2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

炎のランナー

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1147612695/
1_20120818103553.jpg

1 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/14(日) 22:18:15 ID:wvqcUySV
1924年のパリ・オリンピックに出場した二人のイギリス青年を描く。実話の映画化。製作はデイヴィッド・パトナム、製作指揮はドディ・フェイド、監督はCM出身で、これが第一作になるヒュー・ハドソン。脚本はコリン・ウェランド、撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽はヴァンゲリスが担当。出演はベン・クロス、イアン・チャールソン、シェリル・キャンベル、アリス・クリージャ、イアン・ホルムなど。原題はウィリアム・ブレイクの詩『エルサレム』から取られている。

製作 デイヴィッド・パットナム
製作総指揮 ドディ・フェイド
監督 ヒュー・ハドソン
脚本 コリン・ウェランド
撮影 デイヴィッド・ワトキン

ベン・クロス Harold Abrahams
イアン・チャールソン Eric Liddel
ナイジェル・ヘイヴァース Andrew Lindsey
ニコラス・ファレル Aubrey Montague
ダニエル・ジェロール Henry Stallard

原題 Chariots of Fire
製作年 1981年
製作国 イギリス
配給 20世紀フォックス
上映時間 123分


5無名画座@リバイバル上映中:2006/05/15(月) 20:15:44 ID:tDbi5Xh0
名場面多かったな。
オックスフォード大で鐘が鳴り終えるまでに大学内を走れるかを競争したり、
シャンペングラスをハードルの上に置いてのトレーニング
コーチが競技場に行かず、部屋に留まり、イギリス国歌が流れたことで教え子の
勝利を確信するシーンなど
スローモーションを多用して、美しい選手のフォームを見せたりと音楽もさることながら
映像も綺麗でした。

6無名画座@リバイバル上映中:2006/05/16(火) 00:59:48 ID:pJHwjP6d
まず最初の海辺のシーンがすごく綺麗 
海と空の色がなんともいえず 
そこにああこの曲!!って感じでした
いろんな場所で聴いたことあるけど この映画の曲だったんですね

ラストにまた同じ海辺の場面がでてくる時は
最初とは違う思いでメンバーの顔をみてしまう

あのヘラヘラ笑って走ってる人は実は 自分のレース譲っちゃった人だったとか・・
簡単に描いてるけどすごいことだし 
それがないとこの話は成立しないですね
それも実話だったのか すごく知りたいところでした

9無名画座@リバイバル上映中:2006/05/16(火) 06:54:04 ID:g+qvZGgz
映画としての完成度は高い。

でも役者が無名な上にみんな同じような顔なので記憶に残らない

10 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/05/17(水) 21:52:51 ID:/nBAnouQ
>>9
英国俳優陣に関する知識のなさを白状するのは構わないが
「役者が無名」「みんな同じような顔」って言い方はないだろう

11無名画座@リバイバル上映中:2006/05/20(土) 00:10:54 ID:fAaI54im
原題 CHARIOTS OF FIRE

CHARIOT って、古代ギリシャ・ローマの2輪戦車って意味らしいけど、
それって、たぶん、あのベンハーの2輪の馬車のことだよね。

正反対のタイプの2人の主人公が、左右両輪って意味合いで物語が進む、
ということか・・・  なんて勝手に解釈して満足してる、俺。

12 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/20(土) 00:33:48 ID:LK3q3Kn2
エゼキエル書に出てくる炎の戦車だよ。ハロルドがユダヤ系だったろ。

112無名画座@リバイバル上映中:2006/06/29(木) 04:14:39 ID:5aaZV5h+
邦題の「炎のランナー」て結構いいなと思う。

117 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/29(木) 15:28:03 ID:RaDWvLCz
>>112
Chriots を訳すのは難しいもんな。さらっとランナーという単語を使ったけど
まあ成功してると思う。それと重要なのは「炎の~」ってところかな。画家の
ゴッホが「炎の人」としてよく知られているから、内面的な情熱っていうのを
この映画でもよく解って貰えるような気がする。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 下はWikiのコピペ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

