FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コクリコ坂から

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1310477705/
5_20120812031104.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2011/09/17(土) 12:40:23.52 ID:P2QI3y0W
「なかよし」(講談社刊)に連載された高橋千鶴・佐山哲郎による少女漫画をスタジオジブリが映画化。宮崎駿が企画・脚本、「ゲド戦記」の宮崎吾朗が同作以来5年ぶりに手がける監督第2作。1963年の横浜、港の見える丘にあるコクリコ荘に暮らす16歳の少女・海は毎朝、船乗りの父に教わった信号旗を海に向かって揚げていた。ある日、海は高校の文化部部室の建物、通称「カルチェラタン」の取り壊しに反対する学生たちの運動に巻き込まれ、そこで1学年上の新聞部の少年・俊と出会う。2人は徐々にひかれあっていくが……。海役に長編劇場アニメ声優初挑戦の長澤まさみ。俊役は「ゲド戦記」に続き2度目のジブリ作品参加となる「V6」の岡田准一。

監督 宮崎吾朗
原作 高橋千鶴
佐山哲郎
企画・脚本 宮崎駿
脚本 丹羽圭子
音楽 武部聡志

長澤まさみ
岡田准一
竹下景子
石田ゆり子
柊瑠美

製作年 2011年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 91分
映倫区分 G


12 :名無シネマ@上映中:2011/07/03(日) 00:58:50.69 ID:EG7JSZik
感想としては、ゲドよりはましだった。

ただ、盛り込みすぎて話が分かりずらいところ多数。

253 :名無シネマ@上映中:2011/07/05(火) 15:28:28.36 ID:dyhySVnA
昨日試写会観てきた。
そこそこ楽しめたけど、40過ぎの横浜住民だから懐かしさのせいかも。
観て損はないと思うが、観る価値あるかと言われると・・・
まぁTVでやるの待ってもいいかな。
映画を斜に構えて観る人にとってはツマランかも。
隣の席のおばちゃんたちは号泣してたけどな。

373 :名無シネマ@上映中:2011/07/06(水) 21:18:15.09 ID:5lZHJkbR
60過ぎの母ちゃんと試写に行った
あの年代で青春時代を送った人にとっては
学生たちの活動とか生活とか凄く懐かしい映画だったらしい

362 :名無シネマ@上映中:2011/07/06(水) 19:58:42.67 ID:h0CCCAkm
コクリコは世代間で評価が分かれる作品になってる。
あえて其れでも、映画を制作するのがジブリらしとも言えるよな。
オタクアニメファンには媚びてない。

375 :名無シネマ@上映中:2011/07/06(水) 21:27:16.74 ID:cy+fMB+m
懐古過ぎて浮世離れして嫌かも。
若い人はおいてけぼり?

376 :名無シネマ@上映中:2011/07/06(水) 21:32:45.17 ID:5lZHJkbR
>>375
俺は20代だけど楽しめたよ
確かに時代は感じるけど若者の恋愛や感情に古さはないから
ピュアな物が好きな人は全然大丈夫だと思う
なんでも斜めに見る奴は絶対無理だろうけど

13 :名無シネマ@上映中:2011/07/03(日) 01:02:52.69 ID:Xg0/QJED
なんか急にミュージカルやるんだろ?
なんでゲドの時といい、ミュージカルしたがるんだろうね
ミュージカル映画がインドを除いて世界的にオワコン化してる理由を全くわかってない

カルチュ・ラタン取り壊しも唐突に解決するし、
やっぱパヤオの脚本がガンだったんだろうな

14 :名無シネマ@上映中:2011/07/03(日) 01:05:33.00 ID:EG7JSZik
確かに軽くミュージカルあったかな。

それよりも致命的なところが多数。

15 :名無シネマ@上映中:2011/07/03(日) 01:07:52.51 ID:Xg0/QJED
>>14
例えば?

