FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1076687682/
1_20120818105633.jpg

1 名無シネマ@上映中 04/02/13 00:21 ID:JTPUGz3Q
超大作ファンタジー「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ3部作の完結編。邪悪な力を持つ指輪を滅びの山に捨てるべく旅を続けるフロドとサムだったが、同行するゴラムの策略にはまり仲を裂かれてしまう。一方、冥王サウロン軍が総力を結集して人間の国ゴンドールに襲いかかり、ガンダルフやアラゴルンら旅の仲間たちがこれに立ち向かう。第76回アカデミー賞で作品賞をはじめ11部門を総なめにし、「ベン・ハー」「タイタニック」に並ぶ史上最多受賞の快挙を成し遂げた。

監督 ピーター・ジャクソン
脚本 ピーター・ジャクソン
フラン・ウォルシュ
フィリッパ・ボウエン
製作 ピーター・ジャクソン
バリー・M・オズボーン
フラン・ウォルシュ
原作 J・R・R・トールキン
撮影 アンドリュー・レスニー

イライジャ・ウッド
イアン・マッケラン
ビゴ・モーテンセン
ショーン・アスティン
リブ・タイラー

原題 The Lord of the Rings: The Return of the King
製作年 2003年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド映画、松竹
上映時間 203分


189 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/14 14:27 ID:Ww48pcBq
朝一見に行って帰ってきた。ティッシュいるなこれ。
まあ予想される話でちょっと詰め込みすぎって感じもするが
ほんまおもしろかった。
まあとりあえず1,2見た人はいって損はない。

281 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/14 18:53 ID:/ZhB1neZ
今帰って来た。
ミナス・ティリスのあたりから最後まで泣きっぱなし。
あーもう言葉が出ないや。
とにかく素晴らしい映画をありがとう。この時代に生まれてよかった。

378 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/14 21:38 ID:cViAQ1A8
王の帰還、満足したけど個人的には
二つの塔のほうが好きかも。

383 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/14 21:43 ID:aiUbSF1S
>>378

部分と全体でも評価が変わるかもね。
俺は戦闘シーンでは正直二つの塔の方が締まった感じで好きなんだけど、
物語やらもろもろ含めた総得点だと王の帰還に票を入れたい。

しかしこうして思い返せば、一作目がほんとに序章でしかなかったんだなぁと。
初めて見たときはあれでもビックリしたんだけど。

615 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:08 ID:Vb3tmJZZ
>「あなたの重荷は背負えませんが、あなたなら背負えます

このセリフでサムキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
ボロ泣きしますた。

681 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:23 ID:SYx9snnt

9_20120818105820.jpg

サムの中の人は好きじゃないけどサムは好きです

589 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:03 ID:Vb3tmJZZ
スゲー感動して世界に浸ってたのに最後の最後、ブチューでなんか一気に冷めた。。。
あれはいらない気がする。
あと、アラゴルンは汚いほうがカコイイね。
王様っぽくなってから微妙だった。

622 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:10 ID:HW+Oe7Vm

4_20120818105631.jpg

目を開けたままで眠るガンダルフ…。
笑いを堪えるのに必死だったよ。

628 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:10 ID:uFtADCwL
>>622
あそこは笑うとこだから安心して笑うべし

637 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:12 ID:4aClQYwJ
>>622
分かる!! 私は原作既読なのですが、
分かっていても、サー・イアン・マッケランの演技に笑えた。
友達に、「笑いをこらえたよ」と言ったら、
「原作読んでないの?」と怪訝な顔された。
分かっていても、役者の演じ方一つで笑ってしまうんだよな。

645 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:14 ID:Vb3tmJZZ
>>622
禿ドw
ピピンが絡むとシリアスな内容がちょっとコミカルになって(・∀・)イイ!!

ホビット4人、それぞれほんと一生懸命で泣けた。

842 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:58 ID:Vb3tmJZZ
ガンダルフのじーさん、最初から最後までフロド以外にはスパルタだったな。
戦え戦えって、あんた。。。
杖と剣ブンブン振り回すとこ見て、この人、魔法使いじゃないのかよと。。

849 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :04/02/15 00:59 ID:oY30ykF5
>>842
それは漏れも思った・・・
魔法使ったのは変な光だけだった

852 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 01:00 ID:VKcmS+yB
>842
ガンダルフはパワー全開にしちゃうと敵どころか味方や大自然ごと
破壊しちゃうんだよ。本当の話です。
だから魔法はあんまり使えないの。

855 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 01:00 ID:Ui2jX45i
自分と同格以上の相手にしか魔法は使っちゃいけないんじゃなかったっけ?

881 名前:842 :04/02/15 01:06 ID:Vb3tmJZZ
>>855
そう言われるとちょっと納得。
でも、世界が滅ぶかもしれない戦いなのに今使わずにいつ使うんだ!!
気が汁(´・ω・`)

646 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:15 ID:f/rmmCgy
見てきました。
のろしが次々燃えてくシーンで泣けてしかたなかった。
これが映画で見られるなんて・・・よく見せてくれた‥ありがとうPJ・・

591 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :04/02/15 00:03 ID:oY30ykF5

5_20120818105630.jpg

エオウィン姫が首ぶった切ったのには鳥肌立ちました

653 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:17 ID:NpGkcbZB
帰ってからもエオウィンのことばかり考えてる

674 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:21 ID:kiZEHdJ8
エオウィン、すごくかっこよかったけど
あごがわれてるのが気になってしかたなかったw
二つの塔では気になんなっかったのになぁ。。

725 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:31 ID:i8MvA6T4
>>674
私も。TTTでは全然気にならなかったのに2chで
ケツアゴ、ケツアゴ゙言われていたので、つい目があごに(w

722 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:30 ID:Vb3tmJZZ
とにかく全部のシーンが素晴らしかった。
マジありがとうPJ!!って感じ。

エオウィンが片手で持ち上げられるくらいホビットって軽いんでつか??

728 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:32 ID:hLJ85UYB
>>722
あの重い鉄でできた剣をぶんぶん降り回してるんだから、結構力があるのではと推測してみる。

877 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :04/02/15 01:05 ID:oY30ykF5
エオウィンは戦闘やめた方がいいだろ・・・

と思ったらとんでもねーw

一番強いじゃねーか!!w

757 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:41 ID:SYx9snnt

6_20120818105630.jpg

フロドの勇気最高です!本当に良かった

762 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:41 ID:psOIz3aq
フロドには「私は来た」から「指輪は私のものだ」までフルに喋ってなおかつ叫んで欲しかったとか
ゴラムには「マイ、プレシャャャァァァス」って叫んで落ちて欲しかったってのは原作オタのわがままだろうか?

776 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:43 ID:TVPfGunV
>>762
いや、漏れもそうして欲しかった。
というか、そうしなかった理由があんまし判んない。
原作読んだ時、あのフロドのセリフがすげー衝撃的だったのを覚えてるよ。

「私はここに来てするはずだったことをしないことにした」って言い回しがいいのに…。

784 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:45 ID:xD8yXSSr
>>762
原作ヲタではないけどそっちの方が見たかった。

843 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:59 ID:qbg+Pbi1
2回目、見てきました。セオデン王かっこいい!! 出陣前の台詞は震えがくる・・・。
そしてラストのフロドの笑顔、美しすぎて涙が出ます(イランジャファンでもないのに)。それまでの翳りの多い表情に比べて晴れ晴れとしているのがまた泣ける。

777 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:43 ID:JL44MAhb
幽霊強すぎるだろ。
人間いらねーじゃん。

781 名前: ◆GacHaPR1Us :04/02/15 00:45 ID:WhplEFsK
>>777
ギムリも指摘してた。でも指輪戦争は生きている者の戦いだから

104 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 02:04 ID:Ui2jX45i
オークたちが乱闘するとこで、何でか知らないけど見事なドロップキックをする
オークがいて笑った
なんでドロップキックなんだw

108 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 02:05 ID:22cc3X8W
>>104
俺もそこ笑った

109 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 02:05 ID:hAg1Z+Z4
>>104
禿同w

121 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 02:09 ID:xhhbmRmL
>104
キレーに決まってるんだよね。
スタントの人、あんな重い衣装つけてやってたんだよね。
凄いなあ。

116 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 02:08 ID:e3/TPzmY
>104
私もワロタよw
見事な飛び蹴りでございました。

あと、オークの首領が自分の方向に飛んできた石にカーッ、ペッ!とするところ。
トロルの「ポカーン・・・首領クール!」って感じの表情がイイ!

846 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:59 ID:5256BgwL

3_20120818105631.jpg

やっぱ象がすげぇ、感動した、あとドラゴンが怖くてうるさい

864 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 01:02 ID:qL1cwpEt
そういえば、ミナスティリスの戦いで
スターウォーズの敵みたいなのいなかった?
顔が赤と黒のまだら模様の!

878 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 01:05 ID:1BSDgTKR
>>864
ダース・モール。

870 名前: ◆GacHaPR1Us :04/02/15 01:04 ID:WhplEFsK
>>864

2_20120818105632.jpg

それ言ったら、今回のオーグ軍の大将なんか
グーニーズのスロースやんけ

882 名前:  :04/02/15 01:06 ID:kyn1l5gY
>>870
あれはショーンへのオマージュなのかと思ってまスタ

755 名前: ◆GacHaPR1Us :04/02/15 00:40 ID:WhplEFsK 
悲しすぎるぞボロミア。
ゴンドール随一の戦士のはずのボロミア。
よく考えたら第1部で唯一の死にキャラということでちょっとおいしいボロミア。
死を目前にしてなんだか諦めた目になってしまったボロミア。
あんな至近距離で物凄い勢いの黒くて太い矢を射られてしまったボロミア。
太陽にほえろの殉職シーンのようにスローモーションになってしまうボロミア。
矢に当たって弱ってもちょっと休んで復活してウルク=ハイに斬りかかるボロミア。
にも関わらず容赦なく第2射、第3射と当たってしまうボロミア。
射られた瞬間、ちょっと「おウっ」という口になってしまうボロミア。
腹にいい一撃をもらって「こら助からんかもオレ」とちょっとだけ思ったボロミア。
まるで弁慶の立往生のようなボロミア。
戦闘部隊ウルク=ハイに一顧もされずブルー倍増、うずくまってしまったボロミア。
拉致されるホビットを、もはや見送るしか事しかできないボロミア。
死を目前にしてなんだか諦めた目になってしまったボロミア。
2人のうっかり八兵衛ことメリピピを助けるにはあまりに高い代償を払ったボロミア。
そして得意満面で弓をひきしぼるラーツをなんだか憎く思ってしまった観客(つか俺)。
「よく来てくれたよアラゴル~ン!」と、ちょっとだけウルっときた観客(それも俺)。
臨終のシーンでちょっと熱いものをこらえてしまった観客(それまた俺)。
でも死装束にてボートでゆらゆら流れてゆくショットで「ミクロマンのカプセルみたい」
とちょっと思ってしまった観客(多分俺ひとり)。

772 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:43 ID:u+60NCco
>755
おんなじパターンではらはらファラミアもできそうw

840 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 00:58 ID:lC/cokV3

7_20120818105650.jpg

そういえば「TTT」の時から、はらはらファラミア。
厳しい父君と優しい兄君に挟まれて、おろおろファラミア。

その二人を連れていっちゃいかんのよ、こらこらファラミア。
でも死刑を覚悟して「お人柄」をしめした、ぎりぎりファラミア。

いくら大人になったって冷たい言葉には傷つく、ほろほろファラミア。
でもヤケクソで進撃するのはやめなよ、いけいけファラミア。
だから言わんこっちゃない兄君と同じ、ぼろぼろファラミア。
絶望した父君のせいであわや、めらめらファラミア。
「やめろクソおやじ!俺はまだ生きてる」そこで言えるくらいなら
とっくに反抗してるよね、しみじみファラミア。
外は大変な事になってるのに療病院で、らぶらぶファラミア。

執政の後継ぎなのに戴冠式では群集に混じって、にこにこファラミア。
でも隣にエオウィン姫がいるからそれでいいんだよね、ばんざいファラミア。

(かの「ぼろぼろなボロミア」作者様に捧ぐ)

867 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 01:03 ID:YWFu4dUu
らぶらぶファラミア ワラタ

874 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 01:05 ID:u+60NCco
ファラミアって小さいころからあんな扱いだったのかな。

904 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 01:11 ID:RUNwl4mD
>ファラミアって小さいころからあんな扱いだったのかな
そうみたいだよ。
たしか、原作の設定だとファラミアを産み落としたことで奥さんしんじゃうんだよね。
それ以来、母親似のファラミアを見るたびに愛する妻を失ったことを思い出す、って
んでついついつらくあたってしまっていたらしい。
それに、武勇型のバロミアと違って、静かなインテリタイプのファラミアは当時の
人としては「か弱いヤツ」って感じでどうも気に食わなかったらしいよ、デネソールは。
でも、原作だともう少し父親としての愛情が感じられた気がしたが・・・・・少なくとも
気が狂い出すまでは。

925 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 01:16 ID:u+60NCco
>904
おお!詳しい人ありがとう
そんな事情あったのね。

8_20120818105649.jpg

でも最後の方で思ったんだけど、結局デネソールが愛してたのは
ファラミア>ボロミアだったんじゃないかなあと思った。
あの異様な執着心はひいた。

931 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 01:18 ID:deSGFUwh
>>925
デネソールは自分と似て思慮深いタイプのファラミアを
疎んじたって説もあるので
愛憎入り混じりだったんだろうね

966 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 01:30 ID:f/rmmCgy
そういえば、もどってきたファラミアがピピンを見て驚いて、
フロド達に会ったと告白するとこで、あれ、「2日前」なんだね・・・
映画は一年前なのに・・・感慨深い。

206 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 02:29 ID:qD8V0Nel
魔「ウホッ!いい男・・・」
エ「I am no man!」

216 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 02:31 ID:yAajHmQM
>>206
ワロタ。

てか、アレも気になったシーン。
あいつは結局男だと倒せない、という設定でいいの?
姫さんに殺られる寸前まで、漏れは「人間の力では倒せないもの」だと思っていたのに…。

221 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 02:33 ID:TVPfGunV
>>216
そう。「人間」の「男」には倒せない。
だから、ホビットと人間の女によって滅ぼされた。

222 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 02:33 ID:22cc3X8W
>>216
原作だとメリーの持ってた剣が特別制

229 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 02:35 ID:yAajHmQM
>>221-222
なるほど理解。さんくすこ。

227 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 02:34 ID:f/rmmCgy
>216
英語のかけことばのようなものだ。
manに、人間と、男の、二重の意味をかけてあるのだ。
(あいつは man には倒せない、と、はるか昔に予言されていたという
設定があるのだ)

228 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 02:34 ID:YWFu4dUu
英語と日本語の差違

私はman(人間・人間の男、の二重の意)には倒せん!
フフン、残念でした!私はwomanよ!

916 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 01:14 ID:d/PM3NfO
どこまでが小ネタなのかよくわからんが、とりあえず3回目までに気付いた点等

・ローハンの宴会でメリーと踊るピピン、テーブルの端のジョッキを蹴り飛ばす
・メリーの鎧はセオデンの幼少期の、ピピンの鎧はファラミアの幼少期のもの
・死者の道の前でアンドゥリルの鞘をつけたまま逃亡するブレゴ
・滅びの山の火口で指輪をみつめ涙を一筋流すフロド
・戴冠式では、枯れていた白の木に白い花が咲いている
・灰色港で残りの2つのエルフの指輪所持者(エルロンド、ガンダルフ)が公然と
 指輪をはめている
・サムは最後まで袋小路屋敷には住まない

933 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/15 01:18 ID:5f4Fjhh7
>>916
>・滅びの山の火口で指輪をみつめ涙を一筋流すフロド
これでPJ版フロドが哀れで愛しくなった。

2 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/13 00:22 ID:JTPUGz3Q
【PJ出てた?】
 ウンバールの海賊の首領。
【サムは指輪に心を奪われなかったのはなぜ?】
 フロドに返すのを躊躇ってたのが、心を奪われかけた表現なのでは。
 ホビットならではの心の強さで、即座には魅了されなかったと思われ。
 あるいはフロドが最初平気だったことから、短時間なら平気なのかも。
【最後近く酒場でカボチャを抱えてたのはスメアゴル?】
 そう思った人は多い(相方のデアゴルと思った人も多い)けど、
 今のところそういう情報はない。
 有り得べきもう一つのゴラムの人生とでも思っとけ。
【フロドはどこに旅立つの?】
 西方の地。ヴァリノールという名前。
【西方ってどんなとこ?】
 エルフの起源であり神の住まう場所。まあ天国のようなもん。
 原作でもそれほど詳しく語られておらず、未完の続編に記述があるけど
 色々と解釈の余地もあったりするので、詳しく知りたいならSF板へドゾー。

4 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/13 00:25 ID:JTPUGz3Q
【フロドはなんで西方に旅立つの?】
 アングマールの魔王にうけた傷と指輪の影響で、中つ国では癒されない
 ほどの精神的なダメージを受けたから。
 フロドが負った傷は、西方でしか癒されない。ビルボも。
【フロドはなんで西方に旅立つかの説明はあった?】
 ところどころで暗示されている。
 「1度切れた糸を元通りにするにはどうしたらいいのか考えていた」
 「もうこの傷が癒えることはない」
 などのセリフ。
【最初から鷲に乗って指輪捨てに行きゃイージャン?】
サウロンも盲目ではありません。大鷲に乗ってモルドールに入ろうとすれば、
すぐに発見されて指輪を奪われるでしょう。基本は隠密行動なのです。
【ガンダルフってあんまり魔法使ってないね?】
派手な魔法は少ないですが、所々で結構使っていますよ。
ゲームやマンガのような魔法は期待してはいけません
【指輪を海の底に沈めればいいのでは?】
海の底にも、何か悪い意志を持った生き物がいるかもしれません。
また、将来発見されてしまう可能性がある以上、問題の先送りにしかなりません。
指輪を海に捨てるだけだはだめなことが「シルマリルの物語」下巻でガンダルフによって語られています。

21 名前:名無シネマ@上映中 :04/02/13 00:41 ID:JTPUGz3Q

10_20120818105649.gif

関連記事

  1. 2012/12/06(木) 21:30:24|
  2. ら行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【画像】プロの気球乗り集団が「カールじいさんの空飛ぶ家」を再現 | ホーム | 『ターミネーター』が新シリーズとして映画化!2019年までに2作品を予定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3169-4c3cddbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR