ったけど、今ではああいうラストで良かったと思ってる。
それに、あれだけ長い映画なのにハッピーエンドじゃないと萎える・・・。

105 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [05/01/18 03:34:09 ID:FZWgh0IY]
>>104
GONE WITH THE WINDは萎える?
未来に願いを託すからある意味ハッピーエンドかな?

106 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/18 13:21:54 ID:+xGCAt3s]
バーナード・ショウの原作とラスト違うの?

107 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/18 14:48:48 ID:q3ssL/Ob]
>>106
バーナード・ショーが実際に書いた原作「ピグマリオン」では
イライザはヒギンズから出て行くところでおしまい。
その後フレディと結婚するという続編もあります。
www.asahi-net.or.jp/~wf3r-sg/nt2shaw.html

映画マイ・フェア・レディは、映画「ピグマリオン」を
ミュージカルにしたマイ・フェア・レディを採用しています。

38 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/11 17:08:05 ID:tO7SeJpd]

7_20120818114717.jpg

ヒギンズ先生の不良弟子もいい味出してましたよ(´・ω・`)

77 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/15 15:42:19 ID:GVnJfAK9]
この映画は単なるシンデレラストーリーではなくて、イギリスの階級社会を皮肉っている、そして自我に目覚めたイライザの苦悩を描いている所が面白いんだね。
勿論、音楽的にも視覚的にも素晴らしい映画なんだけど。

78 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/15 15:43:29 ID:FCRQGdoM]
歌の部分と物語が違和感なく溶け合ってるのがさすが。

91 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [05/01/16 02:12:23 ID:NTLOqAjT]
音楽は素晴らしいけどストーリーがクソ。
最終的にヒギンズ教授がふられればいい映画だったと思う。

92 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/16 09:34:47 ID:RHlM+h9t]

音楽は素晴らしいし、ストーリーが最高。
最終的にヒギンズ教授がふられれなかったからいい映画だったと思う。

ラストの「顔も手も洗ってきたよ!」。
イライザって本当はヒギンズが好きでスネテしまって「プィ」っと出てっちゃった。
だけど・・・お互いに好きだからハッピーエンドにしたんだと思います。

85 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [05/01/16 00:13:05 ID:SOgTOeeN]
ヒギンスにチョコを口に入れられたイライザだが、どうやら歯に
挟まってしまったようで、階段のところでもしばらくもごもごして
いたが、最後は指を口に入れている。
このあと、お風呂で大騒ぎのシーン。

87 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [05/01/16 00:54:44 ID:TLbht72X]
よく見ると主役2人の指輪はめてる位置が同じなんだよね。
左手の小指だったか。
単なる偶然なのか芸が細かいのか。
>>85
マカダミアナッツ?

140 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/20 21:23:32 ID:ibe4Bxpm]
漏れは数年前に字幕で、1年ほど前にDVDで英語で見たけど
原語で見たほうが味わい深いものがある。

Bikelがイライザの正体を見抜いたと語るときの
Her English is too good,which clearly indicates that she is foreign.
Whereas others are instructed in their native language, English people aren't.
という台詞があるけど、字幕や吹替では何とも感じなかったけど
韻を踏むように最後の「't」を発音しなかったり、
イギリス人ではないことを強調するために
foreignとaren'tの部分をふるえた声で言ってたりしていて
台本もかなり緻密なものだと感心したものだ。

144 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/21 11:06:50 ID:DwJ6oG53]
>>140と同じ箇所で
ルーダーペスト(ruder pest=いやらしい害虫)とブダペスト(budapest)をかけて
韻を踏んでたのには笑えた。
ハンガリー人から抗議が来そうだ。

145 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/21 13:25:05 ID:qWz60H6+]
>>140
>>144
韻を踏むことを考えての文章はジョージ・バーナード・ショウが書いたもの
ノーベル文学賞受賞者なだけあって文章が実に巧みで奥深い

142 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [05/01/20 23:54:26 ID:5NcAcHhC]
何度も見ている人は、英語字幕にすると別の楽しみを味わえると思う。
歌詞もでるので、一緒に歌える。

145 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/21 13:25:05 ID:qWz60H6+] 
>>142
I could have danced all nightの歌詞がわからないと
ヒギンズに恋してたのかがわからなくないか???

147 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [05/01/21 19:28:55 ID:UfFV40cD]
>145
最初は漠然とこの歌を聴いていたが、そのうち、

 The Rain in Spainを言えた位でこんなに興奮するものか?
 Heって誰だ?
 なんで、闘牛の真似しているの?

って思い、歌詞の意味を考えた。

146 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [05/01/21 18:58:02 ID:fhrV9eMy]
最初、見ていた時には歌の歌詞が重要なpointだということに気づかんかった・・・

別板だけど以前ゴッドファーザーでも同じ人のことでも立場や状況によって
名前の呼び方が違って面白いってあったし、ほんと英語聞き取れる人は羨ましい。

150 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/22 21:31:46 ID:ahTiYrwb]
>>146
漏れも最初何時の間に恋焦がれてたのかわからんかった・・・

364 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/02/15 16:48:08 ID:Hv/d4En/]
まっ、英語力がないと本当の面白みがない映画だよな・・・

365 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [05/02/15 22:12:37 ID:0mFF63+S]
>>364
胴衣。訛りがきれいに直っていく過程やヒギンズに怒って訛りが元に戻る
ところなんかは英語力がないと、ほんとのところはわかりません。

189 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [05/01/25 20:19:36 ID:sHl+UeRi]
これで訛ってる言葉ってサッカーのベッカムが訛ってるのと一緒ですか?

190 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/25 23:25:52 ID:13ukM4x9]
全く同じかというとヒギンズが
出身当てられたように細部で微妙に異なるけど
ベッカムもイライザもコックーニ訛り(?訛りの名前は自信ない)だよ

日本で言うと大阪とテレビの吉本と神戸では微妙に違うけど
関西弁と一くくりになるようなもの

191 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/25 23:35:53 ID:+f+RGXeP]
これだけ交通機関やテレビ・ラジオが発達した現代とは
違う環境で、地方言語が温存されていた時代背景という
のが、こういう作品を見ることで再発見させてくれるね。

192 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/26 00:24:03 ID:X/v1fkrm]
婦人参政権を求めるデモの場面が有ったけど、ああいうのも時代を感じさせるね。
あと、ガス灯とか。

203 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/27 21:15:57 ID:8qTM61xl]
ヒギンズは女性蔑視してるけどあれもイギリスの皮肉なの?

204 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/27 22:57:13 ID:YLjsaxoU]
イギリス人の保守層には男尊女卑の考えが強い
シェイクスピアの作品でも女性蔑視したような
表現が多々あります

ヒギンズのような極端なのは映画のキャラとしてでしょうけど

205 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/28 14:02:52 ID:F7PWuul0]
イギリス社会の風刺映画でもあるわけだ

266 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/02/03 22:54:41 ID:JIJGPpj7]
日本で競馬というと大衆ギャンブルだが
イギリスでは違うんですね

267 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/02/04 02:26:08 ID:E0RshP5Y]
競馬場が上流階級の社交場みたいになってるわけだね。
今はどうだか知らないけど。

268 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [05/02/04 10:38:53 ID:9LgmgvoR]
日本でも馬主ならそうなんじゃないの。

178 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/24 22:18:57 ID:rNqdHScw] 

6_20120818114705.jpg

この映画で面白いと思ったのは、ヒギンズが母親には全く頭が上がらないという設定かな。
マザコンで女嫌いのヒギンズは、イライザと出会う前にはどんな女性とお付き合いしていたのだろうか。

183 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [05/01/25 01:02:14 ID:8Lxxa+De]
>>178
教授は女嫌いを標榜してるけど、おそらく母親だけは例外なんだろうね。
偉大すぎる母親の前では他の女性が低俗な生き物に映るんだろう。

劇中のヒギンズ夫人は終始一貫してイライザの肩を持っているけど
これは並の母親にはなかなか真似できないことだと思う。
家出した嫁にエールを送り、泣きついて来た息子を逆に敢然と突き放せる姑はザラにはいない。
彼女が名実ともにれっきとした貴婦人であるのに対して、イライザが下層階級出身の
所詮はどこの馬の骨とも知れない小娘に過ぎないことを思えばなおさらのこと。

イライザはたとえ教授と結婚しても嫁姑問題に苦しむことはなさそうだ。

225 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/29 20:57:08 ID:zO9jWQq9]

5_20120818114705.jpg

フレディは、冒頭の場面でぶつかった花売り娘と、アスコット競馬場で会った変な言葉を話す貴婦人が同一人物だって気付いてたの?

226 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/29 21:59:36 ID:lpK1cx6E]
>>225
気づいたような描写はなかったと思われる

227 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/29 22:59:03 ID:lg8Iq24/]
言葉が違えば違う人間なんだよ
だからフレディは気づかないってのがポイントなんじゃないの?

228 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/29 23:20:11 ID:zO9jWQq9]
>>226-227
なるほど。

231 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/30 16:42:12 ID:3/B1pBXV]
フレディはずっと家の前で歌って潜んでたんですよね?
変体ですか???

232 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/30 17:37:25 ID:a65PO4Br]
ヒギンズ教授も、延々と女性批判の歌を歌い続ける変人だから、変人度はフレディとそう変わらんよ。

233 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/30 18:03:31 ID:dY8p13FC]
まっ、映画だからね・・・

236 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/30 22:43:58 ID:EyeOYjyf]
フレディは一歩間違えればストーカー

238 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/30 23:10:18 ID:a65PO4Br]
そういえば、フレディってあれからどうなったんだろう。
イライザに放置されたまま終わってしまったけど・・・。

244 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/31 22:27:56 ID:CSRPIuOw]
フレディは居ても居なくてもあまり関係ないような…

246 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/01/31 23:37:15 ID:6/ioOARX]
>>244
物語には、ああいう道化も必要なんだよ。
イライザに惚れてるのが、いい歳したオッサン(ヒギンズ)だけだとちょっと寂しいからね。

307 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [05/02/09 23:22:52 ID:KH78V8Xv]
この映画は室内ロケばかりで
閉塞感があるのが残念だ

309 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [05/02/09 23:57:06 ID:anq4Bowr]
>307
室内ロケなのか? 

310 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [05/02/10 00:18:53 ID:eE5xV+d7]
オープンセットのことだろ。
まあ、大自然のロケシーンがないからな。
舞台劇の映画化だから仕方ないかもしれないが、
俺は上映時間がちょっと長すぎると思う。
途中でちょっとモタレる。

311 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [05/02/10 01:28:04 ID:JAh3LJm2]
豪華な衣装が見所の一つなのは分るが、ちょいと食傷気味というか
レディーに大変身の場面も、あーお約束よねと冷めてしまった。

関連記事

  1. 2012/10/31(水) 07:31:41|
  2. ま行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ディズニーがルーカスフィルムを買収し、スターウォーズEP7・8・9の制作が決定! | ホーム | 【画像】いろんなトトロ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3171-b7a8d132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。