17 :名無シネマ@上映中:2011/07/03(日) 01:10:40.38 ID:EG7JSZik

14_20120812031103.jpg

主人公の海って奴のあだ名が「メル」っていうんだけど

突然皆が「メル」って呼ぶわけよ。「え!?海じゃないの?」ってなる。

メルってフランス語で海らしいんだが、説明が皆無なので戸惑う。


21 :名無シネマ@上映中:2011/07/03(日) 01:18:09.11 ID:Xg0/QJED
>>17
あだ名の説明もできないのって致命的だよな
要するに人間キャラ同士の関係描写ができていないってことだよ

20 :名無シネマ@上映中:2011/07/03(日) 01:16:39.35 ID:EG7JSZik
どのくらいのミュージカルを想像しているのかわからないけど、
人によってはミュージカルって感じるかもしれないという程度だよ。

686 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/16(土) 20:36:19.53 ID:qedJYQ9t
ミュージカル?
最初、海が朝食を作り出したら、朝食食べてね~♪みたいな歌が流れたから?
討論のときに歌いだしたのは、教師に対するカモフラージュでしょ?

650 :名無シネマ@上映中:2011/07/09(土) 19:20:32.79 ID:DGYCY28e
今日みてきたけど、普通に面白くなかった

当時の学生のノリが寒い
キザな秀才メガネ君とか…
メルからは瑞々しさが全然感じられない
表情堅いし可愛くない

裕福な家のお嬢ちゃんと学校で一目置かれる男の子との淡い恋愛モノ
とにかく普通につまらなかった

ちなみに拍手は一切起きなかった

737 :名無シネマ@上映中:2011/07/10(日) 19:31:12.65 ID:mCON9hEQ
普通に面白かったって。
耳をすませばと比べる人もいるようだが、俺はむしろ時かけと比べてしまった。

で、お話上のピークでどちらも主人公が観客に向かって自分の気持ちハッキリと
吐露するのだが、その仕方が俺はコクリコのほうが好きだった。
抑え気味の感情表現がいいというか。まあ時かけとか言い出すと
ハードル上がって良くないだろうから気楽に見るがよし

492 :名無シネマ@上映中:2011/07/07(木) 22:28:17.01 ID:UDFAzSym
この映画見て思ったのは
宮崎駿が「我々はアニメを作っているのではない映画を作っている」
という発言
実際、魔法を使うのでもなく、空を飛ぶでもなく、動物が話すでもない
完全に人間ドラマなわけで
アニメ的要素がほとんどないわけ
あえて言えば、実写でやれば金が掛かる昭和30年代の街並みの再現ぐらいなわけだ
次は多分宮崎駿の新作だろうけど
コクリコの制作発表の時の発言でファンタジーを作らない
等身大の人間を描くとか
ジブリはこれからこっちの方向に向かうのかな~と

494 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/07/07(木) 22:31:48.92 ID:8XxzwY3L
>>492
高畑 に やらせりゃいいのに

494名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/16(土) 14:26:48.46 ID:qedJYQ9t
みてきたよ。
名作とは違うかもしれないけど、佳作と評する人はいるかもしれない。
海はいじらしくて、頑張り屋で、応援したくなるんだけど、
面白いのは、海と風間の恋路じゃなくて、ラチェルタンの存続問題のほうなんだよね。
男子学生たちが活き活きとしてて、一直線な馬鹿っぷりが面白くも愛しい。

2401540_20120812031222.jpg

水沼がいちいちスマートでカッコ良くて、インパクトあった。
自分が女なら風間より水沼を選ぶなあw

海と風間の恋路に、あんな運命の悪戯的な障害必要だったかな?
あんなにも簡単に決着つけてしまうぐらいなら、
些細なことでケンカしてしまう、高校生の等身大の淡い恋愛で良かったんじゃないかな。

499名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/16(土) 14:32:37.57 ID:EGR/bHko
>>494
親の話が必要だったからだろう。
海は親不在のなか家を切り盛りしているがどこか無理してる。
俊は優しい養父母にどこか遠慮がある。
そんな2人が恋の障害に直面し、親の応援を得ることで親との距離も縮める。
また、はやおは平和な情景にまだ残る戦争の話を出したかったんだと思う。

13名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/17(日) 01:24:36.51 ID:E/EOpi/5
脚本、クレジットに二人出てきてるんだが、
パヤオは原案扱い・・・?

291 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/17(日) 18:15:56.27 ID:PXCzkk+Y
>>13
脚本は丹羽さんが書いたの

宮崎駿は、自分の考えてるストーリー展開を、ホワイトボードで説明して
それを丹羽さんがメモして脚本に仕上げて、それを宮崎駿が修正して作られたのが元の脚本。
本屋で売られてるやつがそれ。

吾朗さんはその脚本とマンガ原作を渡されて、絵コンテを切っていったの。
ゲドの時は山下明彦さんという、ジャイアントロボTHE ANIMATIONの
作画監督だった人と共同で絵コンテを描いていたけど、今回は吾朗さんだけで書いたようで
その絵コンテが出来るのが遅れに遅れて、鈴木Pは劇場公開を遅らせようかとも思ったそうです。

772名無シネマ@上映中:2011/07/16(土) 22:37:49.31 ID:t/R6zhDK
前から思ってたけど
脚本:丹羽圭子
ゲドも脚本してたな
この人が五郎レベルの無能なんじゃないかな

783 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/16(土) 22:49:12.31 ID:Ej4W2Qa0
>>772
まめちしき

丹羽圭子は、中村香名義で「海がきこえる」の脚本も書いている

495 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/16(土) 14:27:08.16 ID:qkmJJjil
親子でがんばった感じ
吾郎脚本監督だったらダメだったんじゃね

512名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/16(土) 15:00:37.86 ID:MdacQlcj
カルチェラタンも最後は大人の力を借りるんだよね
駿、やっぱり手を貸したんじゃないのかなあ

519名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/16(土) 15:18:08.21 ID:QQN7kE1w
>>512
結局、親の七光りだもんな。
理事長動かしたのは親の存在っぽいし、出生の方も母が段取り組んだくさいし。

518 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/16(土) 15:17:54.90 ID:pxwis77d

77_20120812031101.jpg

建築系の仕事してたからか建物の表現が良かった気がする
恋愛関係以外は吾朗の素質にあった映画だったみたい

527名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/16(土) 15:37:29.47 ID:mhAIbaCQ
コクリコ坂見てきた!

舞台の昭和39年の日本の雰囲気とか
昔の哲学部や数学部といった部活のある学校の活気とか
今までのジブリにない感じの楽しげなBGMとか
個人的にいいところたくさんあったよ

悪い所として一番気になったのは作画だな
人とか影のつけ方とかいろいろ書き込みが足らなすぎる
しょっぱな出てくる料理が不味そうに見えたときはすごいがっかりしたよ 大粒の納豆とか
女生徒のリボンの結び目とかテキトーすぎて違和感しかなかった
ハウル以降からジブリは絵が劣化してきてないか?
これって監督のせいうんぬん以前の問題だと思うぞ

549 :名無シネマ@上映中:2011/07/16(土) 16:38:16.32 ID:HNzWKsoM
>>527
以前から、駿だけでなく庵野ですら今のアニメ職人は危ないと言っているよ。

909 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/17(日) 00:02:31.56 ID:Ew/I/YBR

51_20120812031102.jpg

目玉焼きに関してはやっぱりバヤオのラピュタやハウルの方が美味しそうだった

705 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/16(土) 20:53:25.44 ID:k+5nbOIP
そういえばやけに今回はエンドロールが短かったよね
流しもせず表示しただけ
あれって時間の都合とかそういうことなの?
短すぎて余韻がなかったよ……

901 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/16(土) 23:57:49.46 ID:nJR+I9iS
肉を買いに自転車に二人乗りして坂を下るシーン、
後部席に横座りであれだけのスピードだったら落ちるでしょw
海がもっと風間に抱きつくべき
あそこはキュンキュンシーンにすべきだわ
魔女宅の自転車シーンみたいにさ

259 :まんまるちゃん[sage]:2011/07/20(水) 09:14:27.82 ID:0D4SNBTi
自転車での疾走シーン、爽快感よりっスピードが速すぎてハラハラした
その辺のさじ加減がまだまだ

