2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

アポロ18

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1331196261/
120209_apollo18_main.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2012/03/08(木) 17:44:21.28 ID:pOaRLj/K
アポロ計画にまつわる陰謀説を背景に、公式には存在していない「アポロ18号」の乗組員が月面で遭遇した事件を描くSFサスペンス。1961年から72年にかけて計6回の有人月面着陸を成功させたアポロ計画は、アポロ17号を最後に突然打ち切られる。しかし、極秘に記録された映像フィルムの中には、存在しないはずのアポロ18号が月面に着陸し、乗組員が恐るべき事件に直面する様子が映し出されていた……。「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフが製作を担当。

監督 ゴンサロ・ロペス=ギャレゴ
製作 ティムール・ベクマンベトフ
脚本 ブライアン・ミラー

ウォーレン・クリスティー
ロイド・オーウェン
ライアン・ロビンス

原題 Apollo 18
製作年 2011年
製作国 アメリカ
配給 角川映画
上映時間 87分
映倫区分 G


4 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/03/21(水) 04:29:17.25 ID:qf3qRSHS
あんなにうるさくて目立つ物をこっそり打上げるのは無理だと思うんだが…

R7_20120809095101.jpg2_20120809095207.jpg

思っちゃいけないんですか?

5 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/03/21(水) 12:11:50.22 ID:Ptxp/0ei
そこは映画ですし…

6 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/03/21(水) 23:21:21.99 ID:Vd1KIzEQ
映画だからといって、許されることと許されないことがある

7名無シネマ@上映中[sage]:2012/03/22(木) 02:03:38.04 ID:wrL6sUR4
そんなんするなら

打ち上げて月へ行って戻ってきたけど
後でよくよく調べてみると、戻ってきたのは
「人に似た何か」だった……

みたいなほうが怖いと思うな

8 :名無シネマ@上映中:2012/03/23(金) 19:56:55.56 ID:8LSHUqoF
>>7
つ「原子人間」「ノイズ」

12 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/06(金) 04:06:03.16 ID:4jPDEJ01
上映予定館数少ないなあ

13 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/06(金) 20:45:20.62 ID:oTIv/79Q
売れる要素、ないもん。
予告編、おもいきりB級ホラーだし。

16 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/14(土) 19:01:37.75 ID:f2bjXgsj
ぜんぜん書き込みがなくてワロタw

けっこうおもしろかったよ。

20 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/15(日) 02:22:03.61 ID:9OFFORZp
意外に面白かった。
それらしい映像がきちんと作り込まれたいるので観ててアホらしくならないよ。

21 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/15(日) 02:23:59.02 ID:xU2JEZNq
こういうノリの映画がもっとあってもイイと思うw

22 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/15(日) 22:48:23.17 ID:cQfFrV9B
いわゆるモキュメンタリー/フェイクドキュメンタリー(擬似ドキュメンタリー)だね

27 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/19(木) 21:01:32.65 ID:CAcmSrhd
モキュメンタリーなのはいいんだが、宇宙なんて現実味がないから、ふぅーんで終わった

23 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/15(日) 23:32:03.11 ID:xU2JEZNq
こんなに書き込みが少ない作品を見たのは初めてだw
いろいろ突っ込みどころがあって面白いと思うんだけどなぁw

24 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/17(火) 11:47:31.66 ID:hsPDujup
映像は良いよね。

3_20120809093417.jpg

クモ?カニ?はやり過ぎかな、もっと地味にジワっと来て欲しかった

25 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/19(木) 12:53:51.21 ID:FZeSOY2X
どうやってフィルム回収したんだろ

26 :稚羽矢[sage]:2012/04/19(木) 19:01:15.40 ID:/XW/fq7Y
国防省は知っていたということは、アポロ13以降の帰還者はみんな感染者の
疑いがあるということだよな…
そして行方が分からない月の石はみんなあのクモみたいなものだったと
というか、いっそのこと月はあのクモの群体が擬態したものにしてしまったほうが面白かった

28 :稚羽矢[sage]:2012/04/20(金) 19:11:04.86 ID:Nw/ULhKr
船長が寝ている大佐を見下ろしているシーンが、『パラノーマル・アクティビティ』そのまんまだな(笑)
というか船長は何をするつもりだったんだろう?
そもそも感染した人間がどうなるのかが今一つ分かりづらい^_^;

29名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/21(土) 18:34:16.58 ID:uZrIFMBO
最後って脱出船にあの生物いたから発狂したの?
もしくは連れ帰らないために自爆しようと思ったの?
何でシャトルに激突したのか意味わからんかった

30 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/21(土) 18:37:17.35 ID:IBM3892/
>>29
宇宙船の制御をしないと減速できないんだけど、あの生物にやられてそれどころじゃなくなった。
そしてそのままあぼん。

31 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/21(土) 19:31:59.48 ID:TfhcemQY
アレは、単純に奇怪な生き物で
精神レベルまでの寄生ネタはいらなかった気が

まぁ、でも面白かったよ
「こういうドキュメンタリー」と吹き込んでつれてった友人は大ビビりしてたし

32 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/21(土) 23:07:54.80 ID:NMxXPJ9s
ずっと気になって公開いつかと気にしてた映画で観てきたけどなんだこれ
毎週映画館で何かしら見てるけど久しぶりに途中で寝てたわ、急に大きい音で驚かす手法はもうええわ
1800円も出してみる映画じゃなかったな

33名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/22(日) 22:53:56.61 ID:iilj9UnG
ものすごく詰めの甘い映画。
クルー全員死亡はいいけど、ロシアの着陸船まで撮影フィルムを
わざわざ持ち込んでるに、直後に回収不可能な状態にしてるから、
「秘蔵映像を入手」っていう導入部が意味のないものになってる。
あと、上映時間が長い。
こんなもん70分でも長いくらいだ。
あとは仕方がないことだけどスタッフロール。
どんだけ本編がドキュメンタリー風に頑張っても、スタッフロールで台なし。
(この映画の場合、あんまり頑張ってなかったけどw)
今更ながらに「フォース・カインド」は頑張ってたんだなぁと
評価が上がったw
でも、ロシアの着陸船のデザインは大変よろしい。
模型があるんだったら作りたいぐらいだ。

34名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/22(日) 23:13:08.60 ID:bpLhF+79
>>33

R7.jpgproton.jpgN1.jpg
lk-3smals.gif
http://homepage3.nifty.com/junji-ota/moon/moonbun/moonbun.html
http://www.starbase1.co.uk/n1/images/Animation%20and%20Video/slides/mishin-speaks_en.html

ソビエトの月着陸船、カッコイイよね。

>模型があるんだったら作りたいぐらいだ。

lk-lander010.jpglk-lander050.jpg
http://oneyecity.web.fc2.com/craft/lk-lander/lk-lander.html

ペーパークラフトならあったw


月面着陸に成功したということは、N-1ロケットを無事飛ばせたということで、
個人的にはそちらが非常に感慨深い。(史実では一度も成功しなかった)
その映像も見てみたかったものだ。

35名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/24(火) 01:36:44.68 ID:NxVunCBO
>>34
そうか、ソ連だったね。

実現しなかった機体とか、採用されなかった実験機とかって
なんかすごい魅力的なんだよなー。

関連リンクで初めて知ったけど、ソ連の宇宙計画はスマートだね。
ソ連とアメリカのイメージが逆転したわ。もうソ連ないけどw

ってか、この映画でいちばんインパクトあったのって、ソ連の着陸船発見シーンだよね。
「エイリアン」の地球外生命体の宇宙船登場シーンと同じくらいのインパクト
というと言い過ぎか。
でも、後に登場した宇宙サソリ(?)とかよりもよっぽど衝撃的だった。
ソ連の管制センターは親切だったし。

3634[sage]:2012/04/24(火) 01:51:47.58 ID:PMvK86sm
>>35
気が合うね~w
自分もあの映画で一番の衝撃はソビエトの月面着陸。

月の生物は予告で何となく予想できたし、その演出を楽しむつもりで劇所に赴いたら
ソビエトが月面着陸していたという、まったくもって予想していたなかった展開で度胆を抜かれたw

>ソ連の管制センターは親切だったし。
アポロ13がピンチだったときもソビエトはNASAに対して全面的に協力する旨を通達してたし、
ソビエトの宇宙飛行士訓練施設のある星の街にニール・アームストロングが訪ねたり、
何かと交流があって友好的な関係だったね。
後にアポロ・ソユーズ計画も行われたし。

37名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/25(水) 00:44:20.23 ID:aO73P0Gv
>>36
(´・ω・`)人(´・ω・`)ナカーマ

宇宙開発に関してはソ連の方が大人な感じだね。
っていうか、NASAが子供っぽいっていうかw

ラスト付近で「ソ連の着陸船で脱出しよう」ってなったのを観た時は、
「初めて見た宇宙船、操作できるかよpgr」って思ったけど、
>>34のリンク先読むと、案外できそうだね。
もし製作者がそこまで考えていたとしたら・・・、無いわ~w

4_20120809093416.jpg

思い返してみるとこの映画、序盤は監視カメラとか手持ちカメラとかの
記録映像風に頑張っていたけど、終盤は完全に映画として撮ってた。
「ソ連の着陸船に行こう」って宇宙服に着替えた後もトンカチ持った手を
しっかり映してたのは、完全に笑いを取りに来てたとしか思えん。

結局この映画が言いたかったのは、一番怖いのは人間、って事ですかな?

42 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/30(月) 23:08:03.01 ID:oVuDfJIO
>>37
>「ソ連の着陸船に行こう」って宇宙服に着替えた後もトンカチ持った手を
>しっかり映してたのは、完全に笑いを取りに来てたとしか思えん。

月面宇宙服では作業の邪魔にならないように胸にカメラを固定して両手をフリーにできるよう設計されていたので、
あの描写は別に考証としておかしいわけじゃないよ。

48名無シネマ@上映中[sage]:2012/05/05(土) 17:12:51.94 ID:i+WvSF6+
>>37
>宇宙開発に関してはソ連の方が大人な感じだね。
同意。
国家の威信をかけた大型ロケットの発射に将軍を立ち会わせて焼き殺すなんて
たちの悪い大人でなければとても考えつかない。

50名無シネマ@上映中[sage]:2012/05/07(月) 01:27:58.50 ID:FyNgoCnS
>>48
>国家の威信をかけた大型ロケットの発射に将軍を立ち会わせて焼き殺すなんて
それを指示したのが宇宙開発の技術者達だったとしたら、おっしゃる通りだね。

52名無シネマ@上映中[sage]:2012/05/07(月) 23:14:28.38 ID:MRp3LtZi
>>50
指示したのは宇宙開発の技術者達ですよ、もちろん。
標的の将軍だけ殺すと目立っちゃうけど、あれぐらい一緒に死んじゃえばバレないっしょ。

53 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/05/08(火) 14:13:25.87 ID:eOTMKflg
>>52
木を隠すなら森の中、か…

39 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/27(金) 13:11:39.80 ID:raUvSry6
面白かった。
平日昼間だけど十数人の観客、俺も含めて8割は、
リアルタイムでアポロ計画をワクテカしながら見てたとおぼしき世代のオヤジどもだった。
ブレアウィッチとかパラノーマルとかも見たけど、
基本的に霊は信じてないんでこっちの方がリアリティを感じる。
どうせなら無理に甲殻類の形をとらないでも、石のままで良かったんじゃまいかと・・・

41 :名無シネマ@上映中:2012/04/28(土) 07:08:45.75 ID:SwGiR5O3
あの生物はアリジゴクのようにひたすら宇宙飛行士が来るのを待っていたのだろうか?

49 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/05/06(日) 22:05:46.11 ID:MC3PETBQ
どうせPOVするなら、
月グモ以上の大法螺を吹いて欲しかった。

43 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/05/02(水) 01:09:05.51 ID:ysHmWJ8/
アルマズ・プロジェクトであれほど懲りたのに
またアポロ18みたいなクズ映画観に行っててさらに落ち込んだわ・・・・・

44名無シネマ@上映中[sage]:2012/05/03(木) 03:01:27.27 ID:YhrWb5MJ
これTSUTAYAレンタル独占ってやつやろ。こんなくだらない映画劇場公開すんなやw
本編が短いためかエンドクレジットが通常の半分ぐらいの遅さで流れていってその間に
曲が3曲ぐらいかかって時間稼いでたぞ。どこまで客をなめとんねん!

45 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/05/04(金) 13:00:03.04 ID:IoyRAsME
>>44
確かに。1時間26分の映画で、エンドロール10分もあるんだよな。

46 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/05/05(土) 13:54:13.41 ID:nwIkj3Mh
つまらんというかひたすら退屈な映画
真相をNASAが知っていて月の石も既に大量に地球に持ち帰っているのなら
なぜ乗員には秘密にしたままでこの上さらに危険を冒してまで18号を月に
送る必要があったのか頭悪いのでさっぱり分かりませんですたわw

51 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/05/07(月) 01:50:06.72 ID:LXrMyhDX
この監督「オープン・ウォーター 第3の恐怖」と同じ監督なんやな
こっちもタイトルに反してサメが一匹も出てこないデタラメの糞つまらん映画やったわw
先に知ってたらアポロ18なんか絶対に観に行かんかったのに失敗したわくそ~

54 :名無シネマ@上映中:2012/06/01(金) 22:04:34.39 ID:PqKAp70r
今頃上映してるんで観たら、面白かった。
意外な拾いモノ。

55 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/06/17(日) 05:20:09.83 ID:ofruZILd
ソ連の着陸船が出てきたときはさすがにときめいたね。デザインがまた凄くいい。
でもどうやってフィルムを回収したのかだけはちゃんと理由付けして欲しかった。
あの終わりだとどうやっても回収不可能だろう。

ツタヤでレンタルになるのなら、吹き替えでちゃんと見たいから借りよう。

関連記事

  1. 2012/08/10(金) 21:33:04|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ここだけ映画館で映画見終わった後 | ホーム | 【画像】マコーレー・カルキンさん(31歳)の老化の過程を時系列でご紹介>>

コメント

>>あんなにうるさくて目立つ物をこっそり打上げるのは無理だと思うんだが…
時代的にスカイラブ計画の一環という設定なのではないでしょうか?
  1. URL |
  2. 2012/12/05(水) 23:43:31 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3151-f7275360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。