FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロデューサーズ

☆☆☆プロデューサーズ☆☆☆
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1142914966/


1 :名無シネマ@上映中 :2006/03/21(火) 13:22:46 ID:HtATn+LJ
一晩で大コケする史上最低なミュージカルを作り、その製作費200万ドルを
持ち逃げしようと企む落ち目のプロデューサー、マックス・ビアリストックと、
小心者の会計士レオ・ブルーム。
マックスは大金を、レオはプロデューサーになる夢を実現するため「最低の脚本」
「最低の演出家」「最低の出演者」を集めるが・・・。
”最低”をプロデュースするため奮闘する彼らのお仕事ぶりを、
ショウビズ界の裏側もふんだんにちりばめ描く極上のエンタテインメント。

トニー賞史上最多12部門受賞

4月8日(土)より日劇1ほか全国東宝洋画系にてロードショー


マックス・ビアリストック・・・・・・・ネイサン・レイン
レオ・ブルーム・・・・・・・マシュー・ブロデリック
ウーラ・・・・・・・ユマ・サーマン
フランツ・リープキン・・・・・・・ウィル・フェレル
ロジャー・デ・ブリー・・・・・・・ゲイリー・ビーチ
カルメン・ギア・・・・・・・ロジャー・バート

製作・脚本・作詞作曲・・・・・・・・メル・ブルックス
監督・振付・・・・・・・スーザン・ストローマン
共同脚本・・・・・・・トーマス・ミーハン

プロデューサーズ公式サイト
http://www.producersonbroadway.com/


4 :名無シネマ@上映中 :2006/03/21(火) 13:39:41 ID:HtATn+LJ
2006年ゴールデン・グローブ賞ノミネート

最優秀作品賞(ミュージカル/コメディ部門)
最優秀主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門):ネイサン・レイン
最優秀助演男優賞:ゲイリー・ビーチ
最優秀主題歌賞:”There's Nothing Like a Show on Broadway”

19 :梅田男 ◆Oamxnad08k :2006/03/25(土) 02:59:00 ID:QJBROQzd
('A`)ノ 見てきた。面白かったです。
ミュージカル映画好きにはタマランネ。DVD出たら買う。
ただ、少し見る人選ぶ。
ミュージカル映画が嫌いな人や、アメリカのコメディーが肌に合わない人は、勿論だけど
ミュージカルを生で見た人には、お勧めしない。
やっぱ、生には勝てないもんね。

('A`)ノこれから、観に行く人へ。
映画代で、ミュージカルが見れる お得感。
エンドロールは、最後まで見た方が良いッス。最後の最後も、ちゃんと笑わしてくれます。
ハッピーな映画なので、デートムービーに最適ですよ。

37 :名無シネマ@上映中 :2006/03/27(月) 22:12:01 ID:fVYXeCBb
今日見てきた。字幕のナッチ意外なほど健闘してて、ちゃんと笑える訳になってた。
舞台版のオリジナルキャストが結構出てて(主役級以外の舞台で端役のダンサーだった人とかも)細かいところも楽しい。
「ヒトラーの春」の曲中のメルブルックスの声もそのまま残してるし、
舞台ファンも満足できるんじゃないかな。
しかし一番笑いをとってたのはゲイリービーチとロジャー・バートだったなあ。

42 :名無シネマ@上映中 :2006/03/28(火) 23:31:31 ID:CaC99vC3
>>37
「ヒトラーの春」にメル・ブルックスの声が入ってるんですか?
知らなかった~再び劇場でチェックしよ。
バックがなぜか白が多いのでw字幕が多少見づらいと思った。

43 :名無シネマ@上映中 :2006/03/28(火) 23:48:18 ID:8ODvnsww
>42
歌の部分じゃなくてセリフの掛け合いみたいな部分。
「スプリングタ~イム・フォー・ヒットラー・アンド・ジャマニ~」の後の
"Don't be stupid. Be a Smarty. Come and join the Nazi Party"ってとこ。
舞台でもここはメルの声で俳優は口パクだった。映画もそこはそのままだったよ。