540 :名無シネマ@上映中:2011/07/16(土) 16:17:36.98 ID:dHw9Q5sn
京大西部講堂のサークル棟にたむろってた俺の青春を思い出した
掃除しても掃除しても綺麗にならないんだよな
先輩には「みんな一度通る道だ(掃除を試みて断念するのが)」と言われた

それだけ
他に特筆するほどのことはない

528名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/16(土) 15:43:19.04 ID:vzrtvIlE
盛り上がり所どこよコレ

530 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/16(土) 15:47:21.92 ID:QQN7kE1w
>>528

20071115_20120812031221.jpg

屋根から飛びこみ。
そこがピーク。

254名無シネマ@上映中:2011/07/22(金) 22:44:27.31 ID:LP+dd38F
冒頭、飛び降りは何だった訳?

275 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/22(金) 22:53:40.18 ID:h6pGoqUk
>>254
カルチェラタン取り壊し反対アピールのパフォーマンス
カルチェラタンの住人の悪ふざけともビジュアルガイドにはあるぞ
そのことに気がついた海はハッと我に返った後、プンプン怒っているそうだ

657名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/16(土) 19:59:18.81 ID:0OVWYHrW
異母兄弟愛と聞いて百恵ちゃんの赤いシリーズ思い浮かべながら見たら全然違った。
時代背景のせいもあるかもしれないがどちらかというと小津安二郎の映画見てる様な気分になった。
良い映画なんだけど、アニメで爺婆映画をヤル意味が全く判らないゾと。
確かに、唐突な「討論会」とか「合唱」って、今の人にはワケわかんないから、設定を「文化祭前日」
にした方がしっくりくるな。別のアニオタ層の興味も引くだろうし。

660名無シネマ@上映中:2011/07/16(土) 20:03:41.25 ID:9x3haVZR
>>657
学園祭にしたらそれこそ陳腐でつまらなくなるだろう
討論会はカルチェラタン内の文化様式を考慮すればそこでの常識的な話し合いの方法だと理解できるし
突然の合唱は学校側に答弁の内容を悟られないようにする対処策で、学生が一致団結して意見交換をしている事を表してる
学校側の意見や多数決の結果に基づいてカルチェラタンの取り壊しに賛成する男子学生達も一緒に歌っていただろう
そういう真面目さ、裏の無さがジブリのコクリコ坂の魅力だと思う

908 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/17(日) 00:02:04.28 ID:AufWeI5o

41_20120812031102.jpg

哲学部のでかいの、浦沢直樹の作品に出てきそうな顔だった

425名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/20(水) 15:11:16.97 ID:UZsPiV9L
カルチェラタンを残したい理由はちゃんと描くべきだったろうなあ。
単に権力への反発とかでもいいんだけど。

426名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/20(水) 15:14:11.48 ID:GaQZLJ1I
>>425
それは思った。一体こいつらは何と戦っているんだ・・・って感じだった

432 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/20(水) 15:27:24.85 ID:cJXhkenU
>>426
コクリコ荘の事もあったと思うよ。
海は歴史ある建物を自力で守ってる張本人だからね。
風間のコクリコ荘訪問から掃除、卒業生の協力も引き出したんだからこの二つの維持存続は密接に関わってる。

429 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/20(水) 15:21:10.63 ID:cJXhkenU
>>425
まあね、コクリコ荘の由来はちゃんと語られてたんだから、カルチェラタンの歴史も語らせるべきだったね。
討論会でも掃除の場面でもいくらでもタイミングはあったと思う。
もしかしてセリフじゃなくて週刊カルチェラタンの記事として出てたりしたのかな?
全部ちゃんと読めなかったけど。

13 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/22(金) 01:39:27.82 ID:Vuh0iTmM
今回のジブリって完全に子供無視の雰囲気だしな。
恋人が兄弟かもってベタな韓国ドラマかよ(笑

875名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/16(土) 23:44:31.19 ID:Ew/I/YBR

aQ_convert_20120609200844_20120812031221.gif

原作が異母兄妹である以上異母兄妹だわな
そこを誤魔化した吾朗はヘタレ

881 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/16(土) 23:47:09.82 ID:wkNkgxPP
>>875
脚本担当と監督の違いが判っていない、あんたは、おバカ。

923名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/17(日) 00:09:32.23 ID:YwyM2J1y
え?原作は異母兄弟なんですか?!

928名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/17(日) 00:11:32.71 ID:cRShHFsU
>>923
そうだよ。一応違うと主役2人には伝えた後、
「きっといつか気付く事になるかも…でもそれをのりこえていくのよ」
みたいに母親だったか、誰かが思ってるコマ→俺達の闘いはこれからだ打ち切りエンド

935 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/17(日) 00:17:03.34 ID:YwyM2J1y
>>928
そうなんだありがとう
軽くショックだ

931名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/17(日) 00:13:25.13 ID:ADqxTrBv
あー、逆に本当の兄妹でも良かった気もするね
バレた時点でそこまで深く想ってた感じにも見えなかったし
切なく淡い初恋みたいに終わらせても良かったんじゃないかな

938名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/17(日) 00:18:41.56 ID:cRShHFsU
>>931
映画版も本当の兄妹だと思うよ。
・段々親父に似て来たな(実際に同じ顔立ち、声優)
・お父さんに他に子供がいたら?→会いたいわ
・母親が何故か俊の義父に連絡
(母親の台詞が全くなく、義父の考えも示されないため、単純に船長に合わすという段取りだけ
の会話とは思えない)

940 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/17(日) 00:19:54.35 ID:xAxGlvhh
>>938
髪質もそっくりだもんな

942名無シネマ@上映中:2011/07/17(日) 00:22:17.29 ID:++2VvMIz
>>938
下手するとマジで近親相姦になっちゃってもいいって母親が考えるかな?
それとも時代背景的に結婚する前にはセックスしない前提かな?

950 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/17(日) 00:28:16.66 ID:cRShHFsU
>>942
母親の気持ちか…それは考えてなかったな。
原作だと割と奔放な母親なんだよな。

映画版だと本当に親父の子かもしれないって思いが少しある程度とか。
確証はないが、そうかもしれないな、と。
まぁ完全に妄想の域だがw

896名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/16(土) 23:54:16.70 ID:r8TSL2Ax
兄妹かどうかなんて関係ない!って劇中で宣言してたじゃん。
そういう事だよ。それでいいんだ。
気持ちの問題なんだから。

53名無シネマ@上映中:2011/07/22(金) 08:17:33.02 ID:QuSMSCzS
なんで母親から兄妹じゃない事実を告げられて海はあんなに悲しそうに泣いたん?
嬉し涙や安堵の涙なら分かるんだけど

55 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/22(金) 08:20:32.80 ID:Wlkc8n5Q
>>53
父の不貞に対する悲しみ

58 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/22(金) 08:23:53.78 ID:cdjnykDC
>>53
海ママの嘘が分かったからなんでしょうね

351名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/20(水) 13:19:07.33 ID:+DzgIUye
姉弟の名前が海 空 陸
ってのもなんかいいよね

353 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/20(水) 13:29:19.13 ID:glSGbd9v
>>351
DQNネームかと思ってしまった

981名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/17(日) 00:56:09.21 ID:YwyM2J1y

2003836_201111180450135001321542053c_20120812031100.jpg

ずっと『ヒロコおじさん』だと思って見てたら広小路さんだったのね
なんでおじさんなんだろう?ニューハーフ?とずっと不思議だったが解決

983 :名無シネマ@上映中[sage]:2011/07/17(日) 00:58:08.83 ID:jmtFjipc
>>981
俺も おじさん?ってなったわw

あと、妹が姉に嫉妬心を抱かないってのが微妙
けっこう溌剌な妹なんだしお姉ちゃんを羨むくらいのことはするべきじゃないkぁな

関連記事

  1. 2012/08/12(日) 09:09:52|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<【画像】選ばれし金持ちたちのホーム・シアター | ホーム | 映画「キル・ビル」の撮影裏側の画像を10枚公開>>

コメント

教養主義讃歌だよな、この作品
ちょっとうれしかった
  1. URL |
  2. 2012/12/27(木) 22:29:55 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3158-e078fc72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR