2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

キツツキと雨

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1327375501/
1_20120818075610.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2012/01/24(火) 12:25:01.12 ID:xcOBDvJE
「南極料理人」の沖田修一監督が、無骨な木こりと気の弱い映画監督の出会いから生まれるドラマを役所広司と小栗旬の初共演で描く。とあるのどかな山村に、ある日突然、ゾンビ映画の撮影隊がやってくる。ひょんなことから撮影を手伝うことになった60歳の木こりの克彦と、その気弱さゆえにスタッフをまとめられず狼狽する25歳の新人監督・幸一は、互いに影響を与えあい、次第に変化をもたらしていく。そして、そんな2人の交流が村と撮影隊の奇妙なコラボレーションを生み出していく。2011年・第24回東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞。

監督 沖田修一
エグゼクティブプロデューサー 井上伸一郎
椎名保
企画 佐々木史朗
嵐智史
脚本 沖田修一
守屋文雄
撮影 月永雄太

役所広司
小栗旬
高良健吾
臼田あさ美
古舘寛治

製作年 2011年
製作国 日本
配給 角川映画
上映時間 129分
映倫区分 G


4 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/31(火) 22:41:58.21 ID:aztFj5Mc

6_20120818075608.jpg

役所広司以外見所なし上映時間2時間9分長すぎ

5 :名無シネマ@上映中:2012/02/01(水) 08:15:29.99 ID:d6kFTvOD
役所さんがすごすぎて他のメンツが記憶に残らない
でも相当イイよ、この映画

6 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/01(水) 09:45:43.00 ID:KUqb07aB
でも結局小栗に自信をつけさせたのは役所の方じゃなくて山崎努の方なんだよな。

10 :名無シネマ@上映中:2012/02/01(水) 23:36:47.96 ID:LEESpy+z
これ、ウチの田舎でずっとロケしてたんだよなあ。
役所さんがウチの田舎の言葉をしゃべってるw

11 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/01(水) 23:41:18.59 ID:6cmG9WAh
僕も地元やけど、美濃弁が自然だったなあ。面白いよ!

12 :名無シネマ@上映中:2012/02/03(金) 12:48:19.77 ID:DNr9a8HA
方言指導したのは、オレの友人の同級生なんだよ。
まあ、あれは「恵那ことば」というべきだな。

それにしても、今どき「木こり」って言うかねえw

19名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/07(火) 00:17:06.30 ID:nRx51WnR
昨年の3月末あたりから「駅前で小栗旬を見た」「喫茶店に役所広司がいた」とちょっとした騒ぎになってました。
私はエキストラで南木曽の撮影に参加。

9_20120818075626.jpg

生山崎努はかっこよかった。

21 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/07(火) 22:57:09.69 ID:1QYsAcbh
>>19
生山崎努 (*゚∀゚)=3 

39 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/11(土) 18:07:54.59 ID:WGqwH9kC
面白かったわ。
最初バラバラだったけど、村人達を巻き込んで徐々に纏まっていく過程が凄い心地よかった

あと、南極料理人の主任の人が良かったな。あの独特の話し方はクセになる。

41 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/11(土) 19:12:30.08 ID:U+yz1+XP
面白かった

5_20120818075608.jpg

古舘さん、派手な見た目でも一般的な男前でもないのに目をひく
いい役者だな

45名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/11(土) 23:28:28.97 ID:Qh01WtB8
観たけど、微妙だったな。
笑えるところ随所にあって、観てて楽しかったけど
後半ぐだったな、始まりと終わりは良し。

52 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/12(日) 01:19:53.77 ID:WMctElOR
今観て帰ってきたところ。中盤までは長く感じた。
しかし、中盤の竹槍隊あたりから面白くなってきた。
「南極料理人」とどちらが笑えるという意味で面白いか?と言えば
俺的には「南極料理人」かな。
しかし考えさせられるという意味では「キツツキと雨」のほう。

54 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/12(日) 02:02:18.97 ID:4W9mxtgd
南極料理人でも思ったけど、この監督は人間の距離感を描くのが絶妙にうまい

48 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/11(土) 23:53:11.25 ID:Hh4Y+//b
林業系で働いてる人間の目から見て

良かった点は 使い古した新ダイワや小松ゼノアのチェーンソーや軽トラ、作業服、ヤッケを使っている

違和感を覚えた点は 今時枝打ちを登降機で登り鉈で打つ(最近は一本梯子と鋸が主流で登降機を使うのはまずない、梯子は軽トラに乗ってた)
伐倒でヒノキが引っかからずに簡単に倒れる(スギは簡単に倒れるがヒノキは枝が強く他の木に引っかかり簡単には倒れない)
最初のシーンでチェーンソーの音がもっとウルサくてもよい気がした
収益間伐の伐倒で芯抜きをしているシーンは良いが倒れる瞬間にチェーンソーで芯を切って材が裂けないようにするのが本当

と言ったあたりが気になった

林業のシーンは気になったが映画自体は観ててじんわりした話で良かった

56 :名無シネマ@上映中:2012/02/12(日) 03:16:06.56 ID:h+D1SYi9
で、この映画は何が言いたかったんだ?
メッセージ性が薄い。

57 :名無シネマ@上映中:2012/02/12(日) 03:38:36.97 ID:HrNK6xJ1
これ見てメッセージが受け取れないって……(´・ω・`)

58名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/12(日) 03:46:31.92 ID:4W2zYC75
まあ、セリフで多くを語る映画ではなかったよね。

59名無シネマ@上映中:2012/02/12(日) 04:41:21.91 ID:HrNK6xJ1
>>58
山崎努さんの差し出した手
息子があの飛車を使うとこ
嶋田久作の「どっち?」
………

長いセリフ要らんもんな

66 :名無シネマ@上映中:2012/02/12(日) 09:29:03.81 ID:LSOanRwG
>>59
あの飛車は浩一君が遊んでて無くしたのを
克ちゃんが代わりを作ってあげたとか
色々ドラマがあるんだろうな

それを五月蝿く説明しないのがいい

64名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/12(日) 09:13:44.49 ID:4W9mxtgd
味付き焼き海苔美味しい

69 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/12(日) 10:53:47.09 ID:pqWCqYSy
>>64
駒ペトペトにするんじゃないぞ

71名無シネマ@上映中:2012/02/12(日) 12:09:43.87 ID:LGh6LEym
しかし、ユートピア売れるかな?

78名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/12(日) 15:22:59.18 ID:HrNK6xJ1
>>71
台本をグッズにしてるの?
買う人は作品としての出来は求めてないでしょ
小栗の手書きの注釈や書き換えは再現されているのかな?

80名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/12(日) 16:49:54.64 ID:LGh6LEym
>>78
いや、映画ユートピアは作品世界でヒットするのかなーって思って。

81 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/12(日) 18:03:41.41 ID:gQPQ8myj
>>80
ヒットするんでしょ
だからまたオカルト系のサメのって映画撮ってる

115 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/15(水) 09:43:49.77 ID:crvtaZC5
エピローグ、あの監督もう少し予算の出る映画が撮れるようになったんだな、と。
それでいて、やっぱりばったもんみたいな映画が好きなんだwと思った。

83名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/12(日) 19:38:07.94 ID:10EuuD22
黒はダメ、しろもだめ、ていう声は何だったんだろう
最初、岸さんかと思ったけど絶対違うよね
神様か何かかなw

85名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/12(日) 20:45:46.30 ID:LGh6LEym

7_20120818075627.jpg

あー、ヒットするのかしかしロケハンに木の椅子持っていく光景は想像すると笑えるな。
>>83
自分ルールの声でしょ?
最後それを無視して弱気な監督から脱却。

86 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/12(日) 22:00:00.57 ID:m+Molr72 
>>85
そうそう
克彦さんに「ルール」をこじあけてもらったんだよね(あんみつ)

89名無シネマ@上映中:2012/02/13(月) 10:05:54.36 ID:Z+DY5cpJ
気弱な映画監督と言うのが、現実性の無い設定だなあ。。。

125 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/15(水) 18:48:04.89 ID:jYCyye8m
>>89
助監督叩き上げとか現場上がりの人じゃない限り
新人監督ってあんなものですがな。
右も左も分からない素人が百戦錬磨のプロの頂点に立たされるんだよ?
普通の神経なら気後れして当然。

90 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/13(月) 11:38:34.96 ID:sI37GYlT
武がもろにそういう感じだったらしいよ
深作が急に監督降板していきなり自分が監督することになったんだけど
回りがプロフェッショナルな叩き上げの人ばかりで
なにも聞いてくれないしふりまわされたらしい

218 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/20(月) 09:01:29.06 ID:BuM50Cmo

3_20120818075609.jpg

監督の年齢が25ってのは若すぎるな
小栗も25には見えないし沖田監督の自己投影にしても25はちょっと…
せめて27位にして欲しかった

219 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/20(月) 10:48:24.99 ID:HbtE63qj
25で華々しく劇映画デビューって90年代あたりまでのPFF出身監督っぽいなw

222名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/20(月) 15:10:05.76 ID:tmESUCok 
これは演出の問題だけど、成長してきたはずの後半で、
しかも大物に呼び出されたのに態度が相変わらずで
手もポケットだったのには苛々したw
緊張でビクビクするなら、もっとかしこまれ、と。
演技的には、感動して泣く場面に際立った良さがなくて
山崎さんの無言の演技と、スナックのママ達の台詞で
なんとか画面が持ってたような印象で残念。

全体的に、取直し要求できた・大声でカットかけられたとか
監督としての成長はしっかり描かれてるんだけど
周りの人たちに対する態度に進歩が見られなくて、
監督としては良くても人間的には全然じゃね?ってのが不満かなあ
息子浩一の成長は短くてもちゃんと描かれてて泣かされたから、
余計に監督幸一のダメさが際立ったのかもしれん。

229名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/20(月) 21:17:40.20 ID:PWdLB2Wn
幸一の裏設定
東北の方の大学で映研に入部
監督二作目が浜松あたりの映画祭で入賞
映画祭を観に来ていたプロデューサー(金子)にゾンビ映画の企画を持ち込まれる
月刊シナリオ読んだら羽場さんの裏設定もかなり細かくあって面白かったw

幸一もスナックのシーンあたりではまだ成長途上なんじゃん?
それに仕事以外で大物俳優と会うのって新人監督じゃなくても緊張するっしょ
それこそ沖田監督だって一人で役所さんに呼び出されたら相当キョドりそう
そんな幸一もラストシーンでは半パン卒業してるよね
半人前から一人前(?)に成長を遂げたのかなぁと思った

232 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/20(月) 21:59:26.08 ID:tmESUCok
>>229

>ゾンビ映画の企画を持ち込まれる
自分でゾンビ映画発案した訳じゃなかったのか。
車中で役所さんにストーリー説明してる時の「ほんとに面白いですか?」が
単に自信喪失してるだけには見えなくて、
本当にこの映画撮りたいと思って始めたのかな?って疑問だったんだ。
シナリオ読んでみようかな。

撮影後に大物俳優と飲むのは立派な「監督の仕事」だし
普通は偉い人に会って緊張したら、直立不動にはなっても、
前ポケットに手をつっこんだりはしないと思うぞw
克さんやチーフも礼儀までは教え切れなかったってことかね。
ズボンの長さの違いは気づかなかったわ。

233名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/20(月) 22:02:23.34 ID:YG8av868
ポケット伸びてるから、かなりの癖だよねw
そういうのは少し成長したくらいじゃ直らないんじゃ?
礼儀を含めて、社交にかなり疎い人なんだろうなと思って観た
そこも自分にはかわいかったし、
克彦がまったく気にしていない、その寛容さがありがたいなぁとか思った

236名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/20(月) 22:13:49.60 ID:tmESUCok
>>233
うん、グレーのも黄色いのもダルダルだったw
克さんが寛容だったのも同意。いい人だなーと思いつつ、
会社の後輩が上司にこんな口のきき方したら俺がどつく、と苛々してたw
幸一にイラつくか、可愛いと思うかは本当に人それぞれだろうね。

102 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/15(水) 00:59:21.93 ID:50c/R/gD
キツツキと雨の監督役は正直 小栗旬じゃなくても良かったと思った。無理して演技してる感じだった。瑛太や松山ケンイチのほうがハマったかもねと友達と話してました。

131 :名無シネマ@上映中:2012/02/15(水) 21:50:14.32 ID:DFZLbBdi
小栗、すごく良かったよ。
気弱な新人監督が少しずつ自信を手にし
成長していく姿をうまく演じていた。

133 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/15(水) 23:29:49.03 ID:WfP5FhW4
自分としては小栗旬で正解。
確かに見ている途中で、これは瑛太の役かな~とふと思った。
けど、瑛太だとはまりすぎててキャスティングとして面白みがない。
 ※瑛太が面白みがない、ということではないです。
小栗だから意表をついて見たくなったような気がする。
「すいません、すいません・・・」の感じもはまってたと思う。

147名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/17(金) 15:26:12.71 ID:7XrFxoKt
この映画、なにげに母親が死んだ後、残された家族の立ち直りの話なんだよな。
海苔もお母さんが毎日出してたから食べてるんだろうな。

156 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/17(金) 23:27:53.69 ID:vE8YNENW
>>147
台所で克さんは奥さんのスリッパ履いてるんだよね
赤くて小さいやつ

149 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/17(金) 16:26:29.51 ID:EaR4gL8r
海苔好き=似たもの親子の絆的なアイコン

151 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/17(金) 16:52:13.40 ID:c/pTpHih
海苔の取り方、食べ方も同じ
父子

101 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/15(水) 00:53:59.92 ID:IThdYklH

8_20120818075626.jpg

ダメ息子役の高良健吾存在感あって良かった。
ただ「UTOPIA」は絶対面白くないと思うw メイキングのほうが面白い映画の典型だよなww

109名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/15(水) 04:37:39.74 ID:1rWR3clq
ともかく愛のあふれている映画。映画愛と親子愛。

竹槍のシーンでずっとぶっきらぼうだった嶋田久作が
「ここはレールで撮ろう。その方が絶対に面白いから」って言った時とか、
小栗の脱走を捕まえたチーフ助監が
「監督出来るんだからいいだろ!」ってキレたシーンとか、
みんな映画が大好き何だなぁって、ちょっと泣けた。

113名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/15(水) 09:13:42.91 ID:WfP5FhW4
>>109
映画愛、わかる。
小栗旬の監督がオドオドしながら恐々と、再度の撮りなおしを要求したとき
山崎努の大御所も平田満ら役者さんもいい映画を撮りたいんだな、と思った。

それと竹槍のシーンから、どんどん面白くなってくる。

117 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/15(水) 12:00:15.43 ID:1rWR3clq
>>113
実際の映画の世界ってああいう人が多いんだよ。
怖そうなんだけど、実は物凄く高いプロ意識と映画愛を持ってる人。
スタッフでいうとハンチング被ったジジイの照明さんとか。
最初は怖くて無愛想で取っ付きにくいんだけど、
こちらがちゃんと意図を説明して納得すると
多少無理な注文でもキチンとやってくれるどころが、それ以上の仕事する人。

この映画はギョーカイ受けしそう。見てて「あるある」ってシーン多数。

264名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/21(火) 09:57:23.36 ID:umkJ2o3e
劇中の撮影隊が『キツツキと雨』も撮ったと錯覚してしまうぐらいリアリティがあった
特にカメラマンの嶋田さん

4_20120818075609.jpg

266 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/21(火) 11:02:07.95 ID:SniFah3/
>>264
わかる!
体育館での「レール敷いて撮っていい?」
って台詞のあたりとか、すごかった
あとセカンド(盆)が使えない新人スタッフを
怒鳴ったり蹴ったりしてたのもリアルなんだろうねw

121 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/15(水) 15:19:12.52 ID:+K1G/vb+
邦画でこんな気持ちになれたの久しぶりだ
村の人みんながいいな、走るゾンビよしおちゃんツボって笑った
いい映画だった、何度でも見たい映画だ

153名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/17(金) 17:41:55.55 ID:Rwfi5iGL
星野源のテーマ曲いいよなあ
マキシとサントラまで買っちゃったよ
それぞれのシーンが浮かんできていい感じ

完全にこの映画にはまったみたいだw

160 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/18(土) 00:43:03.23 ID:M4B+ufeu
>>153
「フィルム」いいよな!
DVD付の方を買った?沖田監督が撮ったPVがこれまた良い

163 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/18(土) 21:58:07.52 ID:4/PGIyGl
南極料理人スレにも書かれてたけど、スルメみたいな味のある映画。
見た直後は「いい映画だったな~」程度だったけど、数日経つと何だかまた見たくなる。
今日2度目を見て、薄く見えて濃密な脚本だということが改めてわかった。

どんなことも胸が裂けるほど苦しい
この歌詞なんだか今日ホロッと来た。疲れてるのかな、自分w

164 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/18(土) 23:47:35.94 ID:q1HqwLZS
見てきたよ
南極料理人みたいな、すごく笑えるシーンのなかに切なさもあるような映画ではなくて
なにげない切なさ苦しさのなかにホッと笑えるシーンが混じっているような映画だった
とても良い映画だった

257名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/21(火) 00:01:39.61 ID:22+k9qtW

10_20120818075625.jpg

最初のお弁当が映ったときは嬉しかった
南極料理人よりも料理が大きく映ってなくて、
あんみつ?も何かわかんなかった
チョコレートパフェにチョコソースでもかけてるのかとwww
味付け海苔美味しそうだったなぁ

260 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/21(火) 01:25:30.72 ID:u2rYBeny
>>257
持ってくるときに「あんみつ残っちゃったからさぁ」とか言ってなかったっけ?
あのシーン素っぽいと思ったら「…うまい!」以降はアドリブらしいね
「おんし、アンコ全部食べたな!」とか良くパッと出てくるな

177 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/19(日) 11:09:43.60 ID:VsE1kEHn
小栗旬が泊まってる旅館の部屋にある剥製が
前半と後半で変わってるって公式ツイッターに書いてあった


誰か気づいた人いる?

178名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/19(日) 11:54:38.69 ID:cDoQHFfT
昨日見てきて確認した
2匹の剥製がタオルで目隠しされてたw

179 :名無シネマ@上映中:2012/02/19(日) 12:04:23.45 ID:pAhjn6uM
幸一がこわくてやったのかw

180 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/19(日) 17:15:21.05 ID:sUXg6+DB
>>178
そうだったのか。監督細かいw
克さんが幸一と将棋始めるときも、海苔を全部手の届くとこに持ってくるんだよね。
ああ、長くなるんだなーって。
間がながくて時間も2時間を越えるけど、無駄なシーンや会話が一つもない。

ところで、克さんは糖尿より高血圧気にした方が良いのでは・・・w>梅干・明太子・鮭

関連記事

  1. 2012/08/28(火) 07:55:31|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<バットマンを題材にしたスクラッチアートが海外で話題に | ホーム | 【画像】映画「ポリスアカデミー」出演者たちの昔と今>>

コメント

近くの映画館で、この映画を見に来た人に味付けのりを配ってたよ。
劇中でのりが出るから、のりを作っている工場と話して行ったキャンペーンらしく、映画館でこういうキャンペーンをするんだと思って面白かった。
  1. URL |
  2. 2012/08/28(火) 10:22:06 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3163-6643185d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。