44 :名無シネマ@上映中 :2006/03/29(水) 00:35:22 ID:VYPXMG+9
>>43
あっ、そうだったの?
Broadway castのCDでも
そこんところが
なんかハスキーで老け声なので
「?」と思ってた

72 :名無シネマ@上映中 :2006/03/30(木) 13:59:55 ID:3gG0cMyx
初めはちょっとついていけないかな~と
思ったけど、カルメンが出てきてからははまった。
主役二人の歌のうまさにびっくりしたよ。
あと、ユマ・サーマンにもびっくりした。
楽しかった( ゜▽゜) ゲイリー・ビーチって他に
何に出てるかな?調べたけど分からなかった・・・。

73 :名無シネマ@上映中 :2006/03/30(木) 14:21:53 ID:e2LroS1S
ゲイリー・ビーチは
現在もブロードウェーの舞台に立ってるよ。
NYに行けば
生ロジャー・デ・ブリーが見られる!!!

109 :名無シネマ@上映中 :2006/04/05(水) 22:33:09 ID:um78oTPM
もともとミュージカル好きだけど、
すっごく面白かったよ!!
映画館で声出して笑ったのって何年ぶりだろ?(みんな笑ってたなー)
個人的にはウマ・サーマンが??って感じだったけど。
ゲイのカップル、あのゲイぶりはすごい。
あと、「AMAZON.COMで」にも笑った。

111 :名無シネマ@上映中 :2006/04/06(木) 00:04:47 ID:sZLPFlat
ユマ・サーマンの株が上がった。
声も良いし、アホ可愛い。



112 :名無シネマ@上映中 :2006/04/06(木) 00:13:29 ID:G/mQJX2H
ウマ・サーマンは、ブロンドの頭の足りないゴージャスな美女
って役割をちゃんとわきまえてたなー。
知的な役がやれる人ならでは。

113 :名無シネマ@上映中 :2006/04/06(木) 07:29:30 ID:0GzKTxt+
ウーラ可愛いよウーラ (*´Д`)ハァハァ

Okey-dokey♪

114 :名無シネマ@上映中 :2006/04/06(木) 08:26:49 ID:6kg4bxXq
ウーラは名前が長すぎて字幕が省略されてたね。

115 :名無シネマ@上映中 :2006/04/06(木) 11:43:19 ID:tpaxptC5
ウーラ・インガ・ハンセン・ベンセン・ヨンセン・ターレン=ハーレン・スヴァデン=スヴァンソン

116 :名無シネマ@上映中:2006/04/06(木) 20:07:54 ID:BNmEDJd/
これで名字なんだよね
結局、ウーラのファースト・ネームって・・・

131 :名無シネマ@上映中 :2006/04/07(金) 23:13:26 ID:UBqeoaYI
この映画見て思ったんだけど。
前にもいくつかの映画で、スウェーデンの女の人が登場する時、
金髪・高身長なのは当たり前として、何故か必ず
ウマがやってたような甲高い声のああいうしゃべり方を
するのは何か元ネタでもあるのだろうか?
まあ、本筋とは全然関係ないんですが。
あと、日本人にはアイルランド人ネタってイマイチ判りづらいよね。
警官イコールアイルランド人ってパッと出てこないし。

132 :名無シネマさん :2006/04/07(金) 23:23:21 ID:Ng/QF62m
映画は明日見るのが
BW舞台でも、ピンクの電話のナントカちゃんみたいな
甲高い声でしゃべってたよ。
勝手な解釈だが
ウーラちゃんはユダヤ人に対する北欧人、、
(日本人には、白人は皆同じだが)
「究極の白人」の象徴だとオモタ。
プロデューサーズを捩ったコメディなどでは
ウーラはバリバリの共和党支持で
タカ派で人種差別主義者として表現されてるのもある。
オ’ナントカ、、と言う名のアイルランド人は
警官に多く、気が荒い、、というステレオタイプがあるが
ネオナチ、白人至上主義者の象徴として描かれたりもする。
だから、黒人でアイリッシュな名前で
アイルランド訛り、、自体が
もう、笑いを誘う

144 :名無シネマ@上映中 :2006/04/08(土) 13:38:03 ID:9jcSrG8t
僕も若干下半身スタンディングオベーションしてしまいました。

145 :名無シネマ@上映中 :2006/04/08(土) 14:03:25 ID:5aNPvw9k
>>144
マックスとレオが帳簿を取り合うシーンで?

148 :名無シネマ@上映中 :2006/04/08(土) 15:24:28 ID:zOJn725X
すげー楽しい映画だった。もう一回観たいな。
事務所の壁の絵がユマを見てたり、鳩にも足かせしてたり、
小道具も凝っててワロタ

163 :名無シネマ@上映中:2006/04/08(土) 22:59:22 ID:30Mw0oIo
今日見に行ってきたけど、客は20人くらいでガラガラだったよ。
「シカゴ」より落ちるけど、ミュージカル好きとしては
まあまあ面白かった。
やはりヒットラーの舞台場面が一番楽しかった。
笑えないギャグが結構あったから(オリジナルもそうだけど)、
大満足ではないけど。
それとマシューは悪くはないとは思うけど、中年太りのためか
妄想場面のダンスの切れがイマイチだったのは残念。

203 :名無シネマ@上映中 :2006/04/09(日) 03:02:42 ID:TCXY4NZh
これはドイツ人にとっては複雑な映画だろうなあと。
逆にドイツ人をコケにする側にとっては面白い。



214 :名無シネマ@上映中:2006/04/09(日) 07:41:51 ID:t6bN76cs
>>203
ドイツでは上映できない作品だろうな。
ナチスに関しては「表現の自由」は許されない国だから。

216 :名無しシネマ@上映中 :2006/04/09(日) 07:47:03 ID:lCtE8x+w
>>214
甘い!ドイツの公式頁↓
ttp://www.sonypictures.de/index.html/landing/the-producers/index.html
マックスとレオがドイツ語喋ってまっせ。

220 :名無シネマ@上映中 :2006/04/09(日) 10:21:06 ID:mWlmN7r+
スウェーデン出身出身の女優のイメージとしては、グレタ・ガルボ、イングリット・
バーグマン?名前を聞いた限りではなんとなくスカーレット・ヨハンソンを思い出した。
この名前はオリジナルと同じなの?

221 :名無しシネマ@上映中 :2006/04/09(日) 10:33:05 ID:lCtE8x+w
>>220
はい、同じです。
オリジナルでは「新人女優ウーラ・・・・・・・・・の電飾がブロードウェーにできるだろう。
ま、電球の数が足りればだが」なんて記事が翌日の新聞に載る。

ここのカットも残念だったな、個人的に。

233 :名無シネマ@上映中:2006/04/09(日) 12:20:31 ID:EATjhGVe
ネイサン・レインはゲイだし、
ユマ・サーマンはスウェーデン人の血を
引いてるし、メル・ブルックス本人はユダヤ人

なんつーか、ここまでできるのはすごいなあ・・

242 :名無シネマ@上映中 :2006/04/09(日) 14:05:37 ID:j2URx7Zu
imdb見ると、メル・ブルックスも出てたみたいだけど、
エンドロール終わって最後の「出てけ!」以外にどこに出てた?