" Chriots of Fire " というタイトルはウィリアム・ブレイクの詩、『エルサレム』からとられている。
(詩では " chriot of fire " と単数形)
以下、抜粋
????
Bring me my bow of burning gold!    わが燃えたぎる黄金の弓をもて
Bring me my arrows of desire!      欲望の矢を、槍をもて
Bring me my spear! O clouds unfold!   雲よ散れ
Bring me my chariot of fire!       わが炎の戦車をもて
????
この詩はチャールズ・H・H・ペリーによって1916年に曲をつけられている。
映画のラストで聖歌隊によって歌われているのがこの歌である。

13 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/20(土) 01:09:47 ID:Cqsyb/wx

2_20120818103553.jpg

イアン・ホルム目当てで、DVD買って観た。何度となく観ようと思ったよ。映像美も役者も良かった。

14 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/20(土) 01:29:16 ID:lXRjycdv
俺、この映画はかなり好きなんだよね。まず映像が美しいし、音楽に関しては
みんなも知ってのとおりだし。こんなにエレガントなのに「スポ根」でもある
という不思議さ。舞台となってる英国の、しかも庶民には伺い知ることのでき
ない世界にも興味津々。

でも世間一般では、アカデミー作品賞をとったにしては注目されないねえ。
アメリカ的な派手さがないし、かといって女どもに受けるような甘ったるい
愛のドラマじゃないからかな。

16 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/05/20(土) 18:16:12 ID:p6mYcVAs
日本で公開された当時は、それなりに観客が入ったんじゃないの?

一時期、いたるところで、あの曲が使われていたよね。飽きるほど。

21 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/22(月) 01:55:03 ID:tUSlBclM

3_20120818103552.jpg

ハロルドの友人のアンディことアンドリュー・リンゼイ卿(貴族の坊っちゃまで
ハードルで銅メダル)がとてつもなくカッコイイ。お屋敷は広大だし、練習方法は
ぶっ飛びだし、お蝶夫人なんか目じゃないね。

41 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/27(土) 22:20:17 ID:qp6RUPI4
リンゼイ卿が地味にさりげなくいいやつなんだよね。
(練習風景は派手だけど)

43無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/05/28(日) 11:44:45 ID:eBwoYMJY
リンゼイ卿は真の勝ち組だから
オリンピックですらグッドルーザーになれるんだな。
うらやましす。

44 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/30(火) 19:08:54 ID:u4iy/XSb
リンゼイ卿の自宅のシーンを見て、イギリスの金持ち(というか貴族)は
スケールが違うなあ、と感心したのを覚えてる。

52 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/05/31(水) 22:21:10 ID:UvgnDL0m
>>43-44
ヨーロッパの貴族には、それなりの義務ってものがあるから、それはそれで大変だよ。

58無名画座@リバイバル上映中:2006/06/01(木) 23:02:24 ID:oBXVHmwT
リンゼイ卿の役者は「太陽の帝国」で捕虜収容所で医者の役やってるやつダベ

62 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/01(木) 23:42:15 ID:9PdJn8pi
>>58
主人公の少年に「Don't think too much !」とかいう医者だっけ

68 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/02(金) 13:18:56 ID:d5d0QsHP
リンゼイ卿といえば、デヴィッド・リーンの「インドへの道」にも
出演してましたね。
ヒロインの婚約者で、最後にはふられてしまう可哀そうな役。

25 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/05/22(月) 13:19:30 ID:AnFvZB5f
ちくしょう、かっこいいなあ  orz

ほんとのエリートたちがオリンピックでメダルまでとるって、
オイラのような極東の無能な猿はどうしたらいいのよ

26 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/22(月) 14:35:01 ID:W8llFgPy
オリンピックの決勝レースを目前にして、ハロルドが親友に語った言葉。
 「ぼくは今まで、オリンピックで優勝することだけを目標にして生きてきた。
  でも、その後はどうすればいいんだ?
  負ける怖さは何度も味わった。今は勝つことが怖いんだ」

なんと深遠な、そして切ない台詞でしょうか。

51 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/31(水) 21:27:46 ID:PNwfQnlM
レースが終わったあとムサビーニがエイブラハムズに
“世界が明日どうなろうと構いやしない、私たちには今日という日がある”
というシーンがたまらなく好きだ。

65 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/02(金) 01:09:31 ID:4ypuDNkJ
ラストシーンのオーブリーとリンゼイ卿が教会から
よぼよぼと寄り添いながら出てきて二人で会話してる
ところも何気に好きだなー。

28 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/22(月) 15:02:44 ID:LWptZMNN
ハロルドとコーチのやりとりもよかった。
面とむかっての差別的シーンはほとんどないが、
二人のそれぞれのセリフが深い。
オリンピック会場ではなく近くのホテルから
見守るコーチには胸が切なくなった。

148 :無名画座@リバイバル上映中:2006/08/01(火) 00:48:00 ID:oQa0R6rF
上を向いて走ると、遅くなると思う。
コーチはその点を指摘すべきだと思う。

30無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/05/22(月) 22:24:01 ID:RQJ07WMB

4_20120818103551.jpg

最初と最後に出てくる砂浜を走ったことがあるけど、
ゴルフが好きな人じゃないとあまり行かないところだな。

177 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/28(水) 03:37:42 ID:OUygW098
>>30
何のこっちゃらわかんなかったけど、全英オープンゴルフをやるコースの
すぐ隣があの砂浜なのかー

31 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/22(月) 22:57:46 ID:LWptZMNN
>最初と最後に出てくる砂浜を走ったことがあるけど

その時の脳内音楽はもちろんヴァンゲリスのテーマ曲だすね

59 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/06/01(木) 23:29:26 ID:WvDtb6jC

6_20120818103550.jpg

実況見直してたらリデル役の俳優死んでると聞いてショーック!

かっこいいのに

69 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/06/02(金) 22:34:30 ID:HomTnOmQ
エイズ死がふたり出てる作品か

70 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/05(月) 00:27:28 ID:NVf248H0
エイズで亡くなっているのはどの役の人?

71 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/05(月) 00:45:50 ID:5T4P7DJf
エリック・リデルとジャクソン・ショルツ

152無名画座@リバイバル上映中:2006/11/25(土) 02:46:31 ID:B+JMA04m

7_20120818103607.jpg

ジャクソン・ショルツは、中の人がミッドナイトエクスプレスで、
麻薬の運び人を演ってたので、エイズで死んでも不思議と違和感が無かったが、

謹厳実直なエリック・リデルを演じてた中の人が、
エイズで死んだと聞いた時は少し驚いた

156 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/12/21(木) 22:39:19 ID:crNr/eiV
>>152
たしかデレク・ジャーマンの映画にホモホモしいチョイ役で
出てた記憶があるので、納得できないこともない。

61 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/01(木) 23:39:32 ID:60X4x/c6
リデルが最初に登場したとき着てたスーツがかっこよかったなー。

この映画の背広や帽子にしびれるわな。

155 :無名画座@リバイバル上映中:2006/12/18(月) 19:44:46 ID:Vh937dB/
リデルにサインを貰いにきた女の子に萌え

79 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/06/06(火) 13:54:52 ID:3VahLPMX
ほとんど登場人物の区別がつかなかったが
ユダヤ人だけは、柔道の篠原に似ていたので
わかった。

80 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/06/06(火) 16:38:38 ID:wxUPzhFz
途中までリドルとリンゼイの区別がつかなかったおりはアホだった

76 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/05(月) 14:51:37 ID:fvrrwZsD
アメリカのチャーリー・パドックを演じたデニス・クリストファーは
青春映画の秀作『ヤングゼネレーション』で主役をやってるが、どっちも
好きだ。

77無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/06/06(火) 06:45:07 ID:z/PYv7hT
豚足料理がおいしそうだった。
女との勝負デートの食事でぷるぷるの豚足煮込みを我慢するハロルドは
性欲と食欲より戒律を克服した、なにげに信仰心の篤い漢。
あんな暑苦しい奴だけど下手したらリデル以上に信心深いのかもしれない。

78 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/06(火) 08:32:02 ID:vvQWofmI
>>77
あなたの理解度の浅さがほとばしる書き込みをありがとう

81 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/06/06(火) 23:48:57 ID:t78xjn4s
>>77
バカっぽく書いたから気を悪くしたかもしれないけど
一見ガツガツしてる彼も戒律を守る漢だった、というのを示すのに
必要なシーンだったと思う。でも豚足ウマソス。

82無名画座@リバイバル上映中:2006/06/06(火) 23:56:26 ID:T19qg0iU
>>77 81
ユダヤ人は豚足を食べてはいけないんですか?

83無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/06/07(水) 00:24:19 ID:JSiXiovL
>>82
豚、エビ、カキ、タコ、イカ、カタツムリ、鯛の活け造り、親子丼はだめ。
牛肉はいいが血が滴るステーキはだめ(血を飲むのは厳禁)。

84無名画座@リバイバル上映中:2006/06/07(水) 08:17:02 ID:KQVsUV/1
>>83
鱗の無い魚はNGってことでしょ?

85 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/06/07(水) 11:39:55 ID:PuqDnwji
>>84
83じゃないがウロコのない魚はだめ。
鰻は最近細かいウロコが発見されるまでNGだった。
「鯛の活け造りを食べてはいけない理由」ってのがそのサイトにあるけど
「生きているままの生き物から取って食べることの禁止」ってのがあるらしい。
旧約聖書に書いてある「いけにえ」はいいのかよ・・・。

115無名画座@リバイバル上映中:2006/06/29(木) 13:29:39 ID:IWEs3RWL

5_20120818103551.jpg

実際のハロルド・エイブラハムズは後の生涯においてキリスト教に改宗した
とも書いてあるね。そうじゃなければ映画の冒頭と終わりの葬式のシーンが
なんでキリスト教会でやってるか辻褄が合わないもんね。

116 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/29(木) 14:27:38 ID:padLUx4A
>>115
豚足食べたね きっと

119無名画座@リバイバル上映中:2006/07/03(月) 23:54:49 ID:mP6x1aXt
エイブラハムの葬式なのか
いままで気づかなかった
まったくのバカ

122 :無名画座@リバイバル上映中:2006/07/12(水) 22:12:53 ID:LFQXm0yo
>>119
見終わった後に すぐに冒頭を見直すと
すごい泣ける

90無名画座@リバイバル上映中:2006/06/07(水) 18:52:23 ID:3YlJOLhJ
あらためて観たけれど、
やっぱ女性を魅力的に撮ろうという意志が感じられんわ。

8_20120818103606.jpg9_20120818103606.jpg

ジェニーもシビルもうざいだけ? 
ゲイ映画と短絡したくはないが、
英国独特の男性社会が描かれてるのは確かだと思う。

92 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/06/07(水) 19:34:39 ID:h46amj6O
>>90

男のスポ魂宗教映画だからしょうがないけど、
イギリス映画って今も昔も女性を美しく撮る気全然ないじゃん。
ブリジットジョーンズだってぽっちゃりDQNヒロインより
高スペ男2人を観る映画だった。
でも「炎のランナー」はゲイ映画とは違うと思う。

99 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/08(木) 11:30:25 ID:OzTavHen
>>90
君のストライクゾーンが、9分割の2つしかないだけだよ。

101 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/06/08(木) 15:58:09 ID:mnu4Zg1f
フル・モンティというリトルダンサーといい
ホモじゃないけど男達の肉体と人間関係を楽しんで下さいね、
という映画はイギリスのお家芸だからな

103 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/08(木) 19:36:28 ID:+00taWsy
オリンピックの公式記録を見ると、ちゃんと100mと400mの金メダリストは
ハロルド・エイブラハムズと、エリック・リデルになってる。実話をもとにした
作品だから当たり前っちゃ当たり前だが。ついでに100mの銅メダルは映画でも
チラッと出てたNZの選手。それから主役の2人は、実はちゃんと他のメダルも
取っている(金じゃないけど)。ハロルドはリレーで、エリックは200mだった
かな。

気になるのはハードルのメダリストの中にリンゼイ卿がいないこと。「自分は
すでにメダルを取ったから400mはリデルに譲る」という申し入れはいったい
どのへんまでが事実で、どこが脚色なんだろうか。まさかリンゼイ卿の存在
そのものがフィクションじゃないだろうな。ちなみにリンゼイ卿で検索すると
実在した人物としては、第2次世界大戦ごろ駐米の英国大使にその名前を発見。

104無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/06/08(木) 20:59:53 ID:iCkiKUoj
リンゼイ卿のモデルはLord David Burghleyだそうです。この人は24年の大会では
メダルなしですけど、28年の400ハードルで勝ってますね。
『炎のランナー』の製作当時はまだご存命中で、名前を出されるのを拒否されたとのこと。
詳しくは上の名前でぐぐられるとよろし。

105 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/08(木) 23:08:35 ID:+00taWsy
いやあ、これは良いことを教えてもらった。>>104 ありがとう。

それから、映画ではまったくの脇役だったスタラードはちゃんと公式記録で
メダリストの中にその名前を確認。

141 :無名画座@リバイバル上映中:2006/07/25(火) 01:55:04 ID:UzhKbC/g
リデルは日本軍に殺されたの?

143 :無名画座@リバイバル上映中:2006/07/26(水) 21:37:54 ID:SeytWmov
1943年に日本の強制収容所に入れられて、そこで数学教師と体育担当をやっていたそうだ。
しかし健康を害して倒れ、帰らぬ人になったとのこと。

日本軍に殺されたといえるかどうか、解釈次第でしょうね。

139 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/07/24(月) 18:23:30 ID:ubCitoSS
10年前にこの映画のサントラ版を買ってて、この度やっと映画版を見た。
感想は当時のイギリスってこんな感じだったのかと思ったのと
思ったほど感動とかさせる映画じゃ無いんだなという事。
もっと泣かせるシーンがあるのかと思ってた。
後はやっぱりヴァンゲリスの音楽が全てって感じだね。
最初とラストに流す事で、オリンピック選手の崇高さ、真摯な感じが出てた。

149無名画座@リバイバル上映中:2006/09/07(木) 19:55:45 ID:+3RQ7CDw
1.リデルが最後の400m走でラストスパートをかけるシーン
2.エイブラハムズがリデルに敗けた後、観客席でうなだれてるシーン
3.サムが、窓から英国国旗を見て咽ぶシーン
4.サンディがリデルの走りを見た後、「君は凄い」と感嘆するシーン
5.エイブラハムズが電車から一人だけ最後に降りてシビルと見つめあうシーン

が好きだな。この順で。

153 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/11/28(火) 20:01:00 ID:sQ1EElL9
>>149
1 オープニング
2 エンディング
3 カレッジダッシュ
4 リンゼー卿の すごい シャンパンハードル
5 「我を讃える者を 我も讃えん」

1、2は音楽もさることながら、希望に満ちた若者が海辺を疾走する清々しさが素晴らしい。
3はその前後の部員勧誘のシーンもいい。
4はいわずもがなw
5は国の枠を超えた友情が素晴らしい。

あとは、演劇でハロルドがナンパに成功した後、リンゼー卿が「俺のシャンパンやるよ…」の下りもいい。

結構青春映画としても見られますね。

関連記事

  1. 2012/08/19(日) 11:58:40|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<【画像】驚くべき特殊効果撮影の裏側 | ホーム | 綾瀬はるか、健さんの手紙達筆すぎて読めず>>

コメント

日本人にとっちゃいつまで経っても
エイズ=最低のホモ野郎=うわー見損なったわー
なんだな
  1. URL |
  2. 2012/08/29(水) 01:01:09 |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3168-0ffc1365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。