Hilda the Pigeon, Tom the Catってなってるけど
何の役何だか分からない。

243 :名無しシネマ@上映中 :2006/04/09(日) 14:07:40 ID:lCtE8x+w
リープキンのハトの声と
Break a legの曲の最後でマックスに投げられる
ネコの「ギャー」という声

244 :名無シネマ@上映中 :2006/04/09(日) 14:14:24 ID:j2URx7Zu
>>243
ああ、そうなんだ~。ほんとに猫の声かと思ってたw

245 :名無シネマ@上映中 :2006/04/09(日) 14:44:37 ID:gYQdoSGp
>>242
Hilda the Pigeon, Tom the Cat
最後のクレジットで発見。
おめーかよ!って吹いたw

261 :名無シネマ@上映中 :2006/04/09(日) 19:53:59 ID:AuAMMyhP
パロってた映画で主だったもんは、『ストライク・アップ・ザ・バンド』
『雨に唄えば』『キャバレー』『巨星ジーグフェルド』『スタア誕生』とかか?
他にどんなんあったっけ?

265 :名無シネマ@上映中:2006/04/09(日) 21:22:48 ID:KOdKfCIa
>>261
え~そんなにパロってるの~?
ストライクアップザバンドとキャバレー以外は見たことあるんだけど
気付いたのは「オズの魔法使い」くらいかな
「西の悪い魔女」っていうセリフがありました
そのセリフ聞いてジュディが頭に浮かんできたもんで何か知らんけどトロリーソングがいきなり脳内に映像と共に流れ始めたもんだからしばらくスポッと内容が抜けてた…orz
ジュディの魔力恐るべし

277 :名無シネマ@上映中 :2006/04/09(日) 22:54:16 ID:AuAMMyhP
>>265

『Keep It Gay』の後奏アレンジ→『ストライク・アップ・ザ・バンド』の『ドゥ・ラ・ザ・コンガ』
『That Face』のソファーの陰から物を投げたり顔とか体とかを出したり引っ込めたりする動作→『雨に唄えば』の『Make 'Em Laugh』
オーディションのシーンの伴奏の人の格好→『キャバレー』のキット・カット・クラブのオーケストラのおばちゃんの格好
『ヒトラーの春』中のヒトラーが幕の閉まった舞台の前に足崩して座って昔語りを始める所→『スタア誕生』の『Born In A Trunk』

…といった具合か?『巨星ジーグフェルド』(つーかフォーリーズのパロか)については前レス参照。

281 :名無シネマ@上映中:2006/04/09(日) 23:48:11 ID:31rGbHfQ
オーディションシーンは少し「コーラスライン」のパロディの気がしたが、気のせいですか?

286 :名無シネマ@上映中:2006/04/10(月) 00:20:48 ID:JO9ERUYD
>>277
あ~言われてみたらそうだね!
確かにあのソファのシーンは「雨に唄えば」パロってる
ドナルド・オコナーは人形相手だったけどねw
ジーグフェルドのパロディはもしかして春の日のヒトラーで頭にソーセージ乗っけてジーグフェルドウォークしてたやつ?

288 :名無シネマ@上映中:2006/04/10(月) 00:58:00 ID:r1atprQY
ピンクの唐草模様の椅子と、トニー賞を想像してスタッフたちの
目の色が変わるシーン(特に鏡回すカルメン)が笑えた

306 :名無しシネマ@上映中 :2006/04/10(月) 20:13:46 ID:R+j1MXTY
カフカの「変身」も「オズの魔法使い」も知らなければ
第2次世界大戦でどの国が勝ったのかも知らないで
ついでに「ヒットラーって誰?」なんてヴァ○は
ハトと御釜がお気に召さなかったら
笑いようがないね

307 :名無シネマ@上映中 :2006/04/10(月) 20:41:04 ID:DWlUlpAe
>>306 、そういうあんた、
「プロデューサーの心得その1、自分の金をつぎ込むな。
その2、絶対に自分の金をつぎ込むな!」で笑えたか?
頭の中にロージー・オドネルの顔が浮かんだか?
ブロードウェイ限定ののすっごくローカルな内輪ウケ文化の笑いなんだよ、この作品。

325 :名無シネマ@上映中:2006/04/10(月) 22:22:02 ID:oDX6QITJ
>>307
ロージー・オドネルって誰よ? そんなのわからなくても、
その言い回しのおかしさ(+マックスの表情)で十分笑える。
下ネタ下ネタってバカにするが、台詞がシャレてるからこそ笑えるんだよ。

そういう意味でドリフなんてちっとも面白くない。
台詞に知性がないただのドタバタ。

346 :名無シネマ@上映中 :2006/04/11(火) 07:51:12 ID:ETIGSm0f
>>325
ロージー・オドネルはアメリカの人気コメディアン。
でもそれが問題なんじゃなくて、彼女は2年前にプロデューサーとして
ブロードウェイ版「タブー」に自分の金をつぎ込んで、見事に失敗。
こういう失敗をするプロデューサーはブロードウェイでは昔から多いわけ。
これでお分かり?

349 :名無シネマ@上映中 :2006/04/11(火) 10:33:25 ID:1sRnu4Iw
>>346
映画館で、みんなとは違うところで大笑いしてるおばちゃんがいたけど、
そういった事情や、映画のパロシーンをちゃんと分かってる人だったみたい。
この映画にはいろんな要素が詰まってるのね。

350 :名無シネマ@上映中 :2006/04/11(火) 12:22:01 ID:lvxhfZni
その可能性が大だけど、単なる変な人ということもなくはない。

308 :名無シネマ@上映中:2006/04/10(月) 20:41:16 ID:FNejENu8
舞台未見の僕ですが、面白かったですよ。
歴史ネタ、人物名ネタなど、知識が無くて分からないところもありましたが、
漫画のようなキャラクターを見てるだけで笑えました。
こういうドタバタコメディだと、歌も踊りも違和感無く見られる気がします。
個人的には、映画としてはオペラ座、シカゴよりも見やすかったです。

355 :名無シネマ@上映中 :2006/04/11(火) 17:13:01 ID:qjEUuZWU
春の日のヒトラーでナチの党員っぽい金髪の人かっこいい

359 :名無シネマ@上映中 :2006/04/11(火) 18:05:47 ID:6ufjEU9x
>>355
一番最初に出てきた人だよね。
私も気になって調べてみたけど、分からなかった (´・ω・`)

360 :名無シネマ@上映中 :2006/04/11(火) 18:31:36 ID:hb5wmbXE
>355 >359

ジョン・バロウマン
http://www.thestage.co.uk/features/feature.php/8006



361 :名無シネマ@上映中 :2006/04/11(火) 18:35:07 ID:j0XEraqW
>>355
さわやかすぎるルックスと美しすぎる歌声と
華やかすぎる雰囲気にテラワロス
こんなに綺麗でなきゃいけない理由が
どこにもないのに綺麗!

365 :名無シネマ@上映中 :2006/04/11(火) 19:47:17 ID:/Vh4uhVu
>>360
「五線譜のラブレター」でnight and day~~!って歌ってたね。
リハで何度歌っても声量が落ちないようなことを
DVDのコメンタリでほめられてた気がする。

366 :名無シネマ@上映中:2006/04/11(火) 20:20:31 ID:U4YhqhuD
500人の劇場で、たった5人で見てきたけど、面白かったな。
ラストの踊りで鳥肌感動、ヒトラーのオカマしぐさは、チャップリンの
独裁者でも見たよーな、ここが1番笑った。

367 :名無シネマ@上映中 :2006/04/11(火) 20:38:00 ID:Hsemrs/a
きょう、初見。すんげー、面白い!
会計事務所からのシーンは良いねぇ。
ここを観るために、金を払ってもいい。
劇中劇のヒトラーの衣装。ストリップ並み。あれ、ヘア見えてないか?

ショーっぽい場面が終わると、何度も拍手をしそうになった。
映画観ながら拍手したいなぁ…

370 :名無シネマ@上映中 :2006/04/11(火) 21:20:24 ID:PnhDdmPy
>>367
わかる
劇場のノリで一曲終わるごとに拍手したくなった。
だれか勇気ある奴が拍手したらみんなしてたかな

375 :名無シネマ@上映中 :2006/04/11(火) 23:14:41 ID:rO3zxB0n
>>370
漏れも手が動きかけて、「あ、これ、生の舞台じゃないんだ」って
何度かあった。

379 :名無シネマ@上映中 :2006/04/11(火) 23:37:50 ID:+ENEMcdG
個人的最大のツボシーンは
裁判所にブロデリック&ウマが入ってきて
音楽に合わせて傍聴人(陪審員?)のオッサンたちが踊るシーン


一番右のおまえ!その表情は反則だ!wwwwwwwww

412 :名無シネマ@上映中:2006/04/12(水) 19:49:04 ID:ENXhvBj6
なんかイマイチだった。
凝った脚本や主演の二人の掛け合いやかわいいユマはよかったけど演出が退屈
舞台は見てないけど舞台の方をそのまま映画に持ってきただけなのかなあ
メル・ブルックスが監督すりゃよかったのに

418 :名無シネマ@上映中 :2006/04/12(水) 21:17:26 ID:xXSJ2yVh
シンシン刑務所で
レオが異常にお札数えるのが
早いとこにワラタ
細かいギャグが多いな。
ああいうのは舞台じゃ出来ないだろうから
(客席から見にくいし)やりたかったんだね。

437 :名無シネマ@上映中 :2006/04/13(木) 01:26:07 ID:wPltaVYs
今日見てきた。
メル・ブルックスとブロードウェイ∩(・∀・)∩バンジャーイ
エンドロールのブロードウェイに捧げる歌は涙が止まらなかったよ。
泣けるような歌詞じゃないのに、愛があふれてるのが伝わってくるんだもん。
その後のバラードで大笑いしたけどな。
「我が闘争買って」って言わせちゃうのが戦中派のユダヤ人のメルの強さだよなぁ。
スピルバーグのようなユダヤプロパガンダご用達監督には一生到達できないタフさだ。
ユマ・サーマンは良かったんでないの?
グレダ・ガルボがコメディやったらあんなノリになりそうな気がする。
あとエンドロールでヴィレッジ・ピープルに関して断り入れてんのにワラタ。

446 :名無シネマ@上映中 :2006/04/13(木) 09:49:36 ID:anL1I8r5
自分は何となく「ブルースブラザーズ」に近いと思った
歌って踊って、仲間を集めて馬鹿をやって
刑務所に入ってそれでも歌って踊って
そんなオバカなノリが似てるかなと



461 :名無シネマ@上映中 :2006/04/13(木) 20:36:17 ID:SNFV2Yuq
しかし全楽曲の作詞作曲が
メルおじーちゃんなんだよね。
作詞ならまだわかるが、あんな耳に残る
良い曲良い歌のメロディもみーんな
作れちゃうなんてサギだ…。
天は二物も三物も与えるなあ。

462 :名無シネマ@上映中 :2006/04/13(木) 20:51:22 ID:2+3m5lkQ
自分は舞台でハマって見に行ったクチなので、舞台を思い出して嬉しかったし楽しめた。
映画ならではのスケール感(I wanna be~とかおばあちゃんランドとか)もいいね。

個人的にユマはミスキャスト…ウーラの頭弱そうな可愛さがない…
翻訳のせいのような気もしないではないが。
マシューの古風な歌い方は気に入った。

しかしKing of~の割愛は理解不能。
あれがないとマックスの悲哀が足りなくなると思うんだけどなあ。
あと舞台と違ってちょっと残念だったのは、獄中での歌とかウーラのセートンとかで
intermissionネタがなかったこと。あそこがすごい笑えたのにー

463 :名無シネマ@上映中 :2006/04/13(木) 21:00:23 ID:MGsp7zOl
しょうがないじゃん、映画には休憩はないんだから(w

私は別にユマにそんなに違和感は感じなかったけどなあ。
ニコールのほうがさらにバカっぽく見えないと思うし。
あの異常なでかさも効果的だった気もするんだけど。

最後のメルのキメッ!は本当に楽しいおまけだよね。
で、ちょっと気になったんだけど、メル、舞台メイクしてる?
なんか目化粧してたような気がして、今一人思い出し笑い中。気のせいか?

465 :名無シネマ@上映中 :2006/04/13(木) 21:19:41 ID:SNFV2Yuq
割愛と言えば、「何故うまく?」もなかったよね?

ウーラの歌、可愛かったな。
ただダンスのしょっぱなが背後からの角度で撮影されているから、
あの時に舞台バージョンじゃ両手でやっぱりめちゃめちゃ
単純な動きしてるのが見えないのが惜しい鴨。

でもメル的にはスヴェンスカに目が釘付けな二人を
見せたいって事なんだろうなあ。

488 :名無シネマ@上映中:2006/04/14(金) 11:59:17 ID:4pJb0EBX
真正面のバストショットが多い
笑いが古い
訳がオチをネタバレする

489 :名無シネマ@上映中 :2006/04/14(金) 12:07:39 ID:iD1lrvXG
>>488
まあ原作は古いしな。

490 :名無シネマ@上映中 :2006/04/14(金) 12:22:36 ID:zb6ur8Fl
旧作が作られたの1968年だからな。
舞台設定は1959年だけどね。
でもアマゾン.com(笑

530 :名無シネマ@上映中:2006/04/15(土) 01:47:53 ID:n6Y1hBlE
駄目プロデューサーが意に反してヒットメーカーになるのが滑稽で面白いんだけど
原作に無いその後の大成功の理由付けが物足りない気が・・

ドタバタの挙句に今までに足りなかった何かを見出したのではないのかな?
それが明白に描けていればアカデミー賞ものだったと思うんだけどな・・

583 :名無シネマ@上映中 :2006/04/16(日) 02:04:06 ID:ugBAorgV
どうして会計士はサンバイザーかぶるの?



584 :名無シネマ@上映中:2006/04/16(日) 02:16:33 ID:XBKyVBnX
いろいろなパロディがあがってますが、
これも?と思うもの二つ。
まず、「Touch me,kiss me」が訪ねて来た時の
「ハロー、ゴージャス」は、「ファニー・ガール」では?
バーブラ・ストライサンドがオスカー獲った時も言った台詞。
もう一つはかなり短いのですが、
「ファニー・ボーイ」のテーマ曲?として、ロジャーとカルメンが口ずさむ、
たぶん「To be ,or not to be」と言う曲は、
「キス・ミー・ケイト」の中の「アナザーオープニング、アナザーショウ」では?
如何でしょうか?

いろいろな人が、いろいろな役で出てますが、
冒頭初日の観客の中に、ストローマンの「コンタクト」でトニー賞を獲った、
カレン・ジエンバもいましたね。

585 :名無シネマ@上映中:2006/04/16(日) 02:59:49 ID:HO+j5C//
みんなよく書いてるけど、私にとっては最低の映画だった。
50年代の良質のミュージカル映画をパロっているというか、なぞっている
というか、そしてダンスの芸はゲイに愛と希望は愛欲と金として描かれ
ナチについては、相も変らぬユダヤ的描き方。ブロードウェーミュージカルは
NYでも見ているし、映画版も見ているが「キャバレー」とはいかなくても、せ
めて「ミスサイゴン」程度までにしてもらいたかった。
なぜこれがヒットしたのだろう?
今日の映画館、年配者は途中で帰る人が何人かいた。若い子には結構受けていた。
私は、批判するからには最後まで見ようと我慢した。

587 :梅田男 ◆Oamxnad08k :2006/04/16(日) 04:31:49 ID:CklUI6oT
>>585
('A`)最後まで見たのなら、約束は守ろうね。

588 :名無シネマ@上映中 :2006/04/16(日) 05:02:55 ID:ql/Tg3vB
打ち切られたら大儲けでロングランしたら大失敗の仕組みが
イマイチわかりません。どなたがわかりやすく教えてくださいm(._.)m

589 :梅田男 ◆Oamxnad08k :2006/04/16(日) 06:16:23 ID:CklUI6oT
>>588
('A`)出資者から、制作費を集める→一晩でSHOWがこける→出資者に配当金を払わずすむ→余った制作費でプロデュサーが大儲け。

元本保証した出資契約じゃないので、打ち切りが早ければ早いほど、経費をかけずに済むし、SHOWが打ち切られれば、配当も出さずに済むからね。

('A`)出資者から、集めて逃げればただの詐欺師だけど、これだと、ある意味合法。

590 :名無シネマ@上映中 :2006/04/16(日) 07:00:16 ID:/xOO25PU
>>588
ありえない高い配当を約束して出資を募ってるから、儲けが出れば出るほどそれ以上の配当を払わなければならない。
単純に利益の20%の配当でも10人の出資者に約束すれば200%配当ださなきゃならない。
成功すればするだけ自分のクビを絞める。

591 :名無シネマ@上映中:2006/04/16(日) 10:37:04 ID:+fgFZRJu
上滑りする下ネタに我慢すれば、NYを舞台とした古き良きブロードウェイ・ミュージカル
って感じ。

メル・ブルックス作曲とは驚き。音楽そのものにもっとはっとするようなところが
あったらさらに楽しめたのに惜しかった。

「野郎どもと女たち」あたりの古いミュージカルのテイストがあって、
ロンドン・ミュージカル嫌いのひとにはいいかも?

592 :名無シネマ@上映中 :2006/04/16(日) 11:04:42 ID:Ib1iVpK0
帰り道に、ふと口ずさめるような曲があればいいのさ。

597 :名無シネマ@上映中:2006/04/16(日) 12:00:49 ID:O/I+CAkC
確かに音楽にパワーが無いね。
映画「シカゴ」を見たときは楽曲を口ずさんで帰った記憶がある。

612 :名無シネマ@上映中:2006/04/16(日) 17:11:45 ID:l+mrUCsW
確かにミュージカルとしては、思わず口ずさめるような
曲がひとつでも欲しかったところだなあ。
『サウンド・オブ・ミュージック』なら『ドレミの歌』、
『コーラスライン』なら『ワン』(だっけ?最後の曲)みたいな。
帰りがけに、思わずサントラCDを買ってしまうような。
作品そのものはとても面白かったから、そこがちょっと
画竜点睛を欠くとこかな。

616 :名無シネマ@上映中 :2006/04/16(日) 17:57:25 ID:vpXaybAi
ブロードウェイで初めて観た時は、
♪I want to be a producer~
のメロディを、口笛を吹きながら劇場を出たよ

617 :名無シネマ@上映中 :2006/04/16(日) 18:16:17 ID:2+Vu9kPk
自分もアイワナビー♪をしょっちゅう
仕事中耳コピながら歌ってる。

626 :名無シネマ@上映中 :2006/04/16(日) 22:15:48 ID:pfjuo80b
ついつい口ずさむメロディーが
Heil myself, heil to me
I'm the kraut who's out to change our history♪
な自分は
少数派なんでせうか?

627 :名無シネマ@上映中 :2006/04/16(日) 22:37:03 ID:Ozru8tHz
自分はつい口ずさむのはヒットラーの春の日w

628 :名無シネマ@上映中 :2006/04/16(日) 22:57:46 ID:CwTo7zNx
わたしも鼻歌が「すぷり~んぐたーいむふぉーひっとら~♪」だ。
人前ではやめよう。w


関連記事

  1. 2008/10/19(日) 07:10:38|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<告発のとき | ホーム | 西の魔女が死んだ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/317-476fab39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR